ワールド シャウラ 2019。 NEWワールドシャウラの複雑な仕様について調べてみた!

シマノのワールドシャウラってどうですか?

ワールド シャウラ 2019

優良釣具販売評価術 釣具マニアです。 数あるバスロッドの中で 誰もが凄いと感じるロッドがあります。 シマノの最高級品フラッグシップモデル ワールド・シャウラがそれ。 少し偏屈な釣具マニアは他人がべた褒めをする釣り道具を 斜めから見てしまうのですが それはブランディングの旨さなどによる所も多く、 過大に評価されてしまう所もあるからです。 人気の高さは需要と供給のバランスを崩して 性能以上の価格で取引されてしまいがちです。 ワールドシャウラは実売価格が4万以上の高級ロッドですが、 価格のことを忘れしまうようなポテンシャルを持ったロッドでして、 使えば使うほど4万が安いのではないかと思うほど、 ロッドが持つスペックを想像した以上に楽々と超えてくれます。 外観はバスロッドでも、 品質管理に関しては鬼のシマノが シビアに吟味した最高素材のカーボンプリプレグを使い、 最高の製造技術を誇る国内生産で 最新鋭の製造技術を惜しげもなく盛り込んだロッドは バスロッドで必要上限なスペックを 楽々と突き抜けたようなモンスターに仕上がりました。 どんなロッドかと説明すれば 村田基さん監修ですからキャスタビリティは言わずもがな。 軽く投げただけでルアーがスポーンとぶっ飛ぶさまは シマノの伝統的なキャストフィールをより先鋭化かつ洗練した感覚。 引き抵抗の重いルアーを引いても ルアーの動きは十分捉えることができながら、 引き重り感が少なくリニアな感覚です。 特にトルクに関しては大きな魚を掛けた時が顕著でしょう。 少しためておけば自然と魚が浮いてしまう、 剛竿だから言う感じではなく 予想していた以上にどんどんトルクが溢れていく感じ。 ためしにスペック以上に重いルアーを投げても 違和感無く投げられてしまうのがワールドシャウラ トルクの潜在能力の高さの証明になるのではないでしょうか? このパワー村田基さんはワン&ハーフ構造から生まれるとの事。 パワーを生むにはバットのカーボンシートの素材を変えるか、 巻き数を多くすることも考えられますが、 ロッドの外径を1ランク太くするのが正解に気がします。 バッドを補強するのに 急激にテーパー角を変えることはコストが掛かりすぎますし、 技術的の多くのハードルをクリアしなければいけない、 1&ハーフのフェルールを並継ぎにしてしまえば テーパーは自然に急になります。 またフェルールをバット部分からにしてしまえば、 ロッドとしてティプからベリーまでの支点移動のスムーズさは、しなやかさは 1ピースのままで強力なバットパワーを得ることができる。 2ピースは携帯の為ではなく、 よりワールドシャウラのポテンシャルを上げたことに 採用されたのだとわかりますね。 ワールドシャウラは今までシマノの定番とされてきた シリーズを中心にラインナップ。 より高水準に生まれ変わったラインナップは カーボンプリプレグの使う種類も半端なーぃロッド。 使ってみて思わずニタッと笑ってしまう、 それは満足感かも知れませんね。 ワールドシャウラは生産数が少なく入荷するとすぐになくなってしまいます 売り切れ、入荷待ちはご容赦くださいとのことでした 自分の欲しいシリーズは入荷するまで我慢するしかないと思います。 ベイト 最近のコメント• に makoto より• に ヘタレ釣師 より• に 通りすがり より• に 鱚ing より• に タラバマニア より アーカイブ• カテゴリー• メタ情報•

次の

ワールドシャウラ 2704RS

ワールド シャウラ 2019

ワールド…。 世界中のルアーターゲットと戦うロッド。 さんに憧れてを始めた身としては絶対に避けて通れないロッドです。 村田さんに憧れていなくても、 のフラッグシップであり 最高の技術と素材を投入されたこのロッドに 関心のある人は多いと思います。 2016年にはじめてのワールド1702r-2を購入して 2019年にモデルチェンジされてからは同じ番手のスーパーレッドに持ち替えて使っている僕が 1702のインプレを書いてみようと思います。 ワールド 1702 インプレ …の前に ワールドとはどんな竿なのか? そこから説明させてもらいます! ワールドとは一言で言えば、 「ルアーロッド」です。 それが最近の各メーカーの戦略なのでは? と邪推してしまいます。 めちゃくちゃ軽いリグ 2701、2651 やすごく重いビッグベイト 17114、1785 でも番手を選べば全く問題なく使えます。 という願望を持っている人が多いと思います。 僕もそうでした。 200g以上の重めのリールをつけた方がバランス的にティップが軽くなるので細かな操作はやりやすくなります。 合わせるリールはやはりアン!? 時代は超軽量ロッドが流行っていますが、1702は自重150gもあります。 それだけの厚さのカーボンによって支えられた竿なので通常使用で折れる事はまずあり得ないのですが、170gくらいの軽量リールを合わせてしまうと凄くティップ側が重く感じてしまいます。 合わせるリールは軽くても200gはあった方が良いです! 僕はアンDC MDを合わせています。 このリールはこの軽量化至上主義の時代に235gもあってそれだけで嫌厭してしまう人もいそうですが 最高に飛ぶし、最高に巻きやすくて、一度使ったら離れられないリールです。 以外のリールだとダイワのなんか凄く合うと思います! 他社のリールだとしてもやっぱり重さは200g以上あった方がトータルバランスが良くなって使い易くなります。 適応ラインは20ポンド!? 1702に1番合うラインはナイロンの20ポンドです。 以上おしまい。 と言うくらい20ポンドナイロンがピッタリ合います。 ビッグベイトの釣りをする人くらいしか20ポンドなんて使わないと思っている人が多いですが、僕は6gくらいの小さいクランクベイトにも20ポンドナイロンを使います。 全然余裕で魚は食ってきますし、ルアーも動きます。 太い糸で動かなくなるようなルアーは速攻タックルベリー行きで、2度と買いません 僕のやりたい釣りは 「ルアーフィッシング」なので、 細い糸で餌みたいにルにして食ってもらうのを待つのではなく ガンガン投げて巻いてリアクションを取って、タフなコンディションでも無理やり口を使わせる釣りが好きなのでラインも当然太くなります。 1702一本でテキサスやラバージグ、フロッグでのカバー打ち、ビッグベイトまでこなすので20ポンドはないと心細いのです。 ちなみにナイロンは20ポンドくらい太くなると全く伸びなくなります。 フロロを使わなくても20ポンドナイロンの方がしなやかでラインの自重が軽くてよく飛び、伸びないから感度も良い。 ナイロン20ポンドに1702なら50アップのバスもブッコ抜けます。 僕はネットを持ち歩くのが嫌いなので、基本ハンドランディングしています。 カタログで自重を見ると重そうだと感じますが200g以上のリールを合わせて使えば持った時のバランスも最高に良くて快適に釣りができます。 巻き物、時々カバー打ちとビッグベイト。

次の

NEWワールドシャウラの複雑な仕様について調べてみた!

ワールド シャウラ 2019

私はいわゆるグランダー世代です。 正確にはMr. 釣りどれん派ですがどちらにせよおっさん 中学生の頃でしょうか、空前のブームが訪れたのは。 釣り自体は小さい頃から親と一緒にちょくちょく行くことはありましたが、ルアーを知ったのはその時が最初でした。 餌さと違って気軽にできてスタイリッシュな部分にすごく惹かれたのを覚えてます。 それまでは釣りって待つものという認識でしたからね。 さて本題に戻りまして、ブログ一発目のネタはこの度手に入れたタックル紹介をば。 ワールド 2704RS-2 コルクストレートかっこえぇ… ワールドといえば、あの方。 さんです。 冒頭に書いた通りグランダー世代ならば知らない人はいない、いや!世代じゃなくても知らない人はいない!といっても過言ではないほど有名ですね。 私も大のファンでして、当時からン・ンXT・・レサト…と順調にファン道を歩んでおりました。 となれば今も選ぶのはジム血統 あえて愛称のジムと呼ばせていただきます のワールドでしょう。 堅い7フィートのスピニング。 には縁のなさそうなこの番手、使用目的はシーバスでのビッグベイトです。 正直ビッグベイトにはベイトリールでやるのが定番だと思うのですが、やはり懸念すべきは塩。 メンテナンス性を考慮するとどうしても抵抗があるんですよね。 使用ルアーは~60グラムくらいの予定なのでまぁ大丈夫、でしょう。 今回は買ったよっ!という報告なので使用感などはまた後日。 sanukiman.

次の