ティックトック おすすめ。 Tik Tokでおすすめに表示されるには?

TikTok(ティックトック)とは?短尺動画アプリの魅力を徹底解説|ほりこす|note

ティックトック おすすめ

Table of Contents• 4」というアルバムに収録されていて、2018年3月にリリースされた比較的新しい曲になります。 片腕を構えてもう片方の腕で上下にパンチを計8回して、逆の腕に切り替えて同じ動きをするパンチ動画が流行っています。 腰や足など、体全体でリズムをとるのがポイントで、後半は自由に楽しく自己表現ができます。 ダンスのポイントとしては、キレがよく大きく動くとすごく見栄えが良くなりますよ。 ティックトックのダンスの中でもトップクラスと言ってもいいぐらい簡単です。 現役のAV女優のあいかりんさん、芹野莉奈さん、さぁちむさん、橘咲良さんからなるファッキングラビッツのとてもノリのいい曲になっています。 いい波のってんNIGHTはダンスというより、歌詞を振り付けで表現している感じです。 波の歌詞で手で波を表現したり、他のところは振り付けで表現するので、人によって振り付けが変わります。 フィンガーダンス #幸せはいつも続かない 【原曲: How To Love Japanese Ver. ティックトックで使用されているのは、日本語バージョンなっています。 リル・ウェインの原曲に日本語の歌詞をのせてアレンジを加えたものですが、公式に作品として発表はされていないようです。 原曲はゆったりとしたリズムですが、ティックトックでは高速再生して使われています。 以下で詳しく説明します。 基本的には手と指だけのダンスなので、簡単そうに見えますが練習しないとなかなかスムーズにできるようにならないかも知れませんね。 しかも、手と指だけで出来るので撮影はどこでもできます。 2013年にリリースされたクラブミュージック。 ティックトックでは「シリシリダンス」と呼ばれるお馴染みですが、ティックトックで流行る前からタイやマレーシアでは「パナマ・ダンス」として爆発的な人気があったそうですよ。 マレーシアでは警察の人が踊っている動画もあります。 そこから中国や日本でも大ブームを巻き起こしました。 「ジリジリ」の歌詞が「シリシリ」と聞こえることから、ダンス名になっています。 シリシリダンスのやり方は、片足を出して両手を上下に弧を描くようにふります。 そして、両手で波を打つように左右に動かし、両手を前に突き出して腰をふります。 最後に股を開いてしゃがみ、足を閉じて指でハートを作ってポーズを決めれば終わりです。 動きは基本的には簡単ですが、細かい部分にアレンジを加えるとオリジナリティ溢れる動画になりますよ。 振り付けが大人っぽくてセクシーなので、大人の女性でも踊ることが出来ます。 リズムに合わせて左右交互にガッツポーズしたり、歌詞の「めっ!」のところでカメラ目線でダブルピースをします。 振り付けがかわいいので、カップルや友達で動画を撮影するのもいいですね。 ティックトックでは、スピードをアップしたのが大人気で、振り付けが簡単なので投稿している人も多いです。 ティックトックでは、蚊のスタンプを使ったりして、実際に自分の周りに蚊が飛んでいて、それを追い払ったり、手で叩きつぶそうとしているような感じで撮影している方が多いです。 曲を聞いていると本当に蚊がいるような蚊の羽音を連想する曲になっていますよ。 】 原曲は、日本語ラップのNaoさんとOD ワンダラー さんが歌っている曲です。 ねむねむダンスと言う名の通り、ゆるい雰囲気の曲ですが、ダンスが本格的でそのギャップにビックリします。 ノリのいい楽曲で、あのPerfumeもキレキレのダンスの動画をティックトックに投稿しています。 イヤイヤダンスのやり方は、以下になります。 リズムに合わせて両手を開いて左手を右に、また両手を開いて今度は左手を右にを順番に動かす。 最後に片手で頭をなでながら、膝を閉じたり開いたりを繰り返して決めポーズをしたら終わりです。 この曲は、AmebaTVの番組、高校生恋愛リアリティーショー「今日、好きになりました。 」の主題歌で使われた楽曲です。 この番組で出演者たちが主題歌の「私今あなたに恋をしています」の曲にのせて考案したものが、今日好きポーズダンスとしてティックトックでも流行り、大人気のダンス曲になります。 今日好きダンスのやり方は、以下のようになります。 このダンスの最大の特徴は、真似しやすくキュートなところ。 ぜひ、真似して可愛い動画を投稿してみて下さい。 雰囲気はクラブミュージックのようですが、歌詞が意外と話題になっています。 5454ダンスのやり方は、片手で歯ブラシを持つポーズをとり、体を左右に振ります。 ダンスをきちんと踊る人も中にはいますが、壁に背中をゴシゴシこすりつけるような動きだけでも出来るので、小さい子供でもできるのが特徴です。 ゴシゴシを連想するポーズと体を左右に動かしてリズムをとることだけをきちんと守っていれば、あとは好きにアレンジすることもできるので、練習がいらないダンスです。 とにかく声が可愛いのが特徴で耳に残りますし、歌詞も良いです。 オオカミくんダンスは、爪をたててオオカミを表現したり、ハート作ったりと可愛いダンスです。 体全体を使わずに、手だけのダンスですし、振り付けもあまり難しくないので、真似しやすいダンスですよ。 ストリートダンスではお馴染みのダンスなんだとか。 ティックトックでは原曲よりテンポを上げて使われていることが多いです。 うーいーうああダンスは2人1組で踊ります。 やり方は、2人で交互にしゃがんで、行進する振り付けをします。 手を斜めに動かし、肩の上で両手をクルクル回して、頭を下げて腰を左右にふります。 手でリズムをとり、最後は大きくハートマークをつくったら終わりです。 こちらのダンスは、本格的なHIPHOPダンスなので、難易度は高いです。 フリフリダンス 【原曲: Girls ft. 中南米から全世界に広まったのですが、スペイン語の曲になります。 足を出してから腰をフリフリするだけなので、振り付け自体は簡単。 慣れるまでは少し大変かも知れませんが、慣れると簡単にリズムに合わせて踊れます。 日本だと、SEKAI NO OWARIの「Dragon Night」のプロデューサーや、EXILEの「EXILE PRIDE~こんな世界を愛するため~」のリミックスなども手掛けている人なんですよ。 バウンスダンスのやり方は、以下になります。 大きくパートが4つに分かれています。 スタンバイ 音が始まる• 特徴的なサビで、ついついマネしたくなるようなダンスです。 最近のK-POPは、ダンスがとてもクオリティが高くて難しいのに、サビは誰でも真似できるような簡単な動きで出来ていることが多いです。 韓国ではすでに人気のBLACKPINKの曲になります。 Ddu Du Ddu Duダンスのやり方は、右手と左手で順番に指でピストルの形を作って突き出し、腰を左右に振りながら3回撃つしぐさをします。 手のひらを下にして肘を曲げ、腰につけて腰を上下に動かします。 両手を下から上に振り上げる振り付けを2回して、もう一度ピストルの振り付けをして、手をグーにして肘を曲げて胸の上で小さくグルグル回し、指をピストルの形にしてグルグル回します。 元々は野球選手を本気で目指していたようですが、今ではレゲエアーティストをしています。 世界中で人気の曲だし、ティックトックで投稿数も多いです。 キラキラダンスのやり方は、肘を前で曲げて、手をグーにしたポーズから始まります。 左右に顔を向けて、両腕もそれに合わせて動かし、両腕もそれに合わせて動かします。 両足のつま先を外側に向けたり戻したりする振り付けをしながら、片手を前に突き出して、片手で虹を描くように大きく動かします。 左右の足を片方づつ前に出しながら、リズムをとれば終わりです。 TikTok ティックトック で人気のダンス曲で楽しもう! ティックトックで人気のダンスを 17種類、ご紹介しましたがどうでしたか。 ティックトックのダンスには、簡単なモノから本格的なダンスまであります。 簡単なモノは、手だけの振り付けなので、簡単に手軽に動画を撮影して投稿することができるので、まずは簡単なモノからチャレンジしてみてはどうですか?•

次の

TikTok (ティックトック)でおすすめに乗る方法

ティックトック おすすめ

スポンサーリンク 皆さんは、国内の5大SNSって知ってますか? 答えは、 ツイッター・インスタ・Facebook・LINE・YouTubeです。 中でも今後伸びる可能性の高いプラットフォームはどれだと思いますか? 答えは、 YouTube です。 理由はYouTubeが動画をメインとしたプラットフォームだからですね。 今後5Gにより通信容量の増加が実現されれば、より動画の需要が高まるのは容易に想定出来ます。 その他SNSも動画を取り入れ始めてはいますが、動画プラットフォームとしてのシェアはYouTubeが断トツです。 今後もYouTubeは伸び続けるでしょう。 さて、5大SNS以外でもたくさんのSNSがある中で、去年から大きくシェアを伸ばしているのが TikTok(ティックトック) です。 こちらも動画をメインとしたSNSであり、その内容は15秒の動画コンテンツを流すという独自の形を取っているプラットフォームです。 動画をメインとしているプラットフォームですので、今後も大きく期待できるSNSの一つ。 今のうちに攻略していくのが吉ですね。 というわけで、今回は 動画プラットフォーム『TikTok(ティックトック)』の再生回数を伸ばすための方法を現役Webマーケッターが考えてみました。 新規で参入するならTikTok(ティックトック)はおすすめです 最初にTikTok(ティックトック)の特徴をご説明します。 TikTok(ティックトック) はスマホ向けのショートムービープラットフォームです。 10代~20代の若者が中心となって活用されている媒体となっております。 ではなぜ新規参入するならTikTok(ティックトック)がおすすめなのかその理由を説明していきます。 TikTok(ティックトック)は再生回数が増えやすい TikTok(ティックトック)はYouTubeと違い、 後発の参入者でも動画が再生されやすいSNSです。 理由は、TikTok(ティックトック)が、 インフルエンサーだけでなく、新規参入者の動画もおすすめ欄に載せるような検索アルゴリズムを取っているから です。 YouTubeと動画露出のアルゴリズムを比較してみましょう。 YouTubeの場合、以下のような評価を行い動画の露出度を調整します。 TikTok(ティックトック) 新規投稿された動画はとりあえずレコメンド欄に載せる。 再生が低かろうが知名度がなかろうが、 誰の動画でも平等にレコメンド欄へ露出されるため、再生数が稼ぎやすいです。 新規で参入するにはうってつけのプラットフォームですね。 TikTok(ティックトック)はクリエイターへの依存度が低い TikTok(ティックトック)はコンテンツ至上主義です。 チャンネル登録者が多いクリエイターの動画が再生されるのがYouTubeであり、面白いコンテンツならば誰でも再生される可能性があるのがTikTok(ティックトック)。 なぜこのような差があるのかというと YouTubeとTikTok(ティックトック)では、フォロー(チャンネル登録)している人の動画を露出する仕方が全然違うからです。 もしあなたがYouTubeで誰かのチャンネルを登録したと仮定しましょう。 その場合、チャンネル登録しているクリエイターが新規で動画を投稿したとします。 すると、その情報はあなたへこのように通知されます。 また、チャンネル登録をしていないとしても、普段視聴している動画の傾向から、あなたがよく見ているクリエイターの動画、またはあなたが好みそうな動画をチョイスしてトップへ表示します。 つまり、 YouTubeには同じクリエイター・類似のクリエイターの動画を見せるための仕組みがある ということですね。 対してTikTok(ティックトック)はいかがでしょうか。 あなたがTikTok(ティックトック)で誰かのアカウントをフォローしたと仮定します。 その場合、フォローしているクリエイターが新規で動画を投稿した場合、あなたへはこのように通知されます。 これ、気づかなくない…? そうなんです!マジで気づきづらいんです!! フォローしている人の新規動画を見るためには、 アプリを開いて最初に目に入る画面であるレコメンドを経由してフォロー中画面に移動するか、 マイページのフォロー一覧から移動する必要があります。 さらに 、フォローしている人の動画投稿通知もない上に、おすすめ動画の通知はデフォルトで来る仕様。 以上のことから、 TikTok(ティックトック)は色んな人の動画を再生させる仕組みがある ということなんです。 同じクリエイターの動画を見せるのがYouTube 様々なクリエイターの動画を見せるのがTikTok(ティックトック) これらの特徴を良く理解しましょう。 他人が投稿した動画の再生回数が確認できない 後述してますが、 TikTok(ティックトック)では他人が投稿した動画の再生回数が見えません。 なぜなのか。 理由は徹底したコンテンツ至上主義です。 YouTubeは動画コンテンツの大きな評価指標として 『再生回数』を掲げています。 サムネの下に視聴回数のみが表示されていることからもそれは明らかですよね。 対してTikTok(ティックトック)は 『いいね』と 『コメント』を前に押し出してます。 この仕様の目的は、 再生回数は多いけどコンテンツとして問題のある動画の排除 です。 例えば『炎上系動画』なんてイメージしやすいと思います。 過激な動画は再生回数は稼げるけど、エンゲージメント率が低い傾向にあります。 TikTok(ティックトック)ではそういった視聴回数だけが多い問題のある動画を評価せず、純粋に見た人が良いと思った動画だけを評価するということですね。 つまり、コンテンツさえ良ければ誰であろうと評価される環境を整えていることが、ここからも分かります。 今後ユーザーの年齢層が高まる可能性がある 現状、若者向けSNSというイメージの強いTikTok(ティックトック)。 しかしながら、今後はユーザーの年齢層が高まると予想しています。 他SNSでも言えることですが、基本的にコンテンツの広まり方は以下の通りです。 コンテンツの広まり方 1:流行りに敏感な若者がコンテンツを認知 2:同世代へ一気に広まる 3:噂を嗅ぎつけた大人が参入 4:大人の参入により上の世代へ流行が感染 上の例でいくと、TikTok(ティックトック)は今『2』の段階でしょうか。 また、最近はちらほらと大人の参戦が臭ってきてます。 その証拠にこんな感じでHow to系や自己啓発系の動画が出てきてます。 また、How to系は社会人に必要とされているカテゴリが多いので、How to系動画を目的とした社会人が市場に増えてくる可能性ありですね。 なので今のうちにベースを固めておくと、色々有利かと思います。 TikTok(ティックトック)の再生回数を増やす方法 スポンサーリンク ではTikTok(ティックトック)の再生回数を増やす方法について列挙していきます。 ターゲット層とテーマを絞る まずはターゲット層とテーマを絞っていきましょう。 何事も発信する際はターゲットを決め、テーマを決め、それに沿ったコンテンツを継続して投稿していきましょう。 ターゲットを決めるコツは、自分が視聴者に与えられる価値をしっかりと把握することです。 例えば私の場合は、YouTubeにてボイスロイドという機械音声ソフトを使用した動画を投稿しています。 テーマは、 『疲れる毎日にちょっとした笑いを提供する』 です。 もう少し具体的に言うと、通勤・通学中の電車内でちょっとスマホをいじっているときに、ふと見て笑ってしまうような。 そんなコンテンツをイメージして作っています。 もともと自分はお笑いが好きだったので、それを価値として届けられるのではないかと感じ思いつきました。 このように、 自分の得意なことから与えられる価値を考えて、どこの誰にその価値を与えるかを具体的にイメージしていきましょう。 これにより、動画を見てもらえる確率がぐっと高まります。 サムネを作る サムネはしっかり作ったほうが良いです。 エンタメ系動画ならば、ムービー中にインパクトのあるサムネとして使用できるシーンがある場合が多いと思いますので問題はないかと思いますが、Howto系などは難しいですよね。 (説明がメインであるため、インパクトのある画が撮れない) その場合は、 冒頭にYouTubeっぽいサムネイルを挿入しましょう。 ポイントは以下の2つ。 などの対象者を絞り込んで問いかけるような内容にすると、その状況に当てはまっているひとは興味を引かれます。 このように、視聴者に問いかけるようなタイトルは一つ例としてオススメです。 TikTok(ティックトック)の場合、サムネが若干動くので、頭に1秒程度サムネにしたい画像、またはテキストを挿入すると良いでしょう。 Howto系の場合、冒頭テロップで動画の内容を伝えてあげましょう。 視聴者はサムネでなんとなく動画の内容をイメージしてから、動画を見に来ます。 そこで自分がイメージした動画の内容と実際の動画の内容が相違していたら、最後まで動画を見てくれません。 冒頭でしっかりと視聴者を引き止めるために、.

次の

TikTok(ティックトック)のバズるおすすめの時間帯は?

ティックトック おすすめ

いいねを増やす• おすすめじゃなくても見てくれるフォロワーを増やす という2点が重要となるのでそれぞれ解説いたします。 ちなみに・・・TikTokの運営が手作業で決めているという噂がありますが、これはほぼ嘘で間違いないと言われています。 なので「運営さんお願い」「運営の人イケメン」などと載せても効果はないでしょう。 ハートを稼いでバズりやすくする バズるための方法の一つでもあるのが「ハートを増やす」こと。 ハートが増えればどんどんおすすめにのりやすくなります。 ここでは、ハートを増やす方法を4つご紹介します。 TikTokの検索で「いいね返し」と検索して出てくる投稿にいいねを押していく方法です。 単純に名前の通り、いいねを押した相手が自分の投稿を見に来てくれていいねを返しに来てくれるいわゆるドーピング的な方法。 実際に検索してみると、「いいね返し」以外にも、「いいね返しします」など様々なハッシュタグが出てきます。 ただし、• 「いいね返し絶対」など返してくれる確率の高そうなハッシュタグを選ぶ• 既にいいねが1万を超えているような投稿は避ける というようにしっかり狙いを定めていいねをしていくと、コストパフォーマンスが高いでしょう。 その 投稿方法として最も重要なのがハッシュタグです! ハッシュタグを入れることによって、誰かがあなたの投稿を検索から見つけるかもしれません。 そのために、投稿にピッタリあったハッシュタグを入れましょう。 具体例としては、 「 おいしい」よりも「 パンケーキ」 の方が検索される可能性が高く需要がありますよね。 さらに 「 パンケーキ」よりも「 原宿パンケーキ」 の方がさらに細かく同じ趣味の人が見てくれる確率があがりますよね。 このようにしっかり考えて投稿しないと、• 似たような投稿が多すぎて全く見られない• そのハッシュタグが少なすぎてそもそも全く検索されない ということになってしまうので、しっかり考えて最適なハッシュタグを入れましょう。 結論から言うと、質を高めるということになります。 やはりどれだけ「いいね返し」や「ハッシュタグ」を使っても、内容が良くなければ増えることは期待できません。 よくある失敗として多い例が、ただのTikTok流行ダンスやアテレコです。 もちろん自己満で載せる分には問題ないのですが、 誰もができて誰もがやっている内容を、そこらの普通の人がやっても誰もいいねとは思わないのが普通です。 あれらの定番のダンスやアテレコでいいねを貰えるのは、よほどの美貌がある美男美女ぐらいです。 そういった中で、あらためて知らない誰もがいいねしたくなるような需要が成功が多い例としては5つ。 自分の投稿に「私のを見ていいね下さい」と書いて宣伝しよう• なので正しい方法としては、適切なコメント、または座布団一枚と言うほど上手なコメントなどをすること。 ただでさえ面白い動画に、 誰もが笑ってしまうようなツッコミをコメントできるとバズって注目されて自分の投稿を見られる可能性があります。 ただ、芸能人のような 人気者のコメント欄で目立つのは大変なので、フォロワーが少ないような人に毎日コメントするなどして仲良くなって、地道に広げていくのが一番確実でしょう。 フォロワーを増やすには? 続いて、いいねをすぐに貰う方法として、フォロワーを増やすのが大事なポイントとなります。 フォロワーを増やす方法は、いいねを増やす方法と少しかぶりますが、大きく分けて2つ。 仲良くなる 気に入った他のTikTokerを見つけたら、自分からフォローして積極的に絡んで行きましょう。 毎回コメントくれるような人や、いいねをくれる人はフォローを返したくなりますよね。 ただし、やはりこれもフォロワーが既に500人以上いるような人は、なかなか自分を見てくれません。 少なめな人に絞って仲良くなるのが一番良いでしょう。 フォロー返しを使う これも「いいね返し」と同じくドーピング的な裏技になりますが、問答無用でフォローを返してくれる「フォロー返し」を使いましょう。 検索で「フォロー返し」と打って、そのハッシュタグのユーザーをフォローしていきます。 ただ、これもデメリットとして、 いつの間にかフォローを外されていた という悪い口コミのユーザーも多くいます。 定期的に自分のフォローをチェックして、「友達」になっていないユーザーは自分のフォローも外してしまいましょう。 ちなみに「いいね返し」と違って「フォロー返し」ユーザー名の検索にも多く出てくるので使いましょう。 名前に入れているぐらいなので、ただのハッシュタグよりも返してくれる確率が高いです。 まとめ いいねやフォロワーを増やして、おすすめに載ってバズって有名になる方法でした。 地道に活動して着実にいいねやフォロワーを増やしながら、本当にバズってしまうようなクオリティの高い投稿さえできれば、おすすめに載って有名になることができるでしょう。 また、バズってフォロワーが増えれば、お金を稼ぐこともできます。 その方法はこちらの記事で解説いたします。

次の