アロハ 意味。 「アロハ」「マハロ」からはじめるハワイ語・ハワイ語会話 [ハワイ] All About

Aloha Spirit

アロハ 意味

Contents• アロハオエ アロハは「愛」や「さようなら」、オエは「あなたの上に」と言う意味で、アロハオエは「さようなら、あなた」と言う意味になるのだそうです。 この曲は、1878年にハワイ王国最後の女王であったリリウォカラニが作詞、作曲しました。 マウナヴィリに静かに咲くバラの花 森の中を通り抜けていく 未だ開かぬ蕾を探しているかのように 山あいに咲くレフアの花よ あなたにアロハあなたにアロハ 木の陰に佇む心優しき人 去っていく前にもう一度あなたを抱きしめよう また会えるその時まで 懐かしく暖かい思い出が胸をよぎる ついこの間のことのように 愛する人よ 我が愛しき人よ 真心は決して引き裂くことはできない 私はあなたの素晴らしさをよく知っている マウナヴィリに静かに咲くバラの花 そこにいる啼かない鳥たち そして木の陰にいる美しい人 あなたにアロハ あなたにアロハ 木の陰に佇む心優しき人 去っていく前にもう一度あなたを抱きしめよう また会えるその時まで —ウィキペディア(2013年4月6日版)より引用— 作詞、作曲者 リリウォカラニは国王カラカウア一世の妹で、アメリカ人と結婚しましたが1891年に夫と兄が亡くなったためにハワイ王国の女王となりました。 彼女は、1893年に独立を画策しましたが、アメリカ併合論者によって退位させられました。 1895年に王位奪還を目指しましたが失敗、これによりハワイ王国は滅亡し1898年、アメリカはハワイを併合しました。 リリウォカラニは反乱の罪で自宅軟禁されましたが、のちにハワイ共和国への忠誠を誓うなどして許されました。 アロハオエは、リリウォカラニが商事と軍人の別れの様子を見て作ったという説があります。 しかし、リリウォカラニが王国を守ろうとしながら、王国の滅亡が目前になった当時の状況やリリウォカラニの心境とあまりにマッチしているため、祖国の滅ぶ姿を見て作ったものではないかとの説もあります。 この後、アロハオエはキリスト再臨を熱望する内容の歌詞がつけられ、讃美歌としても歌われているのだそうです。 悲しい歴史を持った曲でもあったのですね。

次の

アロハは手の向きによって意味が違う?呼び方や正しい挨拶のやり方!

アロハ 意味

こんにちは。 夏によく見かけるようになるシャツ、アロハシャツ。 色々な柄、色、サイズがあり、見かけると「夏だなぁ」「ハワイだ~」とよく思います。 あるきっかけで、ハワイのアロハシャツについて調べました。 日本からアメリカへ移住し、最終的に憧れのハワイに行きついたその方は、 現地でアロハシャツ店を営み、オーナー兼デザイナーをされていると知りました。 日本でも認知度のあるアロハシャツですが、 実はあまり知られていないことは多々ある、奥深いものです。 そこで今回は、アロハシャツのこと、 特徴や正装時の柄選定の注意点などについてまとめたいと思います。 最後まで読んで頂ければ幸いです。 Sponsored Link 目次• アロハとは? 「Aloha (アロハ)」とは、ハワイ語。 「好意」、「愛情」、「慈悲」、「優しい気持ち」、「思いやり」、 「挨拶」などの意味を持っています。 アロハシャツとはどんなシャツ? アロハシャツ Aloha shirt とは、 トロピカルなモチーフ(パイナップルやフラダンスをする女性)、 オリエンタルなモチーフ(金魚、虎など、和柄と呼ばれるもの)を 華やかでカラフルな色彩で染め上げた、開襟シャツのことを指します。 実は以前、商標登録の関係上、 「アロハシャツ」という名前が一時的に使えなくなったため、 「 ハワイアンシャツ」と呼ぶこともあるそうです。 アロハシャツが由来は? ハワイのサトウキビ施設で労働者に従事していた日系移民が広めたという説があります。 多くの日本人が移住した際に持ち込んだといわれる着物。 ただ、ハワイは暑く、気候に適しませんでした。 そこでリサイクルとしてパラカ(ヨーロッパの船員たちが来ていた開襟シャツ)風に加工・仕立て直された!のが起源と言われています。 他には、日本の着物の美しさに惹かれたハワイの現地の人が「着物をシャツにしてくれ」と依頼した!のが起源という説もあります。 そのため、アロハシャツは「エキゾチックで派手な色使いと大柄の開襟シャツ」なのだそうです。 アロハシャツの特徴は? 柄の種類 主に製造された時代により、主要な柄が代ってきます。 アロハシャツには、主に5つの絵柄が描かれています。 ハワイアンフラワー、フラ、ドルフィン(イルカ)、ホエールテール(クジラの尻尾)、ホヌ(海ガメ)があげられます。 布地 レーヨン、コットン(木綿)、シルク、ポリエステル、コットン&ポリエステルなどがあります。 ボタン ボタンは、貝・竹・ヤシの木・ココナッツ製を用いたものがあります。 プリント手法 抜染プリント ・・・生地を一度地色に染めて、次に柄の部分の色を抜き、さらにプリントするという手の込んだ手法。 地色が裏側まで抜けているのが抜染の証です。 オーバープリント ・・・デザインに使われる色の数だけ版を作り、1色ずつ版を刷り重ねて色付けしていく手法。 生地の裏をみると、地色もプリントしていることがわかります。 正装としてアロハシャツを着こなす際、柄の決まりごとは? オフィスやレストランなどでも着用されるだけでなく、 式典や冠婚葬祭でも着用が許される「ハワイにおける男性の正装」として 認知されるようになりました。 しかし、やはりお決まり事として・・・ 正装として着る場合は時、場所、タイミングにもより異なり、着分けが行われています。 例えば・・・ 結婚式 結婚式の際には絡まり合いながら伸びる事から「結ぶ;人と神を結ぶ象徴」という 意味を持つマイレ(Maile)の葉の柄 お祝い・事業開始など 船出や事業の始まりの際は、「偉大なキャリアのスタート」を意味する ウル(パンノキ)の木の柄 お葬式 葬儀の際には弔意を表す意味で「万物の終わり」を意味する ラウハラ(Lauhala)の葉の柄 このようなアロハシャツの柄を着用すると良いといわれています。 Sponsored Link 最後に いかがでしょうか。 アロハシャツは、日本の着物からのアレンジということは、初めて知り、驚きました。 また、正装でも着られるシャツですが、 その柄がとても大事で色々な意味を持つことを知りました。 知れば知るほど、調べればたくさんの情報があり、奥が深いアロハシャツ。 男性だけでなく、女性、子供、すべての人に愛されるシャツを・・・ 是非1枚、新たに購入したいものです。 今回は、アロハシャツの由来、特徴、正装時の柄の注意点の紹介をしました。 こちらの記事では、アロハシャツのお店をハワイに持つ、木内九州生さんのプロフィール・経歴! 興味を持ったきっかけについて紹介しています。 参考になる部分も多いと思うので、ぜひ一度目を通していただけると幸いです。

次の

ALOHA(アロハ)に秘められた意味と愛溢れるスピリット

アロハ 意味

ハワイのあちこちで見かけたり、耳にすることができるハワイ語。 旅行でも知っていると役立つ、定番のハワイ語をまとめました。 公開日:2018. 11 更新日:2018. 19 古代ハワイアンの人々の間で使われてきた「ハワイ語」は、いまでは英語とともにハワイ州の公用語に指定されています。 「aloha」は「Akahai(思いやり)」、「Lokahi(調和)」、「Olu'olu(喜び)」、「Ha'a ha'a(謙虚)」、「Ahonui(忍耐)」という5つのハワイ語の頭文字から成り立っており、ハワイの人々が持つ「アロハスピリット」を表す言葉として大切に扱われています。 さらにていねいに感謝を伝える言葉として、「たくさん」や「大きい」の意味を持つ言葉を組み合わせた「Mahalo nui loa(マハロ・ヌイ・ロア)」もあります。 ハワイの空港の到着ロビーや観光地などにサインが掲げられていたりします。 「〜〜にご協力をお願いします。 」という意味で「Please kokua〜〜」などと使われます。 ハワイの人々が神聖に扱う場所「ヘイアウ」(古代の神殿跡)への立ち入りを禁止するサインなどに書かれていることがあります。 「終わりましたか?」の意味で「Are you pau?」といった使い方をします。 ハワイでは英語の「Delicious(おいしい)」と「'ono」を組み合わせた「Onolicious(オノリシャス)」という言葉もよく使われます。 料理としての「ポケ」もあり、魚介の切り身をしょうゆやごま油などで合えたもので、ハワイのローカルフードとして人気です。 またバーなどで言う「ププ」はおつまみを指し、小さな一品料理などが多いです。 レストランやバーなどでは「パウハナ・タイム」、「パウハナ・メニュー」として、お酒や料理を割安で提供するハッピーアワーを実施しているところも多いです。 「talo(タロ)」とも呼ばれています。 蒸して潰して、練ったものは「ポイ(poi)」と呼ばれ、いまでもロコの食卓で食べられているほか、ハワイアン料理を提供するレストランなどでも食べることができます。 ビーチで甲羅干しをしている姿をよく見ることができますが、州の法律で近寄ったり触れたりすることは禁じられているのでご注意を。 大昔に欧米からやってきた渡り鳥ですが、当時のハワイ諸島に天敵となる動物がいなかったため、飛ばない鳥として進化をしました。 しかし近代、ネズミ退治のために輸入されたマングースによってネネの生態系が脅かされ、現在は保護の対象として大切に守られています。 ハワイ島の火山国立公園やマウイ島のハレアカラなどに生息しています。 「マグロが近くにいる場所を教えてくれる」と言い伝えられ、ハワイの漁師にとって神聖な存在として大切にされています。 たとえばホノルルの大きなショッピングモール「アラモアナセンター」でトロリー乗り場の場所を聞くと「マカイ(海側)だよ!」といった説明がされたりします。 カマアイナは「この大地に属する人」という意味で、ハワイ州民のことを指します。 また「No rain, no rainbow(雨が降らなければ虹も出ない)」ということわざもあるように、ハワイの人びとは虹を大切に思っています。 ときどき女性・男性の目印がなく、アルファベットで「kane」や「wahine」のみの表示しかされていないお手洗いもあるので、覚えておくと間違えずに済みます。 ジャンル• ジャンルを指定•

次の