真言宗。 真言宗のお墓の特徴とは?お墓参りの作法や納骨費用も解説!

真言宗とはなんですか?真言宗の意味

真言宗

声明は、仏教とともにインドから中国へ伝えられ、中国で発展し、やがては日本へと伝えられました。 もともと声明とは古代インドの学問のひとつで、シャブダ=ヴィドゥヤーといわれ、言葉の学問、つまりサンスクリット語(梵語)の文法学を意味していました。 日本では平安時代、密教僧が真言や陀羅尼の学習のために、この梵語の文法学である 悉曇 ( しったん ) を学びました。 天平勝宝 ( てんぴょうしょうほう ) 4年(752)、東大寺大仏開眼供養の際に声明が唱えられたことが記録にあります。 その後、9世紀の初めに 弘法大師空海 ( こうぼうだいしくうかい ) により 真言声明 ( しんごんしょうみょう ) が、また中頃には 慈覚大師円仁 ( じかくだいしえんにん ) (794~864)により 天台声明 ( てんだいしょうみょう ) がそれぞれ中国から伝えられました。 ここでは、真言宗豊山派の総本山、長谷寺に伝わる声明 「四智梵語」 ( しちぼんご ) を紹介します。 その内容は、 金剛界 ( こんごうかい ) の大日如来を讃歎するものです。 四智 ( しち ) とは、 阿閦如来 ( あしゅくにょらい ) ・ 宝生如来 ( ほうしょうにょらい ) ・ 無量寿如来 ( むりょうじゅにょらい ) ・ 不空成就如来 ( ふくうじょうじゅにょらい ) の智慧を表しており、それらの仏と中心の大日如来とがお互いに供養することによって、金剛界の曼荼羅全体を意味します。 「四智梵語」は多くの法要で唱えられるため、真言宗の僧侶として唱える機会が最も多い声明です。 一部の古いブラウザ及びAndroid2. 3以前のバージョンでは曲の再生ができない可能性があります。

次の

真言宗 京都通百科事典

真言宗

宗祖 [ ] の(興正菩薩)を中興の祖とする。 なお、を高祖として特に仰いでいる。 沿革 [ ] 鎌倉時代 [ ] 叡尊は荒廃した既存仏教に対する批判から律宗のとともに、これまで国家が定めた手続きによる方法しか認められていなかった戒のを自らの手で行った(自誓授戒)。 その後、戒律に対する考え方の違いから覚盛と一線を画するが、彼の依頼による再興を引き受けて、続いて・・などの再興に従事して、の許可なくして独自のを設置した。 続いて弟子のが登場して叡尊が十分に達せられなかった民衆への布教に才覚を示して、にを建立した。 これが真言律宗の起源であるが、当初叡尊自身やその門人はの再興の一環として戒を基とする律宗再興を図ったものであり、自らを真言宗の一派である「西大寺流」として規定して行動していた。 しかし、当時においては律宗の新派と見られていた。 なお、叡尊の行動は通説では旧仏教内部からの改革運動と位置づけられているが、近年ではこれを真言宗・律宗の枠を超えた新宗派であるとして「鎌倉新仏教」の1つと見る説もある(「」参照)。 後継者である・忍性は朝廷の信任が厚く、諸国の再建()を命じられてこれを末寺化するなど、教派の拡大に努めた。 自身に厳格で寺院再建のノウハウを積んだ真言律宗の僧侶主導の勧進活動に対する評価の上昇はやがて他の律宗諸派再興の動きを促し、一時は真言律宗を含めた律宗は・などと勢力を分けてより「律国賊」との非難を受けるほどであった。 特筆されるべき事は叡尊・忍性による救済活動が非人、貧民、らい病患者に対するものであり、その数が数万人に達していたことであろう。 また元寇における元軍の撃退も叡尊・忍性の呪法によるものであったと認識されていた。 室町以降 [ ] 後期以後一時衰微したものの、前期のが再興の動きを見せ、その門人にあたるは初めて公に「真言律宗」という名乗りを用いた。 (5年)、は諸宗派の整理を断行、その際律宗系最大の勢力であった真言律宗が元は真言宗の流れを汲むことから全律宗諸派が真言宗に組み入れられた。 その後、律宗系諸派はいずれも真言宗からの独立を求め、西大寺でも(64世長老)が運動を行った。 その甲斐があり、(明治28年)に律宗系の諸派は真言宗からの独立を許されて、その際に真言律宗も真言宗から独立する。 ただし、明治以前真言律宗であった寺院の中には独立に従わずに真言宗寺院としての道を歩んだものもあった。 以後、西大寺を総本山としてその住職である西大寺長老が真言律宗管長を兼務する慣例となっている。 西大寺長老歴代 [ ]• 興正菩薩• 慈真和尚• 佐伯弘澄• 福垣眞應• 佐伯悟龍• 駒岡乗圓• 瀬木俊明• 松本実道• 谷口光明• 大矢実圓 宗務組織 [ ]• 宗務長• 財務部• 教学部• 宗議会• 宗会議員(10名)• 副議長 関連組織 [ ]• 寺族婦人会 寺格(順不同) [ ]• 総本山 - ()• 大本山 - ()• 別格本山 - ()、(塔頭)、()、()、(大阪府)、()、法華寺(今治市)、()• 由緒寺 - ()、()、(京都府)、(木津川市)、(奈良市)、(奈良市)、(奈良市)、(奈良市)、(奈良市)、(奈良市)、(奈良県)• その他の寺院 ()、(生駒市)、(生駒市) 教育機関 [ ]• 興法学院• (協同経営)• (協同経営) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の

空海に導かれた玄津

真言宗

ようこそ『神殿大観』へ。 ただいま 試験運用中です。 歴史も教義も制度も無視して、用語も正しく理解しようとせず、「宗教専門新聞」を称しているのは恥ずかしい。 ましてや記者の暴力や差別発言や脅迫的発言は論外。 「殺してやる」「お前の脳みそは腐っている」「お前は強姦殺人犯のようだ」。 これが「葬式をしない」代わりの21世紀劈頭の「ともいき」の宣言なのか。 「読売新聞では暴力は当たり前だ」(真偽は不明)と何度言われても、本願にはほど遠い。 「俺は神戸で人が燃えているのを見てきたからな」と自慢するのが「一流のジャーナリスト」か。 宗教団体・大学・メディアは「平和憲法を守れ」と主張する以前に、自ら刑法を侵さず、労働基準法を守るべきだ。 「愚者の自覚」「智者のふるまいをしない」を言い訳とせず、人権同和活動を閉鎖せず、総本山警備員の集団リンチ傷害事件の隠蔽をやめるべきだ。 国民の税金も使われた上で、血が流れた事件を曖昧にして落慶法要を行うつもりか。 「お前を人権侵害で訴える」というなら早く訴えたらいかがか。 宗教界、言論界から暴力や差別が無くなるにはまだ無量年かかるのか。 まあ無理か。 真言宗の教団 目次• 近代教団の分裂・統合 早見表 古義・画一派 古義・分離派 新義 南都 年月日 東 寺 泉 涌 寺 勧 修 寺 随 心 院 醍 醐 寺 高 野 山 仁 和 寺 大 覚 寺 智 積 院 長 谷 寺 唐 招 提 寺 西 大 寺 薬 師 寺 法 隆 寺 興 福 寺 大教 宣布 時代 1872年 明治5年 10月3日~ 単称 単称 単称 単称 単称 単称 単称 単称 単称 単称 (廃絶) 1873年 明治6年 7月~ 単 単 単 単 単 単 単 単 単 単 単称? 単称 単称? 単称? (廃絶) 1878年 明治11年 5月20日~ 単 単 単 単 単 単 西部 西部 単 単 西部 西部 西部 西部 (廃絶) 1878年 明治11年 12月20日~ 単 単 単 単 単 単 西 西 新義派 新義派 西 西 西 西 (廃絶) 1879年 明治12年 4月30日~ 単 単 単 単 単 単 単 単 単 単 単 単 単 単 (廃絶) 1882年 明治15年 6月26日~ 単 単 単 単 単 単 単 単 単 単 単 単 単 法相宗 法相宗 紛争 時代 1886年 明治19年 6月23日~ 単 単 単 単 単 単 単 単 単 単 単 単 法相宗 法 法 1895年 明治28年 6月7日~ 単 単 単 単 単 単 単 単 単 単 単 真言律宗 法 法 法 1900年 明治33年 8月10日~ 単 単 単 単 醍醐派(各派連合) 高野派(各派連合) 御室派(各派連合) 大覚寺派(各派連合) 智山派 豊山派 律宗 真律 法 法 法 1901年 明治34年 7月5日~ 単(各派連合) 単(各派連合) 単(各派連合) 単(各派連合) 醍(連) 高(連) 御(連) 大(連) 智 豊 律 真律 法 法 法 1907年 明治40年 12月7日~ 東寺派(連) 泉涌寺派(連) 山階派(連) 小野派(連) 醍(連) 高(連) 御(連) 大(連) 智 豊 律 真律 法 法 法 独立 時代 1925年 大正14年 9月24日~ 東 泉 山 小 醍 高 御 大 智 豊 律 真律 法 法 法 1925年 大正14年 12月14日~ 東 泉 山 小 醍 古義 古義 古義 智 豊 律 真律 法 法 法 1931年 昭和6年 3月14日~ 東 泉 山 善通寺派 醍 古 古 古 智 豊 律 真律 法 法 法 戦時 体制 1941年 昭和16年 3月31日~ 単称 単称 単称 単称 単称 単称 単称 単称 単称 単称 律 真律 法 法 法 年譜• 1872年 明治5年 10月3日:真言宗に管長設置(教部省番外)• 1872年 明治5年 10月5日:小規模な宗派は七宗のいずれにかに所属するように命じる。 1873年 明治6年 7月:西大寺、真言宗の所轄となる(近代の西大寺と真言律宗)。 法隆寺、薬師寺、唐招提寺も同時期に真言宗に入る(年代未確認)。 法隆寺は8月2日に真言宗に所轄依頼し、9月に寺僧が管長から教導職試補に任命(『法隆寺年表』)。 1878年 明治11年 5月20日:真言宗西部管長別置(内務省乙第42号達・内務省戊第6号達)• 1878年 明治11年 12月20日:古義と新義にわけそれぞれ管長設置(内務省乙第89号達・内務省戊第7号達)• 1879年 明治12年 4月30日:真言宗で管長1人とする(内務省乙第20号達・内務省戊第1号達)• 1882年 明治15年 6月26日:興福寺(明治14年に復興)と法隆寺で法相宗となる(内務省乙第38号達)• 1886年 明治19年 6月23日:薬師寺が真言宗を離れ、法相宗に加わる(『法隆寺年表』)。 1895年 明治28年 6月7日:真言律宗独立(内務省告示第82号)• 1900年 明治33年 8月10日:御室派、高野派、大覚寺派、醍醐派、智山、豊山派、律宗が独立(内務省告示第74号)。 同時に古義四派で真言宗各派連合を設立し、制規認可?(『高野山大学五十年史』)• 1901年 明治34年 7月5日:真言宗各派連合、古義五派で制規認可。 (『高野山大学五十年史』)• 1907年 明治40年 12月7日:東寺派、泉涌寺派、山階派、小野派、独立(内務省告示第126号)• 1925年 大正14年 9月24日:真言宗各派連合廃止を文部省認可。 (官報)• 1925年 大正14年 12月14日:高野派、御室派、大覚寺派が合同して古義真言宗と称す(文部省告示第361号)• 1931年 昭和6年 3月14日:真言宗小野派、善通寺派と改称。 文部省認可。 (官報)• 1941年 昭和16年 3月31日:真言律宗を除いて真言宗各派、単称真言宗に合併(文部省告示第503号) 一覧 戦前• 単称真言宗(明治5~40)• 単称真言宗(昭和16~20)• 西部真言宗(明治11~12)• 真言宗各派連合(明治33~大正14)• 古義真言宗(大正14~昭和16)• 真言宗東寺派(明治40~昭和16)• 真言宗泉涌寺派(明治40~昭和16)• 真言宗山階派(明治40~昭和16)• 真言宗小野派(明治40~昭和6)• 真言宗善通寺派(昭和6~16)• 真言宗醍醐派(明治33~昭和16)• 真言宗高野派(明治33~大正14)• 真言宗御室派(明治33~大正14)• 真言宗大覚寺派(明治33~大正14)• 真言宗新義派(明治11~12)• 真言宗智山派(明治33~昭和16)• 真言宗豊山派(明治33~昭和16)• 単称華厳宗• 真言律宗• 単称律宗 古義系• :本山は和歌山県伊都郡高野町の総本山。 宗務所も同寺内にある。 明治33年(1900)「高野派」として独立認可され管長設置(『仏教宗派辞典』)。 :本山は京都府京都市南区の総本山。 宗務庁も同寺内にある。 真言宗東寺派から離脱して成立。 :明治35年(1902)単称真言宗から独立認可され管長設置(『仏教宗派辞典』)。 統一真言宗が解体され、昭和21年、法人設立、昭和27年認証登記(『仏教宗派辞典』)。 東寺が総本山だったが離脱してしまう。 :本山は京都府京都市右京区の大本山。 宗務庁も同寺内にある。 明治33年(1900)独立認可され管長設置(『仏教宗派辞典』)。 高野山末だったが、昭和25年、法人設立、同年登記(『仏教宗派辞典』、認証登記は不明)。 :本山は京都府京都市右京区の総本山。 宗務所も同寺内にある。 明治33年(1900)独立認可され管長設置(『仏教宗派辞典』)。 :(修験系を参照) 新義系• :宗本分離制。 本山は和歌山県岩出市の総本山。 宗務所は同寺内にあるが、東京都文京区の宗務出張所も重要な役割を果たす。 根来寺は戦前、智積院と長谷寺の両山の管轄下にあったが、昭和23年(世界大百科事典)、もしくは昭和24年(国史大事典)に離脱。 昭和24年、法人設立、昭和27年認証登記(『仏教宗派辞典』)。 台東区谷中の観音寺に宗務庁(ママ)を置いていた時期もある(『仏教宗派辞典』)。 戦後の教団設立では智積院末、長谷寺末の寺院が離脱して参加したが特に長谷寺末だった寺院が多い(『仏教宗派辞典』)。 :本山は京都府京都市東山区の総本山。 宗務庁も同寺内にある。 宗務出張所が東京都港区の別院にある。 明治33年(1900)独立認可され管長設置(『仏教宗派辞典』)。 :宗本分離制。 本山は奈良県桜井市の総本山。 宗務所は東京都文京区の大本山内にある。 明治33年(1900)独立認可され管長設置(『仏教宗派辞典』)。 昭和27年法人登記(『仏教宗派辞典』)• :本山は奈良県宇陀市の大本山。 昭和37年(1962)、室生寺が豊山派から離脱し、昭和39年(1964)、真言宗室生寺派を設立(『日本人名事典』)。 昭和39年、法人の認証登記(『仏教宗派辞典』)。 現在は非法人(『宗教年鑑平成28年』)。 :本山は栃木県足利市の本山。 昭和26年(1951)、豊山派を離脱して設立(『日本歴史地名大系』)。 真言教団:栃木県足利市の。 豊山派から独立して昭和22年、真言宗鶏足寺派として法人設立、28年、真言教団として認証、翌年登記(『仏教宗派辞典』)。 昭和63年(1988)、教団を解散し、真言宗豊山派に復帰(『日本歴史地名大系』)。 (近年、真言宗慈猛派を名乗るか?)• 新義真言宗湯殿山派:(修験系を参照)• 真言宗寿照派:栃木県大田原市。 事務所所在地と同一場所に真言宗智山派と思われる不動院がある。 眞言宗壽照派。 県所轄(『宗教年鑑平成28年』)。 古義・中小教団• 小野・善通寺系• :本山は香川県善通寺市の総本山。 明治40年、単称真言宗から独立して随心院を本山とする真言宗小野派と称す(『仏教宗派辞典』)。 昭和6年、本山を善通寺に移して真言宗善通寺派と改称した(『日本の仏教全宗派』)。 昭和21年法人設立、その後、「真言宗」と改称し、昭和27年認証(『仏教宗派辞典』)。 その後、再び真言宗善通寺派と改称。 修験真言宗:(修験系を参照)• :本山は京都府京都市山科区の大本山。 宗務所も同寺内にある。 明治35年(1902)独立認可され管長設置?(『仏教宗派辞典』の記述に食い違い)。 明治40年独立?(『仏教宗派辞典』)。 統合真言宗が解体され、昭和21年、法人設立、昭和27年認証登記(『仏教宗派辞典』)。 高野山系• :本山は奈良県生駒郡平群町の総本山。 高野山真言宗から独立して昭和26年(1951)、法人設立、昭和27年認証登記(『仏教宗派辞典』)。 :本山は奈良県奈良市の大本山。 高野山真言宗から独立して昭和26年(1951)、法人設立、昭和28年認証登記(『仏教宗派辞典』)。 :本山は兵庫県神戸市須磨区の大本山。 高野山真言宗から独立して昭和21年(1946)、法人設立、昭和27年認証登記(『仏教宗派辞典』)。 :本山は愛知県新城市の大本山。 高野山真言宗から独立して昭和21年(1946)、法人設立、昭和29年認証登記(『仏教宗派辞典』)。 真言密宗:本山は富山県中新川郡上市町の大本山(『宗教年鑑平成28年』には「大本山金剛不壊寺」とある)。 高野山真言宗から独立して昭和24年(1949)、法人設立、28年認証登記(『仏教宗派辞典』)。 真言毘盧舎那宗:本山は大阪府東大阪市の大本山(『宗教年鑑平成28年』)。 昭和27年(1952)、高野山真言宗から独立(『日本の仏教全宗派』)。 昭和21年法人設立、28年認証登記(『仏教宗派辞典』)。 :(修験系を参照)• :(南都系を参照)• 新真言宗:(南都系を参照)• 弁天宗:(新宗教系を参照)• 御室派系• :本山は兵庫県宝塚市の大本山。 宗務所も同寺内にある。 御室派から独立して昭和21年(1946)法人設立、昭和27年(1952)認証登記(『仏教宗派辞典』)。 :本山は兵庫県宝塚市の大本山。 御室派から独立。 県所轄(『宗教年鑑平成28年』)。 :本山は奈良県奈良市の大本山。 御室派から独立。 県所轄(『宗教年鑑平成28年』)。 :本山は兵庫県三田市の大本山(『宗教年鑑平成28年』では「大本山菩提寺」とする)。 昭和26年(1951)、真言宗御室派から独立(『日本の仏教全宗派』『仏教宗派辞典』)。 昭和28年(1953)、法人認証登記(『仏教宗派辞典』)。 :本山は福岡県福岡市博多区の別格本山(『宗教年鑑平成28年』)。 宗務所も同寺内にある。 御室派所属の寺院が東長寺を中心として集まり、昭和23年(1948)、法人設立、昭和28年認証登記(『仏教宗派辞典』)。 真言宗栄明寺派:広島県府中市元町の栄明寺。 『宗教年鑑』に記載がないことから包括法人ではなく、単立法人になっていると思われる。 石鎚山真言宗:(修験系を参照)• 真言宗石鉄派:(修験系を参照)• 大覚寺派系• 真言宗修験派:(修験系を参照)• 山階派系• :本山は和歌山県和歌山市の総本山。 真言宗山階派から独立して昭和23年(1948)法人設立、昭和28年認証、29年登記済(『仏教宗派辞典』)。 :本山は大阪府大阪市住吉区の総本山。 真言宗山階派から独立して昭和21年、法人設立、昭和27年認証、38年登記(『仏教宗派辞典』)。 :本山は大阪府大阪市北区の大本山。 宗務庁も同寺内にある。 明治7年(1874)、東寺末となるが、歴代住職の所属により本山も変わる(『日本の仏教全宗派』)。 第二次大戦中に勧修寺末となる(『日本歴史地名大系』)。 昭和22年、法人設立、昭和28年認証登記(『仏教宗派辞典』)。 明算真言宗:本山は和歌山県和歌山市の大本山円蔵院(『宗教年鑑平成28年』)。 真言宗山階派から独立して昭和22年、法人設立、昭和29年認証登記(『仏教宗派辞典』)。 その他• 広島県真言宗教団:事務所は広島県広島市南区の多聞院(『宗教年鑑平成28年』)。 非法人(『宗教年鑑平成28年』)。 慈恩宗:本山は山形県寒河江市の本山。 前近代には全国各地でみられたように塔頭には天台宗寺院と真言宗寺院の両宗があり、現在もその形態を維持するため独自の宗派を建てた。 江戸時代には真言宗宝蔵院が末、真言宗華蔵院が末、天台宗最上院が末だった(『日本歴史地名大系』)。 近代には真言宗寺院は末、天台宗寺院は末となっていた(吉見慎太郎「慈恩宗総本山慈恩寺と改称独立」『ヨシミの「本山慈恩寺」ガイド』)。 昭和21年(1946)、天台真言両宗慈恩寺派を名乗った(『山形県県史だより』2号)。 あるいは昭和27年(1952)に名乗ったともいう(吉見慎太郎「慈恩宗総本山慈恩寺と改称独立」)。 昭和47年(1972)1月、慈恩宗に改称(『国史大辞典』)。 県所轄(『宗教年鑑平成28年』)。 真言宗大師派:本山は神奈川県平塚市の大本山高林寺(『宗教年鑑平成28年』)。 県所轄(『宗教年鑑平成28年』)。 真言宗荒神派:兵庫県洲本市の威徳寺。 大覚寺派から独立して昭和25年法人設立、昭和28年認証登記(『仏教宗派辞典』)。 解散と思われる。 現在は単立か。 新仏教空海宗:兵庫県宝塚市の西南寺。 昭和21年、法人設立、昭和28年認証登記(『仏教宗派辞典』)。 解散と思われる。 修験系• :本山は京都府京都市伏見区の総本山。 宗務本庁も同寺内にある。 明治33年(1900)独立認可され管長設置(『仏教宗派辞典』)。 昭和21年、法人設立、昭和27年認証(『仏教宗派辞典』、登記不明)。 :本山は奈良県吉野郡黒滝村の大本山。 醍醐派から独立して昭和26年(1951)法人設立、昭和28年認証登記(『仏教宗派辞典』)。 真言宗当山派:本山は香川県高松市の大本山鳳閣寺(『宗教年鑑平成28年』)。 醍醐派の10寺、23教会が独立して昭和29年設立(『日本の仏教全宗派』)。 非法人(『宗教年鑑平成28年』)。 真言宗西国寺派:広島県尾道市の。 現在は寺は醍醐派に復帰し、教団は解散したか。 :本山は大阪府泉佐野市の大本山。 宗務所も同寺内にある。 明治7年、金剛峰寺末となるが、昭和25年に独立。 :本山は愛媛県西条市の総本山。 昭和26年(1951)、御室派から独立(『日本の仏教全宗派』)。 昭和28年、認証登記(『仏教宗派辞典』)。 :本山は愛媛県西条市の総本山。 昭和22年、御室派から独立し、昭和28年認証、翌年登記(『仏教宗派辞典』)• 修験真言宗:本山は福岡県福津市の大本山金剛寺(『宗教年鑑平成28年』)。 宗務所も同寺内にある。 昭和37年、善通寺派から離脱して設立(『日本の仏教全宗派』)。 非法人(『宗教年鑑平成28年』)。 真言宗修験派:兵庫県佐用郡佐用町の南光坊。 大覚寺派から独立して昭和21年、法人設立、昭和29年認証登記(『仏教宗派辞典』)。 瑠璃寺は現在、高野山真言宗に所属し、教団は解散したと思われる(香川県に「真言宗修験派」所属とする寺院があるが関連は不明)。 新義真言宗湯殿山派:山形県鶴岡市の。 智山派から独立し、昭和25年、法人設立、昭和28年認証、29年登記(『仏教宗派辞典』、「28年(1954)登記」とあるのは29年の誤記とみなした)。 現在は寺は智山派に復帰し、教団は解散したか。 塩飽真言宗?• 解脱会:(新宗教系を参照)• 真如苑:(新宗教系を参照) 古義・真言律系・南都系• 単称華厳宗:本山は奈良県奈良市の大本山。 :本山は奈良県奈良市の大本山と大本山。 昔は大本山法隆寺、別格本山清水寺も所属していた。 明治維新で興福寺は廃絶し、明治5年の太政官布告で薬師寺や法隆寺などは翌年、真言宗に所属。 藤原氏の働き掛けで明治15年4月、興福寺復興。 千早定朝らの尽力で同年6月26日、興福寺と法隆寺は真言宗を脱し法相宗を設立する。 明治18年3月7日、清水寺が醍醐寺所轄から興福寺所轄となる。 11月15日、法相宗宗制および寺法の認可願を提出。 明治19年6月23日、薬師寺が法相宗に加わる。 明治21年4月12日〜翌日、興福寺還仏会を執行。 明治23年4月、定制を改正して薬師寺を本山とする。 明治29年3月、法相宗宗立勧学院を法隆寺北室院に設置することを決議。 明治31年5月12日、法相宗勧学院を政府が認可(明治32年10月30日認可とも。 明治34年10月26日、法隆寺勧学院を法相宗勧学院に改称とも)。 6月13日、宗制寺法改正。 明治39年2月、法相宗勧学院に研究科を設置。 昭和25年11月12日、法隆寺が法相宗を離脱して聖徳宗を設立。 昭和40年、清水寺が法相宗を離脱して北法相宗を設立。 (『法隆寺の歴史と年表』ほか)• :本山は奈良県生駒郡斑鳩町の総本山。 昭和25年9月22日、佐伯定胤長老が法相宗離脱の意向を突如発表。 11月12日、管長・本山住職全員が欠席した異例の宗会で定胤長老が聖徳宗独立を宣言。 翌日の慈恩会にも興福寺と薬師寺は出仕を拒んだ。 15日、法隆寺聖霊院で独立奉告式。 同年12月10日、法輪寺が聖徳宗に転属。 昭和26年3月4日、改めて開宗奉告式。 昭和28年3月10日、中宮寺も真言宗から転属した。 北法相宗:本山は京都府京都市東山区の大本山(『宗教年鑑平成28年』)。 昭和40年、法相宗から離脱。 県所轄(『宗教年鑑平成28年』)。 :本山は奈良県奈良市の総本山。 正式には律宗。 :本山は奈良県奈良市の総本山。 宗務所も同寺内にある。 正式には真言律宗。 1895年 明治28年 独立。 昭和21年法人設立、27年認証、31年登記(『仏教宗派辞典』)。 :本山は東京都文京区の総本山。 近代には高野山の末寺となっていたが、昭和22年(1947)、高野山真言宗を離脱して真言宗霊雲寺派を設立した。 :本山は京都府京都市東山区の総本山。 宗務所も同寺内にある。 明治35年(1902)単称真言宗から独立認可され管長設置(『仏教宗派辞典』)。 統合真言宗が解体し、昭和21年、法人設立、昭和27年認証登記(『仏教宗派辞典』)。 新真言宗:本山は大阪府東大阪市の総本山。 高野山真言宗から独立(『日本の仏教全宗派』)。 昭和21年法人設立、28年認証登記(『仏教宗派辞典』)。 平成28年3月の大阪府宗教法人名簿には包括団体名として新真言宗の名があるが、法人番号が割り振られていないので解散したか。 不動宗:本山は岡山県倉敷市の総本山不動寺(『宗教年鑑平成28年』)。 昭和24年、単称法相宗から独立(『仏教宗派辞典』)。 光明宗:奈良県奈良市のが名乗るだけで団体ではない。 法華寺は真言律宗西大寺派から離脱。 聖徳三経宗:戦後の昭和24年11月、天台宗と真言宗が所属を離れて設立したという。 詳細不明。 (『法隆寺の秘話』) その他・新宗教• :開祖は醍醐派の僧侶。 昭和24年、解脱報恩感謝会として法人設立、昭和27年認証、翌年登記(『仏教宗派辞典』)。 昭和37年解脱会に改称(『仏教宗派辞典』)。 :東京都立川市の。 開祖は醍醐派の僧侶。 昭和23年、「まこと教団」として法人設立(『仏教宗派辞典』、認証とあるが誤りか)。 昭和26年、真如苑に改称(『仏教宗派辞典』)。 :非法人(『宗教年鑑平成28年』)。 :辯天宗。 中山身語正宗系• 中山身語正宗:本山は佐賀県三養基郡基山町の大本山(『宗教年鑑平成28年』)。 大正14年(1925)、瀧光徳寺創建(『仏教宗派辞典』)。 昭和21年、法人設立、昭和27年認証登記(『仏教宗派辞典』)。 光明念仏身語聖宗:本山は佐賀県三養基郡基山町の総本山(『宗教年鑑平成28年』)。 本福寺は昭和15年(1940)高野山の別格本山となったが、昭和31年(1956)真言宗泉涌寺派に転ずるが、昭和50年離脱して、52年、包括法人を設立(『日本の仏教全宗派』)。 身言正宗:本山は栃木県矢板市の総本山(『宗教年鑑平成28年』では「総本山東国高野山台覚寺」とある)。 昭和47年、寺院創建。 昭和52年、現宗派名を名乗る(『日本の仏教全宗派』)。 非法人(『宗教年鑑平成28年』)。 密厳宗:本山は熊本県熊本市の本山不動院(『宗教年鑑平成28年』)。。 中山身語正宗で修行した行者が昭和24年不動教を始め、昭和27年、現名に改称(『日本の仏教全宗派』)。 非法人(『宗教年鑑平成28年』)。 八宗兼学真修教:大阪府富田林市の大本山願昭寺(『宗教年鑑平成28年』)。 昭和29年、認証登記(『仏教宗派辞典』)。 肥州高野山真心言宗:本山は熊本県熊本市西区の総本山法証殿(『宗教年鑑平成28年』)。 非法人(『宗教年鑑平成28年』)。 一切宗:本山は山口県下関市の総本山大王寺(『宗教年鑑平成28年』)。 昭和22年、独立(『仏教宗派辞典』)。 昭和28年、法人認証登記(『仏教宗派辞典』)。 卍教団系• 卍教団:福岡県久留米市の。 昭和23年(1948)教団設立(『日本の仏教全宗派』)。 昭和29年認証登記(『仏教宗派辞典』)。 卍教団真言宗八葉派:福岡県久留米市の八葉閣。 非法人(『宗教年鑑平成28年』)。 卍教団真言宗摩尼派:福岡県久留米市の八葉閣。 非法人(『宗教年鑑平成28年』)。 卍教団八葉弁天宗:北海道旭川市。 非法人(『宗教年鑑平成28年』)。 真言宗神道派:本山は静岡県沼津市の大本山宝珠院(『宗教年鑑平成28年』)。 卍教団から独立して昭和47年、法人認証(『日本の仏教全宗派』)。 真言宗金剛院派:本山は兵庫県たつの市新宮町の大本山弘法寺(『宗教年鑑平成28年』)。 元は御室派系。 昭和21年、「皇道治教陰陽道高野山大師教」と称して独立、翌年、「治教高野山大師教」と称し、さらに28年、現名に改称(『仏教宗派辞典』)。 昭和28年、法人認証登記(『仏教宗派辞典』)。 光明真言宗:本山は和歌山県東牟婁郡那智勝浦町の大本山光明宝院(『宗教年鑑平成28年』)。 真言宗山階派から独立し、昭和22年、法人設立、昭和28年認証登記(『仏教宗派辞典』)。 民主真言宗児玉派:本山は熊本県荒尾市の本山慈照院(『宗教年鑑平成28年』)。。 山階派の僧侶が昭和27年に寺院を創建し、宗派設立(『日本の仏教全宗派』)。 非法人(『宗教年鑑平成28年』)。 天宗:高野山系の斑目日仏が創設した教団。 事務所は京都府南丹市園部町(の参道に施設があるようだが寺との関連は不詳)。 総本山日仏寺聖殿は東京都日野市に登記されているが現状は不明。 昭和22年、法人設立、昭和29年認証、翌年登記(『仏教宗派辞典』)。 日仏寺は昭和3年、総理大臣斎藤実の援助で東京沼袋に建てられ、昭和17年頃に日野市落川に移転、昭和29年に斑目が死去すると昭和33年、本堂を草繋全宜がに移築し、霊明殿となり、平成11年修復(「みんなのふるそとこぼれ話 10 京都に移築された日野のお寺」日野市ウェブサイト)。 不動教:愛知県名古屋市中村区の本部教会宝林院不動教会(『宗教年鑑平成28年』)。 昭和25年、法人設立、昭和28年認証登記(『仏教宗派辞典』)。 真言宗金毘羅尊流:本山は岡山県新見市の総本山金毘羅院(『宗教年鑑平成28年』)。 恵光真言宗:和歌山県和歌山市紀三井寺の護国寺恵光院。 非法人(『宗教年鑑平成28年』)。 大日如来教宗:福岡県田川郡添田町。 非法人(『宗教年鑑平成28年』)。 生駒白水山釈王宗総本山龍光寺:大阪府東大阪市。 本山龍光院がある(『宗教年鑑平成28年』)。 非法人(『宗教年鑑平成28年』)。 真言宗大徳寺派:福岡県筑紫郡那珂川町の大徳寺。 非法人(『宗教年鑑平成28年』)。 真言聖天宗:本山は兵庫県尼崎市の大本山福田寺(『宗教年鑑平成28年』)。 当初は真言宗聖天派?昭和21年法人設立、28年認証登記(『仏教宗派辞典』)。 真言宗久谷派:愛媛県松山市の石仙寺。 団体名ではない。 「真言宗久谷派不動院石仙寺」。 真言宗護国派:宮城県仙台市太白区の大本山蓮台寺が称する。 詳細不明。 関連団体• :各山会• 六山会• 全真言宗青年連盟• 全真言宗教誨師連盟• 高野山大学• 大正大学• 種智院大学• 真言宗布教連盟• 高野山真言宗保育連盟• 高野山文化財保存会• 高野山壇信徒協議会• 高野山真言宗スカウト連絡協議会• 弘法大師奉賛会• 宝山寺福祉事業団• 智山豊山新義青年会• 神戸真言宗連合会• 香川県真言宗連盟• 日本密教学会• 高野山同学会• 種智院大学密教学会• 智山勧学会• 豊山学会• 高野山大学密教学会• 高野山密教研究会• 密教図像学会• 空海学会• 高野山大学密教文化研究所• 根来寺文化研究所• 醍醐寺文化財研究所• 高野山専修学院• 智山専修学院• 真言宗豊山派専修学院• 真言宗豊山派総本山研修所• 嵯峨伝灯学院• 仁和密教学院• 善通寺専修学院• 成田山勧学院.

次の