季節 の 挨拶 11 月 下旬。 時候のあいさつ文11月・季節の挨拶文11月・秋の季語(上旬・中旬・下旬)

時候の挨拶 11月(霜月:しもつき)

季節 の 挨拶 11 月 下旬

手紙を書く上で大切な11月の季節感 時候の挨拶は、手紙の 前文にあたり、手紙に欠かすことができない大切な箇所です。 時候にあった挨拶を書き入れることで、季節感を伝える美しい習慣です。 11月は、秋から冬へと季節も動きますが、11月7日ごろに暦の上で冬となる立冬を迎えます。 その年によって、暖かい日が続いたり急に冷え込んだりしますが、11月の手紙では暦の上の季節を区切る二十四節気である「立冬」が大きな存在です。 11月上旬の季節感 11月の上旬は、7日ごろの 立冬前日までは秋、立冬からは冬の始まりと時候の挨拶が明確に分かれてきます。 知人やお知らせなどの一般的な手紙 そんなに親しくない知人や、学校行事のお知らせなどで出す手紙は、一般的な時候の挨拶を使います。 漢語調の時候の挨拶ほど紋切り型ではないですが、やはり定型的な表現が多く見られます。 11月は、実際の気候も秋から冬に移っていきますが、 11月7日ごろに「立冬」を迎え 暦の上でも冬の季節が始まります。 立冬過ぎたのに暖かいですねとか、立冬を迎えて冷え込んできましたねというのが定番の挨拶になってきます。 時候の挨拶の後には、安否のおうかがいを続けますが、「お元気でしょうか」「お変わりありませんか」といった疑問形は親しみのある表現になるので使いません。 親しい人に出す手紙 親しい人に出す手紙では、暦の季節だけでなく、その時々の天候や自然、イベントなどを時候の挨拶に盛り込みます。 11月は、年賀はがきの販売、ボジョレーヌーボーの解禁、こたつやストーブ、手袋やマフラーと言った冬支度などが代表的。 形にとらわれずに、季節感あふれる時候の挨拶を楽しんでみてください。 では、ここまでの11月の季節感や時候の挨拶のTPOルールを踏まえて、11月上旬・中旬・下旬の時候の挨拶と例文を見ていきましょう。 11月上旬の時候の挨拶 11月の上旬は、 暦の上では秋と冬の端境期にあたります。 反対に、 立冬を過ぎると、秋らしい気候でも、 冬の時候の挨拶に移ります。 このルールを守りつつ、立冬過ぎても暖かいですねとか、立冬に入って冷え込んできましたねというように、 実際の季節感を挨拶に織り込んでいきます。 また、 11月1日は例年年賀はがきの発売日です。 年末まで2ヶ月を切った気ぜわしさも、この時期に使いたい挨拶です。 11月上旬に使われることの多い時候の挨拶を手紙のTPO別に分けると次のようになります。 改まった時候の挨拶 一般的な時候の挨拶 親しい人への時候の挨拶• 季秋の候、折、みぎり• 晩秋の候、折、みぎり• 深秋の候、折、みぎり• 落葉の候、折、みぎり• 立冬の候、折、みぎり• 冷雨の候、折、みぎり• 菊花薫る季節• ゆく秋の感慨も深い• 晩秋の冷気を感じる季節• うららかな菊日和• 暮れゆく秋を感じる頃• 11月に入り• 年賀はがき、 樹々の落葉など では、11月上旬の時候の挨拶の具体的な例文をご紹介しましょう。 11月上旬の時候の挨拶の例文• 秋晴の好天気が続く頃、皆様にはその後、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 冷気一段と強まり、いよいよ秋も深まってまいりました。 菊の香り漂う霜月を迎えましたが、皆様にはお健やかにお過ごしのことと存じます。 枝に一つ残された柿の実が、過ぎゆく秋の風情を醸し出しています。 皆々様にはその後もお変わりなくお過ごしのことと存じます。 早くも晩秋となりましたが、皆様お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 晩秋とはいえ、うららかな日和が続いております。 ご家族の皆様もお元気でお過ごしのことと拝察いたします。 ゆく秋の感慨も深い今日この頃、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 虫の音もいつしか消え晩秋の冷気強まる昨今、皆様お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 秋の深まりとともに日脚もだんだんと短くなってまいりました。 皆様にはその後、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 暦の上では立冬となりましたが、秋晴の好天気が続いております。 お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 今年は例年になく冷え込む秋になりました。 皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか。 うららかな菊日和が続いております。 皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか。 遠くの山々も美しい錦をまとい終えたようです。 ご無沙汰してしまいましたが、お元気ですか。 例年になく、曇り空の暮秋でございます。 皆様、お元気でいらっしゃいますか。 11月に入り今年もあと二か月を残すだけとなりました。 その後、お変わりございませんか。 早くも年賀はがきが発売となり、途端に気ぜわしくなってきたようです。 お変わりなくお過ごしでしょうか。 ゆく秋に深い寂しさを感じる頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。 樹々の落葉に、暮れゆく秋を感じる頃となりました。 皆様、お元気でお過ごしでしょうか。 11月中旬の時候の挨拶 11月の中旬は、気温も下がり、 冬の訪れを感じさせる寒い日が出てきます。 すでに北海道や東北では初雪も観測されますし、外出時にはコートやジャケットなど羽織るものが必要になる頃。 一方で、紅葉の見頃も11月中旬から下旬にかけてという地域も多いですから、 その年の気候や手紙を出すお相手の地域の気候にあわせた時候の挨拶を選ぶことが必要な時期です。 冬の時期の暖かい日のことを「小春日和」といい、11月中旬から2月中旬ぐらいまで使われる表現です。 暖かい日が続くなというときには、是非使いたいですね。 また、最近は10月から11月いっぱいの週末に見かける七五三詣りですが、暦上は11月15日が七五三の日です。 季節の風物詩として、微笑ましい 七五三詣りの子どもたちの可愛い姿も 11月中旬の時候の挨拶にピッタリです。 改まった時候の挨拶 一般的な時候の挨拶 親しい人への時候の挨拶• 小春日和の候、折、みぎり• 残菊の候、折、みぎり• 深冷の候、折、みぎり• 氷雨の候、折、みぎり• 行く秋が惜しまれる頃• 初雪の便りが届く頃• 肌寒さが身にしみる冬隣• 菊の花も盛りを過ぎ• 立冬も過ぎ• おだやかな小春日和• 七五三、 ボジョレーヌーボーなど では、11月中旬の時候の挨拶の具体的な例文をご紹介しましょう。 11月中旬の時候の挨拶の例文• 山々も紅葉に鮮やかに染まる昨今、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 残菊に、行く秋が惜しまれる頃となりました。 皆様お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 北国から初雪の便りが届く頃となりました。 皆様にはその後、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 初雪の便りに、朝夕の冷え込みがことさら厳しく感じる今日この頃、皆様お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 肌寒さが身にしみる冬隣、師走に向けて慌ただしさが増してきましたが、お元気でご活躍のことと拝察申し上げます。 立冬を過ぎ、朝晩の冷え込みが厳しくなってきましたが、皆様ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 街路の銀杏もすっかり黄金色に色づきました。 ご無沙汰してしまいましたが、お元気ですか。 いつもの道も銀杏の落ち葉で金色のじゅうたんへと姿を変え、秋の終わりを感じます。 皆様、お変わりございませんか。 庭の山茶花が愛らしい花を咲かせています。 ご家族の皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか。 菊の花も盛りを過ぎ秋の終わりを感じずにはいられません。 ご無沙汰してしまいましたが、お元気ですか。 七五三の晴れ着姿の子たちが、神社に詣でる姿を目にする季節になりました。 皆様、いかがお過ごしでしょうか。 当地では山が早くも雪化粧を終えました。 その後、お元気でいらっしゃいますか。 紅葉も過ぎ、山々も冬支度を急いでいるようです。 ご家族の皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか。 冬がすぐそこまで近づいてきました。 お元気でご活躍とのこと、なによりと存じます。 冬間近となり、今年もボジョレーヌーボーの季節が来ましたね。 御無沙汰してしまいましたが、お変わりありませんか。 立冬というのに、おだやかな小春日和が続いておりますが、いかがお過ごしでいらっしゃいますか。 立冬を過ぎ 吹く風の中にも冬の気配が感じられますね。 お変わりございませんか。 立冬を過ぎ、朝ごとに冷気が増すこの頃、ご一同様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます。 はや向寒の候となり、日脚もずいぶん短くなってまいりました。 ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 吹き来る木枯らしに、すっかり冬木立となりました。 皆々様にはその後もお変わりなくお過ごしのことと存じます。 吹く風の冷たさがいや増す昨今、皆様お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 霜枯れの季節となり、冬の到来が間近なこの頃、ご家族の皆様もお元気でお過ごしのことと拝察いたします。 野山も霜枯れた折ながら、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 冬が駆け足で近づいてまいりました。 皆様、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 通勤時にマフラーが欠かせなくなってきました。 ご無沙汰してしまいましたが、お元気でしょうか。 日増しに募る寒さに、こたつが恋しい季節となりました。 皆様、いかがお過ごしでいらっしゃいますか。 朝夕の寒気が身にしみる時節となりました。 お元気でご活躍とのこと、なによりと存じます。 日を追うごとに寒さが加わってまいりました。 皆様とも久しくお会しておりませんが、お元気でしょうか。 日毎に寒気加わる時節となりました。 ご一同様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます。 木枯らしに身を震わす今日この頃、我が家では早くもストーブが活躍し始めました。 皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか。 すっかりご無沙汰しておりますうちに、ひときわ冷え込むようになりました。 ご家族の皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか。 小雪を迎えてなお穏やかな日が続いています。 その後、お変わりございませんか。 いつの間にか吐く息も白く、温かい鍋が恋しい季節となりました。 お元気でいらっしゃいますか。 今朝は初霜が下り、すぐそこに冬の気配が感じられました。 皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか。 上旬は、7日ごろの 立冬までは秋の終わり、立冬からは冬の始まりと時候の挨拶が明確に分かれてきます• 中旬は、 冬の訪れを感じる日が増えます。 冬の穏やかな暖かい日を「 小春日和」と言いますが、この時期から使いだします• 下旬は、北の地方からは 初雪、本州でも 木枯らしと冬の気配が濃厚になる時期です。 また 12月・師走を控えた慌ただしさも感じられるようになってきます この季節感から、 11月の代表的な時候の挨拶を手紙のTPO別で整理したものが次の表です。 11月 改まった時候の挨拶 一般的な時候の挨拶 親しい人への時候の挨拶 上旬• 季秋の候、折、みぎり• 晩秋の候、折、みぎり• 深秋の候、折、みぎり• 落葉の候、折、みぎり• 立冬の候、折、みぎり• 冷雨の候、折、みぎり.

次の

時候の挨拶11月下旬の例文と書き出しや結び!冬の到来を感じる季節に

季節 の 挨拶 11 月 下旬

ビジネスや上司、先生などに送る場合は失礼のないようにしたほうが良いと思います。 ただ、そうでない場合には色々な形があっていいと思うので、大きく相手に失礼が無いようにすれば気持ちは伝わると思います。 堅苦しい挨拶だけじゃつまらないですしね。 では、先ほど上で見てもらった11月の時候の挨拶を使ったりして、どういった言葉で書きだしていくのか? その例文を一挙に紹介しちゃいますね。 時候の挨拶「11月」の書き出しの例文• 暦の上では立冬を迎えましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。 立冬とは申せ、暖かい日が続いております。 皆様にはおかわりなくお過ごしのことと存じます。 秋も暮れて冷気も深まる今日この頃、お元気でお過ごしでしょうか。 穏やかな小春日和が続いております。 お変わりございませんでしょうか。 晩秋の候、皆様にはますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 向寒のみぎり、皆様にはご健勝でご活躍のことと存じます。 深冷の折、お健やかにお過ごしのことと存じます。 落葉の候、みなさま穏やかにお過ごしのことと存じます。 秋も深まり、朝夕の冷え込みもひとしおです。 風邪など召されていませんか。 初霜の便りも聞かれる今日この頃、皆様お変わりございませんか。 野山の様子もすっかり変わり、冬支度の忙しい季節となりました。 お元気でいらっしゃいますか。 吐く息も白くなり、冬がもうすぐそこまで来ているようです。 おかわりなくお過ごしですか。 行く秋の寂しさを感じさせる今日この頃、お元気でお暮しのことと思います。 このところ穏やかな秋の日が続いております。 お健やかにお過ごしのことと存じます。 枯れ葉舞う季節となりました。 ご機嫌いかがですか。 うららかな小春日和が続いています。 お元気でいらっしゃいますか。 日がめっきりと短くなってきましたね。 風邪など引いていませんか。 暦の上ではもう立冬です。 お元気ですか。 落ち葉の季節となり、日ごとに秋が深まってまいりました。 日だまりの恋しい季節です。 いよいよ秋も深まってまいりました。 虫の音もいつの間にか聞かれなくなりました。 冬の到来ですね。 これらの時候の挨拶は、目上の人に送るケースの文と、気軽に友達に送るケースの文が混ざっているので、それぞれで送る人に失礼のないようにチョイスしてください。 では、次は、 最後にどのような言葉で締めるか? その結びの言葉について見ていきましょう。 深冷の候、お風邪などめしませんよう、くれぐれもご自愛くださいませ。。 向寒の折柄、ご健康にはくれぐれもお気をつけ下さい。 めっきり冷え込むようになりました。 ご自愛ください。 日に日に寒さがつのってまいります。 どうかお体を大切に。 寒さ身にしむ季節となりました。 御身を大切にお過ごしください。 師走に向けてお忙しい時期を迎えられることと存じます。 どうかご自愛専一に。 日ごとに寒さが増しますが、お風邪など召しませんように。 うららかな小春日和が続いてはいますが、冬の気配はきちんと近づいております。 お身体に気をつけて。 木枯しの季節、くれぐれもお気を付けくださいませ。 日を追うごとに寒さが厳しくなっています。 どうかご健康にはご留意ください。 日に日に寒さがつのってまいります。 お身体を大切に、ご活躍をお祈り申し上げます。 師走に向けて、お忙しい時期を迎えられることと存じます。 どうぞ夜寒お気をつけて。 めっきり冷え込むようになりました。 お身体にお気をつけ下さい。 これから師走に向けて忙しくなります。 お互い風邪などひかないよう気をつけましょう。 このようにたくさんの例文を用意したので、これをそのまま使ってもらってもいいし、アレンジしてあなたのオリジナルを作ってもらうのもいいと思います。 色んな文章作りの参考にしてくださいね。 立冬とは名ばかりの穏やかな小春日和が続いております。 お変わりございませんでしょうか。 ここ数日の過ごしやすい日々と休日を利用し、数年ぶりに秋のキャンプを行いました。 夏とは違い、涼しく虫も少なく、おいしい旬の食材をふんだんに使って自然の中で食べる料理は格別です。 焚火をしながら炭火で作る焼き芋は、この季節でしか味わえない醍醐味でとても思い出に残りました。 うららかな小春日和が続いてはいますが、冬の気配はきちんと近づいております。 風邪などひかれぬようお身体には気をつけてお過ごしください。 あとがき 11月の時候の挨拶にはどういった言葉が使われるのか。 そして上旬・中旬・下旬で使う言葉のポイントとその書き出し、結びの言葉、そしてそれらを合わせた手紙の形を見ていただきましたが、いかがでしたでしょうか。 11月にもなると、寒さとともに冬の到来を感じる季節です。 過ごしやすい季節ではありますが、日によって気温にもバラつきがあると思います。 寒さで風邪などひかれていないかなど、相手の健康を気遣う言葉とともに、年末に向けて気を引き締めていけるような言葉など添えられればいいのではないでしょうか。

次の

7月の時候の挨拶!上旬・中旬・下旬ごとの例文と結び文100選!

季節 の 挨拶 11 月 下旬

スポンサーリンク すぐに使える! 1月~12月、季節によって使い分けよう! では、これから定期的に使える季節の挨拶の事例をご紹介します。 希望にあふれる新年をお迎えのことと存じます。 新春とはいえ厳しい寒さが続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 福寿草が初春の光をあびて、小さな花を咲かせております。 寒に入り、ひとしおの寒さが続いております。 きょうは七草がゆの日。 コンロの雪平鍋が、コトコトと音をたてています。 乾燥注意報が出るほど空気が乾ききっておりますが、お風邪など召していらっしゃらないでしょうか。 松納(まつおさめ)も過ぎて、ようやく正月気分がぬける頃ですが、いかがお過ごしでしょうか。 三寒四温とか言われる季節ですが皆さま体調はいかがでしょうか。 春とは名ばかりでまだ真冬のように寒い日が続きますがお風邪など召していらっしゃらないでしょうか。 梅のつぼみもふくらんでまいりました。 梅だよりを聴くようになり、春がすぐそこに来ているのが感じられます。 春一番も吹きぬけて、ようやく春の気配が濃くなってまいりました。 日増しに温かさを増し小川の水もぬるむ季節となりました。 日増しに春らしくなり、皆様ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。 庭の遅咲きの紅梅ももうほころびはじめました。 明日はひなまつりというのに、雪が降り積もっています。 北国の春は、まだまだ遠いようです。 高校野球の球音が聞こえるようになると、春たけなわの感が強くいたします。 春もたけなわの日和、皆様ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。 花の便りに心の浮き立つ今日この頃、皆様ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。 花もいつしか過ぎて葉桜の季節になりました。 花冷え、とでもいうのでしょうか。 寒暖の差が激しいこの頃ですが体調はいかがでしょうか。 つくしが可愛らしい姿をのぞかせています。 もう桜も散ったというのに、きょうは寒のもどりとかで薄寒い一日でございます。 風薫る五月となりました。 新緑の色増す季節、皆様ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。 大空にこいのぼりの躍るころ、皆様いかがお過ごしでしょうか。 風香るさわやかな季節となりました。 五月晴れの空に鯉のぼりが元気よく泳いでいます。 若葉青葉を渡る風もすがすがしい折柄、皆様ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。 毎日うっとおしいお天気が続きます。 うっとおしい梅雨の季節、• しとしとと降る雨に紫陽花の花がますます美しく見える今日この頃。 連日明けても暮れても雨のうっとうしい日が続いています。 いよいよ田植えの時期となりました。 衣がえも過ぎたというのに、季節が逆もどりしたような梅雨寒の毎日です。 梅雨の晴れ間にのぞく太陽は、もう夏の陽ざしです。 海山の恋しい季節となりました。 ふるさとの夏祭りがなつかしいこの頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。 連日厳しい暑さが続いております。 長い梅雨もようやく明け、本格的な夏がやってまいりました。 蝉しぐれが日夜かまびすしく聞こえる毎日ですが、いかがおすごしでしょうか。 今日は土用の丑の日。 あちこちから鰻を焼く香ばしい匂いがただよっています。 夕凪の間だけはその暑さに耐えがたい思いがします。 青草を蒸すような強い日射しが続きます。 残暑なお厳しき折ですが、皆様いかがおすごしでしょうか。 残暑がひときわ身にこたえるようでございます。 夜空に秋の気配を感じるころとなりました。 暑さも峠をこえたようで、いくらかしのぎよくなりました。 咲きほこっていたヒマワリもそろそろ終わりです。 今年は格別に残暑が厳しいようです。 虫の音もめっきり繁くなり、近づく秋を感じます。 秋の気配が次第に色濃くなってまいりました。 さわやかな季節を迎えましたが、皆様いかがおすごしでしょうか。 朝夕はめっきり涼しくなってきました。 朝晩はいくぶんしのぎやすくなってまいりました。 コスモスが秋風にゆれるころとなりましたが、いかがお過ごしでしょうか。 天高く馬肥ゆる秋、サンマの煙が食欲をそそります。 ひと雨ごとに秋の気配が深まってまいります。 10月• 秋たけなわの行楽シーズンですが、皆様いかがおすごしでしょうか。 野も山もすっかり秋景色となりました。 木の葉も色づいて日増しに秋が深まってまいりました。 金木犀の匂う今日このごろ、皆々様にはお変わりなくお過ごしのことと、お喜び申し上げます。 はや虫たちの声も消え入るような季節になりました。 おいしい新米がでまわるようになりました。 高い空にいわし雲が浮かんで、まさに秋たけなわです。 11月• 落ち葉風に舞うころ、皆様いかがおすごしでしょうか。 吐く息も白くなってまいりました。 ゆく秋の寂しさ身にしみるころ、皆様いかがおすごしでしょうか。 日増しに秋も深まってまいりました。 朝晩めっきり冷え込むようになりました。 晩秋とは思えぬうららかな小春日和が続きます。 ゆく秋をおしむかのように、落葉が風に舞っています。 12月• 木枯らし吹きすさぶころ、皆様お風邪などお召しではないでしょうか。 寒さもひとしお身にしみるころ、皆様いかがおすごしでしょうか。 待ちに待ったクリスマスがもうすぐです。 年の瀬もいよいよ押し詰まってまいりました。 新春を迎えるご用意にお忙しい折り、皆様いかがおすごしでしょうか。 寒さもひとしお厳しくなってまいりました。 いよいよ冬将軍が到来したようです。 商店街にもクリスマスツリーが美しく飾られている今日このごろ、皆様いかがお過ごしでしょうか。 真白な霜柱が立って、寒さが身にしみわたるようです。 もうあと数日で、今年も暮れようとしています。 まとめ 大抵の場合、町内会や自治会の班長は、1年間のサイクルで、 持ち回りで順番に回ることが多いようです。 「めんどくさいなぁ」「文章力がないから嫌だな」と思うかもしれませんが、 1年間きちんと実施すれば、周りの皆さんに礼儀正しい人と認識され 日頃の生活も平和なものになると思いますよ。 また、季節の挨拶は、回覧板だけでなく、親戚や目上の方などに手紙をしたためる時に 必要となる言い回しです。 1年間回覧板の文章を作成することで、今後の生活にきっと役立つことと思います。

次の