マグナ hl ソロ。 ランク101になった人へ!〜マグナHLに関して〜

リミノア入り光マグナアルバハHLソロがしゅんごい。

マグナ hl ソロ

お久しぶりになります。 今回は個人記録的なものに近いですが、私も遂にアルバハHLソロを達成しましたので、それについてまとめて行きます。 落ち着いたので、これからソロへ挑戦する人へ向けて、参考になるよう書いていこうと思います。 はじめに 水のアルバハソロに関しては、先駆者の皆様が多く、ほとんどは見知ったものに近いと思います。 しかしながら、その多くはヴァルナ編成です。 私がマグナでやったのは、かっこつけとか縛り討伐とかではなく、ただヴァルナ編成が無いだけなのですが、同じようにヴァルナが無いからと、ソロ挑戦をあきらめている人が居るかもしれないので、そういう部分を書いていこうと思います。 ソロ挑戦しようと言うレベルの方なら、自分にも当てはまる部分、参考にならない部分等わかると思いますので、上手く活用してやってください。 あくまで、私がこう考えて組み、討伐できたというまとめです。 1.編成・準備 私がソロ達成した装備については、上記の画像の通りになります。 キャラについては、よく見るメンバー。 しいて言えば、アンのところがソーンになっている編成が、いわゆるテンプレかなと思います。 そんな中なぜアンを起用したかと言うと、 ・ヴァルナと素火力に差がある ・マグナ編成はHPが減っていても、火力が変わらない (ソーン起用で、HPが増減しても影響が少ない) この二点が挙げられます。 ソーンの役割については、主に75-50における麻痺になります。 ここの全体通常攻撃を、一気に抜けるために使うわけですが、トールやデバフが入っていれば、麻痺していなくても突破は可能です。 ソーンが入っていても、クリティカルバフで周りの火力を上げてくれてはいます。 睡眠などの阻害も入ったりと、利点もあります。 しかし、奥義が回り続けるような環境では無い事と、このターンでトリガーを踏みたいとなった時、動きづらい事も多かったです。 加えて、役割の問題です。 ソーンの役割は、ほぼ上記ので終わりなのですが、アンであれば、終盤でも裏に控えさせておく事で、最後の一押しに役割が持てます。 実際、私の討伐でもそうなりました。 加えて、引き寄せて自主的に落ちやすいのもグッドでした。 ヴァルナに比べ確保できる火力が乏しいので、マグナの場合は、全員水キャラでやる選択肢もありだと思います。 他にキャラに関して言うなら、ククルはほぼ必須です。 最近はククル無しの討伐報告も見かけますが、それはヴァルナばかりで…。 マグナではまだ居ないと厳しいと思ってます。 デバフは重要です。 ククル無しなら、他にデバッファーが必要です。 装備は、特筆すべき事は無いかと思います。 オルオベ染めに、必殺を二本挿しました。 安定だけなら、もっとオルオベがあってもいいと思いますが、私は個人的に、確実に期待できる火力があった方が動きやすかった為、この編成で討伐しました。 召喚石は、ノビヨさんのところがフリー枠になります。 しかしこの石は、性能を知らぬまま選択肢外にしていた方は、一度調べてみて欲しいです。 特に奥義で押すこの編成では、かなり頼りになる召喚石です。 長くなりそうなので、HPごとのまとめは、次の記事へ分けます。 riserize.

次の

【光マグナ】アルバハHLソロ初クリア!編成&流れ【グラブル】

マグナ hl ソロ

1戦で1個必ずドロップするため、積極的に参加して集めよう。 2:風SSR武器の最終解放でも使用 『緑星の輝き』はマグナ武器以外の武器を最終解放する際にも必要になることがある。 集めておいて損はないと言える。 3:マグナ武器を入手できる ボスからはマグナ武器を入手できるのも利点。 マグナ編成がまだ完成していない場合、最終解放素材と武器集めを並行してできるのは嬉しい。 ゼル 右 のOD特殊技『乱壊のテンペスト』は威力が非常に高い• ゼルがODモードに移行したら優先してブレイク• 3体ともHPが高く同時に相手をするのは難しいため、 エアだけを集中攻撃して倒すのが基本的な流れとなる。 ゼル 右 がODに移行したら要注意 1:『乱壊のテンペスト』のダメージが強力 ゼルがOD中に使用する特殊技『乱壊のテンペスト』はランダムの対象に5回攻撃。 1撃の威力が5000程度と非常に高いため、特殊技を受ける場合はダメージカットで軽減が必須となる。 対策なしで特殊技を受けた場合、高確率でPTが壊滅してしまう。 2:ODに移行したら素早くブレイクさせよう ゼルがODモードに移行したら、 一旦エアへの攻撃を止めてゼルをブレイクさせることが重要。 ここでゼルを放置すると強力な特殊技を発動する状態が続いてしまうので、参戦者全員で協力して集中的に攻撃しよう。 恐怖があると攻略が楽になる 1:ゼルのODモード対策として特に役立つ ゼルがODモード中に恐怖を付与することで、 『乱壊のテンペスト』を発動させずにブレイクさせることが可能。 パーシヴァル SSR を編成している場合は積極的に狙っていこう。 ただ、何度も付与していると耐性が上がるため、スーパースターのソウルピルファーや九界琴 真以上 の奥義などで成功率を上げる工夫などしておきたいですね。 2:他2体もOD中に付与するのが得策 ゼル以外の2体もOD特殊技の効果が少し厄介なので、OD中に恐怖を付与しておきたい。 ただしゼルの方が優先度は高いので、余裕があればでOK。 通常のアビリティ封印とは違い、1ターン猶予があるためクリアでの対処が可能。 と防御UP 1分 を付与 『スクリーモ』 通常 全体に風属性ダメージ 味方の強化効果を1つ消去 『乱壊のテンペスト』 OD ランダムな対象に5回風属性大ダメージ 全体を通して行動は変わらない ティアマトマグナHLではHP割合によってボスの行動は変わらないことが特徴。 特殊行動が発動するタイミング以外は、 1戦を通して同じ流れで攻略を進めることができる。 3体同時に相手をすると討伐に時間がかかるので、 基本的にはエアにだけ集中して攻撃するのが得策といえる。 エアのOD特殊技はなるべく軽減したい エアがOD中に使用する特殊技『トルネードディザスター』は全体に4000近いダメージを受ける。 幻影が付与されたままだと単体攻撃が当たらないため、召喚やアビリティなどの 敵全体にダメージを与える効果や、クラリスのディスペルなどで幻影を消してから攻撃しよう。 TIPS:『幻影』 単体攻撃を一定回数分回避する強化効果。 全体攻撃やディスペルで消去することが可能。 ゼルがODに移行したら集中攻撃 重要 1:ODモードになったら優先的にブレイク ゼル 右 のOD特殊技『乱壊のテンペスト』は威力の高さが厄介。 ODモードのまま放置しておくと非常に危険なので、 ゼルがODに移行したら集中攻撃をして素早くブレイクさせることが重要となる。 2:恐怖を付与できると安心 ゼルがODに移行したタイミングで 恐怖を付与できると、特殊技を受けずにブレイクしやすくなる。 恐怖はパーシヴァルのアビリティ『イクスゼーレ』で付与するのが一般的。 3:どうしても受ける場合はダメージカット もし『乱壊のテンペスト』を受けてしまう場合は、ダメージカットが必須。 カーバンクルやアビリティなどの ダメージカットを組み合わせて大きく軽減しておきたい。 弱体効果の対策について 1:マウントだけでは対策が間に合わない 全体を通して特殊技や特殊行動で頻繁に弱体効果を付与してくるボス。 2:参戦者同士でクリアオールを使うと対処が楽 クリアオールは参戦者にも恩恵があるため、 他の参戦者と協力して弱体効果を解除できればスムーズに進められる。 編成する場合は積極的にクリアオールを使っていこう。 3:特殊行動付近では温存するのも選択肢 タイミング次第だが、特殊行動の直前にゼルの特殊技でマウントを消去されることがある。 これを回避するために 特殊行動が発動する手前までマウントを温存して、特殊行動に合わせて発動するのも選択肢のひとつ。 ダメージは無いものの、同時に複数の弱体効果を付与されるため、事前にマウントで対策しておきたい。 クリアでもアビリティ封印だけは対処可能 特殊行動『アブソリュートテラー』のアビリティ封印は次ターンから発動する効果なので、 特殊行動を受けた後でもクリアを使用可能。 マウントが無い場合は、クリアでアビリティ封印だけでも解除しておこう。 グラブルの他の攻略記事はこちら.

次の

純水マグナ アルバハHLソロまとめ

マグナ hl ソロ

本体の 「創世のルミノックス」によるデバフにはとても厄介なアンデット、魅了、シャドウ、睡眠、麻痺もあるので可能な限り対策しましょう。 ユグドラシル・マグナHL 攻略パーティー ジョブ・キャラ ジョブは、アビリティはミゼラブルミスト、かばう、キュアーフェンです。 アビリティ封印対策として主人公をセージにしています。 かばうとアンチラの敵対心アップを主人公に使うことで、サークルのアビリティ封印を完封することができます。 そして本体(通常時)の2ターンに1回来るダメージ系の特殊技対策としてセージとアンチラとレナの回復が有効です(一応コルワの再生も使えます)。 また本体(OD時)の 「創世のルミノックス」対策としてセージのキュアーフェンとレナのクリアが役に立ちます。 武器・召喚石 召喚石は本体の通常攻撃が非常に痛いので土カーバンクルを2枚とネプチューン(防御UP)を入れています。 またメインのティアマト・マグナも攻撃DOWNなので有効活用できます。 サポ召喚石は火力用でアナトにしています(4凸ならナタクも良いと思います)。 ユグドラシル・マグナHL ソロ攻略 今回はソロで時間が足りなくなるのでサークルは無視して本体を攻撃しますが、救援から入る場合はサークルから倒すで良いと思います。 デバフは溜まり次第撃ちましょう。 主人公のヒールオールは火力上げも大事なので体力に余裕があれば奥義のタイミングに合わせましょう(特に本体OD時)。 キュアーフェンは500バリアがあるので普通に回したり、DATA確率DOWNに使っても良いですが、本体がODの時はアンデットやシャドウなどの厄介なデバフ用に取っておきましょう。 またアンチラの1アビを使う時の防御DOWN消去用でもあるので気を付けましょう コルワは本体が通常時の場合はまず全員に3アビを付ける様にし、フィルが余った時のみ1アビと2アビを回しましょう(あくまで3アビ優先)。 本体がOD時の場合は1アビと2アビ中心で、通常攻撃を喰らってキツイ時のみ3アビを付ける程度で良いと思います。 アンチラの3アビは溜まり次第で良いと思いますが、1アビは使用間隔が長いのでヤバい時に使いましょう。 召喚石は土カーバンクルやティアマト・マグナなどの守備系を優先的に使う様にし、アナトやオーディンなどの攻め系は後回しにしましょう。 サークル(通常時)の 「ライト・ポゼッション」はアビリティ封印が厄介なので、毎回主人公のかばうとアンチラの2アビを主人公に使って防ぎましょう。 ダメージは喰らっても(確か)1500くらいなので大したことないです。 本体(通常時)の 「ネザーマントル」は苦手属性ということもあり結構痛いし、2ターンに1回来る可能性があるので残りHPに注意しましょう。 またネプチューンやコルワの3アビやデバフ(ミゼラブルミストとティアマグ)も意識して回しましょう。 本体(OD時)の 「創世のルミノックス」はダメージはないですが、敵にバフと味方にデバフを付けて来るので注意が必要です。 バフはDAやTA確率UPからの通常攻撃が怖いので、状況次第では消えるのを待ちましょう(効果時間は60秒なので短めです)。 デバフは麻痺などの厄介な物もありますが、光属性攻撃DOWNなどの関係ない物もあるのでしっかりチェックして臨機応変に戦いましょう。 また 「創世のルミノックス」は演出が長いのでリロード推奨です。 筆者は最初アビリティ封印対策や、コルワを活かすのができてなくて無理かと思ってたのですごい嬉しかったです。 途中で時間が足りなそうだったのでOD時は背水を頑張ったり、演出が長い奥義や特殊技のターンはリロードしまくったりしました(汗) 報酬はこんな感じです。 HLマルチ攻略一覧.

次の