ルカリオ パーティ 剣盾。 ルカリオ|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

【ポケモン剣盾】ランクバトルマスタボール級到達構築【ルカリオ入り】

ルカリオ パーティ 剣盾

あくびで対面操作 アローラ キュウコン ・特性「ゆきふらし」からのオーロラベールを展開できる。 元々高い耐久種族値で 4倍弱点がない点や、キョダイマックスの HP2倍も合わさり、並大抵の抜群技は余裕を持って耐えることができるため、「 弱点保険」を持たせて全抜きを狙うアタッカー型が流行しています。 パッチラゴンや ガラルヒヒダルマで壁を貼られる前に落とす、サイコファングやかわらわり 弱点保険に注意 で壁破壊、壁ターンを枯らす立ち回りなどで対策が必須です。 専用技「 ドラゴンアロー」を使った物理型から、眼鏡を持たせた特殊型も多く、豊富な技範囲で高速アタッカーとして採用されるのが主流となっています。 また、アタッカーだけでなく、「 おにび」や「 ひかりのかべ」などを上から使用するサポートメインの型も存在するため、相手の構築などから型を読む必要があります。 非常に多い型も強みのポケモンとなっています。 ばけのかわを利用して、無理矢理「 つるぎのまい」を積み、「じゃれつく」や「シャドークロー」などで自身がアタッカーとして活躍する型が主流となっています。 ミミッキュより遅いアタッカーは、剣舞から一方的に倒されてしまうため、現環境で素早さ種族値が「 96」を超えているかは、アタッカーの非常に重要な要素となります。 また、「 のろい」や「 トリックルーム」でサポートメインの補助型も増えており、後続のカビゴンやウオノラゴンなどに繋ぐ構築も流行しています。 特性が現環境で強く、「 かたやぶり」型であれば、ミミッキュの化けの皮を無視してダメージを与えることができます。 また、「 すなかき」型も多く、「 ダイロック」で砂嵐にしてから、2倍になった素早さであらゆるポケモンの上から行動することができます。 特に技の面での強化が大きく、草技の「 パワーウィップ」を習得したことにより、今まで不利対面だったウォッシュロトムに対しての打点を獲得しました。 また、ダイマックス技で最強格の「 ダイジェット」を タイプ一致で使うことができ、ダイジェットで敵を倒せば、特性「 じしんかじょう」と相まって実質龍舞を使ったような状況になります。 特性「 ミラーアーマー」によって、基本 能力ランクを下げられないため、ダイマックスの打ち合いでも活躍します。 受け性能だけでなく、鉄壁からの「ボディプレス」や、ビルドアップからの「ブレイブバード」「アイアンヘッド」で火力も出せるため、受けつつアタッカーに転じることができるのが強力な点でもあります。 5倍になる効果を持っています。 元から攻撃種族値が「140」と非常に高いのに加えて、特性で更に攻撃が底上げされるため、非常に火力が高いです。 そもそも同じ技しか出せないため、 こだわり系のアイテムと相性がよく、スカーフを持たせて高速高火力で立ち回ったり、鉢巻を持たせて、ヒヒダルマより遅いポケモンを圧倒的火力で叩きつぶすことができます。 特にHPと特防の数値が高めで、とつげきチョッキを持って環境のトゲキッスなどと打ち合う型が存在します。 また、専用技「 キョダイサイセイ」で殴りながら回復実を回収 確率 できるため、「のろい」や「はらだいこ」を積んで自身が抜きエースになる型も強力です。 トリルミミッキュで展開してから、カビゴンで一気に攻める構築が特に上位層で流行しています。 特に特攻と素早さが高く、一致「 りゅうせいぐん」や「 あくのはどう」で特殊エースとして活躍します。 スカーフでドラパルトの上から行動したり、眼鏡で更に火力を底上げした型などが多いです。 平均的に高い種族値のおかげで、ダイマックス後の耐久力が高く、ダイマックスと相性がいいのも現環境で高評価です。

次の

【ポケモン剣盾】最強パーティ構築とおすすめコンビ【ソードシールド】

ルカリオ パーティ 剣盾

理由としてミミサザンより遅いSと、低耐久で襷を持たないと勝てる範囲が相当狭いことだ。 少ないがボディプレ持ちナットなどには対面ですら負けてしまう。 は基本とんぼから入ってくることが多く、仕事ができないことが多い。 襷を持たせればたしかに一定の働きができるかもしれない。 しかしそれはとして強くても襷枠として強いとは思えず、構築全体のパワーが落ちると考えた。 今回のでんきだまは持ち物の取り合いになることが少ないのがまず大きな利点である。 他にもダイフェアリーを押されなければ に勝てるのも嬉しい。 受けに強引な削りや、ヒトデナマコ程度なら倒すことも可能。 他にも基本的なダイジェット持ちより早く、自主退場により起点にならない。 への負担が足りないに自主退場技はかなり使い勝手が良かった。 ギャラキッスの上からそこそこの負担と1ターン枯らしが行えるのが非常に強く、徹底抗戦orいのちがけはほぼ全てのに入れても良いのではないかと感じたほど。 選出のタイミングは初手択の回避や、対面的に立ち回って勝てそうな時。 どうしても辛い相手がいて強引に飛ばすときなど。 基本等倍ならほとんど耐えるのでかなり出しやすかった。 特にロンゲ展開にはほぼ初手に合わせて徹底で倒し裏にいのちがけを撃っていた。 長々と語ったが、纏めると このは襷以外でもっとも単体性能が高いと私は思っている。 H236-B20-C4-D60-S188 持ち物の兼ね合いと対面性能の2つをとったのが今回のでんきだまである。 動かし方はシンプルで投げて倒したり、雑な削りを行い相手と1:1や裏の圏内に押し込むこと。 「しんゆうの」がついている。 すぐに命を捨ててしまうが。 選出率は3割くらい。 このパーティは平均的にみんな選出していて、ほとんど偏りがなかった。 ミミ受けだが、このはを受けることは出来ないので毎回お祈りをしていた。 しかし、アーマーガアにダイホロウでごり押してくるミミは少なく、基本なんとかなったので信用はしている。 ドラパやキッス、を呼ぶので立ち回りはその辺りを意識していた。 挑発アーマーガアにはダイスチルからを狙っていたがほぼほぼ勝てたので、シリーズ2のレギュレーションによる弱体化をかなり感じた。 こいつが減ったからかドリのドリルが体感減っていた。 最終日は恐らく1回もドリルを打たれていない。 汎用物理受けやクッションとして優秀であり、あくびやへの誤魔化しも担ってもらった。 当初、と組ませてを初めとする電気をメタっていたが、以外にあまり強くないことと、巧みダイアークをされると択になってしまうことから解雇した。 アーマーガアが隙を見せる特殊方面への負担として採用。 しかし、受けに対して与える負担は不安定で、主に場荒し程度にしかならない。 また、アーマーガアには炎のパンチを持っていても後だしから受けられてしまう。 Sは最初4振りだったが、同族を意識して少しだけ振った。 このが活躍するのは、どちらかというと受け相手ではなく普通のサイクル下であり、想定外の火力の押し付けでそのまま勝てることも多かった。 命中が多少安定する岩技としても役に立った。 終わりに TNルカ 最終日のみTNシールド ルカダルマキッスドラパから2~3匹、ガアバンギから1匹の対面的選出と、ガアバンギ 1のサイクル的な選出ができ選出画面で択にこそなれ柔軟に対応できたのが良かったです。 ガアが受からない物理 珠ギャラなど やバンギに勝てる特殊が構築単位で重かったですが、強力なの寄せ集めでもあるので強引に突破していました。 前期はサボっていたのでとりあえずの結果として最終2桁を目指していました。 次シーズンからは2桁保存ではなく上位を目指して頑張りたいです。 個人的な感想ですが、今作は構築の押し付けあいの様な一面が強く、いままで以上に構築単位での有利不利が大きいように感じました。 選出画面で択になったり、勝敗が6~7割決まってると思う場面が多かったです。 ックスは非常に楽しい要素ですが、サイクルをまわせないことが多く場合によっては一方的な試合になってしまうことが多いからかもしれません。 私はサイクルが好きなのでもっと構築を強くして、上手く立ち回れるよう精進したいです。 対戦いただいた方ありがとうございました! 質問があれば Luca448Rio まで LucaGori.

次の

【ポケモンソードシールド】最強パーティ【ポケモン剣盾】

ルカリオ パーティ 剣盾

初めまして。 むっかと申します。 この度ランクバトルにて級に昇格することができたため、その構築内容を共有しようと思い記事を書かせていただきます。 レンタルパーティも公開しているので是非ランクバトルで使ってみてください! PT構築 がどうしても使いたかったのでそれを軸に相性の良いたちを取り揃えてみました。 環境的に多いドラパルト、、、(ウォッシュ、ヒート)、などのたちに対して読み間違えるとすぐに負けに直結するので慎重な立ち回りが必要になってきます。 前作のようなごり押し戦法は通用しないため選出も慎重に。 今作からせいしんりょくが強化され威嚇が効かなくなったことが地味に大きく を+神速で落とせるようになった。 やに対してはを使って無理やり倒していくようになるのでのような立ち回りが必要になってくる。 先述のを倒せること以外にいじっぱりの必要性はほぼ皆無のため性格はようきでも十分活躍できるでしょう。 選出率は3位。 そのため、ラムの実からソクノの実に変えてもよいでしょう。 環境初期こそが強い!とプレイヤーがこぞって使っていましたが現在は対策がだいぶ増えてきたので肩身が狭い。 しかし刺さるときは刺さるので状況をよく読んで選出したい。 選出率は5位。 ドラパルトを上から倒せるが欲しかったため採用。 に対しても後出ししやすいため大概のことがなければ選出できる。 もともとの特攻が高いためックスによる強引な突破もできるのが売り。 ただしダイウォールが使えないため注意が必要。 選出率は1位。 僕はSM環境のシングルバトルをやっていなかったため上手くを扱うことができなかったのですが雑に扱っても強いのでズル。 選出率は2位。 S振りせずに耐久に回したほうがよいと感じた。 水・飛行タイプに有効打を得るために採用。 特性によりオーバードライブで弱点をつけるは大概1発で倒してくれる。 しかし、技範囲が広いわけではなく且つ耐久面が乏しいため恒常的に選出することは難しい。 ほっぺすりすりはが対面でドヤ顔しながらをしてくるのでマヒにさせて次のターンのオーバードライブで倒すため。 ックスを切られなければ倒せます。 選出率は6位。 まず読まれないので強気に選出しても問題ないでしょう。 ただし命中難であるためいつもお祈りしていなければならない。 ドラパルトが抜けないものの、不意打ちで先制が取れたりダイジェットでSを上げれば抜けるので不利というわけではない。 また、ダイナックルでAお上げられることもあって一度有利対面を作ってしまえばなかなか止まらないになってくれます(は無理です)。 選出率は4位。 おわりに これからも入りのPTを考察して新しい構築で級で頑張っていこうと思います。 みんなも使おう!! mukka1925.

次の