美味しい ドレッシング レシピ。 ドレッシング人気レシピ20選!つくれぽ1000超の1位は?【殿堂&簡単】

市販ドレッシングのおすすめ人気ランキング15選【種類豊富】

美味しい ドレッシング レシピ

サラダを食べるときに無くてはならないドレッシングですが、市販のドレッシングでは満足しきれず手作りする方もいらっしゃるのではないでしょうか。 市販のドレッシングを1本買うと、それを使い切るまで同じ味でサラダを食べ続けることになるので飽きるし、たまに別の味も食べようとして何種類か購入すると冷蔵庫の中に開封済みのドレッシングのボトルが溜まっていきますよね?そして知らないうちに賞味期限が切れてる。 私はそれがすごーーく嫌なんです。 今回ご紹介するのは友人が教えてくれたレシピなのですが、 これがまぁとにかく美味しい。 元は「 イル・キャンティ」というイタリアンレストランのオリジナルドレッシングで、このレストランは 「ドレッシングが死ぬほどうまい店」という事で何度もテレビで紹介されています。 私の夫はこのドレッシングでサラダを食べ尽くすと、ご飯にもかけて食べてしまうほどです。 味のベースとなる食材はアンチョビとすりおろした野菜、そして卵黄です。 キャンティドレッシングに似てる市販のドレッシングを探したことがある人もいるかもしれませんが、この味のドレッシングはまず市販のものでは再現できません。 その理由は 「卵黄」が入っていてあまり日持ちしないから。 でも心配はいりません、美味しすぎて本当に数日で食べきってしまいますから。 Contents• 簡単で美味しい最強の手作りドレッシング「キャンティドレッシング風」 私はこれまでにこのドレッシングを何十回と作りましたが、全て 「 普段生野菜をあまり食べない夫からのリクエスト」だからです。 市販のドレッシングはシーザーサラダドレッシング以外あまり好きではないようで、生野菜を出す頻度が少なかったのですが、このドレッシングを作るようになってからサラダを作る機会が増えました。 しかも、材料を見ていただけると分かる通り「 材料自体もほぼ野菜」 野菜で野菜を食べるようなドレッシングなので、野菜不足の人にはとても効果的なんです。 手作りドレッシングはどれも保存が効きにくいですが、このドレッシングはご覧の通り卵黄を入れるので 冷蔵保存必須、約1週間以内には食べきりたいところです。 でも一度食べてみると分かりますが、これをかけると野菜がもりもり食べれるのであまり心配しなくていいですよ。 作り方 1. 材料を分量通り用意しておく 2. リンゴ、にんじん、玉ねぎ、にんにくをすりおろして保存容器に入れる 3. アンチョビは2本取り出して細かく刻む 4. 卵黄、オイル、醤油、ゴマ、白コショウ等すべての材料を入れて混ぜる 5. 完全にふたをしてシェイクする 6.完成!! まとめ 今回のレシピはホワイトペッパー以外目立ったスパイスは使っていませんが、とにかく美味しいドレッシングなのでご紹介したくて記事にしました。 キャンティドレッシングを再現したレシピは素材を途中で鍋で煮詰める工程があるものなど色々とありますが、大体はどれも似ています。 ただのドレッシングというよりは、 「食べるドレッシング」と言ってもいいほど食べ応えのあるドレッシングなので、用意するお野菜はレタスだけなどシンプルなものでもOKです。 是非一度作って食べてみてくださいね!.

次の

プロが教える!美味しい簡単『手作りドレッシング』の作り方!

美味しい ドレッシング レシピ

ドレッシングの材料を合わせる ここからボウルで材料を合わせるのですが、その前にレモンが生のものであれば種が入らないよう、果汁をしっかりしぼります(生のほうが香りがよいので、用意できればぜひ生で!)。 また、最後に加熱するといっても軽く火を入れる程度なので、みりんだけは別にして、鍋で10秒ほど沸かしてアルコール分を飛ばしておきます。 玉ねぎを入れる前に一度しっかり泡立て器で混ぜ合わせ、調味料を溶かします。 それから玉ねぎを入れます。 かつお節は少量ですが 手でしっかりもんで細かくして加えましょう。 全体をしっかり混ぜ合わせれば、あとは火にかけるだけです。 玉ねぎドレッシングを加熱して仕上げる 冒頭にも書きましたが、 未加熱よりも加熱したほうが玉ねぎのツンとした感じがなくなり、味がまるくなって美味しかったので、一度軽く加熱するのがおすすめ。 みりんを煮切った鍋に、ボウルに合わせたドレッシングの材料をすべて加えて火にかけ、時おり混ぜながら、鍋肌が沸々として湯気が出るくらいまで加熱します(ブクブク加熱する必要はありません!玉ねぎに軽く火が通ればOKなので)。 あとは粗熱を取り、清潔な容器に入れて完成です。 他のなどに比べれば分離しにくいですが、油は浮いてくるので混ぜやすい容器に入れるとよいです。

次の

本当に美味しい唐揚げ|何度も作りたい定番レシピVol.10

美味しい ドレッシング レシピ

出張料理人のガッキーです。 みなさんはサラダ 野菜 を食べるとき、ドレッシングかけますよね? そしてドレッシングは多分、買うことが多いかと思います。 でもでも! ドレッシングは、買うより手作りした方がいいんですよ! ご存知でしたか?• 市販ドレッシングのメリット・デメリット メリット• 手軽に買える• 日持ちする デメリット• 酸化しないように添加物が入ってるかもしれない。 ノンオイルは、 甘味料を使っている場合がある。 同じ味で使い切らなければならない• 手作りよりコストがかかる• 油分がないとビタミン等の吸収率が低くなり、野菜の栄養がとれないかもしれない。 手作りドレッシングはメリットがたくさん! メリット• 安くできる• 簡単にできる• 余分な物 添加物 を入れない• 油の量など内容物をしっかり把握できる• いろんなアレンジができる• より自分好みの味にできる デメリット• 洗い物が増える くらいですかね? 笑 これは作るしかないんじゃない? そして、良質なオイルを使えば体にいいんです。 体によくないのはオイルではなく、 酸化したオイルがよくないのです。 なので、新鮮な開けたてのオイルを使いましょう! では早速ドレッシング作っていきましょう! 簡単おいしい、プロの【手作りドレッシング】の作り方 今回は• 簡単な基本的な手作りドレッシング• 応用ドレッシング 2つの作り方をご紹介します。 っと、その前に…ドレッシングってそもそもどういうものなの?というのを先にご説明したいと思います。 まず、ドレッシングは大きく分けて2種類に分けられます。 その2つとは? オイルベースの さらっとしたドレッシングと とろみがある クリーミーなドレッシングに分けられます。 ??? ですよね 笑 ご説明しますのでご安心ください。 ドレッシングのタイプ 水と油は混ざり合うことはありません! ドレッシングは水 お酢 と油 オイル が入ったものです。 ドレッシングはまず、水(お酢)と油(オイル)が入ったもので、それらをくっつけるものを入れた(乳化)ドレッシング。 オイルベースの『さらっとしたドレッシング』は乳化しないドレッシング 乳化しないドレッシングは、水と油をベースにしたドレッシングです。 泡だて器や、シェイクしてる間は水と油が拡散して、乳化してるようにみえます。 しかし実際は乳化はしておらず、時間が経つと水と油に分かれてしまいます。 とろみがある、『クリーミーなドレッシング』は乳化したドレッシング 乳化したドレッシングは、水と油のつなぎ役になってくれるものを入れて、分離しない乳化した状態になったもののことを言います。 時間がたっても、水と油は分かれにくいです。 それではこれを踏まえて、作り方にいきたいと思います。 ボールにお酢と塩、コショウをいれて、泡だて器で混ぜて塩を溶かします。 塩を溶かしたら、泡だて器で混ぜながら油をちょっとずつ入れていくだけです! 以上!本当に簡単なんです! そしてもし、家に100均などで売っているドレッシング入れがあれば、先にお酢、塩コショウをいれ、振って塩が溶けたら油をいれて、 振るだけ!! これで 簡単ドレッシングの完成です! 使いたい時にこうして振ればオッケイです。 とにかく、めちゃくちゃ簡単。 スーパーに買いに行くよりも早いですよ!! さて続いて、もう一つのドレッシングの作り方です。 乳化した『クリーミーなドレッシング』の作り方 白ワイン酢 25cc オリーブオイル 100cc マスタード 8グラム 塩 4グラム コショウ 少々 このドレッシングを作るに至って、少しだけ気をつけないといけないことがあります。 それは、 油を一気にいれてしまうと分離してしまい、失敗してしまうことです。 少しずつ油を入れていくことで、ちょっとずつ乳化させながら油を入れていくと成功します。 油と水をくっつける材料として、今回はマスタードを使用しました! これで乳化します。 しっかり塩を溶かします。 ボールに入れて、 しっかり混ぜます。 ちょっとずつ、ちょっとずつ、ちょっとずついれて、 乳化させます。 乳化すると白濁し、少しとろみがつきます。 こうなったら完成です! このドレッシングめんどくさいし、最初に作った 『 さらっとした乳化しないドレッシング』のが簡単じゃん!って思うかもしれません。 しかし、こっちのドレッシングの方が、 クリーミーでとろみがあるので、サラダや野菜によく絡みおいしくなります! こっちのドレッシングの方が 個人的にはオススメです!! ドレッシングに使うマスタードは、こちらのマイユのマスタードを愛用しております。 お肉につけても美味しいです。 ボールに、白ワイン酢、卵黄、マスタード、塩、コショウをいれます。 泡だて器で混ぜ、塩をよく溶かします。 慌てず、慌てず、ちょっとずつ。 段々、マヨネーズになっていきます。 しっかり混ぜながら入れたら完成です! 茹でブロッコリーなど茹で野菜と食べたらおいしいですよ! 基本の『手作りドレッシング』ポイント 酸化した古い油を使わない! 酸化した油は体によくありません。 できる限り、封をあけたら早めに使いましょう。 (保存状態にもよりますが、目安として開封してから1ヶ月くらいで酸化します。 油は日光の当たらない涼しいところに保存しましょう。 ) 油は少しずつ混ぜながら入れる。 乳化しない『さらっとしたドレッシング』はいいんですが、 乳化した『クリーミーなドレッシング』とマヨネーズは一気に油をいれてしまうと分離してしまいます。 もし分離したら 分離した油の部分をすくい取り、つなぎであるマスタードと水分 お酢 をいれて、再び油をちょっとずついれていけば、復活します。 マヨネーズの場合は卵黄を加えましょう。 しかし、対処はできますが、味が整わなかったり量が多く出来すぎてしまうので、 できる限り分離させないようにしましょう! 基本の『手作りドレッシング』おさらい レシピで分量を書いてきましたが、 計るの面倒くさい!って思いますよね(笑) ドレッシングの割合さえ覚えてしまえば、そんなに面倒くさくないんです。 その割合は お酢1に対して油4の割合が基本です。 この割合は押さえておきましょう。 酸味の強いお酢や、弱いお酢で割合は変わってきますが、基本の割合ですので覚えておきましょう! 僕が今回使用しましたビネガーで、よくスーパーで見かけるこちらは、かなり使いやすくておすすめです! クリーミーさがしっかりあるのに、全然くどくないマヨネーズだ!野菜がもっとおいしく食べられそう! 基礎編を作ってみて「油って結構入ってるんだな」ということがわかると思います。 そして、以外に簡単にできるんだということもわかっていただけたと思います。 簡単にできるってわかったら、 もう市販のドレッシングは買っちゃダメ!!! それを踏まえて、ここからはさらにいろいろなドレッシングを作っていきましょう! 『手作りドレッシング』応用編 ここまでドレッシングの基礎をやってきました。 次は応用です。 ドレッシングは基礎編で大きく分けて、 『乳化するクリーミーなドレッシング』 と 『乳化しないさらっとドレッシング』 に分かれると紹介しました。 そこからいろいろなアレンジ方法があるんです! 応用編はドレッシングをアレンジして、自分だけの『 完全オリジナルのドレッシング』を作ってみましょう。 ではいろいろアレンジの仕方を紹介していきたいと思います。 お酢を変える みなさんの家にはどのようなお酢がありますか?• 穀物酢• りんご酢• 白ワイン酢• 赤ワイン酢• バルサミコ酢• などなど スーパーなど売られている酢はたくさんあります。 さらにお酢の専門店も最近デパートなどにあり、いろいろなお酢が販売されてます。 ドレッシングは、 お酢を変えるだけで、かなりバリエーションが増えます。 お酢を変えて作ると• 香りや味わいが変わる• 酸味の強さも変わる さらにお酢ではなく、すっぱい果実 柑橘類 でも作ることができます。 レモン• すだち• ライム などですね。 どうですか? お酢を変えるだけで、いろいろなアレンジできることがおわかりいただけたと思います。 それでは一つお酢を変えてドレッシングを作ってみましょう。 お酢を変えた『ドレッシング』の作り方 今回は、ガッキー家の冷蔵庫にあったレモンを使い、 レモンドレッシングを作りました。 作り方の紹介の前に、お酢を変えて作る時のポイントがあります。 基礎編で『ドレッシング』の基本の割合は、 【お酢1:オイル4】 の割合だと紹介しました。 しかしお酢は酸味の強さが違います。 酸味の強弱よって、オイルと塩を入れる量が変わってきます。 酸味の強い酢や果実を使う場合 すっぱいお酢や果実、例えば今回作るレモンなどはオイルや塩が多くなります。 【お酢1対5オイル】 の割合が目安です。 酸味が弱いお酢を使う場合 逆に酸味の弱いお酢、バルサミコ酢や、フルーツ酢などはオイル、塩は少なくなります。 【お酢1対3オイル】の割合が目安になります。 この割合さえ踏まえて作れば、美味しいドレッシングが作れます! では、簡単なアレンジとして『 レモンドレッシング』を紹介します。 このドレッシングは分離する 乳化しない『さらっとしたドレッシング』で作ります。 まず、レモンを絞ります。 絞った時に出たレモンの種は取りましょう。 絞れたら、塩を少し多めにいれて泡だて器でよく混ぜて、塩を溶かします。 そこからオリーブオイルをいれてよく混ぜ、コショウをして完成です。 簡単にできるさっぱりドレッシングです。 カルパッチョなどの魚介系にものすごく合うドレッシングです。 オリジナルドレッシングにするためには、まずお酢や酸味を変えてみましょう。 ガッキーが家に常備しているお酢はこちらです。 酸味がすっきりとしていておすすめです! オイルを変えてみる 続いて今度はお酢ではなく、オイルを変えてみましょう。 サラダ油• オリーブオイル• ごま油 などはスーパーで買えるので手に入りやすいと思います。 その他にも、• アボカドオイル• クルミオイル• トリュフオイル• コーンオイル など、 専門店で買えるものを含めるとかなりの種類があります。 サラダ油や、オリーブオイルは、どんなお酢でもあいます。 しかし香りの強いオイルは、お酢との相性があるので気をつけましょう。 香りの強いオイルは、サラダ油やオリーブオイルなどで作ったドレッシングの仕上げに、少しいれるようにしましょう。 いろいろ作りながら組み合わせを試してみましょう! オイルを変えて作る時の注意点は? また、バターや、ココナッツオイルなどの、温度によって固まってしまうオイルは使わないようにしてください。 そして何回も触れてますが、 古いオイルは使わないようにしましょう。 酸化したオイルは身体によくありません。 この2点をしっかり覚えておきましょう。 オイルもいろいろあるので、変えてみましょう。 個人的にクルミオイル結構好きです! 『ハーブ、スパイス』を加えてみる。 さあ、続いてドレッシングに『ハーブ、スパイス』を加えてみましょう。 ハーブはみじん切りにして加えます。 ハーブとしておすすめなのは、• パセリ• ローズマリー• タイム• バジル• 大葉(和風のハーブとして) などなど。 刻んでいれてみましょう! 先ほどのレモンドレッシングにローズマリーを刻んで入れてみましょう。 レモンとローズマリーがめちゃくちゃ爽やかで、いい香りします。 相性はバツグンです。 ミキサーでハーブとドレッシングをいれて混ぜれば、綺麗なグリーンのドレッシングになります。 例えばバジルやパセリと一緒に混ぜると鮮やかなグリーンのドレッシングになります。 キレイで香りがよくて美味しいですよ! スパイスをいれてみるのもオススメです。 カレー粉• チリパウダー• クミン• コリアンダー など、少しピリッとしたりスーっとする味わいになります。 ハーブより手軽に一手間加えられるので、スパイシーな味にしたい時におすすめです。 ハーブを入れる時の注意点は?• お酢が入るので、ハーブの色が飛びやすい• 腐りやすくなる• 香りがだんだん少なくなっていく です。 特にハーブの香りは、時間が経てば経つほど弱くなっていきます。 あまり大量に作らずに、使い切れる量を作りましょう。 ハーブを入れることによって、『ドレッシング』に更に香りが加わり、ひと手間加えた美味しいドレッシングになります。 すりおろした野菜を加える 野菜、果物をすりおろして入れてみましょう。 玉ねぎ• ニンジン• セロリ• りんご などですね。 野菜を加えることにより 『 辛み・甘み・苦み』などの味を加えることが出来ます。 玉ねぎを加えてお肉などにかけると、すごく相性がよくておいしいんです。 また、ハーブのドレッシング同様、ミキサーにかけてもまた違う食感になります。 ぜひお試しあれ。 具材を加えてみる すりおろすと似てますが、具材をいれて『 食べてもおいしいドレッシング』を作ります。 マヨネーズに、茹で卵や玉ねぎ、キュウリを入れてタルタルソースにするように、ドレッシングにも色々入れることで『 食べるおいしいドレッシング』を作ることもできます。 ドレッシングにカットしたトマトをいれて、冷製のパスタソースにアレンジできます。 具を入れることによって、ドレッシングも存在感が増します。 お酢、オイルを変える、ハーブ、スパイス、野菜を加える。 ここの組み合わせを変えるだけで、 自分だけの『オリジナルドレッシング』が作れます。 是非試してみてください。 ドレッシングでメニューを決める そんな手作りドレッシングを使って、料理を作っていきましょう。 簡単に作り方を紹介します。 サーモンとアボカドのサラダ どのドレッシングでも合う料理ですが、この『 クリーミーなドレッシング』がオススメです。 りんご酢 25cc• マスタード 8グラム• 塩 4グラム• コショウ 少々 を混ぜます。 そしてオリーブオイルを少しずつ入れてドレッシングを作ります。 お皿にのせてトマト、ベビーリーフを飾ったら完成です。 オリーブオイル100ccを少しずついれて、分離しない『クリーミーなドレッシング 』を作ります。 パン粉をつけて、フライパンで少し多めの油で揚げ焼きします。 付け合わせにサラダや、キャベツの千切りなどを添えて、盛り付けたら完成です! ドレッシングはたっぷりかけましょう! 鶏むね肉は淡泊なので、ドレッシングなどの油が多いソースが合います。 さらにレモンを使って、カツをさっぱり食べることができます。 ドレッシングも手作りで、料理もしっかり作る。 次は素材にもこだわってみるのもいいかもしれません。 こちらの が旬のお野菜が送られてきてオススメです。 農薬も制限していたり、とことん野菜にこだわっています。 実際におためしセットを購入して、届いた野菜などのレビューを記事にしています。 食べてみましょう!応用編 それでは 恒例の実食!.

次の