郡山 市 台風 被害。 【郡山情報】台風19号に係る仮設住宅・公営住宅の入居手続き方法

令和元年台風第19号に伴う災害の被災中小企業・小規模事業者対策について/郡山市公式ウェブサイト

郡山 市 台風 被害

台風19号による企業活動への影響が、長期化する懸念が出ている。 伊藤製鉄所(東京都千代田区、伊藤寿健社長)は台風19号の被害で休止している郡山工場(福島県郡山市)の全面復旧までに、半年以上かかる可能性があるとの見通しを示した。 同工場で圧接加工して仕上げる機械式定着工法「FRIP定着工法」用の定着板は当面、同様な加工作業を手がける筑波工場(茨城県つくば市)や石巻工場(宮城県石巻市)から必要に応じて供給することで対応する。 郡山工場では摩擦圧接用の機械と鉄筋を切断する機械が台風19号で浸水したため、入れ替えへの作業を進めており、新しい装置の本格稼働まで、半年以上の期間がかかる可能性があるという。 郡山地区では、台風19号で広い地域に浸水被害が出た。 市内の工業団地に立地する鋼材加工・流通業者の多くも操業停止を強いられ、復旧を急いでいる。 大手では、パナソニックも郡山工場(郡山市)が浸水被害で稼働を停止し、中国工場などで代替生産するなど対応に追われている。 同工場は通常の生産体制に戻るまで2カ月程度かかる見通しで、電子部品業界や電子部品を多く搭載する自動車メーカーなどでは懸念が広がっていた。 パナソニックは郡山工場が休止する間も、同材料を安定供給できる体制を整える。 生産する「メグトロン」などといった多層基板材料を、同様の材料を手がける中国2工場や台湾工場で代替生産することを決定した。 すでに中国の広州工場では代替生産を始めた。 汎用品については、顧客に対して他の材料メーカーからの調達を要請している。 郡山工場の復旧に約2カ月を要することを受け、基板メーカーが持つ材料の在庫量の問題から、「電子部品業界では大問題だ」(表面実装加工メーカー)といった声があがっていた。 多層基板材料は車載や通信機器など、さまざまな業界に関わっている。 自動車メーカーの間でも今後の部品調達について不安視する向きがあり、サプライチェーン(部品供給網)への影響が懸念されていた。 郡山工場では完全復旧に向けて、人員を拡充しながら対応に当たっている。 被災後の10月15日に工場内の被害状況を確認し、翌16日から構内の清掃活動をしている。 設備の点検や修理も始まっている。

次の

台風19号による郡山工場の被害状況と復旧への取り組みについて

郡山 市 台風 被害

福島県では、 浜通り(海沿い)の相馬市 中通りの郡山市・本宮市 などで河川の氾濫による浸水被害が起きている。 **局所的な1地域ということではなく、阿武隈川が流れる流域に沿って、浸水が発生したと理解してください。 今回の台風19号による被害を最も受けた県が、福島県である。 どうにしたら早くに復旧できるのかわからないか、力になることを探している。 この記事では、基本的に「 ヘリコプターからの上空撮影動画」で情報を共有します。 写真だと面的な捉え方しかできなくて、「一地域が被害を受けているような印象」を受けてしまうと思うので。 阿武隈川流域で、台風の大雨による増水によって被害が甚大になった(個人的な見解)。 この下の動画で紹介します。 福島中央テレビが空撮した、1時間40分ほどの連続映像ですので、良いです。 飛ばし飛ばしでも、この動画を見てもらえれば、全貌はイメージできると思います。 47:35 家から自転車でも20分かからない場所 昨日知らずに原付バイクで通った 本宮市・郡山市はよく頻繁に行く場所です 氾濫した阿武隈川は、福島県の最南端を支流に宮城県のほうへ抜けていく非常に大きな河川です。 これが、ところどころで多数氾濫しました。 福島市内も、この阿武隈川が流れているため、河川沿いの集落は浸水被害を受けました。 ぼくの知り合いのひとのご実家は床上浸水です。 また、郡山がご実家の知り合いは「複数の親戚の家は軒並み床上浸水が起きている」と言っていました。 ぼくが住んでいる福島市から、立地を考えると、 福島市の南側に本宮市があり、本宮市の南側に郡山市があります。 【北】 宮城県丸森町 福島市 (二本松市) 本宮市 郡山市 須賀川市 【南】 福島市ー郡山市間は車で1時間の距離にあり、県の施設などが郡山市(郡山市は福島県の中央に位置していて、電車などの交通の便が良い)に多くあります。 そのため、わたしもよく本宮市を抜けて、郡山に向かいます。 また、浜通りには南北に縦断する電車が走っています。 東北本線です。 これは、宮城県の仙台から、福島市・郡山市を抜けて、栃木県の黒磯(那須塩原の1つ手前の駅)まで抜けています。 本数は1時間に1本。 多くて、2本のローカル線ですが、学生を中心にたくさんの利用者がいます。 ぼくも、利用しています。 これが、運休停止になりました。 (16日水曜日から、一部区間で運転再開した) 線路が水浸しになり(なったまま)、線路のレールを支える土台が侵食されて、レールが浮いてしまったからです。 *福島市より北側(宮城県側のほう)と、南側(郡山のほう)でそれぞれ浸水被害が甚大なためです。 率直に言うと、 東北本線が走るルートは、 福島市以外のほとんどすべての地域が阿武隈川の氾濫によって被害を受けました。 身動きが取れないので、何もできない ぼくは車を持っていない。 電車が動いていないと、山を越えることができない。 原付バイクで出勤はしたが、遠出は決してできない。 本宮市は、福島市からほど近い。 1:25:58 さらに南、須賀川市も阿武隈川氾濫による浸水 台風に関する情報 今回の台風被害でこれほど被害が出たのは、阿武隈川を要因だと思う。 東京新聞:浸水範囲、想定と一致 台風19号被害の福島・長野 ハザードマップ 避難に有効 HP:台風19号 福島県の被害と復旧に関する情報共有サイトはこちら 堤防の決壊について 福島県は19河川28か所です。 福島市のHP:「福島市災害ボランティアセンター」を開設しました.

次の

日立製作所移転へ 大半の事業 郡山中央工業団地から /福島

郡山 市 台風 被害

台風19号で浸水被害が拡大した福島県郡山市の郡山中央工業団地で、被災から3カ月を経ても再開の見通しを立てられない企業が少なくない。 昨年末にはいち早く大手の日立製作所が撤退を表明し、他の立地企業も再び繰り返されかねない水害に不安を隠せない。 (郡山支局・岩崎かおり) 「従業員の安全と顧客への安定供給を考慮して移転を決めた」 日立製作所は、団地内にある郡山事業所の事業の大半を神奈川県や愛知県に移転する方針だ。 同社は1986年の8.5豪雨でも被災。 高さ約3メートルの防水壁を設置したが、今回も生産設備などが被害を受けた。 同じ理由で隣の須賀川市への移転を決めた印刷工場は、工場が約1.5メートル水に漬かり、機械が全滅した。 新しい機械がそろうのは4月末といい、現在は印刷を外注して業務を継続する。 担当者は「水害に備えた具体的な対策が見えない中で近い将来また被害に遭うと想定され、事業を続けるのは困難」と語る。 次の水害に備え、生産拠点をあらかじめ分散させる動きも出てきた。 団地に本社を置く幸楽苑ホールディングスは、麺やスープを製造する郡山工場が浸水。 244店舗が一時休業を余儀なくされた。 工場は昨年11月4日に操業を再開できたが、同10月の売上高は前年同月を3割下回った。 同社は別の場所への新工場建設を検討中だ。 立地企業からは治水対策や新たな支援策を求める声が上がる。 製造業の50代男性は「グループ化補助金ではカバーしきれない。 早急に新たな対策を打ち出してもらわないと、また撤退する企業が出てしまう」と懸念する。 敷地のかさ上げなど、今後の災害に備える設備投資には数億円かかる。 だが設備投資はグループ化補助金の対象外。 グループ化補助金は中小企業を対象としているため、大企業やみなし大企業も対象にならない。 国などによる低金利融資制度もあるが、被災企業には新たな負債を抱える決断は難しい。 別の工場経営者は「誘致する時は一生懸命でも、企業が大変な時に行政は冷たい。 市独自の支援策を考えてもらいたい」とこぼす。 市は9日、団地内に被災企業を支援するサテライトオフィスを開設した。 産業政策課などの職員6人を配置。 企業訪問で要望や相談などを聞き取り、早期復旧につなげる方針だ。 中央工業団地会の小川則雄会長は「福島県内の産業をリードする大企業も多い。 撤退する企業がこれ以上出ないよう、まずは治水対策をしっかりやってもらい、ここで一緒に頑張ろうと訴えたい」と話した。 146の企業が加盟する団地会と郡山商工会議所は9日、阿武隈川の堤防がない地域の解消や支流の堤防強化、グループ化補助金の要件緩和や補助対象の拡充を国と県に要望した。 [郡山中央工業団地] 約189ヘクタールの敷地に251社が立地し、従業員は合わせて約8000人。 台風19号では阿武隈川支流の谷田川の氾濫によってほぼ全域が浸水した。 被災企業は234社に上り、このうち郡山市が把握している137社分だけでも被害額は383億9530万円。

次の