さやいんげん。 さやいんげんの育て方

さやいんげんの重さは1本、1パックで何グラム、大きさやカロリーは?

さやいんげん

出典: (英語) サヤインゲン(100g中)の主なの種類 項目 分量(g) 0. 22 0. 05 16:0() 0. 042 18:0() 0. 008 0. 01 18:1() 0. 008 0. 113 18:2() 0. 044 18:3() 0. 069 サヤインゲン(:Green bean)とは、の食用の若いサヤのことである。 缶詰や冷凍としても多く出回り、世界中で食べられている。 日本では、塩茹でにして和え物やおひたしにするか、あるいはバター炒めにすることが多い。 と混同されることもある。 東北地方ではササギとも言う。 脚注 [ ].

次の

サヤインゲン/鞘隠元/さやいんげん:旬の野菜百科

さやいんげん

野菜図鑑• サヤインゲンの歴史 いんげんはメキシコ南部やグアテマラ、コスタリカ一帯が原産地で、南アメリカにおいて品種が分化したといわれています。 1500年頃には中南米で広く食べられていて、コロンブスの大陸発見以降ヨーロッパにも伝播。 さらにヨーロッパから北アメリカへ移住した人たちによって北米に持ち込まれ、広く栽培されるようになったそうです。 なお、若いさやを食用にしたのはヨーロッパに渡来してからといわれています。 中国では16世紀の終わり頃に栽培されていたという記録があるそうです。 日本へは1654年に中国からの帰化僧である隠元禅師によって伝来したといわれていますが、それが現在のさやいんげんと同じものかどうかは不明です。 現在のようなさやいんげんは、明治時代に入ってから政府が欧米から導入したものが元になっていて、今では全国で栽培されています。 また、便秘予防に効果のある食物繊維や、血圧の上昇を抑制して生活習慣病の予防に効果があるとされるカリウム、貧血予防によいとされる葉酸なども入っています。 そしてアスパラガスにも含まれるアミノ酸「アスパラギン酸」も含まれます。 アスパラギン酸は疲労回復やスタミナ増強に効果があるとされます。

次の

さやいんげんの旬の季節と美味しい食べ方。選び方のコツは?

さやいんげん

野菜図鑑• サヤインゲンの歴史 いんげんはメキシコ南部やグアテマラ、コスタリカ一帯が原産地で、南アメリカにおいて品種が分化したといわれています。 1500年頃には中南米で広く食べられていて、コロンブスの大陸発見以降ヨーロッパにも伝播。 さらにヨーロッパから北アメリカへ移住した人たちによって北米に持ち込まれ、広く栽培されるようになったそうです。 なお、若いさやを食用にしたのはヨーロッパに渡来してからといわれています。 中国では16世紀の終わり頃に栽培されていたという記録があるそうです。 日本へは1654年に中国からの帰化僧である隠元禅師によって伝来したといわれていますが、それが現在のさやいんげんと同じものかどうかは不明です。 現在のようなさやいんげんは、明治時代に入ってから政府が欧米から導入したものが元になっていて、今では全国で栽培されています。 また、便秘予防に効果のある食物繊維や、血圧の上昇を抑制して生活習慣病の予防に効果があるとされるカリウム、貧血予防によいとされる葉酸なども入っています。 そしてアスパラガスにも含まれるアミノ酸「アスパラギン酸」も含まれます。 アスパラギン酸は疲労回復やスタミナ増強に効果があるとされます。

次の