ジャイアントチンチラ。 ウサギの飼い方|値段・種類・寿命・飼育に必要な飼育用品は?

デカすぎ!巨鳥「ジャイアントモア」絶滅原因と生存可能性を探った│ネット動物園 〜生き物全般からペットまで〜

ジャイアントチンチラ

チンチラといえば グレーのイメージが強いですが、他の毛色を持つタイプもいます。 一体どのような毛色のチンチラがいるのでしょうか。 下記で紹介していきましょう。 グレーがスタンダード チンチラの毛色はもともとはグレーです。 ペットとして飼われているチンチラについても、グレーがもっとも一般的で、人気のあるタイプです。 また、 体が丈夫で、長生きできるのもグレーと言えるでしょう。 ペットとして飼われているチンチラには、ほかにも白やベージュ、黒など、いくつかの毛色があります。 また、単色のタイプや模様のあるタイプと、色以外にもいくつかの種類があります。 ただし、グレー以外は出生率も少ないため、高額になります。 なお、毛色による呼び名は国やブリーダーによって異なるようです。 比較的長生きできる、ベージュ 「ベージュ」は、淡いグレーに、かすかにピンクを混ぜたような毛色で、目が黒の子、赤い子、ピンク子とさまざまです。 「 シャンペーン」と呼ばれることもあります。 なお、チンチラの場合、同じ色のチンチラをかけ合わせても、親と同じ色の子どもが生まれるとは限らないのですが、ベージュについては、両親ともベージュなら、ほぼ100%ベージュの子どもが生まれます。 ベージュは、グレーと同様、 割合長生きできるタイプです。 毛ツヤが美しい、ブラックベルベット 「ブラックベルベット」は背中の毛が黒く、胸元やおなかが白っぽくなっているタイプです。 「ベルベット」という名前がついているように、とても毛ツヤが美しく、 本物のベルベットのようにしなやかです。 なお、両親ともブラックベルベットだと、生まれる子どもは少ないようです。 全身真っ黒の、エボニー 「エボニー」は、ブラックベルベットよりもさらに黒く、全身の毛が真っ黒で、目も黒いのが特徴です。 「 チャコール」と呼ばれることもあります。 エボニー同士をかけ合わせると、ほぼ100%の確率でエボニーが生まれると言われています。 ほかにも、さまざまな毛色のチンチラが 「ホワイト」は数が少ない種類で、全身が真っ白で、目が黒いのが特徴です。 「アルビノ」は「 ルビーホワイト」とも呼ばれますが、全身が真っ白で、赤みがかった目をしています。 「パール」も全身が白いのですが、グレーの模様が不規則に入っていて、「 モザイクホワイト」と呼ばれることもあります。 ほかに、「バイオレット」は青紫色の毛のタイプで、ホワイトと同様、数が少ない種類です。 そして、「シルバーパイド」は全身が白く、頭や背中がシルバーのタイプ、「シナモン」は全身が薄茶色で、赤みがかった目をしています。 「ブラウン」は茶色で、背中に色が濃くなった部分があり、顔がブラックベルベットに似ているのが特徴です。 「シールポイント」はシャム猫の毛の色に似ていることからつけられた名前で、体は白く、耳としっぽが黒っぽいチンチラです。

次の

うさぎの寿命や飼い方、価格、種類、気をつけたい病気、お手入れは?

ジャイアントチンチラ

この記事でまとめたこと• チンチラの飼い方のコツ1「生活リズムを決める」 チンチラは夜行性の動物ですが、規則正しく生活を送ります。 食事や遊び、睡眠の時間を決めて、一定の生活リズムを作ってあげることがポイントです。 飼い主の都合に合わせてスキンシップを取るのではなく、「この時間帯」と決めてあげるなど、チンチラを中心にリズムを作ってあげることで、お互いのストレスを減らしながら生活することができますよ。 チンチラの飼い方のコツ2「遊ぶスペースの確保、回し車を用意する」 チンチラは活発に動きまわる動物ですので、日々運動できる環境を整えてあげることが大切です。 チンチラの運動不足を解消するための十分なスペースを確保してあげてくださいね。 大きめのケージで飼ったりケージ内に物はなるべく置かないようにしたりして走り回れる環境を整えてください。 ケージの外に出してあげても喜ぶので、可能な範囲で出してあげてもいいですね。 また、誤飲に繋がる小さなものは周りに置かないようにしてくださいね。 ケージの外にだすのは難しい場合は、運動不足でストレスが溜まりやすいので、回し車をケージの中に用意してあげることをおすすめします。 チンチラの飼い方のコツ3「ケージの下にペットトイレシーツ」 チンチラにはトイレのしつけができません。 おしっこを同じ場所ですることを覚えられるチンチラもいますが、基本的にうんちはどこでもしてしまいます。 うんちやおしっこの処理をスムーズにするためには、ケージの下にペットシーツを引くのがおすすめですよ。 シーツがにおいもキャッチしてくれるため、処理が簡単で飼い主もストレスを感じませんよ。 ケージを清潔に保つためにも、うんちをした時にはすぐにシーツごと捨ててしまいましょう。 チンチラの飼い方のコツ4「かじり木やチンチラストーンを用意」 げっ歯類のチンチラの歯は、生きている限り伸び続けます。 何かをかじって歯の長さを整えています。 野生のチンチラは、草や木などをかじることで歯を削ることができますが、歯を削るものがないと目に入ったものを何でもかじってしまい、家中がかじり跡だらけになってしまうこともあります。 歯の伸びすぎや不揃い防止のためにも、チンチラにはかじり木を与えてください。 おすすめは、防腐剤が使われていない「桑の木」です。 また、チンチラストーンという、いわゆる「噛み石(ブロック)」も売られています。 ケージの中に常に用意しておくとよいです。 床に置くとチンチラが運動できるスペースが減るので、ケージに取り付けるタイプのものも販売されています。 チンチラの飼い方のコツ5「電気コードに気をつける」 チンチラはなんでもかじってしまいますので、部屋で遊ばせるときは電気コードが近くにないか必ず確認してください。 チンチラが誤ってかじってしまうと、感電して命を落とす危険もあります。 心配な方は、さらなる対策としてコードカバーを購入してコードを覆ってしまうことをおすすめします。 チンチラの飼い方のコツ6「毎日砂浴び」 チンチラが常にモフモフでやわらかい毛皮でいられるのは、砂浴びがお風呂の役目を果たしているからです。 チンチラの皮脂腺からは、脂肪質の「ラノリン」という物質が出ています。 この物質が、毛にツヤを出したり、体の熱を外に逃さないようにしてくれたりと、チンチラにとって重要な役割を担っています。 しかし蒸発はせず、放っておくとゴミや誇りを貯めこんでしまうため、定期的に落としてあげる必要があります。 チンチラは水を浴びる代わりに砂を浴びることで汚れを落としているのです。 砂浴び用の砂は、ペットショップで「チンチラサンド」もしくは「チンチラダスト」といえば伝わりますよ。 砂遊びをしている姿はかわいくて癒されますよ。 チンチラの飼い方はブリーダーに詳しく聞こう チンチラはペットとしてめずらしい動物です。 うまく飼うことができるか不安に思う方もいますよね。 飼育のコツは、とにかくチンチラの習性や個性を理解してあげることから始まります。 特に飼い始めはチンチラも新しい環境にストレスを溜めてしまいやすいので要注意です。 購入したペットショップやブリーダーの方に、どんな環境で育てていたのか、食事を与えていた時間や内容など、詳しく話を聞いてみてくださいね。

次の

うさぎ

ジャイアントチンチラ

Sponsored Link ジャイアントチンチラの名前の由来 チンチラの中でも巨大種であるため、この名前がつけられました。 ジャイアントチンチラの歴史 ジャイアントチンチラにはどのような歴史はがあるのでしょうか? チンチラ種とフレミッシュジャイアント種を交配して生まれた種です。 ジャイアントチンチラの性格や特徴 ジャイアントチンチラには、どんな性格や特徴があるのでしょうか。 それぞれの性格や特徴をきちんと知っておくことでペットが長生きし(寿命が延び)、一緒に過ごせる大切な時間が増えることにも繋がります。 他のチンチラウサギ同様、ネズミの仲間のチンチラによく似た美しいグレーの毛色をしています。 多産で子ウサギの成長スピードもものすごく早く、そのスピードは2ヶ月で3kgを超すこともあるほどです。 生産性を要求される家畜としてはとても優秀な特徴を備えています。 頭がとてもよく、トイレもすぐに覚えてくれます。 また、穏やかで優しい性格をしています。 ジャイアントチンチラの毛色 ジャイアントチンチラの毛の色や柄はこんな種類があります。 チンチラ ジャイアントチンチラに似ているのは? ジャイアントチンチラに似ている種類のペットはこちら! スタンダードチンチラ、アメリカンチンチラ Sponsored Link ジャイアントチンチラの飼い方としつけ方 種類によって適している飼い方やしつけ方は様々です。 室内で飼う方が適しているペットもいれば、逆に屋外で飼う方がストレスがたまらず快適に過ごせるペットもいます。 もちろん、性格によってしつけ方も全く変わってきます。 ジャイアントチンチラに合わせた飼い方・しつけ方を解説します。 大きな種類のウサギであるため、かなり大きいケージを用意する必要があります。 エサ入れ、水入れ、トイレを置いても余りあるスペースのあるケージを準備してあげましょう。 また、広いケージを用意するだけでなく、散歩をさせたり部屋の中を動き回らせるなどしてある程度の運動をさせてあげましょう。 性格自体は頭がよく穏やかなので、トイレなどのしつけはしやすいです。 また、耳がよく音に敏感なので、テレビの近くなど騒がしい場所にケージを設置するのは避けましょう。 部屋の中を散歩させる際は、かじってはいけない場所を保護したり、感電防止のために電気コードを保護するなどの必要があります。 短毛種なのでこまめなブラッシングは必要ありませんが、それでも毛球症予防のためなどにも1~2週間に1回程度ブラッシングをしてあげましょう。 他にも爪が伸びすぎていたら爪切り、耳が汚れていたり臭っていたりしたらイヤークリーナーなどで耳掃除、目やにがでていたら洗浄液などを使って目のお手入れをしてあげましょう。 室内と屋外どっちで飼うのに適している? ジャイアントチンチラは、両方で飼うことに適しています。 ジャイアントチンチラのオスとメスの違い ジャイアントチンチラオス・メスそれぞれの性格の違いや行動はあるのでしょうか? ジャイアントチンチラの性別ごとの性格・特徴を見ていきましょう。 オス:メスよりも縄張り意識が強く、人懐こい傾向にあります。 メス:オスよりも大きい、オスよりも気が強い傾向にあります。 ジャイアントチンチラのおすすめのエサ ペットのエサは数えきれない種類があります。 何を選べばいいかわからない人も多いと思いますが、エサもペットによって様々です。 ジャイアントチンチラの体質に合った、健康的で長生きすることにつながるエサの種類を紹介します。 基本的には牧草とペレットを与えます。 牧草は奥歯をしっかりすり合わせないと食べられないため、歯の伸びすぎ防止に効果があります。 また繊維質が多いので、消化活動が活発になり、毛球症などの消化器の病気を防いでくれます。 牧草には、アルファルファなどのマメ科のものと、チモシーなどのイネ科の2種類があります。 マメ科の方が高タンパク、高カルシウムでカロリーも高めです。 成長期のウサギにはこちらのマメ科の牧草の方が適しています。 6ヶ月を過ぎると成長が落ち着くので、徐々にイネ科の牧草を増やしていきます。 特に高齢のウサギは、カルシウムが多く尿路結石の原因になるマメ科の牧草は控えた方がよいです。 また、同じチモシーでも、1~3番刈りなど刈り取られた時期によって呼び名が変わり、それにより柔らかさや成分も異なってきます。 後で刈り取られたものほど柔らかく、カロリーや粗繊維は低くなりますが、カルシウム量は多くなります。 ウサギの成長具合などに応じて適切なものを選んであげましょう。 牧草はウサギがいつでも食べたいだけ食べられるようエサ入れにたっぷりと入れておきましょう。 ペレットを与える量が多すぎると、牧草を食べなくなってしまうこともあるので注意が必要です。 ペレットはウサギに必要な栄養素を網羅した食べ物です。 朝夕2回、時間と量を決めて適量をあげるようにしましょう。 食べさせすぎると肥満の原因になります。 ペレットを選ぶ際は、繊維質が多くて、噛み応えのあるタイプがおすすめです。 歯の伸びすぎによる不正咬合の予防になるからです。 また、成長期用、シニア用等があるので、成長段階に応じて適切なものを与えましょう。 また、ときどき生野菜を与えてあげるのもよいでしょう。 ニンジン、ブロッコリー、小松菜、キャベツ、チンゲンサイなどの緑黄色野菜や、大根の葉、サラダ菜などがおススメです。 新鮮なものを与えるようにしましょう。 逆に、ジャガイモの芽と皮、生のマメ、だいおう、ネギ、玉ねぎ、ニラ、ニンニクはおう吐や下痢、呼吸困難、貧血をおこす可能性があるので、与えないようにしましょう。 与えすぎはよくないですが、コミュニケーションツールの一つとしておやつも与えてあげるとよいでしょう。 おススメはリンゴ、オレンジ、イチゴ、ドライフード(バナナチップや大麦若葉など)です。 ジャイアントチンチラの1ヶ月の食事代(エサ代)の平均 ジャイアントチンチラの1ヶ月の食事代(エサ代)は、約5,000円~10,000円です。 ジャイアントチンチラのお風呂のペース 1~3ヶ月に1回、それ以外にも体が汚れたら洗ってあげる必要があるでしょう。 一般に売られているウサギ用のものでは小さいので、小型~中型の犬用のケージを代用、もしくは自作するとよいでしょう。 床にはソアホック(足裏の炎症性のただれ)予防のために柔らかい素材のすのこを敷いてあげましょう。 可能ならその上に牧草をしきつめてやるのがベストです。 トイレもウサギ用のものでは小さすぎるので、犬用のものなどを代用するとよいでしょう。 また、ペレット用のエサ入れ、牧草入れ、水入れも通常のウサギ用よりも大きなものが必要です。 他には歯の長さを適切に保つためのかじり木、病院への通院などのためのキャリーケース、体のお手入れのために爪切り、くしなどを用意しておくとよいでしょう。 ジャイアントチンチラのかかりやすい病気 体質によって、かかりやすい病気は様々です。 自分のペットのかかりやすい病気を知っておくことで、日頃の生活で気をつけることも見えてきます。 ジャイアントチンチラがかかりやすい病気はこのようなものがあります。 不正咬合、毛球症、尿路結石、食滞・鼓腸症、コクシジウム症、ソアホック、皮膚糸状菌症、耳ダニ、湿性皮膚炎、結膜炎、スナッフル、肺炎、パスツレラ症、子宮の病気(メスのみ)、乳がん、骨折、斜頚、脱臼、膿瘍、熱射病、肥満 ジャイアントチンチラのよく使う薬・サプリ 毛球症の予防にパパイヤ酵素やパイナップル酵素が含まれたものを与えてあげましょう。 また、整腸作用のあるものとして、乳酸菌や納豆菌が含まれるものを選んで与えましょう。 さらに、免疫力を高めてくれるプロポリス、アガリクス、皮膚病や内臓疾患に効果的なキトサン、アンチエイジング効果のあるコエンザイムQ10、ビタミンなどを与えてあげることで、健康で長生きなウサギを目指しましょう。 ジャイアントチンチラの治療平均価格 ペットを飼うには、もちろん高い医療費がかかります。 最近はペット用の保険もありますがまだまだ浸透しておらず、病気になった際に飼い主は高額な治療費を払うこともあります。 そして、治療費はペットの種類によってさまざまです。 まずほとんどの病院でウサギは診察してもらうことができますが、いざというときのためにかかりつけの病院を決めておきましょう。 だいたいの相場として、診察費1000~3000円、検査費 項目ごとに)3000~8000円、去勢10000~30000円、避妊20000~50000円、歯の切断5000~10000円、入院(1日)3000~5000円前後、注射・点滴1000~4000円、麻酔費5000円前後、その他症状ごとに薬代(体重が大きいので、他のペット用のウサギよりも高額になることが多いです。 )、手術となると10万円を超えることもあります。 ジャイアントチンチラの平均寿命と価格 ジャイアントチンチラの平均寿命 人間よりもとても寿命が短いペットたち。 その分、1日1日を大切にして健康的で幸せな日々を一緒に過ごしたいですよね。 ですが、種類によって平均寿命は違うので基礎知識として覚えておきましょう。 ジャイアントチンチラの平均寿命は7~10年です。 ジャイアントチンチラの価格相場 ジャイアントチンチラの価格相場は、現在調査中です。 ジャイアントチンチラを飼っている主な著名人 現在調査中 ジャイアントチンチラに関するまとめ 頭がよく、おとなしくて従順なので、初めてウサギを飼う方には向いているでしょう。 ただ、かなり体が大きくなるので、広いケージをおける・部屋に動きまわれるスペースのある住居に住む方でないと飼育は難しいかもしれません。 しかし、日本でジャイアントチンチラを手に入れることはかなり困難なため、スタンダードチンチラを飼われることをおススメします。

次の