ティターン ハイランダー 片面。 【新エピック武器】ハイランダーの悲劇、再び…。【それとも喜劇?】

【グラブル】ティターン新時代がやってくる、ベリアルゴリマッチョ編成がやってくる

ティターン ハイランダー 片面

以前に書いたの続編。 無料ガチャも終了し、どれにしようか迷っていた未開放神石(光・闇・土)。 リミテッド武器の本数が少なく、手っ取り早く強くなれそうなティターンを選択しました。 おお、もう・・・。 いやいや成立しないだろう、成立しないでくれ、と祈りつつ検証してみることに。 ユグマッチョハイランダー編成。 マグティマス編成とでも言うべきか。 メインで持ちたい。 守護とDA率を確保出来る武器。 片面でもDA率は21. メイン武器としても優秀。 新土リミ武器の性能によっては交換候補となる可能性も。 これを入れないとユグティタにする意味が無い。 こちらも新リミ武器のぶっ壊れ具合によっては外れる可能性もある。 より火力重視で行くなら四象槍と交換する。 片面でも加護が乗るので、当然編成候補。 別枠攻刃渾身武器に加護が乗るわけだから当然か。 ゼノ武器よりこちらを編成した方が良い。 より上限を確保したい場合は編成。 有利属性なら当然必須。 石編成。 以前書いた通り、マグナハイランダーをやるなら楽に上限を叩けるようになるウリエルは欲しい。 自分は2枚引いてもう土はいいだろう、と満足していたのだが、火力を極めるなら4凸ゴリラやベリアルの編成まで考慮しなければならない。 全く以て際限が無い。 上記編成のランク230のHP。 流石に両面神石編成に比べれば劣るものの、全員3万以上確保出来るので及第点である。 ウナマリスを10回ほど試し切りしてみた結果・・・。 あ、これはやばい。 リミテッド武器を編成することで、火力が少々心もとなかったマグナハイランダーを一段階上にに上げることが出来る。 編成コストも低い。 もちろん総合力では神石の方が上回る。 例えばギルガメッシュ斧編成。 第2スキルのヒロイック・テイルは全ての武器種を揃えるという非常に難易度の高い縛りだが、カイム逆位置効果、支配の天秤効果と全て共存する。 ギルガメッシュ斧編成なら素殴り100万ダメージ突破。 運よくガチャチケで引けたので編成したが、ここまでやるのにアッキヌフォートまで用意するべきなのかは疑問な所ではある。 新リミテッド武器が弓だったら悲惨。 このように極めれば神石の方が強いが、ユグマッチョでもそこまで不足は感じられなかった。 繋ぎとしては十分だと思う。

次の

【グラブル】 支配の天秤の4凸完成 ハイランダー編成をちょっと使ってみた感想

ティターン ハイランダー 片面

召喚石マルチバトル属性の「カー・オン」を土属性ティターン編成(神石)でフルオートでソロ攻略してきたのでまとめていきます。 このカー・オンをソロ討伐に成功すると称号「孤高の翼」とレジェンドガチャチケットも入手できるので一度はソロでクリアしておきたいクエストです。 それ以外にもフルオートで倒せるので武器やアニマ集めを片手間にできます。 ちなみに入手できるカー・オン限定の武器は 「聖域の守護剣」 「聖域の錫杖」 この二つです。 聖域の守護剣はチェインバースト性能UP。 聖域の錫杖は杖得意キャラの性能を上げるものです。 問題は50%の特殊行動サンクチュアリです。 これによりカー・オンに入るダメージが激減そして弱点もリセットされるので、被ダメージが多くなり与ダメージが少なくなるという状況に。 サンクチュアリによる敵の強化はそのままターンを進めてレゾナンス・メロディを受けて聖域共鳴を付与。 その聖域共鳴により発動するレゾナンス・コンチェルトで敵の強化が解除。 まぁ今更なことですけどね。 ただフルオートなので弱体化のタイミングは取れないの50%辺りがバランスが乱れる感じです。 そして今回挑戦した編成は両面ティターンのティターン(神石)編成です。 それに加えてサブにカイムを編成したハイランダー編成でもあります。 ワムデュスで使用した編成そのままです。 ジョブやキャラについては、先ずジータちゃんはランバージャックです。 弱点から強化そして回復まで出来る万能ジョブです。 キャラに関してバトルメンバーは水着ヴィーラ・マキラ・水着ブローディアで、サブにはクリスマスナルメアとカイムで挑戦しました。 ヴィーラはスロウ・ディスペル。 マキラは全体強化。 ブローディアは防御関連。 カイムは装備している武器が全て違う場合に攻撃・防御・ダメージ上限UP。 武器に関してはカイムの効果を得るために全てバラバラの武器を装備しています。 カー・オンのHP50%付近ではブローディアの防御の高さから被ダメージをかなり抑えてくれます。 それでは本題です。 ・他は落葉焚きによる味方全体の強化とミゼラブルミスト。 ・木こりのうたが敵の弱体と味方の強化を敵にダメージを与えながら行える。 ・味方全体のHP回復と共にストレングスで強化 ・奥義を使用するとアビリティの使用間隔を短縮できるので、各アビリティと回転率が早い。 ・味方全体の強化(攻防UP・連撃攻撃確率UP・奥義ダメージ上昇UP・攻撃UP(中)・追撃)から、敵の弱体(防御DOWN・土属性防御DOWN・連続攻撃確率DOWN)とは幅広い効果がある。 ・特に50%の弱体リセット後に被ダメージを抑えてくれる。 発動条件は装備している武器が全て違うこと。 奥義で防御UPと弱体回復ができて便利なもの。 マキラちゃんの4アビ以外が使用され攻撃開始です。 と言ってもオートなので操作はしませんが。 だけどバリア内の威力で収まりダメージは0。 ただ封印の方はマキラちゃんのサポートアビリティで鼓の音を消費することで無効化。 今度は命中低下により攻撃はmiss。 このダメージカットは軽減率が高くディスペル等では解除できません。 これを解除するためにレゾナンス・コンチェルトを受ける必要があります。 これが付与されていることで次のターンにレゾナンス・コンチェルトが発動します。 それでもアニマは入手出来たので….. (剣はアニマと交換もできるけど、杖はドロップのみ) 画像引用元:グランブルーファンタジー.

次の

【グラブル】土有利古戦場EX+2100万編成 ティタ&マグナ検証

ティターン ハイランダー 片面

こんばんは、ベオです。 高級鞄BOSSのドロップから、新エピック武器が追加されました。 今界隈では 『』という、単語が飛び回ってます。 生放送で性能を発表された当初、文面を読むだけだと 『ふーん…』程度だったけど いざ実装となると、上限の上がり具合にビックリして おしっこチビるかと思いました。 の何が強い? カイムと違い 『支配の天秤』という武器自体は EX攻刃枠なので この武器自体はそんなに強いわけじゃないです。 じゃあ何が強いのか?っていうと 『ダメージ上限10%』が上がるという第2スキルの 『ソール・イコーリティ』という上限UPスキルが本体みたいなもんです。 なのでダメージ減衰を叩ける人じゃないと、意味が無かったりするので(逆に火力が下がる 終末5凸武器必須の上級者向けの武器です。 あとは人によっては組みやすかったり 上限を叩けないと意味がない武器。 なので終末5凸武器が必要。 結論から述べると、闇で上限突破をするには 終末5凸武器が必要です。 ということはルシHARDを各属性で倒していないと いくら 『天秤』を手に入れても、火力が下がるだけの武器になります。 ということで、 中級者ぐらいの方はに期待しない方が良いです。 あくまで天上人の遊びの幅が広がった武器という認識で😎 終末5凸必須なのね 天秤は条件さえ揃えば、環境を破壊しかねない性能。 ・古戦場団バフ ・リミ武器全種 ・終末5凸 ・黒武器で更に上限UP ・虚空武器 ・オメガ武器 ・アーカルム石5凸 特に古戦場中は団バフが乗っているので、更にダメージを伸ばしやすくなります。 朝などの貢献度レースの時は、上限をどれだけ伸ばせるかで 討伐時間がかなり変わるので 天秤で『上限10%UP』の恩恵は計り知れません。 防御の固い敵は苦手かも 闇 by麻原さん 適当にそれっぽいので殴った — 麻原 dekasugirumara でやってきた、普段使いのフォールン4ウンハイル2とほぼ同じかそれよりちょっと強いって感じだった — 麻原 dekasugirumara 闇界のカリスマ騎空士様! 防御値と条件さえ揃えば、武器もお手軽でメチャクチャ強い。 また神石編成に1つの選択肢が増えました。 AK4本マッチョマンの悲劇再び・・・。 悲劇と取るか、喜劇と取るか。 フォールンソード3凸3本以上凸った人は精神的にキッツい。 そんな自分も賢者カイムが来るまでは AK4本にダマをブチ込んだマッチョメンだった。 そんなカイムが来た今では、残りのAK3本は倉庫で静かに眠っている。 AKは、フォルーンソードほど強力な武器ではないけど ダマスカスを12個ぶち込んだ思い入れのある武器だったので 凸った人の精神的なキツさは痛いほど良く分かる。 俺にも『闇』ワンチャン 倉庫に眠らせておいた闇武器達。 ただし、様子見してた方々には 『お手軽』は吉報だったりする😂 ってか、 ソシャゲはが有利なのが悲しい 仕組み上仕方ないんだけどさ。 6周年だか7周年だかに、リミ武器5凸化!第3スキル付与!とかして また逆転するって勝手に信じてます。 そうでしょ?そうなんだよね!運営さぁぁぁんんん 落ち着けよ てことで自分も視野に入れてみる ざっくり仮で組んでみてこんな感じ。 ダマに余裕が出来たらやってみようかな!なおダマにそんな余裕は無い模様🤮 それにしても高級鞄BOSS、全然武器ドロップしてくれねぇ…。 最後まで見てくれてありがとう!またね beog.

次の