韓国ウォンレート。 韓国ウォンが1ドル1200ウォンになったと聞きますが、それが一体...

人民元(CNY) へ 韓国ウォン(KRW) 為替レート 今日

韓国ウォンレート

両替 [ ] 通貨保護の観点から国外への持ち出しを制限している。 のを機に規制緩和され、それまで韓国系銀行に限られていた日本国内でのが、や一部の、両替所等でも可能となった。 日本では、多くの外国硬貨と同様に硬貨が両替不可能(一部業者を除く)である。 また、日本で両替を行うと、韓国で両替を行うよりも顧客にかなり不利なになるのが通例である。 漢字表記 [ ] 「ウォン」は「 (円)」の読みだが、公式には漢字表記をしない。 一方、「元」も朝鮮語読みでは「ウォン」となるが、漢字圏の人を相手にする人たちの間でまれに、ウォンを「元」と漢字表記するケースも見られる。 一方、中国語圏では韓国ウォンを、では「 韓圓」または「 韓元」、では「 韩元」または「 韩币」と表記する。 旧ウォン(圓)を導入• に接収された南側の朝鮮銀行は、にが設立されるまでの間、日本統治下に引き続いて最初の南朝鮮の ウォン(圓、won)を発行した。 ウォンの下にはとしてチョン(、chon)が置かれ、1ウォンは100チョンだった。 1945年8月時点では1ウォン=1円にされていたが、1945年10月に15ウォン=1となり、以後は戦後のの進行とともに切り下げが進んだ。 中のには、ついに1ドル=6,000ウォンとなった。 この時期、当初朝鮮銀行は製造のウォン紙幣のみの発行を継続し、硬貨は日本統治下で通用していた一銭硬貨が使われていた。 1946年発行のの印刷による10ウォンおよび100ウォン紙幣は、日本統治時代の朝鮮銀行券と類似したデザインであったが、日本を象徴するに代わりの花に上部の紋章が変更された。 1949年発行の5ウォンおよび10ウォン紙幣は、寿老人の肖像に代わりの図案となった。 このとき同時に5、10、50チョンなどの小額紙幣も発行された。 1950年には大韓民国のとして韓国銀行が発足したが、直後に勃発した朝鮮戦争でソウルを占領したは、予備として保管してあった1000ウォン紙幣や100ウォン紙幣を使用し、大量に流出させた。 韓国は新たに日本ので製造された韓国銀行券1000ウォン、100ウォン紙幣を発行し、記号により正規に発行されたものと確認できる朝鮮銀行券と交換した(第1次緊急通貨措置)。 51年10月、が設立され、紙幣の国内製造が再開された。 100旧ウォンは1ファンと交換され、1ドル=60ファンとなった(第2次緊急通貨措置)。 いまだ低額紙幣が流通していた朝鮮銀行券(10圓、5圓、1圓、50銭、20銭、10銭、5銭の7種類)および日本で発行された1銭硬貨といった、日本時代の残滓といえる通貨の流通は停止され、韓国銀行が発行した圜紙幣だけが唯一の法定通貨となった。 が印刷した1ファン、5ファン、10ファン、100ファン、1000ファン各紙幣が流通し、からはファン硬貨も発行された。 1959年以降、韓国の紙幣や硬貨における漢字表記はなくなり英字とハングルのみとなっている。 ファンの下にも補助単位チョン(錢、chon)が置かれ、1ファンは100チョンだった。 ただし、チョンの硬貨は発行されず、チョンが使われることはなかった。 しかしファンも、大統領が独裁権力を振るう時代の政治と経済の混乱でインフレーションが起こり米ドルに対する価値が下がっていった。 にはをきっかけにが起こり第一共和国が倒され、へ移行した。 政治や経済は不安定さを増し、1960年の秋以降、失業率や物価の上昇でインフレーションが急速に進み、には1ドル=1000ファンに、には1ドル=1250ファンへと価値が急落した。 ファン硬貨 画像 額 硬貨 柄 日時 表 裏 幅 mm 重量 g 材質 表 裏 鋳造開始 流通 終了 10 19. 1 2. 86 3. 0 6. この政権は経済再建と経済開発を優先し、翌には第一次五ヵ年計画と通貨改革を実行に移した。 に新たな大韓民国ウォンが登場、1ウォンは10ファンと交換され1ドル=125ウォンに固定された(第3次緊急通貨措置)。 補助単位はチョン(英語表記は「jeon」に改められた)であり1ウォンは100チョンとなったが、今日チョンが実際に現金単位として使われることはない。 この通貨改革によりようやくインフレーションは緩やかになった。 前半は、の影響もあり、とにウォンが切り下げられた。 には1ドル=580ウォンとなったが、同年にはへの移行が始まった。 の最中の、(IMF)とのにより、完全変動相場制へと移ったが 、その後ウォンの米ドルに対する価値は、僅かな間に半分に落ち込んでいる。 流通貨幣 [ ] 紙幣 [ ] 2006年から2007年にかけて新デザインによる新紙幣が導入された。 偽造防止のための新技術が盛り込まれ、サイズが小さくなった。 長年似通っていた図柄を現代風に改め、紙幣の色彩が鮮やかになり、額面の文字と数字が大きな字で明るくはっきり見えるようになった。 新シリーズは額面によって様々な偽造防止技術が導入されている。 50,000ウォン紙幣は22種、10,000ウォン紙幣は21種、5,000ウォン紙幣は17種、1,000ウォン紙幣は19種の偽造防止技術が入っている。 偽造防止技術の例は下記の通り。 :表面の金属ホイル部分の変色立体画像• :人物像の透かしが白色部分に入っている• :文字と人物像の印刷部分が隆起している• :「한국은행 Bank of Korea(BOK)」と額面表記のスレッドが表面に織り込まれている• :裏面の額面表記が変色インクになっている• 詳細はを参照。 50,000ウォン紙幣の発行 [ ] 長らく最高額紙幣が10,000ウォン(2009年当時ので約800・8程度の価値)であったため、決済時に不便をもたらしていた。 このため国民の間では、(チャギアプスピョ)略して手票(スピョ・日本語で)やの使用頻度が高い。 論 や高額紙幣発行論がしばしば取りざたされていたが、「圧力になる」との批判が根強く、具体化に至っていなかった。 しかしながら、自己宛手票流通に掛かるコストや、偽造小切手問題から、2006年初頭より、韓国政府は100,000ウォン札を発行する方針で具体的な検討に入り、、が上半期を目処に100,000ウォンと50,000ウォン紙幣を発行する事を正式発表し、50,000ウォン紙幣は、予定通り2009年に発行された。 100,000ウォン紙幣の発行断念 [ ] しかし、100,000ウォン紙幣の図案に関して論争が起き(裏面の朝鮮半島の古地図・に、本来描かれていなかった独島()を記載するか否かの問題もあったが、表面の肖像に予定されていた独立指導者のに関して、南北統一政府を主張してらと確執を繰り広げたことから『最高額面の紙幣にふさわしい人物かどうか』が、保守派から提起され激論となったことが大きい )、2009年、韓国銀行は100,000ウォン紙幣発行推進計画を中止すると発表した。 ただ、50,000ウォン紙幣も日本円で4,000円弱程度の価値(発行当時)でしかなく、今後再び100,000ウォン紙幣の発行論議が再燃する可能性があるが、高額な買い物に対しては、所得控除制度がある「クレジットカード決済」が当たり前であり、高額紙幣が新規発行される目処が立たない状況が続いている。 硬貨 [ ] 2006年までは黄銅の10ウォンが発行されていたが、素材価値が高くなり額面に見合わなくなったため現在の硬貨に改められた。 1ウォン硬貨、5ウォン硬貨は、現在では事実上流通していないが、現在でものために細々と製造されている。 現金を伴わない取引では1ウォン単位で決済が行われるが、現金取引で10ウォン未満の端数が発生した場合、切り上げ、もしくは切り捨てられる。 現在使用 画像 額 硬貨 柄 日時 表 裏 幅 mm 重量 g 材質 票面 表 裏 鋳造開始 流通 10 18 mm 1. 22 g アルミニウムに銅メッキ 無地 多宝塔・ハングルで額面 算用数字で額面・ハングルで「韓国銀行」の表示・鋳造年 2006年 2006年12月18日 50 21. 6 mm 4. 16 g エンボス ・ハングルで額面 算用数字で額面・ハングルで「韓国銀行」の表示・鋳造年 1983年 1983年1月15日 100 24 mm 5. 42 g ・ハングルで額面 500 26. 5 mm 7. 7 g ・ハングルで額面 1982年 1982年6月12日 1982-2006年発行 [ ] 画像 額 硬貨 柄 日時 表 裏 幅 mm 重量 g 材質 票面 表 裏 鋳造開始 流通 1 17. 2 mm 0. 729 g 無地 ・で額面 で額面・ハングルで「韓国銀行」の表示・鋳造年 1983年 1983年1月15日 5 20. 4 mm 2. 95 g 無地 ・ハングルで額面 算用数字で額面・ハングルで「韓国銀行」の表示・鋳造年 1983年 1983年1月15日 10 22. 86 mm 4. 06 g ・ハングルで額面 為替レート [ ] 公式にはは採用していない。 90年代後半以降、ドルや円に対して大きく変動してきている。 2005年頃から急激なウォン高が始まり、2007年時点では約7. 5ウォン近辺、その後のドル安傾向もあって8ウォン台で推移していた。 同年9月末にはの影響から、が発生、12ウォン越えをし大幅なウォン安が起き、10月7日にはついに13ウォンを突破。 85ウォン水準に日に日に近付いていたが、10月27日には売値・買値ともに15ウォンを突破し、さらに12月5日には一時的ながら16ウォンにまで達し、2009年2月20日には再び16ウォン台に突入、対円での史上最安値を更新した。 その後はの導入により、通貨危機前の水準に戻しつつある。 数字が大きいほどウォン高) 年 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 09. 03 09. 31 09. 11 09. 38 09. 44 09. 41 09. 56 09. 5 09. 64 09. 45 09. 84 09. 96 10. 09 10. 43 10. 54 10. 56 10. 76 10. 74 10. 94 10. 74 10. 88 11. 09 11. 54 11. 71 12. 12 11. 99 12. 05 12. 11 11. 85 12. 05 12. 02 12. 19 12. 46 12. 44 12. 49 12. 78 12. 92 12. 61 12. 52 12. 84 13. 1 13. 3 12. 93 12. 36 12. 55 12. 71 11. 89 12. 09 11. 27 11. 16 10. 「」も参照 500ウォン硬貨は日本のと比べて、重量が少し重いことを除き、材質・形状が極めて類似していた。 なおかつ、当時、500ウォン硬貨は日本円でおよそ50円程度の価値であった。 このため、1999年頃から、ドリルでくぼみをつけて五百円硬貨と重量を合わせる加工が施されたが、大量にから日本に運び込まれ、日本全国のやで不正使用された。 摘発された主な事件には、次のようなものがある。 1999年6月に、のの男3人との男1人が、日本各地の自動販売機で変造500ウォン硬貨を使用していた容疑で、で逮捕された。 男らが用いていた自動車から、変造500ウォン硬貨約2000枚が発見され、押収された(による)。 当初は、自動販売機の識別機能強化による対応が試みられたが、まさにの状態となり、自動販売機での500円硬貨の受入れを中止する動きが広まった。 結局、に、日本のは、抜本的な対策のため、材質を変更した上で偽造防止対策を施した500円ニッケル黄銅貨を発行した。 また、自動販売機の多くで500円ニッケル黄銅貨のみ対応の自動販売機に切り替わった。 その結果、日本国内の自動販売機荒らしの発生件数は、2000年の6706件から2001年には1061件まで減少した(による)。 しかし最近は、韓国人旅行者の増加で、で韓国人旅行者が500ウォン硬貨を渡す事もあり、また店員も知らずにそのままつり銭として他の人に渡す事もあり、問題となっている。 脚注 [ ] []• National Statistical Office, South Korea 2019年12月31日. 2020年3月12日閲覧。 1米ドルが何ウォンか。 数字が大きいほどウォン安。 Kurt Schuler 2004年2月29日. Currency Boards and Dollarization. 2006年12月7日閲覧。 旧ウォン: [ ] [ ] ( (朝鮮語)、)• ファン硬貨: [ ] [ ] ( (朝鮮語)、韓国銀行)• Kurt Schuler 2004年2月29日. Currency Boards and Dollarization. 2006年11月16日閲覧。 民間においては、喫茶店などで0を省略した価格表示などを行っている場合がある。 週刊京郷 2018年10月1日• asahi. com 2009年1月22日配信、2009年3月2日配信• 2007年3月12日時点の [ ]よりアーカイブ。 2008年9月20日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (一部店舗でウォンが使える)• - 近年の韓国は現金を用いない電子決済が現金決済より圧倒的に多い国となっている。

次の

韓国ウォン/円の為替レートの推移

韓国ウォンレート

236221 1204. 860000 1376. 432064 226. 018609 841. 112766 172. 167129 1510. 171524 787. 737468 866. 618715 37. 984237 40. 833023 72. 219525 887. 819615 175. 661175 155. 377592 1281. 084530 282. 499414 53. 635150 24. 358321 16. 072601 0. 081135 16. 790976 133. 167545 129. 822860 184. 854017 327. 986933 1. 530953 0. 005383 3912. 518266 321. 236036 284. 011032 0. 174216 75. 303750 0. 329226 1696. 985915 342. 669435 0. 793454 107. 200000 122. 465280 20. 109552 74. 836320 15. 318225 134. 364480 0. 088935 70. 087360 77. 105661 3. 379571 3. 633036 6. 425587 78. 991968 15. 629100 13. 824409 113. 981925 25. 134818 4. 772080 2. 167233 1. 430027 0. 007219 1. 493943 11. 848315 11. 550728 16. 447015 29. 181979 0. 136213 0. 000479 348. 108459 28. 581331 25. 269311 0. 015501 6. 700000 0. 029292 150. 985915 30. 488325 0. 070596 情報提供元:.

次の

外国為替計算

韓国ウォンレート

両替 [ ] 通貨保護の観点から国外への持ち出しを制限している。 のを機に規制緩和され、それまで韓国系銀行に限られていた日本国内でのが、や一部の、両替所等でも可能となった。 日本では、多くの外国硬貨と同様に硬貨が両替不可能(一部業者を除く)である。 また、日本で両替を行うと、韓国で両替を行うよりも顧客にかなり不利なになるのが通例である。 漢字表記 [ ] 「ウォン」は「 (円)」の読みだが、公式には漢字表記をしない。 一方、「元」も朝鮮語読みでは「ウォン」となるが、漢字圏の人を相手にする人たちの間でまれに、ウォンを「元」と漢字表記するケースも見られる。 一方、中国語圏では韓国ウォンを、では「 韓圓」または「 韓元」、では「 韩元」または「 韩币」と表記する。 旧ウォン(圓)を導入• に接収された南側の朝鮮銀行は、にが設立されるまでの間、日本統治下に引き続いて最初の南朝鮮の ウォン(圓、won)を発行した。 ウォンの下にはとしてチョン(、chon)が置かれ、1ウォンは100チョンだった。 1945年8月時点では1ウォン=1円にされていたが、1945年10月に15ウォン=1となり、以後は戦後のの進行とともに切り下げが進んだ。 中のには、ついに1ドル=6,000ウォンとなった。 この時期、当初朝鮮銀行は製造のウォン紙幣のみの発行を継続し、硬貨は日本統治下で通用していた一銭硬貨が使われていた。 1946年発行のの印刷による10ウォンおよび100ウォン紙幣は、日本統治時代の朝鮮銀行券と類似したデザインであったが、日本を象徴するに代わりの花に上部の紋章が変更された。 1949年発行の5ウォンおよび10ウォン紙幣は、寿老人の肖像に代わりの図案となった。 このとき同時に5、10、50チョンなどの小額紙幣も発行された。 1950年には大韓民国のとして韓国銀行が発足したが、直後に勃発した朝鮮戦争でソウルを占領したは、予備として保管してあった1000ウォン紙幣や100ウォン紙幣を使用し、大量に流出させた。 韓国は新たに日本ので製造された韓国銀行券1000ウォン、100ウォン紙幣を発行し、記号により正規に発行されたものと確認できる朝鮮銀行券と交換した(第1次緊急通貨措置)。 51年10月、が設立され、紙幣の国内製造が再開された。 100旧ウォンは1ファンと交換され、1ドル=60ファンとなった(第2次緊急通貨措置)。 いまだ低額紙幣が流通していた朝鮮銀行券(10圓、5圓、1圓、50銭、20銭、10銭、5銭の7種類)および日本で発行された1銭硬貨といった、日本時代の残滓といえる通貨の流通は停止され、韓国銀行が発行した圜紙幣だけが唯一の法定通貨となった。 が印刷した1ファン、5ファン、10ファン、100ファン、1000ファン各紙幣が流通し、からはファン硬貨も発行された。 1959年以降、韓国の紙幣や硬貨における漢字表記はなくなり英字とハングルのみとなっている。 ファンの下にも補助単位チョン(錢、chon)が置かれ、1ファンは100チョンだった。 ただし、チョンの硬貨は発行されず、チョンが使われることはなかった。 しかしファンも、大統領が独裁権力を振るう時代の政治と経済の混乱でインフレーションが起こり米ドルに対する価値が下がっていった。 にはをきっかけにが起こり第一共和国が倒され、へ移行した。 政治や経済は不安定さを増し、1960年の秋以降、失業率や物価の上昇でインフレーションが急速に進み、には1ドル=1000ファンに、には1ドル=1250ファンへと価値が急落した。 ファン硬貨 画像 額 硬貨 柄 日時 表 裏 幅 mm 重量 g 材質 表 裏 鋳造開始 流通 終了 10 19. 1 2. 86 3. 0 6. この政権は経済再建と経済開発を優先し、翌には第一次五ヵ年計画と通貨改革を実行に移した。 に新たな大韓民国ウォンが登場、1ウォンは10ファンと交換され1ドル=125ウォンに固定された(第3次緊急通貨措置)。 補助単位はチョン(英語表記は「jeon」に改められた)であり1ウォンは100チョンとなったが、今日チョンが実際に現金単位として使われることはない。 この通貨改革によりようやくインフレーションは緩やかになった。 前半は、の影響もあり、とにウォンが切り下げられた。 には1ドル=580ウォンとなったが、同年にはへの移行が始まった。 の最中の、(IMF)とのにより、完全変動相場制へと移ったが 、その後ウォンの米ドルに対する価値は、僅かな間に半分に落ち込んでいる。 流通貨幣 [ ] 紙幣 [ ] 2006年から2007年にかけて新デザインによる新紙幣が導入された。 偽造防止のための新技術が盛り込まれ、サイズが小さくなった。 長年似通っていた図柄を現代風に改め、紙幣の色彩が鮮やかになり、額面の文字と数字が大きな字で明るくはっきり見えるようになった。 新シリーズは額面によって様々な偽造防止技術が導入されている。 50,000ウォン紙幣は22種、10,000ウォン紙幣は21種、5,000ウォン紙幣は17種、1,000ウォン紙幣は19種の偽造防止技術が入っている。 偽造防止技術の例は下記の通り。 :表面の金属ホイル部分の変色立体画像• :人物像の透かしが白色部分に入っている• :文字と人物像の印刷部分が隆起している• :「한국은행 Bank of Korea(BOK)」と額面表記のスレッドが表面に織り込まれている• :裏面の額面表記が変色インクになっている• 詳細はを参照。 50,000ウォン紙幣の発行 [ ] 長らく最高額紙幣が10,000ウォン(2009年当時ので約800・8程度の価値)であったため、決済時に不便をもたらしていた。 このため国民の間では、(チャギアプスピョ)略して手票(スピョ・日本語で)やの使用頻度が高い。 論 や高額紙幣発行論がしばしば取りざたされていたが、「圧力になる」との批判が根強く、具体化に至っていなかった。 しかしながら、自己宛手票流通に掛かるコストや、偽造小切手問題から、2006年初頭より、韓国政府は100,000ウォン札を発行する方針で具体的な検討に入り、、が上半期を目処に100,000ウォンと50,000ウォン紙幣を発行する事を正式発表し、50,000ウォン紙幣は、予定通り2009年に発行された。 100,000ウォン紙幣の発行断念 [ ] しかし、100,000ウォン紙幣の図案に関して論争が起き(裏面の朝鮮半島の古地図・に、本来描かれていなかった独島()を記載するか否かの問題もあったが、表面の肖像に予定されていた独立指導者のに関して、南北統一政府を主張してらと確執を繰り広げたことから『最高額面の紙幣にふさわしい人物かどうか』が、保守派から提起され激論となったことが大きい )、2009年、韓国銀行は100,000ウォン紙幣発行推進計画を中止すると発表した。 ただ、50,000ウォン紙幣も日本円で4,000円弱程度の価値(発行当時)でしかなく、今後再び100,000ウォン紙幣の発行論議が再燃する可能性があるが、高額な買い物に対しては、所得控除制度がある「クレジットカード決済」が当たり前であり、高額紙幣が新規発行される目処が立たない状況が続いている。 硬貨 [ ] 2006年までは黄銅の10ウォンが発行されていたが、素材価値が高くなり額面に見合わなくなったため現在の硬貨に改められた。 1ウォン硬貨、5ウォン硬貨は、現在では事実上流通していないが、現在でものために細々と製造されている。 現金を伴わない取引では1ウォン単位で決済が行われるが、現金取引で10ウォン未満の端数が発生した場合、切り上げ、もしくは切り捨てられる。 現在使用 画像 額 硬貨 柄 日時 表 裏 幅 mm 重量 g 材質 票面 表 裏 鋳造開始 流通 10 18 mm 1. 22 g アルミニウムに銅メッキ 無地 多宝塔・ハングルで額面 算用数字で額面・ハングルで「韓国銀行」の表示・鋳造年 2006年 2006年12月18日 50 21. 6 mm 4. 16 g エンボス ・ハングルで額面 算用数字で額面・ハングルで「韓国銀行」の表示・鋳造年 1983年 1983年1月15日 100 24 mm 5. 42 g ・ハングルで額面 500 26. 5 mm 7. 7 g ・ハングルで額面 1982年 1982年6月12日 1982-2006年発行 [ ] 画像 額 硬貨 柄 日時 表 裏 幅 mm 重量 g 材質 票面 表 裏 鋳造開始 流通 1 17. 2 mm 0. 729 g 無地 ・で額面 で額面・ハングルで「韓国銀行」の表示・鋳造年 1983年 1983年1月15日 5 20. 4 mm 2. 95 g 無地 ・ハングルで額面 算用数字で額面・ハングルで「韓国銀行」の表示・鋳造年 1983年 1983年1月15日 10 22. 86 mm 4. 06 g ・ハングルで額面 為替レート [ ] 公式にはは採用していない。 90年代後半以降、ドルや円に対して大きく変動してきている。 2005年頃から急激なウォン高が始まり、2007年時点では約7. 5ウォン近辺、その後のドル安傾向もあって8ウォン台で推移していた。 同年9月末にはの影響から、が発生、12ウォン越えをし大幅なウォン安が起き、10月7日にはついに13ウォンを突破。 85ウォン水準に日に日に近付いていたが、10月27日には売値・買値ともに15ウォンを突破し、さらに12月5日には一時的ながら16ウォンにまで達し、2009年2月20日には再び16ウォン台に突入、対円での史上最安値を更新した。 その後はの導入により、通貨危機前の水準に戻しつつある。 数字が大きいほどウォン高) 年 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 09. 03 09. 31 09. 11 09. 38 09. 44 09. 41 09. 56 09. 5 09. 64 09. 45 09. 84 09. 96 10. 09 10. 43 10. 54 10. 56 10. 76 10. 74 10. 94 10. 74 10. 88 11. 09 11. 54 11. 71 12. 12 11. 99 12. 05 12. 11 11. 85 12. 05 12. 02 12. 19 12. 46 12. 44 12. 49 12. 78 12. 92 12. 61 12. 52 12. 84 13. 1 13. 3 12. 93 12. 36 12. 55 12. 71 11. 89 12. 09 11. 27 11. 16 10. 「」も参照 500ウォン硬貨は日本のと比べて、重量が少し重いことを除き、材質・形状が極めて類似していた。 なおかつ、当時、500ウォン硬貨は日本円でおよそ50円程度の価値であった。 このため、1999年頃から、ドリルでくぼみをつけて五百円硬貨と重量を合わせる加工が施されたが、大量にから日本に運び込まれ、日本全国のやで不正使用された。 摘発された主な事件には、次のようなものがある。 1999年6月に、のの男3人との男1人が、日本各地の自動販売機で変造500ウォン硬貨を使用していた容疑で、で逮捕された。 男らが用いていた自動車から、変造500ウォン硬貨約2000枚が発見され、押収された(による)。 当初は、自動販売機の識別機能強化による対応が試みられたが、まさにの状態となり、自動販売機での500円硬貨の受入れを中止する動きが広まった。 結局、に、日本のは、抜本的な対策のため、材質を変更した上で偽造防止対策を施した500円ニッケル黄銅貨を発行した。 また、自動販売機の多くで500円ニッケル黄銅貨のみ対応の自動販売機に切り替わった。 その結果、日本国内の自動販売機荒らしの発生件数は、2000年の6706件から2001年には1061件まで減少した(による)。 しかし最近は、韓国人旅行者の増加で、で韓国人旅行者が500ウォン硬貨を渡す事もあり、また店員も知らずにそのままつり銭として他の人に渡す事もあり、問題となっている。 脚注 [ ] []• National Statistical Office, South Korea 2019年12月31日. 2020年3月12日閲覧。 1米ドルが何ウォンか。 数字が大きいほどウォン安。 Kurt Schuler 2004年2月29日. Currency Boards and Dollarization. 2006年12月7日閲覧。 旧ウォン: [ ] [ ] ( (朝鮮語)、)• ファン硬貨: [ ] [ ] ( (朝鮮語)、韓国銀行)• Kurt Schuler 2004年2月29日. Currency Boards and Dollarization. 2006年11月16日閲覧。 民間においては、喫茶店などで0を省略した価格表示などを行っている場合がある。 週刊京郷 2018年10月1日• asahi. com 2009年1月22日配信、2009年3月2日配信• 2007年3月12日時点の [ ]よりアーカイブ。 2008年9月20日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (一部店舗でウォンが使える)• - 近年の韓国は現金を用いない電子決済が現金決済より圧倒的に多い国となっている。

次の