ドコモ かけ 放題。 カケホーダイプラン(ケータイ)

ドコモのカケホーダイ、「定額」にならないのはどんな場合?

ドコモ かけ 放題

カケホーダイプラン(ケータイ) 「カケホーダイプラン(ケータイ)」は、2019年5月31日(金曜)をもって新規申込み受付を終了いたします。 現在、ご契約中のお客さまは、2019年6月1日(土曜)以降もカケホーダイプラン・カケホーダイライトプラン・シンプルプラン・データプラン間の変更、およびキッズケータイプラスからカケホーダイプラン・カケホーダイライトプラン・シンプルプラン・データプランへの変更が可能です。 ドコモ ケータイで通話も通信もおこなう方向けのスタンダードなプランです。 インターネットをご利用いただくためには、spモード(300円/月)などのご契約が必要となります。 お申込み: 必要• ご注意事項• 「カケホーダイプラン」または「データプラン」のみを申込まれる場合は、オンラインお手続きではお申込みできませんので、またはにてお手続きいただきますようお願いいたします。 2年間同一回線の継続利用が条件となり、料金プランの変更、契約変更および解約のお申出がない場合、自動更新となります。 契約期間内での回線解約・定期契約のない料金プランへの変更時などには、9,500円の解約金(フリーコースの場合は不要)がかかります。 ただし、契約満了月の当月、翌月、翌々月はかかりません。 解約金は、お手続き当月のご利用分に対する請求時にあわせて請求させていただきます。 なお、各月1日でのお手続きにより解約金が生じた場合のみ、お手続き前月のご利用分とあわせて解約金を請求させていただきます。 海外での発着信、「WORLD CALL」、「SMS」、(0570)(0180)などの他社接続サービス、(188)特番、(104)の 番号案内料、衛星電話/衛星船舶電話、当社が指定する電話番号(機械的な発信などにより、長時間又は多数の通信を一定期間継続して接続する電話番号)などへの発信は定額の対象外となります。 詳細は「」をご確認ください。 通話の発信回数制限や通話時間経過による従量課金はありません。 ただし、ファミ割間無料通話と同様に、通話が連続して長時間におよぶなど、当社設備に影響をおよぼすと当社が判断した場合は、当該通話を切断することがあります。 フリーコースの場合も、月額基本使用料は同額です。 各プランに指定された区分以外のデバイスにドコモUIMカードを挿入してドコモのネットワークを利用した通信を利用した場合は、実際に利用したデバイスに応じて料金が変更となる場合があります。 全プラン無料通信分はありません。 インターネットサービスをご利用の場合は、spモード、mopera U(シンプルプラン、Uスタンダードプラン)などのインターネット接続サービスのご契約が必要となります。 ただし、spモード(iモード契約可)、mopera U(Uライトプラン、Uスーパーライトプラン)はご契約できません。 以下の割引サービスは、基本プランでは契約できません。 契約中の場合は廃止となります。 Xiカケ・ホーダイ、Xiパケット定額サービス、FOMAパケット定額サービス、ファミ割MAX50、ひとりでも割50、(新)いちねん割引、継続利用割引サービス、ゆうゆうコール、WORLD CALLいっかつ割引、ビジネス割50、ドコモへスイッチ学割、ドコモの学割、学生家族いっしょ割、キッズ割、プラスiPhone割、プラスXi割、Xiデータプラン ライト割、ドコモにのりかえ割、ドコモへスイッチ割、ドコモへおかえり割 など• 基本プラン(キッズケータイ除く)では、以下のパケットパックが契約できます。 ケータイパック、ベーシックシェアパック、ウルトラシェアパック30/50/100、シェアパック5/10/15、ベーシックパック、ウルトラデータL/LLパック、データS/M/Lパック、らくらくパック、ビジネスベーシックシェアパック、ビジネスシェアパック5~3000、ウルトラビジネスシェアパック30/50/100• 基本プランは、ファミリー割引もご契約が可能です。 ハーティ割引は、カケホーダイプラン、カケホーダイライトプラン、シンプルプラン、データプラン、キッズケータイプラスの定期契約なしプランで契約でき、割引額は一律1,700円となります。 (キッズケータイプラスの場合の割引額は500円となります。 基本プランの基本使用料は、ご利用日数にかかわらず日割り計算しません。 ただし、新規契約(MNP含む)と同時のお申込みの場合に限り、お申込み月の基本使用料は日割されます。 (新規契約と同時のお申込みであっても、同月内に変更・解約・廃止等(月末予約での変更・廃止の場合を除く)された場合には日割りで計算いたしません。 基本プラン(キッズケータイプラスを除く)間の変更の場合、同月内で最も高いプランの料金が適用され、それ以外のプランの料金はかかりません。 ただし、カケホーダイライトプランおよびシンプルプランを含むプラン変更の場合、基本使用料は同月内に最も高いプランの料金が適用され、併せてカケホーダイライトプランおよびシンプルプランで契約中に発生した通話料が課金されます。 Xi同士、FOMA同士のカケホーダイプランとデータプラン間のプラン変更時の手数料はかかりません。 ただし、プラン変更回数としてカウントし、カケホーダイプランとデータプラン間のプラン変更においても、同月内3回目からプラン変更手数料が1,000円/回がかかります。 基本プランは、継続利用期間によって契約期間が変更になることはありません。 また、解約金もフリーコースの場合を除き一律9,500円となります。 継続利用期間が10年超の回線が基本プランの定期契約型カケホーダイプランに変更した場合であっても、変更後の契約期間は2年間となり、解約金は9,500円(フリーコースの場合を除く)となります。 また、変更前に定期契約型基本プランや定期契約型割引サービスを契約している場合、契約期間は引継がれます。 「ウルトラパック」「ケータイパック」を除き、テザリングなど、ご利用方法にかかわらず、同一の料金です。 ただし、基本使用料は利用デバイスに応じた料金となります。 「ウルトラパック」では、テザリングをご利用時には、事前のお申込みが必要となります(定額料1,000円/月)が、現在はキャンペーンによりお申込み不要、定額料無料でご利用になれます。 キャンペーン終了につきましては、決定次第お知らせいたします。 詳細情報• カケホーダイプラン(ケータイ)• オンラインでのお申込み 料金プランのお申込みは、My docomo(マイドコモ)で。

次の

ドコモの新料金プラン「ギガホ」は「かけ放題」よりおトク?通話料金や月額を徹底検証

ドコモ かけ 放題

ズバリ!ドコモで通話のみなら最安1,200円 画像引用元: 結論からお話すると、ドコモで通話のみの利用なら 最安1,200円で利用することが可能です。 最安で利用するには、ガラケーのプランを契約する必要があります。 通話のみで利用したいけれど、機種はスマホで使いたいという方もご安心ください。 スマホで利用できる最安プランと方法もご紹介します。 ガラケーで契約する場合の月々の料金 画像引用元: ドコモのガラケーで契約できるプランは 「ケータイプラン」こちらの1種類のみです。 これから新規契約される方のみ ドコモの料金プランの中でも最も安いプランで、 月額1,200円から利用可能です。 ケータイプランのみで契約できます。 しかし、最安の月額1,200円に押さえるには下記条件を満たす必要があります。 もし、どちらも適用しない場合は月額1,370円となります。 通話料は30秒あたり20円かかります。 通話し放題ではないので注意しましょう。 もちろんファミリー割引を適用させれば、家族内通話は無料です。 家族外への通話が多ければ、通話オプションを申し込むこともできます。 数件のメールやちょっとしたWEB検索をしたい時に困りません。 スマホで契約する場合の月々の料金 画像引用元: 通話のみの利用でも機種はスマホを使いたい方は、 「ギガライト」での契約が最安プランとなります。 ギガライトなら下記条件を満たすことで、 月額1,980円から利用可能です。 3回線以上のドコモ回線でみんなドコモ割を適用させる POINT みんなドコモ割とは、同一のファミリー割引グループ内で、対象となる料金プランの回線数に応じて、各回線ごとに最大で1,000円の割引が適用されるサービスです。 もし、全ての条件を満たすことができない場合、月額3,150円となります。 通話料はケータイプランと同じく、30秒あたり20円です。 もちろんファミリー割引適用で家族内通話は無料です。 別途通話オプションの申し込みもできます。 ギガライトはケータイプランと異なり、データ通信量に応じて上限が上がっていきます。 全くデータ通信を利用するつもりがなければ、利用には注意が必要です。 キッズケータイプランは契約できない 画像引用元: ドコモの契約で最安のプランと言えば、 「キッズケータイプラン」を思い浮かべる方もいるのではないでしょうか。 キッズケータイプランは月額500円で利用できて確かに一番安いのですが、契約できる方が限られています。 利用者が12歳以下の場合に限り契約が可能です。 手続きの際に、利用者の本人確認書類が必要となりますので、偽って申し込むことはできません。 また、ファミリー割引に適用が必須のため、単独での契約ができません。 ドコモに親となる回線の契約があることが前提になります。 ドコモの通話のみ最安プランはどんな人におすすめ? ドコモの通話のみ最安プランは、データ通信の利用がなく、通話も ほぼ待ち受け状態の方におすすめです。 ケータイプラン月額1,200円は確かに安いのですが、通話料は別途発生します。 ギガライトも通信量が1GBを超えれば次のステップへ上限が上がってしまいます。 流石に月2,000円〜3,000円の利用になるようであれば、他社の格安SIMの方が安くなる可能性がありますので、契約を検討し直した方が良いでしょう。 また、キッズケータイではちょっち使いづらいなと、成長したお子さんに家族との連絡用として、ケータイプランを契約するのもおすすめです。 ドコモのスマホで通話のみ利用する場合の注意点 ガラケーで利用するケータイプランは、データ通信の上限が100MBまでと固定されているため、それ以上の通信料が発生することはありません。 しかし、スマホで利用するギガライトは、データ通信量ごとに上限が上がる 4段階制の定額プランのため、うっかり通信してしまうと上限が上がる可能性があります。 ドコモで通話のみの利用を最安の金額のままに抑えたい方は、以下の注意点をしっかり覚えておきましょう。 モバイルネットワークをOFFにする モバイルネットワークをOFFにすることで、通話以外の ドコモ回線を使ったデータ通信ができなくなります。 Wi-FiやBluetoothはそのまま利用できます。 この状態であれば、勝手にデータ通信を行うことがありません。 全くデータ通信をしないのであれば最も有効な方法です。 不要なアプリは全て削除する 多少はデータ通信を利用したいという方は、スマホ内の不要なアプリは全て削除できるものは削除しておきましょう。 アプリによっては、モバイルネットワークをONにした瞬間、最新の情報を取得するために、 バックグラウンドで一気にデータ通信する可能性があります。 不要なものは削除しておいた方が安心です。 また、アプリごとにバックグラウンドでの通信や情報の自動取得などOFFにできるものは設定を変更しておきましょう。 アプリのアップデートはWi-Fi通信時のみ 定期的にリリースされているアプリのアップデートは、Wi-Fi接続時にまとめて行いましょう。 また、モバイルネットワークがONの状態の時に、勝手にアプリがアップデートされないように設定を確認しましょう。 androidの場合• 「Play ストア」のアイコンを開く• メニューの中から「設定」を選択する• 「アプリの自動更新」を選択し、「アプリを自動更新しない」または「Wi-Fi経由のみ」に切り替える 「アプリを自動更新しない」にすると、Wi-Fi環境下でも自動で更新することがありません。 必要な時に自分のタイミングで更新できます。 ドコモで通話のみ利用におすすめのスマホ・ガラケー ドコモで通話のみの利用を考えている方に、おすすめのスマホとガラケーをご紹介します。 AQUOS sense3 SH-02M 画像引用元: AQUOS sense3 SH-02Mは2019年11月に出たばかりの、新しいAndroidスマホです。 おすすめのポイントは4つあります。 片手に収まるコンパクトなサイズで持ちやすい• 4000mAhの大容量バッテリー• 背面カメラは1200万画素のデュアルカメラ• 本体価格31,680円で安い まず、近年発売されたスマホの中では、比較的コンパクトで片手に収まるサイズです。 またバッテリーは4000mAhの大容量で、通常使用でも1週間の電池持ちを実現しています。 通話のみしか使わないのに、こまめに充電するのは面倒だと感じる方には、頻繁に充電しなくて済むのでおすすめです。 また、ミドルレンジモデルには珍しいデュアルカメラ搭載で、本体価格3万円台なのも嬉しいポイント。 非常にコスパの高い機種です。 また、2020年2月14日からAQUOS sense3が対象のSPECIAL割引キャンペーンが実施され、本体代から 9,460円割引で購入出来るようになりました。 このキャンペーンはスマホからスマホの機種変更のみ適用されるので、通話のみの方には当てはまりづらいかもしれませんが、可能であればとてもお得なのでおすすめです。 arrows ケータイ F-03L 画像引用元: ガラケーで持つなら、arrows ケータイ F-03Lがおすすめです。 こちらの機種も2019年7月に発売された新しい機種です。 こちらの機種の主な特徴は下記3つになります。 1,680mAhの大きいバッテリーに独自の省電力技術で充電長持ち• 米国国防省の調達基準14項目に準拠したあんしんの耐久性• 通話メモや自動録音などビジネスに役立つ機能が充実 ドコモで通話のみの契約を検討されている方の中には、仕事用の携帯として利用をお考えの方も多いのではないでしょうか。 arrows ケータイ F-03Lなら、長持ちするバッテリー、屋外での作業が多い方にもあんしんの耐久性、 ビジネスシーンで役立つ機能が満載です。 最安のプランは「ケータイプラン」の月額1,200円• スマホで最安のプランは「ギガライト」の1,980円• ギガライトは家族回線の数によってみんなドコモ割の適用額がが変わる• スマホもガラケーも通話料は別のため、通話量が多い方はかけ放題オプション要検討 ドコモで通話のみプランで安く利用しよう 制限や条件はあるものの、ドコモでも通話のみの利用なら最安1,200円で契約できます。 スマホでも1,980円から契約できるのは、ドコモの料金プランに高いイメージをお持ちの方には、意外な結果ではないでしょうか。 ドコモでも契約次第で賢く使えば、毎月の携帯代を安く抑えることが可能です。 ぜひご自身の利用を見直し、ドコモでの最安プランでの契約を検討してみてください。 この記事を読んだ人におすすめの記事• ここ数年ドコモはもちろん大手キャリア各社は料金プランの入れ替えを頻繁に行っています。 全体的にこれまでよりシンプルなプランになって来ており、ドコモの月額料金が高いと感じている方には見直しに絶好のタイミングです。 ここでは主に、既にドコモをご利用中の方に向けて月額料金 […]• ドコモオンラインショップと店舗でスマホ購入の価格に違いがあります。 ドコモオンラインショップのメリットと店頭のメリットをそれぞれ紹介し、どちらが安いのか解説していきます。 ドコモのスマホ・ケータイを機種変更したいなと思った時、ほとんどの方はお住まいの地域にあるドコモショップ […]• ドコモの料金プランには変更するベストタイミングがるので、途中解約金で損をしないための手順をご紹介していきます。 新料金プランが登場し「そろそろ料金プランを見直したい」と考えている方は多いでしょう。 そんなとき気をつけてほしいのが、料金プランを変更する際のタイミングです。 […]• プラン変更をするにあたって、毎月どのくらい通信をしているのか確認しておきたいという方は多いでしょう。 今回はそんな方のためにドコモにおける毎月の通信量を確認する方法をご紹介します。 また、パケット別で選ぶ料金プランの紹介や、プランの詳細についても解説していくので、プ […]• ドコモには使い放題のプランはあるのでしょうか。 ここでは、ドコモで最大限楽しめる使い放題のプランをご紹介します。

次の

0570(ナビダイヤル)は通話料に注意。かけ放題でも高い通話料が発生

ドコモ かけ 放題

「カケホーダイ」には定額の対象外になる通話がある また、現在提供されているドコモ同士の定額プラン「Xiカケ・ホーダイ」では従量課金になるテレビ電話(デジタル通信)、留守番電話サービス(1417)、転送電話サービス(1421)、はなして翻訳、災害用伝言ダイヤル(171番)も通話料なしで利用可能だ。 固定電話や他社携帯電話にも定額で通話できるサービスはこれまでもウィルコムやイー・アクセスが提供しており、ソフトバンクモバイルも4月21日から開始する予定だ。 しかし利用できる時間帯や1回あたりの通話時間に制限があった。 とはいえ、以下のような例外があるので念のため覚えておきたい。 海外ローミング中の通話• 海外の固定電話や他社携帯電話への通話• 104(料金案内)の利用• 0180や0570など、他社が料金設定している電話番号(特番)への通話• 衛星携帯電話や衛星船舶電話への通話• IPセントレックスへの通話 海外通話について補足すると、同じドコモ同士で相手が海外にいる場合、発信側は定額(追加料金なし)だが、着信側に海外ローミングの着信料が課金される。 また相手が海外の固定電話や他社携帯電話の場合、また海外渡航先でのローミング利用には、国や地域ごとの通話料金がかかる。 通話ではないが、SMSの送信についても1通3円が発生する。 関連記事• ドコモの新料金はスマホだけでなくケータイやデータ端末なども対象のまったく新しい料金制度だ。 果たして今よりもお得になるのか損をするのか。 シミュレーターでチェックしてみよう。 ドコモは、スマホの固定・他社携帯宛通話を月額2700円で提供する新プランを発表した。 家族間でパケット通信料を分け合えるデータ料金プランとともに6月から提供する。 ドコモが発表した新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」。 ドコモは、VoLTEをこの夏に開始することを発表した。 新料金の「カケホーダイ」で利用できる見通しだ。 Xiスマートフォン向け料金プランをドコモが発表。 基本料金は780円からで、ドコモ同士が24時間かけ放題になる「Xiカケ・ホーダイ」も用意した。 パケット定額はフラット/二段階型を用意し、追加料金なしでテザリングが利用できる。 関連リンク•

次の