宅 建 業法。 【宅建業法の『事務所』の概念(定義・解釈)】

宅建業者・取引士が宅建業法に違反した場合の罰則

宅 建 業法

目次一覧• 宅建業法2条2号 宅地建物取引業とは ~宅建業法2条2号~ 宅地若しくは建物(建物の一部を含む。 以下同じ。 )の売買若しくは交換又は宅地若しくは建物の売買、交換若しくは貸借の代理若しくは媒介をする行為で業として行うものをいう。 宅建業法2条2号 解説 流れにそってお読みください。 宅地建物取引業(宅建業)に該当する行為を行う場合には、宅地建物取引業の免許を受ける必要があるなど宅建業法のルールが適用されます。 逆に、宅地建物取引業(宅建業)に該当しない行為を行うときには、宅建業法のルールが適用されません。 ここで、「宅地とは何か?」「建物とは何か?」「取引とは何か?」「業とは何か?」を知る必要があります。 なお、居住用に限定されるということではなく、事務所などの非居住用であっても建物となります。 なお、マンションの一室、例えば、205号室なども建物となります。 「自ら」とは 例えば、Aさんが、自分の建物を売りたいなあ!貸したいなあ!と思って、自ら売主・貸主として、買主さんや借主さんを探してきて、売買契約や賃貸借契約等を締結していくことです。 なお、自ら貸借(転貸借や使用貸借も含みます)、例えば、Aさんが、自分の建物を貸したいなあ!と思って、自ら貸主として、借主さんを探してき、契約を締結したとしても、Aさんの行為は、宅建業法上の取引に該当しない、つまり、宅建業法のルールは適用されません。 ですので、免許も不要ですし、重要事項の説明も不要となります。 ここが、ひっかけ問題として本試験で出題されていますので、注意が必要です。 「代理」とは 例えば、Aさんが、自分の建物を貸したいなあ!と思って、Bさんに、「私の建物を貸してください!」という代理権を与えます。 Bさんは、借主さんを探してきて、契約を締結します。 Bさんの行為は、貸借の代理となり、宅建業法上の取引に該当します。 「媒介とは」 例えば、Aさんが、自分の建物を貸したいなあ!と思って、Bさんに、媒介の依頼をしたとします。 Bさんは、借主さんを探してきますが、最終的に、借主さんを決定し契約を締結していくのは、Bさんではなく、Aさんとなります。 Bさんの行為は、貸借の媒介となり、宅建業法上の取引に該当します。 逆に、特定の者、例えば、自社の従業員だけを対象にしている場合には、「不特定多数の者を相手方」という要件を満たしませんので、宅地建物取引業に該当しません。 また、一回限りの行為、例えば、自分が住んでいる家を売却する場合には、「反復・継続」という要件を満たしませんので、宅地建物取引業に該当しません。 しかし、1回の販売行為として行われるものであっても、区画割りして行う宅地の販売等複数の者に対して行われるものは反復継続的な取引に該当します。 少し、細かい部分も紹介しましたが、本試験では、細かい部分も出題されていますので、問題集に掲載している問題を何度も解いてください。 繰り返し解いて頂ければ、本試験問題に対応することができます。 そして、知識が定着するまで、必ず、復習を怠らないでください。 復習を怠りますと、必ず、忘れます。 繰り返しますが、復習を怠らないでください。 その他の論点の解説に関しましては、教材購入者専用ページ内にあります復習まとめ集ポイント解説ページをご利用ください。 復習まとめ集に記載している重要論点の意味合いを知る(理解する)ために、 テキスト完成版と復習まとめ集ポイント解説を使います。 【OUTPUT】 復習まとめ集を、覚えているのかどうか?使えるようになっているのかどうか?を確かめるために、 一問一答問題集 基本問題 と四肢択一問題集 応用問題 を使います。 本試験までずっとです。 復習に使う教材は、復習まとめ集です。 1週間に1回くらいは、問題集等で問題を解いてください。 なお、理解すべき論点については、 テキスト完成版、復習まとめ集ポイント解説、動画解説などで解説しています。

次の

目指せ満点!かんたん宅建業法

宅 建 業法

1 宅建業法の『事務所』の概念(定義・解釈) 宅建業法では『事務所』という概念(用語)があります。 ある施設が『事務所』に該当すると,その場所(施設)には, 専任宅地建物取引士を設置する義務が生じるなど,多くの規制を受けることになります。 これだけを見ると当たり前のように思えます。 しかし,現在,テクノロジーが進化して,仲介サービスは大きく多様化しつつあります。 新しいサービスが出てくる中で,古い『事務所』の概念との抵触が問題となることも実際によくあります。 そこで,本記事では,解釈自体は古くて面白くないのですが,『事務所』の定義や概念の解釈について説明します。 2 宅建業法の『事務所』の意味に関する条文 『事務所』の解釈のスタートは宅建業法の条文です。 定義そのものではないのですが,実質的に『事務所』の定義が書かれています。 2号事務所の規定はちょっと単純に判断できない内容(基準)が書かれています。 これらについては,国交省の通達に解釈が示されています。 『解釈・運用の考え方』という通達です。 まるで法令のように扱われています。 民主主義とか三権分立の統治システムからは問題がありますが,本記事ではこれには触れません。 5 1号事務所の解釈 『解釈・運用の考え方』という通達では,1号事務所の解釈が示されています。 6 2号事務所の継続的業務可能の解釈と具体例 2号事務所の主要な要件は2つあります(前記)。 この片方だけでも該当しないならば,2号事務所には該当しないことになります。 2つの要件について,解釈・運用の考え方には解釈が示されています。 また,具体例として文献による見解を紹介します。 まず,主要な要件の1つである継続的な業務が可能という要件についてまとめます。 契約締結権限のある者という意味について,解釈と具体例を紹介します。 これを前提にすると,例えば,登記上の本店・支店ではない 無人の施設は1号事務所にも2号事務所にも該当しません。 ATMのスペースのような施設でオンラインで会話できるリモート拠点が,宅建主任士なしで設置できるように思えます。 しかし,落とし穴もあります。 宅建業法では,『事務所』に該当しない施設でも,専任の宅建主任士の設置が必要なこともあるのです。 もちろん,設定次第では, 事務所以外の場所への宅建主任士設置義務を回避するということもあり得ます。 なお,資格・許認可の規制がある業種では 拠点の設置について似たようなルールがあります。 業種(業法)によって規定や解釈に違いがあります。 しかし,共通するところもあり,相互に解釈の参考として役立ちます。

次の

宅建業者による「自ら貸借」

宅 建 業法

宅建士の責務(宅建業法15条) 宅建士の事務(仕事)は不動産という高額なものを扱っていることから、その行動には強い規律が求められています。 そういった責務とも言えるものが宅建業法15条に次のように定められています。 *上記は条文を要約したものです。 書かれていることはとても単純なことなのですが、一部覚えづらいところもあります。 全体に条文としてみれば、それなりの長さとなりますが上記のように要約して考えれば比較的覚えやすくなります。 宅建士の責務(宅建業法15条)の覚え方は? 『宅建士、 神秘(信用又は品位)の 知能(知識及び能力)を 連携して更生(宅建業関連の従事者との連携・公正かつ誠実)。 』 以上で、宅建士の責務(宅建業法15条)を覚えてしまいましょう。 条文を要約するだけでもかなり覚えやすくなりますが、語呂にすることで更に簡単に全体像を掴むことが出来ます。 宅建士の責務(宅建業法15条)は? 〇の中を埋めましょう。 sibakiyo.

次の