報道 ランナー キャスター。 新実彰平アナ(カンテレ)の結婚(妻)や筋肉、学歴や身長・体重は?【報道ランナー】

坂元龍斗アナ(カンテレ)の結婚(妻)や学歴、年収や筋肉・身長・体重は?【報道ランナー】

報道 ランナー キャスター

寝具に使うメッシュ素材を応用することで、濡らしてもべとつかず、打ち水の原理で口元がひんやりする仕組みです。 【薄田キャスター】 「どうですか?売れ行きは?」 【オーシン代表取締役社長 渡辺哲広さん】 「売れ行きはホントに生産が追い付かない状態でございます」 【薄田キャスター】 「そんなに!?現段階でマスクは何枚ほど売れてるんですか?」 【社長・渡辺さん】 「6万枚近く売れてます」 【薄田キャスター】 「え!?6万枚?(1枚)990円…かける…6万枚」 【社長・渡辺さん】 「計算しないでください(笑)」 発売から3週間でなんと約6000万円の売り上げを記録しています。 【社長・渡辺さん】 「私たちが思った以上に、うれしい言葉『ホントに冷たくて気持ちいい』とか、『こういう時期にマスク作ってくれてありがとう」とか、すごく社員の励みになって、頑張ろうと。 それが今、とてもいい感じになってるんですね」 暑さも飛沫も防止!フェイスシールド付き帽子 このユニークなキャップを開発したのは、仮面ライダーなどのヒーローに変身できる帽子やコンサートグッズを手がけてきた神奈川県のアパレルメーカー・アークです。 【アーク代表・今井諒さん】 「変身ができる帽子というので、うちが特許を持ってまして、で、その特許を生かして何かこの状況で活用できないか?ということで始めたのがフェイスシールドのキャップになります」 普段はUVカットもできる帽子として使える上、必要なときにはフェイスシールドを取り出して飛沫感染を防げます。 マスクを嫌がる子どもにもぴったりです! 【今井さん】 「僕にも子どもがいるんですけど、やっぱりこうマスクをしてくれないんですよね、子どもが。 人情企業が提案!夏の定番の意外な使い道 大阪市住吉区にあるレイングッズのメーカー、ワールドパーティー。 こちらでも緊急事態宣言を受け、4月の売り上げは去年より8割ほど減少し、苦境に立たされました。 そんなとき… 【大阪市松井一郎市長】 「防護服については、今、非常にもう、ゴミ袋をかぶって医療現場の人たちが治療している。 雨合羽が余っている人、ぜひ大阪府・大阪市に連絡いただきたい」 雨合羽の寄付が呼びかけられたのです。 【ワールドパーティー営業本部長 角谷圭一郎さん】 「報道を見て、社員みんながですね、いてもたってもいらない状況になって、『何かしたい』っていうことで、で、みんなから相談がありまして。 社長に相談したら『すぐやろう』ということで、2トントラックで2日に分けて大阪市の方に寄付に行きました」 【薄田キャスター】 「でもその松井市長の呼びかけた雨合羽っていうのは、使い捨ての安いものをイメージしておっしゃってたと思うんですけど、ここのってすごいしっかりされたものですよね?」 【角谷さん】 「そうですね。 価格帯も4千円から5千円のもの」 それを5千枚、2千万円相当のレインコートを大阪市に寄付したのです。 【角谷さん】 「大阪が危機的状況にある中で、本当になにか、あの状況で我々が何かしないっていうことになると、やっぱり心残りにもなりますし、コロナが収束したら、『今まで落とした売り上げ取り返すぞ!』っていうような会社の士気は非常に上がったかなと思います」 そんな会社が他にも自社製品で感染症対策に貢献できることはないかと打ち出したのが「日傘でソーシャルディスタンス」。 一体どういうことなんでしょうか? 【角谷さん】 「実際に日傘を持っていただいてもよろしいでしょうか?」 【薄田キャスター】 「はい。 差せばいんですね?」 【角谷さん】 「で、こういう風にですね、お互いが傘を持つことによって、自然と社会的距離ができると」 【薄田キャスター】 「そっか〜!『ちょっと離れて』とか言わなくても、なんとなく距離とりますもんね。 2人が(傘を)持ってたら」 【角谷さん】 「そうですね」 このアイデアのヒントになったのは偶然見つけたSNSでの投稿でした。 (SNSの投稿文) 『一昨日ゴミ捨てに行ったら近所のお婆さんが日傘を持って歩いていて日傘をさしていると人と自然と一定の距離感ができるから安心といっていて目からウロコが落ちた。 これがお婆ちゃんの知恵袋か!!』 【角谷さん】 「この発想がちょっと日本人らしいな〜っというか。 自然とこう相手への気遣いができる、という所に非常に共感しました」.

次の

報道ランナーの兵庫県知事・井戸・三浦が話題

報道 ランナー キャスター

坂元龍斗(さかもとりゅうと)のWikiプロフィール・経歴・出演番組• 名前:坂元龍斗(さかもとりゅうと)• 生年月日:1985年2月27日• 年齢:34歳• 高校:静岡県立沼津城北高等学校• 大学:早稲田大学スポーツ科学部スポーツ文化学科• 勤務局:関西テレビ放送• 出身地:静岡県三島市 2008年に関西テレビに入社した坂元アナ。 」や「カンテーレCRE8」 「FNNスーパーニュースアンカー」に出演し キャスターやフィールドリポーターとして 活躍の場を広げていきました。 少し日に焼けた健康的な肌色の坂元アナは 5歳から大学卒業までアイスホッケーを続け 4~9歳まではカナダに住んでいました。 アイスホッケーをしていた坂元アナですが 実は他にも趣味が。 それは野球です。 大学時代には硬式野球部にも所属しており 学生コーチも務めたようです。 アナウンサー以外に憧れた職業が プロ野球選手だという坂元アナウンサー。 会ってみたい芸能人やスポーツ選手として イチロー選手の名前を挙げていました。 坂元龍斗アナウンサー 関西テレビ放送 の学歴(高校・大学)は? 坂元アナの出身高校は、 静岡県立沼津城北高等学校です。 坂元アナは4歳~9歳までカナダで過ごし 帰国後は静岡で過ごしたようですね。 坂元アナの出身大学は早稲田大学で、 スポーツ科学部スポーツ文化学科を卒業。 大学在学時は硬式野球部に所属しており、 坂元アナの2学年下の代には、 阪神の上本博紀選手がいたのだとか。 現在も、関西の草野球チームである 「関西ディープス」に所属して野球を続け その野球愛はまさにホンモノ!ですね。 坂元龍斗アナウンサー 関西テレビ放送 の結婚した嫁や子供は?結婚相手は中田カウスの娘で出来ちゃった婚? 坂元アナの気になる経歴で外せないのは 大物芸能人の娘と結婚したという噂です。 そのお相手となった女性は同局の先輩で、 父親はなんと漫才師の中田カウスさんです。 しかも奥さんへのプロポーズは、 「アップ&UP! 」の生放送中に行ったそうで その後に両家の初顔合わせ・正式報告となり 2010年に挙式をしたというので驚きですね。 同年の8月には第1子長女が誕生しており できちゃった婚だったというのが、 本当のところのようですね。 中田カウスさんと言えばお笑い界の大物、 緊張しなかったのかな?と思いますが 2人の中は良好なようで一安心ですね。 R-1出場経験がある坂元アナはお笑い好きで そういった所も馬が合ったのかもしれません。 坂元龍斗アナウンサー 関西テレビ放送 の身長・体重は?筋肉がすごい? 坂元アナウンサーの身長・体重について 身長は179センチの高身長だそうです。 体重は公表されておらず不明ですが、 70キロ前後ではないでしょうか? 坂元アナを調べると「筋肉」の文字が ヒットするのですが調べてみたところ 特筆すべきエピソードはないものの、 割れた腹筋を見せる坂元アナの写真が。 小さい頃からスポーツ漬けだったことや 社会人になっても野球をしているので、 同年代の男性に比べても引き締まっており 体の筋肉も凄い!ということのようです。 坂元龍斗アナウンサー 関西テレビ放送 の収入・年収は? 坂元アナの収入・年収については、 公表されておらずわかりませんでした。 地方局のアナウンサーの平均年収は 700万円程度と言われています、 坂元アナは入社11年目の中堅アナで 2019年にはFNSアナウンス大賞受賞。 今、関テレで最も勢いがあるといっても 過言ではない男性アナウンサーの1人です。 そういったことを踏まえた上で考えると 平均かそれ以上の年収はあるのだろうと と推測することができるでしょう。

次の

特集コーナー 2019年11月21日

報道 ランナー キャスター

71 ID:htEM7YbO0. net 関西テレビ月〜金曜16:45〜19:00 「ニュースの真実、情報の最前線を追い求め、走るー。 net 448:名無し募集中。。。 32 ID:LFG00hR40. net 問答無用で5chレスorスレ立て代行依頼スレin新狼避難所25 448 名前:名無し募集中。。。 46 ID:VKz8QJh50. net 早口のオッサン何言ってるか分からん。 もっと落ち着いて話す練習しろよ。 80 ID:mouWgsaJ0. net はるな愛どうしたの? 最近出てないね。 net 〓 高槻市組織的信用失墜違法行為 〓 【大阪高裁:平30. net 焼き鳥大王、旅館の女将は今迄、真面に所得申告してたのか 自分達が被害者の様な振る舞いに腹たつ こんなの助ける為、税金はらいたくないね。 49 ID:sapliIVY0. net そういや昨日キレとったな。 net 藤井聡嫌い。 報道ランナー含めこいつの出てる番組は一切視ない。 81 ID:ssuXf1ta0. 53 ID:KuF6a6Ab0. 77 ID:p2pspQyU0. net 過疎 5 KB 名前: E-mail 省略可 :.

次の