ニンフィア でんこうせっか。 ニンフィアの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

【ポケモンGO】今から始める!イーブイの新進化系「ニンフィア」に向けての準備

ニンフィア でんこうせっか

最大CP 攻撃種族値 防御種族値 HP種族値 3055 202 205 216 通常技 候補予想 ゲージ技 候補予想 あまえる でんこうせっか どろかけ チャームボイス サイコショック シャドーボール とっておき 弱点 二重 弱点 なし はがね・どく 耐性 二重 耐性 ドラゴン むし・かくとう・あく 技の考察 原作で覚える主な技一覧 通常技:• とっしん• かみつく• アイアンテール ゲージ技:• すてみタックル、スピードスター、はかいこうせん、ウェザーボール• あなをほる• サイコショック• じゃれつく、ドレインキッス、マジカルシャイン また、過去の新世代ポケモン実装時には「新しいわざの実装」が恒例となっています。 このタイミングで実装が期待される技は以下のとおりです。 マジカルフレイム デバフ効果がつく可能性あり ぶっちゃけ戦力になりそうなの? 技次第ではありますが、 フェアリー代表として活躍することはほぼ確実と推測しています。 特にドラゴンタイプが多い割にフェアリータイプの選択肢が少ない マスターリーグでは必須級の活躍をすると分析しています。 ニンフィアのために今からできること• ・花飾り個体の収集・・・余っている人がいればもらっておきたいところ イーブイは花飾り付きでも進化可能• ・色違いの収集・・・これは運要素なので、頑張れる人は頑張ってください!.

次の

ポケモン剣盾 マスターボール級に行ったのでパーティ紹介 ~ヨクバリスが無限大強い~

ニンフィア でんこうせっか

、でハートを2以上に上げ、フェアリータイプのわざを覚えた状態でレベルアップ(第7世代まで)• で、フェアリータイプのわざを覚えた状態でレベルアップ(第8世代から)。 概要 『』 第6世代 から登場した、イーブイの第8の進化系。 名前の由来は恐らく「ニンフ 精霊の一種 」から。 タイプは発表からしばらく伏せられていたが、これは第6世代で初登場となる18番目のタイプ『 』であったため。 ファンの間ではのヌンチャク要素から、かくとうタイプかノーマルタイプが予想されていた。 首元と左耳に結びのような触角を持ち、耳の後ろと首の辺りからは、それぞれ2本ずつ細長い流れリボンのようなが生えている。 毛色は白を基調に、耳や尻尾などの先端部位はピンク色を、目や触角の先端は水色をした、全体的にファンシーな色合いの持ち主。 こんな可愛らしい見た目だが、他のブイズ同様にオスも存在する。 触角には人やポケモンの波動が秘められており、その波動を送り込むことで争いを止めることができる。 大好きなトレーナーには、腕にその触角を巻き付けて一緒に歩く習性がある。 これは触角で触れるとその気持ちを感じ取れる為らしく、清らかな心の持ち主でなければ、ニンフィアと共に歩む事は出来ないであろう。 一方ひとたび戦いとなれば、自分の何倍もあるにもいっさい怯まず飛びかかっていくワイルドな面も持ち合わせており、敵意を削ぐ波動を獲物を油断させ襲うための手段として用いるという、の片鱗も垣間見せている。 これを反映してかでは竜退治の伝承が残されている。 と共にフェアリータイプを代表するポケモンであり、その妖精らしい可愛らしさ全開の見た目もあって、2016年6月7日に結果発表された「ポケモン総選挙720」では、と他の進化形を超えて5位に着いた。 色違いはピンク色と水色がちょうど反転する。 ゲーム上の特徴 進化条件 進化条件について、登場当時はポケパルレ、第7世代はポケリフレが必須だったが、第8世代ではこれらのふれあい要素で上がるステータスが「なつき度」と統合されたため、レベルアップやアイテムなどでも進化条件を満たせるようになった(これに伴いなつき進化に変更されている)。 ただしいずれの世代でも「イーブイが フェアリータイプの技を覚えている」ことがもう1つの条件で、これを満たさないと第8世代ではエーフィまたはブラッキーに進化してしまう。 性能 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計 95 65 65 110 130 60 525 「とくぼう」がダントツに高く、その次に「とくこう」が高い。 HPもそこそこ高いので、特殊受けかつ特殊アタッカーとしては非常に強力である。 反面、「こうげき」「ぼうぎょ」「すばやさ」は低く、特に「すばやさ」はの中で最も低い。 この為、「すばやさ」と「こうげき」が高い相手には、ドラゴン技は効かないもののサブの先手物理技で倒されてしまうことが多々ある。 一応にも強いが、大半のかくとうタイプがフェアリータイプへの有効打である「どくづき」を覚えるため油断はならない。 フェアリー対策に覚えさせているかといえばそこまででもないが 「」も視野に入れたいところだが、極端に遅いわけではなく、仮に「トリックルーム」下で登場したとしても今度はやに先手を取られてしまうため考えどころではある。 こうなると、能力的に勝っているの存在が気になるところだが、ニンフィアはその差を補って余りある特性を持つ。 隠れ特性 「フェアリースキン」である。 この「フェアリースキン」は、自身のノーマル技をフェアリー技として扱い、更に威力が1. 2倍(第6世代は1. 3倍)になる特性。 これにより、実質元の威力の 1. 8倍(第6世代は1. 95倍)で技を放てるという強力な特性である。 これによって、フラージェスよりも遥かに高い火力を叩き出すことができる。 例えば「」は無効化されない 威力72の先制技になり、「」は 威力162、「みがわり」貫通、デメリットなしでの「かみなり」 威力165 に迫る連射可能な技へと変貌し、しかもダブルトリプルでは多人数攻撃なので 「」と同等の威力で天候を左右しない命中安定の全体攻撃として扱える。 当然「」も 威力270という、威力だけならのそれに近いフェアリー技になる。 あちらと異なり この威力で弱点を突ける。 加えて、同じ特性を持つ・と異なりアイテムの自由が利くため、アイテム次第では2匹よりも高い火力を実現可能。 他のタイプの技候補は、どくタイプや特殊受けに対抗できる「」や、ほのお・どく・はがねタイプに対抗できる「地面」あたり。 「」や「」などブイズ特有の補助技もおすすめな他、「」を展開することも可能。 なお、「フェアリースキン」は物理特殊どちらも適用される為、 物理型も可能だったりする。 威力の差も大きいが、 特性込みの「」はの「」を火力で上回る。 積み技は「」があるのでどうにかなる。 この攻撃性能と特殊耐久の高さを評価され、第6世代では特にダブル・トリプルでとして使われていたのだが、第7世代で 急激に採用率が低下してしまった。 理由としてはまず 「フェアリースキン」が1. 2倍に弱体化したせいで一致技でのゴリ押しが難しくなってしまったことが挙げられる。 ブイズ特有のサブウェポンの少なさ(他に比べればまだある方だが)やフェアリー増加に伴うライバル争いの激化・対策ポケモンの増加で居場所が少なくなってしまうことに。 また新要素「」は一見ニンフィアと相性良さそうな要素に見えるが、 なんとスキンは適応外となり相性は最悪。 高火力をぶつけられないどころか自身が高火力でゴリ押しを食らってしまうことに。 同じ「ハイパーボイス」使いであると比べてもサブウェポンやダブル向きの補助技で水を開けられており、採用率もあちらの方が上。 同様最メジャーから一気に転落してしまったが、それでも独自性は保たれており決して不遇などではない。 補助技を織り交ぜつつ器用に戦いたい。 そして第8世代。 ブイズ共通のサブウエポンの廃止、一部のブイズは廃止されていない技までもが没収されたことなどが相まって ブイズのエースとして返り咲いた。 さらに「」も新しく覚え、苦手なはがねタイプにも対抗できるようになり、前作のZワザとは異なり、 ダイマックスわざにはスキンが適用されることも判明。 他のフェアリースキンが特性のポケモンは フェアリースキンが実質ニンフィア専用特性になっているのも大きな要因になっているのかもしれない。 その為、剣盾環境初期はかなり高い使用率を誇っていたが、 の解禁で一気に使用率を落としてしまった。 つまりも多くいる。 「」を持たせればそれなりに実用可能。 また、『XY』でのみ、過去作から連れて来たイーブイをニンフィアに進化させると、図鑑に登録されないというバグがあるので注意。 アニポケでのニンフィア アニメでは映画に先駆けて、EDにて先輩達と一緒に小さく登場。 愛らしいルックスやフェアリータイプの公表以前から推されていたこともあってか、XY編でもかなり優遇されている。 第13話ゲストキャラクターのをはじめ、第60話にて登場したポケモンパフォーマーの少女、ジムリーダーのなど、登場回数も使用トレーナーもかなり多い。 CVは。 イーブイの時にひどく怖がっていたのに初めて笑顔を見せるなど、人見知りは克服している模様。 レンリ大会での失敗が拭えず不安を露わにしていたが、「とにかく楽しく踊れば良い」とセレナに諭された事もあり彼女達との完璧なパフォーマンスを見せ、初優勝とともにマスタークラス進出を果たした。 また準決勝の最中、着地に失敗し転倒しそうになったセレナの腰に自らリボンを巻き付け、それをパフォーマンスに見せるよう上手くフォローしており、とっさに機転を利かせられるほどに成長している。 使用技は「まもる」「スピードスター」「かげぶんしん」「ようせいのかぜ」 使用トレーナー•

次の

【ポケモン剣盾】のどスプレーの入手方法と効果【ポケモンソードシールド】

ニンフィア でんこうせっか

ポケモンスクールの帰り道コウヤとセレナは市場を歩いていた。 「買い出しはこんな感じかな」 「うん、これでいいと思うわ」 今日はククイ博士の帰りが遅いため二人は買い出しに来ていた。 ちなみにサトシがいない理由はサトシの料理 料理と全く言えない を食べたことあるコウヤが連れてこない方がいいと判断した為だ。 コウヤは一人で旅することが多いので料理は出来るため サトシ曰くタケシに匹敵するレベル セレナと一緒に買い出しに来ている。 「あっ、そうだ!」 「どうしたの?」 「ポケモン達様の木の実買わないといけないんだ」 「なら私もポフレ用の木の実買おっと」 二人は木の実を売っている場所へと向かって歩き出した。 その途中... 「あっ!コウヤ、セレナ!」 「マオ、スイレン!」 「マオとスイレンも買い物?」 「うん」 マオはコウヤの質問に笑顔で答えそれを見ていたセレナは最近スイレンと話したことを思い出した。 『マオちゃんはコウヤの事が好きなんだよ』 『えっ!?本当!?』 『うん、セレナがサトシの事が好きなようにね』 『ちょ... スイレンはセレナの考えがわかったらしく頷き同じくアイコンタクトを送った。 「私、用事思い出したから帰るわ」 「私も」 スイレンとセレナは用事思い出したといい始め立ち去ろうとし始めた。 「ちょ、ちょっと!?スイレン!」 マオは驚きスイレンの肩を掴むがスイレンはマオの耳元で 「マオちゃん... コウヤと二人っきりでデートするチャンスだよ。 そしてセレナはいつの間にか消えていた。 セレナも居ない!本当に... マオはスイレンの言うとうりコウヤと二人っきりでデートできるかもしれないと思いコウヤがいる方向を見るがコウヤの姿は既に消えていた。 「って!!?コウヤも居ない!!?」 マオの期待を裏切る状況に驚いた叫びが響き渡った。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 数十秒前 セレナが用事を思い出したと言い出し帰り辺りを見渡すと以前カリキリ達を助けてくれたニャビーを見つけニャビーの元へ走り出した。 「ニャビー!」 ニャビーはコウヤを見ると走って逃げ出しコウヤは逃げられてしまわないように全速力で追い掛けた。 そしてようやく追いついたと思ったらニャビーはグレーの色をした自身より大きいアローラのペルシアンに襲われていた。 「ニャビーッ!?」 ニャビーはペルシアンのパワージェムを受け吹き飛ばされペルシアンは更に追撃をしようとしていた。 「出てこい!ニンフィア!」 コウヤはペルシアンからニャビーを助けるためモンスターボールからニンフィアを出した。 「ニンフィア!でんこうせっか!」 『フィアッ!』 ニンフィアのでんこうせっかは特性フェアリースキンにの効果でフェアリータイプの技になっている。 そのためあくタイプのアローラのペルシアンには効果抜群だ。 『ペッシ!?』 ペルシアンはニンフィアのでんこうせっかを受け吹き飛んだ。 その様子を見たニャビーは驚いた様子でコウヤとニンフィアを見ていた。 「よし、良いぞ!ニンフィア!」 『フィアッ!』 ペルシアンは反撃と飛び上がりあくのはどうを放ってきた。 「ニンフィア!ムーンフォース!」 『フィーァ!』 ペルシアンのあくのはどうとニンフィアのムーンフォースが衝突しムーンフォースがあくのはどうを撃ち破りペルシアンを吹き飛ばした。 吹き飛ばされたペルシアンはニンフィアに勝てないと思ったのかその場から急いで逃げ出した。 「ニャビー!!」 コウヤは先程ペルシアンのパワージェムを受け吹き飛ばされたニャビーの元へと向かった。 ニャビーは少しふらついており結構なダメージを受けたことが見てわかった。 「ニャビー、ちょっとおとなしくてね。 」 コウヤはニャビーに近付くとバッグから治療道具を取り出し手当てをした。 コウヤとニンフィアがペルシアンからニャビーを助けに入ったため大きな怪我はなく手当ては直ぐに終わった。 「はい、これで大丈夫だよ。 」 ニャビーの手当てを終えたコウヤはニャビーにオボンの実を渡して言った。 『ニャッブ!』 するとニャビーはオボンの実をくわえ走り出した。 「ニャビー!待って!」 コウヤは走り出したニャビーを再び追い掛けついた場所は 街の橋の下だった。 そこには年老いたムーランドがいた。 「ニャビー... 此処に住んでいたのか」 『ニャービッ!』 ニャビーはコウヤに対し少し威嚇しておりそれを見たコウヤは 「わかったよ。 此処に住んでいる事は誰にも言わないよ。 」 ニャビーは自分の言った事が通じた事に驚いた様子でコウヤを見つめた。 「ニャビー... 僕はただお礼がしたいんだカリキリ達を助けてくれたお礼が」 コウヤのその言葉を聞いたムーランドが立ち上がりコウヤの元に向かって来た。 『バウッ!』 ムーランドはコウヤに何か伝えると近くにあった木材にほのおのキバを放った。 そしてニャビーもムーランドと同じ体勢を取りほのおのキバを木材に放ったが失敗してしまった。 それを見ていたコウヤムーランドが自分に伝えたいことを理解した。 そしてコウヤはほのおのキバを失敗してし落ち込んでいるニャビーのそばに向かった。 「ニャビー... 僕もほのおのキバの特訓を手伝うよ。 」 『ニャッブ!?』 ニャビーはコウヤが自身のほのおのキバを覚える特訓を手伝うと言い出したことに驚いていた。 「さっき言ったけど僕はニャビー... 君にカリキリ達を助けてくれたお礼がしたいんだ。 だから君の特訓を手伝うよ。 」 コウヤはニャビーに自身の思っている事を伝えニャビーはその思いを受け取ったのかコウヤの前に立った。 「よし、始めようか!」 『ニャッビ!』 コウヤの声にニャビーは叫んで答えた。 「出てこい!ニンフィア!」 コウヤはニンフィアを出しニンフィアとニャビーは正面から睨みあう 「行くよ!でんこうせっか!」 『フィアッ!』 『ニャッビ!』 ニンフィアはでんこうせっかをニャビーはひっかくを互いにぶつかり合う。 『ニャービッ!』 「ニンフィア!スピードスター!」 ニャビーはひのこを放ちニンフィアはスピードスターを放ち爆発が起こる。 ニャビーはひっかくの体勢を取りニンフィアに飛び掛かるが 「ニンフィア!ムーンフォース!」 ペルシアンのあくのはどうを簡単に撃ち破る威力のムーンを正面から受けてしまった。 ほのおタイプのニャビーにはいまひとつだがそうとうのダメージだった。 「ニャビー!まだ、ほのおのキバが完成してないからって他の技ばかり使っていたら駄目だ!失敗したっていい!全力で来い!」 ニャビーはコウヤの声を聞き特性もうかを発動させ赤いオーラに包まれほのおのキバの構えを取った。 「うん!そうだ全力で来い!」 『ニャッビー!』 「」ニンフィア!でんこうせっか!」 ニンフィアはでんこうせっかでニャビーに向かっていきニャビーはほのおのキバを放とうとする。 そしてニンフィアがでんこうせっかを決める前にニャビーのほのおのキバが決まった。 「ニンフィア!」 ニンフィアは吹き飛ばされコウヤの足元に倒れていた。 そしてニャビーはついにほのおのキバを覚える事に成功した。 ニャビーはついにほのおのキバを覚える事が出来喜んでいるようだった。 そしてニャビーはムーランドの元へと向かって行った。 「ニンフィア... お疲れ様、ゆっくり休んでくれ」 コウヤはニンフィアをモンスターボールに戻すとニャビーとムーランドの元へと向かって行った。 「ニャビー、おめでとう」 『ニャビ』 『バウッ!』 ニャビーとムーランドはコウヤに対してお礼を言っているようだった。 「うん、またね。 ニャビー」 コウヤはそれだけを伝えると帰り出した。 その様子をムーランドとニャビーはしばらく見つめ続けていた。 《ニャビーはコウヤとニンフィアの特訓で新にほのおのキバを覚えた... これから先ニャビーとの関係はどうなるのか続く》.

次の