ソロモン エクスプレス。 G

『ソロモン・エクスプレス』の謎が解けた!? なぜガンダムはドラム缶のような無様な巨大タンクを背負うのか 【▲→トーノZERO→アニメ感想→機動戦士ガンダム】

ソロモン エクスプレス

この記事にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2009年1月) ガンダム( GUNDAM)は、「」に登場する架空の兵器。 「 」(MS)の一つ。 初出は、1979年放送の『』。 作中の軍事勢力の一つ「」が開発した試作機の1機で、主人公「」の搭乗機。 額のV字型ブレードアンテナと、人間の目を模した複眼式のセンサーカメラが特徴で、ほかのMSに比べ人間に近い形状を持つ。 これらの特徴は、以降のシリーズ作品に登場する「」の基本となった。 敵対勢力である「軍」のMSの多くを凌駕する性能を持ち、パイロットのアムロの成長と相まって「」で伝説的な戦果を上げる。 通常、単に「ガンダム」と呼ばれる機体は、アムロの乗る白・赤・青のの機体(型式番号:RX-78-2)を指すが、『ガンダム』本放送終了後に展開された企画や外伝作品などで、配色や一部仕様が異なる同型機が複数開発されたと設定された(後述)。 デザイン [ ] はが担当。 ただしバリエーション機などについては、大河原のデザインをもとにほかのデザイナーが担当している場合もある。 『機動戦士ガンダム』の総監督であったは、当初本機のカラーリングを白一色にしようとしたが、それでは玩具化した際にカラフルな他のものに負けてしまうため、最終的には赤・黄・青のになった(白一色のロボットはのちの『』で実現する)。 TV版製作時の没画稿ではジムと同様のデザインのビーム・スプレーガンや、複数の装備をフル装備した画稿も存在した。 また、玩具用にジャベリンやバズーカ、電撃鞭などもデザインされており、このうちバズーカとジャベリンが採用されている。 機体解説 [ ] 諸元 ガンダム 型式番号 RX-78-2 頭頂高 18. 0m 43. 4t 全備 60. RX-77を経て開発されたガンダムは、重火器を固定装備とした前型から兵装・防御システムを最低単位に分離し、対MS戦でザクを凌駕する高機動MSとなっている。 ジオン軍の一連のMSに単一機種で対抗可能なよう設計され、装甲材はRX-77から引き続きを採用。 加えて、特殊樹脂や強化セラミックを充填した三重のハニカム装甲とすることで軽量化の両立にも成功した。 このRX-78ガンダムのうち、2号機はRX-78-1から装甲と駆動系を変更した機体で 、公式には試作機と呼ばれつつも良質の材料と最高の技術で完成されたカスタムメイド機としたほうが正しいともされている。 また、当時の最新技術としてが導入され、従来式よりも遥かに小型化されたビームが携行可能となった。 RX-78の2号機はサイド7にて実用実験を行った後、に搭載されアムロ・レイの乗機として活躍。 完成度の高さは群を抜いており、MS-14とともに一年戦争における最高位のMSである。 性能面で後の量産型RGM-79を遥かに凌駕する機体であるが、その一方で量産化を前提とした設計であるにも関わらずコストは高額となった。 機体構造 [ ] 頭部 メインカメラやアンテナが集約され、カメラのレイアウトは人間の顔を想起させる配置となっている。 うち、頭部に一対で採用されるデュアルカメラは照準精度を向上させるためのものとなる。 加えて、教育型コンピューターの負担を軽減するも内蔵。 また、スーズ社製のアンテナや、マツム・ソニック社製の通信システムを備える。 TVアニメ第18話では敵基地を偵察するために、右耳辺りから集音デバイスが露出する描写もみられた。 駆動系 連邦軍MSの特徴として、一年戦争当時のジオン軍MSで採用されていたフレームレス・モノコックとは異なり、セミモノコック構造を採用。 関節部分も流体パルスを使用していたジオン軍MSとは異なり、フィールドモーターが採用された。 RX-78のフィールドモーターはサムソニ・シム社製のものを採用している。 後には博士らの手によりフィールドモーターへがなされ、姿勢転換時の時間ロスも軽減された。 コア・ブロック・システム 詳細は「」を参照 FF-X7コアファイターをコクピットモジュールに変形させた状態で、RX-75、RX-77と互換性を有する。 脱出カプセルとしても機能するが、研究スタッフが航空機開発部門から特別開発部門へ移ったことから多目的戦闘機へ変形する機構が導入されている。 教育型コンピューターの回収も踏まえて採用されたもので、パイロットが意識不明または死亡した場合でも自動帰還する機能を持つ。 戦闘機とMS双方の状態に対応するため、コクピットにはロール式のドラムモジュールが採用された。 メインジェネレーターであるタキム社製NC-3型核融合ジェネレーターはコア・ファイターに2基内蔵し、ランドセルのコ・ジェネレーターと組み合わせることでザクの5倍の出力を発揮する。 また、コア・ブロック・システムは共通であることから各機種への転換も可能であり、実戦時の部品交換や修理も容易としている。 ランドセル 背部ランドセルにはタキム社製NC-5型をサブジェレーターとして2基内蔵する。 これはビームサーベルへのエネルギー供給にも用いられる。 RX-78の設計段階では、地上での移動力強化のため折り畳み式のウイングが研究されていたが、これは不採用となっている。 腰部 各部マウントラッチを有するほか、NC-7型のサブジェネレーターを内蔵する。 また、大気圏突入用のフィルターや、冷却噴霧剤もここに装備。 宇宙空間の戦闘に耐えるべく冷却ユニットが取り付けられ、大気圏突入も可能とする。 これはペガサス級との実験を踏まえて採用されたもので、量産化計画には組み込まれていない。 各部ハッチ 機体各部には点検用のハッチが存在し、整備性が高い。 大気圏内では空気を取り込み、核融合炉のプラズマで燃焼することによって推進する。 教育型コンピューター 機体は学習機能を備えたコンピュータで制御されている。 特性の異なる機体に互換性を持たせるため、非ノイマン型の高性能コンピュータを採用した。 による超集積回路の機能妨害を回避するための措置であり、光結合回路 G・M・O が使用されている。 これによってパイロットの負担は軽減され、新たな敵や環境に適応する能力を獲得している。 これは新たな敵と対峙した場合、コンピュータが自らプログラムを更新するもので、パイロットは攻撃と回避に集中することが可能となった。 また、同コンピュータは戦闘データを蓄積・更新し、もっとも適切な戦闘動作をソフトウェア自らが生み出すことさえ、可能としている。 そのため、戦闘を経るごとに機体は強化され、パイロットの習熟に大幅に寄与した。 また、コアファイターにはハービック社製のMSと戦闘機の兼用操縦システムが採用されており、教育型コンピュータはその素早い転換や補助をも担っている。 尚、RX-78はサイド7における初戦闘以前に捕虜となったジオン兵によって模擬戦や試験飛行が行われ、それによって得られた動作データが予め入力されていた。 ただし、教育型コンピュータはコストが高く 、機体が得た戦闘データを回収するため、メイン・コンピュータはコア・ファイター側に搭載されている。 この教育型コンピュータによって得られた実戦データはRGM-79などに搭載され、連邦軍におけるMSソフトウェア開発に大きく貢献した。 また、後続のに採用されるAIなどの技術的な礎となっている。 オート・パイロット機能 自動索敵システム。 敵MSを捕捉した際に自力で照準まで合わせて撃つ。 データの蓄積が十分であれば、機体を自動運転させることも可能。 この機能が使用されたのが確認できるのは後述のラスト・シューティングだけである。 武装・特殊装備 [ ] 60ミリバルカン 頭部に装備。 装弾数は50発 と600発 の2説がある。 型式番号:BAUVA・XBR-M79-07G 有効射程約20km [ ] 本機の主兵装で 、エネルギーCAP技術により、メガ粒子砲を携行可能に小型化したもの。 出力は1. 9メガワット。 一年戦争当時の戦艦の主砲クラスの威力を誇り 、MSを一撃で撃破可能。 ほかに、オプションでビーム・キャノン(出力5. 5メガワット)が用意されていたとする資料もある。 開発は難航したが、その過程でビームスプレーガンが生まれている。 近接斬撃兵装で、ランドセル両側に各1基ずつ装備。 柄からビームによる刀身を形成する。 出力は0. 38メガワット。 重量は10トン。 ガンダム本体の装甲構造を単純化したもので、堅牢さよりも衝撃の拡散と吸収を目的として設計されている。 超硬スチール合金を基部とした高密度のセラミック素材をアラミド繊維で挟むことによって耐弾性を向上させ、表面には高分子素材による樹脂を充填し、最表層にはルナチタニウム合金系素材を用いた三重になっている。 の登場後、これと合体してGアーマーやGブルになる時は右腕にもシールドを装備するため、必要に応じて2枚のシールドを重ねたり分離させたりできる機能が追加されている。 武器として使用できるほどの堅牢さを誇る。 のシールドとは同じもの という説と、材質など細かい部分が異なるという説がある。 一説には、裏面に予備のビームサーベル2本とビームライフル1丁を装着できたとされている。 後部からガス噴射する仕様。 装弾数は5発で、広域に攻撃できる特性を利用し、多数の相手や艦船に対して効果を発揮する。 計画初期には核弾頭の採用も検討されていたが、不採用になったとされる。 2m」との寸法がそれぞれ記されている )。 カラーリングは劇中でグレー一色と、濃淡グレーのツートンカラーの2種類が確認できる(シーンによって入れ替わることもあった)。 での最後の出撃では本武装を両手に計2丁携行し、背面にシールドとビーム・ライフルをマウントして出撃している。 劇中ではジムがこのハイパーバズーカを装備している場面もある。 また、劇中では地球連邦軍の生身の歩兵たちが使用する等身大サイズの「バズーカ」はスコープ形状を除き、このハイパーバズーカと同じ形をしている。 ガンダムの母艦「ホワイトベース」にも乗組員の備品として多数が積まれており、ア・バオア・クーでの最終決戦などで使用された。 スーパー・ナパーム テレビ版第2話および劇場版第1作にて使用された強力な。 広い範囲を焼き払うための装備である。 劇中ではサイド7内でザクII部隊の強襲によって散乱したMSの部品のうち、回収しきれなかったものを機密保持のための焼却に使用している。 着火にはビーム・ライフルを使用する。 ビーム・ジャベリン ビーム・サーベルのエネルギーコンデンサを作動させ、可変させた状態。 とは投げ槍のことである。 ビーム・サーベルの柄を延伸させ、先端のビームを状にしたもの。 武器としても使用された。 最初はが働いて使用できなかった。 劇場版には登場しない。 なお、16年後を描いた『』では、ダカールにおけるジオン残党軍との戦闘でビーム・ジャベリンを使用する連邦軍のが登場する。 形状はガンダムのビーム・サーベルに似た丸型の柄のもの。 ガンダム・ハンマー 型。 付きの鉄球に振り回せるだけの長さを有するチェーンを接続させた質量兵器である。 ビーム兵器やバズーカが使用できない状況下では有用な装備である。 その威力により、テレビ版第5話では一撃でザクを撃破している。 劇場版1作目では、命中と同時に棘が爆圧で飛び散ってザクをズタズタにするシーンの原画が描かれていたが、結局はハンマーの登場シーンそのものがカットされた。 OVA『』では、も装備している。 ゲーム『』では、ガンダムの武装がさまざまなガンダム・ハンマーのみとなっている。 ハイパー・ハンマー ガンダム・ハンマーを強化させたもの。 鉄球に複数のバーニアを追加し、棘を細かく鋭くした。 使用時にバーニアの噴射によって加速させることで威力が増している(碇状のグリップは廃されている)。 開発はベルファスト基地とされる。 テレビ版第26話でに対して使用された際には、初撃こそダウンさせたものの二撃目は受け止められてしまったうえ、鎖を引きちぎられている。 劇中での活躍 [ ] 試作機にもかかわらず、いきなり実戦に投入され、3か月余りの間に200機以上のMSと15隻以上の艦船、および5機以上のを撃破するといった戦果を挙げている。 機体のテストと最終調整のため搬入されたにおいて、ジオン公国軍のMS隊の強襲を受けた際に、偶然にも操縦マニュアルを拾い、成り行きで開いていたコクピットに乗り込んだ民間人の少年の操縦によって、ザクIIと初のMS同士の戦闘を行った末、勝利した。 劇中でジオン側の人物が連邦の新型MSを「ガンダム」と呼んだのは、第6話でののモノローグ 「彼がガンダムと戦って死ぬもよし」)が最初であり、第7話でガルマ 、第11話でシャアが「ガンダム」という名に言及している。 ジオンの一般兵が最初に「ガンダム」と呼んだのは、第17話でがホワイトベースから通信して友軍に情報を送った際である。 一年戦争の最終決戦であるア・バオア・クーの戦いにおいては、固定武装のほか両手にハイパーバズーカ2挺、腰部にビームライフル、背部にシールドという空前の重武装で出撃。 シャアの搭乗すると交戦の結果相討ちになり、大破・放棄される。 この際、左腕と頭部を失いながらも仁王立ちとなり、上方を飛ぶジオングの頭部をビームライフルで撃破したシーンは「 ラスト・シューティング」と呼ばれ、ポスターなどに多く描かれる有名なシーンとなる。 このあとジオングの放った最後の一発により右腕と右脚を破壊され、行動不能になったが、コア・ファイターの分離システムは生きており、アムロがア・バオア・クーからの脱出に使用した。 一年戦争後に回収・修理され、宇宙世紀のあいだに機能的な部分をアップデートしつつ維持されていた。 備考 [ ] 『』でのゲーム内設定では、ガンダムに搭載された超小型核融合炉は HighWellHeavyIndustry製 MNF3d、最大熱出力19万 - 32万kW、最大電気出力15万 - 25万kW としている。 型式番号の由来 この型式番号 RX-78 の由来は、アニメの企画書においてガンダム(ガンキャノンとガンタンクも含む可能性あり)の機体番号あるいは作戦番号を「VX-78」とする記述が存在したことと、第1話の台本でが「ガンダーX78」と言っていることによる。 このセリフは実際には採用されず、テレビシリーズ放映中に他のMSを含め型式番号が設定されることはなかったが、劇場版第一作の公開前に「RX-78」という型式番号が付けられた。 これを提案したのは、当時のアニメ雑誌「」の編集長で、と懇意だった。 テレビ版に登場した兵器の型式番号の多くは彼が「アニメック」誌上でつけたものである。 「RX」は当時の愛車であったのスポーツカー「」から [ ]。 設定の変遷 テレビ版および劇場版ではガンダムは1機しか登場していないが、テレビ版第2話ではホワイトベースに搬入しきれなかったガンダムの部品(アムロは「3機分ぐらいは(ある)」と述べている)をスーパーナパームで焼き払う描写があり、これらを組み上げていれば複数のガンダムが存在していたことになる。 テレビ放送中に刊行された小説版では、ペガサス(ホワイトベース)はサイド7でガンダムとガンキャノンを3機ずつ受領する予定になっており(結果的にはガンダム1機とガンキャノン2機のみ搭載)、複数の存在が明確化された。 また、劇場版第2作公開後に発行された書籍『』では当初2機、総計8機が生産されたとされ、アムロが搭乗した機体は2号機であるとされた。 その後のメカニックデザイン企画『(MSV)』でもこれらの設定が踏襲され、1号機(準備稿をモチーフとした)と3号機(小説版に登場した)が生まれた。 さらに総生産数8機の設定も継承された。 『』ではこれを否定しており、末尾の数字は「仕様」を意味するとしている(例として、「RX-77-2」の型式番号をもつガンキャノンが複数機存在していることを挙げている)。 アニメで活躍したガンダムは、当初プロトタイプガンダム RX-78-1 として製造された機体の2号機を改修してRX-78-2仕様としたものであり、のちにマグネット・コーティングなどの処置を受けてRX-78-3仕様と同等にまで改修を受けている(この際に型式番号が「RX-78-3」に改められたとする資料もある )、という複雑な遍歴を持つ機体になっている。 4号機から8号機は、『MSV』の設定では素体のままジムの母体になったとされ、うち4号機と5号機が改修を受け強襲揚陸艦「」に搭載された(ただし正式な資料はない)とされていた。 その後、1990年にバンダイ発行の雑誌『』で連載された「モビルスーツコレクション 大河原邦男MS最新設定集」(のちの『』)で4号機から7号機に新たな設定が加えられ、それぞれRX-78-4からRX-78-7の型式番号が付けられた。 8号機については『MSV』以外の設定はない。 また、2011年発行の書籍『マスターアーカイブ モビルスーツ RX-78 ガンダム』では、1号機から3号機を「ファーストロット」、4号機から8号機を「セカンドロット」として区分している。 劇中で使われることなくボツとなった設定としてがある。 これは、ガンダムに自力飛行能力を持たせるための装備であった。 用意された設定画では3重の蛇腹板状になった折りたたみ式の構造で、背部ランドセルの両側面から生えるような形で装備される。 バリエーション [ ] ファーストロット系統• RX-78• RX-78-1• FA-78[G]• RX-78-2 ガンダム• RXX• FA-78-1• RX-78-2• RX-78Opt. RX-78-2• RX-78-3• FA-78-1B• RX-78T• セカンドロット系統• RX-78-4• RX-78-5• RX-78-6• RX-78-7• FA-78-3 (フルアーマーガンダム3号機)• HFA-78-3 FHA-78-3• RX-78-8 その他RX-78系統• RX-78NT-1 (アレックス)• RX-78NT-1FA (チョバムアーマー装備型)• FA-78-X (FSWS装備型)• RX-78NT-1• RX-78NT-2• RX-78NT-3• MRX-002• RX-78AN-01• RX-78XX(RX-78-XX)• RX-78E• RX-78SP• RX-78AL 系統• FA-78-1• FA-78• FA-78-2• (T1号) 系統• RX-78GP00 (ブロッサム)• RX-78GP01 (ゼフィランサス)• RX-78GP01-Fb• RX-78GP02 (サイサリス)• RX-78GP03 (デンドロビウム)• RX-78GP03S• RX-78GP04G (ガーベラ) パーフェクトガンダム系統• PF-78-1• PF-78-2 パーフェクトガンダムMk-II• PF-78-3 パーフェクトガンダムMk-III RX-79系統• RX-79[G]• RX-79[G]Ez-8• RX-79[G]SW• RX-79 G NT• RX-79BD-1• RX-79BD-2• RX-79BD-3• RX-79EX-1• FX-705• RG-79AV X-78 [ ] 『MSV』で文字設定のみ掲載。 連邦軍のMS開発系統図で、とプロトタイプガンダムの中間に位置する。 ガンダムの原型機とされる以外は詳細不明。 『ガンダムマガジン』No. 1掲載のの漫画「RX-78誕生秘話」にも、ガンダムの「ひな形」と呼ばれる機体が登場する。 開発者はで、大きさがザクの半分程度しかなく、外観もガンダムとはかなり異なる。 ジオン軍から鹵獲したザクの頭部をビーム・ガンの一撃で破壊するが、連邦軍のMSパイロットの育成が遅れており、乗りこなせずに射撃の反動で倒れてしまう。 プロトタイプガンダム [ ] 諸元 プロトタイプガンダム PROTOTYPE GUNDAM 型式番号 RX-78-1 頭頂高 18. 0m 43. 4t 全備 58. 8t 材質 ルナ・チタニウム合金 1,380kW 55,500kg RX-78-2と同様 搭乗者 (セイラ・マス) 『MSV』で設定された。 ファーストロットに属するガンダムの初期の仕様で、特に1号機を指すことが多いが、2号機も当初はこの仕様である。 また、『MSV』の続編である『』で顔面の形状が異なる「プロトタイプガンダム(ロールアウトタイプ1)」が新たに設定された。 徹底した軽量化が図られるとともに、宇宙空間での戦闘に耐えられるよう腰部と膝に冷却ユニットが設けられ、大気圏突入のための耐熱フィールド・システムも装備されている。 また、足首アーマーにはスリット状の姿勢制御バーニアが複数設置されている。 でのロールアウト時の塗装は1号機が黒と銀(「G-1ホワイト」とも言われる )を基調に一部赤、2号機が1号機の黒の部分を白で塗り分けられている。 その後1号機は宇宙空間で3日間のテストがおこなわれるが 、このときの1号機は顔面が異なる「ロールアウトタイプ1」で、ビーム・ライフルは改修後のものを使用している。 鹵獲したザクII F型と2機を仮想敵機とした模擬戦闘の際には、ペイント弾使用のためザク・マシンガンを携行している。 テスト終了後はサイド7に移送され、1号機は白・青・赤のトリコロール、2号機は1号機の塗り分けに倣えば銀(のちに白)・赤・赤に塗り替えられている。 その後「無駄の整理」が図られRX-78-2に改修されるが、塗装に変更はない。 しかしのちに3号機も含めて塗装が統一されている。 本仕様のコア・ブロックとして1号機が試験運用されるが、まもなく完成したコア・ファイターに換装されている。 1号機はサイド7での運用試験のあとは記録がなく 、同地でのジオン軍の奇襲により破壊されたとする説もあるが 、真相は不明とされる。 主な武装 ビーム・ライフル 型式番号: XBR- M79-04G 専用のハンド・ショットガン・スタイルのビーム・ライフル。 当初は使用時に前腕に一体化することが試みられ 、ライフル後端にストラップと 、両前腕にそれを固定するための凹みが設けられるが、のちにライフルのボルト部の改修とともにストラップは廃止されている。 右腰または左腰 にはこのライフルを収納するためのスライド展開式ホルスターが装備されている。 設定の経緯 テレビ版のオフィシャル企画書用のガンダムの準決定稿 を「試作型」として設定に取り込んだものである。 1981年発行のムック『HOW TO BUILD GUNDAM』でのが「初期開発型」として模型作例を発表(塗装も準決定稿のもの)、同時期に『TV版 機動戦士ガンダム ストーリーブック3』で大河原邦男によるカラー画稿も「ガンダム試作タイプ」として発表されている(ただし、後者の顔面は決定稿のもの)。 なお、テレビ版第1話でアムロが拾ったガンダムのマニュアルに描かれた図版は準決定稿をもとにしており、完全に没になっていた訳ではない。 背面画稿は『MSV』で大河原邦男によって新規に描き起こされた。 また、準決定稿が「標準装備機」としてそのまま掲載されたこともある。 『MSV-R』の「ロールアウトタイプ1」で初めて、準決定稿の顔面が正式に設定に取り入れられた。 作中での活躍 アーケードゲーム『』、用ゲーム『』およびアーケードゲーム『』では2Pカラーとして白と赤を基調とした機体(上記の、サイド7移送直後の2号機の塗装とほぼ一致する)が登場する。 ただし、プロトタイプガンダムとして判別できるのは『V作戦始動』の箱絵のみで、ゲーム中のグラフィックはいずれも1P RX-78-2 の色替えである。 また、対戦型格闘ゲームでのパイロットはである。 アーケードゲーム『』では、「軽量化を施され、格闘戦に適したタイプ」という設定になっており、メイン武装はガンダムハンマー(支給によりハイパーハンマー、ビームライフルやビームジャベリンも装備可能)である。 アーケードゲーム『』ではステージ1および3のボスキャラクターとして登場。 で基地内に侵入した敵機迎撃のためにファレル・イーハ中尉が独断で出撃する。 ソロモン攻略戦ではタカシ・キタモト大尉のの素体になっている。 ただし、同作品は「」であるともいわれる。 RX-78プロトタイプ [ ] 『ガンダムセンチュリー』に登場。 まだ「ガンダム」という名称が付けられる以前の仕様とされる。 のイラストによれば、シンプルな下半身はほぼジムそのもので、額のV字アンテナがなく、代わりに側頭部から2本のアンテナが伸びている。 コア・ブロック・システムはこの時点で導入されている。 1号機の2週間後に2号機が完成し、ともに走行・戦闘テストが繰り返されている。 しかし、完成したビーム・ライフルのエネルギーCAPの消費電力が予定より3割ほど高くなったため、低出力のビーム・スプレーガンの開発を進める一方で、8機のプロトタイプのうち2機がルナツーで熱核反応炉を強化されている。 これにともない、腰回りに出力強化用の補助システム、膝に冷却ユニットが装備されるといった仕様変更がおこなわれている。 模型雑誌「」掲載の1999年の企画「ソロモンエクスプレス」では、本仕様をもとにした「RX-78-1号機プロトタイプガンダム」が登場する。 また、『マスターアーカイブ』では本仕様を基本に、前腕と足首アーマーが『MSV』版プロトタイプガンダムと同様の機体をRX-78-1の「ロールアウト時」、または「仕様策定前」としている。 なお同書では、この仕様でロールアウトしたのは1号機のみとしている。 テレビ版『』第12話のエンディング映像のラストでは、本仕様の頭部をもつが登場する。 ただし、腰回りはジムタイプではない(脚部は未完成状態)。 塗装は2号機のロールアウト時に準じて白を基調としている。 『MSV』における仕様分類 『MSV』ではガンダムの仕様を「初期試作型」、「中間武装型」、「後期試作型」の3つに分類している。 このうち初期試作型は「素体」とされ、各種冷却システムを装備しておらず、4号機以降もこの仕様とされることから 、上記『ガンダムセンチュリー』版プロトタイプとの共通点が多い。 中間武装型については、名称以外の設定はない。 後期試作型は「3号機仕様」とされるが 、『MSV』では3号機の型式番号は一貫して「RX-78-2」とされている。 なお、『GUNDAM OFFICIALS』では、これら3つの分類は4号機以降の機体に対してのみのものであると解釈している。 G-3ガンダム [ ] 諸元 G-3ガンダム G-3 GUNDAM 型式番号 RX-78-3 頭頂高 18. 0m 47. 2t 材質 ルナ・チタニウム合金 RX-78-2と同様 搭乗者 (小説版) 『MSV』で設定された。 ファーストロットに属するガンダムの最後の仕様で、特に3号機を指すことが多い。 「G-3ガンダム」の名称は無線コードネームによる。 3号機は当初よりRX-78-2仕様であり、1号機と2号機に遅れてサイド7に搬入されている。 塗装は当時の1号機と同様のトリコロール。 ジオン軍のサイド7奇襲のその後については、2号機の補修用パーツ供給機としてホワイトベースに搭載されるが、オデッサ作戦に前後して回収され、オーガスタ研究所に移送されたとする説と 、サイド7で小破し、回収されルナツーに移送されたとする説 の2つがある。 前者の説ではとデータの互換・補完がおこなわれた後に宇宙へ上げられたとされる。 3号機は星一号作戦の際に 2号機の雛形あるいはテストベッドとして マグネット・コーティングを施される。 さらに熱核反応炉用のレーザー加速器も新型のものに交換され、2号機の2倍の運動性能を得ることとなる。 これらの改修により、3号機の型式番号はRX-78-3に改められている。 また、この頃にはグレーを基調に塗装されているが 、資料によっていくつかのパターンが確認でき、現在では一部を薄紫で塗られたパターンが一般的によく知られている。 設定の経緯 テレビ版とは設定が異なる小説版『機動戦士ガンダム』に登場する、のとの戦いで乗機のガンダムを失ったアムロ・レイに与えられた機体が原典で、「G3」または「ガンダム」と呼ばれる。 マグネット・コーティングが施され、深いグレーに塗られている。 なお、同作品ではいずれの機体も何号機であるかは言及されていない。 『MSV』では「アムロ少尉が乗り換えたとする説も強い」として小説版の設定もぼかした形で取り入れている。 なお小説版では、ルロイ・ギリアムの搭乗するのビーム・バズーカでコックピットを貫かれ撃破されている。 『MSV』におけるG-3ガンダムの型式番号はRX-78-2であり、RX-78-3の初出は1989年に刊行された『ENTERTAINMENT BIBLE』シリーズである。 それ以前には「RX-78-G3 グレーガンダム」と表記する資料もあった。 劇中での活躍 『マスターアーカイブ』では、ルナツーでの稼働試験のため宇宙に上げられた際、友軍とともに衛星軌道上に待ち受けるジオン軍艦隊を突破したとされる。 アトラクション『』では、ペガサス級強襲揚陸艦「」に搭載されている(外観はいわゆる「」である)が、民間人を載せたランチを伴った「ジャック・ザ・ハロウィン」隊のジムの着艦時の事故に巻き込まれ破損している。 なお、コア・ブロックの塗装は本体に準じている。 OVA『』では、一年戦争が終結して9日後のア・バオア・クーに、に収納されGアーマーとなって残敵掃討に投入されている。 分離してGブルとなってア・バオア・クーの地表に降り立ち、メガ粒子砲で穴を開けて部隊に内部への進入口を作っている。 コア・ブロックは通常の塗装。 漫画『』では、一年戦争後に在ジオン共和国駐留連邦宇宙軍のペガサス級強襲揚陸艦「」に搭載されている。 サイド3・11バンチコロニーからジオン残党軍にMSを移送する計画を阻止するために出撃するが、正規のパイロットが負傷しており、急遽ジョルジョ・ミゲルが搭乗する。 の搭乗すると交戦するが、翻弄され行動不能にされる。 『ガンダムジェネレーション3』掲載のの漫画「鋼鉄の処女」では、宇宙世紀0079年11月頃にドイツ南部の連邦軍基地に「G-3」が配備されている。 ただし頭部とランドセル以外の外観はと同形で、頭部も口元のスリットがない。 ジオン穏健派の要人救出のために同基地を襲撃する「鋼鉄の処女」隊と交戦し、奪われたビーム・サーベルでコックピットを貫かれ小破、パイロットは直前に脱出している。 漫画『』に登場する、主人公リョウガの搭乗する「Gの影忍」と呼ばれるMSもG-3ガンダムを改造したものであるとされている。 MS忍者ヒュウガが連邦軍より奪取しデギン公王に献上、下賜される形で乗機としたあと、リョウガへ受け継がれたとされる。 機動性を増す為に外装を一部簡略化し、ビームサーベル二本を腰部にマウント。 心眼センサーを内蔵している。 その他、手裏剣や粉末を用いてのミノフスキー粒子隠れの術、大気圏突入イズナ落しなどの忍法を使用。 シャアの反乱時には核融合炉の老朽化が進んでいる。 『 RX-78-3 G-3ガンダム ver. 0』の説明書では、上記の外伝漫画の設定の一部も「巷に流布する異説」として取り上げている。 ガンダム4号機 [ ] 諸元 ガンダム4号機 GUNDAM G04 型式番号 RX-78-4 頭頂高 18. 0m 42. 6t 全備 80. 2t 86. セカンドロットに属するガンダムの通算4番目の仕様で、4号機をもとに改修されている。 コードネームは「G-04」。 4号機は素体のままジムの母体となるが 、連邦軍はソロモンやア・バオア・クーの攻略、ひいてはジオン本国侵攻の主戦力として、5号機とともに宇宙戦仕様として改修することを決定する。 RX-78-2仕様を基本に(マグネット・コーティングは標準装備 )、ランドセルを換装、スラスターやプロペラントを増設することで、機動力が40パーセント程度アップしている。 また、オプションとして両肩にプロペラント・タンクとスラスターが一体化したコンポジット・タンク・ユニットと、ランドセルにプロペラント・タンクを追加することで 稼働時間も延長され、要塞攻略戦など長時間に渡る戦闘において多大な戦果が期待されている。 コア・ブロック・システムは代替となるコックピットの射出機構の完成や コストの問題から 不採用となり、そのために空いたスペースを冷却システムに転用することでジェネレーターも強化され、より強力なビーム兵器の使用が可能となっている。 4号機はメガ・ビーム・ランチャーを装備するために、さらなるジェネレーターと冷却システムの強化が施されており 、そのため胸部インテークの形状が5号機と異なる。 しかし、エネルギーCAPの容量不足の問題が解決されぬまま調整が続けられている。 塗装は白とグレーを基調に一部が青、インテークやスラスター類などが黄色で塗り分けられている。 パイロットは中尉。 主な武装 ハンド・ビーム・ガン 「ビーム・ガン・ユニット」とも呼ばれる。 両前腕部甲に1門ずつ装備。 機体のジェネレーター強化にともない試験的に、戦闘における有効性やコスト、整備性などの検証のために装備される。 有効射程は短く、近接戦闘用である。 ハイパー・ビーム・ライフル 型式番号:XBR-M-79H-2 威力はRX-78-2のものに比べ40パーセント向上しており 、のちののものに匹敵するともいわれる。 センサー類の刷新により、命中精度も向上している。 メガ・ビーム・ランチャー 4号機の専用装備で、全長12メートルにおよぶ高出力ビーム兵器。 本体のジェネレーターのみでは稼働できないため、左腰にエネルギー・ユニット・パックを装着して使用する。 シールド 伸縮機構を持ち、格闘武器としても使用可能。 作中での活躍 作中ではア・バオア・クーへの増援部隊を撃破するために、4号機専用試作兵器メガ・ビーム・ランチャーを発射した後にメガ・ビーム・ランチャーの補助ジェネレーターである外部パック・ジェネレーターが爆発して大破、旗艦に回収されたものの修理不能であったため終戦までコンペイトウに放置される。 パイロットのルースも爆発に巻き込まれ、旗艦への回収後に死亡が確認されている。 また、ifルートが存在し、このルートだとルースが生存し、ガンダム5号機とともにア・バオア・クーのNフィールドに投入され、無事帰還している。 この際メガ・ビーム・ランチャーを使用しており、コンペイトウで改良が施された可能性がある。 原作小説『ア・バオア・クー攻防戦』ではジオン軍の試作型MA・との戦闘に勝利しており、無事帰還したと思われる描写がある。 設定の変遷 『ガンダムセンチュリー』(1981年)では、が8機存在したとされ、ガンダム4-8号機の存在が示唆されていた。 初出である『MSV』(1984-1985年)では、4、5号機はジムの母体となったことと、改修されて星一号作戦でホワイトベース級「サラブレッド」に搭載された(ただし正式な記録は現存していないとされる)ことが記述されたのみで、デザインは起こされていない。 のちに『』とされる雑誌『』第9号の連載企画「モビルスーツコレクション 大河原邦男MS最新設定集」(1990年)で5号機とともにデザインされ、掲載小説「ア・バオア・クー攻防戦」では2機の活躍が描かれた。 なお、シールドはと同型のものを装備し(小説の挿絵より)、メガ・ビーム・ランチャーは計画のみで終わったとされている。 さらに、ゲーム『』(2003年)ではによってリファインされた4、5号機が登場した。 その際にオプションでコンポジット・タンク・ユニットが追加され、ランドセルのプロペラント・タンクがオプションに変更されている。 ゲーム本編、および漫画版のメイン・ストーリーでは従来の設定と異なりア・バオア・クー攻略戦には参加していないが、ifルートとしてア・バオア・クー攻略戦への参加が描かれた。 なお、『』に登場するRX-78NT-1「」も、当初は「ガンダム4号機」で、元々2 - 3号機と大差ない姿であった機体をオーガスタ研究所で改修したとされていた(アレックスの各所に「4」のマーキングがあるのはこれが理由)。 無論これは制作者がMSVの設定に気付かずにNT-1を生み出したからであるが、これでは4号機が複数存在することになってしまうため、アレックスが4号機という設定はガンダム4号機が有名になるに従って曖昧にされていった [ ]。 また、ガンダム4号機は「G-4計画」のもとに複数の部署で同時に開発され(連邦空軍開発のなど)、その1体がアレックスだという解釈もある(漫画『』での設定)。 ガンダム5号機 [ ] 諸元 ガンダム5号機 GUNDAM G05 型式番号 RX-78-5 頭頂高 18. 0m 42. 9t 全備 80. セカンドロットに属するガンダムの通算5番目の仕様で、5号機をもとに改修されている。 コードネームは「G-05」。 5号機は素体のままジムの母体となるが 、その後4号機とほぼ同様の改修を受けている。 塗装も4号機と同様だが、青の部分が赤になっている。 パイロットは中尉。 主な武装 ジャイアント・ガトリング 5号機の専用装備。 当初から4号機との連携が想定されており、4号機のメガ・ビーム・ランチャーが使用できなかった場合に備え、信頼性の高い実体弾兵器の中でも屈指の威力を誇る本武装が選ばれている。 また、4号機のメガ・ビーム・ランチャーのチャージから発射までをフォローするため、広範囲に弾幕を張れるよう開発されたともいわれる。 口径90ミリ、装弾数3,000発、ケースレス弾を使用し、毎秒50発を発射。 左腰に大型のドラム・マガジンを装着し、給弾ベルトで本体に接続する。 バレルの焼き付き防止のため、5秒のトリガー・リミッターが施されている。 ゲーム『』で新たに設定された。 その他の武装はと同じ(メガ・ビーム・ランチャーを除く)。 作中での活躍 作中では一年戦争末期における月面都市近郊の戦闘を最後に生還している。 原作小説『ア・バオア・クー攻防戦』ではジオン軍の試作型MA・ビグロ改との戦闘で大破しており、帰還したかどうかは不明である。 また、同小説を基にした前述のゲームのIFルートでもア・バオア・クーNフィールドへ投入されたとしている。 0m 47. 3t 全備 84. セカンドロットに属するガンダムの通算6番目の仕様で、6号機をもとに改修されている。 6号機は素体のままジムの母体となるが 、その後2号機で得られたデータをもとに再設計される。 ビーム・ライフルのエネルギーを使い切り、再チャージされるまでの火力不足を補うため、固定武装の強化を主眼に改修されている。 ランドセルはキャノン砲装備の大型のものに換装され、脚部には可変スラスターが装備されている。 塗装は白を基調に、濃紺と黄色で塗り分けられている。 カメラアイは『ジオニックフロント』では赤だが、媒体によっては緑になっている。 開発責任者およびパイロットは少尉。 主な武装 300ミリキャノン砲 ランドセルに2門装備される低反動キャノン砲。 小説版『ジオニックフロント』ではビーム・キャノンとされており、冷却システムの問題から十分な性能を発揮できなかったとしている。 のちに出力を70パーセント(それでもジオン軍のどんなMSでも一撃で破壊できる威力とされる)に抑え、パワーユニットへの負荷を減らしている。 グレネード・ランチャー 両前腕部甲に装備。 4連装で 、計8発を装填する。 ビーム・サーベル 脚部の可変スラスターに射出式で内装されているとも 、キャノン砲に平行して装備されているともいわれるが、これは時期による違いとされる。 ビーム・ライフル 形式番号:XBR-M79X-C2 再チャージ時間の問題を抜本的に解決するため、エネルギーCAPをカートリッジ化するというコンセプトのもとに開発される。 実戦配備には至っていないが、のちのEパック式のさきがけであるといわれる。 実戦ではと同型のビーム・ライフルを携行している。 シールド と同型のものを装備。 作中での活躍 作中ではジオン軍のの際に、エイガー少尉の独断で「未完成状態」で初めて実戦投入された。 しかし冷却システムの調整が不完全であったため、ジオン軍の特殊部隊「」の攻撃で破壊される。 小説版ではエイガー少尉が敵に囲まれる事を避けるために、炎上中の艦船を背にして戦うという愚を犯したため、パワーユニットがオーバーヒートを起こし、大破させられる。 修理の際に肩部のアーマーと脚部可変スラスターが追加され、「完成状態」となる。 しかし、再度闇夜のフェンリル隊と交戦し撃破される。 小説版では、が搭乗する実体弾キャノンや煙幕弾の搭載などで改造されたによって撃破される。 設定の変遷 初出である『MSV』(1984-1985年)では、6-8号機はジムの母体となったことと、実戦参加記録は残されていないらしいことが記述されたのみで、デザインは起こされていない。 のちに『M-MSV』とされる雑誌『SD CLUB』第8号の連載企画「モビルスーツコレクション 大河原邦男MS最新設定集」(1990年)でデザインされ、ガンダム4、5号機より先に発表された。 ゲーム『』(2001年)では、片桐圭一郎によってリファインされて登場。 敵のボスとして登場するため、悪役っぽい顔にデザインされた [ ]。 また、ビーム・サーベルの装備位置が変更されている。 「マドロック」という愛称もこの際に設定された。 ガンダム7号機 [ ] 諸元 ガンダム7号機 GUNDAM 7TH 型式番号 RX-78-7 頭頂高 18. 3m 39. 2t 全備 78. セカンドロットに属するガンダムの通算7番目の仕様で、7号機をもとに改修されている。 7号機は素体のままジムの母体となるが 、その後改修が施される。 設計段階で一年戦争終結を迎え、基本フレームのみの段階であったが 、宇宙世紀0081年には完成している。 当初からフルアーマーなどのオプション・システムを想定して設計されているため、機体各所にマウント・ラッチや 各種インターフェイスのオプション・ポートが設けられている。 増加装甲(ファースト・アーマー)を装着してに、さらにセカンド・アーマーを装着することでとなる。 本体にはマグネット・コーティングが施され、試作型の全天周囲モニターが装備されているなど、クラスの機体性能をもつ。 ランドセルのメイン・スラスターは6発で、RX-78タイプの構造を積層するように配置することで高い推力と信頼性を確保するとともに、胸部ユニットと一体化したブロック構造により各種追加装備のドッカブル・ターミナルとしても機能する。 主な武装 ビーム・ライフル 型式番号:XBR-H80-L1 7号機専用に開発された武装。 フルアーマーガンダム7号機の背部ビーム・キャノン用のデバイスが採用されており、一年戦争時のものより射程が長く、速射性も向上している。 劇中での活躍 作中では月のマスドライバー基地に向かったジオン軍残党を追撃するため、ファントムスイープ隊にペガサス級サラブレッドと共に新たに配備され、重装フルアーマー状態で同基地に向かっていたを撃破の後、基地での最終決戦に挑むことになる。 なお、漫画『機動戦士ガンダム戦記U. 0081 -水天の涙-』では、ジオン軍残党中尉の本機の開発への関与が発覚し、機動補正プログラムの使用が禁止されたことから扱いにくい機体となっていた。 そのため、機動性の問題を克服する目的でフルアーマーや重装フルアーマーを使用する理由となっていた。 設定の変遷 のちに『M-MSV』とされる雑誌『SD CLUB』第12号の連載企画「モビルスーツコレクション 大河原邦男MS最新設定集」(1990年)でデザインされた。 フルアーマーガンダム7号機(当時の名称は「フルアーマー3号機」)と重装フルアーマーガンダムは第14号で発表された。 ゲーム『』(2009年)では、カトキハジメによってリファインされて登場。 『M-MSV』では設計段階で終戦を迎えたとされるが、戦後に完成したものとされた。 ガンナーガンダム [ ] 諸元 ガンナーガンダム GUNNER GUNDAM 型式番号 RX-78SP 全高 18. 0m 59. 画稿は『』誌上で公募された『MSV-R』読者参加企画第2回のグランプリ作品である「ガンダムスナイパータイプ」をもとに、大河原がクリーンアップしたものである。 一年戦争終結後に検討された機体で 、ガンダムの機動性はそのままに中距離支援能力向上型として開発されている。 連邦軍の発注に応じて提案され、の延長線上にも位置する機体だが、脱着式ではなく本体との一体型として計画されている (設計期間短縮のため、の設計の一部を流用したとする説もある )。 メインカメラ前面には開閉式の遮断シールドを装備、これはセンサー作動時に発生する電磁波などの対応策ともいわれるが詳細は不明。 汎用性も高く、各種作戦に対応可能な設計であることから、採用機種の有力候補となる。 宇宙世紀0080年6月には情報が解禁され、ジムをベースにが製作されている。 しかし、すでに完成していたでカバーが可能と判断され、同年末には開発が中止される。 塗装は濃淡グレーと青を基調とする。 なお、本機の装備を脱着式にしたが一年戦争末期に実戦参加したとも言われる。 主な武装 ビーム・ライフル 本機専用の長距離射撃用火器で、戦後に接収したジオン軍のビーム・ライフルの解析により得た技術の一部を転用して開発されたと言われる。 本機の右側頭部の複合センサーを併用することで 、連邦軍の巡洋艦の主砲と同程度の精密射撃が可能。 出力は通常のビーム・ライフルの30パーセント増が予定されている。 ビーム・サーベル ランドセルにマウント部を設けられなかったため、脹脛部両側面に開閉式の収納スペースを設けている。 センサー・ポッド ランドセル上部に装備。 最新の電子装備により、ミノフスキー粒子下でも弱電波を受信可能となっている。 索敵のほか、ジャミングも可能。 その他のガンダム [ ] パーフェクトガンダム [ ] 漫画『』の劇中で制作されたガンプラが初出で、パーフェクトガンダムシリーズの1機目である。 のちに『MSV』に組み込まれた(型式番号: RX-78 もしくは PF-78-1 )。 一部書籍では「連邦軍が情報操作用に制作したCGによる架空の機体」という設定になっている。 原点であるプラモ狂四朗では後続機(II、)も製作された。 も参照。 ガンダムのトリコロールを基調色とした増加装甲を胸部・肩部・腰部・下脚部に装着し、右腕部に直付け式の2連装ビームガン、背部には大型のパックパックとそれに直結した肩部大型キャノン、左腕部に装着されたシールドにはビームサーベルを3本と機雷投下ユニット、脚部増加装甲にはスラスターを追加するなど、さまざまな武装を施している。 ただし、プラモ狂四郎の講談社ボンボンKC版5巻によると、重装備なだけに推力は強化してあるものの鈍重な機体であり、同巻で対戦した軽装なセミアーマードガンダムの運動性能に翻弄され、惨敗している。 元々はテレビシリーズに原画マンとして参加していたが仕事の合間に描いた落書きで、との近接戦が描かれていたが、この時点で両者ともデザインはほぼ完成していた。 漫画で初登場した当初は全身に改造を施されたとも呼べる機体で、増加装甲は機体と一体化しており脱着不能であったが、MSVとしてプラモデル化される際に小田雅弘によりデザインが見直され、装甲が脱着可能となった。 でプラモデル化されたのはこちらのデザインである。 さらに後にによって再度リファインされたものが、「」「」各シリーズで商品化された。 なお、「BB戦士」ではオリジナルの要素として、頭部に装着する「ヘッドギア」と支援メカである「Gキャリアー」が設定されている。 ガンプラを題材とした2013年のテレビアニメ『』の最終話では、クライマックスの場面で主人公の父親、のガンプラとして登場し、主人公を援護する場面が描かれた。 わずか数秒ではあるものの初出から30年越しにテレビアニメへ登場したことから、Twitterのトレンドワードとなったり、『プラモ狂四郎』の原作者であるが個人ブログでイラストを添えたコメントを寄せたりするなど、大きな反響があった。 なお、この場面の原画は同アニメに原画マンやメカニック作画監督としても参加していたによるものである。 ガンダム量産型 [ ] ツクダホビーのシミュレーションボードゲーム拡張キット『トワイライト オブ ジオン』に登場(型式番号: RG-79AV)。 ガンダムの簡易量産型で、腰部ヘリウム・コアが除かれ、V字アンテナをもたない。 カメラ・アイの形式は判別不能(ユニットのイラストが小さいため潰れてしまっている)。 ガンダムと同様にビーム・ライフルとビーム・サーベル2本、ハイパー・バズーカを携行する。 生産性が悪く、10数機で生産は打ち切られている。 GEEM(ジーム) [ ] 『』01掲載小説「TOP GUNDAM」に登場(型式番号: RMS-114)。 名称は"Gundamtype Experienced Exertion Mobilesuit"の略で、ガンダム系の発展量産機とされる。 カメラ・アイはジム系のゴーグル・タイプ。 武装は180mm径のエレ・カートリッジ式ビーム・ライフルを携行する。 宇宙世紀0089年から部隊配備が開始されている。 宇宙世紀0082年に設立されたMSパイロット訓練学校「トップガンダム」に在籍するシェイド・ノヴォトニー中尉が搭乗し、に乗りバグダッドのジオン残党の3機と交戦、機体にダメージを受けながらも奇策により殲滅に成功する。 アクア・ガンダム [ ] 『』第18-19号掲載のたけばしんごの漫画「シークレット・フォーミュラー 水中型ガンダム」に登場。 題名では「水中型ガンダム」だが、作中では「アクア・ガンダム」または「ガンダム」と呼ばれる。 同じく『SD CLUB』で発表された(のちに)(がベース)と外観に共通点が多く見られるが、肩部などが異なり、作中でジム系がベースであるとは語られていない。 武装は右腕のハンド・アンカーは装備されず、ガンダム2号機と同型のビーム・ライフルを携行する。 移動の際には小型潜水艦「」に搭載される。 宇宙世紀0079年12月23日、3機がグリーンランドを出港してのテスト航海を50パーセント消化し、護衛の原子力潜水艦「リオグランデ」と合流してジャブローへ向かう予定であった。 しかし合流地点で同艦は既に沈没されており、待ち伏せていたジオン公国軍の潜水艦「U-31」の2機と交戦、隊長の1号機はGマリナーとともに撃沈される。 2号機(パイロットはアラン、Gマリナーはデューク)はGマリナーから右腕のみを出し、ビーム・ライフルで1機撃破。 3号機(パイロットはマリオン、Gマリナーはロイ)はその後現れたにGマリナーのメイン・バラストを破壊され着底するが、本機を射出。 2号機と連携して残りの敵を殲滅する。 なお、2号機と3号機はモノクロながら塗装の違いが確認できる。 ソロモンエクスプレス [ ] 「」の雑誌企画『ソロモンエクスプレス』に登場(型式番号: RX-78-2)。 ソロモン攻略プランの一つとして極秘裏に検討されていた、RX-78-2の核攻撃用装備。 追加装備されるそのユニットは、2発の大型、背部に装着される大型の化学燃料高機動ブースター2基および中型宇宙艦艇のものを転用した熱核反応炉4基、背部の熱核反応炉に直結された大型メガビームライフルと腰部の実験用発生ユニット、上半身に装着される対用の増加装甲、耐核シールドなどから構成されている。 想定されていた運用方式はブースターによる大速力を生かしたであり、ソロモンの開口部へ熱核反応ミサイルを発射したのちは、戦域を離脱しつつ全装備を分離し、最終的にはコア・ブロックのみが回収される予定だった。 RX-78-2を用いて熱核反応炉1基のみを搭載した状態での加速試験が行われたが、その際にブースターの故障が発生しており、それに加えてあえてに違反することへの懸念もあったことから実戦配備は見送られ、代わりにが投入されることとなった。 その後、ソロモンエクスプレス用のユニットはルナツーで保管され、搭載されていた熱核反応弾のみがガンダム試作2号機に転用されたとされている。 ホワイトデビル [ ] 雑誌企画『ソロモンエクスプレス』に登場。 ソロモンエクスプレスと同様に開発されていたG-3ガンダム用の核装備プラン。 基本的な装備はソロモンエクスプレスに準じているが、武装はソロモンエクスプレスのものと同型の大型メガビームライフルのほか、2基の核バズーカと6発の熱核反応弾、60mmバルカン砲の砲口を流用した頭部後方のビームライフルとなっており、耐核シールドも2基に増強されている。 ア・バオア・クー攻略用とされていたが、ソロモンエクスプレスと同様に実戦投入は見送られた。 ハーフガンダム [ ] 漫画『』に登場。 がを開発する際に、RX-78-2 ガンダムを徹底的に解析するために、各基地に現存するRX-78系の補給用パーツをかき集めて製造した機体。 ただし、この数値は外部装甲も含まれる可能性も指摘されており、実際にどれくらいオリジナルに近かったかは不明となっている(作中では、より弱いとされている)。 各スペックはマグネット・コーティング時に記録されたRX-78-2のデータをもとに同等に調整されている。 コア・ブロック・システムは装備されておらず、カメラ・アイが緑色で左胸にセンサーが増設されているのが外観上の主な違いである。 また、足首のアーマーにはのようなスリットが確認できる。 武装は頭部バルカン砲とビーム・サーベルのほか、Mk-IIと同型のビーム・ライフルを携行するが、シールドは装備していない。 Mk-IIの完成後は、同機の優秀性を実証するため何度も模擬戦闘をおこなうが、テスト・パイロットの大尉が体を蝕む程の過酷な操縦テクニックを用い、が搭乗する最新鋭機のMk-IIを圧倒し、勝ち続ける。 業を煮やしたは実戦装備での模擬戦を命じ、その際にウー大尉が気を許した一瞬にコックピットを直撃され、撃破される。 宇宙世紀0138年に童話作家の遺品より発見された『エドガー・エドモンド・スミスの日記』に登場する機体であり、当時の宇宙世紀世界でも実在するかは議論が分かれているとの設定がなされている。 ゲームの「ifルート」に登場するガンダム [ ] ゲーム『』シリーズでは、戦争の流れにおけるif(公式の歴史設定とは異なる架空の流れ)が楽しめるよう作られたため、ルートによっては地球連邦軍以外の勢力でもガンダムの製造が可能となる。 キャスバル専用ガンダム [ ] ゲーム『』に登場。 「ニュータイプの理想を実現するべく、キャスバル・レム・ダイクンがネオ・ジオンを率いて決起したら」というIFの歴史に基づいた設定のMS。 キャスバルはニュータイプの象徴としてガンダムを用いている。 ガンダムの設計図を基にキャスバルに合わせて独自の調整がされており、他のシャア専用機同様、赤を基調としたカラーリングになっている。 性能面では攻撃力などは普通のガンダムより若干上程度だが、運動性と限界が倍近く高く、耐久は若干下と、シャアらしい機体になっている。 パイロットが赤い彗星だけに、コア・ファイターまで赤系統のカラーリングとなっている。 なお、ガンダムシリーズを代表するMSとキャラクターの組み合わせということもあり、他の「ガンダム」を題材にしたゲームやプラモデル・フィギュア等で登場することも多い。 また、本機に近い機体としてゲーム『』に シャア専用ガンダムが登場する(形式番号:RX-78 Ver. CHAR)。 キャスバル専用と同じくシャアのパーソナルカラーで彩られた点では同じだが、性能は普通のガンダムとほとんど変わらない。 ジオン公国製の武器を装備できる。 ゲーム『』では、通常のガンダムに比べて格闘重視のセッティングがなされていて、アクションにおいてはビームサーベルによる斬りではなくキック連発という動作になっている。 また、『』シリーズにおいても、武装の中にキックが存在する。 プラモデルのマスターグレード「RX-78-2 ガンダム Ver. 5」の成形色替えで発売。 一部パーツは成形色の都合でガンダムとパーツ分割を分ける必要があるため、専用パーツが新たに製作されている。 また、玩具「」では、地球連邦軍のマークをモチーフとしているガンダムの盾の十字星と腰のVマークを別のマークにした新規造形となっている。 ガンダム(ティターンズ仕様) [ ] ゲーム『機動戦士ガンダム ギレンの野望』に登場(型式番号: RX-78T)。 「宇宙世紀の史実よりも早くティターンズが成立していたら」というifの歴史に基づいた設定のMS。 ティターンズカラーである濃紺に塗装されているのが特徴。 同ゲームで登場するキャスバル専用ガンダムに比べ立体化される機会は少なく、わずかに玩具「」の「ガンダム(セカンドバージョン)」、プラモデル「」の「ゼータガンダムMSコレクション」、香港バンダイ限定商品「可動戦士ガンダム」の「ティターンズカラーバージョン」程度である。 また、『』にも同じカラーリングのガンダムが登場するが、この作品ではティターンズが登場しないストーリーのため「 ガンダム・ムラサメ研究所仕様」の名称になっている。 ガンダム(ジオン仕様) [ ] ゲーム『機動戦士ガンダム ギレンの野望 特別編 蒼き星の覇者』に登場。 「ジオン軍がガンダムを鹵獲し、開発していたら」というifの歴史に基づいた設定のMS。 深緑に塗装されており、と同タイプのシールドを装備しているのが特徴。 また、「ジオン軍によって鹵獲されたガンダム」という設定の機体は、ゲーム『』にも登場している。 ガンダム(フル装備) [ ] ゲーム『機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威V』に登場,サブタイトルはテム・レイ軍シナリオ時,指導者テム・レイ搭乗。 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』におけるガンダム [ ] 漫画『』では、一年戦争開戦以前に既に「RX-77-01 ガンキャノン(初期型)」がにより開発・生産されて連邦軍にて運用されている設定だが、対MS戦闘を考慮していない設計のためにジオン(社)のMS-04・05との初の実戦で完敗を喫し、その教訓から同社のMS開発部長テム・レイの指揮の下、新たに対MS戦に特化した最新鋭MS「RX-78 ガンダム」が開発されることとなった。 劇中では、サイド7に2機のガンダムが搬入された。 RX78-01号機は全身黄色系で格子状のラインとマーカーが入った衝突実験用のダミーを思わせる塗装となっており、頭部カメラアイがガンキャノンに近い形状になっている。 大尉が搭乗し、サイド7の軍事区画に潜入したザク小隊との戦闘となるが、密着状態でザクの融合炉をビームライフルで破壊したためその爆発に巻き込まれ焼失する。 RX78-02号機はアニメ版同様のトリコロールとツインアイである。 中尉が搭乗予定であったが、02号機に向かう途中でザクの攻撃に巻き込まれ死亡、ホワイトベースへの搬送不可となったところへ偶然居合わせたアムロ・レイが搭乗した。 テレビ版ガンダムとの大きな違いは、固定武装が多いことである。 頭部バルカン砲のほか、左肩にショルダーマグナムを2基、右肩にガトリング砲を1基搭載し、また左肩背部にショルダーキャノンを追加装備することもできる(バックパックごと交換し、バーニアも強化している。 ショルダーキャノン付バックパックはビーム・サーベルが1本)。 ビームライフルのデザインもテレビ版と異なる形状であったが、ベルファスト出港後からはテレビ版と同じ形状に変更されている。 大気圏突入のための特殊装備は備えておらず、大気圏突入の際はシールドで摩擦熱を防御しながらホワイトベースへ移動後カタパルトデッキ上部に張り付いて、艦の陰に入ることで直接の摩擦熱を避けぬいた。 コクピットにはコア・ブロック・システムを採用していなかったが、のちにジャブローで改修を受けた際に組み込まれた(それ以前に脱出シートのシステムも設定されていたが、劇中では使用されていない)。 ただしテレビ版のようにガンダム、ガンキャノン、ガンタンクが共通のコアブロックを使い、コア・ファイターとして戦闘も行なうという設定ではなく、ガンダム専用の小型飛行機「コアポッド」を内蔵し緊急時に脱出する目的として設定されている。 なお劇中ではコアファイターという名の戦闘機が別に存在している。 「ジャブロー編」以降も改修され、左肩のショルダーマグナムがガトリング砲に代わり、シールドを背中にマウントできるようになった。 さらに「ララァ編」以降はバックパックに小型のスタビライザーが装備されている。 「ソロモン編」にて、機体の反応速度がアムロの能力についていけなくなったこと、およびテキサスコロニーでシャアのゲルググによってガンダムが大破させられたことを踏まえて、マグネット・コーティング処理および機体各所にスラスターが増設されるなど機動性を高める改造が施された。 0m 43. 地球での耐環境試験のために開発された試作機で 、ガンダム試作1号機 RX-78-01 とは別のチームが担当し 、試作1号機の余剰パーツと地上で調達されたパーツによって製造される。 完成当初は試作1号機と同様のイエローで塗装され、地上試験がおこなわれている。 当時、チーム内ではこの仕様を「RX-781190」と呼称している。 その後、白と紺のツートンカラーに変更され 、地上試験で不要とされた宇宙用装備が地上用・水中用のものに換装されており 、後世にはこの仕様を分類上「RX-78-011190」と呼んでいる。 関節部に暫定的に防水用シーリングが施され、ランドセルをハイドロジェット推進器搭載型に換装して、洋上試験がおこなわれている。 これら耐環境試験は宇宙世紀0078年に終了し 、結果はサイド7に送られ、ガンダム2号機に反映されたといわれる。 さらに、ジオン軍のに悩まされる連邦海軍の提言により 、本機の洋上試験のデータからやが開発されている。 『THE ORIGIN』の漫画『』では、黒を基調に一部がオレンジに塗装された「北米戦仕様」が登場。 地上試験時と同型のショルダー・キャノン付きランドセルを装備している。 宇宙世紀0079年10月頃に 北米の砂漠地帯で、ジオン軍のいくつかの部隊を全滅させている。 ガンダムFSD [ ] 諸元 ガンダムFSD GUNDAM FSD 型式番号 RX-78-01[FSD] 頭頂高 18. 局地型ガンダムのテスト終了後、改めてガンダムタイプの部隊運用を視野に入れ、各種装備や機器の強化・改修を目的に開発された機体。 「FSD」は「Full-Scale Development(全規模開発)」の略。 局地型ガンダムとパーツを共用しつつ、量産化を前提に再設計され、基本性能と生産性の向上を達成している。 外観は胴体部が局地型ガンダムと異なる。 ランドセルは局地型ガンダムのロールアウト時および北米仕様と同型だが、ランドセル左側のショルダー・キャノンは携行武装のマウントラッチに変更されている。 武装は、小型ビーム・ガンにロングバレルとスコープを組み合わせた試作型ロングレンジ・ビーム・ライフル、フォアグリップ部分をドラム型エネルギーCAPに換装したビーム・ライフル、ランドセル右側のビーム・サーベル、右腰のマガジンからのベルト給弾式と小型ドラムマガジンの弾倉式から選択できる 右前腕のガトリング・ガン、局地型ガンダムと同型の小型シールド、新規格の折りたたみ式大型シールド。 本機で得られたデータによってRX計画はさらなる展開を見せ、へと移行してゆく。 漫画『』では、ジャブロー防衛戦でロングレンジ・ビーム・ライフル装備の白い機体と、ガトリング・ガン装備の黒い機体が実戦参加している。 ガンダム Ver. ka [ ] 雑誌企画『』に登場。 いわゆるアニメ版のガンダムの解像度をあげたもの。 本来はカトキハジメとのお遊びで生まれたもので、1989年、当時最新のガンダムであったのデザインを見て、あさのの「ガンダムとアレックスは実際は同じ機体なのでは? 」という提案から、カトキが「アレックスのデザインから逆算したRX-78 ガンダム」としてデザインしたものである。 そのため頬当てや鎖骨部のダクト、腰のアーマーの形状やヘリウムコアの形状などアレックスのデザインとの共通点が見られる。 さらに、対ジオング戦での、ラストシューティングを肩ブロックを回転しないで可能にするために、肩装甲が展開して腕が真上にあげられるデザインが考案された。 また『ガンダム・センチネル0079』に登場したGM後期生産型はガンダムのデザインが完成した後に逆算的にデザインされた。 その後Ver. ka バージョンケーエー と称されるようになったのは、がガレージキットとして発売する際、当時とがセンチネルの版権問題で揉めており、「ガンダム・センチネル」の名称を使用できなかったため、苦肉の策として、センチネル連載当時にカトキが読者投稿コーナーなどでの自身のコメントであると示す為に使用されていた「ka」という表記を使用した事が発祥である。 その後数多くのガレージキットメーカー、および個人ディーラーなどの手によって幾度となく立体化されるのみならず、バンダイのプラモデル「マスターグレード」と完成品TOY「GUNDAM FIX FIGURATION」でも立体化されている。 ガンダムG40(Industrial Design Ver. 2019年12月には、このプロジェクト用にリ・デザインされたガンダムの設定を基にしたガンプラも販売された。 プロジェクトの起点は上述のガンダム40周年関連プロジェクトの一つとして、マイルストーン的なガンダムのプラモデル()を生み出そうという事で、バンダイ側が「ガンダムを実在の工業製品としてデザインする」というアイデアを出したことに端を発する。 ここから現実社会で実在する工業製品のデザインを多く手掛けている(KEN OKUYAMA)の協力を得てRX-78ガンダム(以下「RX-78」)のデザインを「再解釈」してG40が生み出された。 よってG40の諸元や武装は基本的にはRX-78と同一である。 1970年代の映像で動かす事を前提にしてデザインされたRX-78は、その後ガンプラとして立体物として数多の商品化がされた際、各部位の可動に独自の解釈がされるケースが発生。 代表的な例としては「腰部のアーマーを可動させて複雑な動作の再現に対応」などが挙げられるが、G40はスペシャルWEBムービーの監督であるによる進言もあり、実際の工業製品と同様の環境で設計し、3DCGで動かしやすいような再解釈が成されてデザインされている。 前述した腰部アーマーも非可動となった替わりに人体関節に近づけた球体関節を各部位に採り入れ、人体の動きの基本である「ひねり」の入った動作(大地を踏みしめてビームサーベルを振り下ろす など)が人体に寄り近い形で再現できるという触れ込みになっている。 (実際、G40のガンプラはアクションフィギュア並みの柔軟なポージングが可能になっている) また、WEBムービーではが変形してコア・ブロックとなりガンダムのボディと合体する際、RX-78は垂直に合体するのに対しG40は水平に差し込まれて合体するという差異も確認出来る。 防衛省技術研究本部は11月7日、平成19年度研究発表会、防衛技術シンポジウムを開催した。 会場では、ネット上のコミュニティーなどでも話題になった「ガンダムの実現に向けて(先進個人装備システム)」をはじめとした研究開発成果が展示された。 「ガンダムの実現に向けて」というタイトルで展示を行った理由については「扶桑社が発行する防衛省の公式雑誌『MAMOR』で技術研究本部を特集した際、ガンダムを引き合いに出したことから(開発担当者が)今回の発表でもそのまま使ったのだと思う」(防衛庁広報官)という。 ガンダムというロボットのイメージとは異なるものの、先端のITを駆使したこの装備。 写真で詳細を紹介したい。 この展示は『ライフルにカメラを、ヘルメットにアンテナを着ける等して、隊員間の情報を即時にやり取りする』という内容で、人型ロボットやパワードスーツを開発するという類の展示ではない。 この名称はサンライズ側の了解無しに使われている。 平成22年4月2日 自民党議員の間でガンダムに象徴される二足歩行ロボットの実現を党のマニフェストに入れようという動きがある。 産業振興の一環として国家プロジェクトとして取り組もうという狙いのようだ。 既に石破茂政調会長にも提案しているといい、ネットでも話題になっている。 平成24年6月28日 自由民主党に依るニコニコ動画内の生放送番組『』• 7:58:02~8:44:46「本気で考える自民党ガンダム開発計画」という議論が放送された。 出演者は自由民主党衆議院議員のと、小説家の。 内容は、各人の『機動戦士ガンダム』への思いの他、実寸大の歩くガンダムをどう作るか、どう活かすかというやり取り。 歩くガンダムを作る目的は観光資源として。 カナダのナイアガラの滝のような観光名物として人を呼ぶ事が出来る。 動力源としては核燃料の搭載は難しいので、電源プラグを繋げるか燃料電池を載せるかする。 予算は税金ではなく奈良の大仏と同様国民の浄財で賄う。 飢饉の最中にも関わらず聖武天皇がを造ったように、歩くガンダムは国の象徴になる。 立命館大学総合理工学研究機構先端ロボティクス研究センター教授に拠れば、歩くガンダムは今の技術で作れると思う。 不整地での二足歩行技術を完成させるには約10億円が必要。 実際にガンダムを作ろうとすれば、例えばベアリングを作る中小企業等、様々な企業が力を発揮できる。 生まれた技術は土木事業等にも生かせる。 偶像としてのガンダム 商業施設(など)に作られたガンダムモデル以外にも、宣伝・事業の域を超えてガンダム像が作られることがある。 実物大ガンダム [ ] 実物大ガンダム(じつぶつ・だい - )は、RX-78-2ガンダム像を設定通りに頭頂高18mサイズで作った立像モデル。 基本構造は鉄骨フレームに製の外装を被せた物で、スケール相応のディティール造形やマーキング、首の可動やミスト放出などのギミック、各部の電飾など非常に凝った造りになっている。 2009年に建造され同年に一般公開されたあと、2012年までは常時設置されず、何回か場所を変えて公開された(詳細は場所ごとに後述)。 これはガンプラの技術を応用する事で分解・再組み立てが容易なように設計されているため、イベント的な展示に最適だという事情も加味されている。 なお分解状態では大型コンテナ25個分に収まり、保管や輸送もしやすい。 過去数回ほど一部パーツのみの展示も行われている(後述)。 2009年 お台場公開 [ ] RX-78-2 ガンダム Ver. そのインパクトは絶大であり、「現実世界にガンダムが出現する」というコンセプトにふさわしいものであった。 ただし、この際はあくまで平和との象徴という企画を体現し、手持ち武器は装備していない。 PRを兼ねており、8月1日より公開終了まで、左肩部分ののロゴがオリンピック招致ロゴに変更された。 期間中の来場者数は、当初予想の150万人を大幅に上回り延べ415万人 に達し、世間の耳目を集めた。 一般来場者は地上からの鑑賞および撮影と足部への接触のみが可能だったが、ガンダム像の肩部にクレーンで昇り、通常では不可能なポイントでの記念撮影ができる権利がにおいて売り出され、のが260万1000円で落札。 お台場での公開終了後、ガンダム像はひとまず解体され、後述する静岡で再び大地に立つ日まで保管 された。 (2009年4月18日時点の)• 前述の期間以外も、ホビーフェアが終わる2011年3月27日までは展示され観覧は可能であった(好評につき閉幕前10日間もギミック演出を行うこととし、公式発表まではされたが、の影響で中止された)。 またホビーフェアの閉幕後も 4月1日までは解体されなかったため、遠巻きながら見学することはできたが4月2日に解体が開始され、4月8日までに展示ステージ以外の部品の解体と搬出が完了。 展示ステージの解体も4月11日から開始され4月20日に完了した。 (2009年9月4日時点の)• GFT)が展示されることとなった。 以前のものと違い、台座がなくなり、主構造の鉄杭を地下数十mに打ち込んでいる。 同施設にはガンダムシリーズ30有余年の歴史を特別映像や貴重な資料展示などで体感できるエンターテイメントスペース・ガンダムフロント東京も併設されていた(2017年4月5日に営業を終了、跡地には同年8月19日ガンプラ関連をメインとしたアミューズメント施設「THE GUNDAM BASE TOKYO(ガンダムベース東京)」がグランドオープンした。 なおガンダムフロント東京と同時にオープンしたGUNDAM Cafe ダイバーシティ東京 プラザ店は現在も営業中)。 展示期間については以前の展示時と異なり期限を定めず常設状態になっていたが、2016年12月、翌2017年3月5日をもって展示を終了すると発表。 展示最終日にはクロージングイベントが催され、富野由悠季が登壇。 実物大ガンダムが生み出され展示された事への謝意や今後の展開(後述)への声援をファンへお願いし、約8年に及んだ実物大ガンダムプロジェクトは一先ず一区切りとなった。 なお、2017年秋には新たなる実物大モビルスーツ立像「」が建造され、ダイバーシティ東京に設置される予定(詳細は随時上記項目先に記載予定)。 (2017年3月15日時点の) 2020年 予定 横浜・山下ふ頭 実際に動かすプロジェクト [ ] 2014年7月9日、サンライズによって設立された「ガンダム GLOBAL CHALLANGE」が、実物大ガンダムを動かす計画を発表。 発表時点では技術的な目処が立っているわけではなく、実現のためのアイディアを世界中から募集するという状態で、2019年にその成果を公開する予定としていた。 なお、一般展示の「任務」を終えた実物大RX-78-2ガンダム立像は、今後は同企画の検証・参考用として使用される予定である。 その後、2018年11月21日、当初の予定から1年遅れの2020年夏にので動く実物大ガンダムの一般公開を目指すプロジェクト「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」が発表された。 パーツのみの展示事例 [ ] 2009年9月24日から27日まで、頭部のみがで開催されたのバンダイナムコブースにおいて展示された。 2011年8月13日から21日まで、再びお台場( セントラル広場)に戻り、頭部や右手のパーツ中心とした分割パーツが展示される。 右手パーツには実際に乗る事が出来る(ある程度の制限あり)。 今回の展示は同年に実物大ガンダムをCG処理して動かすCMを放送した()の協賛により実現した。 (2011年8月11日時点の)• 中国のロボット巨像 [ ] 2010年12月、中国にある ()の遊園地 ()にてガンダムにそっくりな金色のロボット(高さ15メートル)が登場した。 ガンダムの版権を管理するは侵害の疑いアリとみなし調査を始めたが、遊園地側は「ガンダムのまねではなく、自分たちでデザインを考えた」などと強弁した(と言われる)。 しかし、遊園地のホームページでは、中国語でガンダムを指す「高達」と明示して紹介されていた。 その後、日本側の反応を受けてか、さまざまな外装パーツを追加してガンダムとは似ても似つかぬ姿へと変貌 し、名称も「天郷2号」と改名した後、最終的には撤去された。 その他の実物大ガンダム [ ] この項目に記載されている実物大ガンダム以外、2009年以前にも実物大の造形物は2体存在している。 6メートル)をエントランスホールに展示している。 以前は千葉県松戸市のバンダイミュージアム内のガンダムミュージアムにあったものだが、バンダイミュージアムの移転とともに現在の場所に移動。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 尚、RX-78機体群は、参考となるザクIIのデータ入手から最初の実機RX-78-1試作初号機の完成までにわずか半年しかかかっていない。 これは、人間の不眠不休の労働ではなく、全自動のCAD CAMシステムが設計製造をおこなったからである。 ジオン軍は設計補助にしかコンピュータを使わず、可変生産システム「FMS」でMSの開発製造をしていた。 これは、ただでさえ連邦に対して国力に劣るジオンが、兵器の生産速度でさらに後れを取る原因となった。 発砲金属、ポロン複合材、カーボンセラミック等をサンドイッチ状に重ね、表面に臨界半透明液をコーティングした複合装甲を採用し、敵の攻撃を受けた際衝撃を発砲金属がクラックする事で相殺、装甲は共通パネル化され交換可能とした資料もみられる。 『機動戦士ガンダム 記録全集』に掲載された本機の透視図には、関節部にサムソニ・シム電動モーター、(エンジン)にタキムNC-7ほか、アンテナにスーズ式79タイプ、聴音器にマツムS-4といった記述がみられる。 同時代のMSの標準的な動力源として、を搭載する。 一方で、それ以前の設定としては新機軸の磁場制御技術によって小型化された核融合炉を搭載、電力変換にはを用いるとした資料も見られる。 アニメ第5話「大気圏突入」では、にしたガンダムが、空力加熱に耐えられるようにBパーツ下腹部中央のポケット「耐熱フィルム(フィルター)カプセル」に収納された 耐熱フィルムを展開して機体を覆い、無事に生還している。 この耐熱フィルム(フィルター)はRX-75 ガンタンクにも同様に装備されている。 映画版では 耐熱フィールドに変更された。 これは股間部から噴出するエアー(冷却気体)を前方に構えたシールドに吹きつけ、ガンダム本体を覆うフィールドを形成し加熱を防ぐ方法である• 化学燃料を用いたロケットとする資料もみられる。 また、重水素とヘリウム3を燃焼材にしたレーザー核融合パルス推進と、科学ロケットを混合したとする資料も見られる。 『機動戦士ガンダム』TVアニメ第9話においてはスラスター 作中ではロケットノズルと呼称される によるジャンプ力を利用し、空中への飛翔と降下を繰り返してドップを撃破する姿も見られた。 第18話での攻撃を受けた際は、実行している作業を音声で報告した。 『』の小説版(上巻)では、がを囮として使うため、オートパイロット機能で起立させている。 OVA版においても、シローがコックピット内で睡眠を取っていても、自動的に基地まで徒歩で帰還している描写がある。 テレビシリーズではのメガ粒子砲をやすやすと防ぐ描写もあったが、これについては後にムック『ロマンアルバム・エクストラ42 機動戦士ガンダム 劇場版』の記事において、脚本・設定担当だったが考証ミスであると断言している。 なお、ガンダム以降の連邦系MSは一方の手でシールドを、もう一方の手だけで武器を使用して攻撃と防御を併行できる機能が装備され、戦闘時の防御面での優位を確立していたが、一方のジオン系MSは基本的にシールド自体を装備せず、シールドを手持ち装備していたやでさえ両手での保持射撃が基本であり、有効なシールド防御が行えなかった [ ]• の「ガンダム Ver. ONE YEAR WAR 0079」では、シールドの裏に、ビーム・サーベルに加えてビーム・ライフルとハイパー・バズーカを装着することができる(銃にそのための起倒式の突起がある。 なお、HGUC版では新旧ともにこれらが省略されている• 0』付属解説書にも「広域を焼却するためのものと考えられる」という記述がある。 の作品では「 連邦の白い悪魔」、のゲーム作品や一部書籍では「 連邦の白き流星 」• 『』では、ガルマが「V作戦」のファイルを読んでいる映像がある。 初出の『ガンダムエース』2013年8月号での名称は「プロトタイプガンダム(ロールアウト)」。 のちに「ロールアウトカラー」と称して、このカラーリングを「色替え」でRX-78-2仕様のガンダムに施した立体物がいくつか商品化されたが、設定上はRX-78-1のみである。 なお、『マスターアーカイブ』での1号機から3号機の塗装の変遷は『MSV』の設定と異なる。 前面からの設定画では右腰だが、背面からでは左腰になっている。 『マスターアーカイブ』では、スペックは全てRX-78-2と同じとされる。 G-3ガンダムを「2号機にマグネット・コーティングを施し、運動性能を倍加させたもの」とする資料もある。 2号機も、マグネット・コーティング処理後に型式番号をRX-78-3に改めたとする資料がある。 『MSV』版のG-3ガンダムの胴回りは無塗装で、ルナ・チタニウム合金が露出しているとされる。 20パーセントとする資料もある。 『機動戦士ガンダム30周年プロジェクト』のプレスリリースでは「18mの等身大立像」としているが、一般に等身大とは人の身長と同じ大きさのことであり、主要新聞などでは実物大と表記されている。 『』2009年12月17日放送の1コーナーで語られた実物大ガンダム解体後の現状をサンライズに電話取材した際のコメントによると、「複数のブロックに分解して、国内数カ所の某所に保管されており、マニアに場所を突き止められないように定期的に保管場所を移動している」とのこと。 全体の形状は変わっていない。 出典 [ ]• 『ガンダムアーカイブ 機動戦士ガンダム完全設定資料集』メディアワークス、1999年6月、42-43頁。 『ガンダムアーカイブ 機動戦士ガンダム完全設定資料集』メディアワークス、1999年6月、92頁。 1 機動戦士ガンダム MS大図鑑 PART. 1 一年戦争編』バンダイ、1989年2月、52-53頁。 『ポケット百科シリーズ 機動戦士ガンダム モビルスーツバリエーション 3 連邦軍編』講談社、1984年、2006年7月 復刻版 、170頁。 『機動戦士ガンダム記録全集』日本サンライズ、1979年12月、160頁。 『講談社ポケット百科シリーズ ロボット大全集[1]機動戦士ガンダム』講談社、1981年、87頁。 「RX-78誕生秘話」『 No. 1』講談社、1990年12月、掲載コミック。 『マスターアーカイブ モビルスーツ RX-78 ガンダム』ソフトバンククリエイティブ、2011年12月、17頁。 「機動戦士ガンダム宇宙世紀 vol. 2 大事典編」ラポート、1998年9月、145頁。 小説版『』のページ下部脚注より。 『講談社ポケット百科シリーズ ロボット大全集[1]機動戦士ガンダム』講談社、1981年、91頁。 『ENTERTAINMENT BIBLE. 1 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART. 1 一年戦争編】』バンダイ、1989年2月、52頁。 『』 講談社、2001年3月、717頁。 同書では「320mmとも言われる」との注記があり、装弾数も4発とされている。 『機動戦士ガンダム エピソードガイド vol. 1 一年戦争編(前)』角川書店、67頁。 『機動戦士ガンダム ガンダムアーカイブ』メディアワークス、1999年6月、109頁。 『講談社ポケット百科シリーズ ロボット大全集[1]機動戦士ガンダム』講談社、1981年、171頁。 機動戦士ガンダム公式web 2007年8月10日• 『講談社のポケットカード8 機動戦士ガンダム モビルスーツコレクション』講談社、1982年1月。 『ENTERTAINMENT BIBLE. 39 機動戦士ガンダム 戦略戦術大図鑑 1年戦争全記録』バンダイ、1991年2月、138頁。 初出は『機動戦士ガンダム記録全集』内の用語辞典 [ ]。 『機動戦士ガンダム 台本全記録集』日本サンライズ、1980年12月13日、12頁。 プラモデル『HGUC ガンダムV作戦セット』説明書、バンダイ、2001年8月。 『講談社ポケット百科シリーズ 機動戦士ガンダム モビルスーツバリエーション 3 連邦軍編』講談社、1984年7月、2006年7月 復刻版 、87頁。 『コミックボンボン』1983年11月号、講談社、2頁。 『マスターアーカイブ モビルスーツ RX-78 ガンダム』ソフトバンク クリエイティブ、2011年12月、23頁。 『講談社のポケットカード9 機動戦士ガンダム MSVコレクション』1984年2月。 『機動戦士ガンダム MSV-R ジオン編』KADOKAWA、2014年2月、80頁。 『機動戦士ガンダム MSV-R アクショングラフィック編』第2巻、2015年2月。 『機動戦士ガンダム MSV-R ジオン編』KADOKAWA、2014年2月、127頁。 『機動戦士ガンダム ガンダムアーカイヴ』メディアワークス、1999年6月、61,76頁。 『講談社ポケット百科シリーズ35 機動戦士ガンダム モビルスーツバリエーション3 連邦軍編』講談社、1984年7月、81頁。 「Game's MsV 91」『ガンダムエース』2010年5月号、角川書店。 『マスターアーカイブ モビルスーツ RX-78 ガンダム』ソフトバンク クリエイティブ、2011年12月、33頁。 『』151頁。 プラモデル『HGUC ガンダムV作戦セット』付属説明書、バンダイ、2001年8月、16頁。 『グレートメカニックG 2016 WINTER』双葉社、2016年12月、27頁。 『ENTERTAINMENT BIBLE. 1 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART. 1 一年戦争編】』バンダイ、1989年2月、16頁。 『ケイブンシャの大百科211 完全版機動戦士ガンダムプラモ2大百科』勁文社、1985年2月、41頁。 25 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART. 4 MS開発競争編】』バンダイ、1991年2月25日、78-81頁。 『ZEONIC FRONT 機動戦士ガンダム0079 タクティカルグラフィックス』角川書店、2001年9月7日、49頁。 『マスターアーカイブ モビルスーツ RX-78 ガンダム』ソフトバンク クリエイティブ、2011年12月、86頁。 『ENTERTAINMENT BIBLE. 42 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART. 6 デラーズ紛争編〈上〉】』バンダイ、1992年2月、41頁。 『MG PF-78-1 パーフェクトガンダム』バンダイ、2003年12月。 『データコレクション 13 機動戦士ガンダム 一年戦争外伝3プラスORIGINAL MS IN GAMES』メディアワークス、1999年11月、44頁。 tks24 2014年4月9日. やじうまWatch. 2014年4月10日閲覧。 『電撃ホビーマガジン』1999年3月号、メディアワークス、44-47頁。 2018年1月28日閲覧。 2020年1月22日閲覧。 8:39:20 福井晴敏「いや俺はですね、あのー前にあの自衛隊がガンダムを。 陸上自衛隊がガンダムを作るってやったじゃないですか。 あれ、サンライズに何の連絡も無かったんですよ」• 2010年5月11日「すごい現場〜事例に学ぶ ガンダム30歳 長寿プラモの研究(上)」• ITmedia ニュース 2009年9月9日• 『GUNDAM FRONT TOKYO OFFICIAL GUIDE BOOK [VOLUME. 1]』5頁。 まんたんウェブ 株式会社MANTAN). 2016年12月1日. 2016年12月1日閲覧。 産経新聞. 2014年7月9日. 2014年7月9日閲覧。 オリコンニュース. 2018年11月21日. 2018年11月21日閲覧。 - MSN産経ニュース 2010年12月18日(2010年12月20日時点の)• - スポーツ報知 2010年12月19日(2010年12月20日時点の)• - Narinari. com(エキサイトニュース)2010年12月10日• - ガジェット通信 2011年1月30日 関連項目 [ ]• :長さ(高さ)の比較。 ガンダム RX-78-2 (架空の)の全長(18. 0m)。 2018年の実写映画。 原作では未登場であったが、が権利の関係で登場させられなかった代わりに登場。 最終決戦において主人公の1人であるトシロウが2分間好きな巨大ロボットに変身できるレアアイテム"グレガリアス120"を使用して変身する形で登場、と戦った。 武装はビームサーベルとシールドのみ。 外部リンク [ ]• - アニメック編集長の小牧によるRX-78命名の経緯(2007年10月30日時点の).

次の

プロトタイプガンダムとは (プロトタイプガンダムとは) [単語記事]

ソロモン エクスプレス

プロトタイプガンダムとは、『』に分類されるである。 概要 プロトタイプガンダム 番 -1 頭頂高 18. 0m 重量 47. 機から先行してローウトした策定のための機体でありではプロトタイプガンダムと呼ばれている。 において「」の脅威をの当たりにしたレビルはの必要性を強く訴え、を発動させる。 計画では既にの製造を開始していた計画も統合され、とまともに渡り合えるような機体の開発が行われた。 はしたを解析し、対戦用両の「X-」および「」などを経てした初の二足歩行試作機「」から、中機の「」と兵戦の「」という全な用をさせた。 -1では新機軸のや、の粒子をIで収束・形成する「・」、さらにのを的に織り込んでいる。 トと制式の違いに第一に挙げられるとすればこの・ガンである。 ガンは下腕部と一体化したス付きのだったが、取り回し性の悪化から評価が低く、実戦であるのでは通常へ変更したようだ。 その際ガンダム1号機と機もへされている(機の名称はトのままらしい)。 また単純なでもの動となるム社製-3熱核ジェネレータ2基、背部(パック)にム52基、部にム-7を搭載しており従来の機体を駕する性となった。 式番号の-1はを示している。 版として化で広く知られる本機は・の装甲色だが、これは正式な-1の実戦策定後にされたものである。 としてローウトした機体は機()および機の策定後をにしている。 元ネタ に収録されたにで設定を与えた機体。 頭部 従来の機体と異なるのはを採用している事だろう。 にはモノ・しかい中でツは的にも新しいものとなっている。 頭部は・などの精密機器の体であり、の・の負担を減らすために搭載されたコ・セッサーが補助を兼ねている。 ルナ・チタニウム合金 は開発から兵戦用の機体として位置付けられ底的な軽量化をしていた。 それを可とさせたのが従来の合からを遂げた装甲材「・合」である。 (後に本機の活躍を受けてガンダリウム合と称した。 ) 合以上の軽量性、かつの直撃をものともしない強度・耐弾性を持った装甲の採用によって、は既にのとは一線を画す存在になっていた。 耐熱性のほか微量とはいえ放射性の遮断などの機もあり、にとっては理想的な装甲材と言える。 コア・ブロック・システム 、、のー3機は・・というコック・を採用している。 これが本機の核となる。 コックは高性のに分離変形しとして運用可で、自体にジェネレータも積まれているため数値上の出は実に数倍を誇る。 その的の一つが機種ーの収集。 に搭載した「」に保存した実戦稼働を安全に持ち帰り、かつ搭乗者の生還率を高めるというからくる装備でもあった。 機のは当初5( )だったが、度重なる良を得て最終的に7に刷新された。 RX-78シリーズ 以下、旧キット版プロトタイプガンダムの説明書をかみ砕いて説明する。 トをはじめとするはジャブローで8機製造されている。 この内、1~機は7へと向かい、残る4~機はとしてジャブローに残されのとなった。 この際の留意点としては、4~機はいずれも初期試作・中期試作・後期試作が存在した事である。 冷却・耐熱・等は持たされておらず、-1未満の素の状態だった。 少なくとも一度は機と同一、つまりに修されたと記述されている。 機体はそれぞれ修を受け、実戦へ投入されている。 詳細は各個別記事を参照して貰いたい。 多分一番有名なの搭乗機である。 後にが施される。。 版コーングの機をに組み込んだの。 通称G-3。 の専用機。 最終的なはでも随一と言えるほどになった。 しかし…。 の専用機。 機との間制圧となる。 撃戦・熱核ホ。 に負けた。 S計画に組み込まれ、後にローウトした。 )、未だ詳細不明の機体。 X-78 『・』でのみ登場。 形状的にはに近い。 特徴として(V字)が存在しない。 『誕生秘話』では、X-78と思しき機体が登場。 これをにプロトタイプガンダムが開発されたと言われている。 プロトタイプガンダム(ソロモンエクスプレス) 号に掲載されたの雑誌『エクスプ』に登場。 版ではなくのX-78を基にしている。 設定のみの登場であるが、作例や設定画では通常のでが付けられている。 この機体もの襲撃の際に破壊されたようだ。 ガンダム1号機(THE ORIGIN版) 『』に登場。 式番号:-01 はツ。 のトに位置する機体であり、のルを採用している。 7に侵入したの「」を数機倒したがでに放り出された。 関連商品 関連項目• RX-78 ガンダム(ファーストロット・セカンドロット機)•

次の

G

ソロモン エクスプレス

プロトタイプガンダムとは、『』に分類されるである。 概要 プロトタイプガンダム 番 -1 頭頂高 18. 0m 重量 47. 機から先行してローウトした策定のための機体でありではプロトタイプガンダムと呼ばれている。 において「」の脅威をの当たりにしたレビルはの必要性を強く訴え、を発動させる。 計画では既にの製造を開始していた計画も統合され、とまともに渡り合えるような機体の開発が行われた。 はしたを解析し、対戦用両の「X-」および「」などを経てした初の二足歩行試作機「」から、中機の「」と兵戦の「」という全な用をさせた。 -1では新機軸のや、の粒子をIで収束・形成する「・」、さらにのを的に織り込んでいる。 トと制式の違いに第一に挙げられるとすればこの・ガンである。 ガンは下腕部と一体化したス付きのだったが、取り回し性の悪化から評価が低く、実戦であるのでは通常へ変更したようだ。 その際ガンダム1号機と機もへされている(機の名称はトのままらしい)。 また単純なでもの動となるム社製-3熱核ジェネレータ2基、背部(パック)にム52基、部にム-7を搭載しており従来の機体を駕する性となった。 式番号の-1はを示している。 版として化で広く知られる本機は・の装甲色だが、これは正式な-1の実戦策定後にされたものである。 としてローウトした機体は機()および機の策定後をにしている。 元ネタ に収録されたにで設定を与えた機体。 頭部 従来の機体と異なるのはを採用している事だろう。 にはモノ・しかい中でツは的にも新しいものとなっている。 頭部は・などの精密機器の体であり、の・の負担を減らすために搭載されたコ・セッサーが補助を兼ねている。 ルナ・チタニウム合金 は開発から兵戦用の機体として位置付けられ底的な軽量化をしていた。 それを可とさせたのが従来の合からを遂げた装甲材「・合」である。 (後に本機の活躍を受けてガンダリウム合と称した。 ) 合以上の軽量性、かつの直撃をものともしない強度・耐弾性を持った装甲の採用によって、は既にのとは一線を画す存在になっていた。 耐熱性のほか微量とはいえ放射性の遮断などの機もあり、にとっては理想的な装甲材と言える。 コア・ブロック・システム 、、のー3機は・・というコック・を採用している。 これが本機の核となる。 コックは高性のに分離変形しとして運用可で、自体にジェネレータも積まれているため数値上の出は実に数倍を誇る。 その的の一つが機種ーの収集。 に搭載した「」に保存した実戦稼働を安全に持ち帰り、かつ搭乗者の生還率を高めるというからくる装備でもあった。 機のは当初5( )だったが、度重なる良を得て最終的に7に刷新された。 RX-78シリーズ 以下、旧キット版プロトタイプガンダムの説明書をかみ砕いて説明する。 トをはじめとするはジャブローで8機製造されている。 この内、1~機は7へと向かい、残る4~機はとしてジャブローに残されのとなった。 この際の留意点としては、4~機はいずれも初期試作・中期試作・後期試作が存在した事である。 冷却・耐熱・等は持たされておらず、-1未満の素の状態だった。 少なくとも一度は機と同一、つまりに修されたと記述されている。 機体はそれぞれ修を受け、実戦へ投入されている。 詳細は各個別記事を参照して貰いたい。 多分一番有名なの搭乗機である。 後にが施される。。 版コーングの機をに組み込んだの。 通称G-3。 の専用機。 最終的なはでも随一と言えるほどになった。 しかし…。 の専用機。 機との間制圧となる。 撃戦・熱核ホ。 に負けた。 S計画に組み込まれ、後にローウトした。 )、未だ詳細不明の機体。 X-78 『・』でのみ登場。 形状的にはに近い。 特徴として(V字)が存在しない。 『誕生秘話』では、X-78と思しき機体が登場。 これをにプロトタイプガンダムが開発されたと言われている。 プロトタイプガンダム(ソロモンエクスプレス) 号に掲載されたの雑誌『エクスプ』に登場。 版ではなくのX-78を基にしている。 設定のみの登場であるが、作例や設定画では通常のでが付けられている。 この機体もの襲撃の際に破壊されたようだ。 ガンダム1号機(THE ORIGIN版) 『』に登場。 式番号:-01 はツ。 のトに位置する機体であり、のルを採用している。 7に侵入したの「」を数機倒したがでに放り出された。 関連商品 関連項目• RX-78 ガンダム(ファーストロット・セカンドロット機)•

次の