シロクロ 感想 8話。 シロクロパンダの4話ネタバレ考察!メールのコアラ男は?門田は論文のため?

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う』8話のあらすじと感想!

シロクロ 感想 8話

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 』7話 あらすじ レンとして生きていたリコ(清野菜名)は、眠っていたリコ自身の意識を取り戻す。 リコは、自分がパンダの姿をしている事情が理解できずに混乱。 直輝(横浜流星)はリコに、ミスパンダが生まれた経緯を話す。 すべてを知ったリコは、直輝を驚かせる反応を示す。 さらに、門田(山崎樹範)が殺されたと聞かされてショックを受けるリコ。 彼女にとって、門田は恩人だった。 リコは門田を殺した犯人を見つけてほしいと頼む。 直輝はリコの願いを聞き入れ、彼女に催眠をかけることに。 リコは再び眠りにつき、レンが戻った。 レンは直輝と別れた悲しみに耐え、囲碁に打ち込む。 直輝は、門田を殺した犯人を突き止めるため、門田の自宅に潜入。 門田の書斎には、激しく争った形跡があったが、犯人につながる手がかりは見つからない。 神代(要潤)は、8年前にあずさ(白石聖)がコアラのマスクをかぶった男に誘拐された事件について調べていた。 あずさは無事に発見されたものの、コアラ男は逃亡し、未だに逮捕されていない。 当時、捜査した刑事が哲也(田中圭)だった。 神代は、あずさの父である佐島(佐藤二朗)が、この未解決事件の闇に関わっているのではないかと推理する。 一方、リコは、ミスパンダとして直輝に呼び出される。 直輝は、門田を殺した犯人にたどり着いていた。 リコは直輝から「誰が犯人でも後悔しないね?」と告げられる。 それは、門田を殺した犯人をおびき寄せるために直輝が考えた作戦だった。 犯人の目的がレンとリコの記憶のすり替えに関する門田の論文だと推理した直輝は、論文のデータが診察室に残っていることを犯人に対して配信で伝えたのだった。 診察室で待っていた直輝とリコの前に現れたのは、麻衣子(山口紗弥加)だった。 麻衣子は春男(升毅)から、10年前の火事で生き残ったのはレンではなくリコだったと知らされた。 彼女は門田の家を訪ね、記憶をすり替えたリコをレンのままにしておいてほしいと懇願する。 しかし門田は、論文を発表した後にレンの記憶を消してリコに戻すつもりだと拒否。 リコは「本当に殺したの? お母さん…」と、パンダのマスクを取って麻衣子と向き合う。 麻衣子は、10年前の火事の真相を明かす。 10年前のキャンプで、麻衣子はリコだけを別のバンガローに泊め、リコが眠ったのを見計らって火を放った。 しかし、母がリコを殺そうとしていると知ったレンは、リコのバンガローまで助けに行っていた。 リコは麻衣子から虐待を受け続けた末、レンがいなくなれば自分が母に愛してもらえるに違いないと嫉妬していた。 レンとリコは、バンガローの中で火にまかれる。 レンは、リコを逃がして息絶える。 助け出されたリコは、レンを求める麻衣子に、レンではなくリコだと名乗ることができなかった。 麻衣子は、レンとリコへの思いを語り始める。 彼女は双子を身ごもった時、幸せも2倍になると思い、心から喜んだ。 しかし出産後、2人を同時に育てることに疲れ果てた麻衣子は「最初から1人だったらいいのに…」と精神がむしばまれていった。 麻衣子の告白に、リコは「お母さん、大丈夫だよ。 もういなくなるから」と告げる。 「さっさとあたしを消しちゃってくんない?」と言うリコに「俺はまだ、君と一緒にいたい」と伝える直輝。 リコは、消える前に直輝の復讐に協力することを受け入れ「その代わり、レンのことを幸せにしてあげて」と頼む。 コアラ男誘拐事件の犯人が哲也(田中圭)だというニュースが流れる。 自分がコアラ男だと告白する哲也の遺書が見つかったという。 一方、直輝は、衝撃を受けていた。 ytv. リコに戻ったレンは直輝をパンチ。 大激怒するリコだったが、門田(山崎樹範)が殺されたと聞いて、門田殺しの犯人を見つけるまでミスパンダは続けることになった。 門田を殺した犯人はレンリコの母(山口紗弥加)。 死んだのがレンだと知った山口紗弥加は、リコの人格をずっとレンのままにしていてほしいと門田に頼んだ。 しかし門田は論文の発表が終わったらレンの人格はリコに戻すと言う。 どうしてもレンの死を受け入れららない山口紗弥加は門田を殺害。 門田殺しの犯人がわかったミスパンダたちは、シロクロつけるために山口紗弥加を追い詰める! 「本当に殺したの? お母さん…」と素顔を晒すミスパンダ。 山口紗弥加は双子が生まれるとき嬉しかった。 しかし2人の子どもを同時に育てるとなると大変だ。 弱音を吐くと周りからは母親がだらしないせいだと怒られた。 自分が辛いのは双子が生まれたせいだと思った山口紗弥加はリコを虐待するようになった。 そしてあの日、キャンプで火事が起きた。 火を放ったのは山口紗弥加だった。 リコを殺そうとしたのだ。 全てを聞かされたミスパンダは「お母さん、大丈夫だよ。 もういなくなるから」という・・・。 山口紗弥加は自首して事件は一件落着。 自分を消して欲しいリコ。 しかし直輝は「俺はまだ、君と一緒にいたい」とリコを抱きしめる。 リコは直輝が復讐のためミスパンダを利用したいのだろうと思いながらも協力することを決める。 コアラ男誘拐事件の犯人が哲也(田中圭)だというニュースが流れる! 自分がコアラ男だと遺書に残していたようだ! 衝撃を受ける直輝!!! そして笑う佐藤二朗!!! スポンサードサーチ 『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 』7話 感想・レビュー この上なく毒親な山口紗弥加!!!!! この上なく黒い佐藤二朗!!!! 最初のころは楽しく見ていたんですけど、ミステリ要素を全く楽しめていません。 田中圭が犯人なのか?それともハメられただけなのか? 全く興味が沸かないwww 流星くんが慟哭しているところ悪いけど、上の空で見ていた。 まあ、きっと黒幕は佐藤二朗でしょう。 (テキトー) 田中圭はハメられたんだな。 山口紗弥加さん、クセのある演技をやらせたらめちゃくちゃ似合うよね。 しかし「ラジエーションハウス」みたいなサバサバ系も「モトカレマニア」みたいなフワフワ系も似合う。 ってことで回を追うごとに意味不明になっていく『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 』8話 あらすじ 8年前のあずさ(白石聖)誘拐事件の犯人・コアラ男が哲也(田中圭)と断定する報道に激しく動揺する直輝(横浜流星)。 その報道は、神代(要潤)によるスクープだった。 直輝は、なぜガセネタを流したのかと神代に詰め寄る。 すると神代は、佐島(佐藤二朗)から哲也がコアラ男である証言と証拠を得たと告げる。 神代は、哲也が犯行を告白している遺書の文面を写した写真を佐島から預かっていた。 直輝は佐島に「あなたが父を殺したんじゃないですか?」と迫る。 佐島は、自分でシロクロをつければいいと直輝を挑発。 直輝は「承知しました、ミスターノーコンプライアンス」と受けて立つのだった。 麻衣子(山口紗弥加)が門田(山崎樹範)を殺したという信じたくない事実に直面し、苦しむレン(清野菜名)。 彼女は、拘置所で麻衣子と対面。 なぜ門田を殺したのかと尋ねようとすると「レンなの!?リコなの!?」と麻衣子に問われ、レンは戸惑う。 麻衣子はレンに、今すぐ直輝を殺すようにと言う。 直輝は、哲也が遺したUSBの中の動画を見返していた。 その中の1つにパスワードでロックのかかった動画があった。 直輝は心当たりのある文字と数字をパスワードとして入力してみるが、動画は開かない。 直輝は、そこに重要な証拠が隠されていると考え、パスワードを探すことに。 あずさは、直輝が自分に近付いたのは父を殺した犯人を突き止めるためだったのではないかと疑惑を抱く。 彼女は、本当のことを確かめるために直輝を呼び出す。 直輝は、あずさに、近付いたのは利用するためだったと言い切り、父を殺した犯人として佐島を追い詰めるつもりだと告げる。 父の汚名を晴らし、佐島が犯人だという証拠を見つけようと命がけで奔走する直輝。 一方、レンは、麻衣子の言葉に苦悩を深めていた。 そんな中、レンの前に直輝が現れる…。 ytv.

次の

シロクロパンダ面白い面白くない?感想・評判・評価!つまらないなどの声まとめ|drama papillon

シロクロ 感想 8話

「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。 」第9話のあらすじ 公式に発表されている第9話のあらすじはこちら。 佐島(佐藤二朗)は、8年前のコアラ男誘拐事件は自作自演で、哲也(田中圭)を殺したのも自分だと告白する映像を残していた。 その映像が報道され、哲也の無実が明らかになったはずだった。 直輝(横浜流星)は神代(要潤)から「復讐が終わったらミスパンダの正体を教えてくれる約束だろ?」と言われる。 神代に対して「まだ終わってないです」と答える直輝。 彼は、佐島が何かを隠そうとしていたことを見抜いていた。 佐島が自分の命と引き換えにしてまで隠したかったこととは、一体何なのか? 直輝には、まだ解かなければならない大きな謎があった。 そんな中、直輝は、ビデオチャットの着信を受ける。 連絡してきたのは、コアラ男だった。 直輝は、コアラ男がレンに銃を突き付けている映像を見せられる。 コアラ男がレンを監禁している場所は、8年前にあずさ(白石聖)が監禁された場所で、8年前の事件と同じ状況になっていた。 直輝はレンを救うため、あずさに手掛かりを聞きに行く。 命の危険にさらされ、恐怖に震えるレン。 彼女は、コアラ男に「どうしてこんなことをするんですか!?」と訴える。 すると、コアラ男は「森島直輝を恨むんだな」と告げる。 直輝は、あずさとともに、8年前にあずさが監禁された廃屋へ向かった。 こちらの記事で、コアラ男の正体を予想しています。 スポンサーリンク 「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。 」第9話のネタバレ! レンは、コアラ男に連れ去られてしまいました。 一方直輝は、父が遺したUSBに入っている3つ目の動画を見ることができました。 そこには、父からのメッセージが。 「この動画を見ている頃には、俺はこの世にいないかもしれない。 俺になにかあったら、このUSBを渡してくれ。 何があっても、復讐はしないでくれ。 」という内容でした。 直輝と神代 ミスパンダにも以前「復讐なんかよりもっと楽しいことしたら?」と言われたことを思い出しました。 すると、神代が話しかけてきました。 神代は直輝に謝りました。 佐島は、直輝をおびき寄せるために、神代に嘘の情報(直輝の父がコアラ男であるという遺書)を渡したのでした。 神代は、人が隠す本性を知りたいのだと直輝に話しました。 「復讐が終わったのだろう」と聞く神代に対し、直輝は「まだ終わっていない」と答えました。 直輝は、父を殺した犯人は佐島ではないと考えていました。 佐島はまだ何かを隠していると。 コアラ男の脅し!レンを誘拐 すると、直輝のスマホに動画が届きます。 そこには縛られてコアラ男に銃を突きつけられているレンが写っていました。 それは、あずさの誘拐事件とそっくりでした。 コアラ男は、直輝にここに来るよう伝えました。 60分後に、ボーガンの矢が放たれて、レンが死んでしまう仕掛けが。 直輝は部屋を飛び出しました。 レンはコアラ男に「私は何かしましたか?」と尋ねると、コアラ男は「恨むなら森島直輝を恨むんだ」と答えました。 スポンサーリンク 囲碁喫茶GOBANにて 加賀(夫)は、ミスパンダの動画を見ていました。 加賀夫婦はレンのことを心配しています。 レンが直輝と付き合いがあることに不安を覚えていました。 あずさに会う直輝 あずさは直輝に会って早々、直輝に謝りました。 直輝はコアラ男がまた現れたとあずさに伝えます。 直輝はあずさから、8年前の監禁場所を聞き出しました。 佐島(ミスターノーコンプライアンス)は、病院で意識不明の状態。 点滴の治療を受けていました。 叱られる神代 神代は、「直輝の父がコアラ男だった」という誤報道のせいで、仕事をさせてもらえないでいました。 それでもめげずにこれからすることを考えます。 監禁現場に来た直輝とあずさ 直輝が廃屋のドアを開けると、カウントは残り1秒。 ボーガンの矢が放たれてしまいました。 矢が放たれた先にいたのは、レンそっくりの人形。 コアラ男もレンもそこにはいませんでした。 再び、直輝のスマホに連絡が来ます。 コアラ男とレンは、直輝の部屋にいました。 直輝のパンダのぬいぐるみをコアラ男は、何度も踏みつぶします。 あと30分で来るように、コアラ男が言いました。 レンは「直輝さん、来ないで」と言うと、コアラ男はレンを平手打ちしました。 あずさも直輝を止めようとしますが、直輝は「これは俺の問題」と言って、聞き入れようとはしませんでした。 レンは、コアラ男に「私はミスパンダだから強いんです」と打ち明けます。 しかし、直輝がいないと変身できないため、コアラ男に一蹴されてしまいました。 スポンサーリンク 加賀(妻)が麻衣子の面会に 加賀(妻)は、麻衣子の面会に行きました。 レンもリコも麻衣子の子供じゃないかと説得します。 あずさが誘拐される・佐島も失踪 直輝と離れている隙に、あずさがコアラ男に誘拐されてしまいました。 直輝が自分の部屋に着くと、再びコアラ男とレンはいなくなっていました。 壁には「お前の大切な人皆殺し」と書かれています。 すると、またコアラ男から連絡が来ました。 これが最後だと言って、直輝に居場所を教えました。 直輝は、パンダのぬいぐるみに「行ってくる」と言い、急いで向かいました。 佐島は、病院の屋上から飛び降りようとしていました。 レンとあずさが監禁される レンがコアラ男に辞めてほしいと話すと、コアラ男はなんでそんなに守ろうとするんだと逆上しました。 すると、たくさんのコアラ男が現れて、あずさを連れてきました。 レンとあずさは、イスに座らせられて、縛られてしまいました。 そこへ直輝が登場します。 コアラ男は、「どちらか一人を殺す。 お前が選べ」と直輝に迫ります。 コアラ男が5、4、3、2、1とカウントします。 あずさがコアラ男に「あんたになんて負けない!この卑怯者!」というと、あずさはコアラ男に撃たれてしまいました。 すると、コアラ男は次は「こいつとお前を選べ」と言います。 直輝は「レン」と答えました。 コアラ男は、レンに向けて銃を突きつけます。 すかさず直輝が、「またパンケーキ食べに行こう」と言いました。 直輝が持っていた液体を床に垂らすと、レンからリコの人格が現れました。 リコと直輝がコアラ男たちと戦った末、コアラ男を捕えました。 コアラの仮面を取ると、佐島一郎でした。 しかし、真の黒幕はあずさでした。 レンが直輝に近づくことが許せずに、兄の一郎を利用して、レンを誘拐したのでした。 8年前の誘拐事件は、あずさの自作自演。 直輝の父を殺したのは、佐島一郎でした。 8年前のコアラ男誘拐事件の真相 母もいなくて、父も帰りが遅いあずさは、誘拐事件を起こそうと考え、兄の一郎に誘拐するよう頼みました。 動画を作ったのもあずさと一郎。 父・佐島源造に身代金を要求しようと安易に考えていました。 すると、佐島源造が土下座した姿が報道されたため、思っていたよりも大事になってしまいました。 困ったあずさは、演技をして近隣の家に駆け込み、父・佐島源造と感動の再会をしました。 世間にちやほやされたあずさは満足していました。 しかし、直輝の父・森島哲也が事件の真相に気付いてしまいました。 森島哲也は「政治家の好感度を上げるために子供たちを利用しただろう」と佐島に詰め寄りました。 でも、実のところ、佐島は何も知らなかったのです。 あずさと一郎の確認をして、二人のいたずらだったということを知り、愕然としました。 佐島源造は、失墜することを覚悟して、謝罪会見を開こうと心に決めました。 そして、ミスターパンダ(森島哲也)に再び会い、そのことを話しました。 子供たちのことを守るために、すべてを背負おうと考えたのです。 すると、ミスターパンダは、パンダの被り物を取り、素顔で「明日必ず謝罪してくださいね」と言いました。 佐島源造は、「約束します」と答えました。 後ろから「約束なんかできないよ!!」という声が。 なんと佐島一郎が銃で森島哲也を撃ってしまいました。 あずさが佐島一郎にお願いしてそうさせたのです。 佐島は、森島直輝が目の前に来た時、「ついに裁きを受ける時がきた」と思いました。 でも、佐島は子供たちのことはどうしても守りたかった。 だから、佐島が一人で自作自演をしたと思わせるために、偽装したのだと言います。 スポンサーリンク 「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。 」第9話の視聴率 第9話終了後に更新します。 「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。 」第9話の感想 えぇぇぇ今回はやばすぎた… まず流星くんの演技ほんとすごすぎ。 泣いたシーンからあずさ刺しにいくまでの目の演技はほんとすごかった…どんどん演技うまなってる… そして最後に直樹をかばったリコ。 お子の行事とか約束守れない時あるんだねっ。 ノーコンプライアンスに教えられたっ。 ミスしてもしゃーないよねっ。 許してあげよっ人間だもの…。 これ来週最終回? もうどうなるの。 直輝辛すぎるやん 😭 にしても流星くんのお芝居に息を飲んだよ。 見入っててツイどころじやなかった。 第9話の最後で、リコが刺されて倒れてしまいました。 リコは死んではいない!!と予想します。 刺されたショックで、レンの人格が消えてしまうのではないかなと思います。 次週も楽しみですね! さいごに 「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。 」を見たい場合は、 で見られます。 2週間無料サービスでお得にみられます! 「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。 」のチェーンストーリーは、で見られます。 「シロクロパンダ」関連記事.

次の

『シロクロパンダ 』ネタバレ第9話のあらすじと考察!!コアラ男の正体が発覚!!真の黒幕がまさかの!!

シロクロ 感想 8話

最新の配信状況はHuluサイトにてご確認ください。 レンが言います。 子供のころを思い出して門田先生とのやり取りを思い出します。 そしてミスパンダのことや飼育員さんとの記憶もあいまいでした。 そして、自分がリコに戻ってしまったことに困惑してしまいます。 リコはもう一度レンに戻りたいと飼育員さんにお願いしました。 そして、飼育員さんの催眠術によってまたリコはレンに戻ることが出来たのです。 そして神代さんが自分の後輩のあずさちゃんの子供のころの事件について、探っていました。 そして、あずさのお父さんの大臣にアポなしで会いに行きました。 そしてコアラ男について聞きたいといいます。 レンは囲碁の試合にきていました。 しかしそんな時にミスパンダに変えられてしまいました。 ミスパンダの格好をしたのはリコではなくレンだったのです。 そしてミスパンダの格好のことを激しく嫌がるのでした。 でも門田先生を殺した犯人をどうしても捕まえたいリコは、いやいやながらミスパンダを演じます。 そして、リコと飼育員さんは門田先生を殺した人をおびき出すことにするのです。 するとやってきたのは、レンのお母さんでした。 お母さんはカフェのオーナーから真実を聞いてしまったのです。 レンは本当はリコだったということを知ってしまいました。 それを聞いてお母さんは激しく動揺してしまいました。 レンとリコの論文を発表されるのはどうしても許せないというお母さん。 そして門田先生に話をつけに行きます。 そして土下座をするのでした。 しかし、門田先生は取り合ってはくれなかったので、お母さんは門田先生を刺してしまったのです。 さらには、レンを殺したのもお母さんだったのです。 お母さんはリコを殺そうとたくらんでいたのでした。 そしてリコを殺そうとして、間違えて大好きだったレンを殺してしまったのでした。 レンはリコを守って死んでいってしまったのです。 そんなリコに、あんたのせいでレンが死んだとリコに対して激しく罵倒したのでした。 あんなにまっすぐに君が必要だなんて言われたら、断れずにはいられないですよね。 そんな飼育員さんにレンを幸せにしてほしいとお願いするリコは、どこまで行っても優しい子だなと感動しました。 リコはレンのことが大好きで仕方ないんですね。 兄弟愛が見られて素敵な回でした。 お母さんももっと二人を大切にしてくれればよかったのにと思ってしまいました。 レンとリコの母親がひどすぎる! レンとリコのお母さんがすごく気になりました。 今までもいろいろおかしな点はたくさんあって、病院にも入院していたしおかしいのはわかっていたんですけど、まさか人を殺すところまで行っていたとは驚きでした。 子育てが大変で双子を育てるのに苦労したということはもちろん理解できるのですが、どうしてあそこまでおかしくなってしまったのでしょう。 さらには自分の大切なはずの娘まで殺してしまっていたなんて… 全然理解できない人物だなと思いました。 白黒パンダ考察8話の展開予想 第8話予告動画 コアラ男の正体を記者が梓の父親に問い詰めに行っていました。 さらにはレンとリコのお母さんも、誰かに何か依頼している様子で意味深でした。 飼育員さんは、レンにパンケーキを見せてミスパンダに変身させようとしていました。 殺人以来のような感じもしましたが、レンとリコのお母さんが依頼できるような人物となるとかなり限られてきてしまいます。 まさかレンじゃないよねと心配ですが、カフェのオーナーの夫婦もレンとリコのお母さんとはした使用だったのでもしかしたら、その二人の可能性もあるかなとも思います。 さらに、レンと飼育員さんが結局別れてしまうのかも気になるし楽しみです。

次の