ストロベリー ボーイズ。 クチコミ

『女性向風俗』ストロベリーボーイズ タクさん

ストロベリー ボーイズ

来歴 [ ] 1月、解散後、峯田和伸が新たに結成した。 当初は峯田のソロ名義で、の企画盤『』にボーカルのみで参加など活動していたが、元GOING STEADYのベースの安孫子真哉とドラムの村井守を誘い、チン中村をギターに迎え4人編成で活動を開始。 2003年~2004年 [ ] コンスタントにライブ活動し、間にレコーディングを行う。 2年弱続いたレコーディングも全工程を終え、1月15日、『』『』を2枚同時発売。 アルバムチャート6位と7位にランクインする。 2005年 [ ] 2月から全国ツアー「銀杏BOYZ 世界ツアー 2005」を開始。 最初のライヴ中に峯田が肋骨を骨折し数公演が延期、6月には右足を骨折し再度数公演が延期になるも、9月10日Zepp Sendaiをファイナルにし全日程を終了(ただ、実質的なツアーファイナルの9月23日の日比谷野外大音楽堂の公演にて、治りかけていた右足を骨折)。 その間の8月7日に出演した「」で、がライブ中になり、された。 11月、の再開発計画を考えるプロジェクト「S. (The Sound of Shimokitazawa)」に峯田が弾き語りで出演し、その後、チン中村とブログで募集した女性4人と共に"敏感少年隊"を結成した。 下北沢の再開発についてはを参照。 2007年 [ ] 7月、ボーカルの峯田がでのライブの際(台湾7月28日夜)、舞台の上で下半身を見せ、警察当局の取り調べを受けた。 29日付の台湾紙、聯合報によると、峯田は故意ではなかったと説明したが、警察当局は刑法の風紀妨害罪に触れるとしている。 9月、主催の第四回「ショートショートムービーフェスティバル」に本選ゲスト監督として参加。 映像作品「黄金」を出品。 11月30日、の報道番組『』内の金曜深夜便というコーナーに生出演し、『』を生演奏。 テレビ番組への出演は時代に一度あったが演奏はしておらず、生放送は今回が初となる。 ボーカルの峯田の演奏中の格好は短パン一丁。 番組MC陣が囲むテーブルの上に乗りながら熱唱しているところで番組は終了した。 12月 - 2008年1月、「せんそうはんたいツアー」を7公演(6公演+追加1公演)行う。 2008年 [ ] 8月、 2008 in EZOに参加。 ライブの模様は、2016年3月に発売されたバンドにとって初の公式ライヴ映像作品『愛地獄』に収録されている。 2013年 [ ] 11月に、9年ぶりとなるアルバムを2枚同時にリリースすること、安孫子真哉とチン中村の脱退告知がなされる。 また、12月には村井守の脱退が予告された。 2014年 [ ] 1月15日、アルバム『』、ライブリミックスアルバム『』が発売される(告知などでは、ニューアルバムを2nd Albumとしているところがある。 理由は前作2枚が、共に1st Albumだとしていたため)。 2017年 [ ] 2月、初のシングル集「ラストラーダ」を発売。 5月、約1年ぶりとなるツアー、銀杏BOYZ presents 「東京のロック好きの集まり」、「大阪のロック好きの集まり」、「仙台のロック好きの集まり」を行う。 10月、銀杏BOYZ初の日本武道館単独公演「日本の銀杏好きの集まり」を行う。 チケットは完売。 2018年 [ ] 11月、2017 年の日本武道館公演を収録したライブ映像作品「デイドリーム 祈り」を発表。 同月からツアー「GOD SAVES THE わーるど」を4公演行う。 2019年 [ ] 1月15日、銀杏BOYZとして二度目の日本武道館公演「世界がひとつになりませんように」を敢行。 メンバー [ ] (みねた かずのぶ) - 、 、。 経営情報学部経営学科卒。 でデビュー。 俳優としても活動。 主な使用機材はRickenbacker381、330。 Fenderのジャズマスター。 初期にはhagstrom製のギターも使用していた。 元メンバー [ ] (むらい まもる) - 、。 峯田とは高校の同級生。 GOING STEADYでデビュー。 とは従姉(村井の父と中島の母が姉弟)関係にある。 2013年12月22日、生放送にて脱退を発表。 2014年1月15日付けで脱退する。 離脱後は、に就職し現在はプロデューサー。 (あびこ しんや) - 、。 愛称は「あびちゃん」。 GOING STEADYでデビュー。 のと共にSTIFFEEN RECORDSというを設立、運営している。 主な使用機材はFenderのジャズベース。 他にもセイモアダンカン製やリッケンバッカー製のベースも使用していた。 2013年11月15日、公式HPにて脱退を正式発表(2013年の春、離脱)。 2014年10月、自身がチーフプロデューサーを務めるレーベル「KiliKiliVilla」を設立した。 (ちん なかむら) 本名:中村 章宏、 - 、。 BOYS NOW、 Derangementsというバンドも並行して活動中。 峯田と素人女性とのユニット、敏感少年隊でも活動。。 2007年11月交際中の女性が妊娠していることが発覚。 2008年5月15日に結婚。 主な使用ギターはGibsonのレスポール、レスポールスペシャル、Fenderのテレキャスター、ストラトキャスターなど。 レコーディングではGibsonのSG カクバリズム代表、角張渉からの借り物 やYAMAHAのSGなども使用していた。 2013年11月15日、公式HPにて脱退を正式発表(2012年の夏、離脱)。 離脱後は芸名を「中村明珍(みょうちん)」と改め、僧侶修行を経て(周防大島)に家族そろって移住。 野菜農家「中村農園」を主宰している。 サポートメンバー [ ] 2015年8月30日、大阪・泉大津フェニックスで開催されたRUSH BALL 2015以降はサポートメンバーを迎えてライブを行っている。 藤原寛 ベース担当。 元、現のメンバー。 後藤大樹 ドラム担当。 元、現のメンバー。 菊地椋介 ギター担当。 元、現Debbiehemlockのメンバー。 2015年8月30日、大阪・泉大津フェニックスで開催されたRUSH BALL 2015に参加。 山本幹宗 ギター担当。 The Cigavettesのメンバー。 岡山健二 ドラム担当。 元、現classicusのメンバー。 加藤綾太 ギター担当。 元ポニーテールスクライム、現2のメンバー。 ディスコグラフィ [ ] アルバム [ ] 発売日 タイトル 規格品番 備考 1st SKOOL-005 オリコン最高6位、登場回数19回 2nd SKOOL-006 オリコン最高7位、登場回数19回 サウンドトラック SEX CITY 〜セックスしたい〜 SKOOL-025 銀杏BOYZと壊れたバイブレーターズ 名義 舞台『』サウンドトラック 3rd SKOOL-021 オリコン最高2位、登場回数8回 ライブリミックス SKOOL-022 オリコン最高4位、登場回数6回 シングル [ ] 発売日 タイトル 規格品番 備考 僕たちは世界を変えることができない SKOOL-014 峯田和伸とシックスナインズ 名義 DVD『僕たちは世界を変えることができない』エンディングテーマ曲 1st SKOOL-015 オリコン最高6位、登場回数10回 2nd SKOOL-016 オリコン最高7位、登場回数9回 3rd SKOOL-019 映画『』主題歌 オリコン最高7位、登場回数9回 4th SKOOL-020 映画『』主題歌 オリコン最高9位、登場回数8回 5th SKOOL-024 舞台『』主題歌 通販販売のみ 6th 生きたい SKOOL-034 オリコン最高20位、登場回数5回 骨 PRVA-3012 テレビドラマ『』エンディングテーマ曲 『奇跡の人』DVD-BOX初回限定封入特典 7th エンジェルベイビー SKOOL-040 第一弾3ヶ月連続シングル オリコン最高20位、登場回数7回 8th 骨 SKOOL-041 第二弾3ヶ月連続シングル オリコン最高25位、登場回数8回 9th 恋は永遠 SKOOL-042 第三弾3ヶ月連続シングル オリコン最高12位、登場回数6回 いちごの唄 SKOOL-050 映画『』主題歌 劇場限定発売 トリビュートアルバム [ ] 発売日 タイトル 規格品番 収録曲 きれいなひとりぼっちたち UPCH-2105• - 漂流教室• クボタタケシ - ぽあだむ クボタタケシ REMIX Version I• - 夢で逢えたら• - あいどんわなだい(instrumental)• - 援助交際• - NO FUTURE NO CRY• - なんとなく僕たちは大人になるんだ• - 夜王子と月の姫• - 駆け抜けて性春• - BABY BABY• THE WORLD• - ナイトライダー• BABY BABY• あいどんわなだい• 東北新幹線はチヒロちゃんを乗せて• 光 -album version-• ナイトライダー• ボーイズ・オン・ザ・ラン• べろちゅー• ピンクローター• チヒロちゃん REMIX• ぽあだむ• 」 UMCK-9202 「つたわれ! (4月12日)にて追加上映された。 オリコン最高2位、登場回数8回 ライブ 愛地獄 SKOOL-030 〜031(DVD) SKOOL-032 〜033(Blu-ray) 2008年8月16日 at ライジングサンロックフェスティバル• 若者たち• 駆け抜けて性春• SKOOL KILL• 新訳 銀河鉄道の夜• あいどんわなだい• BABY BABY• 日本人 2015年9月20日 at club SONIC• 17才• 生きたい• 新訳 銀河鉄道の夜• BABY BABY• 光 2011年7月7日 at CLUB CHANGE WAVE• まだ見ぬ明日に• 若者たち• 駆け抜けて性春• 17才• 十七歳 ・・・cutie girls don't love me and punk. 日本発狂• SKOOL KILL• べろちゅー• 漂流教室• 新訳 銀河鉄道の夜• I DON'T WANNA DIE FOREVER• もしも君が泣くならば• BABY BABY• ぽあだむ• ボーイズ・オン・ザ・ラン• 僕たちは世界を変えることができない• 光(アンコール)• 夢で逢えたら(アンコール) 2015年 at セントラルパーク• イラマテオ ライブ デイドリーム 祈り SKOOL-046(DVD) SKOOL-047(Blu-ray) 2016年3月発売のライブ映像作品「愛地獄」から2年ぶりとなる、ライブ映像作品「デイドリーム 祈り」を11月7日に発売します。 映像本編は、昨年10月13日に開催した銀杏BOYZ初となる日本武道館での単独公演「日本の銀杏好きの集まり」のライブ映像を収録。 武道館公演当日に会場で配布した新聞「銀杏の夕べ」をリサイズしたものを、ブックレットとして封入。 エンジェルベイビー• まだ見ぬ明日に• 若者たち• 駆け抜けて性春• べろちゅー• 夢で逢えたら• ナイトライダー• トラッシュ• I DON'T WANNA DIE FOREVER• 恋は永遠• BABY BABY• 新訳 銀河鉄道の夜• NO FUTURE NO CRY• 僕たちは世界を変えることができない• 人間(アンコール)• ぽあだむ(アンコール)• もしも君が泣くならば(アンコール) 書籍 [ ]• GING NANG SHOCK! ギンナン・ショック 上 〜「目覚めよ」と叫ぶ声あり〜()• GING NANG SHOCK! ギンナン・ショック 下 〜21世紀にっぽん青春大冒険記〜(2007年4月26日)• 銀杏BOYZ写真集『純血』(2015年01月15日)• 「愛地獄」パンフレット(2016年04月13日)• ファーストアルバム(2016年12月07日)• 銀杏BOYZぴあ(2016年12月07日) ミュージックビデオ [ ] 監督 曲名 木本健太と峯田和伸 「」 「」 手コキ塚一紀 & 峯田ポリス vs PTA 「」「」 「」 「」 峯田和伸 「」 峯田和伸と木本健太 「」「」 峯田和伸と手塚一紀 「」 タイアップ [ ] タイトル タイアップ先 「17才」 映画『』主題歌 「BABY BABY」 『』主題歌 映画『』主題歌 「ボーイズ・オン・ザ・ラン」 映画『』主題歌 「ピンクローター」 ドラマ『裏切りの街』主題歌 「いちごの唄」 配給映画『』主題歌 主なライブ [ ] ワンマンライブ・主催イベント [ ]• 2004年12月10日〜2005年01月15日 - せんそうはんたいツアー• 2005年01月23日 - 不登校生徒集会 イン 渋谷公会堂• 2005年02月22日〜09月10日 - 世界ツアー 2005• 02月22日 - ニセ東京革命• 02月24日 - ぐんま土一揆• 02月27日 - ひらがな表記、2番目らしいよ• 02月28日 - ネバネバタウン• 03月08日 - 砂丘で秘め事• 03月10日 - 瀬戸内海リトルスターウォーズ エピソード7• 04月11日 - 君の育てた温州みかんを抱いて• 04月13日 - 最大風速観測しすぎ• 04月15日 - 鹿とおれ、どっちが大切なんだよ• 04月18日 - 旧清水市の住民感情逆撫でGIG」• 05月01日 - ぐんやまじゃないよ、こおりやまだよ• 05月03日 - さくらんぼ男、つまみ食い女大集合• 05月05日 - 佐渡トキ保護センターでおれを保護してくれ• 05月09日 - 流氷食べ放題GIG• 05月11日 - 時計台型の腕時計をしたあの娘• 05月13日 - 五稜郭の憂鬱• 05月15日 - りんご、りんご、りんご、五輪、アテネ、超気持ちいい• 05月17日 - 北東北センチメンタル奇行• 05月19日 - もう、このツアーあきた• 05月21日 - おれ、さっきうるさかた? 05月29日 - 恋の蜃気楼・君が霞んで見える• 05月31日 - 東尋坊で初デート• 06月01日 - 百万石分の愛をあげよう• 06月03日 - PS. 信州そば、おいしかったよ• 06月05日 - 私たちのほしいもの、それは海• 06月02日 - ネバネバタウン• 07月17日 - 南のはてで、北大路欣也を見た• 08月15日 - 瀬戸大橋巨泉• 08月31日 - 道頓堀暴走テクニカルファウル• 09月04日 - それでもやっぱり味噌が好き• 09月06日 - 銀杏BOYZ vs 淫乱GIRLS開戦前夜• 09月10日 - Final• 2005年10月23日 - 高円寺にて爆烈ストーカー作戦 BANG! 2007年12月10日〜2008年01月21日 - 銀杏BOYZ せんそうはんたいツアー• 2008年03月29日 - イノマー&ミネタpresents 『童貞たちのクリスマスイブ2007』• 2008年07月06日 - 銀杏BOYZは神様を恨む• 2016年06月22日〜08月03日 - 銀杏BOYZ 「世界平和祈願ツアー 2016」• 2016年08月17日 - 特別公演「東京の銀杏好きの集まり」 出演イベント [ ]• 2003年08月01日 - 2003• 2003年08月23日 -• 2003年09月27日 - TOUR 2003• 2004年07月23日 - ロックフェスティバル• 2004年08月07日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2004• 2004年08月27日 - SET YOU FREE SUMMER FESTA 2004• 2004年09月23日 - SET YOU FREE TOUR 2004• 2004年10月11日 - 「男どアホウサンボマスター VS 銀杏BOYZ」• 2005年04月29日 - 04292005• 2005年08月07日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2005• 2005年08月20日 - 2005 in EZO• 2005年08月23日 - VINTAGE ROCK presents VINTAGE 2005• 2005年08月26日 - SET YOU FREE SUMMER FESTA 2005• 2005年08月28日 - 2005• 2005年12月16日 - VS 2マンツアー巌流島~勝ちとか負けとか関係ないやん、だって友達やん! ~VS銀杏BOYZ• 2006年04月30日 - ARABAKI ROCK FEST. 2007年02月02日 - DIENOJI ROCK FESTIVAL VOLUME 2• 2007年03月17日 - AP BANG! 東京環境会議 vol. 1 TOKYO CREATORS MEETING• 2007年07月22日 - '07• 2007年08月25日 - MONSTER baSH 2007• 2007年09月02日 - 2007• 2007年09月17日 - 仙台一偶• 2007年10月19日 - LIVE TOUR YOUNG FLAG 07• 2007年11月21日 - 企画「平成ロマン vol. 2008年02月11日 - 夢のような時間 ~DRF3 AFTER PARTY IN KAWASAKI CLUB CITTA' with 銀杏BOYZ/SION/ダイノジ~• 2008年04月26日 - ARABAKI ROCK FEST. 2008年06月13日 - ツアー2008「声に出すと赤っ恥」• 2008年06月22日 - Hot Stuff 30th Anniversary『BLACK AND BLUE』• 2008年08月16日 - RISING SUN ROCK FESTIVAL 2008 in EZO• 2008年08月30日 - RUSH BALL 2008• 2008年12月13日 - club SONIC iwaki 7th Anniversary event「ギフト2」• 2009年02月10日 - 「少年メリケンサック」公開直前 栗田かんなのバレンタインナイト• 2009年09月25日 - 「長田大行進曲」• 2010年09月25日 - ガガガSP「長田大行進曲」• 2014年08月20日 - UKFC on the Road 2014• 2014年12月26日 - ATF 15th 大感謝祭! フォーエヴァーヤング!! ~豊洲で5PM編~• 2015年05月03日 - 2015• 2015年05月05日 - ガガガSP 全国行脚ツアー2015 「ガガガを聴いたらコンニチワ!! 2015年06月21日 - YATSUI FESTIVAL! 2015• 2015年08月15日 - RISING SUN ROCK FESTIVAL 2015 in EZO• 2015年08月30日 - RUSH BALL 2015• 2015年09月20日 - club SONIC iwaki Anniversary「ギフト2015」vol. 2016年01月18日 - LIVE 2016 Northern Soul NIGHT• 2016年04月30日 - ARABAKI ROCK FEST. 2016年05月07日 - こんがりおんがく祭• 2016年05月29日 - VIVA LA ROCK 2016• 2016年08月27日 - RUSH BALL 2016• 2016年09月03日 - 2016• 2016年09月10日 -• 2016年09月24日 - 男どアホウ サンボマスター 2016• 2016年10月15日 - SET YOU FREE SUMMER FESTA 2016• 2016年10月30日 - BOROFESTA 2016• 2016年11月27日 - club SONIC iwaki 15周年企画 vol. 07「ぼくは君を探しに来たんだ」 脚注 [ ] [].

次の

女性用風俗の出張サービスならストロベリーボーイズ

ストロベリー ボーイズ

はじめに 今やのチケットをゲットするより難しい?と思われる の予約をなんとかゲットした。 苺ユーザーの私としては、やはりNo. 1苺を試食してみたかったから。 タクさんはを利用していない為 初めて会う前にご本人と一切コミュニケーションが取れない。 予約も結果待ち。 もうこんな事初めて。 唯一タクさんの情報を知る手がかりは 〔写メ日記〕か〔口コミ〕か〔誰かが書いたブログ〕のみ。 この段階ですでに ソフトSMプレイ? ミステリーツアー? 目の前に美味しいご飯があるのに「待て」と言われている犬? のような心境だ。 予約方法も まずユーザーが希望日を事務局に連絡し タクさんがご自分の兼業とのスケジューリングをした後 〔タクさんに会える券〕の当選者が決まる。 という仕組み。 事務局側もタクさんの連絡待ちという訳だ。 顧客ファースト精神に欠けているのではないか? まさにタクファーストになってないか? しかも写メ日記を読む限り ナルシストの俺様系を想像させる。 そう思えてきた へそ曲がりの私は こうなったらNo. 1の化けの皮を剥いで 100点満点からの減点方式で採点してやる! 待ってろよーっ!! 待ち合わせ 遅刻は相手の〔命の時間〕を無駄にする行為に繋がる。 というのを本で読んだ事があり、遅刻だけは常に気を付けていた私なのだが 時間前に到着したものの、土地勘の無いせいで待ち合わせ場所を間違えてしまい 私とした事が10分程遅刻してしまった。 完全に慌てて到着した私の目の前に現れたのは 超絶美顔でお洒落なスーツ姿&清潔感溢れる青年だった。 (スーツ姿のタクさんを見られるのはレアらしい。 大丈夫ですよ。 」とニッコリ。 なんと、声も優しく語尾も柔らかい。 女性と話しているような安心感。 思いっきり肩透かしを食ったようだ。 ホテルはタクさんにお任せで。 道中、常に私に気を配り 私が聞こうとしていた質問を知っていたかのように ご自分の事をずっと話してくれた。 カウンセリング ホテルに入り、まずソファに2人で腰かける。 ペットボトルのドリンクにプラスして 可愛いフルーツのドリンクまで用意してくれていた。 早速私が料金を支払おうとした所 「まずカウンセリングをして内容と料金のご確認をしてから頂きますね。 」 おーなるほど、安心を感じさせる。 カウンセリングシートと一緒に ご自分のプロフィールが書かれたシートを見せながら自己紹介をしてくれる。 カウンセリングシートは後にシュレッダーするとの事。 プロフィールシートは貰えない。 後に回収。 私がシートに記入してる間 シャワーや空調、照明などのセッティングをするタクさん。 書き終えたカウンセリングシートを一緒に見ながら内容の確認をしていく。 私にとっては、ものすごく恥ずかしい時間だ。 何故風俗を利用しようと思ったか?から始まり 何故これがNGなのか等すごく細かく聞いてくれる。 色んな質問をしてお客様の本当の気持ちを探るかのように じっくり時間をかける。 私は今回 Iラインタッチ無しでお願いした。 これも初めての経験。 何故かと言うと 数日前にチネイザンを受けて心身がだいぶ軽くなっていたし 今回は性欲も特に無く 何よりタクさんと沢山会話がしたかった(ダジャレじゃないけど)。 それに加えて美顔を間近に見ながら イチャイチャ時間がたっぷり欲しかった。 タクさんのカウンセリングは 心理カウンセラーのカウンセリングを受けているかのようだった。 (受けた事は無いが。 ) タクさんにとっては、この時間がとても大事だと言う。 目の前にいる人に真摯に向き合う姿勢をひしと感じた。 私の手を取り フェザータッチを実演しながらパウダーマッサージの説明をしたりする。 そんな訳で、タクさんはカウンセリングの時間をたっぷり使う。 いつも通り茶封筒に入れた料金を今回は封筒から出して渡し 「封筒は捨ててくださいね。 」と言うと お客様から頂いた封筒は全て取ってあるとの事。 どんな風に渡されるのがベストか尋ねると どんな風でも有難いとの事だった。 料金など 利用したお店は さん。 苺ユーザーの私は 今回も口コミ割利用させてもらいました。 120分コース 18000円 +指名料 1000円 +セラピさん交通費(東京23区内)1000円 -口コミ割 1000円 合計 19000円。 +ホテル代実費。 初めてお店に電話してみたんだけど 電話に出てくれたS店長 すごく気さくで面白い方でした。 シャワー タクさんのシャワーの準備は 香りを楽しむようにと、お湯を張った湯船に入浴剤を入れてくれるらしい。 私は自然療法等を取り入れた生活をしているので 入浴剤、シャンプーやボディソープ、歯磨き粉等も ほぼ決まった物しか使わない旨告げたからか バスタブにお湯だけ張っていてくれた。 「一緒に入りますか?」と聞いてくれたが 最初は一人が良いのでご遠慮させていただいた。 いつもはシャワーしか浴びないけど せっかくなので湯船に浸かりながら歯磨きをした。 私に続いてタクさんがシャワーを浴びている間に いつも通りベッドの上で音楽聞きながらストレッチしつつ待つ。 何故この順番が良いのか、それぞれのマッサージの効果等 とにかく知識が豊富過ぎて、ありったけの蘊蓄を傾けてしゃべり続けるタクさん。 まずは、うつ伏せで念入りに指圧マッサージ。 タクさんの手は温かい。 そして爪は綺麗に手入れされている。 その手でしっかりとマッサージが施される。 医学的な事を勉強されていたり 実際に医師の元へ行きお話を聞いたり ご自分でもマッサージ等を受けに行ったりと、探究心が旺盛。 腕前は多分かなり良い。 続いて人生初のパウダーマッサージ。 パウダー出来る人は今となっては、レアらしい。 難しい&後処理も大変なのが理由にあるとの事。 タクさんは、パウダーマッサージが性感を刺激するには欠かせない。 と言っていた気がする。 人生初のパウダーマッサージを満喫するはずが 私ときたら、タクさんへの質問攻めに気合いを入れ過ぎて せっかくのパウダーの良さがあまり分からずに終了。 私の馬鹿馬鹿。 唯一覚えてるのは 私が四つん這いになり タクさんが医から教わったというマッサージを施された事。 私がタクさんの顔前に肛門を突き出す形。 羞恥心で涙が出そうだった。 次どこかでパウダーマッサージを受ける機会があったら 絶対に満喫する!と心に誓った。 最後はオイルマッサージ。 優しく丁寧にたっぷりと時間をかけての施術。 この部分をこうするとこういう効果があるetc。。。 とにかくずっと説明しながらマッサージしてくれる。 知識と教養が口から溢れ出ちゃうんだろうね。 「親孝行したい」と言うタクさん。 ご両親への感謝の言葉を聞いている時、目頭が熱くなった。 母親が聞いたら、泣くだろうな。 一通りマッサージが終わると、タクさんの開始。 性感マッサージ 背中へのが終了すると いよいよ仰向けになる時が来た。 私が躊躇していると、仰向けになる瞬間に体にガウンを掛けてくれた。 タクさんの〔口コミ〕を途中まで読んだけど全部読み切れなかったと伝えると、 「それは他人が書いた意見だよ。 今はそれは忘れて。 自分自身で確かめて。 」 そう言って私を見つめながら微笑んだ。 綺麗にメンテナンスされた白い歯が薄暗い部屋の中で輝いていた。 続いて手のマッサージが始まる。 手のマッサージなんて初めてだ。 掌のマッサージは最高に気持ち良かった。 これも、ご自身で実際に受けたマッサージで良かった技術を取り入れている。 良い物があれば、どんどん吸収し取り入れる。 もっともっと・・・という向上心が強く感じられた。 私の敏感な部分周辺を触りながら 「一番敏感な所、まだ触ってないの分かる?」 そして一番敏感な部分を触りながら 「すごく硬くなってるよ」と。 タクさんの得意技に〔言葉攻め〕って書いてあったのを思い出した。 キスまでの流れも自然に。 私は自分からキスのおねだりが出来ないタイプなので嬉しかった。 タクさんの唇は柔らかくてシットリしていた。 そして舌使いがエロい。 「首に手を回してギュッてして。 」 言われるがまま首に手を回す。 首から下を全身脱毛しているらしい肌は、しっとりすべすべだった。 アソコも脱毛しているのかどうか?は秘密。 私の膝を舐め始め 舌と唇で音を立てながら膝と太ももの間を行ったり来たり這わせる。 「ちゃんと見てて」とSっ気たっぷりに言う。 めちゃくちゃエロい美しい青年をしばらくぼーっと見つめながら私は思った。 今私の目の前にいる人は、もしかしたら人間ではないんじゃないか? 全風俗ユーザーの希望を集約して完璧に作られたロボットなんじゃないか? ストロベリーボーイズさん、とうとう作り上げたのかNO. 1セラピロボを。 なんて考えながら、ぼぉーっとしていると 「どうしたの?大丈夫?」と優しい笑顔が戻ってきた。 施術終了 タクさんは、私について 「こういう所があるよね。 こういう風に思ってるんじゃないかな? こんな性格なんじゃないかな?」と分析してくれた。 えー私ってそんな所あるかな?って思ったと同時に 「ガチャリ」と私の中で何かが外れる音がした。 これって 120分という限られた時間内で 本気で私に向き合ってくれた証拠。 あーこれ。 多分私が求めていたモノだ。 誰かに「本当の私を見つけ出して欲しい」と思っていた私の願望。 自分の事を客観的に知りたかった。 私って一体何者なのか? タクさんは、それを叶えてくれる人かもしれない。 最後は、お言葉に甘えて一緒にシャワー。 シャワーの後 バスタオルをそっと肩にかけてくれて バックハグに続いて首のマッサージ。 もー幸せすぎて腰抜けそうだった。 部屋を一緒に出てエレベーターを降りる時 手を差し出すタクさん。 自然に手を繋ぐ事になったけど、やっぱり私は恥ずかしい。 「人の目が気になるんだよね私。 私たちどう見られてるのか気になっちゃうし・・」 とかブツブツ言っていたら 「人の目なんて気にしなくていいんだよ。 じゃ、こうやって繋ごうか」と、一般手繋ぎから恋人繋ぎへ。 また「ガチャリ」と私の中で何かが外れる音がした。 もうアラフィフなんだからこうしなきゃダメ。 あれはダメ。 これはダメ。 世間体、固定概念、一般常識、他人の意見etc・・・。 いつの間にか自分の心に不要な鎖をグルグル巻きつけていた。 その鎖を自分で取り去ろうと試みた時期もあったかもしれない。 でも、何重にも絡みついたその鎖をいつしか取る事を諦め なんとなくそのままにしていた自分がいた。 「ガチャリ」は、その鎖が少しずつ外れていく音。 タクさんは、そのまま私を優しくコートしながら 上手に人混みの中をすり抜け、駅まで送ってくれた。 私の完敗だ。 前言撤回。 「顧客ファースト精神に欠けている」なんてジョークです。 笑って許して。 100点満点からスタートした結果 減点どころか、100点満点以上。 私には、もはや点数は付けられません。 「ありがとう」とお互いお礼を言って別れた。 完敗の私は心の中で白旗を掲げながら 途中振り返りそうになる自分を抑えて 駅の人混みの中に吸い込まれていった。 まとめ タクさんは、を利用して自分から積極的に営業をかけたりしない。 それでも常にNo. 1をキープしている。 1の理由は、リピート率が高い事だと思う。 本当に良い物は、特別な営業をかけなくとも売れる。 一度使えばその良さが分かるから。 人も同じ。 が無くても No. 1をキープしているのが何よりの証拠。 まだ20代にもかかわらず、知識が豊富な事に驚かされる。 常に勉強し、本を読み、興味ある事に突き進む。 知識を吸収しようとする貪欲さは凄まじいほどだ。 私の尊敬するアスリートの一人、選手を思わせた。 外見や声、話し方の優しさとは裏腹に 内に秘めた熱く煮えたぎった炎のようなものを常に持っている。 タクさんの施術は 〔女性向風俗〕というカテゴリーでいいのかな? もっと超越した何かを感じたから。 新しい何かを生み出す事が出来る。 タクさんはそういう力を持った人かもしれない。 セラピー【therapy】とは、 治療。 薬や手術などによらないや物理療法をいう。 テラピー。 「アニマルセラピー」「ミュージックセラピー」 〈出典:()〉 私のリピートしたい条件の一つに「信頼感」がある。 見た目や技術も重要だけど、 私に真剣に向き合ってくれてる事が伝わると、また逢いたいと思う。 も も体だけじゃない心も影響する施術だから尚更。 — ItoKenko 風俗=潤いセラピーだから《潤風俗》と呼びたい ItoKenko 私にとって、本物のセラピストに出逢えた気がした。 タクさんと〔命の時間〕を共有できた事を嬉しく思う。 ありがとう。 今回も読んでいただき、ありがとうございました。 ItoKenkoでした。 iloveng2931.

次の

『女性向風俗』ストロベリーボーイズ タクさん

ストロベリー ボーイズ

はじめに 今やのチケットをゲットするより難しい?と思われる の予約をなんとかゲットした。 苺ユーザーの私としては、やはりNo. 1苺を試食してみたかったから。 タクさんはを利用していない為 初めて会う前にご本人と一切コミュニケーションが取れない。 予約も結果待ち。 もうこんな事初めて。 唯一タクさんの情報を知る手がかりは 〔写メ日記〕か〔口コミ〕か〔誰かが書いたブログ〕のみ。 この段階ですでに ソフトSMプレイ? ミステリーツアー? 目の前に美味しいご飯があるのに「待て」と言われている犬? のような心境だ。 予約方法も まずユーザーが希望日を事務局に連絡し タクさんがご自分の兼業とのスケジューリングをした後 〔タクさんに会える券〕の当選者が決まる。 という仕組み。 事務局側もタクさんの連絡待ちという訳だ。 顧客ファースト精神に欠けているのではないか? まさにタクファーストになってないか? しかも写メ日記を読む限り ナルシストの俺様系を想像させる。 そう思えてきた へそ曲がりの私は こうなったらNo. 1の化けの皮を剥いで 100点満点からの減点方式で採点してやる! 待ってろよーっ!! 待ち合わせ 遅刻は相手の〔命の時間〕を無駄にする行為に繋がる。 というのを本で読んだ事があり、遅刻だけは常に気を付けていた私なのだが 時間前に到着したものの、土地勘の無いせいで待ち合わせ場所を間違えてしまい 私とした事が10分程遅刻してしまった。 完全に慌てて到着した私の目の前に現れたのは 超絶美顔でお洒落なスーツ姿&清潔感溢れる青年だった。 (スーツ姿のタクさんを見られるのはレアらしい。 大丈夫ですよ。 」とニッコリ。 なんと、声も優しく語尾も柔らかい。 女性と話しているような安心感。 思いっきり肩透かしを食ったようだ。 ホテルはタクさんにお任せで。 道中、常に私に気を配り 私が聞こうとしていた質問を知っていたかのように ご自分の事をずっと話してくれた。 カウンセリング ホテルに入り、まずソファに2人で腰かける。 ペットボトルのドリンクにプラスして 可愛いフルーツのドリンクまで用意してくれていた。 早速私が料金を支払おうとした所 「まずカウンセリングをして内容と料金のご確認をしてから頂きますね。 」 おーなるほど、安心を感じさせる。 カウンセリングシートと一緒に ご自分のプロフィールが書かれたシートを見せながら自己紹介をしてくれる。 カウンセリングシートは後にシュレッダーするとの事。 プロフィールシートは貰えない。 後に回収。 私がシートに記入してる間 シャワーや空調、照明などのセッティングをするタクさん。 書き終えたカウンセリングシートを一緒に見ながら内容の確認をしていく。 私にとっては、ものすごく恥ずかしい時間だ。 何故風俗を利用しようと思ったか?から始まり 何故これがNGなのか等すごく細かく聞いてくれる。 色んな質問をしてお客様の本当の気持ちを探るかのように じっくり時間をかける。 私は今回 Iラインタッチ無しでお願いした。 これも初めての経験。 何故かと言うと 数日前にチネイザンを受けて心身がだいぶ軽くなっていたし 今回は性欲も特に無く 何よりタクさんと沢山会話がしたかった(ダジャレじゃないけど)。 それに加えて美顔を間近に見ながら イチャイチャ時間がたっぷり欲しかった。 タクさんのカウンセリングは 心理カウンセラーのカウンセリングを受けているかのようだった。 (受けた事は無いが。 ) タクさんにとっては、この時間がとても大事だと言う。 目の前にいる人に真摯に向き合う姿勢をひしと感じた。 私の手を取り フェザータッチを実演しながらパウダーマッサージの説明をしたりする。 そんな訳で、タクさんはカウンセリングの時間をたっぷり使う。 いつも通り茶封筒に入れた料金を今回は封筒から出して渡し 「封筒は捨ててくださいね。 」と言うと お客様から頂いた封筒は全て取ってあるとの事。 どんな風に渡されるのがベストか尋ねると どんな風でも有難いとの事だった。 料金など 利用したお店は さん。 苺ユーザーの私は 今回も口コミ割利用させてもらいました。 120分コース 18000円 +指名料 1000円 +セラピさん交通費(東京23区内)1000円 -口コミ割 1000円 合計 19000円。 +ホテル代実費。 初めてお店に電話してみたんだけど 電話に出てくれたS店長 すごく気さくで面白い方でした。 シャワー タクさんのシャワーの準備は 香りを楽しむようにと、お湯を張った湯船に入浴剤を入れてくれるらしい。 私は自然療法等を取り入れた生活をしているので 入浴剤、シャンプーやボディソープ、歯磨き粉等も ほぼ決まった物しか使わない旨告げたからか バスタブにお湯だけ張っていてくれた。 「一緒に入りますか?」と聞いてくれたが 最初は一人が良いのでご遠慮させていただいた。 いつもはシャワーしか浴びないけど せっかくなので湯船に浸かりながら歯磨きをした。 私に続いてタクさんがシャワーを浴びている間に いつも通りベッドの上で音楽聞きながらストレッチしつつ待つ。 何故この順番が良いのか、それぞれのマッサージの効果等 とにかく知識が豊富過ぎて、ありったけの蘊蓄を傾けてしゃべり続けるタクさん。 まずは、うつ伏せで念入りに指圧マッサージ。 タクさんの手は温かい。 そして爪は綺麗に手入れされている。 その手でしっかりとマッサージが施される。 医学的な事を勉強されていたり 実際に医師の元へ行きお話を聞いたり ご自分でもマッサージ等を受けに行ったりと、探究心が旺盛。 腕前は多分かなり良い。 続いて人生初のパウダーマッサージ。 パウダー出来る人は今となっては、レアらしい。 難しい&後処理も大変なのが理由にあるとの事。 タクさんは、パウダーマッサージが性感を刺激するには欠かせない。 と言っていた気がする。 人生初のパウダーマッサージを満喫するはずが 私ときたら、タクさんへの質問攻めに気合いを入れ過ぎて せっかくのパウダーの良さがあまり分からずに終了。 私の馬鹿馬鹿。 唯一覚えてるのは 私が四つん這いになり タクさんが医から教わったというマッサージを施された事。 私がタクさんの顔前に肛門を突き出す形。 羞恥心で涙が出そうだった。 次どこかでパウダーマッサージを受ける機会があったら 絶対に満喫する!と心に誓った。 最後はオイルマッサージ。 優しく丁寧にたっぷりと時間をかけての施術。 この部分をこうするとこういう効果があるetc。。。 とにかくずっと説明しながらマッサージしてくれる。 知識と教養が口から溢れ出ちゃうんだろうね。 「親孝行したい」と言うタクさん。 ご両親への感謝の言葉を聞いている時、目頭が熱くなった。 母親が聞いたら、泣くだろうな。 一通りマッサージが終わると、タクさんの開始。 性感マッサージ 背中へのが終了すると いよいよ仰向けになる時が来た。 私が躊躇していると、仰向けになる瞬間に体にガウンを掛けてくれた。 タクさんの〔口コミ〕を途中まで読んだけど全部読み切れなかったと伝えると、 「それは他人が書いた意見だよ。 今はそれは忘れて。 自分自身で確かめて。 」 そう言って私を見つめながら微笑んだ。 綺麗にメンテナンスされた白い歯が薄暗い部屋の中で輝いていた。 続いて手のマッサージが始まる。 手のマッサージなんて初めてだ。 掌のマッサージは最高に気持ち良かった。 これも、ご自身で実際に受けたマッサージで良かった技術を取り入れている。 良い物があれば、どんどん吸収し取り入れる。 もっともっと・・・という向上心が強く感じられた。 私の敏感な部分周辺を触りながら 「一番敏感な所、まだ触ってないの分かる?」 そして一番敏感な部分を触りながら 「すごく硬くなってるよ」と。 タクさんの得意技に〔言葉攻め〕って書いてあったのを思い出した。 キスまでの流れも自然に。 私は自分からキスのおねだりが出来ないタイプなので嬉しかった。 タクさんの唇は柔らかくてシットリしていた。 そして舌使いがエロい。 「首に手を回してギュッてして。 」 言われるがまま首に手を回す。 首から下を全身脱毛しているらしい肌は、しっとりすべすべだった。 アソコも脱毛しているのかどうか?は秘密。 私の膝を舐め始め 舌と唇で音を立てながら膝と太ももの間を行ったり来たり這わせる。 「ちゃんと見てて」とSっ気たっぷりに言う。 めちゃくちゃエロい美しい青年をしばらくぼーっと見つめながら私は思った。 今私の目の前にいる人は、もしかしたら人間ではないんじゃないか? 全風俗ユーザーの希望を集約して完璧に作られたロボットなんじゃないか? ストロベリーボーイズさん、とうとう作り上げたのかNO. 1セラピロボを。 なんて考えながら、ぼぉーっとしていると 「どうしたの?大丈夫?」と優しい笑顔が戻ってきた。 施術終了 タクさんは、私について 「こういう所があるよね。 こういう風に思ってるんじゃないかな? こんな性格なんじゃないかな?」と分析してくれた。 えー私ってそんな所あるかな?って思ったと同時に 「ガチャリ」と私の中で何かが外れる音がした。 これって 120分という限られた時間内で 本気で私に向き合ってくれた証拠。 あーこれ。 多分私が求めていたモノだ。 誰かに「本当の私を見つけ出して欲しい」と思っていた私の願望。 自分の事を客観的に知りたかった。 私って一体何者なのか? タクさんは、それを叶えてくれる人かもしれない。 最後は、お言葉に甘えて一緒にシャワー。 シャワーの後 バスタオルをそっと肩にかけてくれて バックハグに続いて首のマッサージ。 もー幸せすぎて腰抜けそうだった。 部屋を一緒に出てエレベーターを降りる時 手を差し出すタクさん。 自然に手を繋ぐ事になったけど、やっぱり私は恥ずかしい。 「人の目が気になるんだよね私。 私たちどう見られてるのか気になっちゃうし・・」 とかブツブツ言っていたら 「人の目なんて気にしなくていいんだよ。 じゃ、こうやって繋ごうか」と、一般手繋ぎから恋人繋ぎへ。 また「ガチャリ」と私の中で何かが外れる音がした。 もうアラフィフなんだからこうしなきゃダメ。 あれはダメ。 これはダメ。 世間体、固定概念、一般常識、他人の意見etc・・・。 いつの間にか自分の心に不要な鎖をグルグル巻きつけていた。 その鎖を自分で取り去ろうと試みた時期もあったかもしれない。 でも、何重にも絡みついたその鎖をいつしか取る事を諦め なんとなくそのままにしていた自分がいた。 「ガチャリ」は、その鎖が少しずつ外れていく音。 タクさんは、そのまま私を優しくコートしながら 上手に人混みの中をすり抜け、駅まで送ってくれた。 私の完敗だ。 前言撤回。 「顧客ファースト精神に欠けている」なんてジョークです。 笑って許して。 100点満点からスタートした結果 減点どころか、100点満点以上。 私には、もはや点数は付けられません。 「ありがとう」とお互いお礼を言って別れた。 完敗の私は心の中で白旗を掲げながら 途中振り返りそうになる自分を抑えて 駅の人混みの中に吸い込まれていった。 まとめ タクさんは、を利用して自分から積極的に営業をかけたりしない。 それでも常にNo. 1をキープしている。 1の理由は、リピート率が高い事だと思う。 本当に良い物は、特別な営業をかけなくとも売れる。 一度使えばその良さが分かるから。 人も同じ。 が無くても No. 1をキープしているのが何よりの証拠。 まだ20代にもかかわらず、知識が豊富な事に驚かされる。 常に勉強し、本を読み、興味ある事に突き進む。 知識を吸収しようとする貪欲さは凄まじいほどだ。 私の尊敬するアスリートの一人、選手を思わせた。 外見や声、話し方の優しさとは裏腹に 内に秘めた熱く煮えたぎった炎のようなものを常に持っている。 タクさんの施術は 〔女性向風俗〕というカテゴリーでいいのかな? もっと超越した何かを感じたから。 新しい何かを生み出す事が出来る。 タクさんはそういう力を持った人かもしれない。 セラピー【therapy】とは、 治療。 薬や手術などによらないや物理療法をいう。 テラピー。 「アニマルセラピー」「ミュージックセラピー」 〈出典:()〉 私のリピートしたい条件の一つに「信頼感」がある。 見た目や技術も重要だけど、 私に真剣に向き合ってくれてる事が伝わると、また逢いたいと思う。 も も体だけじゃない心も影響する施術だから尚更。 — ItoKenko 風俗=潤いセラピーだから《潤風俗》と呼びたい ItoKenko 私にとって、本物のセラピストに出逢えた気がした。 タクさんと〔命の時間〕を共有できた事を嬉しく思う。 ありがとう。 今回も読んでいただき、ありがとうございました。 ItoKenkoでした。 iloveng2931.

次の