デヴィ スカルノ 若い 頃。 デヴィ夫人 大統領夫人までの経歴は?若い頃が美人すぎ!

【大和撫子のシンデレラ婚】夜の蝶!?から大統領の第3夫人へ デヴィ・スカルノ

デヴィ スカルノ 若い 頃

もくじ• blog109. fc2. html インドネシアを創った人のファーストレディー デヴィ夫人さんですが、出身は旧東京市、現在の港区ですが、国籍はインドネシアです。 なぜインドネシア国籍なのでしょうか。 それはデヴィ夫人の過去にあります。 デヴィ夫人は、何とインドネシア初代大統領のスカルノさんのファーストレディーなのです。 現在、僕達はテレビのバラエティー番組でしか、デヴィ夫人を知りませんが、むしろ、そっちとしての姿が本当は大きいはずなのです。 html この方がスカルノ初代インドネシア大統領です。 officiallyjd. ですので、デヴィ夫人さんもインドネシアに帰ると、当然、元大統領のファーストレディーですので、VIP待遇なのは言うまでもありません。 本名はラトナ・サリ・デヴィ・スカルノさんと言います。 旧名は根本七保子さんと言います。 なので、本当はメッチャクチャすごい人では済まされない位の人なのです。 naver. 映画「青ヶ島の子供たち、女教師の記録」と言う、当時の新東映制作の映画で、無名だったそうですが、エキストラ女優をしていたそうです。 中学卒業後は定時制の高校に通い、元々、貧乏だった家庭を養うために保険会社に就職しますが、余りにも忙しいため諦めます。 そこで高校を途中で退学して、アルバイトを掛け持ちしながら、赤坂のクラブ「コパカーナ」でのホステスの仕事を始めました。 やがて19歳の時、当時日本との開発援助目的を受ける意味合いで、関係を重要視していたインドネシアに貿易会社の秘書として派遣されました。 そこで運命の人となる、スカルノさんと出会います。 スカルノさんはその美貌にたちまちひかれ、やがては愛人同士の関係に発展します。 そしてお互い愛を育んだのち、1962年、22歳の時に結婚、4人いる夫人のうち、スカルノさんの3番目の夫人となります。 4人と言うのは、スカルノさんはイスラム教徒で、イスラム教徒は重婚が認められているからです。 goo. が、若い頃からデヴィ夫人さんには、壮絶な過去が待ち受けていました。 その経歴からみた壮絶過去とは、 まず、結婚した時、実家にはマスコミが執拗な取材攻勢をかけてきました。 娘のいない東京の実家には年老いたお母様と弟さんが暮らしていました。 そんな無謀な心無い取材攻勢に、精神的に疲れ果て、お母様は異国の地の娘さんの晴れ姿をみることなく、自ら命を絶ちました。 そしてその2日後、弟さんも後を追うような感じで自ら命を絶たれました。 そのニュースを聞いたデヴィ夫人さんは大変ショックを受けたそうです。 そして弟さんの名前を宮殿につけたのです。 そして次の壮絶過去は3年後、1965年にやってきます。 1965年9月30日、インドネシアでは軍事クーデターが起きました。 スカルノさんは大統領の地位を追われたのです。 それに伴い、デヴィ夫人さんもその地位から追われることとなりました。 地位を追われたデヴィ夫人さんは、スカルノさんと離ればなれになり、スカルノさんは軟禁状態に置かれました。 やがてデヴィ夫人さんは、日本に亡命を希望しますが、断られました。 やむなくフランスに亡命をしますが、軟禁状態にあったスカルノさんは1970年亡くなりました。 スポンサードリンク 若い頃に運命的な人と出会い、一気にセレブ妻となりましたが、それと引き換えに壮絶過去が若い頃のデヴィ夫人さんには待ち構えていました。 インドネシアより大統領第3夫人としての遺産分与はありましたが、その後デヴィ夫人さんは、その華麗な容姿と、インドネシア大統領のファーストレディーと言う、肩書で世界中の社交界を駆け巡ります。 そして現在に至ったのです。 こんな華麗な経歴から見た壮絶過去を背負ってきたデヴィ夫人さんは、まさに「正真正銘のセレブ」なのです。 ですので、現在も世界中の政財界とのパイプをもっているのです。 葉に着せぬ発言と、俗世間からずれたキャラクターしか、僕達は知りませんが、本当はこんな方なのですね。 私わりと真面目にデヴィ夫人以上に波瀾万丈の人生を送る人類は、この先出ないし過去遡ってもいないと思う。

次の

デヴィ夫人の若い頃が美人!昔の写真やエピソードまとめ

デヴィ スカルノ 若い 頃

あなたの【売上アップ請負人】の カリスマ・営業コンサル=神城豊です。 朝日TV 「激レアさんを連れてきた」の デヴィ夫人バージョンを先日見て驚くと同時に 「トップ営業マン」になるヒントが満載されてるな、と感銘を受けたので、その内容と、あなたが 「営業トップ=一流ビジネスマン」になる「秘訣」をシェアしますね。 1.デヴィ夫人は幼い頃、超貧乏で〇〇で味噌汁を食べてたって! まず、驚いたのが デビ夫人って、幼い頃は生まれたのは 西麻布で イメージ通り「セレブ」だけど、実は 極貧で 「味噌汁の具」に「緑の菜葉」が入っているんだけど、なんとその正体が、近所に生えている【雑草】だった」 というのには、ビックリ仰天! だって デビ夫人と言えば マレーシアの初代大統領スカルノ夫人だったし、超セレブ、ってイメージだったから、わたしゃ、てっきり 「生まれも育ちも良くて、大金持ちのお嬢様」かと思ってたから・・・ ちなみに、デビ夫人の本名は根本 七保子(ねもと なおこ)で、お父さんの兵七郎さんは大工の棟梁で、お母さんは政子さんという純粋な日本人です。 これも、なんかイメージと違って、ちょっとビックリです。 2.極貧乏のデヴィ夫人の幼い頃の夢は? そんな、考えられないくらいの 「超貧乏」だったデヴィ夫人が、なぜスカルノ元大統領から熱烈なプロポーズを受け、その後も社交界の華になれたのか? その答えは 「貧乏の極み」だった幼い頃の 「デヴィ夫人」の【夢】と【成り切ること】 にあったんです。 極貧で「雑草」を食べていても、幼い頃から、 デヴィ夫人は「華々しい社交界」特に 【フランスの社交界】にデビューする、熱烈な【夢と憧れ】を持った少女だったんです。 今でも「小さい頃から、芸能界に入ることを【憧れ、夢見る】少女」はいるでしょう。 でも、 デヴィ夫人は、ここからが違いますね~~ 「フランス社交界」デビューを、ただ、ぼんやりと 白日夢の様に夢ていただけじゃなく 【フランス文学】を徹底的に読み、 社交界の「会話」を全て暗記しちゃう位の「熱の入れ方」で、今のあの、お上品な「喋り方」や「身のこなし」も小学校の頃から身についていたそうです! しかも海外の 社交界デビューするには 「英語」は必須と考え、英語を勉強し小学校6年の時にはEnglish、ペラペラだったそうです。 その英語を習得する方法も、机上で勉強するだけじゃなくなく「周囲にいる欧米人」に自分から積極的に話しかけて体得したというから、半端じゃないです。 そう、ただ頭の中で夢想していただけではなく、 デヴィ夫人は現実に 「フランス社交界の事を細かく、情熱的に書かれている文学」から「学び」自分が「そこで既に 華々しく踊りを踊り、貴族のステキな男性と恋に落ちているシーンをありありと思い描き、フランス社交界の華に 【成りきって】いたんですね。 おそらく当時の デヴィ夫人の 「セルフ・イメージ」は、完全に「仏社交界の華」だったんでしょう。 ここに、 超一流の「営業マン」(ビジネスマン)になる「秘訣」が隠されています。 3.スカルノ大統領との出会いとは?? デヴィ夫人が高校中退後、一流の外国人要人も来る赤坂の有名高級クラブ「コパカバーナ」に勤めだし、物凄い人気だったそうです。 普通は、「ハハアん、その店で『スカルノ元大統領』の目に留まり、結婚したんだな・・」と思いますが、これがまた「全然違うんです!」 なんと、街中で デヴィ夫人が友達と待ち合わせしてい所を、たまたまスカルノ元大統領に見染められたのが、キッカケだというから、驚きです。 4.デヴィ夫人がスカルノ元大統領を結婚出来た本当の理由とは? デヴィ夫人の当時の写真を見ると、たしかに「美しく、派手な顔立ち」でスタイルも抜群で目立ったのでしょう。 でもね、 デヴィ夫人が、街中でスカルノ大統領に「たまたま見染められた」のは、美人だったからだけじゃないですね。 幼いころから、超貧乏なのに「現実」に負けず(モノともせず)、社交界デビューを夢見て、現実世界でも、それを体現する様な「訓練」を 楽しく「成りきって」やっていたからこその 「品格」「品性」が身に付き、そうしたオーラを出せていたからこそ、スカルノ元大統領の目に留まったはずです。 つまり、幼い頃から「 フランス社交界に憧れ、 社交界の華になることを夢見、実際に フランス文学から知識を吸収し、 成りきれていた」からこそ、 スカルノ元大統領と結婚出来たんです。 だって、どんな美人でスタイルが良くても、ボロボロの服を着て髪の毛ボサボサで、自信なさげに下をうつむいてトボトボと歩いていたら「決して、大統領や大富豪から気に入られることはなかったでしょう」 更に驚くのが、当時スカルノ元大統領以外にも、2人の大富豪からデビ夫人は「求婚されていた」というから、オッたまげます。 しかも、一人はアメリカの大富豪で、デビ夫人が結婚してくれたら「アメリカの広大な農場」を丸ごとあげる、、とまで言われていたそうです。 もう一人はフィリピンの大富豪でこちらもスケールが違うレベルの方・・・ 5.クーデターでスカルノ元大統領失脚後も、仏社交界で復活出来た訳は? デビ夫人は、その後スカルノ元大統領の愛人を経て、ロマンチックなプロポーズの言葉を受け、スカルノの第三夫人になります。 東京ドーム3,4個分の超豪華な「宮殿」で生活しだしたデビ夫人が、当時凝りだしたことは「フランス語」の習得です。 それとスカルノ元大統領夫人として、世界中の政治家、有名人、著名人と交流を深めた人脈が自然と出来上がっていた。 デヴィ夫人、スカルノ大統領と結婚3年目の1965年、マレーシアの軍事クーデター(9月30日事件)でスハルト大統領が失脚し、命からがら脱出し、フランスに亡命した。 クーデターで大統領が、スカルノからスハルトに移りデビ夫人は、戦車など軍隊が宮殿を取り囲む中、裏の川から命からがら脱出し「フランス」に亡命したわけだが、ここでいよいよいよデビ夫人の 【幼少からの夢】=【フランス社交界へのデビュー】を華々しく実現させる辺りは、まるで「映画」の様な人生っすね。 なんたって、あのアランドロンとも浮名を流した(本人は付き合ってたと・・・)くらいですから!! でも、ここに、あなたが【トップ営業マン】=【一流のビジネスパーソン】になる秘訣が詰まってます! つまり 1)強い夢、憧れを持ち、その実現に向けて【今できること】を「将来の理想、憧れの自分」に【成りきって】やること。 (楽しみながら!) 2)命も危ない様な「逆境でも」その夢、憧れを持ち続け、必要なことをやり続けること。 3)今の自分に出来る「最高の人脈」を作り続けること。 自分の為に、役立ちそうなVIPや地位のある人に「取り入ったり」するのではなく「今の自分が会えるレベルの高い人」の役に立つことを誠心誠意やること。 良き友人のために「心配り」をすること。 が「人脈作り」です。 4)今は役立たなくとも、興味、関心があること(例えば英語、フランス語、中国語などの語学はいつ、何歳で勉強し、身に着けても得ばかりで損は無い。 )を習得する。 6.デヴィ夫人が一流営業マンを目指したら、何をするのか? デヴィ夫人が「一流の営業ウーマン」を目指したら、何をするのでしょうか? 言い換えれば、デビ夫人の生きざまから、あなたがトップ営業マンになるために「学び取れる」ところって何なのでしょうか? まずはじめに 1)世界一、トップクラスの営業パーソンを書籍やネット情報で、徹底的に研究し、気に入った実在の営業マンに【成りきる】でしょうね。 これ、実は NLP(神経言語プログラミング)を創設した天才(神経言語プログラミング) ミルトンが創り出し、提唱した【 モデリング】を、無意識に『忠実に再現』しているんです。 2)次に、(おそらく)自分が一番と思った 「一流の営業マン」に 【実際に会いに行く】でしょう。 そして、憧れんの一流営業マンと握手し、話し、彼(彼女)の一挙手一投足をじっくり観察し、 完全に「コピー」して自分のモノにするでしょう。 3)更に、一流の営業マンを目指すデビ夫人は、 自分が憧れるトップ営業マンに弟子入りするんじゃないでしょうか。 4)最後に、憧れたトップ営業マンのやり方と 「完全に同じ手法」で、 自分で実際に「営業」をやり、いずれは 「自分流の営業スタイル」を確立していくと思います。 でも、だったら、あなたの身近に「お手本になるような」営業マン、そう「あの人凄いな」、「あんな営業マンになれたらな」と思える営業マンを、社内やお客様の中に探すべきですね。 それもいないっていうなら「近所の商店のおばちゃん」だって、注意深く観察してると「良い営業してる」ことありますから、アンテナの感度を上げて 「お手本になる営業パーソン」を探し、「真似してみて下さい!」 必ず、あなたがトップ営業マンになる「役に立ちますよ!」 👉 👉 👉.

次の

〇〇の味噌汁を飲んでいた「デヴィ夫人」が社交界の華になれた秘密~あなたもコレで一流営業マンになれる!

デヴィ スカルノ 若い 頃

Contents• デヴィ夫人と旦那・スカルノは1962年に結婚 デヴィ夫人は、1962年にインドネシアの初代大統領スカルノ大統領と結婚し、日本人で唯一、海外の国家元首の妻となります。 当時スカルノ大統領は58歳、デヴィ夫人は19歳で、39歳差の超年の差婚でした。 華やかな人生を送ってきたかのように思えるデヴィ夫人ですが、若い頃は大変苦労をされていました。 デヴィ夫人の結婚によって、マスコミの執拗な取材により体調を崩していた母が亡くなり、更にその2日後、母の死に目に逢えなかった弟が、自宅アパートでガス自殺します。 デヴィ夫人はこれについて、「本当に私が一生、十字架を背負うくらい苦しんだ事ですね。 」と語っています。 スカルノ大統領について デヴィ夫人の結婚相手であるスカルノ大統領についてご紹介します。 スカルノ大統領は、オランダが長年植民地として支配していたジャワ島東部の都市スラバヤ生まれます。 スカルノ大統領の幼少期の画像になります。 オランダによる過酷な植民地政策に対する反発を感じていたスカルノ氏は、大学卒業とともに、本格的にオランダに対する反植民地運動を開始し、1927年7月4日には、宗主国のオランダ留学から帰国した同志らとともにインドネシア国民党を結成します。 その後スカルノさんは、インドネシアの独立と民族の統一を訴えるために、各地で積極的に集会を開催し、壇上での熱のこもった演説で聴衆を魅了し、「民族の指導者」として認められていきます。 また、日本を訪問して昭和天皇と面会するなど、日本との関係を強めていきます。 スカルノ大統領には何人か愛人がおり、第1夫人:ファトマワティ、第2夫人:ハルティニ、 第3夫人:デヴィ夫人など他にも多数いたみたいです。 第1夫人であるファトマワティ夫人の写真はこちらです。 スカルノ大統領にはいったい何人愛人がいたのでしょうかね。 デヴィ夫人と旦那・スカルノの馴れ初め インドネシアの大統領と結婚をしたデヴィ夫人ですが、いったいどのようにしてスカルノ大統領と知り合ったのでしょうか? お2人の馴れ初めについてご紹介します。 デヴィ夫人は16歳の頃、父親を亡くし大変苦労をされてきました。 若い頃は、弟を大学に行かせるために、赤坂の一流の高級クラブ「コパカバーナ」でホステスとして働いていました。 デヴィ夫人はその美貌と頭の良さで評判を呼んでおり、当時インドネシアと巨額のビジネス関係にあった貿易会社のメンバーがデヴィを見初め、スカルノ元大統領に引き合わせます。 当時の写真を見ても分かるように、若い頃のデヴィ夫人は本当に美人で、注目されるのは納得できます。 スカルノ大統領は、日本の歴史に詳しかったことや、お互いの貧しかった幼少時代を語り合ううちに、お二人はより親密になっていきます。 最初は愛人の一人にすぎなかったようですが、デヴィ夫人の真面目で勤勉な態度が認められ、スカルノ大統領の第三夫人となるのです。 旦那・スカルノのプロポーズの言葉 デヴィ夫人はスカルノ大統領から受けたプロポーズがとても素敵なのでご紹介します。 首都のジャカルタから専用のジェット機でバリ島の離宮に移動し、真っ赤な太陽が沈むのを眺めていた時、スカルノ大統領から、「私のインスピレーションとなり、力の源泉となって、私の人生の喜びとなってください。 」と、プロポーズされたのでした。 専用ジェット機から真っ赤な夕日が沈む中でこんなプロポーズを受けたら、どんな女性もいちころでしょうね。 デヴィ夫人は、このような美しい言葉は、これからの人生でもう聞くことはできないのではないか、と思うほど心を打たれたそうで、そして、この方に選ばれたのだから、決意を固め、当初2週間の滞在予定が、ずっとインドネシアにとどまることとなったのでした。 デヴィ夫人にとっては一大決心だったでしょうね。 結婚生活はわずか8年 インドネシアの宮殿で暮らしていた時は30人もお手伝いさんがいるなど、華やかな生活を送ってきました。 しかし、状況が二転三転した軍事クーデターで、スカルノ大統領が徐々に失脚します。 デヴィ夫人は25歳の時に長女かりなさんをもうけます。 ちなみにスカルノ大統領は他にも奥さんがいたので、スカルノ大統領にとっては8人目の子でした。 デヴィ夫人は、大変な運命にみまわれながらも無事に逃れ、日本で娘さんを出産後、フランスに亡命されました。 そんな折、1970年6月21日早朝にスカルノ元大統領は亡くなってしまいます。 死因については「腎虚」の病気だったと言われていますが、暗殺されたという情報もあり、はっきりした情報がありません。 インドネシアの大統領と結婚し、華やかな生活を送ってきたと思われたデヴィ夫人ですが、結婚生活はたったの8年間でした。 デヴィ夫人は当時のことについて「大統領夫人ではなくなったと感じたのは、飛行機を降りたときに、あの赤いじゅうたんがなかったこと。 今はもう慣れましたけどね」と語っています。 デヴィ夫人は日本の芸能界で、その華やかさと直截な発言で注目を集め、今でもさまざまなテレビ番組に出演しています。 現在80歳になられたデヴィ夫人ですが、これからも病気などせず、元気な姿を見せてほしいですね。 今後も活躍を期待しています。

次の