岡部 ハナコ。 ハナコ

岡部大(ハナコ)の学歴や結婚している妻はいる?出演cmや兄弟にも注目!

岡部 ハナコ

窪田正孝さんが主演を務めるNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「エール」(総合、月~土曜午前8時ほか)に、お笑いトリオ「ハナコ」の岡部大さんが出演することが6月25日、明らかになった。 岡部さんは初の朝ドラで、古山裕一(窪田さん)の曲が大好きで、裕一に弟子入りしたいと願い出る茨城出身の青年・田ノ上五郎を演じる。 岡部さんは「出演の話を聞いたときは、まさか自分が朝ドラに出られるなんて、びっくり以外のなにものでもないというか、ドッキリかと思いました。 また、岡部さんは「ハナコのメンバーにも報告すると、2人とも大興奮してくれました」と明かし、「『エール』がドラマ初演技になるのですが、事務所の先輩で、トリオとしても憧れているネプチューンの(原田)泰造さんみたいにお芝居もできる芸人を目指していきたいなと思っています」と意気込んでいる。 さらに「僕が演じる田ノ上五郎は、真面目で真っすぐ過ぎるところもあるけど、思いやりがあって、周りからも愛される人物です。 すてきな役をいただいたので、全身全霊で挑んでいます。 不器用な五郎ですが、見守っていただけるとうれしいです」とアピールしていた。 制作統括の土屋勝裕チーフプロデューサーは、「純朴な地方の青年という五郎役にふさわしいキャストを探していた時に、岡部大さんにお会いして、弟子入りしたいと願う場面を試しに演じていただいたのですが、顔を真っ赤にしながら涙を浮かべての迫真の演技に演出陣も納得、その場で出演をオファーしました」と岡部さんの起用理由を語る。 「不器用でも真っすぐに生きる男として、『エール』に新たな風を吹き込んでいただけると思います」と期待を寄せ、「五郎には思わぬ展開が待ち受けていますので、ぜひお楽しみに!」と視聴者に呼びかけていた。 「エール」は、昭和という激動の時代に、人々の心に寄り添う曲を数々生み出した作曲家・古山裕一と、裕一の妻で自らも歌手になる夢を追い続ける音(二階堂ふみさん)の、音楽と共に生きる夫婦の物語。

次の

芸人ハナコ(岡部・秋山・菊田)の年齢と経歴(学歴)や年収を調査!【キングオブコント2018優勝】 | ニュースらぼ

岡部 ハナコ

もくじ• 経歴 2010年にワタナベコメディースクール( WCS)に第 12期生として入校。 当初は中山洋介とお笑いコンビ「エガラモガラ」を結成したが、 2013年 10月に解散。 2014年に WCSで同期だった秋山寛貴と菊田竜大のコンビ「ウエストミンスター」に加入し、トリオ名を「ハナコ」と改める。 トリオは 2017年の「 ABCお笑いグランプリ」で決勝に進出。 2018年の「キングオブコント」で優勝。 以降は「有吉ジャポン」や「ナカイの窓」、「スカッとジャパン」などのバラエティー番組に多数出演。 ハナコ岡部大の学歴~出身大学の詳細 スポンサードリンク 出身大学: 早稲田大学 スポーツ科学部 偏差値 61(やや難関) 岡部大さんの出身大学は、私大の名門の早稲田大学です。 早稲田大学は東京の高田馬場に本部がありますが、スポーツ科学部は人間科学部とともに所沢キャンパスにあります。 後述するように岡部さんは高校時代までバスケットボールをやっており、大学時代もバスケットボール部に在籍しています。 早稲田大学のバスケットボール部は関東大学リーグに所属する古豪ですから、岡部さんのバスケットボールの腕前も相当だったはずです。 ところがバスケットボールは大学 1年生の時に辞めてしまっています。 その際に後にお笑いコンビ「エガラモガラ」を結成することになる高校の同級生の中山洋介さんが 1年遅れで同じ大学に進学してきて、お笑いコンビを組もうと持ち掛けられたことから、早稲田大学のお笑いサークル「お笑い工房LUDO」に入っています。 インタビューでもこの際の経緯については、次のように述べています。 「浪人した相方が1年遅れで同じ大学に入って来て「お前バスケやってねえじゃん。 じゃあもう一回やろうよ」って誘ってくれて、そのコンビでプロの道に進むことになりました」 なお当時のLUDOの1期上の幹事長は、お笑い芸人のひょっこりはんが務めていました。 そして岡部さんは大学 3年生の時にお笑いタレント養成所の「ワタナベコメディスクール」( WCS)に入校しています。 「笑学祭」という大学生のお笑いイベントで優勝したことがきっかけで、 WCSには特待生として無料で入っています。 当時の岡部さんは学生でお金がなかったことから、すぐに入所を決めたとインタビューで話しています。 (WCS時代) またWCSでは「クマムシ」や「マリカ」らが同期です。 以降はプロの漫才コンビとして活動を開始していますが、岡部さんは大学をキッチリと卒業しています。 そして 24歳の時にお笑いトリオ「ハナコ」を結成していますが、 2018年のキングオブコントで優勝するまでは、テレビの仕事はほとんどありませんでした。 そのため岡部さんは下積み時代には、築地市場の大和寿司と細谷商店でアルバイトをしていました。 寿司店ではホールで接客をやっており、店主によれば「働きぶりは真面目」だったとのこと。 そしてトリオは2018年の「キングオブコント」で優勝し、ブレイクも果たしました。 現在では「お笑い第七世代」の代表格として、数々のバラエティ番組に出演しています。 スポンサードリンク ハナコ岡部大の学歴~出身高校の詳細 出身高校:秋田県 秋田高校 偏差値 69(難関) 岡部大さんの出身校は、県立の共学校の秋田高校です。 この高校は 1873年開校の伝統校で、古くから田県内の高校では最難関に位置する進学校です。 同校の2019年度の主な進学実績は次の通りです(浪人生含む)。 東京大学:12名 一橋大学:2名 京都大学:1名 東北大学:50名 秋田大学:30名 早稲田大学:19名 中央大学:25名 東京理科大学:24名 またこの高校は普通科と理数科(ともに偏差値は 69)を設置していますが、岡部さんがどちらの学科に在籍したかは不明です。 いずれにしても岡部さんはかなりの学力を有していました。 高校時代はバスケットボール部に所属しており、レギュラーとして活躍しています。 またバスケットボール部ではキャプテンも務めています。 当時は部活動にかなり熱心に取り組んでおり、強豪校の能代工業高校に勝つことが目標でした。 しかし高校3年生の時にインターハイの県予選で同校と対戦しましたが、150点を取られて大敗し、「完膚なきまで打ちのめされた」とインタビューで述べています。 加えて高校時代はずっと学級委員長を務めています。 また前記の中山さんとは高校時代も「エガラモガラ」というお笑いコンビを組んで活動していました。 高校の文化祭で漫才を披露したこともあったそうです。 【主な卒業生】 明石康(元国連事務次長) 山王丸和恵(元アナウンサー) スポンサードリンク ハナコ岡部大の学歴~出身中学校 出身中学校:秋田県 秋田市立御野場中学校 偏差値なし 「ハナコ」岡部大さんの出身中学校は、地元秋田市内の公立校の御野場(おのば)中学校です。 岡部さんは中学時代もバスケットボール部に在籍しており、主力選手として活躍しています。 また中学時代もずっと学級委員長を務めており、非常に真面目だったそうです。 本人も「ちびまる子ちゃんで言えば、丸尾くんみたいな感じですね」とインタビューで述べています。 岡部大の学歴~出身小学校の詳細 出身小学校: 秋田市立四ツ小屋小学校 岡部さんの出身小学校は秋田市内の公立校の 四ツ小屋小学校です。 家族構成は両親と姉の4人家族のようです。 岡部さんは母親がお笑い好きだった影響で子供の頃から、「笑う犬シリーズ」や「お笑いオンエアバトル」などのテレビ番組を見ていたとインタビューで述べています。 また子供の頃から運動神経がよく、小学校時代からバスケットボールをはじめています。 さらに岡部さんは当時から非常に真面目で模範的な生徒でした。 以上がハナコ岡部大さんの学歴や学生時代のエピソードのまとめです。 キングオブコント優勝をきっかけにトリオはバラエティー番組に引っ張りだこでブレイクを果たしました。 今後もメディアへの露出は増えていきそうなので、その動向にも注目が集まります。 スポンサードリンク ここまでお読みいただきありがとうございました。 ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。 また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。 なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

次の

ハナコ岡部のTシャツはネバヤンのキャラクター!夢の共演も実現!

岡部 ハナコ

2018年のコント日本一決定戦「キングオブコント」に優勝したお笑いトリオ「ハナコ」の岡部大(31)がNHK連続テレビ小説「エール」(月~土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)にレギュラー出演することが25日、分かった。 朝ドラはもちろん、ドラマ初出演にして演技初挑戦。 主人公・古山裕一(窪田正孝)に弟子入りを申し出る青年・田ノ上五郎を演じ、26日放送の第65話で初登場する。 岡部は「人生で一番うれしい出来事です!もしかしたらキングオブコント優勝よりもうれしかったかもしれません(笑)」と歓喜。 岡部は、女優の多部未華子(31)が主演を務めるTBS火曜ドラマ「私の家政夫ナギサさん」(7月7日スタート、火曜後10・00)にも出演。 ヒロイン・相原メイ(多部)と同じ「天保山製薬」に勤める堀江耕介を演じることが3月に発表されたが、収録は「エール」が先といい、オンエアも「エール」が先になる。 今夏、いきなり出演ドラマが2本。 役者としても重宝される芸人の仲間入りを果たしそうだ。 俳優の窪田正孝(31)が主演を務める朝ドラ通算102作目。 男性主演は2014年後期「マッサン」の玉山鉄二(40)以来、約6年ぶりとなる。 モデルは全国高等学校野球選手権大会の歌「栄冠は君に輝く」などで知られ、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而(こせき・ゆうじ)氏(1909~1989)と、妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)氏。 昭和という激動の時代を舞台に、人々の心に寄り添う曲の数々を生み出した作曲家・古山裕一(窪田)と妻・音(二階堂ふみ)の夫婦愛を描く。 岡部が演じる田ノ上五郎は、茨城出身の純朴な青年。 古山裕一の曲が大好きで、裕一に弟子入りしたいと願い出る。 裕一と同じように、小山田先生(志村けんさん)の作曲入門を読み、作曲を学んだ。 五郎との出会いが、裕一や音をはじめ、2人を取り巻く人物たちに大きな影響を与える。 岡部は「出演の話を聞いた時は、まさか自分が朝ドラに出られるなんて、ビッキリ以外の何物でもないというか、ドッキリかと思いました。 (地元の)秋田の家族みんな、朝ドラが大好きで、子どもの頃から『ふたりっ子』(1996年後期)や『あぐり』(97年前期)を見ていたので、今回の出演は人生で一番うれしい出来事です!もしかしたらキングオブコント優勝よりもうれしかったかもしれません(笑)」と大喜び。 メンバーの秋山寛貴(28)菊田竜大(33)に報告すると「大興奮してくれました」という。 「『エール』がドラマ初演技になるのですが、事務所の先輩で、トリオとしてもあこがれている『ネプチューン』の(原田)泰造さんみたいに、お芝居もできる芸人を目指していきたいなと思っています」と目標を掲げた。 「僕が演じる田ノ上五郎は、真面目で真っすぐすぎるところもあるけど、思いやりがあって、周りからも愛される人物です。 素敵な役を頂いたので、全身全霊で挑んでいます。 不器用な五郎ですが、見守っていただけるとうれしいです」 制作統括の土屋勝裕チーフプロデューサーは「純朴な地方の青年という五郎役にふさわしいキャストを探していた時に、岡部大さんにお会いして、弟子入りしたいと願う場面を試しに演じていただいたのですが、顔を真っ赤にしながら涙を浮かべての迫真の演技に演出陣も納得、その場で出演をオファーしました」と起用理由を説明。 「不器用でも真っすぐに生きる男として、エールに新たな風を吹き込んでいただけると思います。 五郎には思わぬ展開が待ち受けていますので、是非お楽しみに!」と期待している。

次の