ブリアン ブリス 菌。 大人用ブリアン(ペリオン)|ブリス菌の効果と子供用との違いは?口コミと実体験談で比較検証!

【ブリアン 効果】虫歯対策は2歳半までが勝負!お母さん必読!知らなきゃ一生後悔します!

ブリアン ブリス 菌

この成分が最近話題になりつつあります。 歯は一生の付き合いです。 その大切な歯を失う原因になる虫歯。 本当にその原因を退治してくれるのであれば嬉しい限りですが、 「虫歯の原因を退治する成分なんて今までに聞いたことがない!」 「うさん臭くて信用できないんですけど!」 もしかしたら、あなたはそう思っているかもしれません。 そうであったとしたら、このまま読み続けてみて下さい。 きっとあなたのモヤモヤが解決されるはずです。 実は私も虫歯菌除去成分を信用できないと思っていた一人です。 そのため、徹底的に調べてみました。 【BLIS M18】は各国の学会でも発表されているは本当? この成分の研究結果は世界各国の学会でも発表されているとの事なので一体どこの国なのかを調べてみました。 まず最初にこの成分を研究して発表したのはニュージーランド。 ブリス菌『BLIS M18』は 虫歯にならない子供たちの唾液から発見された乳酸菌の一種で バクテリア抑制プロバイオテックと言われています。 もともと人間の口の中に存在する乳酸菌のため、安全性の面でも心配がない事から 研究が進められました。 BLIS M18の臨床試験 5歳から10歳の子供100人を対象に BLIS M18とそれを含まないプラセボというものを定期的に 口の中に補充するという90日間の臨床試験を行っています。 その結果、まだ途中の60日経過の段階で BLIS M18を補充していた子供たちとプラセボを補充していた子供たちの 口の中の虫歯菌と歯垢の差は100倍以上の差になっていたという驚きの結果だったそうです。 その結果をもって、ニュージーランドのブリステクノロジー社が 【BLIS M18】を登録商標しています。 そしてこの画期的な成分が発表されたのです。 日経産業新聞でも取り上げられています。 健康産業新聞に記事がありました。 健康産業新聞1478号 2013. 10 より一部抜粋 トレードピアでは、世界的な口腔プロバイオティクスメーカー・ブリステクノロジー社の製造した 唾液中に存在する乳酸菌を培養し、虫歯に関わるバクテリアに対し、強い抗菌作用を有する『BLIS M18』と、 口腔内の免疫力向上作用を有する『BLIS K12』の2 種類の唾液連鎖球菌を、新たな口腔ケア素材として提案中。 発売間もないが、「新規性」「体感性」「独自エビデンス」が評価され、チュアブル、タブレット、粉末タイプのマウスウォッシュ製品など、複数の商談が進行中という。 フィンランド、アメリカ、カナダ、中国、オーストラリア これらの国では既に認知されていて 主に虫歯予防用の『BLIS M18タブレット』として市販されています。 html *日本では今のところタブレットは販売されていません。 でも、入手する方法は存在します。 それについてはで書いてます。 ブリス菌【BLIS M18】の歯磨き粉が存在しなかった理由 タブレットはあるのですが、歯磨き粉に採用されているものはありませんでした。 コレには理由があります。 この成分は虫歯菌と歯垢を退治するのには強力な効果を発揮するのですが、 熱や薬剤には非常に弱い成分なのです。 歯磨き粉にするには熱処理や薬剤との配合が必要になります。 コレが最大のネックだった為、今まで実現していなかったわけです。 その問題を解決して世界で初めてBLIS M18の配合に成功したのが ブリアンという歯磨き粉です。 普通の歯磨き粉の常識では考えられなかった 【粉の歯磨き粉】【無添加】 という形で実現したのです。 そして、その理想的な配合具合は ブリステクノロジー社からの評価を受けています。 ただ、いくら理屈が分かったからといっても 「うーん。 本当に効果あるのかなぁ?」 こう思うかもしれません。 こればかりは実際に使ってみない事には実感できませんからねぇ。 だからブリアンにはお試しがあります。 正確には60日間の全額返金保証期間です。 「たった60日間で虫歯予防効果を実感する事は難しいのでは?」 そう思う気持ちも分かります。 確かにその通りです。 ですので、お子さん用にブリアンを検討しているかもしれませんが、 その際は、 あなたも一緒に使ってみる事をお薦めします。 *大人が使っても同様の効果を得られます。 使い続けてみると歯のツルツル感というか、さっぱり感というか そういった効果を感じる事が出来ると思います。 もし、それを感じなかったら返金してもらえばよいのです。 この返金保証を利用してブリス菌『BLIS M18』の効果をとりあえず体験してみてはいかがでしょうか? - ,.

次の

ブリアン歯磨き粉で後悔?…唯一悪いところと最安値情報も《口コミでの評判》

ブリアン ブリス 菌

虫歯菌がお口に入っても 虫歯になりづらい口内環境を作ることができます! ママが自分のスプーンやお箸で,子供にご飯をあげることってよくありますよね。 微笑ましい光景です。 でも、残念ながらこれで虫歯は親から子供へうつることも多いのです。 前にテレビで見たんですけどね、子供を虫歯にさせないためようにするために、かんぜんに食器を分けているご家庭がありました。 お皿やお箸を洗うスポンジまで分ける徹底ぶり!子供にお顔を近づけるスキンシップもしないようにされてました。 そこまでしても子供の歯を守りたいという親心。 逆にそこまでしないと子供を虫歯菌から守れないということ。 気をつけなくちゃならないことは歯だけじゃないのに~! そんな毎日のお世話で忙しいお母さんに朗報です! お口の中に入ってしまった虫歯菌を除去する歯磨き粉! 夢のような子供用歯磨き粉「ブリアン」 こちらではブリアンについて詳しくご紹介いたします。 虫歯菌除去成分 ブリスM18ってどういうもの? ブリアンの最大の特徴。 それは 虫歯菌除去成分『BLIS M18』で歯を磨く事で、一度お口に虫歯菌が入ってしまった子でも、虫歯になりづらい口内環境を作ることができる、ということです! ブリス菌とは? では、ブリス菌って一体なんでしょうか? ブリス菌とは、虫歯菌や病原菌をやっつける特別な善玉菌のこと。 「ブリスM18」は ニュージーランドのオタゴ大学の研究から発見された、 虫歯予防のための善玉菌です。 虫歯になりづらい人を研究していた時に発見されました。 歯と歯の間や奥歯の奥の方、歯と歯ぐきの間など、歯ブラシが届きずらい部分にも届き、歯垢を取り除き虫歯を防いでくれます。 ブリス菌を発見したジョン・タグ博士のエピソード ここでタグ博士がブリス菌を発見するにいたったエピソードをご紹介しますね。 オタゴ大学のジョン・タグ博士 タグ博士が12歳の頃です。 化膿レンサ球菌性という毒性の強い細菌に感染し、リウマチ熱を患ってしまいました。 リウマチ熱とは高熱と関節の激痛を伴い、最悪の場合は命を落とす恐ろしい病気。 幸いタグ博士はこの病気から回復しましたが、再発予防のために10年間も毎日ペニシリンを飲むこととなりました。 ペニシリンは、化膿レンサ球菌に有効な抗生物質ですが、汗がカビ臭くなるというやっかいな副作用があります。 このため12歳から22歳と多感な時期に、タグ青年は大変恥ずかしい思いをされたそうです。 けれど、この辛い経験が後のブリス菌研究への情熱となりました。 タグ博士の研究チームが発見した口内ブリス菌が 虫歯菌や歯周病菌を安全に除去できる BLIS K12 と BLIS M18 なのです。 BLIS K12は、口臭、歯周病、咽頭炎予防に、 BLIS M18は虫歯予防に、効果を発揮することが分かっています。 転んでもただでは起きない、素晴らしい精神ですね! ブリス菌は天然の抗菌物質を作り出し、虫歯菌などの病原菌を除去します 善玉菌というと、思い浮かべるのはビフィズス菌などの腸内細菌ですよね。 けれど、じつは善玉菌はお腹の中だけではなく、口の粘膜や肌など 体の様々なところで私たちの健康維持のために貢献してくれているのです! その中でも口の中の善玉菌として最近注目を集めているのが「ブリス菌」。 なぜ注目されているのでしょうか?それは 口の中のブリス菌が活躍することで、虫歯にならなかったり、風邪を引かなくなることが分かったからです。 つまり、製造する中で人為的なミスや汚染や品質低下を防げる工場だということです。 けれど、小さい子供にどうやって使うのでしょうか? 使い方をご説明いたしますね。 歯の生え始めた小さな子でも使えるように、あえて粉状の形態にしているそうです。 乳幼児には、お母さんの指にガーゼを巻いて、ブリアンをつけて磨いてあげることもできるのですね。 粉だからちょこちょこと付け足しながら磨くことができるので、味も持続しますから飽きないですよね。 『ブリアン』は具体的に何が良いのですか? A. 『ブリアン』は、「ブリス菌」という善玉菌を配合した子供用の粉状歯磨き粉です。 やっかいな子供虫歯を予防し、虫歯になりにくい口内環境を整えてくれます。 また、 すすぎが苦手だったり歯磨き自体を嫌がるお子様が、自ら進んで楽しく歯磨きできるように食べても問題ないような成分でできています。 もちろん界面活性剤や酸化防止剤などの添加物は使用していないので安心安全と言えます。 ブリス菌って何ですか? A. ブリス菌は、虫歯にならない子供の口腔内の唾液から発見された乳酸菌の一種で、生まれながら持っている子供は世界に2%しかいないほどの希少な菌です。 虫歯菌のエサとなる歯垢を除去し、虫歯を予防してくれることが期待できます。 『ブリアン』に界面活性剤は使用されていますか? A. 『ブリアン』に界面活性剤は使用されていません。 その他に、下記の成分も使用していません。 保管方法を教えてください。 保管は高温多湿を避け、冷暗所で保管してください。 ただし、長く保管できますが、開封すると早めにご使用ください。 他の歯磨き粉と併用しても大丈夫ですか? A. 併用いただいて大丈夫です。 他の歯磨き粉をお使いのあとにブリアンを使うようにしていただければ問題ございません。 虫歯予防コース(定期購入コース)があります 30日間隔で商品が届く自動配送プランがありました! 安心してお申し込み頂けますよう、 初めてのお客様限定で60日間の返金保証制度をご用意いたしました。 万が一、合わなかった場合や、このまま使い続けても効果を実感できそうにない場合は、 初回商品のご注文日より60日以内に、弊社お客様相談室までお電話ください。 その後お買い上げ明細書、パッケージ袋の2点をご返送いただくことで商品代金全額をご返金させて頂きます。 )ご購入に対する不安負担を少しでも抑えられるよう、この返金保証制度をご提案いたしました。 ぜひ安心してお申し込み頂けますと幸いです。 発送予定日の10日前を過ぎるとキャンセルができません。 たっくさんの口コミのご紹介 子供の歯みがきに悩んでいたお母さんから、うれしい声が届いています!.

次の

ブリス菌は優れたお口の中の善玉菌。ブリス菌の種類や働きなど

ブリアン ブリス 菌

善玉菌というとよく知られているのはビフィズス菌などの腸内細菌です。 ですので、善玉菌はお腹の中についてのものだけと思われがちです。 しかし、善玉菌はお腹の中だけではなく、口の粘膜や肌など体の様々なところで私たちの健康維持のために貢献してくれています。 その中でも口の中の善玉菌として最近注目を集めているのが「ブリス菌」です。 なぜ注目されているかというと、 口の中のブリス菌が活躍することで、虫歯にならなかったり、風邪を引かなくなることが分かったからです。 ブリス菌は、天然の抗菌物質を作り出し、虫歯菌などの病原菌を除去するのが特徴です。 あまり知られていませんが、すでにブリス菌は私たちの生活の中で活躍しています。 例えば、ブリス菌が作りだす抗菌物質はお肉やチーズの保存料に使われています。 薬品とは違い、胃腸で分解されるので安全な抗菌剤として脚光を浴びています。 そして… 虫歯菌や歯周病菌を安全に除去できるのが、口内ブリス菌BLIS K12とBLIS M18です。 BLIS K12とBLIS M18、これらの口内ブリス菌を発見したのが、オタゴ大学のジョン・タグ博士です。 タグ博士は12歳の時、化膿レンサ球菌性という毒性の強い細菌によりリウマチ熱を患ってしまいました。 リウマチ熱は高熱と関節の激痛を伴い、最悪の場合は心臓病に移行し、命を落とす恐ろしい病気です。 幸いタグ博士はこの病気から回復しましたが、再発予防のために10年間毎日ペニシリンを飲む生活を強いられました。 ペニシリンは化膿レンサ球菌に有効な抗生物質ですが汗がカビ臭くなる副作用があります。 このため多感な時期のタグ青年は大変恥ずかしい思いをしましたが、この辛い経験が後のブリス菌研究への情熱となったそうです。 タグ博士の研究チームが発見した特別効果の高い口内ブリス菌が BLIS K12 と BLIS M18 なのです。 口内ブリス菌と乳酸菌の違いはあるの? はい、活躍する場所が全く違います。 ストレプトコッカス・サリバリウスは乳酸菌の一種で、ヨーグルト乳酸菌と親戚のような関係にあります。 口の中の善玉菌たる所以です。 口内ブリス菌と一般的な乳酸菌との大きな違いは棲む場所の違いです。 口内ブリス菌は口の中、一般的な乳酸菌はお腹の中を住処にしています。 口内ブリス菌を始めとするストレプトコッカス・サリバリウスは胃腸では長く生き続けることができません。 似たように乳酸菌も口の中には定着しません。 適材適所、 お腹のためには乳酸菌、お口のためにはヒト由来の口内ブリス菌が善玉菌として活躍します。 現在、実績のある効果の高い口内ブリス菌が、BLIS K12とBLIS M18です。 BLIS K12は、口臭、歯周病、咽頭炎予防に BLIS M18は虫歯予防に 効果を発揮します。 詳しくはこちらから•

次の