アゲイン ドラマ wanima。 WANIMA アゲイン 歌詞&動画視聴

アゲイン / WANIMA

アゲイン ドラマ wanima

・高畑充希 ・西島秀俊 ・西田尚美 ・竜星 涼 ・木村 了 ・戸田昌宏 ・小日向文世 ・野口五郎 ・角野卓造 ・近藤正臣 ほか WANIMA KENTAからのメッセージ 主題歌を任せて頂きありがとうございます。 純粋にうれしかったです。 3人で何度も試してはやり直し辿り着いた一曲です。 沢山の方々に届くことを願っております。 「アゲイン」開催します!! プロデューサーのコメント 新たな名曲が誕生したと言っても過言ではないくらい、素晴らしい楽曲をWANIMAさんが作ってくださいました。 この曲を聴くと、たちまちテンションが上がってくる、元気が沸いてくる、そんな曲です。 「このままでは終わりたくない」という、このドラマのテーマをストレートにド真ん中に据えて、ひよりとおじさまたちがこれから一緒になって向かっていくドラマのうねりをさらに盛り上げてくれる曲であると確信しました。 一度聞くと頭から離れなくなる直球なメロディと、魂溢れる歌が、ドラマと共に視聴者の皆様の心をガッツリ掴んでくれること、間違いなしです! リリース日はいつ? 気になるアゲインのリリース日ですが、2019年3月6日に発売されるシングル「 Good Job!! 」 読み:グッジョブ!! )に収録されることが発表されました。 アゲインの他、• 渚の泡沫• ANSWER• JOY アコースティックver 初回限定版のみ も収録されています。

次の

WANIMA アゲイン 歌詞

アゲイン ドラマ wanima

この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2014年6月)() 3年間の高校生活を友達も出来ず部活にも入らず自堕落に生きてきた主人公、今村金一郎は、卒業式の日に階段から転がり落ちてしまい、3年前の入学式の日にタイムスリップしてしまう。 そこで待っていたのは、かつて同じ様に自分に声を掛けてきた女子の応援団長、宇佐美。 金一郎の2回目の高校生活はこうして幕を開けたのだった。 登場人物 [ ] 埼玉県立加保須南高校 [ ] 応援団 [ ] 今村 金一郎(いまむら きんいちろう) 本作の主人公。 金髪に眉無し という一見すると不良のような風貌で、中学までは東京にいたため、埼玉にある「加保須南高校」では顔馴染みは一人もいなかった。 アゲイン前の高校生活は卑屈になり、髪も伸ばし放題でさらにその風貌に磨きをかけてしまい、友達が一人もいなかった。 アゲイン後もややネガティヴ思考が目立つが、高校時代を一度孤独に過ごしてきたことや2度のアゲインの経験から、次第にメンタル面は強くなってきている。 しかし、悪いことを自分のせいにされることには、なお恐怖心を抱いている。 卒業式の日にアキを追い、階段から転落しタイムスリップしてしまった。 アゲイン後は紆余曲折があり、応援団に入部する。 精神年齢は自分のほうが上であるという理由から、宇佐美たち先輩に対してタメ口で接する(アキも同様)。 応援合宿を経て、団員たちがまとまり始めた矢先、再び階段から転落し、アゲイン後の世界から一度、アゲイン前の世界に戻る。 しかし、そこで宇佐美が退学した事実を知り、実際に変わり果てた宇佐美に遭遇した際手を滑らせ、窓から地面へと転落、再びアゲイン後の世界へ戻る。 宇佐美、ひいては応援団のため、アゲイン後の世界を変えようと決意する。 おばあちゃんっ子。 アゲイン後の世界では何かと他生徒から注目を浴びるようになり、女生徒からモテるようになる。 宇佐美 良子(うさみ よしこ) 本作のヒロイン。 応援団長。 黒髪に太眉で、今村とは正反対の印象。 今村によると「黙ってりゃかわいい」。 テレビの取材によると普段は無口で、成績は優秀。 典型的な古風で硬派な応援団のスタイルを貫いている。 時代遅れと言われても自分のスタイルを変えられずにいたが、今村の影響によりそのスタイルを変えようと努力する。 アゲインによる改変前は、かぼ国との野球定期戦において自信を喪失してしまい、学校を自主退学する。 その事実を知った今村により「アゲイン前の自分のその後」を知らされる。 困惑しながらも自らも改変しようと定期戦に挑む。 キャラクターの造形のモデルは女優の。 作者の久保は本作の第1話を描く時に、早見の写真を原稿用紙の横に並べ、また仕事場にポスターを貼るなどして執筆を行った。 一方の早見もこの作品を見たときに、宇佐美が自身に似ているな、と感じたと言う。 後述するテレビドラマ版では他ならぬ早見あかりが、宇佐美役を務めている。 菅 楽喜(すが らっきー) リーダー長。 通称「 スガラッキー」。 色黒に濃い顔が特徴。 声が大きく、上下関係に厳しい典型的な。 以前から空手部と応援団の掛け持ちをしていたが、応援団活動停止後は空手部一筋であった。 柴田の色仕掛けに対しても「ブス」と一蹴するなど、女性に対しても容赦ない。 それ故に応援団に宇佐美という「女」がいることが気に入らない様子。 しかしもともと応援団には熱心であり、演舞に空手の型を組み込むべきだと提案するなど、話し合いには積極的に加わる。 ちなみに、実家は「スガスガ団子本舗」という団子屋を営んでいる。 岡本 雅紀(おかもと まさき) 副団長。 通称「 オカ」。 そばかすがトレードマーク。 今村によると「が高い」。 そのため交友関係が広く、他人の懐に入るのがうまい。 他校の情報収集を得意としており、野球部の定期戦の戦力比較も行った。 応援団に対する情熱は宇佐美や菅達に比べると高くなく、本人もそれを自覚しているが、応援自体は真剣に取り組む。 大隈 達彦(おおくま たつひこ) 鼓手。 通称「 チャンクマ」。 普段は黒縁メガネをかけているが、太鼓を叩く際には外す。 宇佐美に対して好意を持っており、すぐにや、ひどい時には服を脱がせようとするなど、セクハラやストーカー同然の行為を宇佐美に行い、そのたびに殴られたり蹴られたりしている。 宇佐美がテレビ出演し、それを誹謗中傷され落ち込んでいる時、宇佐美に抱きつき川に落とされ全治3カ月の骨折をする。 これが原因で応援団は活動停止に追い込まれた。 人を怒らせてしまう言動をするため、土下座をすることが常となっている。 アゲイン前も有名で「土下座の達人」とも呼ばれていた。 のため、英語と日本語(語尾がカタカナになる)のバイリンガルだが、宇佐美に殴られたり宇佐美がほかの男性(ほとんどが金一郎)と親密であると誤解したときなどには、「ファック」「ビッチ」などの口汚い英語をブツブツとしゃべり出す。 北島(きたじま) 応援団の顧問で、生活指導担当の教師。 一見厳しそうだが頭ごなしに叱るタイプではなく、応援団の記録写真を撮ったり差し入れをするなど、応援団を常に気にかけているよき理解・協力者。 俵(たわら) 応援団が野球部の定期戦で応援する姿を見て入団した男子生徒。 アゲイン以前の流れでは演劇部に入部していた。 ミュージカルの子役出身である。 生きたいミュージカルでは金一郎に代わり主役を務めた。 練習風景を動画サイトに流す、ミュージカル映像を中継するパソコンやネットを通じての宣伝活動を行う。 応援団長を決める「かぼすシティマラソンでの応援勝負」では、割り切って応援することを言い切るなど、子役時代の経験からドライな面を見せる。 高梨(たかなし) 応援団が野球部の定期戦で応援する姿を見て入団した女子生徒。 日野峠中学校演劇部出身。 アゲイン以前の流れでは演劇部に入部していた。 文化祭後は演劇部に正式入部した。 椿ヶ丘(つばきがおか) 応援団が野球部の定期戦で応援する姿を見て入団した女子生徒。 高梨とおなじ日野峠中学校演劇部出身。 アゲイン以前の流れでは演劇部に入部していた。 文化祭後は演劇部に正式入部した。 応援団に関わる生徒 [ ] 藤枝 暁(ふじえだ あきら) もう一人のヒロイン。 通称「アキ」。 物語の元凶とも言え、今村と応援団部室前で遭遇し、被害妄想による早合点により階段から転落、今村と共に3年前にタイムスリップすることになる。 当初アゲインを楽しもうとしたが、未来を知っているために周りから見るとズレた発言をしてしまい、孤立気味になって嫌悪されるようになる。 周囲の環境は今村と逆転することになる。 柴田 麗緒(しばた れお) 通称「レオ」。 勉強一筋であったが、高校入学後違うことをしてみたいと思いチア部に入部する。 アゲイン前では女子では学年トップの成績を誇り、今村によると「スゲーいい大学」に合格した。 安倍により今村にを試みるように言われるが、今村のアゲイン前の卑屈さによって創り上げられた猜疑心により頓挫する。 その後、安倍のあまりにも卑劣なやり方に怒り、チア部と縁を切り今村に協力することを決意する。 今村に好意を抱き、アプローチを仕掛けるが…。 安倍 珠貴(あべ たまき) チアリーダー部の部長。 通称「アベタマ」。 基本的にはで通しているが、応援団潰しを計画したり、女子への免疫力が低いと睨んだ今村へのハニートラップを後輩へ指示するなど、腹黒い。 アゲイン前は後に応援団を乗っ取ることになる。 チア部と応援団の合同応援練習の取りまとめの「応援総指揮」を、事実上成り立っていない応援団の団長である宇佐美に任されているのが気に入らないらしく、宇佐美への妨害を目論む。 また、1年の合宿時に宇佐美によりチア部が一時活動停止にさせられたこともあり、元から応援団とチア部は不仲である。 鈴木(すずき) 今村のクラスメート。 下の名前は「和史」。 野球部に所属しており、ポジションは投手。 1年生ながら定期戦で先発を任されるほどの実力を備えているが、非常にメンタルが弱い。 マネージャーで幼なじみの美根子に想いを寄せており、告白するものの振られてしまう。 アゲイン前ではその後、膝の怪我を理由に退部し、美根子への未練を残したまま卒業する。 卒業の時には髪を伸ばして染め、体型も太っていた。 アゲインの世界では、今村に定期戦で投げる自分を応援して欲しいと頼む。 花高(はなたか) 演劇部所属。 アゲイン前では後に女子大生グラビアアイドル「TAKA」として有名になる。 が、高校時代には地味で終始様々な人物に「ブス」と罵られる。 今村と同じ暗い青春時代を送ってきた。 アイコンはアニメかゲームのキャラと思われる。 常にツイートしているため、今村にも監視される。 決して美形には描かれていないが、今村は彼女の顔を見て胸の高鳴りを感じた。 アゲイン前のTAKAは嫌いなタイプだった。 その他の人物 [ ] 岩崎 千紘(いわさき ちひろ) 埼玉県立かぼす国際スーパーサイエンス高校の応援団長。 小柄でオールバック、口ひげを生やしている。 堂々とした性格で、宇佐美が自分に惚れていることを認識している。 1年生のころは応援で熱中症により倒れるほど虚弱であったが、猛練習を積んだ結果、次の年には応援団の中でも最も大きな声を出すようになっていた。 金一郎の母 金一郎とは正反対で、明るく話し好き・世話好きな性格。 金一郎の祖母 物事にあまり動じない。 アゲイン前の金一郎の高校卒業時には既に故人となっていた。 単行本 [ ]• 『アゲイン!! 』 〈KCデラックス〉、全12巻• 2011年9月16日発売• 2011年11月17日発売• 2012年1月17日発売• 2012年4月17日発売• 2012年7月17日発売• 2012年10月17日発売• 2013年1月17日発売• 2013年4月17日発売• 2013年7月17日発売• 2013年10月17日発売• 2014年2月17日発売• 2014年5月16日発売 テレビドラマ [ ] アゲイン!! ジャンル 原作 久保ミツロウ 企画 脚本 稲本達郎 森山あけみ 監督 深迫康之 木内健人 出演者 オープニング 「」 エンディング ジャニーズWEST「」 製作 製作総指揮 前田利洋() 長松谷太郎(CP) (CP) 立石謙介(CP) プロデューサー 宮前泰志 宇野航 深迫康之 制作 放送 音声形式 放送国・地域 放送期間 - (MBS) 2014年 - (TBS) 放送時間 毎週月曜0:50 - 1:20 (日曜日深夜)() 毎週水曜1:11 - 1:41 (火曜日深夜)() 放送分 30分 特記事項: 制作局MBSのみによるを実施。 からまで、で制作され系で放送された。 主人公の今村金一郎役はの、宇佐美良子役はが演じた。 久保ミツロウ作品の実写ドラマ化はの『』()以来4年ぶり。 なお、本項目では日時表記をで記載し、提出された出典内容や公式ウェブサイトで表示されている内容とは異なる。 キャスト [ ] 詳細な人物説明はを参照。 本項では簡単な続柄を記載。 宇佐美 良子 -• 柴田 麗緒 -• 安部 珠貴 -• 藤枝 暁 -• 岡本 雅紀 -• 大隈 達彦 - 渡辺佑太朗• ヒロ君 - (ジャニーズWEST)• 鈴木 和史 -• ふとっちょ鈴木 -• えま -• 千絵 -• ナミ - 小瀬田麻由• ヒトミ -• ナオ - 平間彰吾• 河本 - 川村明香• 伊里 登志雄 -• ばーちゃん -• 菅 楽喜 -• 岩崎 千紘 -• 北島 -• 今村 里子 - スタッフ [ ]• 原作 - 久保ミツロウ『アゲイン!! 脚本 - 、稲本達郎、、森山あけみ• 音楽 - 安達練• 監督 - 、深迫康之(MBS)、木内健人• 主題歌 - 「」()• オープニング曲 - ジャニーズWEST「」(Johnny's Entertainment)• 助監督 - 中西正茂、谷口尊洋、山田祐輔、渡辺修• オープニングタイトル - 岡有美• ヴィジュアルエフェクト - 泉谷修()• アクション - 中島輝明、オフィスワイルド• 応援団指導・監修 - 牛渡豪史、犬竹高(全學應援團)• 応援歌編曲 - 塚田誠• ダンス指導 - あさづきかなみ• 新応援歌コーディネート - SKY-B-ROAD• 和太鼓演奏 - 花原京正()• 撮影協力 - 、観光商工課、いばらきフィルムコミッション• 技術協力 - WING-T、• 照明協力 -• 編集・MA -• 企画・プロデュース - ()• チーフプロデューサー - 前田利洋(ソニー・ミュージックエンタテインメント)、長松谷太郎()、(MBS)、立石謙介• ラインプロデューサー - 植田中• プロデューサー補 - 岡元太、小田裕子、新穂のりこ、船橋宗寛• 制作プロダクション -• 製作 - 「アゲイン!! 「加保須南高等学校」は原作ではに所在するが、ドラマ版ではになっている。 系 前番組 番組名 次番組.

次の

アゲイン / WANIMA

アゲイン ドラマ wanima

WANIMA ワニマ が、2019年03月06日 CDシングル『Good Job!! 』をリリースします。 1曲目に収録されている 新曲「アゲイン」について。 同楽曲は、 高畑充希主演のTBS系ドラマ 『メゾン・ド・ポリス』主題歌になっています。 今回は、「アゲイン」の 歌詞の意味を考察し解説します。 「アゲイン」の歌詞の意味については 親しみやすくするために 主人公の言葉や気持ちを 代弁する形をとっています。 それではさっそく見ていきましょう。 WANIMA「アゲイン」歌詞 アゲイン 作詞 KENTA 作曲 KENTA 懐かしくて もう一度 焼き付いて離れない くたびれた顔で目が覚める おいてゆく身体が望んでる 曇った夜を照らす 青臭くて頼りない開きかけのツボミが 塞いだままのココロにきっかけをくれて ごく普通のどこにでもある繰り返す景色が 忘れられない舞台になる 知りたくないことも知って 聴きたくない音も聴いた 善も悪も胸の中しまえ 封じ込めた記憶に火を着けて声が重なる 何度目の挑戦? 誰かが台無しにした日も 誰もが大事に想う日も 優しさだけじゃ癒えない 理屈や理由ならいらない このままじゃ終わりたくないから 懐かしくて もう一度 焼き付いて離れない くたびれた顔で目が覚める おいてゆく身体が望んでる 濁ったホシを探す 知りたくないことも知って 聴きたくない音も聴いた 善も悪も胸の中しまえ 封じ込めた記憶に火を着けて胸が高鳴る 何度目の失敗? 僕が台無しにした日は 僕が大事に想う日は 空しさだけじゃ届かない 理屈や理由ならいらない このままじゃ終わりたくないから 懐かしくて もう一度 焼き付いて離れないんだ 正しさだけじゃ見えない 理屈や理由ならいらない 曇った夜 抜け出すから くたびれた顔に陽が射す おいてゆく身体が覚えてる そうさ まだこれからだ WANIMA「アゲイン」歌詞の意味を解説 なんだかとても、 懐かしい気持ちになった。 その懐かしさが、焼き付いて離れないから、 心が、もう一度だけ、 懐かしい場所へと帰りたがる。 くたびれた顔で目が覚める、 老いてしぼんだ体で臨む、 いつもと変わらない毎日でも、 今日はやる気のない夜を、 照らしてやれそうな気がする。 今の僕から見れば、青臭くて頼りない、 たとえるなら、開きかけの蕾のような君が、 僕の塞ぎ切った心に切っ掛けをくれる。 その切っ掛けは、飽きるくらい繰り返した、 普通のどこにでもある景色を、 忘れられない舞台へと変えてくれる。 この年まで、 知りたくもないことも教えられて、 聞きたくない音も聞かされてきたけれど、 さんざん教えられた、 物事の善悪や道理なんて、 胸の中にしまってしまえ! そうして、 封じ込めた記憶と一緒に燃やしてしまえば、 僕はもう一度、 若い頃の無分別な自分になれる。 若い頃の自分と、今の自分は、 たいして変わってなんかいない。 だってほら、声だって重なる。 今だって、若い頃と同じように、 叫んだって良いんだ! これはいったい、何度目の挑戦だろう。 誰かが台無しにした日も 誰もが大事に思うだろう日も、 優しさだけじゃ癒されない事を知っている。 だからもう、 理屈や理由なんか言わないでくれ。 このままで、終わりたくなんてないんだ。 なんだかとても、 懐かしい気持ちになった。 その懐かしさが、焼き付いて離れないから、 心が、もう一度だけ、 懐かしい場所へと帰りたがる。 くたびれた顔で目が覚める、 老いてしぼんだ体で臨む、 いつもと変わらない毎日でも、 真犯人を、きっと見つけ出してやる! この年まで、 知りたくないことも教えられて、 聞きたくない音も聞かされてきたけれど、 今は善と知っていることも これは悪だとわかっていることも さんざん教えられた、 物事の善悪や道理なんて、 胸の中にしまってしまえ! そうして、 封じ込めた記憶と一緒に燃やしてしまえば、 僕はもう一度、 若い頃の無分別な自分になれる。 若い頃の自分と、今の自分は、 たいして変わってなんかいない。 だってほら、胸が高鳴る。 今だって、若い頃と同じように、 胸が高鳴るんだ! これはいったい、何度目の失敗だろう。 僕が台無しにした 僕が大事に思う日は 虚しさだけを重ねたって もとになんてもどらない。 理屈や理由なんて、 なんの助けにもなりはしない。 僕はどうしても、このままじゃ、 終わりになんて、したくないんだ。 なんだかとても、 懐かしい気持ちになった。 その懐かしさが、焼き付いて離れないから、 心が、もう一度だけ、 懐かしい場所へと帰りたがる。 正しさだけじゃ癒されない事を知っている。 だからもう、理屈や理由なんか言わないで。 僕はいまこそ、 このやる気のない毎日から、 抜け出すんだから。 どんなにくたびれた顔にだって、 陽はさすから、 老いていくばかりの体だって、 あの日の輝きは覚えている。 そうさ、 まだ、これからだ。 人生はまだ、終わってない。 最後に やんちゃな声で歌われる、 おじさまたちの心情が、 ミスマッチで面白い。 この曲に引っ張られるみたいに、 おじさまたちは、きっと若々しく、 変身していくに違いないと思える。 高畑充希のまっすぐな瞳に負けて、 なんだかんだ理屈をこねながらも、 きっと協力してしまうんだろうなと、 微笑ましい気持ちになってしまう。 口が達者すぎて、 時々「コノー!」なんて思うことはあっても、 根っこの部分は優しいおじさまたちに幸あれ! 関連記事.

次の