豚肉 卵。 王道のほうれん草と豚肉、卵。【ポパイ炒め】│おっさんひとりめし

王道のほうれん草と豚肉、卵。【ポパイ炒め】│おっさんひとりめし

豚肉 卵

【つくれぽ数は2017年8月現在のものです】 SPONSORED LINK 豚肉の人気簡単レシピ15選おすすめ! こってり豚肉炒めレシピ 娘に伝えたい*豚となすの胡麻味噌炒め* 比較的安価で購入しやすい、豚のこま切れorバラ肉を使った人気豚肉レシピになります なすとの相性も良く、味噌味がとても美味しくごはんが進みます。 つくれぽ1600越えという人気に納得できる人気豚肉レシピです。 豚肉は、焼き肉用などの少し厚みがある肉の方が食べごたえがあり美味しいですよ。 つくれぽ1300越えのガッツリごはんレシピです。 豚肉の他に玉ねぎとレタス(又はキャベツ)が加わり、ボリュームたっぷりです。 お好みでマヨネーズをかけるとコクがアップしますよ。 つくれぽ10300越えという驚きの大!大!大人気豚肉レシピです。 半熟卵の豚キャベツのオムレツ~豚平焼き~ 見た目からしてボリューム満点の豚平焼きです。 最初に豚肉にきっちり塩コショウをまぶしておくことが、味が鈍らないポイントになります。 お好みソースとマヨネーズがよく合います。 つくれぽ1100越えと人気の高い豚肉おすすめレシピです。 なすはトロッと、ピーマンはシャキシャキに仕上げると、食欲が進みます。 ごはんによく合い、老若男女に愛されるメニューです。 つくれぽ11600越えと大人気豚肉レシピです。 卵はスーパーフードと呼ばれていて栄養価が高いことと同時に、色合いなども良くなりますよ。 つくれぽ3500越えとみなさんに親しまれているレシピです。 ポイントは、片栗粉を加えてとろみをつけることです。 そうすることで、野菜から出た水分で水っぽくなることを防いでいます。 つくれぽ1300越えと大人気豚肉レシピです。 ポイントは合わせ調味料になります。 しっかり混ぜ合わせたものを加えて、とろみが出るまで煮詰めていきましょう。 つくれぽ5500越えの大人気ぶりにも納得です。 ポイントは最後にきゅうりを加えて、食感を残したままにすることです。 つくれぽ1000越えと多くの人に作られている豚肉おすすめレシピです。 豚肉の冷しゃぶ*一味たっぷり胡麻醤油たれ さっぱりとした冷しゃぶは、食欲が落ちがちな真夏に特にオススメしたい豚肉レシピになります。 一味唐辛子が効いた胡麻醤油だれが味のポイントになります。 つくれぽ1700越えと多くの人の支持を集めている豚肉レシピですよ。 甘めの味付けがごはんによく合い、お弁当の1品としても活躍しそうですね。 つくれぽ3200越えと驚異の人気豚肉レシピです。 めちゃ旨!豚もやしスープ 麺類は入っていませんが、ラーメン好きに特にオススメしたい豚肉レシピになります。 だし汁と味噌がよく合う、こってり濃厚な味付けになります。 つくれぽ4900越えと人気度が高い豚肉レシピになります。 簡単!激ウマ!甘辛の豚バラ大根 多くの人に親しまれている、豚バラ大根人気レシピになります。 ポイントは最初にゴマ油を使って豚肉と大根を炒めることです。 そうすることで、風味がとても良くなります。 つくれぽ1900越えと人気の豚肉おすすめレシピです。 甘辛ダレをしっかりとなじませることが美味しさのポイントです。 つくれぽ1100越えと多くの支持を集めています。 こっくりおいしい豚バラ大根 「ごはんのお供に豚バラ大根!」と言いたくなるぐらい、ごはんが進みます。 ポイントは、大根にしっかりと味を染み込ませることです。 調味料もシンプルで覚えやすいレシピになっています。 つくれぽ6400越えと大人気豚肉レシピです。

次の

【レシピ】ふわふわ卵がたまらない!「きくらげと豚肉の卵炒め」

豚肉 卵

【つくれぽ数は2017年8月現在のものです】 SPONSORED LINK 豚肉の人気簡単レシピ15選おすすめ! こってり豚肉炒めレシピ 娘に伝えたい*豚となすの胡麻味噌炒め* 比較的安価で購入しやすい、豚のこま切れorバラ肉を使った人気豚肉レシピになります なすとの相性も良く、味噌味がとても美味しくごはんが進みます。 つくれぽ1600越えという人気に納得できる人気豚肉レシピです。 豚肉は、焼き肉用などの少し厚みがある肉の方が食べごたえがあり美味しいですよ。 つくれぽ1300越えのガッツリごはんレシピです。 豚肉の他に玉ねぎとレタス(又はキャベツ)が加わり、ボリュームたっぷりです。 お好みでマヨネーズをかけるとコクがアップしますよ。 つくれぽ10300越えという驚きの大!大!大人気豚肉レシピです。 半熟卵の豚キャベツのオムレツ~豚平焼き~ 見た目からしてボリューム満点の豚平焼きです。 最初に豚肉にきっちり塩コショウをまぶしておくことが、味が鈍らないポイントになります。 お好みソースとマヨネーズがよく合います。 つくれぽ1100越えと人気の高い豚肉おすすめレシピです。 なすはトロッと、ピーマンはシャキシャキに仕上げると、食欲が進みます。 ごはんによく合い、老若男女に愛されるメニューです。 つくれぽ11600越えと大人気豚肉レシピです。 卵はスーパーフードと呼ばれていて栄養価が高いことと同時に、色合いなども良くなりますよ。 つくれぽ3500越えとみなさんに親しまれているレシピです。 ポイントは、片栗粉を加えてとろみをつけることです。 そうすることで、野菜から出た水分で水っぽくなることを防いでいます。 つくれぽ1300越えと大人気豚肉レシピです。 ポイントは合わせ調味料になります。 しっかり混ぜ合わせたものを加えて、とろみが出るまで煮詰めていきましょう。 つくれぽ5500越えの大人気ぶりにも納得です。 ポイントは最後にきゅうりを加えて、食感を残したままにすることです。 つくれぽ1000越えと多くの人に作られている豚肉おすすめレシピです。 豚肉の冷しゃぶ*一味たっぷり胡麻醤油たれ さっぱりとした冷しゃぶは、食欲が落ちがちな真夏に特にオススメしたい豚肉レシピになります。 一味唐辛子が効いた胡麻醤油だれが味のポイントになります。 つくれぽ1700越えと多くの人の支持を集めている豚肉レシピですよ。 甘めの味付けがごはんによく合い、お弁当の1品としても活躍しそうですね。 つくれぽ3200越えと驚異の人気豚肉レシピです。 めちゃ旨!豚もやしスープ 麺類は入っていませんが、ラーメン好きに特にオススメしたい豚肉レシピになります。 だし汁と味噌がよく合う、こってり濃厚な味付けになります。 つくれぽ4900越えと人気度が高い豚肉レシピになります。 簡単!激ウマ!甘辛の豚バラ大根 多くの人に親しまれている、豚バラ大根人気レシピになります。 ポイントは最初にゴマ油を使って豚肉と大根を炒めることです。 そうすることで、風味がとても良くなります。 つくれぽ1900越えと人気の豚肉おすすめレシピです。 甘辛ダレをしっかりとなじませることが美味しさのポイントです。 つくれぽ1100越えと多くの支持を集めています。 こっくりおいしい豚バラ大根 「ごはんのお供に豚バラ大根!」と言いたくなるぐらい、ごはんが進みます。 ポイントは、大根にしっかりと味を染み込ませることです。 調味料もシンプルで覚えやすいレシピになっています。 つくれぽ6400越えと大人気豚肉レシピです。

次の

王道のほうれん草と豚肉、卵。【ポパイ炒め】│おっさんひとりめし

豚肉 卵

きょうも酒が残っている。 きのう、飲み過ぎたからだ。 だいたい一人で飲むのに、翌日に残るほど飲む必要はないのである。 誰かと一緒なら、つい盛り上がってしまったり、つき合いだったりで、杯を重ねることはある。 でも一人の酒は、ただ淡々と飲むだけだから、いつでもやめられそうなものだ。 ところが、そうはいかなくなるのだ。 まず食事の支度をはじめる前に、「ちょっと一杯」と思って飲む。 そうすると、「もう一杯」となるのは、まあしょうがない。 問題は、食事の支度のやり方にある。 わざとゆっくり作ってしまうのだ。 これはゆっくり作れば作るだけ、酒がたくさん飲めるからだ。 食事がまだでき上がっていなければ、「もう一杯飲むのも仕方ない」ということになる。 それで、効率は、一切考えない。 昔はカセットコンロ1口で料理を作っていたおれも、いまは2口のガス台を持っている。 だからやろうと思えば、2つの料理を並行して作ることもできる。 でもやらない。 少しでもたくさん飲むためだ。 だしを取りながら、それを上からじっと眺めていたりする。 だしを取っているあいだなど、することは何もないわけだから、野菜を切ったりすればいいのだ。 それをわざわざ、野菜を切るのはだしを取り終わってからにする。 さらに、だしを取っているあいだに、次に何をするべきなのか、考えもしない。 だしを取り終わってから、「さて何を入れるんだっけ?」と考える。 しかも考えるたびに、「考える前に酒を作ろう」となるのである。 これでは飲み過ぎるのも、当たり前というものだ。 言うまでもなく、できた料理もわざとゆっくり、チビチビ食べる。 これが毎晩なのだから、 「おれはどれだけ時間をムダに使っているのだ」 と、自分で自分を殴りたくもなるわけだ。 ポパイ炒めは1つの王道 さてそうやって、わざとゆっくり作った料理。 きのうはポパイ炒めにした。 「ポパイ炒め」という名称は、京都に来てはじめて聞いた。 どこの中華料理屋でも、ほうれん草と豚肉、卵を炒めたものは、「ポパイ炒め」と呼ばれている。 これは全国的なことなのだろうか? 「餃子の王将」がこの名前を使っているそうだから、それにより、広まったのかとも思っている。 まあ名前はどうであれ、ほうれん草と豚肉、卵を炒め合わせたものが王道であるのはまちがいない。 ほうれん草は、わりと相性のいいものが少ない野菜だ。 下手に合わせてしまうとおいしくないから、代表料理は単独のおひたし。 ポパイ炒めは、そのほうれん草と相性がいいものを、「すべて集めた」と言ってもいいくらいではないか。 ポパイ炒めの作り方 作るのは、とくべつ難しいことはない。 コツは、「ほうれん草を炒め過ぎない」ことで、ほうれん草をフライパンに入れたら、あとは「和える」ような気分で混ぜれば、それで十分火が通る。 フライパンにサラダ油・大さじ1を入れて中火にかけ、溶き卵・3個をまず炒める。 あまり細かく混ぜないで、大きめにまとめて皿にとり出す。 あらためてフライパンに、• サラダ油 大さじ1~2• たたき潰したニンニク 1かけ• 鷹の爪 1本 を入れて中火にかけ、2~3分、ニンニクがきつね色になるまでじっくり熱し、油に味をつける。 一旦火を止め、豚こま肉・200グラムを広げて入れる。 塩・1つまみ(小さじ2分の1)とコショウ・少々を振って、ふたたび中火で、色が変わるまでじっくり炒める。 豚肉の色が変わったら、ざく切りのほうれん草・1把と、とり出しておいた卵を入れて、全体を混ぜる。 ほうれん草は洗ったら、水気をよくふき取ることが必要。 水気をふき取るには、固くしぼった濡れ布巾が一番やりやすい。 ほうれん草に油がまわったら、(しんなりするのは待たないで)、合わせておいた調味料、• オイスターソース 大さじ1• しょうゆ 大さじ1• 酒 大さじ1• 片栗粉 小さじ1 を入れる。 全体を混ぜ、味がなじんだところで火を止める。

次の