乳歯 生える 時期。 赤ちゃんの歯が生える順番と時期は?新米ママが慌てないための情報満載

乳歯の生える時期と虫歯の原因

乳歯 生える 時期

歯育・子どもの歯を育てる 3. 乳歯の生える時期と虫歯の原因 【Part. 1】 取材協力・監修:北原信也 先生(2007年1月掲載・2017年11月再編集) この世に生まれ出た赤ちゃんは、お母さんのおっぱいやミルクを飲んですくすくと成長します。 だんだん外の世界に興味を持ち始め、手当たり次第にいろんなものを口にするようになったら、そろそろ乳歯が出てくる合図。 一般的には6カ月ころから、下の歯ぐきにかわいらしい白い歯が頭を出します。 乳歯は、赤ちゃんが「自分で食べる力」を養う、重要な役割を果たします。 「乳歯はいずれ永久歯に生え替わるから」と、ケアを怠ってはたいへん。 なぜなら乳歯は、子どもの噛む力や食べる力だけではなく、骨格や容貌、発音までをも左右するからです。 シリーズ3回目は、乳歯がいつ、どのように生えてくるのか、また、虫歯はどうして起こるのかについて学んでいきます。 【Part. 1】乳歯の生える時期とその仕組み 【Part. 2】 【Part. 3】 【Part. 1】 乳歯の生える時期とその仕組み おなかの中で育まれた歯の芽 下の歯ぐきから、ちょこんとのぞいた小さな白い歯。 1本、2本と、かわいらしい歯が生えてくるのを目の当たりにするのは、赤ちゃんの成長を実感でき、親にとっては何よりもうれしい経験。 赤ちゃんの体の中で大切に育まれてきた歯の芽がいよいよ日の目を見て、お母さんのおっぱいやミルク以外のものを自分の力で食べるための合図となります。 乳歯は、胎生6週目にはその芽(歯胚)が赤ちゃんの体の中でつくられ始めます。 10週目にはすべての乳歯のもとがつくられ、組織の分化によりエナメル質と象牙質ができあがります。 胎生4〜6カ月にはすでに歯の石灰化が始まり、前歯においては出生時には歯冠(目に見える白い「歯」の部分)の半分以上が出来上がっています。 このように、赤ちゃんの歯は生まれるまでにすでに多くの部分がつくられており、赤ちゃんの健康で丈夫な歯のためには、いかにマタニティの食生活が重要であるかがわかります。 いちばん最初に生えてくる歯は? 赤ちゃんのいちばん最初の歯が頭を出すのは、生後6カ月くらいからで、下の前歯から生え始めるのが一般的ですが、生え始める時期や箇所もそれぞれで、上の前歯からの子もいますし、9カ月ころになってようやく初めての歯が生える子もいます。 人より遅い、下の前歯から順に生えないからといって、特に不安になる必要はありません。 歯が生える順序や時期については、歯科学的にもそのメカニズムは解明されておらず、3〜4カ月くらいのずれについてはまったく問題ありません。 歯の生え始め(萌出)の時期から、赤ちゃんのよだれの量が多くなります。 生まれてすぐの赤ちゃんは、おっぱいやミルクが唯一のごはん。 口いっぱいに乳首を含み、口を開けたままでお乳を飲み込みます。 この時期の赤ちゃんは、基本的には鼻呼吸です。 成長するにしたがって口も大きくなり、乳首以外のものも口に入れたがるようになります。 歯の萌出と時を同じくして、歯ぐきでものの感触を確かめ、自ずと口の使い方を練習するのです。 いわゆる「歯ぐずり」が始まるのもこの時期で、同時に口呼吸ができるようになってきます。 つまり、歯の萌出は離乳食開始のサインでもあるのです。 しかし、その時期はまだ唇を閉じて唾液を飲み込む(嚥下)ができないため、よだれを口の外にたらしてしまいがち。 食べる機能の発達とともに、唇を閉じて唾液を「ごっくん」できるようになるため、じきによだれの量は減ります。 離乳食について詳しくは第5回【 】に譲りますが、1歳代になって離乳が完了期に入るころにはすべて、乳歯の前歯もだいたい生えそろい、奥歯(臼歯)が頭を出し始めます。 乳歯が生えそろうのは3歳ころ。 上下10本ずつで、前歯は上下6本ずつ、奥歯は上下左右2本ずつで、計20本になります。 永久歯が生え始めるのは6歳くらいからで、12歳ごろで第2大臼歯が生えてすべての歯が入れ替わります。 18歳くらいで第3大臼歯(親知らず)が生える人もいます。

次の

赤ちゃんの乳歯はいつ生えてくる?

乳歯 生える 時期

6歳ごろを目安に、下の前歯から順番に歯が抜けて、代わりに永久歯が生えてきます。 永久歯は12歳ごろまでにほぼ生えかわっていきます。 乳歯から永久歯に変わるときに多い悩みや疑問についてまとめました。 乳歯が生え変わる時期の目安 永久歯の名称と生え変わりの時期 乳歯の生え変わりは、だいたい小学校入学前(5歳前後)から始まり、小学校6年生(12歳前後)くらいまで続きます。 抜ける時期については、言葉の発達や体形の変化と同じように個人差がありますが、8歳くらいまでに生え変わりが始まれば問題ないので気にしなくて大丈夫です。 ただ、生えてくるといわれている時期より、1年以上過ぎても生えてこない場合は歯科医に相談しましょう。 乳歯と永久歯の本数 乳歯は20本あるのですが、生えそろった段階で、28本の永久歯になります(親知らずが生えている場合は、合計で32本になります)。 乳歯の生え変わる順番 まず、下の前歯の2本から生え始め、次に上の前歯2本、その後、奥歯が生えてきます。 ただし、これらの生え方にも個人差があるので、順番が違うからといって焦らなくてもいいでしょう。 だいたい乳歯が抜け始めたら、半年くらいで永久歯が生えてきます。 もし永久歯が生えてこないようなら、歯科でレントゲンを撮ってもらうのもおすすめです。 グラグラした乳歯の正しい抜き方 乳歯を抜歯するケースは二通りあり、1つ目は、乳歯がなかなか抜けずに残ってしまったとき。 もう1つは、大人の歯に悪い影響を及ぼしそうなときです。 具体的に言うと、虫歯が大き過ぎて子供の歯の根の先端に大きな膿の袋が出来てしまい、永久歯の根っこと一体化してしまった場合は、永久歯を守るため乳歯を早めに抜いてしまうことがあります。 生え変わり時期に、乳歯が抜ける前に永久歯が生えてくる場合があります。 乳歯にグラグラとした揺れがあるようなら様子を見てもらって大丈夫です。 ただし、半年ほどたっても揺れがない場合、先天性の永久歯欠如などの可能性も考えられるので、歯科で診てもらいましょう。 乳歯の生え変わりの注意点 生えたばかりの永久歯は、歯の表面がでこぼこしていて汚れがつきやすいうえ、酸にも弱いため、歯垢などが付着しているとむし歯になりやすくなってしまいます。 しかも、成熟し安定した歯になるまでに約5年かかるので、その間は特に念入りなむし歯のケアが必要です。 乳歯が抜けないまま永久歯が生えた場合 乳歯にグラグラと揺れがある場合は様子をみて、自然に抜けるのを待ちます。 それでも動きがない場合は歯科医で抜いてもらうといいでしょう。 乳歯が抜けたのに永久歯が生えてこないとき 歯が抜けてから生えてくるまでの期間は個人差があり、数か月遅くても心配はいりません。 ただし、反対側の同じ歯が生えてから半年以上生えてこない場合は歯科受診をして、歯ぐき内に永久歯があるかどうかや、その状態を確認してもらいましょう。 生え変わりで歯茎が腫れているとき この場合も、歯科医で診てもらったほうがいいでしょう。 炎症をおさえたうえで抜歯することが重要です。 歯の生え変わりで気になるあれこれ 生え変わりで痛みを伴う場合は? 耐えられないような痛みの場合、虫歯や歯の根の先端に大きな膿の袋ができている可能性も。 永久歯を守るため乳歯を早めに抜く場合もありますので、歯科医に相談しましょう。 乳歯が虫歯になった場合、治療したほうがいい? 乳歯のむし歯は永久歯の歯並びや、乳歯の下で生える準備をしている永久歯に悪影響を及ぼす場合があります。 また、乳歯のむし歯は進行が早いのが特徴のひとつです。 たとえ小さくても、見つけたらすぐに受診しましょう。 歯並びが気になります。 矯正をしたほうがいい? 反対咬合(受け口)なら程度により早期に治療を開始することもあります。 また、9〜11歳頃に前歯が「ハ」の字のように生えてくるため、歯並びが悪く見える時期があります。 気になるようなら歯科医に相談しましょう。 大事な時期、4か月に一度は歯科検診を むし歯などのトラブルを未然に防ぐ「予防歯科」は、生えかわりの時期から子どもも実践することが大切です。 4か月に一度は、歯科健診を受けることがおすすめ。 自覚したむし歯がなくても、子どものうちは定期的な歯科健診を受け、フッ素塗布などをしてもらいましょう。 家庭でのセルフケアに歯科医のプロケアを上手に取り入れ、生えたばかりの永久歯を守りましょう。 生えかわり期にある不安や疑問は、歯科で歯医者さんに相談することでも解決できます。 定期的な歯科検診を受けることで、お子さんの歯を大事にする意識も高まるので、ぜひ親子で通える歯科医を見つけてみてください。

次の

いつ生える?いつ抜ける?乳歯の奥歯、その発育と注意点

乳歯 生える 時期

もくじ• はじめに 基本的には、ヒトは歯を一本も持たずに生まれてきます。 成長するにつれて、まず乳歯とよばれる子供の歯が生えてきます。 乳歯は、全部が同時に生えてくるわけではありません。 成長とともに順番に少しずつ生えてきます。 乳歯 ヒトの乳歯は、永久歯と同じく前歯と奥歯にわけられます。 前歯を乳前歯、奥歯を乳臼歯とよびます。 乳歯は、全て生え揃うと乳前歯が12本、乳臼歯が8本で、合計で20本になります。 ちなみに、永久歯は、前歯が12本、臼歯(奥歯)が親知らずを含めれば20本の合計32本、含めなければ16本の28本です。 永久歯と比べると、前歯の数は同じですが、臼歯(奥歯)の数が永久歯の半分以下しかありません。 歯の大きさも違いますが、数も違うのです。 乳歯の名前 永久歯と同じく、乳歯にもそれぞれ名前が付けられており、中心から「乳中切歯」「乳側切歯」「乳犬歯」「第一乳臼歯」「第二乳臼歯」とよばれます。 前から順番にアルファベットで表記し、「A」「B」「C」「D」「E」としています。 たとえば、左側下顎第一乳臼歯は、「左下D」といった具合です。 ところで、むし歯の略号は、むし歯の英語表記であるDental Cariesからとった「C」です。 「D」じゃないですね。 たとえば右側下顎乳犬歯「右下C」がむし歯の時、Cを繰り返すことになり「右下C、C」となります。 書けば何となくわかることでも、声にだしてみると「みぎしたしーしー」となり、わかりにくくなってしまいますが、そこは専門家、ちゃんと理解しています。 乳歯の生える年齢 ヒトの歯は、乳歯と永久歯と2種類あるのが特徴です。 生まれた時には歯は生えておらず、しばらくしてから生えてきます。 乳歯は、個人差があり多少の前後はありますが、おおむね生後8ヶ月前後から生え始めます。 最後の乳歯である第二乳臼歯は2歳3〜6ヶ月頃から生えてきます。 そして、3歳までには全ての乳歯が生え揃い、乳歯の噛み合わせが完成します。 したがって、乳歯の噛み合わせが完成するのに2年あまりの期間が必要であるといえます。 乳歯の生える年齢 生後12ヶ月までに生えてくる乳歯は、下顎の「A(乳中切歯)」と上顎の「B(乳中切歯)」、「C(乳側切歯)」の3種で、これが左右両側に生えてくるので、あわせて6本だけです。 そのあと、生後12ヶ月から1歳6ヶ月(18ヶ月)の間に、「E(第二乳臼歯)」以外の永久歯が生えてきます。 その後、しばらく乳歯が生えてくるのが停止します。 2歳過ぎから2歳6ヶ月ごろに最後の第二乳臼歯が生えてきます。 1歳6ヶ月健診までに、「A(乳中切歯)」から「D(第一乳臼歯)」までの合計16本、3歳健診までに、「A(乳中切歯)」から「E(第二乳臼歯)」までの合計20本生えていると覚えると、わかりやすいと思います。 乳歯の生える順序 一般的には、下顎のA(乳中切歯)が一番最初に生えてきます。 次に上顎のA(乳中切歯)、B(乳側切歯)、下顎B(乳側切歯)と続きます。 前歯の完成には、あとC(乳犬歯)が必要ですが、このあとはD(第一乳臼歯)が先に生えます。 D(第一乳臼歯)の生える順序は上顎、下顎の順です。 そして、C(乳犬歯)がまず上顎、そして下顎の順に生え、最後にE(第二乳臼歯)となります。 もちろん個人差がありますから、順序が多少前後することがあります。 けれども、最終的に生え揃えば問題ありません。 順序の違いはさほど心配しなくても大丈夫です。 不安なときは、歯科医院で相談してください。 乳歯が生え変わる理由 乳歯はやがて永久歯に生え変わります。 永久歯に生え変わる理由はいろいろ考えられていますが、最も有力なのは、歯の大きさと顎の骨の大きさのバランスをとるためという仮説です。 乳歯と永久歯を比べると、永久歯の方が一回り大きい上に、数も親知らずを含めれば32本、含めなくても28本ととても多いです。 乳幼児の小さな顎の骨に、永久歯と同じ大きさの歯が生えるとすると、ほとんど生えることが出来なくなります。 そこで、顎の骨の小さい幼少期には小さな歯を、成長して顎の骨が大きくなった後は大きな永久歯に交換するように進化したのではないかと考えられています。 乳歯が抜ける時 乳歯は、永久歯といずれ入れ替わっていきます。 永久歯と交代するとき、乳歯の歯根が吸収されて短くなっていきます。 そしてぐらぐらしはじめて抜け落ちます。 乳歯の歯根が吸収され始める年齢は、乳歯ごとに異なります。 A(乳中切歯):4歳ごろ B(乳側切歯):5歳ごろ C(乳犬歯):7〜8歳ごろ D(第一乳臼歯):8歳ごろ E(第二乳臼歯):8歳頃 歯根の吸収が始まったら直ちに乳歯が抜けるわけではありません。 その後、しばらくしてからグラグラし始め、そして抜ける日が来ます。 もし、後継の永久歯が残っている乳歯の横からはみ出して生えてきたりするようなら、歯科医院でその乳歯を抜いてもらった方がいいかもしれません。 乳歯の異常 先天性歯 一般的に、赤ちゃんは生まれた時は歯が生えていません。 ところが、稀に生まれたときから生えているときがあります。 それを「先天性歯(せんてんせいし)」または「先天歯(せんてんし)」といいます。 先天性歯が生えていると、授乳のときに乳首を噛んで傷つけてしまうことがあります。 授乳に障害が生じるようなら、歯科医院で相談することをお勧めします。 歯科医院では、先天性歯を抜歯したり、角を削って丸めてみたりと、先天性歯の状況に応じて処置を行ないます。 癒合歯 歯は、1本1本独立して生えているのが普通です。 ところが、稀に2本がくっついて生えてくることがあります。 これを「癒合歯(ゆごうし)」といい、下顎の前歯に多くみられます。 なお、3本がくっついて生えてくることはまずありません。 癒合歯になったとしても、その乳歯については特に何らかの治療をしなければならないことはありません。 経過観察となります。 ただ、永久歯に生え変わる時期になっても、なかなか抜けないようなときは抜歯した方がいいかもしれません。 そのような場合は、歯科医院で相談した方がいいでしょう。 エナメル質形成不全症 歯の色は白色のイメージがありますが、実際の永久歯の色は白というよりもむしろ乳白色です。 そして、乳歯の色は、永久歯より白く、まさしく白色といった色合いです。 ところが、稀に生えてきたとき乳歯の色が黄色かったり茶色みがかっていたりしたりするときがあります。 そんなときは、乳歯が「エナメル質形成不全症(えなめるしつけいせいふぜんしょう)」である可能性が考えられます。 エナメル質形成不全症であっても特に治療の必要性はないので経過観察となります。 まとめ 赤ちゃんは生まれたときは歯が生えていません。 一般的には生まれて8ヶ月前後から生え始め、3歳前に乳歯が20本すべて生え揃うとで乳歯の歯並びが完成します。 歯の生えてくる順序もおおむね共通ですが、個人差があり順番が前後することもありますが、最終的に全て生えてくれば問題ありません。 乳歯には、先天性歯や癒合歯、エナメル質形成不全症等の異常が生じることがあります。 こうした違いを伴う乳歯が生えてきたとしても、症状によっては特に何らかの治療が必要とならないこともあります。 乳歯に不安を感じたときは、自分で悩まずに、まずは歯科医院で相談することをお勧めします。

次の