たべ た の だ あれ。 ★3歳からの「たべたのだあれ?」視力検査キットが世界一受けたい授業で紹介されました!★

五味太郎 絵本 たべたのだあれ あらすじ・読み聞かせのコツ・感想

たべ た の だ あれ

たべたのだあれ あらすじ・著者・出版社・対象年齢 【著者】 五味太郎 【出版社】 文化出版局 【対象年齢】 1歳 たべたのだあれ あらすじ レーベルとしては 「どうぶつあれあれえほん」に 分類されています。 「さくらんぼ たべたの だあれ」 「めだまやき たべたの だあれ」 という流れで、 それぞれの食べ物を食べた動物を 探していくのですが その隠れ方がポイントです。 見開きのページに 左には食べ物の絵が 右にはそれを食べた動物が 描かれています。 サクランボを食べたのはゾウなのですが そのゾウの一匹だけ 尻尾がサクランボになっています。 目玉焼きの場合は、 牛の中に1頭だけ模様が 目玉焼きになっていたりと 「食べた」という 一般的な認識とは 全く違う隠れ方が面白く それがまた子供の興味を引きます。 さらに、 実は数遊びの意味も含まれていて 動物の数が1匹ずつ増えていくという 面白い要素も隠されています。 対象年齢は2歳ぐらいですが 1歳から幼稚園の間ぐらいは 楽しめる作品です。 言葉や文字がわからなくても 絵の中から一つだけ違うものを 見つけるのは簡単ですので 小さい子向けの絵本としても 使用することができます。 たべたのだあれ 絵本の読み聞かせのポイントやコツ 絵本といっても、本当に文字が少なく 「〇〇 たべたの だあれ」しか 書かれていません。 小さい子供でも飽きることなく 絵を見て楽しめるので親が読んであげて、 子供が食べた動物を当てるという その動作を繰り返すだけです。 ただそれだけを 繰り返すのが 子供にはとても楽しいことです。 最初は、意味が分からない子供も多いと思います。 「どこにあるかわかる?」 楽天で購入 たべたのだあれ 絵本の感想 何度も何度も、終わってもまた 「読んで!」とせがんでくるほど 面白くて楽しい絵本です。 「たべたのだあれ」には 同じような「どうぶつあれあれえほん」として 「かくしたのだあれ」という 本もあります。 これは、鉛筆などの物が 動物の一部になって 隠れているのを見つける本です。 五味太郎さんの本は こういった仕掛け絵本のようなものがおおく、 子供が何度も何度もやりたがります。 「たべたのだあれ」の絵本は我が家にもあります。 3歳になった今でも 楽しんで読んでいる本の1つです。 食べ物を食べる真似をしたり 自分で間違えて見せたり、 あるいは隠れている場所を 手で隠して見せないようにしたりと いろいろな読み方をして楽しんでくれます。 文字が少なく絵もかわいく 子供向けとしておすすめの絵本です。 まとめ 「たべたのだあれ」という絵本の あらすじや読み聞かせのコツ・感想を 紹介してきました。 この絵本は保育園などにもあって 読みきかせがおこなわれていたりと とても人気のある絵本の一つです。 ただ読むだけでなく 子供とコミュニケーションを 鳥ながら読める本として おすすめです。 同じ五味太郎さんの絵本で 「きんぎょがにげた」という 絵本も人気の本です。 ぜひ購入を考えている方は 一度手にしてみてはいかがでしょうか。

次の

かくしたの だあれ|絵本ナビ : 五味 太郎 みんなの声・通販

たべ た の だ あれ

ぞうさんが2頭いるよ。 「さくらんぼ たべたの だあれ」…あ!あんなところにさくらんぼ。 次に登場するのは、ライオンが3匹。 「いちご たべたの だあれ」あらあら、こんなにお茶目なところにいちご見つけた!こんな風に、ページをめくるたびに、動物が登場。 質問に出てくるたべものを探してあてっこ遊びができるのです。 作者は『きんぎょがにげた』でお馴染みの五味太郎さん。 こちらのシリーズの隠れ方も、とっても絶妙です。 からだの模様と一体化していたり、瞳になっていたり。 色彩も、表情も、模様も、とっても素敵。 何回探したって、飽きることはありません。 めくるたびに、動物の数が増えていくのもポイントですね。 親子で色々な楽しみ方をしてくださいね。 (絵本ナビ編集長 磯崎園子) 子どもたちが、まだ絵本自体を楽しみ初めて間もないころに、出会った1冊です。 左のページの物が、右のページのどこかに隠れていて、だれが食べたかさがすクイズ形式です。 その隠れ方が、絶妙で、答えはすぐに分かるのに、大人でも、楽しくなる絵本です。 (ひなぎくの花さん 50代・香川県 ).

次の

3歳児の視力検査を楽しく行えるキット「たべたのだあれ」

たべ た の だ あれ

初版は1977年に発刊していますね。 内容は、ただそれが続くだけ。 特にストーリーはありません。 絵本の中でも、かなり文字数は少ない方ですね。 問いかけが押しつけがましくなく、すごく自然で気持ちがいいです。 絵本だと、「ほーら。 どこに隠れてるかな~。 見つけてごら~ん。 ほーら、ほーら。 」って押しつけがましいのが少なくないと思いませんか?セリフにしても、登場人物の表情やしぐさ、構成にしても。 僕、そういうの大っキライなんですw でも、この絵本は「たべたの だあれ」の一言。 ただのそれだけしか投げかけません。 それがすごくいい! 動物たちが、変にニコニコしていないんですよ。 ほとんど全員口をつむいだまんまです。 というか、ヘビ以外はみんな口があるのかどうかもほぼ分かりません。 うれしいのか、かなしいのか、おこってるのか。 さっぱり分かりません。 でも、それがすごくいい! デフォルメされた表情に誘導されないので、想像の余地がたっぷりあるんです。 絵が全然媚びてない。 表情が読めないのは若干の怖さも感じますが、それがまたいい。 ちょっぴりの怖さがあったほうが、グッと感情の奥行が出ます。 でも、ずーっと無表情な動物や昆虫が続きつつ、最後は笑顔の子どもたち。 最後の最後だけ、目も口もはっきり笑ってるんです。 0歳や1歳の頃はただ眺めているだけでしたが、いつのまにか自分でいちごに手を伸ばして「あぷっ」と食べるようになっていました。 特に家族の誰が教えたわけでもないのですが。 不思議ですねー。 最初は三女が自分で自分用に食べてるだけでしたが、やがて「はいっ」と僕の口にも入れてくれるようにもなりました。 三女がうれしそうにいちごをパクパクしてる光景を、この本が何度も思い出させてくれます。 表紙をぱらっとめくった次のページ。 見開きにたくさんの星たちと、たまに動物。 三か所ほど、鉛筆で線が描かれちゃってます。 昔から愛好してるから、長女かなー、次女かなー。 左の方の星なんか、線のおかげで流れ星みたいになっててちょっとステキですw ちなみに、三女は最後の方に載ってる作者の写真をみて「だだに似てる!」と言い張っています。 あ、だだ=僕です。 五味太郎さんと僕、似てるのかぁ。 左ページと右ページにかける時間は、1:9でもいいくらい。 たべたのだあれ? 何かをやたら強調するわけでなく、ただ提示するだけ。 「たべたのだあれ?」と問いかけてるのに、答えを目的としていない。 そこが素敵です。 あくまで一緒にプロセスを楽しもうという作者の優しさが滲み出る良書です。 絵が好きな人は、色使いも楽しめると思いますよ。 さくらんぼに対して、ゾウも大胆に補色の緑にしているところとかインパクト大です。 最初にドーンと緑のゾウなのに、あとはアリとか牛とかは普通なのもギャップがあって面白い。 子どもと一緒はもちろん、大人が一人で読んでも味わい深いのでオススメです。 最後までお読みいただき、ありがとうございます。 よかったら、お気軽にコメントしてくださいね。 それではまた!.

次の