開業医 借金。 開業医失敗事例

コロナで患者さんが来なくて開業医は苦しい、廃業も…とテレビでやっていたのです...

開業医 借金

新型コロナウイルスの影響は、開業医の方の経営状態にも重大な悪影響をもたらし、直接的にはコロナと関係のない医療機関であっても、受診を控える患者が増えたことにより、来院者数が大幅に減少したケースが多く見られます。 こうしたケースでは、従業員の雇用の維持を含めて、固定費の支払いが重くのしかかっていることでしょう。 コロナ禍で売り上げが落ち込んでしまった場合には、国の助成金制度や、政府系金融機関などからの融資を利用することができます。 この記事では、開業医の方も利用できるコロナ関連の助成金・融資について紹介します。 <雇用調整助成金> 雇用調整助成金は、休業に伴って売り上げが減少した事業主が、従業員の雇用を維持することを支援するための助成金制度です。 休業期間中に従業員に対して支払った給料や休業手当の金額について、国から助成を受けることができます。 新型コロナウイルスの影響拡大を受けて、従来からあった雇用調整助成金の制度が大幅に拡充されました。 2020年6月12日付の発表では、特に中小企業に対する助成内容が大きく拡大されています。 具体的な内容は以下のとおりです。 該当する開業医の方は、漏れなく申請を行ってください。 <日本政策金融公庫の特別貸付> 助成金だけでは経営維持が厳しいという場合には、まとまった運転資金を得られる特別融資の活用も検討しましょう。 日本政策金融公庫では、通常の融資枠とは別枠で、6,000万円を上限として特別貸付を提供しています。 この特別貸付には、当初3年間に限り優遇金利が適用され、かなり低利子で運転資金を借り入れることができます。 また、売り上げが一定以上減少するなどの要件を満たす事業主には利子補給が行われ、当初3年間は実質的に無利子での借り入れが可能となっています。 まとまった運転資金を得る必要がある開業医の方は、利用を検討してみてください。 <商工中金の特別貸付> 商工中金(商工組合中央金庫)でも、日本政策金融公庫とほぼ同じ条件で特別貸付を行っています。 商工中金による特別貸付のメリットとしては、貸出限度額としてかなり大きな金額が認められていることが挙げられます(中小企業の場合、貸出額の累計20億円以内、残高3億円以内)。 日本政策金融公庫による貸付だけでは運転資金が不足するという場合には、商工中金の特別貸付も併せて利用することをおすすめします。 まとめ これまで紹介した各助成金や融資は、目的や金額規模がそれぞれ異なります。 雇用調整助成金・持続化給付金については、要件を満たす場合には無条件で行われる現金給付ですので、要件を満たしている場合には必ず申請しましょう。 一方で、医療機関の売り上げは規模が大きいことも多く、助成金の金額規模では賄いきれないケースも多く想定されます。 そのような場合には、日本政策金融公庫や商工中金の特別貸付は、通常時では考えにくいほどの好条件で提供されていますので、助成金との併用を検討されることをお勧めします。 借金を負担することにマイナスイメージを持つ方もいらっしゃると思いますが、まとまった運転資金を得られることは、コロナの影響を度外視しても、医療機関の経営上プラスといえます。 今回ご紹介した、助成金や特別融資を活用して、100年に一度とも言われる困難を乗り越えていただければ幸いです。

次の

開業医失敗事例

開業医 借金

Contents• はじめに 医院・クリニックを開業したものの医院経営に失敗したり、散財を繰り返して自己破産するケースがあります。 医師は借金や債務整理、自己破産とは程遠いイメージがあるかもしれませんが、医院開業には莫大な借入金が発生するため、リスクはあります。 もし、医師が自己破産するとどうなるのでしょうか? また自己破産しても医師を続けることは可能なのでしょうか? 医療法人の理事だった場合はどうなるのでしょうか? 自己破産・個人再生・任意整理・特定調停の違い 債務整理をする方法は、自己破産の他、個人再生、任意整理、特定調停があります。 まずは各々の債務整理の特徴についてお伝えし、そもそも自己破産とは何か、他の債務整理の方法には何があるかを理解しましょう。 自己破産 まず、そもそも自己破産とは何か? というお話をすると、自己破産とは、破産法に従って、債務者 借金した人 の今ある財産を現金化して、現金を債権者 お金を貸した人 に平等に返済する手続きです。 借金の返済義務を免除する代わりに、ほとんどのケースでは家や車を手放して現金化することになります。 詳しくは後述しますが、現金化して債権者に返すといっても、無一文になるわけではありません。 個人再生 自己破産と似たようなものに、個人再生というものがあります。 自己破産は「支払不能」な場合に適用され、個人再生は「支払不能の恐れ」がある場合に適用されます。 つまり、まだ借金の支払いの余地がある場合に個人再生を検討することになります。 個人再生は借金を減額した上で再生計画案 返済計画 を作成し、裁判所に認可されたうえで3~5年かけて返済します。 借金の返済義務が完全に免除されないかわりに、持ち家を手放さずに済むなど、自己破産よりは財産を残せることが特徴です。 ただし、個人再生には明確な条件が定められています。 任意整理 任意整理は借金の返済不能だったり、その恐れがある人よりは、比較的借金が少ない人に適用されます。 債権者と交渉することにより、無理なく返済できるように利息をカットしたり、返済方法 金額や返済期間 を調節したりする手続きです。 過払い金などがあった場合に将来の借金返済額を減額したり、返済期間を短縮するような場合に多く適用されます。 将来利息のカット 借金を圧縮したり免除されるわけではないので、自己破産や個人再生と違って財産の整理はありません。 特定調停 特定調停も、過将来利息のカット等に用いられますが、金銭債務を負っていて経済的に破産する恐れのある人に適用されます。 特定債務者 任意整理が和解合意 裁判外手続き の性格を持つことに対し、特定調停は調停にて各債権者と合意します。 ただ、任意整理と違って過払い金の取り戻しは行われず、過払い金を考慮した調停をすることは困難です。 自己破産・個人再生・任意整理・特定調停の比較表 自己破産、個人再生、任意整理、特定調停の比較表を以下に示します。 他の債務整理と比較することで、より自己破産とは何かがわかりやすくなったかと思います。 自己破産 個人再生 任意整理 特定調停 借金に与える効果 借金全額が免除される 借金の総額を数分の1に圧縮 利息制限法+将来利息カット 利息制限法+将来利息カット 申立要件 支払不能 支払不能の恐れ 特になし 支払不能の恐れ 手続きにかかる費用 20~40万円 30~60万円 着手金1社あたり2~4万円+減額報酬10% 1社500円程度 新規借入れ 5~10年不可 5~10年不可 約5年不可 約5年不可 家や財産に対する影響 家や車などの財産はすべて現金化し処分される 車は残せないが、持ち家は残せる。 影響なし 影響なし 法律 破産法 民事再生法 民法 利息制限法 出資法 特定調停法 民事調停法 自己破産したら医師免許はどうなる? 自己破産というと、「借金を返さなくて良くなるかわりに、無一文になり職も失う」というイメージを持っている方が多いです。 実際に医師が自己破産したら医師免許はどうなるのでしょうか? 結論からいくと自己破産したところで医師免許は剥奪されません。 つまり、医院開業に失敗して自己破産したとしても、すぐに勤務医に戻ってやり直すことができます。 では開業に失敗した医師が勤務医に戻ったら、勤務先の病院に自己破産した事実がバレたりするのでしょうか? これは官報をチェックしていなければ自己破産した事実がバレることはほとんどないでしょう。 履歴書で「自己破産した」と自分で書くようなこともありません。 しかし、面接時に「なぜ開業したクリニックを廃業したのか? 」といったことは聞かれる可能性はあります。 第三条 未成年者、成年被後見人又は被保佐人には、免許を与えない。 第四条 次の各号のいずれかに該当する者には、免許を与えないことがある。 一 心身の障害により医師の業務を適正に行うことができない者として厚生労働省令で定めるもの 二 麻薬、大麻又はあへんの中毒者 三 罰金以上の刑に処せられた者 四 前号に該当する者を除くほか、医事に関し犯罪又は不正の行為のあった者 【参考】医師法第3条、第4条 自己破産した後で、もう1度開業医ができるか? 自己破産して勤務医に戻ることは問題ありませんが、もう1回開業医としてリスタートすることは可能でしょうか? 結論を言うと、10年程度は開業医を続けたり、もう1回クリニックを開業することは難しいでしょう。 医院開業で資金調達は必須の課題ですが、自己破産することでそもそも新たな借金ができなくなるためです。 お金を借りられない期間はだいたい10年くらいかと思われます。 というのは信用情報にブラックリスト登録される期間はCICとJICCが5年、全銀協 KSC は10年であるためです。 官報の記録も10年です。 銀行から融資を受けようとするには、全銀協のブラックリスト登録が消えない限りは厳しいと思われます。 医療法人の理事が自己破産した場合はどうなる? それでは、派手にお金を使いすぎた、投資詐欺にあった等の理由で医療法人の理事が自己破産した場合はどうでしょう? この場合も、特に医療法の記載で、自己破産が医療法人の理事の欠格事由に当たるような記載はありません。 1.法人 2.成年被後見人又は被保佐人 3. 医療法、医師法、歯科医師法その他医事に関する法令の規定により罰金以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から起算して二年を経過しない者 4.前号に該当する者を除くほか、禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなるまでの者 理事の欠格事由 医療法第46条の5第5項 ただ、医療法人の理事に関しては内部の約款で退任事由とされていることがあり、その場合は理事を降りる必要が出てきます。 自己破産した医療法人の理事長が退任し、クリニックを別の方に譲って自分は同じクリニックで勤務医として働くケースも想定されます。 自己破産すると無一文になる? ここまでで、医師は自己破産しても免許は剥奪されないということがわかりました。 もうひとつ、自己破産すると財産が差し押さえられ、無一文になるというイメージを持つ方がいますが、実際はどうでしょうか? 破産手続きが開始されると原則として、家や車といった、債務者の財産は基本的に差し押さえられ、管理・処分ができなくなります。 自己破産することで借金返済が免除される代わりに、今ある財産を現金化して、債権者に返済しなければいけません。 一方で、自己破産には「債務者を再生させる」という目的も含まれています。 利害関係人の利害及び債務者と債権者との間の権利関係を適切に調整し、もって債務者の財産等の適正かつ公平な清算を図るとともに、債務者について経済生活の再生の機会の確保を図ることを目的とする。 破産法第1条 目的 この法律は、支払不能又は債務超過にある債務者の財産等の清算に関する手続を定めること等により、債権者その他の そのため、債務者が利用できる財産も定義されており、決して無一文になるわけではありません。 具体的には、破産手続開始後に得た財産や差押禁止財産(衣服・寝具・家具・台所用具・99万円以下の現金など)です。 これらの財産については、債務者が自由に処分できることになっており、本来的自由財産と呼ばれています。 破産法第34条 また、本来的自由財産ではない財産であっても,裁判所の決定によって自由財産として取り扱うことができることもあります。 自由財産の拡張 自己破産によって返済がすべて免除されるのか? 自己破産は、借金のすべてが免除されるイメージがあります。 基本的には返済が免除されますが、一部例外があります。 具体的には税金や罰金、養育費、損害賠償といったものは免除されません。 その他、次の一例にあたるような免責不許可事由にあたるものは返済が免除されません。 破産法第252条 ・解約返戻金が高額となる保険を隠している ・浪費やギャンブルによる借り入れ ・一部の債権者のみに対する弁済(偏頗弁済) 偏頗弁済の一例で気をつけたいのは友人、親族、会社からの借入金を返済しているのに、銀行や貸金業者からの借入金は返さない場合です。 破産手続きは銀行や貸金業者からの借入れだろうが、友人からの借入れだろうが、一切区別されることはなく、同列に扱われます。 家族から借りたお金は返して、貸金業者からの債務は破産して返済を免除ということはできませんので注意しましょう。 【まとめ】自己破産しても勤務医には戻れる。 しかし早めに専門家に相談を 弁護士の先生に伺うと、自己破産する先生の大半は、本当にギリギリまで何とか借金を返済しようと粘る方がほとんどだそうです。 すでに相談に来られる際は、何も手の打ちようがなく、自己破産の手続きをすることになるとか。 しかし、本記事でもお伝えしたように債務整理の方法は他にもあるので、早めに専門の弁護士などに相談すると良いでしょう。 また、例え自己破産に陥ったとしても、勤務医に戻ることは可能ですし、完全に無一文になるわけではありません。 自己破産というと、お先真っ暗なイメージを持つ方も多いですが、もともと破産法は債務者の再生という目的も含まれています。 職を失ったり、最低限の財産は残ることは一つの安心材料と言えるでしょう。

次の

開業に失敗した医師が自己破産するとどうなる?|免許は剥奪?無一文に?

開業医 借金

内科として開業するも資金繰りが上手くいかずに廃業することもあります。 内科医Bは開業を考えていました。 勤務医として長くやってきて、自分のキャリアをステップアップしたかったのと、自分の腕と労働量に対して現在の病院の給料は低いと考えていたので、 開業して年収を増やしたいと思っていました。 同期の内科医ですでに開業している人もいて、 勤務医時代に比べて年収が2倍近くになった人もいました。 B医師が勤める薬卸業者に「開業を考えている」と伝えると、「無料で開業のお手伝いしますよ」と言って手伝ってくれることになりました。 忙しいB医師は「 全部やってくれるならお願いする」と言い、 薬卸業者がほとんどすべてを取り仕切って、B医師に報告をする流れになりました。 場所も決まり、機械・設備も決まり、スタッフも決まり、ホームページもできて約2年の準備期間をかけて開業にいたりました。 開業費用は7500万円ほどで、多くは銀行からの借入です。 B医師は 自信満々に開業初日を迎えましたが、初日の患者さんは5人。 「初日はそんなものかな」と思っていましたが、2日目は8人、3日目は11人、4日目は6人というペースで、3ヶ月たっても集患のペースは変わらず、平均1日15人程度でした。 スタッフの人件費、ローン返済などに回る資金をねん出することが出来ず、B医師が勤務医時代に貯めてきた貯金を切り崩して何とかクリニックを維持していましたが、焦りの色が出てきたB医師はスタッフ、看護師に対し、「 せめて給料分の仕事をしてもらわないと困るね」とか、「 君たちの患者さんへの対応が悪いから、悪い評判が広まって患者さんが来ないじゃないか」などと、看護師、スタッフにあたり始めました。 しばらくすると、 看護師とスタッフは辞職。 B医師だけになってしまいました。 あわてて求人をして人材を確保しましたが、もうその頃にはB医師の 貯金は底を尽き始め、開業からわずか11ヶ月で資金が回らなくなり、廃業に追い込まれました。 B医師は残った借金を返すことができず自己破産をしてしまいました。 「自分が自己破産した」というショック、自己嫌悪にB医師はひどく悩まされ、 うつ状態になり、医師としての仕事もできなくなってしまいました。 薬卸業者に開業準備を任せきりにするなど愚の骨頂です。 開業する本人が細部まで 自分で調べ、自分で準備しないのなら開業はしない方がいいです。 業者もビジネスだということを忘れてはいけません。 この内科医は 開業資金をかけすぎです。 周辺調査、マーケティング、集患対策を怠ると、開業してから患者さんが来ないという事態にあわてることになります。 開業してから「 患者さんが来ない」と悩むようでは、 その時点で開業失敗です。 ビジネスはスタートダッシュが大事です。 最初の集患戦略もなしに開業してはいけません。 なんの対策もなしに、 時が経てば集患できるということは絶対にありません。 また、 数字の管理は毎日必要です。 集患数、売上、前日比、利益率・・・など、 経営者たるもの数字を一番把握していなければなりません。 よく「数字は会計士にまかせている」という医師がいますが、それは 経営者失格です。 会計士は基本、帳簿をつけることしかしてくれません。 数字を見て経営判断をするのは会計士ではありません、医師自身です。 「 このままいくとまずい」「何か手を打たなければ」「 運転資金の調達を考えねば」などのことを会計士はいちいち言ってはくれませんよ。 医師は「 会計士がやってくれる」と思っていて、会計士は「帳簿だけつければよい」と思っているのは、 誰も舵をとっていない船のようなものです。 すぐに遭難します。 また、 看護師などのスタッフにあたるのは言語道断。 クリニック経営は「医師がすべて」ではなく 、看護師、スタッフ含めて「チーム」でうまく機能しないと廃業します。 うまくいかない理由を看護師、スタッフのせいにするようではクリニックの発展はありません。 経営者たる者、まず「 自分に非はないか」と疑ってみることです。 B医師のように すぐに廃業して自己破産に追い込まれる医師がたくさんいます。 開業医は医師とはいえ「 経営者」になることです。 経営者たる者は薬品メーカー、医療機器メーカー、コンサル会社に すべてを丸投げにしてはいけません。 「 なぜ開業するのか」 「 自分のクリニックの強み・売りは何か」 「 なぜ開業しなければならないのか、勤務医ではダメなのか」 「 なぜ他のクリニックより自分のクリニックの方が良いのか」 「 患者さんが自分のクリニックに来る理由は何なのか」 「 なぜあなたのクリニックでなければならないのか」 「 自分の人生の成功とは何か、それに開業が必須なのか」 「 従業員のやりがい、目的は何なのか」 など、 開業前に決めなければならないコンセプト、ビジネスモデル、事業計画をしっかり決め、 開業医コンサル会社に勝る経営知識を持ってからコンサルティングを頼むようにしてください。 もっとも、そうした知識があればコンサル会社は必要ありませんが。 開業医コンサル会社に丸投げしてかなりお金を取られてしまったり、払わなくていいお金を払ってしまう医師もいます。 本当に注意しましょう。 開業に関する相談は薬品メーカー、医療機器メーカー、コンサル会社ではなく、 中立公平な第三者機関への相談が安心です。 数はごくわずかですが、 医師開業のための第三者機関は存在します。 「 医師開業のための第三者機関」として、『』をご紹介します。 全国職業相談センターは、職業全般の相談を受けている相談窓口で、 公平中立な第三者の立場で医師の独立開業の相談にものっています。 また、 相談内容によって各種専門家や専門機関の紹介も行っているようです。 薬品メーカー、医療機器メーカー、コンサル会社とは違って「 開業させること」が目的ではないため、時には「開業しない方がいいですよ」という第三者的な意見もくれます。 また、「 すでに開業しているが、経営がうまくいっていない」「 このままいくと廃業してしまう」「 資金繰りが厳しい」という、開業医の相談も受けてくれます。 経営を今より改善したい開業医の先生は、 医院の経営が手遅れになる前に気軽に相談してみると良いでしょう。 全国職業相談センターの相談は無料です。 「 開業を考えている」という方は、薬品メーカー、医療機器メーカー、コンサル会社の牽制役としても、全国職業相談センターに相談してみると良いでしょう。 開業には大きなリスクがあります。 薬品メーカー、医療機器メーカー、コンサル会社が開業させようとしてきても、慎重に検討しましょう。

次の