かっこいい トレス。 男の子の最強にかっこいい名前280選!みんなの憧れの的に!

【昇華ユニフォーム】サッカー・フットサルのユニフォームオーダー専門店TRES FOOTBALL

かっこいい トレス

スイフトのデザインの特徴 スイフトは国産車の中でも比較的小柄なボディをもち、現在は4代目で2代目からほぼキープコンセプトで続いてきている車です。 しかし正直なところ今回のスイフトはスイフトらしいシルエットはありますが、デザインの特徴はあまり見られません。 変わらぬスタイル スイフトの四角い箱にボンネットをつけたようなスタイルは、2代目スイフトから続くスタイルです。 そのシンプルなボディからは特にプレスラインなどに特徴が見られないため、デザイン的な特徴は見られませんが、その分鈑金屋さんにとっては非常に助かる車でしょう。 近年キャラクターラインなどでボディのデザインを飾る車が多い中で、このままシンプルなのは逆に個性かもしれません。 フローティングルーフ スズキが良く使うデザイン手法で、スイフトにも見られるのがこのフローティングルーフです。 AピラーBピラーをブラック・アウトすることで天井がボディと離れて見え、デザイン的に低重心感を感じられるデザインになっています。 4代目スイフトの場合はさらにCピラーもブラックアウトし、リアドアのドアハンドルをガーニッシュにつなげて隠すことで完全にルーフが浮いているデザインを作り上げました。 これによりデザインの重心がとても低く感じられ、全長の短いボディと5ナンバー枠いっぱいに広げた全幅がうまくマッチして、ふんばりがあり地面にしっかりと食いつくようなデザインが見られます。 ただ残念なフロントマスク ただ残念なのがスイフトのフロントマスクです。 さまざまなメーカーのデザインをちょこちょこっと頂いただけのような見た目で、まとまりもなくかっこよくありません。 大きく開いたフロントグリルは近年のトレンドで各メーカーがやっていますが、6角形のグリルはスバルの使うデザインですし、その真中にラインを入れているのはマツダの手法です。 そしてバンパー下に左右をつなぐように大きく入った黒のデザインはトヨタのランドクルーザーを思わせるようなデザインです。 そんななか唯一スイフトらしい特徴として大きなヘッドライトがありますが、その真ん中に大きなグリルが居座っており、左右に大きく離れてしまっているためかブサイクなカエルのような顔になってしまっています。 正直デザインにスイフトらしさというのはあまり感じられませんし、ブサイクな顔に見えてしまうのが残念なところです。 スポーティなインテリア エクステリアはあまりいい印象のなかったスイフトですが、運転席からの眺めは結構しっかりしています。 ダッシュボードからセンターパネルに続く立体的なデザインや、シフトノブにはシフトブーツがキレイにかかっており、ドアハンドルは太ももに当たる部分を削ったD型のハンドルを採用し、コックピットのようなとてもスポーティなデザインになっています。 さらにオートエアコンのパネルもダイヤルと液晶を組み合わせて近代的ですし、赤を基調としたスポーティなメーターパネルはスイフトのキャラをしっかり表しており、とてもよくできた内装です。 コストを優先した軽自動車の延長のような作りではなく、しっかり作り込んである内装は運転手を楽しませてくれます。 スイフトのかっこいい色 シンプルな外装とスポーティなインテリアが良くできているスイフトにはどんなカラーが似合うのでしょうか。 またカラーにはどんなこだわりがあるのでしょうか。 ここではスイフトに似合うカラーをチェックしていきます。 プレミアムシルバーメタリック もともとスポーティな印象の強いスイフトはプレミアムシルバーメタリックがにあいます。 コンパクトカーの中でも小柄で全幅と全長のバランスが良く、ワイドアンドローなボディはシルバーと合わせることで車体が大きく見え、スタイリッシュさが際立ちます。 スピーディブルーメタリック スピーディブルーメタリックは欧州の淡い暖色系の街並みに映えるようなブルーをイメージし、特別スイフトの中でもこだわり抜かれた色です。 スイフトのブルーカラーは先代からもずっとコマーシャルカラーとして表立ってでているため、スイフトといえばブルーといえるくらい大事な色です。 バーニングレッドパール 現在のスイフトのコマーシャルカラーであるバーニングレッドパールです。 実はこのレッドもスズキはこだわっており、走りに対する情熱を表す色なのだそうです。 スイフトスポーツやRSなど、走行性能に重きをおいているスズキのスイフトへの期待が大きくこもっているカラーだと言えるでしょう。 実物を見ることが大事 おすすめのかっこいいカラーをお伝えしてきましたが、やはり色は現物を見ずに決めると絶対に後悔します。 ベタ塗りの色、メタリックカラー、パールカラー、色の深み、色合いなどすべてが細かく違ってきますので、イメージだけで車はきめてはいけません。 — 2018年 3月月27日午前12時42分PDT 3代目スイフトは、おとなしいながらも個性のあった2代目の特徴的な曲線のキレイなボンネットと縦ラインの強いヘッドライトなどのデザインを進化させています。 ホイールベースとトレッドを広げよりワイドアンドローなスタイルになり、縦型のヘッドライトも縦のラインをさらに強調しヘッドライトの端からからリアコンビネーションランプまで一直線につながっているデザインはとても躍動的でかっこよくできています。 ただインテリアは先代に比べると向上している感がありますが、どうしてもまだ軽自動車の延長のような質感で残念です。 もうひと工夫あればインテリアもかっこよかったでしょう。 スイフトのデザインの世間的評判 ここまでスイフトのデザインについて解説してきました。 さて実際には世間ではスイフトはどうみられているのでしょうか。 ツイッターから生の声をピックアップしていきます。 うおおスイフト!実は先日車体色の話したときに私の家族が一生懸命洗車してると言った車が旧型のスイフトスポーツでして!かっこいいのにころっとして可愛いところもあって、そのバランスが絶妙でいい車ですよね~。 さらに走行性能も想像以上に良いのでドライブも楽しいです。 (走行性能の詳細は以下の記事をご参照ください。 せっかく良い素材を持っている車なので、フロントデザインをもっとスイフトらしく作り込んでくれていたらとてもかっこいい車だったと思います。 好き 現行型スイフト スイフトスポーツ クーペ風なリアドアのデザインがスポーティさを感じさせるのが好きだし気軽な価格でスポーティさを味わえるのも好き — さっしー4101 4101y スイフトはやはりそのスポーティな外観が好評のようです。 価格もお手頃ですし、今回はリアドアのドアハンドルがCピラーガーニッシュにそろえられており、2ドアクーペのように見えるデザインも好評です。 スイフトはその硬派なスポーティなスタイルでありながらも、ころっとした可愛さを持っており、そのスタイルが人気なのがわかりました。 しかし現行スイフトのフロントマスクはやはり評判は良くないようです。 スイフトのデザインを他の車と比較 このクラスでもスポーツ性能が頭一個分抜け出ているスイフト。 ここではそんなスイフトと比較されやすい日産マーチ、トヨタヴィッツ、ホンダフィットとデザインを比較していきます。 日産 マーチ マーチは海外で生産され、日本に逆輸入という形で販売している日産のグローバルカーです。 スイフトと似た立ち位置のマーチですが、デザイン性ではスイフトのほうが優れています。 マーチはお椀をひっくり返したようなスタイルが特徴的で、ころっとしたキュートさが売りの車です。 しかしフロントマスクはスイフトと同じで、全くデザイン的に繋がりがないためマーチらしさは見えませんし、無理やりつけたVモーショングリルがデザインの破綻を生んでいます。 内装もプラスチック感丸出しで、造形的にもこだわりの見られない非常にチープな内装をしています。 没個性で安っぽさが丸出しのマーチは、このクラスでデザインが良いという理由で選ばれることはない車ですので、スイフトのほうが良いでしょう。 トヨタ ヴィッツ ヴィッツはトヨタの代表的なコンパクトカーです。 近年はアクアの登場で影を潜めていますが地道に売れ続けている車です。 (アクアの詳細は以下の記事をご参照ください。 ) そんなヴィッツですが、先代までのコロッとした可愛らしさをなくしトヨタのコンパクトカーらしいデザインになりました。 そのためヴィッツらしさというものはほぼないに等しいでしょう。 フィットは初代からホンダのマンマキシマム・マシンミニマムという設計らしいボンネットのほとんどないデザインです。 それを常に受け継ぎ今回も同じようなボディスタイルを持っています。 そしてフロントマスクも近年のホンダらしいホンダロゴを中心とし、翼を広げたようなデザインのソリッドウィングフェイスを採用し、ひと目でホンダと分かるデザインになっています。 インテリアもホンダらしいコックピットデザインを採用していますが、平面が多いためかちょっと古くさいデザインをしています。 フィットと比べるとスイフトのデザインのほうが躍動的でかっこいいでしょう。 しかしフィットのほうが飽きのこないデザインかもしれません。 なおフィットについては以下の記事でも取り上げているので、興味のある方はこちらもあわせてご参照ください。 スイフトのかっこいいカスタム車 ではここでスイフトのカスタムした画像をご紹介していきます。 スイフトはスポーティさが売りですがユーザーはどういったカスタムをするのでしょうか。 非常に気になります。 — 2018年 6月月13日午前3時00分PDT ローダウンインチアップ、そしてハの字になったタイヤがスポーティ感をさらに強くしています。 色の塗り分けなど非常にシンプルに見えるカスタムですが、ヘッドライトにプロジェクターを埋め込んであるなど細かいところもしっかり作り込んであるカスタムです。 スイフトは見た目より中身 スイフトは先代からスポーティな走行性能と低価格を踏襲してきています。 今回もマイルドハイブリッドを搭載しつつも低価格を実現していたり、足回りもこのクラスでは優秀だったりとデザイン以上に中身の洗練度の高さが伺える車です。 (エンジンの詳細は以下の記事をご参照ください。 ) そして モデルチェンジを重ねるたびにインテリアのデザインが進化してきているように、スズキのデザインは進化の途中なのかもしれません。 今後のモデルにより一層期待が持てる車です。

次の

Reference for Composition in Art. Poses, Materials and Ideas.

かっこいい トレス

車の購入を考えるとき、ボディタイプから決める方が多いはず。 生活環境によって、それぞれ適した形状がありますからね。 「価格・燃費・使いやすさ…と、コンパクトカーという選択肢が、一度は頭をよぎるはず」 しかし、車好きな男性にとってコンパクトカーは、少なからず抵抗があるもの。 私はそういうの、けっこう気にします。 そこで提案したいのが「マツダ デミオ」です。 コンパクトカーなのに「かっこいい」と評判で、そのデザイン性の高さに海外からも注目が殺到。 というわけで、今回のテーマはデミオ!デザインについて、さまざまな視点からたっぷり分析してみました。 「コンパクトカーの購入」or「デミオの購入」を考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね。 デミオのデザインの特徴 近年のマツダは、欧州に通用するようなデザイン性を追求しているため、どこかヨーロピアンな雰囲気のエクステリアに仕上げられています。 それでは、デミオ現行モデルのデザインを見てみましょう。 現行モデルのフロントデザイン こちらは、マツダ公式サイトから引用した、現行モデルのフロントデザインです。 マツダの代表車種、「アテンザ」「ロードスター」「CX-5」と同様、シャープな目元と、大きく開いたグリルが印象的。 (デザインの詳細は以下の記事をご参照ください。 ) また、フェンダーからサイドに流れるラインが綺麗ですね。 個人的には、フロントフェンダーにボリュームがある方が好みなので、現行のデミオはかなり好きなデザインです。 現行モデルのリアデザイン リアビューはこんな感じです。 ヘッドランプと均整のとれたテールランプ形状、そしてサイドから流れるフェンダーのラインが、シャープさを演出。 また、リアウィンドウも丸みを帯びた形状をしているので、流線形な印象を受けます。 一つ一つのデザインは主張こそ少ないですが、「高い質感を、さらに美しく磨き上げる」というコンセプトの元、「落ち着いた、都会的な美」を体現した1台といえるでしょう。 なおマツダのメーカーとしての特徴は以下の記事でまとめているので、興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。 デミオのかっこいい色 デミオは、ベースグレードで10色、上級グレードは6色ほどのカラーバリエーションが展開されています。 その中で、個人的にかっこいいと感じた色を紹介しましょう。 ソウルレッド クリスタルメタリック 「今、マツダの車を買うなら何色?」こう質問したら、おそらく多くの方がこの色を指すと思います。 マツダのCMでも、赤い車がよく登場しますよね? メーカー自身が猛プッシュしている色なのです。 たしかに凄くいい発色ですよね。 「色味」「艶感」共に満点で、都会にマッチするおしゃれな赤です。 マシーングレー プレミアムメタリック しかし、「ソウルレッド クリスタルメタリック」は人気ゆえ、色被りする可能性が、非常に高いという難点があります。 被りたくない、という方もいるはず。 そんなときは、この色を選ぶといいかもしれません。 私はグレーのボディカラーというのは好みではないのですが、このグレーなら喜んで乗ります。 深みのあるグレーと、メタリック系の艶感がとてもクール。 「鮮やかな色味は、目立つから嫌だ!」そんな方には、ぜひこの色をおすすめします。 エターナル ブルーマイカ スタイリッシュな色をご所望なら、このボディカラーがいいですよ。 ブルーマイカですが、鮮やか過ぎず、落ち着いた色味が絶妙。 ホワイト・ブラック・グレーなど、モノトーンはハズさない色ですが、「無難過ぎて、つまらない!」と感じることもあるでしょう。 そんな方には、この色がおすすめです。 目を引く色味ですが、けっして目立ちすぎることはないでしょう。 オリジナリティを求めるなら、この色が穴場かもしれません。 MEMO もしデミオを買おうと考えているなら、あわせて正しい値引き交渉のやり方も覚えておくといいですよ。 このやり方を知らないと最大60万円以上も損しますよ。 詳しく知りたい方は、下記の『』のページをご覧ください。 デミオの古いモデルと比較 1996年に登場したデミオですが、2014年フルモデルチェンジで、4代目を数えます。 現行のDJ型については触れてまいりましたが、過去のモデルと比べると、どんな違いがあるのか?見てみましょう。 3代目 DE型(2007~2014年) 2007年に登場した3代目モデルのDE型は、欧州市場を視野に入れてデザインを設計されました。 これまでは箱型だったコンセプトを一新し、ハッチバックスタイルへと路線を変更。 デザインとしては、小ぶりなグリルと丸みを帯びたヘッドランプ形状で大人しめ。 ボディのデザインも、全体的に丸みを帯びていますね。 そのため、 現行モデルと比較すると、可愛い印象を受けます。 そのため、女性人気が高いモデルでした。 確かに、街を走っていても、女性が運転していることが多かったような気がします。 このモデルよりは、現行モデルの方が男性向きなデザインといえますね。 2代目 DY型(2002~2007年) 2代目モデルのDY型は、「ZOOM-ZOOM」のCMが記憶に残っている方も多いはず。 このモデルが販売され始めた2002年に、マツダの新ブランドメッセージとして「ZOOM-ZOOM」が登場しました。 「広く実用的なコンパクトカー」 これがキャッチフレーズです。 デザインとしては、ボリュームが薄く、コンパクトにまとまった印象。 3代目モデルと比較すると、ややアグレッシブに見えます。 しかし、現行モデルを見てしまうと、物足りなさは否めません。 現行モデルが、コンパクトカーとは思えない質感に仕上がっているのが、よくわかります。 初代 DW型(1996~2002年) 初代デミオは、マツダの販売チャンネルである、「アンフィニ」「ユーノス」が廃止された年に登場。 バブル景気の最中、販売チャンネルの拡大に失敗したマツダが、経営危機を脱するために生み出したのが、デミオの始まりでした。 後に大ヒットを記録し、マツダの救世主となります。 このモデルは「小型ステーションワゴン」というコンセプトで設計され、ワゴンデザインが特徴的です。 ハッチバック形状よりも、荷室が広くとられているので、アクティブに使えるモデルでした。 現行モデルと比較すると、ヘッドランプやルーフが角ばっており、ワゴン感を強く感じるデザインになっています。 この時代ならではのデザインなので、「かっこよさ」のジャンルが違いますね。 多くの人は現行モデルを支持するでしょうが、一部の人は強く惹かれるデザインといえるでしょう。 旧型のデミオを買う際には、かなり昔のものもあるので色々と注意が必要です。 中古車を買う際の基本的なポイントは以下の記事でまとめているので、こちらも参考にしてみてください。 デミオのデザインの世間的評判 ここまでは、私の個人的な嗜好で解説してきました。 これでは評価が偏ってしまいますから、世間的にはどう思われているのか、ネット上の口コミを見てみたいと思います。 この鮮やかな赤が、本当によく写真映えします。 今はやりの「インスタ映え」間違いナシですね。 この色は、敏腕ビジネスマンが乗ったら「かっこいい赤」になりますが、女性が乗ったら「おしゃれで可愛い赤」にもなります。 特徴的な色ながら、人を選ばない汎用性が人気の秘訣でもあるのです。 コンパクトカーというジャンルのため女性に人気ですが、男性が乗ってもかっこいいことは間違いありません。 (エンジンの詳細は以下の記事をご参照ください。 ) 色は「ジェット ブラックマイカ」を選択したようです。 黒もかっこいいですね。 マツダは、エクステリアデザインだけでなく、インテリアにも気を使っていると有名です。 同価格帯の国産車と比較すると、その違いは一目両全。 マツダは欧州を意識しているので、洗練されたおしゃれな内装に仕上げられています。 外見だけでなく、室内空間の快適さも人気のひとつなんです。 やっと納車だぁぁ!!新車『DEMIO』 色かっけぇ!! 安全装備ハンパねぇ!! 運転楽しぃぃ!! めちゃ走る怖ぇぇ。 これからのドライブが楽しみ — のりまさ。 some3ichikun これまた「ソウルレッド クリスタルメタリック」です。 さすが人気色といったところでしょうか。 若い男性オーナーも満足しているご様子。 マツダの「SKYACTIV テクノロジー」により、安全性能&走行性能を徹底的に高められ、トップクラスのコストパフォーマンスを実現。 (SKYACTIVエンジンの詳細は以下の記事をご参照ください。 ) このように、 ヨーロッパで通用するデザイン性はさることながら、日本でも扱いやすいボディタイプのデミオは、多くの人に親しまれている車なのです。 デミオのデザインを他車と比較 デザインについて、他車の同クラスと比較してみましょう。 今回比較してみたのは、「トヨタ ヴィッツ」「スズキ スイフト」です。 どちらもデミオに負けないくらい、売れてる車ですね。 ちなみに、デミオの価格はこちら。 XG:135万~169万円• RS:159万~184万円 高品質なコンパクトカーに、定評のあるスズキによって製造されたスイフト。 この車も根強い人気があります。 グリルとヘッドランプの形状が似ていますが、デミオとは違った雰囲気のスポーティさ。 「デミオが流線形なら、スイフトは箱型」 コンセプトは似ていますが、アプローチが異なる2台なので、好みが別れるところであります。 イメージカラーも、赤と青で対称的ですからね。 ヨーロピアンテイストが好きならデミオ、国産車っぽい雰囲気が好きならスイフト、という選び方をするといいかもしれません。 スイフトのデザインについては以下の記事でさらに詳しく解説しています。 詳細まで知りたい方は、こちらもあわせてご参照ください。 デミオのカスタム例 男なら、愛車をかっこよく仕上げたいところ。 インスタを探してみたら、私の好みのカスタムを見つけました。 最後に、この場を借りてカスタム例をご紹介したいと思います。 グリル:CX-3 流用• ブレーキ:Brembo• ホイール:SSR• フロント リップスポイラー:マツダスピード• サイド アンダースポイラー:マツダスピード• ボディ デカール:不明• サスペンション:社外製の車調整式サスペンション 足元は、SSRのスポーツホイールに、車高調でローダウン、Brembo製の大型ブレーキでキメています。 とてもかっこいい。 さらに、フロントとサイドにアンダースポイラーを装着することで、スポーティ要素もバッチリ。 また、同社「CX-3」のラジエーターグリルを流用し、フロントマスクをダイナミックに演出。 装着に加工が必要ですが、そこまで手を加えていることに、車への愛を感じます。 なおCX-3のデザインについては以下の記事でまとめています。 興味のある方はこちらもご参照ください。 — 2018年 4月月8日午前2時30分PDT 足元の拡大写真を見てみましょう。 2ピースのメッシュデザインに、輝くシルバーカラー、そしてゴールドのロングナットというのが、実に私好み。 履いているアルミホイールは、「SSR Professsor MS3」の18インチのようです。 おそらくリム幅は7. 5Jではないでしょうか? フェンダーギリギリのリム幅で、車体がよりワイドに見えます。 リム幅が7. 5Jだとしたら、適正なタイヤ幅は215mmか225mmですが、あえて幅の狭いタイヤを履かせることで、いわゆる「引っ張りタイヤ」にしているのもナイス。 この車体は、かなり手を加えている部類ですが、カスタムするならぜひ参考に。 デミオについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事で解説しているので、こちらもあわせてご参照ください。

次の

男の子の最強にかっこいい名前280選!みんなの憧れの的に!

かっこいい トレス

SBD ドーントレス( Douglas SBD Dauntless )は、社が開発し、第二次世界大戦期にアメリカ海軍で運用された偵察爆撃機。 海軍型の愛称の「 dauntless 」とは、「恐れを知らない、勇敢な、不敵な、がまん強い、不撓不屈の」などを意味するである。 陸軍向けにも製造され、 A-24 バンシー( Douglas A-24 Banshee)として制式採用され、後に F-24と改称された()が、陸軍型の愛称の「バンシー Banshee 」は、スコットランド・アイルランドに伝わる女の妖精のことである。 第二次世界大戦を通じ、アメリカ海軍だけでなくやでも運用された他、少数がに供与されている。 特徴 [ ] 機体形状は単発軍用機として一般的なものであり、低翼配置のと尾輪式のを持つ。 は穴空き式であり、を兼ねるようになっていた。 率いる設計チームは当初から引き込み脚を採用するなど、当時の急降下爆撃機としては画期的なスペックであった。 ただし翼端の折り畳み機構は装備されておらず、これが艦載機としてのネックとなった。 また、SBDは良好な運動性と強力な前方機銃を活かし、状況によっては戦闘機との空戦も行った。 新型艦上爆撃機が登場したが、SB2Cは海軍側の無茶な要求によって若干安定性と操縦性に難がある機体となった。 そのため、引渡し後の部隊配備は進まなかった。 一方、ドーントレスは装置や空中を装備した後期型のSBD-4が780機生産されてその一部はサッチ少佐の考案した艦隊防空システムであるビッグブルーブランケット構想の下で早期警戒機として運用され、その後もSBD-5、SBD-6と改良が加えられた。 母艦搭載の必要がないは終戦間際まで本機を運用し、SBD-6のほとんどは海兵隊向けであった。 その後、SB2Cの高性能化で母艦部隊は機種交換が進められ、ようやくSB2Cに道を譲り、間際に生産が始まった汎用攻撃機の登場でドーントレスはその姿を消す。 しかし、SBDは中の全期間、現役状態であった。 A-24 [ ] でもの急降下爆撃機の活躍に衝撃を受けてSBDの空母用装備を取り外したものが、A-24 バンシー Banshee として採用されている。 総計953機のA-24が生産され、海軍でSBDが引退した後も使用され続けた。 A-24はの独立時にも在籍しており、それらはカテゴリ A の廃止と共にカテゴリ F に移ってF-24と改称している。 歴史 [ ] に参加するSBD 当初基本設計は社でXBT-2の名称で行われていたが、ダグラス社が設計を引き継ぐこととなり、XSBD-1と名称が変更された。 4月より初期型の海兵隊用SBD-1が57機、海軍用SBD-2が87機量産された。 部隊配備は1940年に海兵隊から開始されている。 しかし、欧州におけるの急降下爆撃機に衝撃を受けた軍は性能が不十分であると判断し、エンジン・性能・機銃攻撃力などに大幅な改良を加えた中期型のSBD-3を584機生産した。 このSBD-3は同時期に使用されたと比較して速度、航続距離、武装、搭載量などはるかに凌ぐ性能であった。 1941年12月に開始した太平洋戦争で、最初にSBDを使用したのは、アメリカ陸軍であった。 SBDの空母用装備を取り外したA-24が・・の航空基地に配備され、南進する日本軍と戦闘を繰り広げた。 1942年5月、でアメリカ海軍は初めてSBDを使用した。 SBD-3は、共同で運用されたの性能が貧弱で、日本に有効な打撃を与えられない中、空母をし、を中破させた。 1942年6月、においては、、およびこれが初陣となる新型雷撃機が戦果を挙げられずに日本のに低空で撃墜され、全滅に近い損害を受ける中、およびマックス・レズリーの率いる本機で構成された部隊が、高空から防空の隙を突いて同海戦に参加した日本機動部隊の4空母のうち、、の3隻を同時に攻撃して撃沈し、残ったも別に出撃した本機の部隊が撃沈して日本機動部隊主力の撃滅に貢献した。 8月7日、ガダルカナル島のアメリカ軍上陸部隊への攻撃に向かったの零戦との一式陸攻をアメリカ海軍の艦載機が迎撃した。 SBDもこの戦闘に参加しており、後方旋回機銃で、SBDをF4Fと誤認して後方に回ったの零戦を撃破している。 8月24日、では、日本の空母を撃沈する戦果を挙げた。 エンタープライズの索敵機として日本の機動部隊を発見した。 そのまま翔鶴に対して急降下爆撃を行うが、命中しなかった。 10月、では索敵機として日本より先に敵機動部隊を発見する。 そのまま急降下爆撃を行い、の甲板に命中し戦線離脱させた。 その後、攻撃隊として翔鶴と重巡を大破させた。 諸元 [ ] 機体名 SBD-5 全長 36ft 8. 125in 11. 18m 全幅 41ft 6. 3125in 12. 66m 全高 12ft 11in 3. mile 1,794km 1,345st. mile 2,165km 680st. mile 2,519km 840st. mile 1,352km 1,680st. mile 2,704km 各型 [ ] XBT-1 ノースロップ社の試作艦上爆撃機。 BT-1 アメリカ海軍向け生産型 XBT-2 BT-1のエンジンと機体構造を改良したSBDの原型機。 ノースロップ社がダグラス社エル・セガンド事業部になったため、XSBD-1の呼称に変更。 SBD-1 アメリカ海兵隊用生産型。 機首に7. 7mm機銃2丁、後席に7. 7mm旋回機銃1-2挺装備。 SBD-1P 偵察機型。 SBD-2 SBD-1のアメリカ海軍用生産型。 燃料搭載量が増加している。 SBD-2P 偵察機型。 SBD-3 機首の機銃を12. 7mm2挺へ、防弾タンクと防弾鋼板を装備。 エンジンをライトR-1820-52 1,000hp へ変更。 SBD-3A アメリカ陸軍用のA-24の海軍呼称。 SBD-3P 偵察機型。 SBD-4 電気系統を6から12Vへ変更。 SBD-4A アメリカ陸軍用のA-24Aの海軍呼称。 SBD-4P 偵察機型。 SBD-5 エンジンをライトR-1820-60 1,200hp へ変更。 SBD-5A アメリカ陸軍用のA-24Bの海軍呼称。 SBD-6 エンジンをライトR-1820-66 1,350hp へ変更。 A-24 アメリカ陸軍用のSBD-3型。 A-24A アメリカ陸軍用のSBD-4型。 A-24B アメリカ陸軍用のSBD-5型。 運用国 [ ]• - が3形式68機• - とが少数機• - 海軍が1形式9機• - が1形式を少数機使用した。 この内、メキシコ空軍はまで本機を使用し、最後の本機使用国となった。 現存する機体 [ ] 番号欄の5桁の数字は、(BuAer)番号(BuNo. )であり、ハイフンのある数字は登録番号( Serial No. )である。 型名 番号等 機体写真 所在地 保存施設 公開状況 状態 備考 SBD-1 01612 公開 修復中 SBD-2 02106 632 アメリカ合衆国 公開 静態展示 の際の邀撃や、へと参加した機体。 SBD-2 02137 アメリカ合衆国 公開 修復中 SBD-3 06508 アメリカ合衆国 公開 静態展示 SBD-3 06583 アメリカ合衆国 公開 静態展示 SBD-3 06624 アメリカ合衆国ミシガン州カラマズー エア・ズー航空宇宙科学博物館 公開 静態展示 SBD-2 02106号機が保存されている、海軍航空博物館からの貸出品。 SBD-3 06694 アメリカ合衆国 公開 静態展示 SBD-2 02106号機が保存されている、海軍航空博物館からの貸出品。 旧塗装 SBD-4 06833 アメリカ合衆国フロリダ州ペンサコーラ 海軍航空博物館 公開 静態展示 損壊した状態で展示されている。 SBD-4 NZ5037 06853 公開 静態展示 損壊した状態で展示されている。 SBD-4 06900 アメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴ 公開 静態展示 SBD-2 02106号機が保存されている、海軍航空博物館からの貸出品。 SBD-4 10508 アメリカ合衆国カリフォルニア州 公開 修復中 SBD-4 10518 2478 N4864J アメリカ合衆国カリフォルニア州 公開 飛行可能 SBD-4 10575 2565 アメリカ合衆国 公開 静態展示 SBD-4 10694 N34N アメリカ合衆国カリフォルニア州 ヴァルチャーズ・ロー・エイヴィエーション社 修復中 静態展示 ヴァルチャーズ・ロー・エイヴィエーションによって 飛行可能な状態へと復元中。 ワシントン州ベルビューにおいて、飛行登録ナンバーN34Nを取得し、LCCと認定された。 SBD-5 28536 N670AM アメリカ合衆国カリフォルニア州チノ POFAM 公開 飛行可能 定期的に開催される、POFAM主催のチノ・エアショーで デモフライトを披露している。 脚注 [ ] []• 別冊歴史読本永久保存版『空母機動部隊』新人物往来社 83頁• 別冊歴史読本永久保存版『空母機動部隊』新人物往来社 84頁• 別冊歴史読本永久保存版『空母機動部隊』新人物往来社 90-91頁• 別冊歴史読本永久保存版『空母機動部隊』新人物往来社 94頁• ミッション:ROCKET時のみ6,689lbs 3,034kg• Propeller:HAMILTON STANDARD C. 、Blade:No. 30m 、Area:8. - SBDと同時期に活躍した艦上爆撃機。 - 相対した日本の艦上爆撃機。

次の