永野芽郁 筧ジュン。 永野芽郁ちゃん『半分、青い。』唯一無二の魅力で大ブレイク間違い無し!!

今週のファッションチェック:石原さとみ、宮崎あおいが春ドレス 有村架純、永野芽郁、筧美和子、久松郁実はスカートスタイル 前編

永野芽郁 筧ジュン

女優の永野芽郁が22日、ヒロインを演じるNHKの連続テレビ小説『半分、青い。 』の出演者発表会見(岐阜・故郷編)に、新キャストの佐藤健や松雪泰子、滝藤賢一、風吹ジュン、中村雅俊、谷原章介、原田知世、余貴美子の8名とともに出席。 幼なじみ役を演じることが明らかになった佐藤との共演は「心配ない」と言い切り、笑顔を弾けさせた。 本作は、連続テレビ小説シリーズの第98作目。 大阪万博の翌年、1971年に生まれた楡野鈴愛(にれの・すずめ)が、現代社会で奮闘し、一大発明を成功させるに至るまでの半世紀を描く。 脚本を手がけるのは、『ロングバケーション』や『ビューティフルライフ』『オレンジデイズ』で知られる北川悦吏子氏。 でも皆さんなら笑って『頑張ろう』と言ってくださるような方達だったので、一生懸命頑張りたい」とニコリ。 鈴愛の幼なじみにして、生涯のソウルメイト・萩尾律を演じる佐藤とは、映画『るろうに剣心』で共演済み。 「すごく先輩。 私が小学生の時に一度だけご一緒したことがある。 その時も、まわりを優しく包み込むような方だった。 もう、心配ないと思いました」と太鼓判を押した。 佐藤は、鈴愛と律の関係性について熱弁。 「北川さんがおっしゃっていたのは『これはラブストーリーだけど、ラブストーリーじゃないんだ。 恋愛じゃないんだ。 恋愛をするタイミングを逃してしまった二人。 しかし恋愛を超越した何かによって結ばれている二人を描きたい』というもの。 今まで情熱的な恋愛や夫婦間の優しい愛、家族の絆など様々な形の絆が描かれてきた。 律と鈴愛のそれとは全然違った、しかしそれよりも強い絆で結ばれているようです。 それがどういった愛の形なのか、僕にもハッキリ見えていない。 これから撮影の中で永野さんとともに見つけていきたい」と意気込みを露わにした。 11歳差のある永野との共演について「いかんせん、同じ日に生まれた設定。 そこが最大のハードル」と笑い、「かなり長い年月を描く。 最初は高校の同級生から始まって、40代まで描く。 最初をどう乗り越えようか、ずっと考えてます」と明かした。 また佐藤は今回、連続テレビ小説に初チャレンジ。 長丁場の撮影に関して「すごく脅される。 『本当に辛いことがあると思うから』って大人の方に100回くらい言われてきた。 本当に大変なんだろうなと思う。 だけど一番大変なのは、ヒロインを演じる永野さん。 永野さんを支えることができたらな、とも思っています。 それが僕の役割」と話し、永野を立てた。 連続テレビ小説『半分、青い。 』は、2018年4月2日よりNHKにて放送スタート。 この記事の写真を見る•

次の

永野芽郁は可愛いのに残念な鼻の持ち主なんです!?兄は三代目の登坂広臣ってマジっすか!?

永野芽郁 筧ジュン

1週間の女性有名人のファッションを紹介する「今週のファッションチェック」。 今回(2~8日)は、石原さとみさん、宮崎あおいさん、宮沢りえさん、有村架純さん、永野芽郁さん、筧美和子さん、久松郁実さん、新垣結衣さん、川口春奈さん、深田恭子さん、仲間由紀恵さん、大地真央さん、松井玲奈さん、広瀬アリスさん、藤原紀香さんらが華やかなファッションで登場した。 前後編で取り上げる。 石原さん、宮崎さん、宮沢さんは3日、「第40回日本アカデミー賞」の授賞式に出席した。 石原さんは鮮やかなターコイズブルーが目を引くプリーツロングドレス姿で、ほんのりオリエンタルな雰囲気。 ピンクのリップを合わせて春らしく装い、ドレスに使われたレースとそろえたような大ぶりの花モチーフのリングや、パールのイヤリングを合わせていた。 宮崎さんは、クリーム色の柔らかな生地にバラなどの花が優しいタッチで描かれた、春らしいティアードロングドレス。 ケープ状になった胸元やティアードのフリルが可愛らしい一方で、肩や胸元の肌を見せ、大人の女性らしさもプラスしたデザインだった。 宮沢さんは、胸元にベルト風のデザインを施した黒いベアトップドレスだった。 ほかに広瀬すずさん、杉咲花さんらも美しいドレス姿で出席した。 有村さんは5日、東京都内で行われた映画「3月のライオン」(大友啓史監督、前編18日公開・後編4月22日公開)の試写会イベントに登場。 紺を基調にした個性派デザインの春ニットに、光沢感のあるグリーンのミモレ丈スカート、淡いグリーンのヒールパンプスを合わせた軽やかな装いだった。 女性ファッション誌「Seventeen(セブンティーン)」(集英社)のモデルとしても活動する永野さんは6日、東京都内で行われた主演映画「ひるなかの流星」(新城毅彦監督、24日公開)とファッションブランド「Samantha Vega(サマンサベガ)」のコラボCMオンエア記念イベントに登場。 また、永野さんは2日、東京都内で行われた同映画の完成披露舞台あいさつにも出席。 リーゼント風のヘアで、市松模様をアレンジしたような和風柄の赤いドレス、真っ赤なパンプスというインパクトのあるスタイル。 大ぶりのパールのイヤリングを合わせ、目元やリップも赤系のメークでまとめていた。 筧さんは2日、東京都内で行われたヤーマン光美容器「レイボーテ」の新商品発表会に出席。 ミニワンピースは、ロングベスト風のシャープなデザインで、黒いレースのインナーとチョーカー、ブルー系のヒールサンダルを合わせていた。 女性ファッション誌「CanCam(キャンキャン)」(小学館)の専属モデルとしても活動する久松さんは4日、東京・渋谷のタワーレコード渋谷店で、DVD&ブルーレイディスク(BD)「久松郁実 それいく! in ニューカレドニア」の発売記念イベントを開催。 さわやかなスカイブルーのワンピースを着こなし、深めのVネックとミニ丈で健康美をアピール。 ビジューたっぷりのイヤリングと、光沢のあるシルバーのストラップパンプスを合わせていた。 DVDは3800円、BDは4800円(ともに税抜き)。

次の

永野芽郁は可愛いのに残念な鼻の持ち主なんです!?兄は三代目の登坂広臣ってマジっすか!?

永野芽郁 筧ジュン

女優の永野芽郁が22日、ヒロインを演じるNHKの連続テレビ小説『半分、青い。 』の出演者発表会見(岐阜・故郷編)に、新キャストの佐藤健や松雪泰子、滝藤賢一、風吹ジュン、中村雅俊、谷原章介、原田知世、余貴美子の8名とともに出席。 幼なじみ役を演じることが明らかになった佐藤との共演は「心配ない」と言い切り、笑顔を弾けさせた。 本作は、連続テレビ小説シリーズの第98作目。 大阪万博の翌年、1971年に生まれた楡野鈴愛(にれの・すずめ)が、現代社会で奮闘し、一大発明を成功させるに至るまでの半世紀を描く。 脚本を手がけるのは、『ロングバケーション』や『ビューティフルライフ』『オレンジデイズ』で知られる北川悦吏子氏。 でも皆さんなら笑って『頑張ろう』と言ってくださるような方達だったので、一生懸命頑張りたい」とニコリ。 鈴愛の幼なじみにして、生涯のソウルメイト・萩尾律を演じる佐藤とは、映画『るろうに剣心』で共演済み。 「すごく先輩。 私が小学生の時に一度だけご一緒したことがある。 その時も、まわりを優しく包み込むような方だった。 もう、心配ないと思いました」と太鼓判を押した。 佐藤は、鈴愛と律の関係性について熱弁。 「北川さんがおっしゃっていたのは『これはラブストーリーだけど、ラブストーリーじゃないんだ。 恋愛じゃないんだ。 恋愛をするタイミングを逃してしまった二人。 しかし恋愛を超越した何かによって結ばれている二人を描きたい』というもの。 今まで情熱的な恋愛や夫婦間の優しい愛、家族の絆など様々な形の絆が描かれてきた。 律と鈴愛のそれとは全然違った、しかしそれよりも強い絆で結ばれているようです。 それがどういった愛の形なのか、僕にもハッキリ見えていない。 これから撮影の中で永野さんとともに見つけていきたい」と意気込みを露わにした。 11歳差のある永野との共演について「いかんせん、同じ日に生まれた設定。 そこが最大のハードル」と笑い、「かなり長い年月を描く。 最初は高校の同級生から始まって、40代まで描く。 最初をどう乗り越えようか、ずっと考えてます」と明かした。 また佐藤は今回、連続テレビ小説に初チャレンジ。 長丁場の撮影に関して「すごく脅される。 『本当に辛いことがあると思うから』って大人の方に100回くらい言われてきた。 本当に大変なんだろうなと思う。 だけど一番大変なのは、ヒロインを演じる永野さん。 永野さんを支えることができたらな、とも思っています。 それが僕の役割」と話し、永野を立てた。 連続テレビ小説『半分、青い。 』は、2018年4月2日よりNHKにて放送スタート。 この記事の写真を見る•

次の