ころん 殺害 予告。 犯罪予告

インターネット掲示板やTwitterなどに「殺す」や「殴る」などと書くと逮捕される可能性あり | バズプラスニュース

ころん 殺害 予告

に発生したに題材を取った、監督のである。 デビュー作『』(1989年)で確立したアポなし突撃取材が本作でも遺憾なく発揮されている。 公開は、は「こんなアメリカに誰がした」。 内容 [ ] コロンバイン高校銃乱射事件の被害者、犯人が心酔していたのや(NRA)(当時)の、『』の制作者、のから現在までのの歴史検証や、市民らへの。 そして、アメリカの隣国で隠れた銃器大国の、やなどの他の先進国との比較から、事件の背景と銃社会アメリカのいびつで異常な姿をあぶり出してゆく。 本作では銃規制を訴えてはいるが、しかしカナダはアメリカ以上に銃の普及率が高いのに、銃犯罪の発生率が低いのはなぜなのかという今まであまり疑問を待たれずにいた謎についても、ある程度核心に迫る探求を試みる。 アメリカ建国の経緯に大きくまつわる先住民族インディアンの迫害・黒人奴隷強制使役以来、アメリカ国民の大勢を占める白人が彼らからの復讐を未来永劫恐れ続ける一種の狂気の連鎖が銃社会容認の根源にあるという解釈を導き出す。 作品中でムーアは、事件の被害者を伴ってアメリカ第2の大手・であるの本社を訪れ、交渉の末全ての店舗で銃弾の販売をやめさせることに成功した。 題名 [ ] 題名の『 ボウリング・フォー・コロンバイン』はである:• 「犯人たちがの影響を受けた」として保守派からマンソンが批判されたにもかかわらず、犯行の直前までプレイしていたの悪影響が論じられないのはおかしいという皮肉。 なお、マンソンの影響は、後に否定された。 のピンは、人間と形が似ているので、銃の射撃練習に使われるということ。 キャスト [ ] 出演者 日本語吹替 ソフト版 版• ソフト版 演出:高田浩光、翻訳:原口真由美、調整:安齋歩、制作:プロセンスタジオ• テレビ東京版:初回放送2004年9月16日『』21:00~23:24 演出:、翻訳:松井まり、調整:重光秀樹/新井保雄、効果:リレーション、担当:別府憲治/宮地奈緒()、制作:HALF H・P STUDIO 評価 [ ] 制作費はわずか400万ドルに過ぎなかったが、公開以来全世界で4,000万ドルのを上げ、世界各国のドキュメンタリー作品の興行成績を塗り替えた。 劇場公開時、米国内では「強引な撮影手法には眉をひそめる人も多いだろうが、アメリカ文化に対する洞察は鋭く、政治的立場を問わずその主張には耳を傾けざるをえない」といった論評が行われた。 一方、意図的な編集がなされていると批判される事もある。 例えばコロンバイン高校での事件を受けてNRAがわざわざコロラド州で集会を開催したかのようにも見える編集がなされている。 しかしこの集会は事前から予定に組み込まれていたものであり、銃乱射事件の直後に敢えてデンバーを年次集会の会場に選んだわけではない(乱射事件は年次集会予定日のわずか11日前に発生した)。 全米ライフル協会のサイトを確認すると、年次集会の日程は前年の時点で既に決定済みであることが分かる。 また、被害者達に配慮して 通常は数日かけて行われる行事のほとんど(銃製造会社による商品の説明や講習会、など)を取りやめており、ニューヨーク州を本拠地とするが法律上行わなければいけない集会しか行わなかったため1日で終了している。 さらには銃乱射事件から1年後の集会でチャールトン・ヘストンが言った台詞を、彼がデンバーでの集会で言ったかのように誤認させる演出が為されている。 もっとも、コロンバイン高校で起きた事件直後にNRAがデンバー市長の中止要請を押し切って集会を開催し、それに対する市民の大規模な抗議活動が行われたことは事実である。 NRA側は上記のとおり「事件に配慮して集会の規模を縮小した」「会場はすでに決定済みだった」などと主張したが、主要メディアでは「無神経かつ傲慢であることに何ら変わりはない」とする強い批判が行われた。 またチャールトン・ヘストンは映画の末尾でマイケル・ムーアによるインタビューの中で「会場に行くまで事件のことは知らなかった」などと釈明している。 また作中で「暴力的ゲームの多くは日本製だ(Most of the violent video games are from Japan)」とナレーションされるシーンにおいて、初めの映像はの『』であり日本製だが、続いて映される『』はアメリカ製である。 ただし、映画公開当時に流行していた人気ゲームの多くが日本産だったこと自体は事実である。 ドキュメンタリー監督のは、「つまらなくはないが特に優れた作品ではない」と評している。 ラストは善悪二元論、主張は明快で曖昧さは削ぎ落とされ、主張に従属しすぎて、一昔前のプロパガンダ映画のよう、ドキュメンタリーの魅力である監督自身の不安や葛藤は描かれていないと語っている。 しかしアメリカを中心に各国ではきわめて高い評価を受けている。 2003年にはフランスのセザール賞(最優秀外国映画賞)・アメリカのアカデミー賞(長編ドキュメンタリー映画賞)を受賞したほか、カンヌ映画祭においても55周年を記念した特別賞を授与されている。 受賞歴 [ ]• 2002年 - 55周年記念特別賞受賞• 2002年 - 観客賞受賞• 2002年 - 観客賞受賞• 2002年 - 観客賞受賞• 2002年 - ブロードキャスト映画批評家協会賞受賞• 2002年 - シカゴ映画批評家協会賞 最優秀ドキュメンタリー賞受賞• 2002年 - 最優秀ドキュメンタリー賞受賞• 2002年 - 観客賞受賞• 2002年 - サウス・イーストン映画批評家協会賞 最優秀ドキュメンタリー賞受賞• 2002年 - ドキュメンタリー部門 観客賞受賞• 2002年 - トロント映画批評家協会賞 最優秀ドキュメンタリー賞受賞• 2002年 - 最優秀作品賞受賞• 2002年 - 最優秀脚本賞受賞• 2003年 - フロリダ映画批評家協会賞 最優秀ドキュメンタリー賞受賞• 2003年 - 最優秀ドキュメンタリー賞受賞• 2003年 - 最優秀ドキュメンタリー賞受賞• 2003年 - カンザス・シティ映画批評家協会賞 最優秀ドキュメンタリー賞受賞• 2003年 - 最優秀ドキュメンタリー賞受賞• 2003年 - 最優秀外国語映画賞受賞• 2003年 - ダラス・フォース・ワース映画批評家協会賞 最優秀ドキュメンタリー賞受賞• 2003年 - 最優秀編集賞エディー賞受賞• 2003年 - 長編ドキュメンタリー映画賞受賞 脚注 [ ]• 2013年3月7日閲覧。 ムーア監督はこの手法を監督の『』をヒントに確立したという(『ゼロ年代アメリカ映画100』( )p. 77)。 CBS News, Jan. 29, 2001 ; UPI News, June 29, 2001• "'Bowling' takes a hilarious look at gun violence" Chicago Tribune, Oct. 18, 2002 ; "Film Review: Bowling for Columbine" The New York Times, Oct. 11, 2002• 全米ライフル協会年次集会の公式サイト]• - ニューヨーク州では、同地に本拠地を置く非営利団体は年1回必ず集会を行わなければならない、と規定している。 Doherty, "Michael Moore's Bowing for Columbine" Film Quarterly, No. 46, 2004• Kayle, "Criticism on Michael Moore's documentary films" Journal of American Film, 22:1, 2005• 草思社「ドキュメンタリーは嘘をつく」 森達也、p. 参考 [ ]• デヴィッド・T. 映画『』 - この映画と比較される作品でコピーは「キスも知らない17歳が銃の撃ち方は知っている」• 映画『』 - 似たような乱射事件がになった女性の話 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• (日本語)• (英語)• - (英語)• - (英語).

次の

ネット上で「死ね」書き込みは、「殺害予告」に当たらない?微妙な表現の差が判決を左右

ころん 殺害 予告

K こういう凝り固まった脳みその奴って出世できなさそうだよな メ i 7. K こんなバカがウンコしたい時にトイレ探し回ってるの見ると爆笑もんだわ ヨ. y -一 ー-! , f トイレなんてただ座ってウンコをするための部屋にすぎないんだよ r! ィtァ tァx.!. ,Y f.! 探せば自販機もあるしコンビニもある. ] 、. ,  ̄ ̄. net.

次の

BTSジミンに殺人予告!なぜ!?2017年と2018年の共通点と相違点は?同一犯?

ころん 殺害 予告

The Columbine High School Massacre (アメリカ) エリック・ハリス ディラン・クレボルド 監視カメラが捉えた犯行現場 記憶に新しい事件である。 巷では「コロンバイン高校銃乱射事件」若しくは「トレンチコート・マフィア事件」として知られるこの事件は世界中に大きな衝撃を齎した。 なにしろ2人の現役高校生が同級生たちを銃撃し、 13人もの尊き命を奪って自殺したのである。 しかも、当初の計画では少なくとも500人を殺すつもりだったという(仕掛けた爆弾が不発に終わったために、この計画はおじゃんになった)。 いったい何が彼らにそうさせたのだろうか? 学校ではスポーツが得意でないと馬鹿にされ、イジメられる。 どの国でも同じだが、アメリカではその傾向が顕著だという。 そして、本件の犯人もそんなイジメられっ子だった。 つまり、これは『ナーズの復讐』だったのだ。 ナードがジョックに復讐するあの映画の現実版だ。 しかし、彼らの復讐には映画とは異なり、ユーモアのかけらもない。 あるのは、ただひたすらな悪意のみだ。 この事件を足掛かりにしてアメリカの銃社会を告発するマイケル・ムーア監督のドキュメンタリー『ボウリング・フォー・コロンバイン』には、泣きじゃくる女生徒のインタビューが収録されている。 「彼は図書館で私のまわりの子を撃つと、私の頭に銃を突きつけて『死にたいか?』と訊いたの。 私は泣きながら『撃たないで』と頼んだわ。 そしたら私の前にいた女の子の頭を撃ったの!」 私はこの場面で涙を堪えきれなかった。 余りにも惨い犯行である。 人間性のかけらもない。 人はここまで冷酷になれるものなのか? それほど酷くイジメられていたのだろうか? 否。 実は彼ら自身も黒人やヒスパニック系を馬鹿にし、イジメていたのである。 黒人の生徒を撃つ時は「ニガー」と侮蔑していたのだ。 エリック・ハリス(18)と ディラン・クレボルド(17)の両名は「トレンチコート・マフィア」と呼ばれる集団に属していた。 云わばナードの自警団である。 黒いトレンチコートに身を包み、アドルフ・ヒトラーとマリリン・マンソンを信奉し、爆弾や手榴弾の製造を試みていたというから物騒な話だ。 つまり、彼らはジョックの攻撃から身を守るために武装したのである。 イジメられっ子どころか、今や恐れられる存在になっていたのだ。 中でも一番の問題児がエリック・ハリスだった。 ネット上で爆弾の製造法や社会に対する罵詈雑言を公開していた彼は、事件の1年ほど前にブルックス・ブラウンの殺害予告を書き込んで警察に通報されている。 ブラウンはクレボルドの親友だった。 嫉妬に似た感情がその背景にあったのだろう。 また、ハリスとクレボルドは1998年1月に窃盗容疑で逮捕されている。 路上の車から電気製品を盗もうとして現行犯逮捕されたのだ。 この更正プログラムが終了したのが事件直前、1999年2月のことだった。 このことが犯行の引き金になったことは想像に難くない。 つまり、彼らにはナードの他に前科者という肩書きが加わったのだ。 一般の生徒からかなりの距離が開いてしまった。 孤独に苛まれていたのではなかろうか。 そして、大学への進学に失敗し、海兵隊からも入隊を拒まれる。 かくなる上はやけのやんぱち。 大きなことを仕出かして歴史に名前を刻もうと、学校襲撃に打って出たのである。 襲撃が4月20日だったことにも意味がある。 その日はヒトラーの110回目の誕生日だったのだ。 とにかく1999年4月20日、コロラド州ジェファーソン郡のコロンバイン高校でそれは起こるべくして起こった。 兆候は以前から山ほどあった。 彼らが学校の課題で撮ったビデオは事件にそっくりだった。 それでも学校は何もしなかった。 彼らはバイトで得た金でいくつもの銃器を買い込んでいた。 それでも親は何もしなかった。 まるで腫れ物のように彼らを扱い、無視し続けたのである。 彼らは構って欲しかったのではないだろうか。 止めて欲しかったのではないだろうか。 しかし、誰も構ってくれなかった。 誰もが彼らを無視し続けた。 結果、13人(うち1人は教師)が死亡、24人が負傷。 そして、自らの命を断つことで、この世からおさらばしたのである。 つまり、この事件は社会から見放され、無視され続けた2人の若者の復讐であり、心中だったのだ。 wikipedia.

次の