電気 切り替え 比較。 沖縄でおすすめの電力会社は?電気料金の比較表

ほくでんのアンペア変更は古い!基本料金0円のLooopでんきに切り替えると1万円以上お得!

電気 切り替え 比較

プラン名 電力会社 年間電気代 追加のメリット・オプション Looop 104360円• ソーラー割 自宅の屋根で発電した電力をLooopに供給できる方には、Looopでんきのおうちプラン、ビジネスプランへの契約で、通常従量料金よりも1円下げた価格で電気を供給されます。 Looop でんち割 住宅用蓄電池のLooopでんちを購入すると、 Looopでんきの従量料金より3円下げた価格で、電気が提供されます。 HTBエナジー 106358円• BENEFIT DESK 特典予約専用ダイヤルで旅行を申し込むと旅行代金最大3000円割引になります。 お買い物優待サービス 月額500円で、デリキチが毎月6回までの無料配送と、毎月7000円分のお得なクーポンが利用できます。 エイチ・アイ・エス 106358円• ポイントが貯まる スカイウォーカードで電気代を支払うと1000円ごとにポイントが貯まります。 ユニオンプラス 106363円 亀井組 106880円 博多電力 107004円 熊本電力 107004円 F-Power 107070円 マルヰ 107213円• プラン対象の方 18歳以下の子供がいる世帯が対象です。 お互い様制度 毎月の電気料金のうち100円を指定した加賀市内の小学校に寄付されます。 マルヰ 107213円• プラン対象の方 18歳以下の子供がいる世帯が対象です。 お互い様制度 毎月の電気料金のうち100円を指定した加賀市内の小学校に寄付されます。 EV購入者限定 日産大阪で電気自動車(EV)を購入した方が加入できます。 F-Power 109392円 Looop 109520円• ソーラー割 自宅の屋根で発電した電力をLooopに供給できる方には、Looopでんきのおうちプラン、ビジネスプランへの契約で、通常従量料金よりも1円下げた価格で電気を供給されます。 Looop でんち割 住宅用蓄電池のLooopでんちを購入すると、 Looopでんきの従量料金より3円下げた価格で、電気が提供されます。 Looop 109520円• ソーラー割 自宅の屋根で発電した電力をLooopに供給できる方には、Looopでんきのおうちプラン、ビジネスプランへの契約で、通常従量料金よりも1円下げた価格で電気を供給されます。 Looop でんち割 住宅用蓄電池のLooopでんちを購入すると、 Looopでんきの従量料金より3円下げた価格で、電気が提供されます。 いちき串木野電力 109950円• プラン対象の方 2歳未満の子供がいる家庭、いちき串木野市居住者限定のプランです。 基本料金が24カ月間無料になります。 京都電力 110313円 インフラ料金とのセット割 ガスとのセット割 水道とのセット割 ガソリン・燃料・乗り物 ガソリンがお得 電車利用でお得 灯油とのセット割 電話・インターネット・テレビ 電話とのセット割 携帯電話とのセット割 インターネットとのセット割 ケーブルテレビとのセット割 ホビー・地域密着 趣味でお得 地域に貢献 旅行 ポイント ポイント付与 クレジットカードでポイント 店舗・ショップ 電子マネーでポイント ショップ・店舗の利用でお得 契約関連 紹介で割引 プラン変更時にお得 WEB申込みでお得 長期契約で割引 家族割 明細のペーパーレス割り プラン契約割 会員割 期間限定 加入条件あり 機器関連 電化機器で割引 省エネ家電割 ガス機器とのセット割 オール電化でお得 自家発電でお得 セキュリティ割 電気自動車 ロボット シンプル シンプルに価格でお得 その他 アプリ専用 宅配水とのセット割 一定量以上の電気利用で割引 リフォーム割 駆けつけ お知らせ 通訳 環境価値 保険 都道府県別の電気料金プラン一覧 都道府県別の電気料金プランの一覧は、下記リンクよりご覧ください。 北海道地方 東北地方 | | | | | 関東地方 | | | | | | 中部地方 | | | | 北陸地方 | | | 近畿地方 | | | | | | 中国地方 | | | | 四国地方 | | | 九州地方 | | | | | | 沖縄地方 オプション別の電気料金プラン一覧 オプション別の電気料金プラン一覧は、下記リンクよりご覧ください。 お得な時間帯 | | | インフラ料金とのセット割 | ガソリン・燃料・乗り物 | | 電話・インターネット・テレビ | | | ホビー・地域密着 | ポイント | 店舗・ショップ | 契約関連 | | | | | | | | | 機器関連 | | | | | | | シンプル その他 | | | | | | | | Excelデータのご案内 新電力ネットでは、電気料金プランのデータベースをExcelにてご提供しております。 Excelデータのダウンロードは、が必要となります。

次の

ほくでんのアンペア変更は古い!基本料金0円のLooopでんきに切り替えると1万円以上お得!

電気 切り替え 比較

楽天でんき、中国電力ともアンペア数に関わらず一定です。 中国電力では、 15kwhまでの最低料金として331. 23円かかります。 実質的な基本料金になります。 一方、楽天でんきは、基本料金がゼロ。 すなわち不要です。 これはシンプルですね。 言い換えると、楽天でんきは、基本料金ゼロなので、使った分だけ払えば良いことになります。 少ない電力で利用の方も安心ですね! 次に、「従量料金」を比較してみます。 単位 楽天でんき 中国電力 単価(円) 単価(円) 第1段階 1kWh 120kWhまで 24 120kWhまで 20. 40 第2段階 120kWh超え300kWhまで 24 120kWh超え300kWhまで 26. 96 第3段階 300kWh超え 24 300kWh超え 29. 04 ポイントは2つです。 中国電力では、 利用する電力量によって 単価が3段階に分かれており、多くなるほど 単価自身が上がる。 こちらは、中国電力とは違って、利用量に応じて比例的(1kwhごと)に上がっていきます。 上の表で明らかなように、電力量料金だけ見ると、120kwh以下では中国電力が安く、120kwh超では楽天でんきの方が安くなります。 ただ、基本料金と電力量料金の差が違うので、どちらが安いとか一概に言いにくいですね。 なので。。。 23円(15kWhまで)従量料金1段:2142. 40円)2段:4852. 96円)3段:1452. 04円) 合計:8778. 03円 60A、350kwhだと、楽天でんきの方が、中国電力より安くなります。 では、もう少し容量と電力量の小さい家庭をモデルとして計算してみましょう。 23円(15kWhまで)従量料金1段:2142. 40円)2段:3504. 04円) 合計:5978. 03円 こちらでは、逆に中国電力の方が楽天でんきよりも安くなっていますね。 スマートコース(使用量が少ない人向け) 最低利用料金を108円安く設定• シンプルコース(使用量が多い人向け) 電力量料金を25. 31円と一定に設定• ナイトホリデーコース(昼間不在にしている人向け) 昼間を高く、夜間を安く設定• 電化スタイルコース 電化住宅向け料金を設定 の4つがあります。 ここでは、多くの方が関心のある「スマートコース」と「シンプルコース」と、楽天でんきの料金とを比較してみましょう。 23円にしたプランです。 23 223. 40 第2段階 一律 24 120kWh超え300kWhまで 26. 96 第3段階 一律 24 300kWh超え 29. 04 最低料金部分が108円安くなるだけなので、上記で計算した従来プランとの比較と大きな変化はありません。 同様にシミュレーションしてみると、• 月293kwh以下の比較的、電気を使う量が少ない方は、中国電力のままの方が得なのでそのままでOK。 一方、月294kwh以上の電気を良く使う方は、楽天でんきに切り替える方がおトクになります。 シンプルコースとの比較 次に、シンプルコースですが、こちらは 最低利用料金(1620円)を設定する代わりに、 従量料金の単価を利用料に関わらず一定にしたプランです。 49 中国電力は、64kwh位までは従量料金ではなく、最低利用料金の1620円が適用されます。 シンプルプランと楽天でんきをシミュレーションしてみると、 どの電力量を取っても、楽天でんきの方が安くなります! このプランは、中国電力をそのまま使いたいけど、従来プランよりも安く使いたい人のためのもののようですね。 これを機会に、是非楽天でんきに切り換えましょう! 以上、楽天でんきと中国電力の料金について、モデルケースで比較してみました。 はっきり言って、月250kWh未満しか電気を使わない人は、楽天でんきはオススメしません。 「楽天を普段使いしていて、料金が安くなって、ポイントを便利に貯めて、使いたい!」という方は、楽天でんきへの切り替えがおトクです。 この機会に是非、 楽天でんきへの切り替えを検討してくださいね! まずは、どれだけ安くなるか シミュレーションから始めてみてください。

次の

ほくでんのアンペア変更は古い!基本料金0円のLooopでんきに切り替えると1万円以上お得!

電気 切り替え 比較

従来は契約が可能な電力会社は地域ごとに定められていました。 電力自由化によって電力を販売する企業が増え、消費者は100社以上の企業の中から電力を選べるようになりました。 電力の発電方法や契約プランはそれぞれの企業ごとに異なるので消費者は自分が重視するポイントを絞って検討する必要があります。 環境に良い発電方法の会社の電力を選びたい、費用の安い会社を選びたいなど、選択は人によってさまざまです。 各企業のホームページには、どのようなエネルギーで電力を作っているのかがわかる「電源構成」という情報が公表されています。 また、企業によっては電気を一番多く使用する時間帯を絞ることで電気料金を抑えるプランもあります。 どの会社の電力も従来と変わらず、同じ送電網を通して届けられています。 送電線や電柱などの送電線に関わるトラブルについては送電会社が修理を担当しています。 送電会社は消費者に安定した電力を届ける義務があるため、従来と変わりのないメンテナンスを行っています。 そのため、新しい会社に切り替えたからといって、電力の質が低下したり、頻繁に停電が起きるようなことはありません。 消費者はこれまでと同じように電力を使用することができます。 また、契約している企業が倒産したからといって、いきなり電気が止められてしまうことはありません。 その時は消費者保護の観点から、一時的に従来の電力会社から電力を購入して使用することになりますが、消費者は改めて別の会社と契約を結ぶことが可能です。 新しい電力会社を決めたら、希望する会社に申し込むだけで手続きができます。 申し込む際には、住所や連絡先の他に、どこに電力を届けるかを示す「供給地点番号」を教える必要があります。 この番号は電気の「検針票」に記載されています。 手続きを申し込む際には検針票があると便利です。 従来の電力会社への解約手続きは必要ありません。 電力自由化以降、新しい会社と初めて契約する際は、電気使用量を測定する機械式のメーターをスマートメーターに交換する必要があります。 従来の円盤が回転することで電気使用量を計測するメーターは人間が現地で電気使用量を確認していましたがスマートメーターは通信機能が備わっているため、電気使用量の確認は遠隔地からも可能になりました。 電力会社を変更しても、スマートメーターは同じものを使います。 また、スマートメーターは持ち家、借家を問わず交換ができます。 既にスマートメーターを設置済みという場合は、4~5日ほどの期間で済みます。 スマートメーターの交換工事自体は20分ほどで済みます。 立ち会いの必要は特にありません。 また、スマートメーターへの機器交換に伴う費用は一切ありません。 ただし、会社によっては中途解約時に違約金が発生するケースもあるので、契約前にはしっかりと内容を確認する必要があります。 スマートメーターは電気使用量を30分ごとに計測しているため、インターネットから使用時間帯をチェックできるサービスを提供している会社もあります。 そのため、より自分のライフスタイルに合う費用の抑えられた契約プランの選択が可能です。

次の