プラノバール 市販。 「プラノバール,市販」に関するQ&A

プラノバールとは?生理を起こす薬なの?不妊治療にも使われる?

プラノバール 市販

副腎皮質ホルモン プレドニゾロン等 三環系抗うつ剤 イミプラミン等 セレギリン塩酸塩 シクロスポリン テオフィリン オメプラゾール これらの薬剤の作用が増強するおそれがある。 本剤はこれらの薬剤の代謝を抑制すると考えられる。 リファンピシン バルビツール酸系製剤 フェノバルビタール等 ヒダントイン系製剤 フェニトインナトリウム等 カルバマゼピン ボセンタン モダフィニル トピラマート 本剤の効果の減弱化及び不正性器出血の発現率が増大するおそれがある。 これらの薬剤は薬物代謝酵素を誘導し、本剤の代謝を促進すると考えられる。 テトラサイクリン系抗生物質 テトラサイクリン等 ペニシリン系抗生物質 アンピシリン水和物等 本剤の効果の減弱化及び不正性器出血の発現率が増大するおそれがある。 これらの薬剤は腸内細菌叢を変化させ、本剤の腸肝循環による再吸収を抑制すると考えられる。 テルビナフィン塩酸塩 黄体ホルモン・卵胞ホルモン配合剤との併用で、月経異常があらわれたとの報告がある。 機序不明 Gn-RH誘導体 ブセレリン酢酸塩等 これらの薬剤の作用を減弱するおそれがある。 これらの薬剤は性ホルモンの分泌を低下することにより薬効を示すため、性ホルモンである本剤の投与によってこれらの薬剤の効果を減弱する可能性が考えられる。 血糖降下剤 インスリン製剤、 スルフォニル尿素系製剤、 スルフォンアミド系製剤、 ビグアナイド系製剤等 血糖降下剤の作用が減弱するおそれがある。 血糖値その他患者の状態を十分観察し、血糖降下剤の用量を調節するなど注意する。 本剤は耐糖能を低下させ、血糖降下剤の作用を減弱させると考えられる。 ラモトリギン モルヒネ サリチル酸 これらの薬剤の血中濃度が低下するおそれがある。 本剤はこれらの薬剤のグルクロン酸抱合を促進すると考えられる。 HIVプロテアーゼ阻害剤 ネルフィナビルメシル酸塩、 リトナビル、 ダルナビル、 ホスアンプレナビル(リトナビル併用時)、 ロピナビル・リトナビル配合剤等 非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤 ネビラピン 本剤の作用が減弱するおそれがある。 エチニルエストラジオールのAUCが減少する。 HIVプロテアーゼ阻害剤 アタザナビル 本剤の血中濃度が上昇するおそれがある。 アタザナビルは本剤の代謝酵素(CYP3A4)を阻害すると考えられる。 非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤 エトラビリン 本剤の血中濃度が上昇するおそれがある。 エトラビリンは本剤の代謝酵素(CYP2C9)を阻害すると考えられる。 フルコナゾール 本剤の血中濃度が上昇するおそれがある。 フルコナゾールは本剤の代謝酵素(CYP3A4)を阻害すると考えられる。 ボリコナゾール 本剤の血中濃度が上昇するおそれがある。 ボリコナゾールの血中濃度が上昇するおそれがある。 ボリコナゾールは本剤の代謝酵素(CYP3A4)を阻害すると考えられる。 本剤がボリコナゾールの代謝酵素(CYP2C19)を阻害すると考えられる。 アセトアミノフェン 本剤の血中濃度が上昇するおそれがある。 アセトアミノフェンの血中濃度が低下するおそれがある。 アセトアミノフェンはエチニルエストラジオールの硫酸抱合を阻害すると考えられる。 本剤が肝におけるアセトアミノフェンのグルクロン酸抱合を促進すると考えられる。 セイヨウオトギリソウ(St. John's Wort、セント・ジョーンズ・ワート)含有食品 本剤の効果の減弱化及び不正性器出血の発現率が増大するおそれがあるので、本剤投与時はセイヨウオトギリソウ含有食品を摂取しないよう注意すること。 この食品は薬物代謝酵素を誘導し、本剤の代謝を促進すると考えられる。 ピリジン又はテトラヒドロフランに溶けやすく、エタノール(95)又はジエチルエーテルにやや溶けやすく、水にほとんど溶けない。 水酸化ナトリウム試液に溶ける。 理化学知見その他 19. 2 エチニルエストラジオール KEGG DRUG 22.

次の

医療用医薬品 : プラノバール

プラノバール 市販

黄体ホルモンと卵胞ホルモンの混合ホルモン剤で、2種類の女性ホルモンを補充することでホルモンバランスを整える作用を示します。 生理不順、無月経、機能性子宮出血、月経困難症(生理痛)、月経前緊張症(PMS)、子宮内膜症、不妊症などの治療に広く処方されています。 この記事では、プラノバールについて添付文書から詳しく解説します。 プラノバールとはどんな薬? プラノバールは成分を「ノルゲストレル・エチニルエストラジオール」とし、黄体ホルモンと卵胞ホルモンが配合されているホルモン剤です。 プラノバールは、いわゆる「ピル」と呼ばれる薬。 含まれる卵胞ホルモンの量から、「 中用量ピル 」に分類されます。 剤形は錠剤の1種類のみ。 商品名は「プラノバール配合錠」です。 1979年に発売が開始されました。 プラノバールの適応疾患は? プラノバールの適応疾患は、機能性子宮出血、無月経、月経量、周期異常などです。 ジェネリック医薬品はある? 現在、プラノバール配合錠のジェネリック医薬品は発売されていません。 市販薬はある? 現在、プラノバールと同じ成分を含む市販薬はありません。 プラノバールは処方薬のため、購入には医師の処方箋が必要です。 作用 プラノバールは、黄体ホルモンと卵胞ホルモンを補うことにより、これらのホルモンバランスを整えます。 女性ホルモンが不足したり、バランスが崩れることにより起こる様々な症状を改善する効果が期待できます。 効能・効果 添付文書による、プラノバール配合錠の効能または効果は以下の通りです。 機能性子宮出血、月経困難症、月経周期異常(稀発月経,頻発月経)、過多月経、子宮内膜症、卵巣機能不全 生理不順、無月経、機能性子宮出血、月経困難症(生理痛)、月経前緊張症(PMS)、子宮内膜症、不妊症などに処方されます。 また、生理を遅らせたり、早めたりといった生理日変更などにも応用されます。 効果時間・半減期 血液中の薬の濃度が最も高くなる時間は、薬を使用してから3時間後とされています。 また、約24時間後に血液中での薬の濃度が半分になるとされています。 プラノバールの避妊への効果は? 現在、計画的な避妊に対しては、副作用の少ない低用量ピルを用いるのが一般的となっています。 中用量ピルであるプラノバールは、緊急避妊(アフターピル)に対して応用されます。 緊急避妊は、避妊をせずに性交渉を行ってしまった場合などに、望まない妊娠を防ぐために緊急的に行う避妊方法です。 排卵を遅らせたり、着床を防ぐことにより妊娠を防ぎます。 緊急避妊はあくまでの緊急時の対応方法です。 ホルモンバランスを崩し体に負担がかかってしまいますので、繰り返し行うことは避けてください。 用法・用量 添付文書による、プラノバール配合錠の用法または用量は以下の通りです。 用法用量は症状によって異なります。 必ず医師の指示に従って服用してください。 受診日を守るようにしてください。 飲み終えてから生理が来るまではどのくらい? 通常、プラノバールを飲み終えてから2〜3日で生理がきます。 しかし、個人差がありますので、生理が来なくても1週間程度は様子を見てみましょう。 飲み忘れた時は? プラノバールを飲み忘れた場合、気がついた時にできるだけ早く1回分を服用してください。 ただし、次に飲む時間が近い場合は、忘れた分を1回とばし、次のいつも通りの服用時間に1回分を飲みましょう。 2回分を1度に飲むことは絶対にしないでください。 緊急避妊(モーニングアフターピル)としての用法・用量 プラノバールを緊急避妊のために使用する場合、性交渉から72時間以内に婦人科を受診し、処方してもらう必要があります。 プラノバールを処方されたら、すぐに2錠飲みます。 その12時間後にさらに2錠飲んでください。 服用は、性交渉からできるだけ早い方が効果が高いとされています。 最初の服用が性交渉から72時間以内の場合の避妊効果は約75%とされています。 プラノバールは比較的副作用の少ない薬です。 添付文書では、全体の6. 飲み始めの副作用:吐き気やだるさ、頭痛や不正出血など プラノバールを飲み始めた頃は、妊娠初期に似たような症状が起こる場合があります。 吐き気やだるさ、頭痛や不正出血などです。 飲み始めの吐き気は徐々になくなっていきます。 不正出血は、飲み忘れでも起こるため、注意が必要です。 主な副作用:吐き気・嘔吐、食欲不振など プラノバールの主な副作用として、吐き気・嘔吐、食欲不振などの消化器系の症状が挙げられます。 その他、報告されている副作用は以下の通りです。 肝 臓 肝機能の異常、黄疸等 子 宮 不正出血(破綻出血,点状出血)、経血量の変化,帯下の増加等 乳 房 乳房緊満感、乳房痛等 過敏症 発疹等 電解質代謝 浮腫,体重増加 循環器 動悸,血圧上昇等 消化器 悪心・嘔吐,食欲不振,胃痛、下痢,腹痛,便秘,口内炎,口渇等 精神神経系 頭痛,眠気,けん怠感、めまい,神経過敏等 皮 膚 ざ瘡、色素沈着等 その他 熱感,腰痛,肩こり,冷感、コンタクトレンズがうまく調節されない等 重大な副作用:血栓症 重篤な副作用はめったに起こりませんが、血栓症を引き起こす可能性があります。 血栓症(0. 1~0. 必ず手術を担当する医師に、プラノバールを服用中であることを伝えてください。 プラノバールを服用すると太る? 添付文書による体重増加の発現率は0. 1~5%未満と多くはありません。 また、ピルと体重増加には直接の因果関係はないという研究結果も出ています。 しかし、実際に「ピルを飲んで太った」と感じる人は多いようです。 これは、ピルに含まれる女性ホルモンによる食欲増進やむくみなどが体重増加につながるためと考えられます。 中用量ピルであるプラノバールは、ホルモンの含有量が多いため体重増加につながりやすいといわれています。 体重増加が気になったら、一度、生活習慣を見直してみることも大切でしょう。 体重増加の予防には、食事の管理や軽い運動を行うことが効果的です。 プラノバールの使用に際しては、以下の注意が必要です。 プラノバールを使用してはいけない方(禁忌) 以下の方は、プラノバールを使用してはいけません。 禁忌(次の患者には投与しないこと) 1. 血栓性静脈炎,肺塞栓症又はその既往歴のある患者 [血液凝固能が亢進され,これらの症状が悪化又は再発することがある.] 2. エストロゲン依存性悪性腫瘍(例えば,乳癌,子宮内膜癌)及びその疑いのある患者 [エストロゲン作用により,腫瘍の悪化あるいは顕性化を促すことがある.] 3. 重篤な肝障害のある患者 [肝障害を悪化させるおそれがある.] 4. 前回妊娠中に黄疸又は持続性そう痒症の既往歴のある患者 [症状が再発するおそれがある.] 5. 前回の妊娠中に悪化した耳硬化症の既往歴のある患者 [症状が再発するおそれがある.] 6. 妊娠ヘルペスの既往歴のある患者 [症状が再発するおそれがある.] 7. 鎌状赤血球貧血のある患者 [血栓症又は肝障害を起こすおそれがある.] 8. デュビン・ジョンソン症候群,ローター症候群の患者 [症状を悪化させるおそれがある.] 9. 脂質代謝異常のある患者 [症状を悪化させるおそれがある.] 10. 妊婦又は妊娠している可能性のある女性 11. 診断の確定していない異常性器出血のある患者 [悪性腫瘍の場合,症状を悪化させるおそれがある.] 12. オムビタスビル水和物・パリタプレビル水和物・リトナビル配合剤を投与中の患者 プラノバールを使用する際に注意が必要な方 下記に当てはまる方は、プラノバールを使用する際には注意が必要です。 使用後に体調の変化があらわれた場合は医師に相談してください。 慎重投与(次の患者には慎重に投与すること) 1. 肝障害のある患者 [肝障害を悪化させるおそれがある.] 2. 子宮筋腫のある患者 [子宮筋腫の発育を促進するおそれがある.] 3. 乳癌の既往歴のある患者 [乳癌が再発するおそれがある.] 4. 乳癌家族素因が強い患者,乳房結節のある患者,乳腺症の患者又は乳房レントゲン像に異常がみられた患者 [症状が増悪するおそれがある.] 5. 心疾患・腎疾患又はその既往歴のある患者 [ナトリウム又は体液の貯留により症状を悪化させることがある.] 6. てんかん患者 [症状を悪化させるおそれがある.] 7. 糖尿病患者 [耐糖能が低下することがあるので,十分コントロールを行いながら投与すること.] 8. 40歳以上の女性 [一般に血栓症等の心・血管系の障害が発生しやすくなる年代であるため,これを助長するおそれがある.] 9. 骨成長が終了していない可能性がある患者 [骨端閉鎖をきたすおそれがある.] 10. ポルフィリン症の患者 [症状を悪化させるおそれがある.] 11. テタニーのある患者 [症状を悪化させるおそれがある.] 12. 高血圧のある患者 [症状を悪化させるおそれがある.] 13. また、止むを得ず使用する場合は、薬が効いているとされる間は授乳は避けてください。 母乳の量的質的低下が起こることがある.また,母乳中へ移行することが報告されているので,授乳中の女性には慎重に投与すること. 小児等の使用 骨成長が終了していない可能性がある子どもなどは、観察を十分に行い慎重に使用する必要があります。 骨端の早期閉鎖をきたすおそれがあるので,骨成長が終了していない可能性がある患者には観察を十分に行い慎重に投与すること プラノバール服用中の喫煙 プラノバールを使用する場合には、できるだけ禁煙してください。 外国では,喫煙が類薬(経口避妊薬)による心・血管系の重篤な副作用(血栓症等)の危険性を増大させ,また,この危険性は年齢及び喫煙量(1日15本以上)により増大し,35歳以上の女性で特に顕著であるとの報告がある.したがって,本剤を投与する場合には禁煙させることが望ましい. 併用してはいけない薬(併用禁忌) オムビタスビル水和物・パリタプレビル水和物・リトナビル配合剤(ヴィキラックス)を使用している方はプラノバールを併用できません。 併用禁忌(併用しないこと) オムビタスビル水和物・パリタプレビル水和物・リトナビル配合剤(ヴィキラックス) エチニルエストラジオール含有経口避妊剤を併用した患者においてALT(GPT)上昇が高頻度に認められている. なお,オムビタスビル水和物・パリタプレビル水和物・リトナビル配合剤治療終了の約2週間後から本剤の投与を再開できる. 併用に注意が必要な薬 以下のような薬を使用している方は注意が必要です。 併用する際には、医師・薬剤師に相談しながら指示をあおいでください。 ・副腎皮質ホルモン(プレドニゾロンなど) ・三環系抗うつ剤(イミプラミンなど) ・セレギリン塩酸塩 ・シクロスポリン ・テオフィリン ・オメプラゾール ・リファンピシン ・バルビツール酸系製剤(フェノバルビタールなど) ・ヒダントイン系製剤(フェニトインナトリウムなど) 他にも飲み合わせに注意が必要な薬があります。 使用中の薬がある場合は必ず医師に伝えてください。 アルコール(飲酒) 添付文書では、プラノバール服用中の飲酒に関する注意事項はありません。 しかし、一般的に薬を服用中の飲酒は推奨されていません。 アルコール摂取は控えるようにしましょう。 セイヨウオトギリソウを含む食品 プラノバールの服用中はセイヨウオトギリソウ(St. John's Wort、セント・ジョーンズ・ワート)を摂取しないようにしてください。 薬の効果が弱くなったり、不正性器出血が起こりやすくなるおそれがあります。 プラノバールの薬価 プラノバールの薬価は下記の通りです。 薬品名 薬価 (薬自体の価格) 先発 製造 14. 00円/錠 先発 購入方法:個人輸入には注意が必要です プラノバールは処方薬のため、購入には医師の処方箋が必要です。 しかし、個人輸入代行サイトや通販サイトなどで販売されていることもあります。 注意しなければいけないのは、個人輸入で入手した薬は、「医薬品副作用救済制度」が受けられないということ。 万が一、体に重大な健康被害が生じた場合、公的な救済処置が受けられないというリスクを覚えておかなくてはいけません。 さいごに 医師の指示のもと正しく服用しましょう プラノバールは、症状により用法用量が異なります。 医師の指示のもと、正しく服用することが大切です。 そして、体調の異変や疑問を感じたら、ひとりで悩まず、医師に相談しましょう。

次の

生理を遅らせるためにプラノバールを服用していましたが25日に飲み終えた現在ま...

プラノバール 市販

質問一覧• 添付文書を見る限りは併用注意なものは抗菌薬や三環系抗うつ薬など多くありますが市販の胃薬に含まれている成分はありません。 併用しても大丈夫だと思いますがなにかあれば医師薬剤師に相談してください。 正直もう飲みたくありません。 24の月経を避けるため20日から飲み始めたのですが、今 飲むのを辞めてしまうと23. 24までに月経が来てしまいますかね? 個人差はあると思うので平均的なもので大丈夫です... アフターピルを3時間前にのみ、お腹が生理前のようにチクチク痛いです。 この場合いつも生理の時飲んでる市販の痛み止めは飲んでもアフターピルには影響ないのでしょうか?... 扁桃腺炎になってしまったようで… 今日から土日という事もあり病院で 受診するのは難しそうなので 市販 でお薬を買おうと思うのですが ハレナースというお薬は プラノバールと併用しても良いのでしょうか? ご存知の方、... プラノーバルははじめてでよくわからないんですが 市販の生理痛を緩和する薬はのんでいいんですか?... 不安になり、何度も市販の検査薬で調べましたが陰性でした。 最後の性行為が10月1日でした。 不安になり、病院へ行きましたが今のところ見当たらないと言われ、最後の性行為が1日なのと、市販で何度も調べて陰性だったのと... 夜なら 市販の頭痛薬、飲んでも構わないですか? 詳しい方教えてください。... 試したいと思っています。 そこで質問なのですが、 酔い止めは就寝前にプラノバールと一緒に飲んで大丈夫ですか? それとも気持ち悪くなった時点で酔い止めを飲むのでしょうか? 教えて下さい。 どうぞ宜しくお願い致しま...

次の