ドライ カレー ピラフ。 ドライカレーの作り方

ドライカレー人気レシピ【5選】殿堂1位の材料と作り方は?つくれぽ1000以上の絶品だけ厳選

ドライ カレー ピラフ

豚ひき肉を使ったカレーピラフ。 フライパン1つでできるから、ドライカレーを作るより手軽で、しかもこっちのほうが絶対うまい。 このカレーピラフはひき肉を使っているから、ドライカレーと似たようなものだ。 ところがドライカレーを作るより、手軽にできる。 ドライカレーだと、カレーを作って、並行してごはんを炊いて、2つを同時進行しないといけない。 ところがこのカレーピラフは、カレーとごはんがフライパン1つで同時にでき上がってしまうのだ。 しかも生米を使うから、米を研ぐ手間もいらない。 炊飯器の内釜を洗う必要もないし、炊き時間こそかかるものの、炊いているあいだは別のことをしていればいいわけだから、カレーピラフを覚えてしまえば、ドライカレーなど作る気がしなくなるのは確実だ。 さらに味も、ドライカレーよりカレーピラフのほうが、絶対うまい。 なぜなら米をカレー味の汁で炊くから、ごはんに味がしみているのだ。 ドライカレーを食べていて、カレーとちがって汁気がないから、ごはんに味がしみないことに不満を感じたことがあるのも、1人や2人では決してあるまい。 そう考えると、カレーピラフの登場により、ドライカレーは、その存在意義を完全に失ってしまうわけである。 味つけは、カレー粉にくわえて酒・みりん・薄口しょうゆの和風調味料と、オイスターソースを使う。 これで文句ないコクがでるばかりでなく、言われなければしょうゆを使ったことは絶対にわからないほど、普通においしいカレーになる。 香味野菜は、ニンニク・玉ねぎにくわえて、ピーマン。 それから皿によそってから、パセリのみじん切りとレモン汁(ポッカレモン100)をかける。 水の量は、下のレシピでは米の量が1人分・2分の1カップと少ないから、液体調味料と合わせると2倍以上を入れている。 でも1カップの米を炊く場合には、1. 5倍くらいでいいはずだ。 作り方 フライパンに、• オリーブオイル 大さじ1• 豚ひき肉 100グラムくらい を入れて弱めの中火にかけ、スプーンやヘラでひき肉を押しつぶしてほぐしなら5分くらい、肉の水気がすっかり飛んで、さらに軽く焼色がつくくらいまでじっくり炒める。 ニンニク 1かけ (みじん切り)• 玉ねぎ 4分の1個 (みじん切り)• ピーマン 1個 (みじん切り) を加え、玉ねぎの水気が飛ぶまで4~5分炒め、米・2分の1カップを洗わずにそのまま入れて、さらに1~2分、米が油を吸って、透き通った感じになるまで炒める。 水 1カップ• 酒 大さじ1• みりん 大さじ1• 薄口しょうゆ 大さじ1• オイスターソース 小さじ1 を加えて中火にし、1分ほど、フライパンを揺すりながらしっかり煮立てる。 フタをして弱火にし、25分炊く。 炊いたら蒸らさずにすぐ皿に盛り、粗挽きこしょう・パセリ(みじん切り)・レモン汁(ポッカレモン100)それぞれ少々をかける。 これはウマイ これは、ウマイ……。 米に味がバッチリしみ、しかもちょっと芯の残ったアルデンテの状態で、262回くらいはぜったい死ねる。 おこげもまた、たまらない。 そしてこれが、まちがいなく酒に合うにも関わらず、今朝も「朝だから」というだけの理由で飲まなかったわけなのだ。 僕はほんとうに堕落してしまったと、自分で自分を殴りたい気持ちである。 「勝手に殴って」 そうだよな。 使いやすいフライパンは?.

次の

ドライカレーとは何だ? 「ピラフ風」vs「キーマ風」大論争勃発: J

ドライ カレー ピラフ

材料を炒めてカレールーで仕上げて完成。 冷凍保存もできます。 常備しておくと何かと使えて便利そう。 53秒で作り方がわかるクックパッドのレシピ動画があります。 ドライカレーの人気検索で1位になったレシピです。 ガーリックオイルを足すと味がしまるそうです。 子供用にはカレー粉を調節したり、コーンで甘みをアップするといいそうですよ。 レシピ動画あり(59秒)。 まとめ クックパッドで人気のあるドライカレーのレシピをご紹介しました。 お肉も野菜もたっぷりとれるドライカレー。 作るときの参考にしてみてください。

次の

ドライカレーのおすすめレトルト&冷凍食品!マツコの知らない世界でも紹介!

ドライ カレー ピラフ

ピラフを食べた感想 ビーフガーリックピラフ(ニッスイ) ステーキで有名な「 いきなりステーキ」監修の商品です。 具材はコーン・いんげん・牛肉が入っています。 ニンニクと牛肉の匂いが食欲をそそります。 お米にしっかりと味が染み込んでいて美味しいです。 濃い味が好きな人におすすめな商品です。 内容量 600g カロリー 176kcal(100g当たり) 評価 購入価格 399円 カレーピラフ(ニッスイ) カレーで有名な「 ココ壱番屋」監修の商品です。 匂いと味はピラフというよりドライカレーですね。 あとに残る辛さですが、このスパイシーさがたまりませんね。 内容量 450g カロリー 171kcal(100g当たり) 評価 購入価格 289円 えびピラフ(テーブルマーク) 6種類の具材(えび・たまねぎ・トウモロコシ・にんじん・赤ピーマン・インゲン)が入っています。 バターとブイヨンの風味、アメリケーヌソースの旨みがしっかりとしていて、美味しかったです。 ボリューム満点なので、コスパに優れていると思います。 内容量 700g カロリー 160kcal(100g当たり) 評価 購入価格 398円 えびピラフ(イオン) 6種類の具材(えび・たまねぎ・トウモロコシ・にんじん・ピーマン・インゲン)が入っています。 バターの風味がすごいですね。 アメリケーヌソースがかかっているので、全体的に赤っぽいです。 バターのコクと風味がよく美味しかったです。 ただ、 ニチレイのえびピラフと比べるとエビの量が少ないので、もう少しエビの量が増えると嬉しいですね。 内容量 450g カロリー 146kcal(100g当たり) 評価 購入価格 258円 えびピラフ(ニチレイ) 7種類の具材(えび・たまねぎ・コーン・にんじん・マッシュルーム・ピーマン・インゲン)が入っています。 えびがたっぷり入っているのが嬉しいですね。 バター風味がよくて美味しかったです。 内容量 450g カロリー 165kcal(100g当たり) 評価 購入価格 298円 海老とあさりのバターピラフ(マルハニチロ) バター・ブイヨン・魚介エキスが見事に融合しています。 三位一体とは、このことですね。 濃厚な味付けで、美味しかったです。 商品名の「 王様のソテーピラフ」の名に恥じない味だと思います。 個人的に、冷凍食品のピラフの中ではダントツの1位でしたが、パッケージが変わり味が落ちてしまいました。 内容量 500g カロリー 184kcal(100g当たり) 評価 購入価格 429円 豚めし(マルハニチロ) 豚めしのタレをお米全体にかけた感じの見た目です。 味のほうは少し甘めのタレですが、いい感じの味付けなので、美味しかったです。 つゆだくにした豚丼を食べている感じです。 内容量 400g カロリー 172kcal(100g当たり) 評価 購入価格 298円 高菜ピラフ(マルハニチロ) 九州産の熟成高菜漬けを使用しています。 高菜の量が多いので、高菜好きにはたまらない商品だと思います。 唐辛子が入っているので、少しピリ辛です。 内容量 450g カロリー 159kcal(100g当たり) 評価 購入価格 258円 えびピラフ(ローソン) ローソンとテーブルマークが共同開発した商品です。 ブイヨンの香りが食欲がそそります。 お米にしっかりと味が染み込んでいて、美味しかったです。 欠点は、量が少ないことですね。 内容量 150g カロリー 252kcal 評価 購入価格 108円 海老ピラフ(セブンプレミアム) ライスにブイヨンが染み込んでいるので、味がしっかり付いています。 味は濃い目でおいしかったです。 欠点は、量が少ないことですね。 内容量 170g カロリー 287kcal 評価 購入価格 138円 具だくさんエビピラフ(味の素) ニチレイの「 えびピラフ」と見た目・味がほぼ同じです。 ニチレイより、こちらほうが少し香辛料が強いです。 個人的には、ニチレイのえびピラフのほうが好きですね。 内容量 450g カロリー 322kcal(225g当たり) 評価 購入価格 220円 ドライカレー(ニチレイ) たいめいけん三代目の 「茂出木シェフ」が監修した商品です。 辛さは中辛くらいですね。 味は美味しいのですが、普通のドライカレーとあまり違いを感じませんでしたね。 内容量 430g カロリー 198kcal(100g当たり) 評価 購入価格 238円 ジャンバラヤ(マルハニチロ) スパイシーなにおいが強烈です。 味ももちろんスパイシーです。 辛さはカレーの辛口くらいの辛さだと思います。 辛いのはいいのですが、 あとに残る辛さなので、食べ終わっても辛さが続きますね。 ウインナーが薄すぎるので、もう少し厚切りにしてもらえるとありがたいです。 内容量 600g カロリー 169kcal(100g当たり) 評価 購入価格 298円 サイコロステーキピラフ(ニチレイ) パッケージにガーリックと書いていますが、ニンニクの臭いは気にならないです。 しょうゆベースの味付けで、 牛肉のうま味が利いていて美味しかったです。 内容量 430g カロリー 181kcal(100g当たり) 評価 購入価格 258円 銀座カリーピラフ(明治) 辛さは中辛なので、そこそこ辛いです。 残念なことに ピラフ感は全くないですね。 ピラフというより、ドライカレーです。 内容量 400g カロリー 192kcal(100g当たり) 評価 購入価格 348円 2種のチーズのハンバーグとチキンピラフ(イオン) トップバリューのチキンピラフです。 ハンバーグ・ポテトサラダ・ブロッコリーあえが付いた、10品目入りです。 ブイヨンの風味?がする、あっさりしたピラフですね。 ハンバーグは、チルド食品の3個パックのハンバーグみたいな食感と味でした。 内容量 292g カロリー日 434kcal 評価 購入価格 298円 まとめ 各社のえびピラフに大きな味の違いはなかったので、どの商品を食べても美味しいと思います。 勝手なイメージですが、プライベートブランドは「 まずい」と思っていたんですが、美味しい商品ばかりでした。

次の