ゼンリーのハングアウトとは。 ‎「Zenly ゼンリー: あなたの大切な人との、あなたのMAP」をApp Storeで

Zenly(ゼンリー)使い方&評判レビュー!位置がバレない対処法も

ゼンリーのハングアウトとは

Androidで見かける位置情報とは、 GPS Global Positioning System やスマホの基地局に関する情報を使って自分がいる場所を特定するサービスのこと。 マップ機能を使って行きたい場所へたどり着けたり、家族や恋人、子供がいる場所などを特定しておくことで安全な生活をしたりできます。 GPSを利用する場合、位置情報を取得するまでの時間が多少かかかることがありますが、 位置は正確に測位することができます。 また、GPS衛星からの電波を利用して現在地を測るので、Wifiへの接続状況には関係なく利用することができます。 ただし、地図アプリはAndroid端末内にデータを持っているわけではなく、ネットワークを経由して地図データを取得しています。 そのため、 GPSで取得した位置情報はネットワーク接続環境が必要となります。 また、位置情報は、ときに非常に便利なツールとして欠かせない機能ではありますが、SNSなどで知られたくない位置情報をインターネット上に提供してしまうこともあります。 位置情報を使用しているアプリを確認する方法 位置情報を使用するアプリを確認しておくことも便利に使いこなすための重要なポイントです。 まずは、端末の位置情報にアクセスしているアプリを表示し、その電池消費量を確認してみましょう。 ・電池使用量:高 電池の消費量が多くなる可能性のあるサイトから位置情報を受信しています。 ・電池使用量:低 電池の消費量が少ないサイトからのみ位置情報を受信しています。 または前回の充電以降「何パーセント程度電池を消費したかなどを確認可能です。 位置情報サービスの設定 オフになっている場合、Android端末の位置情報はアプリと共有されません。 位置情報サービスは、一定時間ごとに通信を行うため、通常オンにしたままにしておくと、電池消費量を大きくする原因のひとつとなります。 そのため、普段はオフ、使うときにはオンにするというこまめな切り替えで利用する事をおすすめします。 Android端末の設定を「位置情報オフ」、「機内モードを有効にしている」、「現在とは異なる位置情報を必要とする場合」などの設定になっているとき、位置情報が必要なアプリを利用しようとすると、位置情報サービスを変更するかどうかのメッセージが表示されます。 表示されるメッセージを確認しよう ・「位置情報の設定を変更しますか?」 アプリが正常に機能するため、位置情報の設定をオンにして現在地を取得する必要がある場合に表示されます。 ・「位置情報の制度を改善しますか?」 位置情報がオンになっていても、他の設定等を有効にすることで制度をあげることができる場合に表示されます。 ・位置情報モード 位置情報の精度を上げるため、現在の設定とは異なる位置情報のモードをアプリから要求されることがあります。 必要な情報を得るための電池消費量を最低限に抑えるための設定をするため、利用可能なWifiやモバイルネットワークなどの使用許可を求められる場合に表示されます。 ・Wi-fi接続 Wi-fiがオフの場合、オンにするか利用可能かどうかの情報を得られます。 ・Google位置情報サービス 現在地をアプリで判断するため、Googleの位置情報サービスを利用することを許可することを求める場合に表示されます。 位置情報を使った便利なアプリもあるので、簡単に紹介します。 ランニングの目標設定に「Runkeeper」 位置情報を設定することで、 ランニングを支援してくれるアプリ。 痩せたい方にはどれだけランニングすればいいかを設定してくれるほか、音声で走った距離を教えてくれるのが魅力です。 アプリを起動して走ると走行ルートがメモされていき、何キロ走ったのかや消費カロリー、時間などを確認可能。 SNS機能もあるので、仲間を作って楽しくダイエットや持久力トレーニングなどにも使えます。 ランニングに興味があるという方におすすめです。 友人・恋人と居場所を共有「Zenly ゼンリー」 位置情報を使用することで、 友人や恋人と互いの居場所を共有できるアプリ。 遊園地や知らない土地に行った際に、はぐれてもお互いの居場所を把握できるので安心感があります。 恋人同士であれば、お互いの居場所を共有することでなにか変な場所に行ってないかなどを認識しあうことも可能。 相手を信頼しきれない場合の不安感を抑えられます。 居場所に関しては基本特定できるものの、非表示にして見えなくすることも可能です。 旅行に行く場合は使ってみてください。 Androidの位置情報に関するおすすめの使い方・活用事例 おすすめの使い方・活用事例について、簡単に紹介します。 飲食店や施設を見つける 位置情報とAndroidに標準搭載されるGoogleマップを合わせることで、気になる施設を発見できます。 例えばラーメンが食べたくなっときに、Googleマップで「ラーメン」と入力しました。 すると近隣にあるラーメン屋が口コミや場所、経路からメニューまで表示してくれ、食事場所の選定に役立ちます。 この方法は、飲食店でなくても実用可能。 ネットカフェを探したいときはもちろんホテルや温泉など近くにある場所から優先的に表示されるので、日常生活が豊かになります。 位置情報の活用方法のなかでも特におすすめなので、ぜひ試してください。 紛失・盗難時に発見につながる Android端末をなくした経験はありませんか?この場合は端末に電話をかけたり紛失した場所を想定して探したりすることになりますが、位置情報がオンならもっと楽に見つけられるかもしれません。 例えば位置情報を元に端末の在処を示してくれるアプリを使用すれば、場所の特定が簡単。 忘れ物防止タグなんてアイテムもありますが、位置情報があると紛失・盗難時の安心感が段違いです。 タクシーなどを呼び寄せる 車がない場合や飲酒の関係で代行サービスを利用する際は、位置情報をオンにするのがおすすめ。 最近はアプリを使ってタクシーを呼びよせるサービスも存在しており、このとき位置情報をオンにしておくことで待っているだけで使えます。 Androidで位置情報を利用する際の注意点 位置情報を利用する際に注意したいことについて、簡単に紹介します。 SNSに投稿する際は基本的にオフ SNSは、 TwitterやFacebook、Instagramといったサービスのこと。 誰でも写真や文字を投稿できるものですが、位置情報には注意が必要です。 というのも、仮に 自宅で投稿した際に位置情報をオンにしていると、場所も記載されます。 場所が記載されたということは自分が住んでいる場所を自ら晒したことになり、 最悪の場合は犯罪に巻き込まれる危険性が考えられます。 このようにSNSに投稿する場合は個人情報流出による影響があるので、基本的にはオフにしてください。 特に女性の方は注意です。 カメラを使うときはExifに注意 Exifは、 カメラで撮影した写真の正確な情報が含まれるもののこと。 このなかには 経度・緯度と呼ばれる撮影した正確な位置が含まれています。 経度・緯度がわかるということは、 自宅で撮影したら住所の特定が可能。 SNSに投稿する場合は同様に危険を伴います。 なお、 Android端末であればカメラアプリの設定からGPSに関する設定をオフにすることで、経度・緯度などを省くことができます。 SNSの位置情報はオフにしているのに写真の位置情報が残されていたら結局住所などがバレてしまうので、気になる方は必ずオフにしてください。 位置情報を設定して快適な生活を! Android端末で見られる位置情報について、設定やおすすめの使い方・アプリから注意点まで一通り紹介させていただきました。 位置情報は便利ないっぽう使い方を誤ると危険性も秘めているので、機会に応じてオンオフの切り換えを徹底してください。 Androidでインターネットを... 404,743件のビュー• Android端末を利用している... 377,893件のビュー• iPhone6、iPhone6P... 329,743件のビュー• パソコンでテレビを視聴できるよう... 288,598件のビュー• iPhoneの重要な用途のひとつ... 238,771件のビュー• スマホで音楽を聴くことが当たり前... 229,387件のビュー• 今では多くの人が手にしているiP... 226,997件のビュー• Windowsを利用していると「... 220,691件のビュー• パソコンとアンドロイド端末をケー... 210,646件のビュー• 単体でもアプリで遊んだり、カメラで撮影し... 193,554件のビュー.

次の

【iPhone・android対応】浮気調査に使えるアプリランキング10選!機能を徹底解説

ゼンリーのハングアウトとは

「ハングアウト」とはどんなサービス? 「ハングアウト」は、Googleが提供するメッセージングアプリです。 個人間およびグループでのテキストメッセージの送受信や、音声通話、ビデオチャットなど、様々なコミュニケーションツールが一括で管理できる優れもの。 Androidスマホをはじめ、iOS端末、パソコンなどマルチデバイスに対応しています。 メッセージングアプリとして広く使われているLINEは通常、複数のアカウントは作れません。 ところがハングアウトは、やりとりにGmailアドレスや電話番号を使うので、複数のアカウントを簡単に使い分けられ、プライベートからビジネスまで幅広く使える点が特長となっています。 ハングアウトのおもな仕様• Gmailアドレスさえあれば簡単に利用開始できる• テキスト、写真、動画、地図、絵文字、ステッカー、GIFアニメを送受信できる• 最大150人までのグループチャットができる• 最大10人までの無料ビデオ通話ができる• Android端末、iOS端末、パソコンのマルチデバイス対応でチャットなども同期できる ハングアウトを利用するための準備 ここでは、ハングアウトを利用するために必要な準備についてまとめています。 とはいえ、Googleアカウントさえ持っているなら、アプリのインストールをすればすぐに使えるはずです。 「ハングアウト」アプリをインストール スマホでハングアウトを使いたい場合は、アプリをダウンロード・インストールしましょう。 なお、パソコンでハングアウトを使いたい場合は、アプリをインストールする必要はありません(詳しくは)。 appllio. テキストメッセージを送信する ハングアウトを起動すると、左上のような画面が開きます。 Android版ハングアウトは[+]マークからメニューを開き、[新しい会話]をタップ。 iOS版は「メッセージ」タブの[+]ボタンから送信したい相手を選択します。 連絡先へのアクセスを許可している場合、送信可能なユーザー(スマホの連絡先にGmailアドレスを登録している人)が表示されるので、メッセージを送る相手を選択しましょう。 そのほか、画面上部の入力欄にGmailアドレスを直接入力してもOKです。 複数人選択すれば、グループが作成されます。 グループチャットは最大150人まで追加可能です。 送信相手を選択したら、チャット画面が開きます。 あとは自由にテキストを入力して、紙飛行機マークをタップすればメッセージの送信は完了です。 画面上にある相手のアイコンによって、LINEの「既読」と同じように相手がどこまで読んだかを確認できます。 アイコンより上のメッセージは読んでいること(既読)を示し、アイコンより下のメッセージはまだ読んでいないこと(未読)を示します。 ちなみに、アイコンが濃く表示されている時は、相手がハングアウトにログインしていることを表します。 テキストメッセージを受信する 初期設定では、招待を許可した相手としかメッセージのやりとりができないようになっています。 そのため、初めてやりとりする場合、相手がいくらメッセージを送っても届かないといったトラブルが起きかねません。 注意しましょう。 メッセージを受信するには、メニューボタン[ ]から[招待]をタップ。 メッセージの受信相手や内容を確認し、問題なければ[承認]を押しましょう。 これでメッセージが受信できます。 ステッカーを送信する ハングアウトの「ステッカー」とはLINEのスタンプのようなもので、チャット画面の入力欄にある四角い笑顔のマークから送れます。 LINEスタンプのように新たに購入はできませんが、アニメーションステッカーも含めて100種類以上が標準搭載されているので、コミュニケーションツールとして存分に活用できます。 画像や動画を送信する メッセージ入力欄の下のアイコンから、画像や動画を送ることもできます。 カメラマーク・ビデオマークでは、その場でカメラを起動させての写真や動画の撮影がおこなえます。 ライブラリから写真の選択をしたいときは、写真マークをタップしましょう。 スマホ本体のストレージに保存されているものはもちろん、Googleドライブなどクラウド上のファイルも簡単に呼び出せます。 送信したいものを選択して紙飛行機マークをタップすれば、動画や写真が送信されます。 なお、ファイルは一度に10個まで選択・送信可能です。 ハングアウトユーザー同士で音声通話・ビデオ通話をする(無料) ハングアウトユーザー同士で音声通話やビデオ通話がおこなえます。 電話回線ではなく、インターネット回線を利用するため通話料はかからず、24時間いつかけても実質無料。 ただしWi-Fiが利用できない環境では、当然スマホのモバイルデータ通信契約が必要です。 パケット通信費がかかるため、定額プランなどを利用していない場合は、電話をかける側も受ける側も注意しなければなりません。 チャット画面上部のアイコンをタップすれば、やりとりしている相手やグループ宛てに音声電話やビデオ通話をかけられます。 また、iOS版ハングアウトでは「連絡先」タブから任意の人物を選択すると、メニューに[音声通話][ビデオチャット]が表示されます。 ここをタップしてもOKです。 発信時は、それぞれ上のような画面が表示されます。 ビデオ通話の場合、コール中にインカメラで自分側の映像が表示されます。 カメラの角度などを確認しつつ、相手が応答するまで待ちましょう。 左:Android版 右:iOS版 相手からハングアウトの着信があった場合は、Android版とiOS版でそれぞれ上の画面が表示されます。 Android版は受話器マークを右にスライド、iOS版は通常の電話と同じようにスライドして応答します。 なお、Android版ハングアウトは、スマホの起動時に着信があるとバナー通知で知らされる仕様です。 通知から[応答する]をタップして通話を開始しましょう。 左:音声通話中の画面 右:ビデオ通話中の画面 音声通話(左)とビデオ通話(右)をしている最中の画面です。 ビデオチャットでは、メインに相手のカメラ映像が、サブに自分のカメラ映像が表示されます。 また、通話中に右上のメニューボタン[ ]をタップすると、他のユーザーを追加したグループ通話がおこなえます。 通話には最大10人まで参加可能です。 左:iOS版の通話タブ 右:Android版「ハングアウトダイヤル」アプリ ただし、電話番号を使った通話の場合、事前に「」から通話用の有料クレジットをチャージする必要があります。 1分あたりの通話料(USD)は、以下のサイトを参考にしてください。 PC(パソコン)でのハングアウトの使い方 同一のGoogleアカウントでログインすれば、異なるデバイス同士でも情報や設定が同期・共有されるのがGoogle製品の便利なところ。 Androidデバイス、iOSデバイス、ウェブブラウザと、どこからでもハングアウトの会話を継続できます。 PC(パソコン)でハングアウトを利用するには、様々な方法があります。 ここでは、いくつかの手段を簡単に紹介します。 Chromeウィンドウのアプリ一覧からハングアウトを起動 Chromeウィンドウを開き、アプリ一覧からハングアウトを選択。 すると、ハングアウト専用サイトにアクセスできます。 なお、スマホ版ハングアウトと同一アカウントでログインすれば、自動的に会話の履歴や連絡先などの情報が同期されます。 画面の配置がシンプルなので、基本操作はひと目で分かるでしょう。 [ビデオハングアウト]や[メッセージ]など任意のアイコンをクリックし、コミュニケーションを開始してください。 複数のチャット画面を同時に表示・操作できるなど、PC版ハングアウトならではの便利な使い方もできます。 ただし、[通話]アイコンでは、有料の通話クレジットが必要な電話番号宛ての通話しかおこなえないので注意が必要。 PC版ハングアウトには無料の音声通話のアイコンがないため、ビデオ通話を開始してカメラをオフにするといいでしょう。 PC版ハングアウトのビデオ通話には、同じ画面をリアルタイムで共有しながら通話ができる「画面シェア」機能が実装されています。 言葉では伝えにくい位置情報や動画などをリアルタイムで共有したり、テレビ会議中に資料を共有したりといった便利な使い方ができます。 利用には、画面右上のメニューボタン[ ]から[画面共有]をクリック。 共有する画面を選択して[共有]ボタンを押せば、画面の共有が開始されます。 Gmailからアクセスして使う Gmailの利用中にも、ハングアウトのチャット画面を開いたり、通話を始めることができます。 Googleにログインして、アプリ一覧からGmailを選択して開きます。 左側のメニュー下部にあるのが、ハングアウトのアイコンです。 左から[ハングアウトの連絡先][ハングアウトの会話][通話]と並んでいます。 新規で会話を始めるなら、[ハングアウトの連絡先]から任意の相手をクリックしてメッセージを送りましょう。 継続して会話をしたい場合は、[ハングアウトの会話]をクリックすればチャット画面のリストが開きます。 拡張機能版ハングアウトのアプリを使う Chromeウェブストアから、をダウンロードする方法もあります。 Chromeブラウザからいつでもハングアウトを起動できるので、より手軽に利用できます。

次の

‎「Zenly ゼンリー: あなたの大切な人との、あなたのMAP」をApp Storeで

ゼンリーのハングアウトとは

「ハングアウト」とはどんなサービス? 「ハングアウト」は、Googleが提供するメッセージングアプリです。 個人間およびグループでのテキストメッセージの送受信や、音声通話、ビデオチャットなど、様々なコミュニケーションツールが一括で管理できる優れもの。 Androidスマホをはじめ、iOS端末、パソコンなどマルチデバイスに対応しています。 メッセージングアプリとして広く使われているLINEは通常、複数のアカウントは作れません。 ところがハングアウトは、やりとりにGmailアドレスや電話番号を使うので、複数のアカウントを簡単に使い分けられ、プライベートからビジネスまで幅広く使える点が特長となっています。 ハングアウトのおもな仕様• Gmailアドレスさえあれば簡単に利用開始できる• テキスト、写真、動画、地図、絵文字、ステッカー、GIFアニメを送受信できる• 最大150人までのグループチャットができる• 最大10人までの無料ビデオ通話ができる• Android端末、iOS端末、パソコンのマルチデバイス対応でチャットなども同期できる ハングアウトを利用するための準備 ここでは、ハングアウトを利用するために必要な準備についてまとめています。 とはいえ、Googleアカウントさえ持っているなら、アプリのインストールをすればすぐに使えるはずです。 「ハングアウト」アプリをインストール スマホでハングアウトを使いたい場合は、アプリをダウンロード・インストールしましょう。 なお、パソコンでハングアウトを使いたい場合は、アプリをインストールする必要はありません(詳しくは)。 appllio. テキストメッセージを送信する ハングアウトを起動すると、左上のような画面が開きます。 Android版ハングアウトは[+]マークからメニューを開き、[新しい会話]をタップ。 iOS版は「メッセージ」タブの[+]ボタンから送信したい相手を選択します。 連絡先へのアクセスを許可している場合、送信可能なユーザー(スマホの連絡先にGmailアドレスを登録している人)が表示されるので、メッセージを送る相手を選択しましょう。 そのほか、画面上部の入力欄にGmailアドレスを直接入力してもOKです。 複数人選択すれば、グループが作成されます。 グループチャットは最大150人まで追加可能です。 送信相手を選択したら、チャット画面が開きます。 あとは自由にテキストを入力して、紙飛行機マークをタップすればメッセージの送信は完了です。 画面上にある相手のアイコンによって、LINEの「既読」と同じように相手がどこまで読んだかを確認できます。 アイコンより上のメッセージは読んでいること(既読)を示し、アイコンより下のメッセージはまだ読んでいないこと(未読)を示します。 ちなみに、アイコンが濃く表示されている時は、相手がハングアウトにログインしていることを表します。 テキストメッセージを受信する 初期設定では、招待を許可した相手としかメッセージのやりとりができないようになっています。 そのため、初めてやりとりする場合、相手がいくらメッセージを送っても届かないといったトラブルが起きかねません。 注意しましょう。 メッセージを受信するには、メニューボタン[ ]から[招待]をタップ。 メッセージの受信相手や内容を確認し、問題なければ[承認]を押しましょう。 これでメッセージが受信できます。 ステッカーを送信する ハングアウトの「ステッカー」とはLINEのスタンプのようなもので、チャット画面の入力欄にある四角い笑顔のマークから送れます。 LINEスタンプのように新たに購入はできませんが、アニメーションステッカーも含めて100種類以上が標準搭載されているので、コミュニケーションツールとして存分に活用できます。 画像や動画を送信する メッセージ入力欄の下のアイコンから、画像や動画を送ることもできます。 カメラマーク・ビデオマークでは、その場でカメラを起動させての写真や動画の撮影がおこなえます。 ライブラリから写真の選択をしたいときは、写真マークをタップしましょう。 スマホ本体のストレージに保存されているものはもちろん、Googleドライブなどクラウド上のファイルも簡単に呼び出せます。 送信したいものを選択して紙飛行機マークをタップすれば、動画や写真が送信されます。 なお、ファイルは一度に10個まで選択・送信可能です。 ハングアウトユーザー同士で音声通話・ビデオ通話をする(無料) ハングアウトユーザー同士で音声通話やビデオ通話がおこなえます。 電話回線ではなく、インターネット回線を利用するため通話料はかからず、24時間いつかけても実質無料。 ただしWi-Fiが利用できない環境では、当然スマホのモバイルデータ通信契約が必要です。 パケット通信費がかかるため、定額プランなどを利用していない場合は、電話をかける側も受ける側も注意しなければなりません。 チャット画面上部のアイコンをタップすれば、やりとりしている相手やグループ宛てに音声電話やビデオ通話をかけられます。 また、iOS版ハングアウトでは「連絡先」タブから任意の人物を選択すると、メニューに[音声通話][ビデオチャット]が表示されます。 ここをタップしてもOKです。 発信時は、それぞれ上のような画面が表示されます。 ビデオ通話の場合、コール中にインカメラで自分側の映像が表示されます。 カメラの角度などを確認しつつ、相手が応答するまで待ちましょう。 左:Android版 右:iOS版 相手からハングアウトの着信があった場合は、Android版とiOS版でそれぞれ上の画面が表示されます。 Android版は受話器マークを右にスライド、iOS版は通常の電話と同じようにスライドして応答します。 なお、Android版ハングアウトは、スマホの起動時に着信があるとバナー通知で知らされる仕様です。 通知から[応答する]をタップして通話を開始しましょう。 左:音声通話中の画面 右:ビデオ通話中の画面 音声通話(左)とビデオ通話(右)をしている最中の画面です。 ビデオチャットでは、メインに相手のカメラ映像が、サブに自分のカメラ映像が表示されます。 また、通話中に右上のメニューボタン[ ]をタップすると、他のユーザーを追加したグループ通話がおこなえます。 通話には最大10人まで参加可能です。 左:iOS版の通話タブ 右:Android版「ハングアウトダイヤル」アプリ ただし、電話番号を使った通話の場合、事前に「」から通話用の有料クレジットをチャージする必要があります。 1分あたりの通話料(USD)は、以下のサイトを参考にしてください。 PC(パソコン)でのハングアウトの使い方 同一のGoogleアカウントでログインすれば、異なるデバイス同士でも情報や設定が同期・共有されるのがGoogle製品の便利なところ。 Androidデバイス、iOSデバイス、ウェブブラウザと、どこからでもハングアウトの会話を継続できます。 PC(パソコン)でハングアウトを利用するには、様々な方法があります。 ここでは、いくつかの手段を簡単に紹介します。 Chromeウィンドウのアプリ一覧からハングアウトを起動 Chromeウィンドウを開き、アプリ一覧からハングアウトを選択。 すると、ハングアウト専用サイトにアクセスできます。 なお、スマホ版ハングアウトと同一アカウントでログインすれば、自動的に会話の履歴や連絡先などの情報が同期されます。 画面の配置がシンプルなので、基本操作はひと目で分かるでしょう。 [ビデオハングアウト]や[メッセージ]など任意のアイコンをクリックし、コミュニケーションを開始してください。 複数のチャット画面を同時に表示・操作できるなど、PC版ハングアウトならではの便利な使い方もできます。 ただし、[通話]アイコンでは、有料の通話クレジットが必要な電話番号宛ての通話しかおこなえないので注意が必要。 PC版ハングアウトには無料の音声通話のアイコンがないため、ビデオ通話を開始してカメラをオフにするといいでしょう。 PC版ハングアウトのビデオ通話には、同じ画面をリアルタイムで共有しながら通話ができる「画面シェア」機能が実装されています。 言葉では伝えにくい位置情報や動画などをリアルタイムで共有したり、テレビ会議中に資料を共有したりといった便利な使い方ができます。 利用には、画面右上のメニューボタン[ ]から[画面共有]をクリック。 共有する画面を選択して[共有]ボタンを押せば、画面の共有が開始されます。 Gmailからアクセスして使う Gmailの利用中にも、ハングアウトのチャット画面を開いたり、通話を始めることができます。 Googleにログインして、アプリ一覧からGmailを選択して開きます。 左側のメニュー下部にあるのが、ハングアウトのアイコンです。 左から[ハングアウトの連絡先][ハングアウトの会話][通話]と並んでいます。 新規で会話を始めるなら、[ハングアウトの連絡先]から任意の相手をクリックしてメッセージを送りましょう。 継続して会話をしたい場合は、[ハングアウトの会話]をクリックすればチャット画面のリストが開きます。 拡張機能版ハングアウトのアプリを使う Chromeウェブストアから、をダウンロードする方法もあります。 Chromeブラウザからいつでもハングアウトを起動できるので、より手軽に利用できます。

次の