ビタミン e アセテート。 米国「電子タバコ」健康被害の容疑者「ビタミンEアセテート」とは何か(石田雅彦)

電子たばこに関連するとみられる肺疾患で死亡する事例が多発、専門家は使用の停止を訴える

ビタミン e アセテート

大麻草ってアレなの?何なの? 大麻草[カンナビス、キャナビス(Cannabis ]とは、マリファナ、ポット、ウィード、ヘンプ(麻)などの植物の総称。 ヘンプ(麻)とマリファナはDNAが同種だが、同一の植物ではありません。 産業用ヘンプ=麻(Industrial Hemp): 穀物の麻の実や油などの食用、麻織物などの繊維、住宅用資材や工業製品原料などに利用されています。 古くは、中国、インド、エジプト、アッシリア、ペルシア、ギリシャ、ローマ、縄文などの世界中の文明で、主に繊維・食品(香辛料)として利用されてきました。 近年、この麻の実にオメガ3や6 必須脂肪酸 、タンパク質 必須アミノ酸 を豊富に含むということが明らかになり、食品としての利用で再注目されるようになりました。 成分と人体への影響。 CBDについて徹底研究 活性物質であるカンナビノイド 成分の総称 が104種類存在しています。 主成分として、テトラヒドロカンナビノール(THC)、カンナビノール(CBN)、カンナビジオール(CBD)などが挙げられます。 体内には、地球上で生きていくために本来備わっている身体調節機能=ECS(エンド・カンナビノイド・システム)があります。 ECSは、食欲、痛み、免疫調整、感情抑制、運動機能、発達と老化、神経保護、認知と記憶などの機能をもち、細胞同士のコミュニケーション活動を支えています。 ECSは、1990年代に発見された「アナンダミド」と「2-AG」と呼ばれる体内カンナビノイドとそれらを結合する神経細胞上に多いカンナビノイド受容体CB1。 免疫細胞上に多いカンナビノイド受容体CB2などで構成され、全身に分布しています。 最近の研究では、ECSは外部から強いストレスを受けたり、加齢に伴う老化によってECSの働きが弱り、いわゆる「カンナビノイド欠乏症」になると、様々な疾患になることが明らかになってきました。 CBDは、これらの全身にある受容体に直接的に働きかけることで、本来のECSの働きを取り戻すことが出来るのです。 THCは非常に精神作用性が強く、脳内にあるCB1レセプター(神経細胞上に多く存在する受容体)に親和性が高いです。 精神錯乱や幻覚・幻聴を引き起こす可能性があり、日本の法律で禁止されている成分です。 脱法ハーブ・危険ドラッグなどはTHCを模した化学合成された有効成分が多く含まれているので、強烈な作用を引き起こします。 茎と種については、問題ありません。 麻の実や油、繊維として産業利用されています。 サプリメントとして利用されているオイルなどは種子油を使って製品化されています。 日本では、1948年に制定した大麻取締法によって、カンナビノイドを多く含む花穂と葉の利用を禁止しています。 また、日本では、大麻取締法第四条によって、医師の交付、患者の施用の両方が禁止されています。 現行法では、茎および種子由来のCBDであれば利用することができます。 都道府県知事の許可があれば、農家には大麻栽培者免許、麻薬取締官や大学等の研究者には大麻研究者免許が交付され、アサを栽培したり、研究したりすることができます。 しかし、これらの免許取得は、厚生労働省の指導や通知の細かい規定をクリアすることが非常に難しいのが現状です。 大麻取締法 第一条 この法律で「大麻」とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品をいう。 ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。 アメリカやヨーロッパの一部では嗜好性の大麻もOKという国もあり、カナダでは2017年度から大麻の使用を合法に、医療用大麻はすでに合法化されています。 もちろん大麻を禁止している国が圧倒的に多いです。 アメリカでは、0. 3%未満のTHCを含む産業用ヘンプが規制植物指定から除外され、ほかの農作物と同じ扱いになったため、CBDが抽出された商品の販売が認可され、市場に一気に現れた。 アメリカの連邦法で定められた大麻草(カンナビス、キャナビス)の区分けを表すと、このようになる。 産業用ヘンプ(麻)とは、CBD成分の含有率が20%以上で、THC成分が0. 話題のアメリカで起きた電子タバコによる健康被害 米国で電子タバコによる健康被害について、を行った。 すると共通の物質としてビタミンEアセテート(酢酸エステル)が検出されたという。 まだはっきりと分かっていないが、ビタミンEアセテートは脂溶性なので、肺炎の症状と関係があるかもしれないと述べ、THCとの関係について今回の調査されたケースではビタミンEアセテートを含んだ電子タバコ用のTHCリキッドの使用が28ケースのうち23ケースだったとした。 現在研究が続けられ、その影響についてはっきりと解明されるまでTHCやビタミンEアセテートを電子タバコに入れないように勧告されている。 そのビタミンEアセテートって ビタミンEは約100年前に発見され、トコフェロール(Tocopherol)とも呼ばれる脂溶性の物質だ。 活性酸素、フリーラジカルを除去する抗酸化作用のある健康補助食品(サプリメント)としても市販されているが、特殊な疾患以外では特に積極的に摂取しなくても通常の食べ物から得られる物質でもあります。 このビタミンEをサプリメントとして摂取する場合、エステル化させ、酸化させずに体内へ摂取することが多く行われている。 例えば、酢酸とエタノール(アルコール)を反応させると水分子H2Oが取れて結合し、脱水縮合という現象が起きるが、脱水縮合した物質を酢酸エチル、酢酸エステル、アセテートといいます。 問題になっているビタミンEアセテート、すなわちビタミンE酢酸エステルというのは、ビタミンE(トコフェロール)を脱水縮合してエステル化させ、トコフェロール酢酸エステルにした物質となります。 ビタミンEアセテートは、酸化を防止するためのエステル化によって本来持っている抗酸化作用を失っているのも特徴で日本では日本薬局方と食品添加物として食品衛生法で指定されているが、ビタミンEの誘導体としてサプリメントに使われています。 ビタミンEアセテートは、ビタミン剤として経口で体内に摂取したり皮膚の一部に塗ったりする分に害はほとんどないといいます。 結論、スーパーフードみたいなサプリみたいな アメリカ又は日本で生産されているものに関しては法律を遵守して、茎と種から抽出されたCBDのみが利用されています。 精神に悪影響を及ぼすTHCは含まれておりません。 さらに医療や産業で使用される麻は品種改良が進み、THCが少なくCBDを多く含む品種が活用されているとのことでした。 近年の世界的な動きとして、健康志向などで注目が高まっているスーパーフードやサプリメントなどと近いものと考えて良いようです。 調べて見たところ、お年頃のこばも積極的に取り入れてみようかなと思いました!.

次の

電子たばこによる肺疾患が減少傾向、原因はビタミンEアセテートか

ビタミン e アセテート

ビタミンEは植物油や種実類をはじめとする多くの食品に含まれており、油と一緒に調理をすることでより吸収率が高まります。 ただし加熱や劣化でビタミンEが減少するため、古い油よりも新しい油を使うことが大切です。 また、ビタミンEは油脂に溶ける脂溶性ビタミンのため、水洗いなどで失われる心配はありません。 熱や酸では壊れにくく、光・紫外線・鉄などには不安定で分解されやすい性質を持っています。 体内では特に細胞膜の中に存在し、肝臓、脂肪組織、心臓、筋肉、血液、副腎、子宮など多くの組織で蓄えられます。 1820年、アメリカのマッティルらが、ラットを脱脂粉乳で飼育すると繁殖できなくなることを発見しました。 1922年にはエバンスとビショップが、既知のビタミンを含むエサで飼育すると生殖能力が衰えるのに対し、レタスを与えると生殖能力が回復することを見出し、妊娠に効果的な物質を発見しました。 1924年、シュアによって、ビタミンの発見順にアルファベット順で命名され、ビタミンEと名付けられました。 化学名はトコフェロールといい、ギリシア語でTocosは「子どもを生む」、pheroは「力を与える」という意味からエバンスが命名しました。 ビタミンEが医学的に広く知られるようになったのは1936年になってからのことです。 その後、天然のビタミンEは8種類存在することがわかり、1956年までにそれらの化学構造が明らかになり、それぞれに名付けられました。 細胞膜は細胞の中の核や遺伝子など、重要な器官を活性酸素から守る役割をしています。 活性酸素は、本来病原菌を攻撃し体を守る働きをしますが、過剰に発生すると必要な細胞までも攻撃してしまいます。 鉄が酸素によってサビつくことと同じように、細胞も酸化されて傷んでしまうのです。 人間の体内で最も酸化されやすいのが、細胞膜に存在する不飽和脂肪酸です。 不飽和脂肪酸は、細胞膜を構成するリン脂質のひとつで、体に弾力性を与える重要な成分です。 しかし、不飽和脂肪酸が活性酸素によって酸化されると、過酸化脂質となります。 過酸化脂質が増えると細胞が破壊され、活性酸素の攻撃でDNAが傷つけられるため異常な細胞を形成したり、細胞の死を早めてしまいます。 ビタミンE自体は非常に酸化されやすく、体内で活性酸素とすばやく結びついて活性酸素を除去することで、ほかの成分の酸化を防ぎます。 この働きによりビタミンEは細胞膜で活性酸素を除去し、過酸化脂質の生成を抑えて体を守っているのです。 未熟児では、多価不飽和脂肪酸を多く含み、鉄を添加された食事によって血液中のビタミンE濃度が低下し、赤血球が壊れてしまうことによって起こる溶血性貧血がみられます。 ビタミンEは赤血球の膜で酸化を防ぐ働きをしているため、ビタミンEが長期間不足すると膜が酸化して壊れやすくなり、溶血性貧血の原因となります。 また、ビタミンEが不足すると活性酸素の害を受けやすくなり、シミができる・皮膚の抵抗力がなくなるといった症状のほか、しびれ・知覚異常などの神経症状、筋肉の萎縮などがみられます。 細胞の老化が進み、動脈硬化など多くの生活習慣病のリスクを高めることにもつながります。 女性の場合は不妊や流産のリスクが高まることもあります。 ビタミンEの過剰症としては、軽度の肝障害、下痢、吐き気、筋力低下が起こります。 また、大量に摂取すると血が固まりにくくなり出血しやすくなるため、抗凝固薬 (特にワーファリン)を服用している人は注意が必要です。 摂取の基準は表の通りです。 体内で過度に発生すると、脂質やたんぱく質、DNAなどに影響し、老化などの原因になるとされます。 血液中の過酸化脂質の量は40歳以降に急に増加するといわれています。 また、細胞が酸化されると細胞の働きが悪くなり、老化していきます。 老化、関節炎、ガン、白内障、糖尿病、アルツハイマー病などにはすべて酸化が関わっているといわれます。 ビタミンEに脳神経を保護するはたらきや白内障の進行を緩和するという研究も報告されています。 また、長年酸化を防ぎきれずに生成された過酸化脂質がたんぱく質と結びつき、老化色素であるリポフスチンとなって臓器や筋肉など全身に沈着します。 リポフスチンは老化の進行具合を測る尺度です。 老化で生じるこの色素は、ビタミンE不足の人の組織にもみられ、ビタミンE摂取量が多い人ほど老化の進行が遅いという研究報告もあります。 老化とビタミンEの関係はまだ研究途中ですが、ビタミンEを補給することは若々しさを保つことに役立つといえます。 【2】 <豆知識>ビタミンACE (エース)で相乗効果 ビタミンEは、ほかの抗酸化物質と一緒に摂るとさらにその作用が高まります。 特にビタミンCは、ビタミンC自体に抗酸化作用があるだけでなくビタミンEの抗酸化作用をより高める働きがあります。 また、ビタミンAにはビタミンEとビタミンCの働きを長持ちさせる効果があり、さらにビタミンEには、ビタミンAの酸化を防ぐ効果があります。 これらは一緒に摂ることで相互に作用を高め合う抗酸化ビタミンとして、ビタミンACE (エース)ともいわれます。 生活習慣病の中でも、血管が老化し血流が悪化する動脈硬化は、高血圧や心筋梗塞、脳卒中など死亡率が高いとされる様々な病気を引き起こします。 動脈硬化の原因のひとつは、血液中の悪玉 (LDL)コレステロールが酸化され、粘性の高い過酸化脂質が血管の内側にこびりつくことです。 血液中を流れるコレステロールも脂肪の膜で覆われているため、酸化されやすいのです。 また、血管壁の細胞膜が傷つくことでも動脈硬化は起こります。 ビタミンEは細胞膜のほか、血液中でコレステロールや脂質を運ぶリポタンパク質の中にも存在します。 そこでビタミンEの強力な抗酸化力によって、コレステロールや脂肪の酸化を防ぎ、血管のしなやかさを保つため生活習慣病の予防や改善に役立ちます。 さらに、過酸化脂質を分解して血液中に粘度のある物質が流れ出すのを防ぎ、血液をサラサラに保ちます。 ビタミンEはこの働きにより、末梢血管の血行障害が原因と考えられる肩こり、腰痛、冷え性、頭痛、しもやけ、痔などの症状を改善します。 さらにビタミンEは、紫外線による害から肌を守る働きがあり、シミやそばかすにも効果的です。 ビタミンEは皮膚に浸透することもできるため、ビタミンEを配合した化粧品も多くあります。 また、女性は閉経を迎える時期になると、女性ホルモンの分泌が減少してホルモンバランスが大きく変わり、肩こり・めまい・冷え・のぼせ・息切れ・手足のしびれなど更年期症状が現れます。 ビタミンEは女性ホルモンのひとつである黄体ホルモンの材料で、この時期に食品やサプリメントでビタミンEを多く摂取すると更年期症状を軽減することができます。 最近では、ビタミンEと排卵誘発剤を併用すると妊娠率が上がるという報告もあり、不妊治療や更年期障害の治療に使用されることもあります。 男性もビタミンEの投与によって、精子数の増加や精力を高める効果があるといわれています。 また、それに伴ってエネルギーが出入りすることを指します。 ビタミンE を含む抗酸化ビタミンに血流改善作用と、心血管疾患の予防効果が示唆されました。 【2】ビタミンE には神経保護作用を有することが示唆されています。 神経疾患であるハンチントン病の初期患者において、初期の疾患を予防できる可能性が報告されています。 【3】健康な45歳以上の女性35551名を対象に、ビタミンE とカロテノイドの摂取量と白内障のリスクを調査した結果、ビタミンE、ルテイン、ゼアキサンチンの摂取量が多いと白内障発症リスクが低いことがわかりました。 この結果より、ビタミンE とルテイン、ゼアキサンチンを摂取することで、白内障リスクの軽減に役立つと考えられています。 参考文献 ・本多京子 食の医学館 小学館 ・清水俊雄 機能性食品素材便覧 特定保健用食品からサプリメント・健康食品まで 薬事日報社 ・奥恒行 柴田克己 編 基礎栄養学 南江堂•

次の

電子たばこに関連するとみられる肺疾患で死亡する事例が多発、専門家は使用の停止を訴える

ビタミン e アセテート

米国で電子タバコによる健康被害について、を行った。 すると共通の物質としてビタミンEアセテート(酢酸エステル)が検出されたという。 この物質は何だろう。 なぜ電子タバコに入れられていたのだろうか。 浮かび上がる第3の容疑者 CDCのアン・シュチャット首席副所長によれば、CDCが全米の電子タバコ被害患者(e-cigarette or Vaping Product Use Associated Lung Injury、EVALI)29人の肺の組織(肺胞洗浄液、気管支肺胞洗浄液)から提供され、そのうちの28サンプルについて調査したところ、全てのサンプルからビタミンEアセテートが見つかったという。 EVALIからはこれまでニコチンのほか、THC(Tetrahydrocannabinol、テトラヒドロカンナビノール)が検出され、電子タバコによる健康被害の容疑者に挙げられていた。 当初、ニコチンやTHCが電子タバコの健康被害に大きな悪影響を与えているのではないかと考えられていたが、CDCはその容疑者の候補にビタミンEアセテートを加えた。 これまで容疑者の一つに浮上していたが、ビタミンEアセテートをはっきり名指しで挙げたというわけだ。 実は、電子タバコに含まれるビタミンEアセテートに関する研究は少ない。 ビタミンEは約100年前に発見され、トコフェロール(Tocopherol)とも呼ばれる脂溶性の物質だ。 活性酸素、フリーラジカルを除去する抗酸化作用のある健康補助食品(サプリメント)としても市販されているが、特殊な疾患以外では特に積極的に摂取しなくても通常の食べ物から得られる物質でもある。 このビタミンEをサプリメントとして摂取する場合、エステル化させ、酸化させずに体内へ摂取することが多く行われている。 例えば、酢酸とエタノール(アルコール)を反応させると水分子H2Oが取れて結合し、脱水縮合という現象が起きるが、脱水縮合した物質を酢酸エチル、酢酸エステル、アセテートという。 問題になっているビタミンEアセテート、すなわちビタミンE酢酸エステルというのは、ビタミンE(トコフェロール)を脱水縮合してエステル化させ、トコフェロール酢酸エステルにした物質というわけだ。 加熱式タバコにも? 実は加熱式タバコや電子タバコを含むタバコ製品には、そのままで不味くて味わえないニコチンを摂取しやすくするため、多種多様な物質が添加されている。 アンモニアが有名だがビタミンEアセテート=トコフェロール酢酸エステルもその一つとなる。 また、ビタミンEアセテートは、酸化を防止するためのエステル化によって本来持っている抗酸化作用を失っているのも特徴だ。 日本では日本薬局方と食品添加物として食品衛生法で指定されているが、ビタミンEの誘導体としてサプリメントに使われている。 CDCの発表によれば、ビタミンEアセテートは、ビタミン剤として経口で体内に摂取したり皮膚の一部に塗ったりする分に害はほとんどないという。 まだはっきりわからないが、ビタミンEアセテートは脂溶性なので、肺炎の症状と関係があるかもしれないと述べ、THCとの関係について今回の調査されたケースではビタミンEアセテートを含んだ電子タバコ用のTHCリキッドの使用が28ケースのうち23ケースだったとした。 CDCは、研究が続けられ、その影響についてはっきりと解明されるまで、THCやビタミンEアセテートを電子タバコに入れないように勧告したが、医療用大麻の合法化や鎮痛剤として米国で蔓延しているオピオイドとの関係もあって問題解決については米国特有の複雑な事情があるようだ。 いずれにせよ、ビタミンEアセテートは日本で広がっている加熱式タバコにも含まれている危険性がある。 タバコ会社はタバコ製品に入れている物質を全て明らかにするべきだろう。 , "A Systematic Review of the Effectiveness of Medical Cannabis for Psychiatric, Movement and Neurodegenerative Disorders. " Clinical Psychopharmacology and Neuroscience, Vol. , "Can we make cannabis safer? " THE LANCET Psychiatry, Vol. , "Cannabinoid exposure during pregnancy and its impact on immune function. " Cellular and Molecular Life Sciences, Vol. , "Acute Impact of Tobacco vs Electronic Cigarette Smoking on Oxidative Stress and Vascular Function. " CHEST, Vol. O'Shea, "Potential for Release of Pulmonary Toxic Ketene from Vaping Pyrolysis of Vitamin E Acetate. Balmes, "Vaping-Induced Acute Lung Injury: An Epidemic That Could Have Been Prevented. " AJRCCM Articles in Press ,2019.

次の