タイトリスト アイアン t200。 タイトリスト T200 アイアン/ヘッドスピード別試打(1/4)|クラブ試打 三者三様|GDO ゴルフギア情報

タイトリストT100とT200とT300の違いを比較してみました!

タイトリスト アイアン t200

ツアー支給と言うと、タイトリストのツアーレップ(担当者)がプロと連携してニューアイアン、ユーティリティ、ハイブリッドのフィッティングを行うことが目的だが、その裏には、非公式にUSGA(全米ゴルフ協会)の画像に新作クラブをチラ見せして商品をアピールする目的もある。 ご存知の方もいると思うが、2、3週間前にお世辞にも良いとは言えない「T300」の実物画像が流出した。 このアイアンに対する最初の反応は好意的とは言いがたく、MyGolfSpyコミュニティのメンバーの一人は、この画像を見た日がエイプリルフールでないかカレンダーをチェックしたとコメントするほどのものだった。 ところが今はどうだろうか? 新しいデザインに対する第一印象は何かとよろしくないものだが、時が経つにつれてタイトリストが、大幅刷新したのは一目瞭然で、代表的モデルであるAPシリーズを大改革したデザインに対して好意的な気持ちを持つべきだと思う。 タイトリストは、いまだに新アイアンのテクノロジーやどのモデルがどの後継となるのか明かしていないが、「T100」は「AP2」の「T200」は「AP3」の後継モデルで、「T300」は「T-MB」と「AP1」の「合いの子」のようだ。 とりわけ「T200」は「MAX IMPACT」と描かれているキャビティ部分のウェイトが特徴だ。 「T300」の特徴的なキャビティデザインにも「Mi」と描かれていることが分かる。 おそらく「Mi」は「マキシマム・インパクト」を表しているように思う。 何れにしても、初速が上がるアイアンからすぐに変えたいという気持ちにさせる、初速アップがキーワードになるだろう。 もし、効果的に初速アップできるアイアンを持っているなら、あとはあなた次第だ。 冗談はさておき、タイトリストが新アイアンを初速アップではなく、スコアアップに対して最大限の(素晴らしい)効果をもたらすことを推し出す可能性もあると思う。 おそらく最大効果とは、ボールが適正なスピン量を伴い効率の良い角度でグリーンに落ちることを意味しているのだろう。 そして、今のところ明らかになっていないのが「T400」だ。 詳細ははっきりしていないが、「T400」はタイトリスト史上、最も寛容性があるアイアンになるのではないかと感じている。 タイトリストがPGAツアーにおけるアイアン使用率No. 1(5年連続でここ15シーズンでは14シーズン)であることは言うまでもないだろう。 ドライバー(ほとんどの週)、ハイブリッド、ウェッジ、そして当然ながらボールの使用率でもトップであり、そのためのお金事情は常に付きまとうが、その裏で圧倒ぶりは印象的でもある。 しかし、タイトリストの課題は、こうしたツアーでの成功の裏で近年のアイアンシェアが落ち込んでいる小売市場に注力することだ。 「TS」のウッドシリーズと同様、新鮮で他とは違う、そして安定した在庫を店舗に置く努力をすることがブランドの再構築となる。 こうすることで、この数年で競合メーカーに流れていったゴルファーの興味を引くことができるだろう。 お手並み拝見だ。

次の

《2020年版》タイトリストのアイアン、違いと選び方を打って解説!

タイトリスト アイアン t200

【飛距離】9. 5 飛び系アイアンに負けないぐらいによく飛びます。 オフセンターでもキャリーが変わらない。 驚きました。 【弾道の高さ】9. 5 ノーマルロフトのアイアンぐらいの高さになります。 よりも確実に弾道が高い。 スピン量は普通レベル。 【つかまり】8. 5 手首を使わなくてもしっかりつかまります。 フェース・ローテーションはやや控えめで静かな動きをします。 【操作性】8. 5 飛んだり飛ばなかったりがないから、距離は合わせやすい。 大きく球筋を操るのは難しいが安全な範囲で曲げられます。 【打感】9. 0 大きな弾き感もなく、柔らかくて、心地いい打感です。 鋳造でここまでの打感に仕上られたことに感心です。 【やさしさ】9. 5 フェースの動きが自然で、タイミングが合わせやすいアイアンです。 マジで打ちやすい。 レベルブローに振ってもよく拾って高く上がるし、 やさしくつかまって、オフセンターでも失速しない。 飛距離性能も安定感も素晴らしい。 シャフト長が標準の長さであることもプラス材料です。 方向性もよくて、振り遅れたり体が止まったりしても、だいたいグリーンの幅に飛んでくれる。 アベレージ向けのやさしいアイアンに負けない寛容さがある一方で、MBアイアンやCBアイアンのような上級者向けアイアンのしっとりとした味も残されている。 アイアンに求める条件のすべてを満たしてくれるような見事な出来栄えです。 価格重視なら という選択肢もある。 飛距離よりも操作性を重視するなら があります。 分かりやすいラインナップになりました。 「よくつかまる」 最近自分のクラブで右のミスが多いけど、これはつかまりがいいからまっすぐに飛んでくれる。 ・Titleist KUROKAGE 60 ・Modus3 Tour105 S ・N. PRO 950GH neo S カーボンは軽くて振り抜きやすい。 グニャグニャせず、しっかりとコンタクトできます。 オススメしたいゴルファーは ・アイアンの飛距離が欲しい。 ・ミスに強いアイアンが欲しい。 ・打感が良ければ鍛造にこだわらない。 5 USGA 現在 1. 競技と仕事を両立しながらのゴルフ漬け。 シニアになってパワーが落ちてきましたが愛犬に付き合ってもらいながら体力作りも頑張っています。 ゴルフ歴34年、飛距離とスコアのアップを目指して、あらゆるギアの研究を重ねています。 スコアは負けても、専門的な知識は負けません。。。 アーカイブ アーカイブ.

次の

タイトリスト T200 アイアン

タイトリスト アイアン t200

タイトリスト T200 アイアンの特徴 T200に搭載されたマックス インパクト テクノロジーによって、フェース面全体でスピードアップと高い許容性を実現。 タイトリスト ツアーアイアン伝統のプロファイルを踏襲しながらも、かつてないスピード性能とミスに対する高い許容性がアイアンショットの精度をアップさせます。 プレーヤーのポテンシャルを最大限に引き出すディスタンスアイアン。 飛びと精度が格段に向上 T200に搭載されたマックスインパクト テクノロジーは、フェースの広い範囲でボールスピードの最大化を可能にします。 これに高い飛距離性能をくり返し再現することができ、アイアンショットの精度が格段に向上します。 ヘッド重量の3分の1を超えるタングステン T200のロング〜ミドルアイアンには、ヘッド重量の3分の1を超えるタングステンをトゥ・ヒールに配置。 ミドルサイズのヘッドでも非常に高い慣性モーメントを獲得し、最適なインパクトと安定性を獲得しています。 鍛造Lフェースがベストショットへと導く T200の鍛造Lフェースは、ソール部までカバーされているため、ヘッド下部でショットしてもボールスピードがアップし、かつ驚くほど心地よい打感をもたらします。 またすべての番手を最適なヘッドデザインに設計し、ロングアイアンは低重心化により弾道が上がりやすくなっています。 4 5 6 7 8 9 PW 48 ロフト角(度) 21 24 27 30 34 38 43 48 ライ角(度) 61 62 62. 5 63 63. 5 64 64 64 長さ(インチ) 38. 5 38 37. 5 37 36. 5 36 35. 75 35. 910は共通ではありません。

次の