エーデル ガルト。 エーデルガルト=フォン=フレスベルグとは (エーデルガルトフォンフレスベルグとは) [単語記事]

【ファイアーエムブレム風花雪月】エガちゃんはPTSDの症状を持っていた?今作のキャラの作り込みやばいわ

エーデル ガルト

総合評価 9. ほぼ全てのガチャから入手できる。 所持スキルやステータスを評価基準とし、スキル継承後や限界突破も加味した評価となっています。 初心者オススメ度 キャラの活躍させやすさを評価したものです。 評価が高いほどステータスや所持スキルが整っており、戦闘やイベント攻略などで活躍できるキャラです。 「役割別評価」の評価基準 同一兵種のキャラ全体で見たときの、キャラ個人の各役割における評価です。 限界突破前のステータスや所持スキルを基準とし、スキル継承と限界突破も加味しています。 ほとんどの場所で活躍が期待できます。 その役割において、全キャラでもトップ10以内のキャラです。 全キャラの中でもかなり優秀な部類の性能です。 ステータスや所持スキルがその役割に向き、育成次第でさらに性能が伸ばせます。 その役割を担えます。 突出して優秀ではなくとも、仲間のサポートや育成次第では十分な性能となります。 その役割で活躍させるには平凡な性能で、あまり向いていません。 その役割では活躍はあまり期待できません。 全体の中でも下位で、他のキャラに負けることがほとんどです。 その役割ではかなり厳しい性能です。 その用途で使うのはおすすめできません。 「役割」の評価基準 キャラを個別で見たときに、どのような役割を担えるかを判断しています。 「攻撃性能」で 評価SS〜A がつくキャラが該当。 希少な兵種や、珍しい効果を持つ専用スキルを持つキャラなど、代わりが効かないキャラが該当。 見た目やキャラ設定は除きます。 剣、槍、斧、弓、暗器、獣の攻撃を受ける役割を担える。 主に遠距離魔法の攻撃を受ける役割を担える。 所持スキルによって「遠距離反撃」「近距離反撃」が可能なキャラ。 スキル継承なしで全距離反撃を行えるキャラが該当。 また、「覇道の戦斧」効果で 周りに敵が多くいるか、味方と敵が同数だと絶対追撃が可能。 味方から離れるほど本領を発揮する。 非常に高い攻撃力と物理耐久力 エーデルガルトは、攻撃と守備の高さが特徴的。 武器の絶対追撃を発動できれば、圧倒的な火力を出せるキャラ。 エーデルガルトを使う上での注意点 速さが控えめ追撃を受けやすい エーデルガルトは素の速さが控えめ。 敵から攻撃を受ける際は、追撃に注意する必要がある。 また、 武器の絶対追撃を発動できない場面では追撃を発動しにくい。 魔法攻撃は極力避けよう エーデルガルトは魔防が低い。 HPも高いわけではないため、青魔の攻撃を受ける場合も追撃や奥義で致命傷を負わされやすい。 魔防を強化していないなら、基本的に魔法攻撃を受けないように心がけよう。 エーデルガルトの総合評価 武器効果を活かして暴れる歩行斧 歩行斧の中ではトップクラスの攻撃力と、武器の絶対追撃で暴れられるキャラ。 速さが中途半端なので、武器の 絶対追撃を発動する立ち回りが重要。 絶対追撃できない相手には、高い攻撃も活かしにくくなる点に注意。 継承素材としてのエーデルガルト 「攻撃守備の孤軍3」「強化無効・近距離3」「攻撃守備の奮起3」と、珍しいスキルが多くスキル価値の高いキャラと言える。 ただし、エーデルガルト本人が強力な歩行斧キャラとなりそうなので、継承に使うかどうかは慎重に判断しよう。

次の

エーデルガルトはやっぱりヒロインだった【FE風花雪月】

エーデル ガルト

「忘れないでね師。 アので、皇位継承権第の次期でもある。 落ち着いた性格で何かと個性的なが多いのまとめ役を務めている。 次期としての学習にも余念がなく、常に修練を怠らない努。 また、自分がになった時に備えて優秀な人材を探し回っているようである。 が担任になった場合、彼 のことは「師 」と呼ぶ 担任にならなかった場合はに「」。 初めての出会いでから命を救ってもらったこともあってか何かと注しており、にウトしたりもしている。 長い上に2つに切れる名前が災いし、上では専ら「 」と呼ばれるようになってしまった。 もちろん某とは全く関係ないので気にしないこと。 11人の第9子。 しかし実権を握っていた宰相一の達の「強大な紋章を宿したのを生み出す」という野望の犠牲となり、非なの結果どが・あるいはとなってしまう。 エーデルガルト自身も台にされたが、的に成功してその身に2つの紋章を宿すという通常はありえないを手に入れることになった。 上記のような経緯から、紋章を実益以上に過度に重視するや紋章に依拠する制度が支配する今のを変革するという夢を抱き、になった後にはそれらの存在しない(実義的な)を作ろうとしている。 そして、そのためにはそれらの論拠でありその制度を維持しているセイロスを滅ぼすしかないと結論付けるに至り、士官にする。 よって士官での生活もにとってはあくまでもにすぎず、その裏では「 」と大修院内で発生した様々な事件に関わり着々と的のための準備を進めていた。 そして第一部終盤で位を継ぐと、ついにセイロス教にし、率いるセイロスとの全面を引き起こし、軍を率いて大修院に攻め入る。 …というように、の役どころは従来のではどちらかと言えば敵役に相当する。 いかなる犠牲を払ってでも的を達成するという決意をしているため、対話を拒否し武によるを押し進める。 そのため、第2部以降は人によってはかなり冷な印を受けると思われる。 一方でに対しての好意は本物で、たとえ敵対した場合でも何かと未練なを投げかけてくる。 ましての味方になる選択をした場合は、従者のヒューベルト共々大歓喜し全幅の信頼を寄せるようになる。 そして挙句の果てに蜜したいとか言い出す。 余談だが「の学級」に在籍しているはにエーデルガルトにされたものと同じを受けており、関係浅からぬ間柄である。 また、の思想自体に直接的に賛同するがある。 そのため他のでは一Aまで存在し、ペアも用意されている。 ユニット性能 個人:の血統 入手1. 性は系でと魅の成長率が非常に高く、魔も意外と。 と幸運はやや低いが大きな弱点はなく、合計成長率は良成長を持つに次ぐ。 専用職の「アーマー」「ゼ」は使いの重装で、後衛向きの多い鷲の学級では重な役に適した。 他学級のアーマー担当にべて圧倒的な守備はないが魔防がりにあり、魅も高いためや計略が怖くないのが利点。 もっとも今作で優遇されている系の方が扱いやすいかも知れない。 を使えるは自体が短いので、どちらにするかあらかじめ決めての計画的な育成が必要となる。 後半で手に入る専用ールの戦技「狂」は 攻撃後再行動可 しかも再行動回数に制限なし という級の性。 ールのは20、「狂」使用時の消費が4のため、 1で最大6回行動が可となり、移動に優れるでやろうものなら敵軍はまさにが過ぎ去ったかの如く壊滅的な打撃を受けることになる。 一方でゼので習得できる戦技「」も低高威に加え、 命中時相手の移動を封じるという破格の性なのでゼのままでも十二分に戦える。 設定等も含め、歴代で「」や「」といった肩書で登場していたがそのままになったような性の持ちである。 ファイアーエムブレムヒーローズ 通常版 士官 と伝承版 の2種類が登場。 兵種は。 この性と、周囲2以内の味方の数より敵が多い時絶対追撃になる専用「覇の戦」と敵近接のを効化する「強化効・近」で、孤立時対で高いを発揮する。 その一方でとは並程度なので過信は禁物なのと、魔防が低めなので対に注意。 炎の女帝 火の伝承。 兵種は重装。 傾向はスルトに近く、向こうとべると攻撃・魔防が高い分が低い。 ちなみに「狂」は「」と可で、上手くやると なしで1に最大6移動可という重装としてありえないの機動を発揮する。 近接攻撃には圧倒的に強い一方で、遠反撃は持たない。 は低いので「殺し」を持った相手では流石に耐えきれないことも。 関連動画 関連商品 関連項目• 関連リンク• (ー7-002)• (ー7-013).

次の

エーデルガルト=フォン=フレスベルグとは (エーデルガルトフォンフレスベルグとは) [単語記事]

エーデル ガルト

総合評価 9. ほぼ全てのガチャから入手できる。 所持スキルやステータスを評価基準とし、スキル継承後や限界突破も加味した評価となっています。 初心者オススメ度 キャラの活躍させやすさを評価したものです。 評価が高いほどステータスや所持スキルが整っており、戦闘やイベント攻略などで活躍できるキャラです。 「役割別評価」の評価基準 同一兵種のキャラ全体で見たときの、キャラ個人の各役割における評価です。 限界突破前のステータスや所持スキルを基準とし、スキル継承と限界突破も加味しています。 ほとんどの場所で活躍が期待できます。 その役割において、全キャラでもトップ10以内のキャラです。 全キャラの中でもかなり優秀な部類の性能です。 ステータスや所持スキルがその役割に向き、育成次第でさらに性能が伸ばせます。 その役割を担えます。 突出して優秀ではなくとも、仲間のサポートや育成次第では十分な性能となります。 その役割で活躍させるには平凡な性能で、あまり向いていません。 その役割では活躍はあまり期待できません。 全体の中でも下位で、他のキャラに負けることがほとんどです。 その役割ではかなり厳しい性能です。 その用途で使うのはおすすめできません。 「役割」の評価基準 キャラを個別で見たときに、どのような役割を担えるかを判断しています。 「攻撃性能」で 評価SS〜A がつくキャラが該当。 希少な兵種や、珍しい効果を持つ専用スキルを持つキャラなど、代わりが効かないキャラが該当。 見た目やキャラ設定は除きます。 剣、槍、斧、弓、暗器、獣の攻撃を受ける役割を担える。 主に遠距離魔法の攻撃を受ける役割を担える。 所持スキルによって「遠距離反撃」「近距離反撃」が可能なキャラ。 スキル継承なしで全距離反撃を行えるキャラが該当。 また、「覇道の戦斧」効果で 周りに敵が多くいるか、味方と敵が同数だと絶対追撃が可能。 味方から離れるほど本領を発揮する。 非常に高い攻撃力と物理耐久力 エーデルガルトは、攻撃と守備の高さが特徴的。 武器の絶対追撃を発動できれば、圧倒的な火力を出せるキャラ。 エーデルガルトを使う上での注意点 速さが控えめ追撃を受けやすい エーデルガルトは素の速さが控えめ。 敵から攻撃を受ける際は、追撃に注意する必要がある。 また、 武器の絶対追撃を発動できない場面では追撃を発動しにくい。 魔法攻撃は極力避けよう エーデルガルトは魔防が低い。 HPも高いわけではないため、青魔の攻撃を受ける場合も追撃や奥義で致命傷を負わされやすい。 魔防を強化していないなら、基本的に魔法攻撃を受けないように心がけよう。 エーデルガルトの総合評価 武器効果を活かして暴れる歩行斧 歩行斧の中ではトップクラスの攻撃力と、武器の絶対追撃で暴れられるキャラ。 速さが中途半端なので、武器の 絶対追撃を発動する立ち回りが重要。 絶対追撃できない相手には、高い攻撃も活かしにくくなる点に注意。 継承素材としてのエーデルガルト 「攻撃守備の孤軍3」「強化無効・近距離3」「攻撃守備の奮起3」と、珍しいスキルが多くスキル価値の高いキャラと言える。 ただし、エーデルガルト本人が強力な歩行斧キャラとなりそうなので、継承に使うかどうかは慎重に判断しよう。

次の