傷病 手当 いつ 入る。 妊娠で休職したいとき。傷病手当金のもらい方と職場への挨拶|子育て情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

傷病手当金

傷病 手当 いつ 入る

仕事を病気や怪我で休職する場合、まず申請したいのがこの『傷病・休職手当金』です。 休職中、生活保障のためにもらえる 病気や怪我を理由で会社を休職するとなると、心配になるのは今後の生活のことかと思います。 休職することで会社からの給料が減ってしまうと、これまでのように生活するのがどうしても困難になってしまいます。 それを防ぐためにあるのが、この傷病・休職手当金です。 傷病・休職手当金は、 労働者とその家族の生活を保証するために給付される手当金です。 会社で加入している健康保険より支払われます。 休職中の不安を減らすためにも、ぜひ覚えておきましょう。 パニック障害で診断されたのですが入社早々で休職することは可能ですか? 19卒です。 先日、医師からパニック障害であることを診断されました。 しばらくの休養が必要みたいです。 入社して早々休職することは可能なのでしょうか? また、内定を辞退してしっかり1年休んでから就活するのとでは、どちらのほうがリスクが大きいですか? 似たようなことで会社を辞めることになった者です。 現状しばらくの休養が必要なら、… とのことでした。 「傷病手当」と『傷病手当金』の違い ここで、今回紹介する『障害手当金』と間違いやすい、「傷病手当」について説明します。 どちらもとても似たような名前ですが、全くの別物で給付される意味合いにも大きな違いがあります。 まず『傷病手当金』は、加入している健康保険より支払われると説明しましたが、一方の「傷病手当」は雇用保険から支払われます。 「傷病手当」の意味合いとしては、仕事を辞めて休職中に怪我や病気になって再就職先が探せない、という時の生活を保証する為にもらえる手当です。 うつ病で休職に入るのですが、転職活動をいつすればいいですか? うつ病症状で、これから休職に入ります。 転職のことを考えると、休職前に退職して治療をして、回復してから転職したほうが有利なのではと思いますが、いかがでしょうか? 私はうつ病ではありませんでしたが、仕事のストレスにより退職せざるを得ない症状にまで悪化、どうにもならなくなり退職いたしました。 契約状況により退職しなければならない状況なのか分かり兼ねますが、退職することを前提としてのご質問でしょうか? 正社員の場合、… とのことでした。 「傷病手当」をもらうには、仕事を辞めた後、 求職中である必要があります。 ですので、仕事を休職している場合はもらうことができません。 そして、「傷病手当」と『傷病手当金』は同時に重複してもらうことはできないので気を付けましょう。 では、給付を受けるにはどんな条件があるのでしょうか。 条件は大きく4つ 傷病・休職手当金の給付を受けるには、大きく分けて4つの条件があります。 社会保険に加入している事• 業務外での怪我や病気になり、働くことが出来ない事• 連続して3日以上、合わせて4日以上仕事を休んでいる事• 休職中に会社から給料が支払われていない事 社会保険に加入していること まず、大前提として社会保険に加入している事が条件になります。 退職後、社会保険に加入していない場合は、対象外となります。 また、自営業などで国民健康保険に加入している場合も、残念ながら傷病・休職手当金の制度がありません。 業務外での怪我や病気になり、働くことが出来ないこと 2つ目に、業務外での怪我や病気になり、働くことが出来ない事が条件になります。 業務上での怪我や病気の場合は、労働災害保険の対象になり、この傷病・休職手当金は対象外となります。 連続して3日以上、合わせて4日以上仕事を休んでいる 3つ目のの条件は、連続して3日以上、合わせて4日以上仕事を休んでいる事です。 例えば、2日間休んで、数日間働いて、また2日間休むという場合は、休んだ日数は合計して4日以上になります。 ですが、連続して3日以上休んでいないので、 給付の対象にはなりません。 休職中、会社から給料が支払われていないこと 最後に、休職中に会社から給料が支払われていない事が条件になっています。 傷病・休職手当金は、あくまで会社からの報酬がない場合の生活を保証するための手当金です。 会社を欠勤しても、有給休暇を使用して給料をもらうような場合は、支給を受けることができません。 ただし、給料の額が傷病・休職手当金よりも定額の場合は、その差額を傷病・休職手当金として受け取ることができます。 支給停止になる場合もある 傷病・休職手当金を受けられる期間が残っていても、他の報酬や手当の額によっては、 支給が停止される場合もあります。 ここで、JobQに寄せられた休職手当金についての質問を紹介します。 休職期間中の給料はいつまで支払われ続けますか? 今月から休職をすることになりました。 給料等の会社の情報について詳しく理解していないのですが、休職期間中は最長どれくらいの期間給料をもらい続けることが出来るのでしょうか。 勤務する会社によって、制度が違うので … とのことでした。 では、一般的に支給停止されるのは、どのような場合でしょうか。 具体的には、障害厚生年金、障害手当金を受ける場合があげられます。 また、継続給付で傷病・休職手当金をもらっていて、老齢厚生年金をもらうようになった場合も、支給が停止される場合があります。 女性の場合は、 出産手当金が支給される場合も同じケースになりますので注意が必要です。 いずれの場合も、傷病・休職手当金と支給額を比較して、傷病・休職手当金のほうが多い場合は、その差額分を受け取ることが出来るのでご安心ください。 2 年収の高いハイクラス層が対象 傷病・休職手当金は永久にもらえるわけではありません。 受給期間が定められていますので、早めに計画を立てるようにしましょう。 支給開始日から最大1年6ヶ月 傷病・休職手当金の支給を受けることが出来るのは、 支給が開始された日から原則1年6ヶ月と決められています。 この1年6ヶ月は、実際に受給できる期間ではありません。 JobQでは以下に、休職手当についての質問が寄せられました。 休職手当って診断書がないと、受け取ることができなかったりしますか? 現在、休職中で休職中の手当を貰おうとしているのですが、診断書が無いと受け取れないとの情報を確認しました。 実際に休職手当は診断書が無いと受け取れないのでしょうか。 教えてください。 診断書のはずです。 … とのことでした。 休職手当の支給期間について、例を出して説明いたします。 例えば、給付を受け始めて1年後に1ヶ月だけ復職して支給を止め、その後また同様の理由で休職した場合について説明します。 この場合、支給が受けられるのは、再び休職してから5ヶ月までになります。 つまり、復職した1ヶ月期間もこの1年6ヶ月に含まれてしまうので、注意が必要だということです。 また、休職後もしばらく有給休暇の利用や休職給などがあり、傷病手当金を受けていなかった場合は、実際に傷病手当金の給付が始まった日から起算して1年6ヶ月になります。 支給期間を過ぎたらどうなる? 傷病・休職手当の給付期間の1年6ヶ月が過ぎた場合、依然として怪我や病気で働くことが出来ない状態だった際の措置は、加入している健康保険によって対応が異なります。 一般的には支給の延長はありませんが、中には延長してもらえる制度がある健康保険もあるので、会社の担当部署や健康保険組合に問い合わせをすると良いでしょう。 また、傷病・休職手当の受給中に退職した場合、継続して給付を受けることができます。 ただし、そのためには、退職日以前に、 同じ健康保険に1年以上加入している必要があります。 加えて、退職時に一時復職していた場合は、その後は再び働けなくなっても給付を受け事はできないので気を付けなければいけません。 では、傷病・休職手当でもらえる金額はいったいいくらになるか、一番気になるところだと思います。 この金額は、健康保険法の改正により、平成28年4月から計算方法が変更になりました。 以前は、休んだ日の標準報酬月額から算出されていたのに対し、平成28年からは最初に支給を受ける日以前の連続した12ヶ月間の標準報酬月額から算出されることになりました。 また、就職してすぐに休職するなど、支給開始日までの勤務期間が12ヶ月未満の場合は、最初に支給を受ける日の属する月以前の標準報酬月額の平均、または、28万円のいずれか低い金額をもとに算出します。 目安として、 給料の3分の2が支給されると考えるとわかりやすいでしょう。 ただし、報酬には住宅手当や、残業手当、役職手当等の手当てをすべて含んで計算しますが、基本的にボーナスは含まれません。 ボーナスが年に4回以上支給されている場合のみ含まれます。 よって、年収で考えると3分の2を下回ってしまいます。 短い期間の場合、有給休暇が使えるのならそのほうが高額になります。 傷病・休職手当金を受給するには、予め申請が必要です。 受給漏れのないよう、事前に必要事項を確認しておかなければなりません。 傷病手当金の手続きの流れ 業務外での怪我や病気が原因で仕事を休むことになった場合、 まずは治療に専念しましょう。 それでも、治癒に長期間の休暇必要になってしまった場合は、まずは会社に相談しましょう。 傷病手当の要件を満たしていても、有給休暇が使えるケースや、会社独自の休職給がある場合があります。 一度、会社と相談してどうするかを決めましょう。 申請書が必要になる そして、いよいよ傷病手当金を申請することになった際は、申請書が必要になります。 申請書の入手方法については、ホームページでダウンロードできる場合もありますが、健康保険によって異なるので、健康保険協会に確認しましょう。 申請書が入手出来たら、必要な書類をそろえて健康保険協会に提出します。 申請書に不備がなく、支給が決定すると、振込日や振込額の通知書が届き、支給が開始されます。 申請書を提出してから、実際に口座に傷病手当金が振り込まれるまでには 大体1~2ヶ月かかります。 申請には医師と会社の証明が必要 傷病手当金は怪我や病気で仕事ができない場合に支給されるため、本当に就労できない状態であると医師に証明してもらう必要があります。 申請書に記入欄がありますので、医師に記入してもらいます。 傷病手当金の申請書類への記入には、 通常300円くらいの費用が発生します。 合わせて、勤務している会社にも申請書の事業主の証明欄に記入してもらう必要があります。 これは、会社を休業していることと、その間給料が支払われていないことの証明になります。 書類は郵送が一般的 担当部署を事前に確認して、郵送でやり取りする方法が一般的です。 ただし、この時に気を付けなければならないのは、どちらの証明についても、申請期間を過ぎてからもらうことです。 申請期間前に記入された場合、有効な期間とみなされない場合があります。 休職を申請した後は? 休職中に転職活動を考えている方もいるでしょう。 休職期間後に好待遇や自分に合った職場の求人を見つけるためには、以下の転職エージェントを利用することがおすすめとなります。 好待遇の求人を見つける• ビズリーチ: 自分に合った職場を見つける• リクルートエージェント:• doda: 傷病・休職手当の関係性について解説していきます。 傷病・休職手当も所得税の対象になる 傷病・休職手当など、所得補助の特性をもつ手当は給与として見なされ、所得税の対象になります。 以下、国税庁の引用です。 労働基準法第26条の規定に基づく「休業手当」 使用者の責に帰すべき事由により休業した場合に支給される「休業手当」は、給与所得となります。 労働基準法第76条の規定に基づく「休業補償」 労働者が業務上の負傷等により休業した場合に支給される「休業補償」など、労働基準法第8章 災害補償 の規定により受ける療養のための給付等は、非課税所得となります。 また、勤務先の就業規則に基づき、労働基準法第76条第1項に定める割合を超えて支給される付加給付金についても、労働基準法上の給付では補てんされない部分に対応する民法上の損害賠償に相当するものであり、心身に加えられた損害につき支払を受ける慰謝料として非課税所得となります。 なお、労働基準法第8章には、「休業補償」以外にも「療養補償」や「障害補償」などが規定されています。 参考: 傷病・休職手当に所得税がかからないケースとは? 傷病・休職手当に所得税がかからないケースもあります。 それは、傷病・休職手当を見舞金にするなど、 一時的に支給する形であれば所得税がかかることはなく、企業も福利厚生費として計算できます。 休職中の傷病・休職手当のまとめ.

次の

傷病手当金の申請方法:手順と書類を提出するタイミングを具体例で確認

傷病 手当 いつ 入る

経験のある方、知識のある方、ご教授願います。 仕事やその他ストレスで精神的に病んでしまい、 しばらく休職することになりました。 「休職の間は傷病手当が出るから、安心して療養してください」 人事からそう言われたのが3月10日頃で、 医者に必要書類(傷病手当金申請書)を記載してもらい 会社に郵送しました。 会社に催促するようで聞けないでおります。 すみません、上記についてどなたかご教授お願いします。 その会社にもよると思います。 うちの会社の場合には、ある会社の子会社で一緒の健保組合に入っているので、親会社に健保組合から振り込まれた翌月の給料日に、親会社から振り込まれたお金を本人に現金手渡しで支給するようになっています。 傷病手当を申請するとき、本当にその人が在籍しているかの証明に給与明細・出勤簿を添付します。 お医者さんには3月10日~いつまでの期間分を書いてもらったのですか? 3月末と仮定させてください。 そうすると、少なくとも4月にならないと手続きは始められません。 更に、給料日の締めはいつですか? 例えば20日なら、3月20日~3月31日までの収入を証明するために4月20日給与締め分の給与明細が必要になります。 よって手続きはその後始まることになります。 そんなこんなで、うちの会社では11月に休んだ人の分が今月やっと支給されます(泣)。 ご参考までに。 会社に到着後、2~3日うちに提出してくれていれば、概ね10日くらいで振込まれるのではないでしょうか。 ちなみに、政府管掌の都道府県健保協会へ最近請求したところです。 ただ、交通事故によるものなので通常より書類が色々と必要だったり確認が入ったりしたので おそらく通常よりも日数がかかっているものではないかと思います。 なので、質問者さんの場合はもっと早いと思います。 健保組合だと、処理速度はわかりませんが、そんなに大きくはかわらないんじゃないかと思います。 Q こんにちは。 勤めていた会社が請求書の記入に渋っていたのですが、なんとか8月20日~9月20日までの休職期間分の、第1回申請(提出)を10月中旬に行ないました。 社会保険事務所の方で、この申請が認められた(または、認められない)という事前の報告はあるものなのでしょうか?振込みがあれば、認められたという事で判断するのでしょうか? また、その後は会社を辞め、継続するより半分の金額で済む、国保を選択しましたが、傷病手当金の申請は出来るという事なので、暫くはお世話になるつもりです。 第2回目以降の書き方で、現在は国保でも、請求書には前の会社の社会保険証の番号・記号を記入するのでしょうか?(事業所の名称・業務の種別も記入する欄がありますが…) 教えて下さい。 お願いします! A ベストアンサー こんにちは。 現在勤め先にて、ご質問のような事務手続きを担当している者です。 Q1.社会保険事務所の方で、この申請が認められた(または、認められない)という事前の報告はあるものなのでしょうか?振込みがあれば、認められたという事で判断するのでしょうか? 認定の通知というものは来ません。 社会保険事務所のほうで、請求した金額の振込手続きが取れる見通しがつきましたら「健康保険傷病手当金支給決定通知書」というものが届きます。 こちらに、支給される金額と、支払予定年月日等が書いてあります。 ) Q2.第2回目以降の書き方で、現在は国保でも、請求書には前の会社の社会保険証の番号・記号を記入するのでしょうか?(事業所の名称・業務の種別も記入する欄がありますが…) 用紙は退職者用のものを使ってください。 在職時の用紙には事業所の名称・業務の種別を記入する欄がありますが、退職者用のものにはそれがありません。 被保険者証の記号番号は、在職時の資格を継続すると言うことから、恐らくは在職時の記号番号を記載するようになるはずです。 ) ご参考になれば幸いです。 こんにちは。 現在勤め先にて、ご質問のような事務手続きを担当している者です。 Q1.社会保険事務所の方で、この申請が認められた(または、認められない)という事前の報告はあるものなのでしょうか?振込みがあれば、認められたという事で判断するのでしょうか? 認定の通知というものは来ません。 社会保険事務所のほうで、請求した金額の振込手続きが取れる見通しがつきましたら「健康保険傷病手当金支給決定通知書」というものが届きます。 こちらに、支給される金額と、支払予定年月日等が書いてあ... A ベストアンサー 会社が賃金欄に記入しそれを健保事務所に提出し、初回はきちんと審査されるので時間がかかります。 会社に8月末という事は、健保事務所へは9月初頭、そこから書類審査に回されて9月以内は厳しいと思いますよ。 余裕を見て10月中旬~下旬程度と思った方が良いです。 通常は、1ヶ月の休職を経過した後、1ヶ月分を請求します。 もちろん、そうでなければいけないという法律はありませんが、申請書を書いてもらうにも手数料がかかりますし、手続きにも手間がかかりますし、 拒否されて1円も出ない場合もあります。 Q 現在給与の支払いが、15日締当月末日払の会社に勤めています。 例えば、11月の給与は10月16日~11月15日迄の労働期間が支払いに該当し、11月30日に給与が振り込まれます。 そこで、10月16日~11月6日迄は有給休暇を使用し、11月7日~11月15日迄は病気で欠勤となります。 会社から頂く給与は、10月16日~11月6日までの分を日払いで頂きます。 ただ、傷病手当金の支給条件として、給与の支払いがないことが条件になっています。 そこで、このケースの場合、傷病手当金が支給されるのは、 欠勤開始の11月7日分以降になるのでしょうか? それとも、給与の締め日後の11月16日以降になるのでしょうか? A ベストアンサー 正解はこうでっせ! 傷病手当申請書にやな、先生はんが「何時から休めと指示しましたわ!」の記載と 会社はんが「何時から休んどるでっせ!」の記載されとる最初の日からの勘定でっせ! つまりやな、今回のことで言うとな 10月16日から病欠しとる場合やったら 10月16日~18日が待機になりよる 11月7日~15日は銭が支給されよりま 有休とやな待機は重複しても構いまへんねん。 で、問題となる銭が手元に入るのがやな 11月7日~15日の申請をやな、12月初旬に先生はんに書いて貰うようぉ~お願いしはって あんがとさん!と書いて貰った申請書をやな、あんさんが会社はんに提出しまんねん。 殆どのやな保険組合はんは「20日の締め・支払い」が多いよって あんさんのとこも20日とちゃいまっか?20日として考えるとやな 12月20日迄に保険組合はんに会社はんが提出しよって 12月21日~1月19日の間に、保険組合はんが内容の精査をしよって 保険組合はんの支給決定・支払いがやな「1月20日」 しかしあんさん、可哀想な話なんやが、会社はんが「15日締め」やよって あんさんの手元に銭が入るのが「2月末日」となりよりまんねん。 簡単な話で言うと「11月の請求は2月末でんねん」でっせ! そやそや!保険組合はんの精査が「ここの記載間違っとるやんけ!」となるとやな その分遅れまんねん。 早い話、1つ間違っとっただけで、銭を貰えるのが1ヶ月遅れよると言う事ですわ! これはな仕方おまへんねん。 医療レセプトがやな「1ヶ月単位」で動いとるからこうなりよりまんねん。 正解はこうでっせ! 傷病手当申請書にやな、先生はんが「何時から休めと指示しましたわ!」の記載と 会社はんが「何時から休んどるでっせ!」の記載されとる最初の日からの勘定でっせ! つまりやな、今回のことで言うとな 10月16日から病欠しとる場合やったら 10月16日~18日が待機になりよる 11月7日~15日は銭が支給されよりま 有休とやな待機は重複しても構いまへんねん。 で、問題となる銭が手元に入るのがやな 11月7日~15日の申請をやな、12月初旬に先生はんに書いて貰うようぉ~お願いしはって あんがとさ... 何が世間一般なのかは人によって異なりますが、休職している間は次のようになるのが一般的と考えます 給料 有給休暇ではないのだから、給料は支払われない。 健康保険料、厚生年金保険料、介護保険料(40歳以上の方) 休職中であっても労働の負担分は発生する。 会社は保険料納付義務があるから、労働者負担分を労働者に請求する 雇用保険料 これは支払った賃金額に対して徴収するので、給料等が支払われない限り、発生しない。 で、通達ですが・・・2つあります。 むかしの方[番号:3.12.27保規3176]は、文体が古いので・・・簡単に書くと『内職をした場合でも支給します』とされております。 itcrengo. pdf 『被保険者がその本来の職場における労務に就くことが不可能な場合であっても、 現に職場転換その他の措置により就労可能な程度の他の比較的軽微な労務に服し、 これによって相当額の報酬を得ているような場合は、労務不能には該当しないもので あるが、本来の職場における労務に対する代替的性格をもたない副業ないし内職等の 労務に従事したり、あるいは傷病手当金の支給があるまでの間、一時的に軽微な他の 労務に服することにより、賃金を得るような場合その他これらに準ずる場合には、 通常なお労務不能に該当するものであること。 したがって、被保険者がその提供する労務に対する報酬を得ている場合に、そのことを 理由に直ちに労務不能でない旨の認定をすることなく、労務内容、労務内容との関連に おけるその報酬額等を十分検討のうえ労務不能に該当するかどうかの判断をされたいこと。 』 と言うことは、短時間(又は1週間に数日)で軽易な労働をするアルバイトであれば、必ずしも保険給付の不正取得になるとは言い切れません。 何が世間一般なのかは人によって異なりますが、休職している間は次のようになるのが一般的と考えます 給料 有給休暇ではないのだから、給料は支払われない。 健康保険料、厚生年金保険料、介護保険料(40歳以上の方) 休職中であっても労働の負担分は発生する。

次の

「傷病手当金はいつもらえるか」申請時期と受け取りまでにかかる期間

傷病 手当 いつ 入る

国民健康保険の加入者(自営業の人など)• 家族等の扶養に入っている人 となります。 会社員などの社会保険加入者は、社会保険料が折半になる上、傷病手当金等の制度もあるため、自営業の方に比べ、保障が手厚くなっています。 (国民健康保険に、傷病手当金という制度はありませんので) 業務外での病気やケガで、仕事を休んでいること 仕事中の事故や仕事が原因の病気で、仕事を休んでいる場合は、傷病手当金の支給対象となりません。 ただ、その代わりに、傷病手当金よりも給付額の多い「労災保険による休業補償」があります。 【関連記事】 仕事に就くことができないこと(働くことができないこと) 「働くことができない」かどうかの判断は、医師が行います。 なので、「あー、これは働けないな~」という自己判断で仕事を休んだ場合は、傷病手当金は支給されません。 ですので、病院などを受診し、 「その病気やケガが原因で働くことができない(労務不能)という診断」 を医師にしてもらう必要があります。 連続して3日間以上働くことができなかったこと 傷病手当金は、休み始めてから「4日目以降」について支給されます。 最初の3日間(連続であること)は、待機期間と呼ばれ、傷病手当金の支給はありません。 出典: 3日間の待機期間は、有給休暇を使っても問題ありません。 (待機が完成します) なお、社会保険の被保険者期間は支給条件に入っていないため、入職してすぐに病気やケガで働けなくなった場合でも「傷病手当金」は支給されます。 つまり、 「入職日の朝に自宅で転倒して労務不能となった場合は、傷病手当金が支給される」 ってことです。 使い方は、次のとおりです。 「傷病手当金支給日額」と「傷病手当金の支給日数」を掛ける• 計算結果が、「傷病手当金の支給合計額」となります。 傷病手当金を自動計算する「エクセルファイル(無料)」 「もっと、詳細に傷病手当金の支給額を計算したい!」 という人は、こちらのエクセルファイルを使ってみてください。 仕事を休んだ日数• 月額給与(交通費を含む総支給額) を入力するだけです。 あとは、自動で「傷病手当金」の 2019年4月1日現在の法令で作成しています。 傷病手当金の支給期間 同一の病気やケガで支給される期間は、 支給開始から最大で1年6ヶ月です。 注意する点としては、 「1年6ヶ月分の傷病手当金が支給されるということではない」 というところです。 こんな感じに。 出典: あくまで、「支給開始から1年6ヶ月間の期間」ということで、「何ヶ月間分の傷病手当金の支給を受けたか」は関係ありません。 ちなみに、次の2つの条件をいずれも満たすことで、 会社などを退職した後も「傷病手当金」の給付を継続できます。 つまり、仕事を辞めた後も給付されるってことです。 (資格喪失後の継続給付)• 被保険者の資格喪失をした日の前日(退職日)までに 継続して1年以上の被保険者期間(健康保険任意継続の被保険者期間を除く)があること。 資格喪失時に傷病手当金を受けているか、または受ける条件を満たしていること。 なお、退職日に出勤したときは、継続給付を受ける条件を満たさないために資格喪失後(退職日の翌日)以降の傷病手当金はお支払いできません。 出典: 給与支給が無い場合は、雇用保険料と所得税は0円となります。 なので、場合によっては、給与が「マイナス」ってこともありえます。 もしものことを考え、支払方法については、職場の担当者に確認しておきましょう。 【関連記事】 傷病手当金の申請手続き 傷病手当金の申請書類 傷病手当金の申請手続きは、 「健康保険傷病手当金支給申請書」 にて行います。 こんな様式です。 出典: 傷病手当金の申請手続きは、事業主を通じて行う 傷病手当金支給申請書には「事業主が証明するところ」があるため、申請手続きは事業主を通じて行われることがほとんどです。 ですので、職場の担当者に相談すれば、• 提出書類(添付書類)• 申請書の書き方• 事業主の証明 など、すべて案内してくれるはずです。 「労務不能」の診断には、お金がかかる(300円程度) 「健康保険傷病手当金支給申請書」の4枚目に、医師に記載してもらう項目があります。 こんな感じです。 出典: この書類の記載は、保険適用となっているため、3割負担で「約300円」のお金がかかることになります。 (自費の診断書と違い、安く済みます) 診療報酬:傷病手当金意見書交付料 100点(平成30年4月1日現在) どんな病気(ケガ)が対象になるのか 傷病手当金の支給条件を満たせば、原則、すべての病気(ケガ)が対象となります。 記憶の範囲ですが、僕が手続きさせてもらった「傷病名」をいくつか紹介します。 うつ病• 自律神経障害• 適応障害• 関節の炎症(膝や手首)• 半月板損傷• 流行性結膜炎• 腱鞘炎• 脊髄損傷• つわり• 妊娠悪阻• 切迫流産• 切迫早産• 腰椎椎間板ヘルニア きりがないんで、このへんで・・・ 【関連記事】 傷病手当金は、事業主へ申請書を提出してから「1~2か月」で支給される 全国健康保険協会の資料では、傷病手当金が支払われるまでの期間について、次のように案内しています。 よくあるご質問 Q:支払いまで何日かかりますか? A:協会けんぽでは、給付金のお支払いまでの所要期間を受付から10営業日と定め、迅速なお支払いに努めています。 (高額療養費および療養費は除きます) 記入漏れや口座の記入誤り等の不備があると、お支払いまでお時間を要しますので、申請書ご提出の際は、記入漏れ等がないかご確認の上、ご提出いただきますようお願いします。 出典:全国健康保険協会愛知支部「協会けんぽまるわかりガイド」 「受付から10営業日」ということなので、約2週間で入金されることになります。 ただ、先ほど説明したとおり、傷病手当金の申請は、一般的に事業主を通じて行われますので、• 事業主による書類(申請書)の作成• 健康保険協会への申請書の提出 などの期間を考慮して、 「支給まで、早くても1ヶ月」と考えておいた方がいいと思います。 ちなみに、うちの場合は、次のような流れで「傷病手当金の支給申請」を行うため、 「申請書をいただいてから、1~2か月で支給されます」 と職員さんに案内しています。 【傷病手当金支給申請の流れ】• 傷病手当金を申請する職員が、申請書を作成し、事業所の担当者へ提出• 事業所の担当者が申請書の作成・確認をして、社会保険労務士へ送付• 社会保険労務士から健康保険協会へ申請書を提出 まとめ ここで、 「傷病手当金の支給申請をするときのポイント」についてまとめておきます。 仕事を休んだ理由が、業務外での病気やケガであること• 医師から「労務不能」という診断を受けること• 待機(連続する3日間)が完成しないと、傷病手当金は支給されない• 有給休暇を使った日は、傷病手当金は支給されない• 傷病手当金は、「月額給与」と「仕事を休んだ日数」から計算される• 傷病手当金の支給期間は、支給開始から最大で1年6ヶ月• 病気やケガで仕事を休んでいる期間も、社会保険料等は徴収される• 傷病手当金の申請手続きは、まず、職場の担当者に相談すること• 「労務不能」の診断料は、保険適用で安い• 傷病手当金は、すべての病気(ケガ)が対象• 傷病手当金は、申請から「1~2か月」で支給される 傷病手当金を含め、社会保険加入者って保障が手厚くなっています。 ただ、知らないと使えない制度も多いので、 「こんな制度あったよな~」 ぐらいには、理解しておくことをオススメします。 せっかく社会保険料を払っているのに、制度を利用しないのはもったいないので。 ちなみに、国民健康保険加入者になく、社会保険加入者が使える主な制度は次のとおりです。

次の