東京保育専門学校。 東京保育専門学校の情報満載 (口コミ・就職など)|みんなの専門学校情報

【東京】おすすめ保育士専門学校|保育士小町

東京保育専門学校

0歳~5歳までさまざまな年齢の園児がいる環境のなかで毎日のびのびと過ごしている姿を見て、将来は自分も保育園で働きたいと思うようになり、保育士をめざすようになりました。 劇あそび、というのは普通の劇とは違って台本など使わずに、その場のフィーリングで子どもたちと演技をして一緒に物語を作るあそびです。 授業ではクラスのみんなで、劇あそびを実際にやってみて、もっと楽しくあそぶための方法を考えていました。 型にはまらずに、柔軟性を養っていく授業でしたね。 実際の保育現場に出てみると、先生たちの思い通りにはいかないことばかり。 保育の現場では、その場その場の対応力が求められるんですよ。 そうした力を、劇あそびの授業でしっかり身につけることができたと思います。 4つの学校を見学して、常に園児と接することができる玉成保育専門学校を選んだんです。 学生時代は、幼児指導法や乳児保育を学び、放課後にもピアノレッスンや課題に取り組んだり、充実した毎日でした。 保育園と幼稚園が同じ敷地内にある、玉成ならではの「プラクティカルスタディ」で、授業中も放課後も、いつも園児たちと接してましたね。 就職活動では、自分に合った就職先を先生が提案してくれたり、いつも一緒に考えてくれる心強さがありました。 みんなでカレーを作ったり、キャンプファイヤーをしたり、星を見ながらおしゃべりしたり。 ただ机の上で勉強するだけじゃなく、人との触れ合いを大切にする、あったかさも学べた経験は今役立っています。 また、併設の保育園での実習など、現場を早めに体験できたことも良かったです。 「一緒に遊ぼう」と抱きついてくるこどもたちがとっても可愛くて。 そんな笑顔を見ているうちに、絶対この道に進むんだと決意できました。 学校で学んだたくさんの遊びや知識を通して、これからもこどもたちの成長を支援していきたいです。 中でも専門学校は保育士になることのみ目的としていますので、わかりやすくしっかりとした勉強ができます。 2年(もしくは3年)の中で試験や課題、実習も入るのでかなりハードになります。 しかし、その2年間はとても有意義で思い出に残る日々ですよ。 専門学校は就職率も高いので安心です。 せっかく資格を取るのならそれなりに活かしたいですからね。 子供たちの愛らしさに心ゆくまで癒されたいものですよね。 保育士の就職活動 保育士の資格を所得した新卒学生が就活を行う場合には、いくつかの方法があります。 一番確実なものとしては、大学で貼り出され紹介されている求人情報を確認して、応募するというものです。 保育園から大学側に良い学生がいたら紹介してほしいといった経緯で紹介されているので、採用される確率も格段に高まります。 また、それ以外の方法としては、新卒向けの保育士専門求人サイトに登録して応募する方法になります。 大学の紹介ではどうしても県内の就職とかになってしまいます。 県外で就職したいといった方もいる思いますので、そういった方にはこちらがオススメです。

次の

こども学科

東京保育専門学校

概要 [ ]• により内に設置された日本の専修学校。 学科 [ ]• 保育学科• 第一部• 第二部 特色 [ ]• キリスト教の精神に基づいた教育が行われている。 共学である。 沿革 [ ]• - 芳尾逸雄らにより設置された東京保姆専修学校が源流とされる。 - (当時)より認可を受ける。 - 今井けいにより、聖心幼稚園が設立される。 - 今井けいにより、東京保姆専修学校が継承され、現在地に移転する。 聖心幼稚園が正式認可される。 - 東京保育専修学校に改称される。 - 財団法人「聖心学園」が設立され、同時に幼稚園名が「聖心学園幼稚園」に変更される。 - (当時)より幼稚園教諭養成校に指定される。 - 保母養成のための東京保母専修学園が併設される。 - を設置する。 - 財団法人から学校法人に移行し、経営母体をとする。 - サンタ・セシリア幼稚園が設立される。 - 東京保母専修学園が東京保育専修学校に吸収される。 - 東京保育専門学校に改称し、専修学校として認可される。 - 同年度入学生より、保育科二部のが3年制となり、旧来の幼稚園教諭免許に加え、保育士資格の同時取得が可能となり、専門士の称号が付与されるようになる。 (2009年3月の卒業より)• - 同年度入学生より、男子学生の受け入れを開始し共学になる。 脚注 [ ] [] 出典 [ ].

次の

東京教育専門学校

東京保育専門学校

実費負担額は学年によって異なります。 実費負担額は学年によって異なります。 (実費負担額は学科により異なりますが約20万円程度です。 (1年次36万円程度、2年次34万円程度となります。 実費負担額は学年によって異なります。 (実費負担額はこども総合学科が約12万円程度、保育科が約18万円程度です。 (1年次31万円程度、2年次29万円程度となります。 (1年次36万円程度、2年次34万円程度となります。 実費負担額は学年によって異なります。 (全学科 年間15~20万円程度となります。 (1年次34万円程度、2年次32万円程度となります。 ((1年次30万円程度、2年次27万円程度となります。 (実費負担額は学科により異なりますが年間で10~15万円程度です。 (1年次36万円程度、2年次34万円程度となります。 実費負担額は学年によって異なります。 (全学科 年間13~20万円程度となります。 (1年次35万円程度、2年次34万円程度となります。 (1年次31万円程度、2年次29万円程度となります。 実費負担額は学年によって異なります。 (実費負担額はこども総合学科が約12万円程度、保育科が約18万円程度です。 (1年次31万円程度、2年次29万円程度となります。 (1年次36万円程度、2年次34万円程度となります。 ) 各年度 学費 保育科 1年次:980,000円 2年次:880,000円 こども総合学科 1年次:980,000円 2年次:880,000円 3年次:880,000円•

次の