テリーのワンダーランドレトロ ユニコーン。 【テリワンレトロ】ほしふりの大会の攻略方法とおすすめパーティ|じっぺゲーム

テリーのワンダーランド 〜私のゲームの原点 Part2〜

テリーのワンダーランドレトロ ユニコーン

大まかな流れ 旅の扉は 主人公はテリー。 謎の精霊にさらわれた姉ミレーユを助けるため、テリーはタイジュでモンスターマスターとしての腕を磨き始める。 マスターとして精進する際に使うのが 旅の扉で、これで異世界に飛ぶと、魔物が出現したりアイテムが拾えたりし、これで味方を強くしていくわけだ。 闇雲に進んでも結構きついゲームなので、ある程度攻略上のコツみたいなものを書いておきます。 1.クリアまでは、成長の早い鳥系や虫系、また獣系や物質系を使うべし。 クリアまでに出現する敵は倒しても経験値が少なく、ドラゴン系や悪魔系では成長の遅さに参ってしまいます。 成長の早い鳥系や虫系ならば快適にレベルが上がり、それなりにステータスも上がります。 また、特技呪文も覚えやすいでしょう。 獣系や物質系は前者2つには成長の早さは劣るものの、それをカバーするステータスの高さがあります。 全てが全て良いというわけではないので、おすすめのモンスターを下に挙げてみます。 後にキラーグースにすれば、誘う踊りも覚えてくれる。 非常に使いやすいが、成長は鳥の中では遅め。 ライバーンはお見合いで配合させてもらうべし。 HPや素早さも悪くない。 キングレオへの配合元。 他のステータスもそれなりに伸びる。 また、この配合ではホイミとザオラルを習得できる。 ユニコーンの代わりにキラーパンサーなどでもできる。 耐性もある。 2.補助系特技を大切にせよ。 初心者はあまり好まない補助系の特技、かなり強いことを知っておくと良いです。 ひゃくれつなめはほとんどの敵に有効で、しかも守備力を1に落としつつ敵の動きを1ターン止めるという荒業。 アクバーやデュランをはじめとし、ムドー、エスタークあたりにすら有効です。 バイキルトは言わずと知れた攻撃力2倍の呪文。 実は攻撃力ではなくダメージが2倍になっているんですが、とにかくダメージ2倍というのは大きく、戦闘時間をかなり縮められます。 メダパニダンスもかなりの敵に有効で、これは各中ボス撃破、また格闘場で相当役立ちます。 焼けつく息はボスには効きませんが、格闘場ではかなり有効で、ミレーユの虹孔雀すら麻痺させる事ができます。 マダンテを撃たせずに勝利する事ができます。 雄たけびや誘う踊りも意外と有効な敵が多く、魔王以外にはほとんど有効です。 攻撃には爆裂拳 連続攻撃の進化版 が一番です。 3.旅の扉の3の倍数階を利用せよ。 旅の扉の3の倍数階では店や教会などの特別フロアが出る事があります。 旅の扉によって出る特別フロアは決まっていますが、これをうまく利用するとかなり色々な事ができます。 例えば、手に入れた杖はタイジュの国の10倍の値段で売却できます。 もちろん店でなくコロシアムなどでも同じ事ができます。 コロシアムは後半の扉ならほとんど出現の可能性があります。 特に出やすいのは、図書館とメダルの扉です。 4.コロシアムのアイテムを狙え。 コロシアムでは10回敵を倒すと、アイテムが変わります。 10回までは杖や雫などで、これはそこまで貴重でもないので、戦闘中使うなどして何とか10回の戦闘をこなします。 その後は本や種、小さなメダルといった貴重なアイテムしかでなくなりますので、アイテムをなるべく減らした状態で行って戦えば、かなりのアイテムが稼げます。 特に集めにくい小さなメダルがここでは比較的楽に手に入るため、おすすめです。 5.他国マスターを狙え。 他国マスターは色々いいモンスターを持っています。 野生で出てくる敵と同じく、肉を与えれば仲間になってくれるので、これはぜひ仲間にしたい所です。 他国マスターを意図的に出す方法は主に3種類あります。 絶対というわけではないので、旅のしおりを使ってセーブすると良いでしょう。 特に詩人はレアなので、2画面だけのフロアが出たら確実に旅のしおりでセーブし、出るまでリセットした方が良いでしょう。 おすすめのものだけ挙げておきます。 合計Lv. は味方の合計レベル、肉は「これだけ与えれば大体仲間になる」という肉の個数です。 また、仲間にするときは、他国マスターの目の前で旅のしおりでセーブし、欲しいモンスターが出てくれるまでリセットすると良いでしょう。 合計Lv. 肉 おすすめモンスター 1〜18 骨付き肉1つ ぶちキング 連続攻撃、五月雨斬り、仲間を呼ぶ ヘルボックル ホイミ、ザオラル、ヒャド 19〜38 骨付き肉1つ 氷河魔神 疾風突き他 オーク ホイミ、ザオラル、誘う踊り 39〜58 霜降り肉1つ 溶岩魔神 ホークブリザード ひくいどり リップス ベホマラー他 59〜78 霜降り肉1つ 踊る宝石 ベホマラー他 ゴートドン ベホマ、ザオラル他 79〜98 霜降り肉1つ スカルゴン 99〜118 霜降り肉1つ キングスライム 動く石像 119〜138 霜降り肉4つ グレイトドラゴン メタルドラゴン キラーマシン ベホマラー他 ユニコーン アンドレアル ザオリク他 139〜 霜降り肉4つ グレイトドラゴン メタルドラゴン やまたのおろち メタルキング 魔王の使い ホーンビートル レベルが高くなってくると合計レベルの調整が難しくなります。 そこで、合計レベル1〜18で出現するヘルボックルを仲間にして、限界まで育てると良いでしょう。 6.お見合いを活用せよ。 タイジュの国で何度かお見合いを申し込まれます。 これは逃してはなりません。 以下を参考に、お見合いにトライしてみてください。 しかし、レベル上げの効率は悪く、強めのモンスターをそろえた方が早いともいえます。 クリア後は下の階の一番右の扉 スライム系の扉 の最終階周辺ではぐれメタルを倒すのが早いでしょう。 攻撃力は400強あれば大体倒せます。 はぐれメタルの素早さはかなり高く おそらくMAX 、疾風突きでないと確実には倒せません。 なお、旅のしおりを使って最終階でセーブしつつレベル上げすると楽です。 また、他国マスターの魔法使いをうまく使うと手早くはぐれメタルの出現する階まで行けます。 迷いの扉は、モンスター牧舎で情報が聞けるので、それを参考にしてみてください。 ちなみに情報を逆にこなすと、わたぼうの人形にたどり着きます。 なお、イベントで出現する扉に関しては、2画面・3画面・4画面・16画面のフロアしか出現しません。 従って他国マスターを狙うのには非常に好都合です 商人は出現しないかも。

次の

テリーのワンダーランド レトロをやってみる Part17

テリーのワンダーランドレトロ ユニコーン

もくじ• ・覚える特技や出現する扉を解説。 他系統の配合レシピを紹介した記事はこちらから ここでは他系統の配合レシピを紹介した記事を紹介しています。 ・スライム系の配合レシピ>> ・ドラゴン系の配合レシピ>> ・鳥系の配合レシピ>> ・植物系の配合レシピ>> ・虫系の配合レシピ>> ・悪魔系の配合レシピ>> ・ゾンビ系の配合レシピ>> ・物質系の配合レシピ>> ・??? 系の配合レシピ>> ・序盤におすすめ>> ・効率の良いレベル上げ>> ・弱モンスターでも勝てる>> 本編の攻略はこちらから メインストーリーの攻略記事はこちらからどうぞ。 ・記念すべき攻略第1弾>> ・テリワンに飽きたら>> 特技・道具など各種データはこちら ・ ・ 獣系モンスター配合レシピ ここからは本題の獣系モンスターの配合レシピを紹介します。 ちなみにモンスターの並び順はゲーム内のモンスター図鑑と同じにしています。 代わりに状態異常の耐性は多少強い印象。 さらに レベルアップに必要な経験値が低く設定されているので、成長するスピードが速いのが特徴。 格闘場の右側の扉(マドハンドとのじゃんけんに勝つ必要あり)で大半の獣系モンスターが出現する。 こいつ自体はさほど強くないが、「ベロゴン」を血統に「スライムけい」を配合すると産まれる回復の専門家「ユニコーン」を作る素材としてかなり優秀なので3つ星にした。 覚える特技も微妙な感じ。 特技はそこそこ使えるものがある。 呪文を封じる「マホトーン」はBoss戦の「ジャミラス」や「まおうのつかい」に効くので使える。 ミミックの「メラゾーマ」や「ザラキ」を封じるのもあり。 素早さを下げる「ボエミ」も効く相手には有用。 「さそうおどり」など行動不能にする特技が先制で決まればBossであろうが何もさせずに勝つことも可能になる。 戦力としてはいまいちなので、別のモンスターに特技だけ引き継がせよう。 ちなみに格闘場で「キャットフライ」をお見合いで出してくる人がいるが、お見合いすれば「バイキルト」を引き継ぐことができる。 「みかわしきゃく」と「ベホマ」が揃えば貴重な全体回復の「ハッスルダンス」を思いつくことができるからだ。 サクッと捕まえて図鑑登録してしまおう。 しかし、こいつのセールスポイントを完全に奪ってしまう「グリズリー」がいるので影が薄い。 ダンジョンで出会うのもクリア後だし、最も簡単な作り方も「グリズリー」となるとなおさら出番なしかも。 仲間としては力不足。 さらに「バギ」系に耐性がある。 「すらぼう」「ドラキー」「アントベア」のパーティーを組んだ人は多いはず。 序盤では攻撃力が高く中々使える子。 Bossホイミンを攻略する際にこいつがいると安定する。 実は使える特技を多く覚えたりするのだが…覚えるまで時間がかかるのがネック。 「ハッスルダンス」は貴重な全体回復の特技なのでぜひ覚えさせたい。 他にも覚えるモンスターが少ない「しのおどり」や「まねまね」も習得する。 他国マスターがよく連れまわしているのを見かける。 何気に「みがわり」と「だいぼうぎょ」を覚えるので、みがわりが成長し「におうだち」になれば「めいそう」を思いつく。 素早さが高いモンスターに覚えさせるのがベスト。 何故なら先制で敵を行動不能にできるから。 終盤に登場する割りには力不足感が否めない。 覚える特技も微妙なので図鑑登録だけしておこう。 というかバランスブレイカー。 何故なら攻撃力がレベル10で200に達するほど成長スピードが速く、「しっぷうづき」を覚えるので先制で序盤の敵を一撃で仕留めてくれる。 作り方も容易で序盤で手に入る「アントベア(獣系)」と「グレムリン(悪魔系)」でできてしまう。 しかも上記の組み合わせなら「ホイミ」を習得できるので回復もこなせてしまうというとんでも仕様。 こいつが1匹いるだけで戦闘がイージーになるぞ。 もちろん終盤まで使える子。 さらに「ぶっしつけい」を血統に「グリズリー」を配合すると「キラーマシン」が産まれ、その「キラーマシン」に物語で手に入る「キラーパンサー」を配合すると獣系最強の「キングレオ」が産まれる点もポイントが高い。 とにかく、戦闘要員としても配合素材としても非常に優秀なモンスターだ。 クリア後のダンジョンで捕まえて図鑑登録だ。 なんとも言えない微妙なステータス。 特技も有用なものが少ない…。 図鑑埋めるために一度は仲間にしとく感じ。 「スライムたたき」を覚えるので「グリズリー」に引き継がせれば「メタルスライム」を「しっぷうづき」で狩れるようになる。 作り方も簡単で入手する機械は多い(怒りの扉クリア後、王妃の間にいるメダルおじさんが持っている「スライムファング」に獣系を出しても入手可能。 この場合「れんぞくこうげき」を引き継げる。 ) こいつに「ファーラット」の持っている「みかわしきゃく」を継承させ、全体回復の「ハッスルダンス」を思いつかせるとさらに安定した戦いができる。 終盤では呪文のダメージでやられることも出てくるので、「キラーマシン」と配合し回復ができる「キングレオ」にしてやろう。 他国マスターから奪うのも面倒なのでダンジョンで捕獲しよう。 何気に鳥系とこいつで「ホークブリザード」が産まれる。 しかし、自力で覚える特技がかなり微妙なので他のモンスターから有用な特技を引き継がせたいところ。 最強クラスのモンスターなのにレベルアップに必要な経験値が低く設定されているので、成長しやすいのがポイント。 ストーリー攻略で非常に頼りになる。 各パラメーターはバランス良く急上昇していくタイプ。 獣系だが攻撃呪文の耐性がそこそこあるのでストーリー後半のBossが使用するイオナズンに耐えれる。 覚える特技も強力に成長するものが多く「かがやくいき」や「ばくれつけん」に成長させれば星降りの大会で活躍すること間違いなし。 ちなみに「キラーマシン」に「ユニコーン」を配合させれば回復もこなせる「キングレオ」が産まれるぞ。 肉を与えると仲間になる。 それ以外では配合でしか作れないのだが、なんと配合に??? 系が必要となる超レアなモンスター。 覚える特技は微妙だが、戦闘能力は割と高くレベルの高いモンスターと配合して強化すれば問題なく使用できる。 配合素材としては「バラモス」を血統にこいつを配合することで「ムドー」ができあがるので重要。 Bossとして出てきた時に必ず仲間にしたい。 【出現する扉】 ・迷いの扉(Boss) 【おぼえる特技】 ラリホー マホトーン きあいをためる 【配合レシピ】 血統(先に選ぶモンスター) 相方(後に選ぶモンスター) けものけい??? 倒すと仲間になる。 攻撃力が高く「グリズリー」を使用しないプレイなら、そのまま連れて行っても良いかもしれない。 獣系上位モンスターの位置付けなのか、配合素材としてとても優秀。 物質系「キラーマシン」を血統に「キラーパンサー」を配合すると、何故か物質系ではなく獣系最強の「キングレオ」が産まれる配合が存在する。 先制攻撃が可能な「しっぷうづき」は便利な特技なので配合で引き継がせよう。 ここのビックアイは倒しても餌付けしても絶対に仲間にならない。 特技は獣系では珍しい回復呪文の「ホイミ」や息系の特技「つめたいいき」を覚える。 同じ獣系に特技だけ受け継がすのがベター。 【出現する扉】 ・勇気の扉(Boss)・他国マスター 【おぼえる特技】 ヒャド ホイミ つめたいいき 【配合レシピ】 血統(先に選ぶモンスター) 相方(後に選ぶモンスター) けものけい おおめだま.

次の

配合表・けもの系 〜ドラゴンクエストモンスターズ・テリーのワンダーランド攻略サイト新生スペクタルコロニー〜

テリーのワンダーランドレトロ ユニコーン

思い入れのあるモンスター達 最初のボスが可愛い「ホイミン」 モンスターとしてはTop3に入る可愛さじゃないですか! 初登場は、テリーのワンダーランドでは無く、DQ4からですね。 ちなみにホイミンはモンスター史上初のお助け要員として登場した事でも有名です。 最近では、ドラゴンクエストヒーローズに「ホミロン」と言うキャラクターで 登場し、モンスターとしては唯一のレギュラーポジションを獲得しています。 出典 更に2016年にはあの橋本環奈がホイミンを演じてCMに登場しています。 上記したようにドラクエシリーズでも大分優遇されていますね。 テリーのワンダーランドでは華々しく最初のボスという大役でした。 タイジュの王が可愛がっていたペットという設定で、 使えないプリオという人間がヘマをして逃してしまうというところから、テリーの冒険はスタートします。 最初に会った時の「はじまして ぼく ホイミン!」は未だに忘れられない可愛さですね。 強さや愛着としてはあまり思い出はありませんが、可愛さではトップクラスのボスでしたね。 能力上昇がおかしい「ロックちょう」 テリーのワンダーランドをする上で、かなりお世話になった方は多いのではないでしょうか? 何より初期のHPの伸びが以上ですよね。 序盤で作れて、以降最後まで使える通常モンスターってロックちょうとユニコーンぐらいではないかと当時思っていました。 反面攻撃力伸びはあまり無いのですが、他のステータスの伸びがおかしい故、それを考慮した上でも相当強いモンスターです。 他のゲームでも登場しますが、恐らくここまで評価してくれたゲームはテリーのワンダーランドくらいでは無いでしょうか? お見合いでマチコのライバーンを使用してロックちょうを作る人は多かったはず。 私はよく、「バズウしょうかん」を使っていました笑 必ず仲間にしていた「まおうのつかい」 ボス戦でも結構苦労しました… テリーのワンダーランドの不良担当と言っても過言では無い「まおうのつかい」先輩です。 先輩マジパネェ。 先輩の登場シーンは村を燃やしているところからでしたね。 「ケーケケケ。 むら もやすのは たのしいな。 先輩マジパネェ。 戦闘に関しては、ずしおうまるとデビルアーマーというパシリを引き連れて戦いを挑んできます。 出典 ずしおうまるのさみだれぎりとまおうのつかいのマヒャドのコンボがキツかった思い出があります。 そしてこのまおうのつかい。 なんと仲間になります。 通常何もしないと当然仲間にはなりませんが、肉を与えれば仲間になります。 ちなみに単体でもまおうのつかいは強いですが、りゅうおうの素材にもなります。 タタでは仲間になってくれないまおうのつかい 先輩マジパネェ。 全クリするには必要だった「ゴールデンスライム」 こいつがクソ面倒くさいんですよね。 テリーのワンダーランドは基本姉のミレーユを倒せばストーリーで言えば全クリになります。 余談ですが、 私はドラクエシリーズの女性キャラではミレーユが一番好きです。 ミレーユを倒した後に、????系のボスの扉を冒険することになりますが、その際にこの「ゴールデンスライム」が必要になります。 はざまのとびらでボスがデスタムーアでしたね確か。 この 老害のせいでプレイ時間を大幅に伸ばした子供が続出しました。 ゴールデンスライムの作り方は何種類かありますが、私は「キングスライム」と「ゴールデンゴーレム」で作っていました。 キングスライムはボスで仲間にしていました。 間違ってリップスの扉に入ってしまったのはいい思い出。 最強の仲間に相応しい「ダークドレアム 」 この方みたいな腹筋になりたいですね! テリーのワンダーランドでは配合で作り出せる限界のモンスターです。 作り方は「デスタムーア(最終形態)」と「わたぼう」でした。 一つのゲームでわたぼうは1匹しか出ないので、原則一体しか作れないモンスターです。 完璧な耐性かと思いきや「ザキ」耐性は付いておらず、ザキでも死ぬらしいです笑 最強だと思いきや実は少し抜けている部分もあったんですね。 余談ですが、ダークドレアムと言えばDQ6に登場するボスモンスターで、自らを「破壊と殺戮の神」という厨二っぷりを発揮していらっしゃる事で有名です。 名前の由来は「dark dream」(闇の夢)のdreamをローマ字読みしたものらしいですね。 当時小学生だったこともあり、このダークドレアムを持っている奴がヒーローみたいな風潮がありました。 実際作るのも難しいので持っているやつはそれなりにやり込んだというのも事実あるでしょう。 ドラクエシリーズは様々なボスが登場しますが、ボスキャラで一番かっこいいのはこのダークドレアムでは無いでしょうか? モンスターで一番可愛い「わたぼう」 私の中でモンスター可愛さランキングでは一位ですね! そして何よりレア感たっぷりですよね。 テリーのワンダーランドでは、全ての扉をクリアすると仲間になります。 初登場はテリーの家でしたね。 ミレーユを連れて行く予定でしたが、 わるぼうに先を越されるというマヌケっぷりを初回から披露しました。 わたわた。 出典 とりあえず代わりがいないからと言うことで弟のテリーを 拉致誘います。 その適当さが私の中では大好きなポイントになりました。 わたわた。 能力値はと言うと、????系さながらの能力を発揮します。 耐久性や会心率もトップクラスで、上記した「ダークドレアム」も強かったですが、一体しか手に入らないと言うレア度で言えばわたぼうも一緒なのでそのままわたぼうとして育てるプレイヤーも多かったはずです。 ちなみにわたぼうはボス戦後必ず迎えに来てくれます。 お前も最初から一緒に戦えよと思ったプレイヤーも多いはず。 出典 でもそんなわたぼうが私は大好きです。 補足 2部編で書きましたが、これでも要素としては10分の1も伝えられてはいないかと思います。 今回はテリーのワンダーランドでしたが、私はイル・ルカ編もプレイしており、いつかその記事も書きたいと思っています。 モンスターズは面白く無い!と言うドラクエファンもたくさんいらっしゃると思いますが、私は断言できます。 あわせて読みたい記事.

次の