トラネキサム 酸 喉 の 痛み。 ペラックT錠が効かない喉の痛みにおすすめな薬!|おすすめの市販薬を最速で選ぶ

喉の痛みや腫れに効くおすすめの市販薬と漢方薬は?症状別に詳しく紹介!

トラネキサム 酸 喉 の 痛み

ペラックT錠の大人の一日量は、750mg(6錠)。 医療用のトラネキサム酸を喉の痛みに使う場合は、750mg~2000mgの範囲になります。 一般的に、市販薬は、医療用よりも成分量が少ないことが多いです。 (副作用が出にくいように) ですが、 ペラックT錠は、医療用で使われる範囲をカバーできているので、優秀な市販薬だと思います! ペラックT錠は子どもでも飲める? 医療用のトラネキサム酸は子どもにもよく処方されます。 ペラックT錠は、7歳以上から飲むことが可能ということになっています。 【ペラックT錠の用法用量】 ・成人(15歳以上 :1回2錠(トラネキサム酸として250mg) ・7歳以上15歳未満:1回1錠(トラネキサム酸として125mg) 1日3回服用する。 こちらは、小林製薬のハレナース。 錠剤を飲みこみにくい場合は、ハレナースの方がよいですね! トラネキサム酸の市販薬、ペラックT錠は授乳中に服用可能? 授乳中は赤ちゃんへの影響が心配で、薬を飲みたくないというママさんも多いですよね。 でも、喉の痛みが続くとつらいもの。 ペラックT錠は、授乳中に飲んでも問題ありません。 メインの有効成分のトラネキサム酸は、長い間使われているいわゆる古い薬です。 これまでの使用経験も豊富なので、安全性が高い薬です。 安心して服用してくださいね。 さいごに ということで、 風邪や扁桃炎の喉の痛みによく使われるトラネキサム酸の市販薬、ペラックT錠、ハレナースについてお話してきました。 ペラックT錠は、授乳中に飲んでも問題ありません。 喉の痛みや腫れがひどくて悩んでいる授乳中のママさんにとって、安心して使うことができます。

次の

トラネキサム酸の効果:喉の痛みに効くメカニズムと副作用について解説

トラネキサム 酸 喉 の 痛み

うちの薬局でよく喉の痛みに処方される医薬品をまとめてみました。 のどの痛みがツライと仕事にならないですからね。 受付業はしゃべりたくなくても「しゃべらざる負えない」。 そんなつらい症状を少しでも楽にしてくれる普段からお世話になっている薬を紹介します。 いろいろな薬紹介するけど、どれも症状は緩和してくれるけど激的によくなるというわけではありません。 医者が処方した薬といってもすぐに治るわけはないので治療にはそれなりの期間は必要です。 医者の薬であっても過度に期待しすぎないほうがいい。 結局のところ医薬品は補助的な役割にしか過ぎず、治していくのは人の免疫力ってことなんです。 よく使用されているのは 解熱鎮痛薬のロキソニン、 抗プラスミン薬のトラネキサム酸 トランサミン 、ひどい時なんかは ステロイドを使用することもあります。 今回の記事は、すごく長いので私のおすすめ薬だけ先に紹介しておきますね。 おすすめ市販薬 いろいろ紹介するけど結局は解熱鎮痛剤のロキソニンやイブが痛みを楽にしてくれます。 薬効分類 カロナール:解熱鎮痛剤 ソランタール錠:鎮痛・抗炎症剤 ポンタール錠:鎮痛・消炎・解熱剤 ニフラン錠:鎮痛・抗炎症・解熱剤 解熱鎮痛剤ってひとくくりにするけど、いくつか種類があって特徴的なのはカロナール錠 アセトアミノフェン です。 こちらの薬効分類名は解熱鎮痛剤ですので、ほかと比べて抗炎症というのが入ってません。 アセトアミノフェンは解熱と鎮痛に優れており、かつ小児も使える薬ですが残念ながら抗炎症作用はないのです。 つづいてソランタール錠です。 こちらの薬効分類名は「鎮痛・抗炎症剤」なので解熱作用が含まれていませんね。 熱を下げる効果はないのです。 この中だと ボルタレン錠が強めとされているようです。 ポンタール錠と同じ成分の薬が以前は市販薬として販売されており重宝していましたが、いまは同じメフェナム酸は販売していません。 市販薬だとが購入できるから代替薬としてはこれで十分です。 アセトアミノフェンを単独のとかあるけど量が少ないのでロキソニン錠をおすすめします。 ロキソニンSはプレミアムなシリーズがあるけどメインのロキソプロフェンの量はどれも同じだから一番安価なスタンダードタイプで十分です。 ロキソニン錠は即効性があり30分~1時間程度で効いてきます。 そのかわりに効き目は短く4~5時間で切れてしまいます。 スポンサーリンク トランサミンカプセルなどのトラネキサム酸を含む薬 抗プラスミン薬ってカテゴリーの薬です。 鼻血がでたときなんかに止血剤として処方してもらったことあるけど、風邪の時は止血剤としてではなく炎症を抑える薬として使われる。 炎症やアレルギー症状が起こっているときは体内で異常増加している酵素 プラスミン を抑えることで口内やのどのはれや痛みなどの症状を改善します。 トランサミンが一番有名な商品だと思います。 トランサミンには「トランサミン錠250、トランサミンカプセル250、トランサミン錠500」と3種類あります。 症状がつらいときには500mgの錠剤を1日3錠使用します。 もしくは、250mgを1日6錠使用しても同じ計算になります。 市販薬ではペラックT錠というのがわりと多めのトラネキサム酸を配合している。 最大で1日6錠中にトラネキサム酸を750mg配合だから、トランサミン錠250mgを3錠のんだのと同じ量になりますね。 市販薬のペラックTにはトラネキサム酸以外にも喉の炎症をやわらげる生薬やビタミンが配合されています。 このトラネキサム酸には止血や抗炎症作用の他にも美白目的で使用されます。 市販薬としてはトランシーノという商品が、肝斑というシミの治療目的で販売されている。 第1類医薬品です。 激的な効果は期待できないので飲まないよりはマシってレベル。 プレドニン錠 プレドニゾロン錠 やセレスタミン錠 エンペラシン錠 のいわゆるステロイドの薬 いわゆるステロイドの内服薬です。 ステロイドが強力に炎症を鎮めてくれるんだけど、あんまり長くは使わないですね。 単発的に使用されるようです。 ネットで調べるとけっこう1度にたくさん飲むこともあるみたいですね。 プレドニン錠5mgを10錠とか。 1回に10錠とかびっくりします。 ステロイドの量が少ないということもあって使用しやすいのですが抗ヒスタミン剤を含むせいでかなり眠くなります、また抗コリン作用もあるので喉も渇きます。 以前にもらったことがあるんだけど、眠くなるから寝る前に飲んだら朝方のどがカラカラになって余計にのどが痛くなった経験があります。 咽頭痛には喉をうるおすことが大切だからセレスタミンは正直微妙です。 喉が乾くのはステロイドのせいではなくて抗ヒスタミン剤のせいです。 セレスタミンではなくプレドニン使っとけばいいと思う。 ステロイドは夜間飲むと興奮して不眠の原因になるので朝の使用が原則になります。 ステロイドの飲み薬は市販されていないので代わりになるものはありません。 喘息の吸入薬が扁桃炎に処方されることがある キュバール吸入薬って咽頭痛に使用されることがある。 このキュバール吸入薬と言うのは本来は喘息の治療薬なんだけど喉にも効果がある。 というのも、キュバール吸入薬は有効成分がステロイドだからなんです。 ステロイドって肌がかぶれてしまった時や虫刺されて腫れてしまったときなんかにぬり薬としてよく処方されますよね? あれと同じような原理で喉に直接ふりかけたら効くんじゃないの?ってのがこのキュバールを使う発想です。 ステロイドが喘息の治療にもちいわれている理由は気道の炎症がおさまると過敏性が低下し発作が起こりにくくなるからで喘息を予防するためにつかいます。 やっぱり、炎症を抑える目的での使用だから喘息じゃなくても炎症に使ったりするわけだ。 でも、保険的に微妙だから自費も覚悟しないといけない。 キュバールの有効成分はベクロメタゾンプロピオン酸エステルです。 これはリノコートパウダースプレーやプロパデルム軟膏なんかに使用されている成分と同じです。 吸入薬って、吸入容器が立派なせいか結構なお値段します。 キュバール100エアゾールであれば1本で3235円します。 ステロイドを患部に直接噴霧だからスゴく効きそうだけどなかなかのお値段でしょ。 プロマックD錠とかいう胃薬が喉にいい 亜鉛を含む胃薬です。 亜鉛の医薬品が存在しないので医師が患者に亜鉛を補給して欲しい時によく用いられる薬なのですが、この亜鉛に傷の治りを良くする効果があります。 粘膜とくっついて患部を保護してくれたりもする。 D錠ということでラムネみたいに口の中で溶かして飲むことができて患部の上で溶かしてから服用することで患部に直接亜鉛を補充することができる。 本来であれば胃の粘膜保護を目的としますが胃から喉頭ってもちろんつながってるし粘膜でも覆われているので口に含みながら飲むことで喉にも効果があるのではという話。 ボルタレン錠やロキソニン錠といった解熱鎮痛剤薬は胃を荒らすことがあるので胃薬と一緒に処方されることが多いが、そのときの胃薬としてプロマックD錠を使用すれば同時に喉にも効くかもしれない。 私のよく行く耳鼻科さんはムコスタ錠やセルベックス錠ではなくこのプロマックD錠を胃薬としてよく処方してくれます。 スポンサーリンク イソジンガーグルやアズノールうがい薬や含嗽用ハチアズレ メジャーなうがい薬としてあげられるのがイソジンやアズノールだと思います。 この2種類のうがい薬は全く違うものなので違いを説明したいと思う。 イソジンは消毒効果のあるうがい薬で、アズノールは消炎効果のあるうがい薬です。 だから、もういま喉が痛くて仕方ないというときには炎症を沈めるアズノールうがい薬が効果的。 もちろん、悪さをしているばい菌を殺すのも効果的だからイソジンもダメなわけではない。 アズノールは粉の薬もあります。 含嗽用ハチアズレ(がんそうよう)これは1回ごとに使いきりの粉のうがい薬です。 水にといて使います。 使いきりパックなので清潔ですよね。 処方薬だと、うがい薬しかないけど市販薬だとスプレー式のものもある。 あのスプレー式のいいとおもいます。 しかも2種類はいってるのにとっても安価です。 殺菌消毒薬は ポピドンヨードではなく セチルピリジニウム塩化物水和物なのでイソジンのような独特な匂いや苦味はしません。 ポピドンヨード使うとしばらくは口臭にのこりますからね。 その辺も心配いらないのはありがたい。 激しい喉の痛みに劇的に効くリンデロン点眼点鼻点耳液のダイレクト塗布 耳鼻科医に、お金かかるけどステロイドを直接ぬる処置をしたら一発でよくなるけど「どうする?」って言われた。 もうすごく辛かったから即答でOK。 なんか長い綿棒みたいので直接のどに薬剤を塗ってくれたんだけど、その時は何の薬かわかりませんでした。 病院でたあとに明細書見たら薬剤料がリンデロン点眼点鼻点耳液になってたから、なるほどリンデロンを直接塗ったわけだと理解した。 このリンデロン点眼点鼻点耳は、名前に目・耳・鼻となっているが喉にだって使うことがあるんのだと感心しました。 鼻と喉はつながってるから、鼻に使えるなら喉にだって使えるのもわかる気がする。 実際、これの効き目がすごいんです。 医者が一発で治るとか言ってたから、大げさだぁと思ってたんだけど、ほんの1時間ほどで嘘みたいに喉の痛みがとれた。 なにこれすごい。 自分ではできないけど、また同じ咽頭痛に襲われたら是非お願いしたい処置の一つです。 なんかこれやってるとこあんまりないみたいだけどホントに劇的に良くなったのでお薦めです。 スポンサーリンク 扁桃腺炎(扁桃炎)に効く漢方薬 ツムラの冊子見ながら書いてるからツムラをメインで紹介します。 効能効果に「 扁桃腺炎、扁桃炎、扁桃周囲炎、慢性扁桃炎」って記載のあるものをピックアップした。 扁桃腺炎 ツムラ葛根湯:1 扁桃炎 ツムラ小柴胡湯加桔梗石膏:109 ツムラ桔梗湯:138 扁桃周囲炎 ツムラ小柴胡湯加桔梗石膏:109 ツムラ桔梗湯138 慢性扁桃炎 ツムラ荊芥連翹湯:50 ツムラ柴胡清肝湯:80 しわがれ声 ツムラ半夏厚朴湯:16 葛根湯が有名ですよね。 葛根湯は感冒いわゆる風邪によくつかわれるけど特に喉の痛みによく効きます。 カンゾウという成分が入っているものが主に扁桃炎に使われるんだけど、カンゾウ最大量の漢方といえば甘草湯です。 これはツムラにはないのでクラシエのものになります。 この甘草湯はカンゾウ1種だけをふくむ超シンプル組成です。 注意したいのが長い期間服用するような漢方薬ではないです。 名前に石膏と入っているとおりで石膏という成分がはいっています。 石膏は患部にこもった熱をとるような生薬で急性症状で炎症を起こして熱をもっている症状なんかに使う。 長く使うとカラダを冷やしてしまうので風邪の時にはなかなか難しい漢方です。 だから耳鼻科の先生も1日分しかくれませんでした。 漢方薬は長く飲まないと効かないイメージですが、それはあくまでもイメージですね。 感冒に使う漢方は効きが速いものがほとんどです。 逆に、西洋薬よりも効きが速いとさえ言われている。 実際、小柴胡湯加桔梗石膏は飲んですぐに効いたような実感がある。 扁桃炎の漢方を使うときにはなるべく患部に直接薬が触れるように使ったほうが効果的なのでなるべく口に含むようにして飲むといい。 辛いけどね。 ダーゼン、アクディーム、ノイチーム、エンピナース、レフトーゼなどの消炎酵素薬 いわゆる消炎酵素薬(蛋白分解酵素薬)ってカテゴリーの薬です。 炎症を抑える酵素で腫れを和らげたり、痰や膿を分解して排出しやすくします。 ということで、のどの炎症にも使われることがあります。 ノイチーム錠とレフトーゼ錠は両先発医薬品です。 アクディームはノイチームやレフトーゼのジェネリック医薬品です。 ジェネリックといってもアクディームは先発並によくつかわれます。 有効成分は塩化リゾチームで卵の卵白由来の成分なので卵アレルギーがある人には使用することが出来ません。 塩化リゾチームは市販の風邪薬にも多く使われているような成分でルルやパブロンなんかはこのんでこの成分を配合してますね。 市販薬だと塩化リゾチーム配合のトローチとかもある。 エンピナースも似たような薬で有効成分はプロナーゼです。 炎症の原因になるブラジキニンを分解する作用もあるっていわれていている。 これと同じ成分のOTC薬はない。 ダーゼンはいまは亡き過去の薬です。 ない薬紹介してもしょうがないんだけど、なぜなくなったのかを説明する。 実は、これら消炎酵素剤ってホントに効くのかどうか怪しいっていわれていて、その中でダーゼンってのが「効果なし」って判定を受けて薬価収載から削除になりました。 他の塩化リゾチームやプロナーゼはまだ「効果なし」判定を受けてないので使用できるが、いまだ効くのかどうかは懐疑的で今後評価がどうなるかわからない。 トローチといえばSPトローチ 口内を殺菌するトローチです。 殺菌薬が配合されており直接炎症を和らげる効果はないけど、悪さをしている原因菌を殺菌することで症状を改善へと向かわせます。 咽頭炎や扁桃炎に使用されるトローチの代表的なものですね。 トローチと言えばSPトローチだとおもうけど、極稀にオラドールトローチ ドミフェン臭化物 とかいうのもお目にかかることがある。 これもSPトローチと同じようなカテゴリーで殺菌消毒トローチです。 オラドールトローチとオラドールSトローチと2種類あるけど有効成分や含有量は同じでトローチの味だけが違うそうです。 解熱鎮痛薬の市販薬の提案 解熱鎮痛薬であれば市販薬で似たようなものが購入可能ですね。 ロキソニン錠なんかは市販薬でも全く同じ物が販売されています。 喉痛いけど病院へ行く時間がないというときなんかに重宝します。 他にも、いろんな市販薬あるので特徴的なものを紹介したいと思う。 イブプロフェンを市販薬の最大量である200mg配合しています。 イブA錠なんかよりも1回のイブプロフェンの量が多いので第1類医薬品に分類されています。 また眠くなる成分が入ってないというのも特徴ですね。 ちなみになんだけど、解熱鎮痛剤は眠くなるイメージが強いようなのですが、眠くなるのは解熱鎮痛成分ではなくって鎮痛効果を補助するために入っているアリルイソプロピルアセチル尿素という成分が眠くなります。 眠気がでると困るという場合はこのアリルイソプロピルアセチル尿素を避けるといいだろう。 いかにも扁桃腺に効きそうな名前のハレナース もう名前からして効きそうですよね。 喉の炎症や腫れをあたかも治すような印象をうけるが、そういった意図での命名ではないと思う。 のどが痛い時には保湿が効果的です。 こちらは「 ひもなし」タイプの濡れマスクです。 貼るタイプなので寝ている間に取れてしまうこともないし、耳が痛くなることもない。 ホント画期的です。 喉や鼻は粘膜で覆われており粘膜でバイキンやほこりを絡めとって外に出します。 粘膜は外敵からの第一バリア機能を担っています。 冬場に風邪が増えるのは乾燥で喉の粘膜のバリア機能が弱くなってしまいバイキンの侵入を容易にしてしまうことがあげられます。 ということで、ぬれマスクです。 室内を加湿するのも十分に有効な手段だとは思いますが、そのさらに先をいった加湿パワーです。 のどぬ~るぬれマスクは1枚で10時間加湿効果が続くそうです。 寝る前につけとくといいでしょう。 加湿は、風邪の予防だけでなく、風邪を引いてからも効果的で、風邪の諸症状その全てを楽にしてくれます。 のどを潤すことで痰の切れがよくなります。 痰のキレがよくなると喉の違和感からくる咳も楽にします。 鼻の粘膜も潤うので膿をだしやすくなり、副鼻腔炎や蓄膿症に発展するリスクを減らしてくれるでしょう。 ムコダインやムコソルバンなどの去痰剤で排出するのもいいですが、合わせて加湿をすることを非常におすすめします。 扁桃炎に抗生剤 風邪のときの抗生物質は医師の間でも使用するかどうか意見が別れるみたいでやたらと抗生剤を使用する医師と、風邪に抗生剤は必要ないとする医師とで2極化している。 個人的には風邪で抗生剤は飲まないし、子供にも飲ませない。 そもそも風邪で病院へ行くことはない。 風邪シーズンの小児科内はウイルスの巣窟だとおもっているから二次感染の方が怖い。 小児科でもらう風邪薬なんて抗生剤以外は、咳止め、鼻水どめ、解熱剤と症状を和らげるだけの対症療法にすぎないから使用したからといって早く治るわけではない。 とりあえず、解熱剤を家に常備しているので、発熱時はそれで2~3日様子見てそれからどうするか考えます。 解熱剤の坐薬は市販薬であっても病院でもらう薬であっても成分は同じです。 いざってときに常備しておくことをおすすめします。 こちらは1個中にアセトアミノフェンが100㎎含有されています。 では、抗生剤をもらったら必ずよくなるのか?ということですが、風邪の原因は、ほとんどウイルスだからウイルスの場合はに抗生剤は効きません。 ごく一部細菌性の抗生剤が有効な風邪症状があるのでそういう場合には効果があります。 ただ、ウイルスによるものか細菌によるものかって判断が曖昧で、正確にはわからないそうです。 医師の経験によるところなんだけど、それもまた曖昧です。 >> ちなみに、細菌性でもなんでも抗生剤を飲ませなかったらと言って治らないということはないです。 治らない風邪とか怖すぎでしょ。 インフルエンザだってほっといても治りますからね。 ウイルスではない風邪症状で代表的なのがマイコプラズマや溶連菌、クラミジアだと抗生剤がよく効きます。 喉の痛みと一緒に口の中が酸っぱい、胸焼けがするなどの症状があれば逆流性食道炎も疑ったほうがいい。 こういうときは、胃酸を抑えるような薬がよく使用されます。 タケキャブが一番強力に胃酸をおさえます。 喉が痛くて耳鼻科に行ったら胃薬だけだされたというパターンはおそらく逆流性食道炎です。 個人的にすきなのがアルロイドG サンメール です。 すごくドロドロした緑の液体で、弱った胃の粘膜に付着して、胃酸に対する防御機能を高めます。 さらに、血小板凝集作用や、フィブリン形成促進作用などにより、胃粘膜の出血をおさえます。 ドロドロの液体を飲み込むことで胃の内部をカバーするんだけど、それだけではなくって胃へたどり着くまでに食道を通るから、あのドロドロは食道もカバーしてくれます。 喉の痛みに適用はないけど逆流性食道炎による喉の痛みがある場合はこれも併用するのがおすすめ。 薬局知識を1日5分でアップデート! 薬局で働いているかぎり毎日の勉強はかかせません! 医療制度はどんどん変り、新しい医薬品はどんどん増えていきます。 でも、まとまった勉強時間ってなかなか確保できないから知識のアップデートって大変ですよね。 忙しい店舗で働いると帰りが遅いから勉強なんてできないですよね。。 なんで勉強しないといけないのか? それは、 次回の調剤報酬改定が間違いなく業界のターニングポイントなるからです。 医療保険も、介護保険も、すでに財源はパンク寸前で、このままでは破綻してしまうのはあきらかです。 制度を維持していくために、限られた財源をどう使っていくか過激な議論がとびかっています。 これから薬局業界で生きていくならしっかり情報収集して、今やるべきことを見極めていく必要があります。 たとえば、いま注目されているのは「 リフィル処方箋」です。 このリフィルを実行するための要件を「かかりつけ薬剤師」にしたいという話がでているのはご存知でしょうか? つまり、いま薬局がやっておくべきことは「かかりつけ」を増やしてフォローしていくことです。 要件に加えられてから焦っても遅いんです。 常に最新情報を収集して先を見越した対策が必要なんです。 そこで効率よく情報を収集する手段が必要なんです。 もし効率よく薬局情報を収集したいなら「 」を利用するのが1番。 「 」では薬局に関連するニュースをまとめて配信してくれています。 たとえば「新薬情報」「業界の動向」「行政のニュース」「医療従事者がおこした凶悪事件」など。 通勤時間に1日5分スマホをチェックするだけでも業界の動向がみえてくる。 利用するには登録が必要ですが、登録と利用は 無料で 1分もあればできます。

次の

喉の痛みの市販薬ランキング!おすすめの薬は?

トラネキサム 酸 喉 の 痛み

Key:GYDJEQRTZSCIOI-LJGSYFOKSA-N トラネキサム酸(Tranexamic acid)は人工合成されたであり、・抗炎症剤として出血の予防・治療に用いられる。 重度外傷、分娩後出血、外科手術、抜歯、鼻出血、重度月経などに投与される。 遺伝性血管浮腫にも使用される。 1962年にとにより開発された。 現在に収録されている。 日本国内では止血剤として トランサミンなどの商品名でも販売され、またも存在する。 の適応では第一類医薬品の トランシーノ内服薬が販売されており、ほか有効成分として化粧品にも含有される。 副作用はまれ。 血栓症の危険因子がある場合には注意が必要となる。 投与経路は、経口、静注など。 水に易溶。 味は非常に苦いため、経口投与の際はに製剤化される。 作用 [ ] 血中のはに結合してプラスミノーゲン活性化因子(、)により活性化され、フィブリンを分解する。 トラネキサム酸はここでフィブリンに拮抗してプラスミノーゲンに結合することで活性化を阻害し、これによってフィブリンの分解による出血を抑制する。 抗剤()として、一次線溶亢進による異常出血には極めて有効とされる。 トラネキサム酸は、プロテアーゼのインヒビターとして認識されているが、プラスミン阻害作用、プラスミノーゲンのプラスミン変換の阻害以外に作用点はない。 プラスミンはセリンプロテアーゼに分類されるが、トラネキサム酸はプラスミン以外のセリンプロテアーゼ、例えばトリプシンを阻害しない。 薬物動態 [ ] 血中半減期は1-1. 5時間程度であり、3-4時間以内に腎臓から尿中に排出される。 腎機能障害のある人の場合は半減期が遅延する。 医療用途 [ ] 全身性線溶亢進が関与すると考えられる出血傾向(、、など)、局所線溶亢進が関与すると考えられる出血傾向(肺出血、腎出血、鼻出血など)、扁桃腺炎・喉頭炎による、口内炎による口内痛及び口内粘膜アフタなどに適応がある。 抗炎症作用として耳鼻科領域の喉の痛みを緩和することは出来るが、解熱作用はない。 外科手術等で身体にを加えた後の浮腫などの生体反応を抑えるために処方されることもある。 一般市販品 [ ] 市販のにも配合される商品がある。 従来からの止血剤としては、歯茎の出血・炎症を抑えるとして、などにも入れられている。 (シミ)の治療に内服薬の()が第一類医薬品として販売されている。 トラネキサム酸は日本国外で色素沈着の緩和に用いられたことはなかったが、日本では肝斑が薄くなったということから適用外処方されるようになり、『今日の治療指針2007年版』にも内服薬が処方例として掲載されるようになり、臨床試験が行われ、2007年に一般用医薬品として発売された。 トラネキサム酸は品にも配合される。 2002年にの申請で、医薬部外品の有効成分として承認を得た。 2017年の文献レビューでは、肝斑に対して経口、外用共にトラネキサム酸は他の標準的な治療と少なくとも同等に有効で、副作用が少ない可能性がある。 2018年のレビューでは、経口のトラネキサム酸は500mgの低用量でも、アジア人の肝斑に対して有効である。 2019年の分析では、内服のトラネキサム酸の1日500mg、750mg、1000mg、1500mgの間で服用では肝斑の重症度の指数に有意な差は見られなかった。 副作用 [ ] 内服薬には、軽い月経の減少や胃の不調がある。 併用禁忌薬や、患者の危険因子を慎重により分ければ、それ以外の人では血栓症のリスクは増加されていない。 生体内における線溶(体内で生じた血栓を溶解する生体反応)を抑制する作用があるため、や、などの疾患をもつ人に対しては慎重投与。 また、圧迫止血処置を受けている人や、術後臥床状態にある人は静脈血栓を生じやすいので注意が必要である。 安全性 [ ]• 534) 獣医学分野では、イヌやウシの手術時および出血を伴う疾患の出血防止、哺乳豚の下痢などに使用する。 出典 [ ]• British Medical Association. 2015. 170. Shakur, Haleema; Roberts, Ian; Fawole, Bukola April 2017. The Lancet. www. medicines. org. uk 2016年9月. 2016年12月14日閲覧。 Shosuke Okamoto and Utako Okamoto. Keio J Med. 11, 105-115• 平成19年3月22日. 薬事・食品衛生審議会一般用医薬品部会. 2007-3-22. Ando H, Matsui MS, Ichihashi M. 2010-6. International journal of molecular sciences 11 6 : 2566—2575. Pazyar, Nader; Yaghoobi, Reza; Zeynalie, Maryam; et al 2019. Clinical, Cosmetic and Investigational Dermatology Volume 12: 115—122. Marina Perper, Ariel Eva Eber, Rachel Fayne, Sebastian Hugo Verne, Robert James Magno, Jessica Cervantes, Mana ALharbi, Ibrahim ALOmair, Abdulkarem Alfuraih, Keyvan Nouri 2017-6. American journal of clinical dermatology 18 3 : 373—381. Dermatologic surgery 44 6 : 814—825. European journal of dermatology 29 1 : 55—58. Fahmida Malik, Malik Muhammad Hanif, Ghulam Mustafa 2019-6. Journal of the College of Physicians and Surgeons 29 6 : 502—504. Budamakuntla L, Loganathan E, Suresh DH 2013-7. Journal of cutaneous and aesthetic surgery 6 3 : 139—143. Janney MS1, Subramaniyan R2, Dabas R; et al 2019. Journal of cutaneous and aesthetic surgery 12 1 : 63—67. Atefi, Najmolsadat; Dalvand, Behzad; Ghassemi, Mahammadreza; et al 2017. Dermatology and Therapy 7 3 : 417—424.

次の