エメラルド 乱数。 雪の舞う夜に。 : 【乱数調整】はじめに。【全般】

ぽけどころ

エメラルド 乱数

ここでは、ポケモンの全世代の乱数調整についての簡単な説明を書いていきます。 具体的な乱数調整の方法については個別で記事を書くつもりなので其方をご覧下さい。 これはランダム 乱数 で1〜6の数字の中から1つ選ばれることで成立する答えですね。 それと同じようにポケモンのゲーム内でもこのランダム 乱数 を利用して、個体値や性格等を決定しています。 しかし、ランダムといってもコンピュータで決定する値は本当の意味でのランダムではありません。 簡単に言うと、「1回目のやり方」と「2回目のやり方」を全く同じにすれば、同じ答えが出るのです。 つまり、 同じ時間で起動し、同じ消費を行うことで同じ個体が出るようになるということです。 先ほどのサイコロを例にすると、同じ時間・同じ方法でサイコロを投げると全て6が出るといったことになります。 何回やっても同じ方法ならば同じになります。 これにより、欲しい個体が出る時間や消費を調べて乱数調整することで、自分が希望する理想個体のポケモンを手に入れることができるようになるということです。 このように、時間や消費等を調整して理想個体を手に入れることを乱数調整といいます。 第4世代以降では、DS本体の内部時計から起動時間が導き出されるので、 DSの設定画面から時計を弄る必要があります。 故にDSiや3DSでは難易度が格段に上がります。 一応できないことはないらしいですが、ここでは他に比べて難易度の低い DSLite もしくは初代DS を使った乱数調整を推奨します。 第5世代 BW・BW2 では、起動時間で起動してから ムービーが流れるまではボタン操作は禁止です 押し続けるのもダメです。 ムービーが始まったらボタン操作解禁で「続きから始める」を C-ギアOFFでゲームを開始、必要数の消費を始めます。 起動時間の決定する際の猶予は 1秒程度あるのである程度雑にやっても大体はできます。 ただし、BW2では タイマーズレという事象が起こりやすく、同じようにやっても同じ個体が出ない場合もあります。 タイマーズレ自体は針レポート レポ針 と呼ばれる方法で検証できるので消費を行う前にタイマーズレが起こっているかどうかを判断することができます。 017秒 を引き当てなければなりません。 更にC-ギアONにしてからの 経過時間で性格が変化するため其方も測らなければならないので難易度が一気に上がります。 第4世代 HGSS・DPPt では、起動時間で起動してから 「続きから始める」までの時間も測る必要があるので第5世代乱数より難易度が上がります。 033秒 を引き当てなければならないので最初はかなり難しいと思います。 HGSSではポケギアのマップで見れる徘徊ポケモンの位置、DPPtではコイントスの表裏のパターンで初期SEEDを判断できるので、それが合うように調整していきます。 そこを乗り越えればあとは必要数の消費を行うのみです。 第3世代 RSE・FRLG ですが、RSは電池の有無で乱数調整のやり方が変わります。 RS電池切れの場合は起動時間は乱数調整には影響しません。 エメラルドは電池の有無に関わらず同様です。 普通に起動してから「戦闘が開始」までの時間を測ることになります 孵化の場合は話が終わるタイミングまで。 RS電池有りの場合は経過時間によって初期SEEDが変わりますが、そもそもゲーム開始時から内部電池は動き続けているので、普通はできないです。 一応電池有りのやり方もあるようですが、ここでは取り扱う予定はありません そもそも電池が生きているROMがない。 FRLGでは起動してから「タイトル画面 リザードンが出ている画面 でAボタンを押す」までの時間と、「タイトル画面をAボタンを押す」から「ポケモンに話しかける」までの時間の2回測らなければならず、更に初期SEEDも不規則で自分の現在位置を特定するのも難しいようです。 また、OPムービーをカットすると更に初期SEEDがズレる? ようなので、OPムービーを飛ばさない方法が一般的です。 ちなみに電池うんぬんはありません。 017秒 を引き当てなければならないので、第4世代よりかなり難しいです。 なお、DSLiteで乱数調整することは可能です。 GBAでもできるかもしれませんが、此方に関してはやったことはないのでわかりません。 また、RS及びFRLGの乱数調整は私自身はやったことがないので、エメラルドのみを記事にする予定です。 前提として、 ・ パソコン本体 できればWindows。 これらがなかったら、おそらくできないと思いますので用意してください。 ストップウォッチも可能なら用意してください。 エメタイマーを含めて2つないとできないものもあります BWハイリンク乱数等。 そして、 ROM ソフト に合ったツール BWならSSS4等 を全て用意します。 ツールに関しては一覧として後ほど記載しておきます。 また、各個別の乱数調整の項でも記載するので其方をご覧下さい。 使い方も個別記事の方で記載するつもりです。 必要なツールを全て用意したら、ブログの解説とツールの使い方に沿って起動時間等を導き出して、その通りに実際のゲームの方を起動して消費を行い、その後、ポケモンを捕まえたり、タマゴを貰ったりするだけになります。 言うだけなら簡単ですが、実際は空白時間測定やパラメータ特定、個体検索等やらなければならないことも多かったりするので、連休や丸1日使えるなど 時間に余裕あるときにやることを推奨しておきます。 消費の方法については世代によって違いがありますが、共通のものとして 『おしゃべりを覚えたペラップ』がいれば大体OKです。 あらかじめ「おしゃべり」を録音しておき、消費する際は手持ちのペラップのステータス画面を1回見ることで1消費されます。 2匹居ればステータス画面で上下するだけどんどん消費できるのでできれば2匹用意しておきましょう。 その他、詳しい消費方法については個別記事の方で記載します。 ハイリンク乱数や第4世代以前の乱数に。 BW1は此方。 seedparamsearch2 さびたコイルさん ・・・パラメータ特定に。 BW2は此方。 SSS4 さびたコイルさん ・・・・・・・・・個体値検索等に。 新しいのものはBW1・BW2両方対応。 WBC0. 1 おひるごはんさん ・・・・・・・・・BW1のハイリンク乱数用。 0と間違えないように bwseedlist さびたコイルさん ・・・・・・・リストの作成に。 新しいものは針レポ等も出せます。 ddddloop アーマーさん ・・・・・・・・・ID調整の際のリスト作成に。 他にもいろいろできます。 ID検索等もできます。 HGSS・DPPt共通。 ddddloop アーマーさん ・・・・・・・・ID調整の際のリスト作成に。 他にもいろいろできます。 エメループ君・エメリストXとはお好みで。 エメループ君 つのぽけさん ・・・・・・【ブラウザツール】個体値検索等に。 個人的に此方の方が使いやすいと思います。 エメリストX ポケモンの館さん ・・・・・個体値検索等に。 IDも入力できるので固定や野生の色違いも検索できます。 検索はかなり重いので注意。 乱数計算 アーマーさん ・・・・・・・・色孵化の際のリスト作成に。 他にもいろいろできます。 Spinda Painter Smogonさん ・・・・・・【ブラウザツール】パッチールの模様判定用。 裏ID特定や色孵化の際に使います。 これらがあれば大体は大丈夫だと思います。 上記にバージョンの書いてないものは基本的に最新のものでいいと思います。 WBCは0. 1と1. 0では内容が異なるのでWBC0. 1をDLするようにしてください 他にもツールはたくさんあるので使いやすいものを探して選ぶと良いと思いますが、此処のブログでは 上記のものを使用する前提で書くつもりですのでご了承下さい。 また、Macユーザの方はブラウザで動くツールか、おひるごはんさん、ポケモンの館さんのツールは動作を確認していますので其方を利用するようにしてください。 待機時間 ・・・・・「ソフト選択」〜「続きから始める」までの待ち時間。 あるいは「続きから始める」〜「ある行動をとる」までの待ち時間のこと。 空白時間 ・・・・・「ソフト選択」〜「ムービー」が始まるまでのSEEDが進まない時間のこと。 パラメータ ・・・・DS本体の情報とROM ソフト 本体の内部情報の総称のこと。 SEED ・・・・・・乱数を表す時間のこと。 初期SEEDはある時間で決まった一番最初の時間のこと。 オフセット ・・・・SEED毎に決まっている消費の初期位置のこと。 消費 ・・・・・・・ゲーム内の行動等によって上昇していく乱数列のこと。 消費も何種類かに分かれるが、基本的に性格値乱数列のことを指す場合が多い。 針レポート ・・・・レポートを書く際に右下に出るくるくると回る針の最初の位置を測ること。 タイマーズレが起こっているか確かめる際に使用する。 タイマーズレ ・・・パラメータにある「Timer」の値が変化すること。 個体値等が変わる。 メソッドズレ ・・・メソッドの値が変化すること。 個体値等が変わる。 謎ズレ ・・・・・・上記のような分かっているズレ以外のこと。 個体値等が変わる。 電池切れ ・・・・・RSEの内部電池残量が無いROMのこと。 RSでは乱数調整を行う上で重要な部分。 簡単にでしたが、なんとなくでも乱数調整について理解いただけたでしょうか? 文字だけ見てると、意味不明な部分も多いかと思いますが、やっているうちにわかってくると思うので、最初はこういう単語もあるんだねっていうぐらいでいいと思います。 具体的なやり方については個別記事を作る予定ですので気長にお待ち下さい。 今のところ、このぐらいですかね。 何か忘れているものがあれば追加するかもしれません。 質問等はコメント欄でしていただいて構いませんが、私自身も分かっていない部分も多いので的確な返信はできないかもしれないです。 その場合は、他ブログ様のページも参考にしていただければと思います。 また、ツールに問題があった場合、此方で尋ねられても対応しかねますので、直接作成者様の方へ連絡していただければと思います。

次の

ポケモンの館 エメループ

エメラルド 乱数

エメラルドでは、初めての殿堂入り後に自宅でのイベントでまたはが徘徊します。 ここで選択しなかった方は、南の孤島に出現します。 むげんのチケットを持ってないという場合には、この徘徊でしか・は乱数できません。 そこで今回は、徘徊する・の乱数をする方法を解説します。 その場合は、徘徊させる方は、違う色を選んでください。 1、初めての殿堂入り後は部屋からスタートするので、はここです。 2、電源を切り、DSメニューからゲームを起動とエメタイマーをスタートさせる。 3、1階に降りてパパとママの会話が始まるので飛ばします。 4、その後テレビがついて臨時ニュースが流れます。 ここでどちらかを選択した瞬間に個体が決定します。 なのでエメタイマーが0になったら、なら『 あか』なら『 あお』を選択します。 6、あとは、徘徊している・を捕獲して個体があってれば終了。 違うならズレを修正して2に戻る。 個体の条件は、徘徊なのですが固定と同じなのでcalcpidでは 『徘徊』に設定してください。 また、RNGreporterでは 『Methoed 1』です。 この乱数において一番面倒なのはエンカウントするまでが長いです。 別なROMから送ってきて図鑑登録をすれば割と楽ですが、それができない場合は頑張って探しましょう;; 徘徊ラティはレベル40なので、低レベルが出現する草むらでレベル39以下のを先頭にしてスプレーをかけるというやり方があります。 エンカウントしない場合は空を飛ぶや場所を移動して、ラティを動かして、また草むらを走る の繰り返しですね。 更に、これを目標個体がでるまで繰り返すので、途方もない作業になります。

次の

【トップ記事】第3世代乱数調整(エメループ)まとめ

エメラルド 乱数

参考にさせていただいたURL エメラルド 初期SEEDの変更について エメラルドはRSと違い、電池の有無を問わず初期シードが固定されています。 これにより、野生乱数や固定乱数で高個体を出すには長時間待機が必須となります。 BV保存や戦闘中のフレーム倍速などが発見されてかなり乱数の幅が広がりましたね。 孵化乱数では理想個体が簡単に出せるようになりました。 しかしそれでも高個体を狙うと何日も待機などザラです。 前にレジアイスを捕まえた時は何日も待機しました。 でも、初期シードが変更できれば待機時間を短くできるのはRSの電池有乱数で証明されています。 エメラルドでも初期シードを変更できるみたいなので実験しました。 実験は次の2点を検証しました。。 実験開始 1P側でニューゲームを選択し、図鑑を入手。 通信対戦をして戦闘終了後2P側でバトルビデオを保存する。 次に2P側でバトルビデオを再生後すぐに野生ポケモンと戦闘に入り、捕獲を繰り返し個体値・性格をツールで検索しました。 10分ちょっとで通信対戦に入れるので100,000フレームなら該当フレームがあるはずなのに結果0件。 初期シードを変更すると該当個体がありました。 たしかに、ニューゲームから始めたデータは初期シードが0ではなく、通信対戦では1P側の初期シードで戦闘が行われていて、バトルビデオを保存・再生することによりニューゲームの初期シードを既存のデータで使用できることがわかりました。 では手順を書きます。 必要なもの・準備 通信できるGBA 2台 BVを入手したエメラルド(メインロム) データを消していい初期SEED厳選用のエメラルド(サブロム) 1P側にサブロム・2P側にメインロムをセット。 希望個体の待機が長すぎる場合、初期シードを厳選すれば待機時間がかなり短縮できる。 表IDを確認するだけならニューゲーム開始から2分もかからないので。 特に、古びた海図で色違いミュウを狙うようなRSではできない乱数時の待機時間が数十日になるような場合はかなり有効かと・・ むじゃき6Vメタモンなども捕獲できます。 ただ、色違い理想個体は狙えません。。 くどやん• 2016年07月21日 15:39• さも自分が見つけたかのように書いていますがこのブログ記事の内容を真似しただけですよね。 blog. fc2. html TIDSEEDという名称もそうですし元の記事のURLを載せて参考にしたことを記載すべきではないですか。 2016年07月21日 16:56• ご指摘ありがとうございます。 一応自分なりに画像を使いながら検証してみました。 ご指摘の通り参考にしたURLは記載しないといけないと思いますので帰宅後記載させて頂きます。

次の