古いスマホ 監視カメラ。 スマートフォン利用の監視カメラで身近な防犯対策を考えよう

使わなくなったスマホで防犯対策をしよう!古い機種でも可☆おすすめアプリ一覧

古いスマホ 監視カメラ

使わなくなった Androidやiphoneで 大切なペットの様子 、 離れた部屋の赤ちゃんや、 離れて暮らすお年寄りの様子を 撮影をしてスマホやパソコンで確認してみましょう。 使わなくなったAndroidや iphoneをカメラとして使って、 今 使用中のスマホや パソコンで確認。 いつでも、 大切なペットの様子や、 留守にしているお家の 確認ができます。 2、 パソコンからもこちらから、ダウンロードできます。 2、 パソコンからもこちらから、ダウンロードできます。 3、 スマホからこちらを開いたら、「 入手」 をタップ 4、 「 インストール」 をタップ 5、 iTunesストアの サインインで、 パスワードを求められたら、 パスワードを入力して「 OK」をタップ 6、 こちらのように「 開く」の表示になったら インストール完了です! 監視IPカメラ を使用して撮影する カメラ側 (撮影する古いほうのスマホ)の設定 1、 今回は古い Androidを カメラにします。 こちらのアイコンから起動します。 2、 起動画面 3、 「 次へ」をタップ 4、 このスマホを 取る側「 カメラ」または 見る側「 ビューワ」のどちらにするかを選択して下さい。 7、 この時、画面下にこのような表示が出てますので、 URLと IPアドレスが表示されておりますので、 メモを取っておいてください。 もう1回タップすると元に戻ります。 7、 この状態で、カメラを設置したい場所へ設置して下さい。 ビューワー側 (見る側のスマホ)の設定 1、 まずは iphoneを ビューワーに設定します。 こちらのアイコンから起動します。 2、 起動画面 3、 警告がでたら「 OK」をタップして進む 4、 「 次へ」をタップ 5、 このスマホを 撮る 側「 カメラ」または 見る側「 ビューワ」のどちらにするかを選択して下さい。 7、 こちらの表示が出るので「 OK」をタップ 8、 カメラに設定した スマホが、 ビューワに登録されました。 再度、 カメラ側スマホをタップ 9、 カメラの様子が表示されます。 10、 A:回転ボタン 画面が回転します。 B:撮影ボタン 表示中の画面を、見る側のスマホのカメラで 写真として 撮影します。 C:電池マーク カメラ側のスマホの 電池残量が確認できます。 webofcam. com」を インターネットブラウザの アドレスバーに入力して開く。 2、 ここに IPアドレスを入力するように 解説が出ています。 3、 上記、 カメラ側の設定「7、」でメモしておいた IPアドレスを 入力して「 Start」をクリック 4、 カメラ側の表示が出てきます。 下の機能ボタン A: 明るさ調節です。 バーが表示されるのでそちらで調節します。 B: ズームです。 バーが表示されるのでそちらで調節します。 C:スナップショットが撮影できます。 新しくタブが開くので、そこから画像の保存で静止画が保存できます。 D: 画面の回転ができます。 E:スマホの 前面・背面のカメラの切り替えができます。 F:カメラ側のスマホの フラッシュライトを点灯させます。 G: 全画面表示 H: マイクが使えるパソコンの場合、カメラ側の スピーカーで マイクを使って話しかけることが可能です。 フレッツ光とセットで本格的な防犯カメラをお得に設置! いろいろ資料を見て検討したい場合はこちら.

次の

使わなくなったスマホが防犯カメラに!? アプリをインストールして留守中の様子を確認|nexiplus(ネクシィプラス)

古いスマホ 監視カメラ

パソコンにウェブカメラを接続して簡単に自宅の監視カメラ・セキュリティシステムを作る方法を紹介します。 自宅に監視カメラを付けたいけれど高価なセキュリティシステムを導入するのは抵抗があるという方、使っていないウェブカメラを持っている方、監視カメラがとりあえずどんなものか試してみたいという方は是非チャレンジしてみてください。 監視カメラを使ったセキュリティシステムは簡単に作れる セキュリティシステムというと大袈裟に聞こえるかもしれませんが、ウェブカメラの映像をパソコンに表示して、その映像に動きがあったら警告音を出したり映像を録画したりするという仕組みは、ウェブカメラ、パソコン、監視用のソフトがあれば簡単に作ることができます。 ウェブカメラは数年前に比べると性能・画質が飛躍的に向上しており、1,500〜2,000円くらいのお手頃なものでも、HD 720p画質(もしくはそれ以上)の鮮明なビデオ録画が可能です。 パソコンは現在使っているものでも良いですが、もし使わなくなった古いパソコンがあれば、そちらを監視カメラ専用のパソコンにすることをおすすめします。 監視カメラとして使うためにはパソコンを常時起動させておく必要があり、普段使っているパソコンだと、使い終わった後にうっかりスリープさせてしまい映像が撮れていませんでした、ということがあるためです。 もちろん普段使っているパソコンでも問題ありません。 監視カメラソフト(ビデオモニタリングソフト)はメール通知ができるものや暗視機能が付いているものまで様々な機能の製品があります。 費用については、2,000〜3,000円くらいで購入できるものや、月額費用が必要なものまで様々ですが、まずはフリーソフトから試してみるのも良いでしょう。 「監視カメラ フリーソフト」などのキーワードで検索するといろいろなソフトが見つかります。 それでは、パソコンとウェブカメラの監視カメラシステムを使って、実際にどのようなことができるのか紹介していきます。 玄関ドアや庭に人が近づいたら映像を録画する ウェブカメラと監視カメラソフトを組み合わせると、パソコンに表示しているカメラの映像に変化があったら自動的に映像を録画することができます(一般的に動体検知と呼ばれます)。 これを利用すれば、玄関や庭が見える場所にウェブカメラを設置することで、不審者の侵入を記録する監視カメラとして使うことができます。 例えば、自宅の塀に落書きされた、庭の高価な鉢植えが壊された、などの被害にあった場合、警察に相談しても証拠がない限りなかなか動いてくれませんが、監視カメラの映像があれば犯人が特定できる可能性はずっと高くなるでしょう。 動体検知でウェブカメラの映像を録画できるソフトは、「動体検知 録画ソフト」などのキーワードで検索すれば、フリーソフトがたくさん見つかります。 また、ウェブカメラの購入時に付属しているCDやメーカーのウェブサイトからダウンロードできる専用ソフトには、動体検知で録画できる機能を搭載しているものも多いのでまずはウェブカメラのメーカー純正ソフトを調べてみると良いでしょう。 ちなみに玄関や庭が見える窓がパソコンの設置場所から離れている場合はウェブカメラにUSBの延長ケーブルなどを使えばパソコンから離れた場所にウェブカメラを設置することもできます。 留守中の子供やペットの様子を動画で見る 少し前に流行ったペットの見守りカメラ(ネットワークカメラ、IPカメラなど呼び方はいろいろです)は、パソコンがなくても、インターネット経由でスマートフォンに映像を送信できるというものですが、この仕組みはパソコンとウェブカメラでも作ることができます。 ウェブカメラを室内の高い場所に設置して、留守中の子供やペットの様子を外出先のパソコンやスマートフォンからリアルタイムで見たり、ウェブカメラを庭に向けておけば、庭にやってくる鳥や動物の様子を録画して楽しむこともできます。 ウェブカメラの映像をストリーミングできるようにするフリーソフトもありますが、設定がややこしいものが多いので、私の場合はやなどのサービスを利用して、外部から自宅のパソコンにアクセスし、ウェブカメラの映像を見る、といった使い方をしています。 どちらも無料で利用することができます。 家族が外出・帰宅したらメールで通知する 玄関の下駄箱の上などにウェブカメラを設置しておけば、家族が外出したときや帰宅したときにパソコンやスマートフォンにメール通知をすることができます。 これを利用すれば、夫婦共働きの家庭の場合は子供が先に帰宅したことを確認できますし、認知症の家族がいる家庭の場合は玄関から外出したタイミングですぐに気づくことができます。 カメラの映像に変化があったときにメール通知をするためには、監視システムソフトの「」を使います。 このソフトを使うとカメラの映像内の「指定した範囲部分に変化があったときだけ通知する」など、細かい調節ができるので、カメラの角度を上手く調節すれば「庭で遊ぶ子供には反応しないが、誰かが柵を越えようとした場合は警告音を出す」といったことも可能となります。 玄関にパソコンを設置するスペースがない場合はコンパクトなスティックパソコンを使うと便利です。 安いものなら10,000円台で購入できるので、セキュリティカメラを購入するよりもコストパフォーマンスが良い場合もあります。 下記の写真はASUSの小型スティックパソコン「VivoStick」にLogicool(ロジクール)のウェブカメラ「C270m」を接続した、コンパクトな監視カメラシステムです。 まとめ 簡易的な監視カメラシステムであれば、パソコンとウェブカメラで簡単に作ることができます。 高価なセキュリティシステムを導入する前に一度試してみてはいかがでしょうか?.

次の

SIM無しでもOK!使わなくなった古いスマホやiPhoneの活用術7選。

古いスマホ 監視カメラ

一口に監視カメラアプリと言っても出来ることは様々! さて、今回ご紹介する監視カメラアプリですが、このページをご覧の方は自分のスマホにインストールするアプリを選んでいる方だと思います。 そんなみなさんにアプリを一覧形式で紹介する前にまず、アプリの種類について知っておいて欲しい内容があります。 一口で監視カメラアプリ・見守りアプリと言ってもカメラの機器構成やアプリは様々ですので、世の中にある監視カメラアプリというものをカテゴライズしてみたいと思います。 もしこの部分を理解できたなら、チョイスするべきアプリは判断できたも同然ですので、少しだけお付き合い下さい。 代表的なアプリは、パナソニックのホームセキュリティカメラ「スマ@ホーム システム」用の やプラネックスのスマカメシリーズ、 などが有名です。 製品の購入者が個々にダウンロードして利用するため、基本的には無料のアプリが多いですが、クラウドサーバー上への録画機能など、月額料金が発生するアプリも稀にあります。 製品購入時にはアプリのダウンロードに料金が発生するかどうか、月額の利用料があるかどうかなどに気をつけておくようにしましょう。 それらしく専門用語で言うとマルチベンダー対応のスマートデバイス用の閲覧アプリということになります。 Panasonicやソニーなど、みなさんお馴染みの国内メーカーだけでなく中国のカメラメーカーのDahua ダーファ やHikVision ハイクビジョン などのネットワークカメラなど数多くのメーカーのカメラに対応しているため、カメラに「解像度録画機能」や「広角監視機能」、「アラームとの連携機能」など、ある程度高度な機能を求める場合などに最適です。 実はONVIFにもバージョンがいくつもあり、年々更新されているので、アプリ側で動作が確認されているメーカーや機種に制限がある場合もありますので、事前にその対応を確認しなければならない点に注意が必要です。 代表的なアプリは中国製ながら日本語にも対応している監視アプリ や世界的なシェアも高く無料版でも十分使える などが有名です。 ネットワークカメラとWebカメラの違いに関しては以前の記事にて説明しておりますので 「」を参照下さい。 古くなったスマホといっても購入当時は数万円もした高額なデバイスですので、コレを無駄に眠らせておく必要はありませんよね。 そんな時に古いスマホのカメラ機能とWi-Fi接続機能を活用して、自宅の遠隔監視に使ってしまおう、というアプリです。 使い方は至って簡単で、以前使っていた古いスマホと今使っている新しいスマホの両方に監視カメラアプリをインストールしてそれぞれを接続させることで遠隔監視を行うものです。 詳しい内容は、以前の記事「 」にて下記で紹介している「Alfred」を例に使い方を解説していますので参考にしてみて下さい。 「AtHome Camera」と「AtHome Video Streamer」のように撮影側のアプリと閲覧用のアプリの種類が異なる場合もあります。 実は下記で紹介しているIP Webcamがアプリをインストールするだけでスマホがネットワークカメラに早変わりします。 アプリに対応した防犯・監視カメラの導入・設置をご検討中ではありませんか?本サイトではあなたの希望にあった防犯・監視カメラ導入・設置のご相談を無料で承っています。 お気軽にお問い合わせくださいね。 お電話での無料相談はこちらから『 防犯カメラ設置の無料相談をしたい』とお伝え下さいね。 アプリを使った防犯カメラ・監視カメラ・ネットワークカメラはどんな用途で使われるのか? では、スマホアプリを使って実際にどのような使われ方ができるのか、についても簡単にご紹介しておきたいと思います。 一般家庭での使い方で言うと下記の使い方などが一般的では無いでしょうか。 ペット・子ども・高齢者の見守り• 防犯 侵入検知・証拠保存• 自宅の状況の把握 温度や湿度、家電製品の状況など では、現在配信されているスマートフォンアプリをご紹介してみたいと思います。 IP Webcam IPWebcamは、AndroidOS搭載のモバイル・スマホをネットワークカメラにすることを可能にしたアンドロイドアプリになります。 こちらは携帯回線を利用するか、もしくはWiFi環境を通してビデオストリーミングを配信してくれるものになります。 利用するにあたって気になるのはネット環境です。 ですが、今は殆どの家庭でネットを利用していますので、家庭でお使いのWiFi環境に接続するだけで使わなくなったアンドロイドスマホがIPカメラ・ネットワークカメラに変わります。 ダウンロード数1,000万超という大ヒットアプリですが、筆者が少し触ってみた感じでは外部からアクセスするために自宅のIPアドレスとデフォルトのポート番号8080番をリクエストする必要があるなど、初心者が設定を行うには少しハードルが高い印象です。 ペット、赤ちゃん見守り遠隔監視カメラアプリ無料 2台の携帯を利用して、一つのGoogleアカウントを通じてつながるシステムになります。 監視カメラにする側のスマホは省エネモードで長時間の撮影が可能となり、さらに、子供やペットに首からぶら下げておけば、GPS機能が搭載されているため、どこにいるかも分かるアプリケーションになります。 使い古しのスマホはモバイル回線の契約が無い場合が多いので、スマホの監視の場合にはどうしてもWi-Fi経由の自宅の回線に頼ることになります。 WiFi環境が届かない場所では3GやLTE回線を利用することになるので、子供の見守り携帯用に利用する場合には、回線キャリアの契約をしたスマホで利用すると良いでしょう。 スマートホームセキュリティー スマホを利用した監視カメラアプリになります。 こちらは、Googleアカウントでスパイカメラ同様にお互いのスマホをリンクさせますが、このアプリの場合は管理側とカメラ側の設定します。 また複数台のカメラ側スマホを一つのスマホで映像を管理することができます。 つまり、家で監視したい場所が複数ある場合はこのアプリが便利で在るかと思います。 また暗視モードなどで暗い場所でもある程度まで監視が可能となります。 数台のスマホと自宅のネットワーク環境さえ整えば、そこはもう警備会社の管理室のように複数の映像を管理できます。 スマホを防犯・監視カメラに再利用するのはセキュリティが心配ではありませんか?セキュリティを考慮した安価で簡単なスマホ対応の防犯・監視カメラに興味はありませんか?本サイトではご希望にあった防犯・監視カメラの設置・導入を無料でご相談いただけます。 お電話での無料相談はこちらから『 防犯カメラ設置の無料相談をしたい』とお伝え下さいね。 Ivideon監視カメラ Ivideonは、クラウドを利用したビデオ監視カメラです。 このアプリを利用すれば、監視・管理したい場所にネットワークカメラ(iLuv、Oco、Philips、Axis、Dahua、Hikvision のカメラに対応しております。 )を設置しインターネットにそれぞれ接続させた映像データを、こちらのアプリで遠隔で監視することが可能になるアプリになります。 動作センサーと連動設定を行うことで、アプリを導入しているスマホにプッシュ通知、もしくはE-mailにて通知が行われます。 また、管理アカウントを発行できるので、複数人で映像を監視・管理することが可能になるアプリです。 PLANEX スマカメ こちらのアプリはPLANEXが発売しているスマカメシリーズのアプリになります。 一台おおよそ1万円前後のカメラになり、このアプリをスマホにインストールして映像を管理します。 カメラの性能としては赤外線やナイトビジョンといった設置場所に合わせたものを選べますが、アプリのレビューを見ると、同社の「カメラ一発」シリーズと比べると歴史が浅いためか、操作性に不満を持っているユーザーもいるようです。 セキュカム こちらのアプリもスマホを監視カメラとして利用できるアプリになりますが、こちらは基本的に動体検知に特化した監視カメラアプリになっております。 具体的には監視カメラ化したスマホが動体物をキャッチした際に録画や撮影が行われデータがストックされます。 同時に通知メールがGmail経由にて行われるようです。 アプリのレビューを確認すると、動体作動時の映像が全く映っていなかったり映像が乱れていたりする場合があるようですが、星は3. IPC Wear Proxy このアプリは遠隔でネットワークカメラが閲覧できるアプリ「IP Cam Viewer」のウェアラブルデバイス版になります。 時計型用OSのAndroid Ware AppleでいうApple Watch に対応したデバイスからIPカメラの映像を確認することができるのでちょっとしたスパイ気分を味わうことが出来るはずです。 ここまで紹介しておいて申し訳ないですが・・・最低限のセキュリティの知識が無いとやっぱり少し危険なんです いかがだったでしょうか。 自宅の見守りや監視を行うために防犯カメラを導入しようと考える人は多いかと思いますが、安易にアプリや安い防犯カメラを導入する前に少しだけ学んでおいて欲しい部分がありますので付記しておきます。 中国製のネットワークカメラ しかも前述のONVIF対応ではない独自のアプリを使うカメラは特に はちょっとだけ危険かも・・・ 中国製の防犯カメラなど安価な防犯カメラの中には、セキュリティ上危険な製品も多数あります。 少し技術的な内容になりますが、遠隔監視を行う際のセキュリティを確保するために必要なファイアウォールによるIPアドレスのフィルタリングが行われていなかったり、DDOS攻撃に耐えられない貧弱なDDNSサーバを介してスマホとカメラのマッチングを行う製品、P2P接続時の接続情報の管理がずさんなサービスなどなど名前を上げることは出来ませんがl、怪しいサービスが多数あったりします。 もちろん、日本メーカーの製品だから、ある程度の価格が高い値段のカメラだからといって完全に安全である保証はありませんが、そういった製品を利用していて被害にあったりしても弁済が受けられる保証は無いので、不正アクセスを防ぐためにはほんの少しのネットワークの知識、もしくは詳しい知人などからのアドバイスが必要になるでしょう。 ネットワークカメラやウェブカメラ、スマホアプリによる監視を行う前のチェック事項• 監視カメラシステムにログインするためのユーザー名とパスワードを初期設定から変更しておく• 自宅のルータの設定などで、ファイアウォールによって外部と内部のアクセスが正常かどうか確認する• パスワードの定期更新 カメチョでは、自宅の見守りや防犯対策に関するご相談から、安全なネットワーク構築に関するお手伝いまで、広くご要望を受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。 お電話での無料相談はこちらから『 防犯カメラ設置の無料相談をしたい』とお伝え下さいね。

次の