弓ヶ浜 サイクリング ロード。 【サイクリングロード】鳥取の初心者〜上級者向けおすすめコース・スポット15選 | VOKKA [ヴォッカ]

スポット② 白浜青松の弓ヶ浜サイクリングコース。本誌が発売されてまもなく完成する、総延長8.5kmの自転車・歩行者専用道路。皆生(かいけ)温泉から境港までの海岸沿いを結んでいる。〝スーパー快適〟と断言できるほど美しい路面で、青松と砂浜の景色が最高な道だ。途中に公園・公衆トイレや自転車ラックが設置されており、休憩にも困らないのがいい。境港まではこの道で快走だ|サイクルスポーツがお届けするスポーツ自転車総合情報サイト|www.interreg4c.eu

弓ヶ浜 サイクリング ロード

大山は登山シーズンを迎え、多くの登山客で賑わっています。 (写真1:大山8合目付近から望む弓ヶ浜半島) 眼下に広がる風景の中で、もっとも印象的なカタチをした地形といえば弓ヶ浜半島。 地元にとっては当たり前で、ことさら感じることはないかもしれませんが、遠方からの登山客はこの半島の美しい弓型(曲線美)に驚きます。 ですが、実はその理由を地元の多くの人が明確に答えることができません。 残念ですね・・・。 成り立ちについて積極的に著したガイドブックもないので、登山客はそれぞれが想像力を駆使されていることでしょう。 今回はその成り立ちを2つの疑問から紐解くことにトライします。 1)半島は砂のみで形成されていますが、あれだけの膨大な砂はどこから供給された? 2)美保湾側(東側)の海岸線はきれいな曲線を描いていますが、その理由は? 1)について、 鳥取県と言えば「砂丘」。 鳥取県が行なう県のイメージ調査の結果には毎年驚かされますが、鳥取砂丘のイメージが約8割で、それ以外の観光地などは全て一桁の数%。 「砂丘県」と名前を変えたほうがスッキリするのではと思ってしまうくらいです。 実は県内の砂丘は鳥取砂丘だけでなく、県中部の北条砂丘も相当な広さであり、県西部の弓ヶ浜半島も砂だけで構成された砂丘半島です。 砂の量も広さも鳥取砂丘を遥かに凌ぐものですが、農地や街として開発されたことで、今ではその面影も薄くなってきました。 上流部の中国山地や大山から崩れてきた砂もありますが、たたら製鉄の砂鉄を採るため山を崩して鉄穴流しをした際の排砂(砂鉄はほんのわずかで、残りは川に流す)が半島の砂の供給源となりました。 諸説あるようですが、その量は1億立方メートル以上とも云われ、想像を絶する規模でありました。 古代より中国山地(特に日野川、斐伊川上流部)は日本を代表する鉄生産地で、江戸幕末期から明治初めに至ってはこのエリアで日本の鉄の8割以上を賄っていたということが背景であることは間違いありません。 (写真3:錦に染まる中海 神話の舞台) 2)について、 日野川河口からどんどん供給される砂は、美保湾特有の時計まわりの湾流によって境港方面に流れていき、砂州を形成していきました。 美保湾流は上図の通り、対馬海流が御来屋付近の岬にぶつかり、湾に回り込むことで発生したものです。 その蓄積された砂は、この地域特有の強力な東(北東)風で西に飛ばされ、また同じく特有な西(北西)風で吹き返され、砂丘列を作っていきました。 風が東西で強く吹くのは、美保湾、中海・宍道湖が島根半島と中国山地の山々に挟まれた地溝帯のような地形で、風が集束されて吹き抜けるためです。 江戸時代に弓ヶ浜半島を貫く米川用水路が造られるまでは、一部の海岸線を除いて人も住めない砂漠のような場所だったということです。 日野川(源流地域から供給されるたたら製鉄による膨大な排砂)、そして海流(美保湾流)、東西の強力な集束風、これが半島の成り立ちのポイントです。 (写真4:弓ヶ浜半島の弓型成り立ち) 弓ヶ浜半島の成立はイコールで中海の成立です。 あたり前のことではありますが、これまで切り離して見ていたように思います。 この独特な地形は古代より人々の暮らしを規定し、出雲神話の舞台にもなりました。 前回ご紹介した「国引き神話」もこの弓ヶ浜半島の成り立ちの過程で神話にまとめられたものです。 弓ヶ浜半島の美しい曲線美から地域のカタチ、歴史をひも解くアプローチは登山客や観光客を惹きつけることになるのではないかと思います。 また半島によって閉ざされた、錦海と呼ばれる中海の夕焼け風景は大山信仰の重要な要素。 西方極楽浄土の世界が中海、弓ヶ浜半島の先に広がっています。 (写真5:白砂青松の弓ヶ浜サイクリングコース) この弓ヶ浜の海岸線(海浜)に、サイクリングロードが整備されつつあります。 道のタイトルは「白砂青松の弓ヶ浜サイクリングコース」。 現在は一部(境港側5. 8キロと米子・皆生温泉側7. 5キロ)が開通しました。 想像を超える素晴らしい絶景ロードで、心地よいサイクリングや散歩、ウオーキング、ジョギングが楽しめると話題になっています。 来春には全線開通(境港・夢みなと公園~米子・皆生温泉)します。 美しい弓形海浜のフィールドワークをしつつ、サイクリングやウオーキングをお楽しみください。 (BUNAX).

次の

【全国】サイクリングスポット24選!自然豊かな公園から絶景スポットまで!

弓ヶ浜 サイクリング ロード

皆生温泉を拠点に 大山周辺にコース充実 鳥取県では西部地域のサイクリングルートの整備を進めている。 「弓ヶ浜サイクリングコース」は、米子市の日野川河口から境港市までの弓浜半島を縦断する約16キロのコース。 このうち弓ヶ浜ルートは、2020年4月に完成予定の国際フェリーターミナル「境ゆめみなとターミナル」から米子市夜見町までの約8・3キロ。 すでに今年6月には、境港市の夢みなと公園入口交差点から米子市の和田町1区交差点間の5・8キロが完成した。 同時に、夢みなと公園内のサイクリングコース1・3キロの整備も完了した。 皆生海岸ルートは、日野川河口からの約7・5キロ。 夜見町の国道431号交差点で、弓ヶ浜ルートと接続する。 日本海と大山の両方を眺めながら走ることができ、砂浜や松林の中を走る変化に富んだルート。 傾斜がほとんどなく、初級者でも気軽にサイクリングを楽しむことができる。 サイクリングのあとは皆生温泉で入浴しリフレッシュ。 温泉街には足湯も整備されている。 弓ヶ浜サイクリングコースは20年4月までに全ルートが完成する。 日本海を望みながらポタリングが楽しい 「大山・中海サイクリングコース」は、大山・中海エリアの海から山までを体感できるコース。 ポタリング(自転車散歩)に最適な海岸線や里山風景を楽しめるルートから大山を一周する上級者向けの山岳ルートなど多彩なコースが用意されている。 ぐるっと大山〜天空の道〜ルートは、大山を一周する山岳ルートで大山の自然を体感できる。 距離は107キロで、最大標高差995メートルという上級者向け。 所要時間は6時間。 ぐるっと中海〜水辺の道〜ルートは、中海の風景を見ながら楽しく走れる平坦な初級者向けルート。 唯一の難所は、テレビコマーシャルで「ベタ踏み坂」として注目された江島大橋。 大根島、安来市など島根県側を含め中海をのんびり1周する68キロのサイクリングだ。 休憩を含めて6時間が所要時間の目安。 大山北麓ダウンヒルサイクリングツアーは、ブナの森から紺碧の海で気分爽快なダウンヒルを楽しめるルートで、大山北麓と日本海の絶景が楽しめる。 初級者も体験可能で、標高差825メートルで、25キロの距離を3時間半かけて下る。 このほか弥生から白鳳時代の史跡をめぐる白鳳の里ポタリングルート(初心者向け、距離28キロ、所要時間2時間)、日野川の土手道を大山を眺めながらのんびり走る日野川と花回廊ルート(初心者向け、距離40キロ、所要時間4時間)もある。 鳥取県では東部、中部でもサイクルツーリズムの機運が高まる。 21年のワールドマスターズゲームズ関西では自転車競技のロードバイクが倉吉市、北栄町を会場に開くことが決まっている。 山陰鳥取 旅のおすすめサイト• 【鳥取】• 【三朝温泉】• 【三朝温泉】• 【三朝温泉】• 【三朝温泉】• 【米子】• 【皆生温泉】• 【皆生温泉】• 【はわい温泉】• 【智頭】• 【鳥取】• 【鳥取】• 【岩美】.

次の

米子ケヤキ通り振興会 弓ヶ浜・白砂青松そだて隊(アダプトプログラム事業)

弓ヶ浜 サイクリング ロード

皆生温泉を拠点に 大山周辺にコース充実 鳥取県では西部地域のサイクリングルートの整備を進めている。 「弓ヶ浜サイクリングコース」は、米子市の日野川河口から境港市までの弓浜半島を縦断する約16キロのコース。 このうち弓ヶ浜ルートは、2020年4月に完成予定の国際フェリーターミナル「境ゆめみなとターミナル」から米子市夜見町までの約8・3キロ。 すでに今年6月には、境港市の夢みなと公園入口交差点から米子市の和田町1区交差点間の5・8キロが完成した。 同時に、夢みなと公園内のサイクリングコース1・3キロの整備も完了した。 皆生海岸ルートは、日野川河口からの約7・5キロ。 夜見町の国道431号交差点で、弓ヶ浜ルートと接続する。 日本海と大山の両方を眺めながら走ることができ、砂浜や松林の中を走る変化に富んだルート。 傾斜がほとんどなく、初級者でも気軽にサイクリングを楽しむことができる。 サイクリングのあとは皆生温泉で入浴しリフレッシュ。 温泉街には足湯も整備されている。 弓ヶ浜サイクリングコースは20年4月までに全ルートが完成する。 日本海を望みながらポタリングが楽しい 「大山・中海サイクリングコース」は、大山・中海エリアの海から山までを体感できるコース。 ポタリング(自転車散歩)に最適な海岸線や里山風景を楽しめるルートから大山を一周する上級者向けの山岳ルートなど多彩なコースが用意されている。 ぐるっと大山〜天空の道〜ルートは、大山を一周する山岳ルートで大山の自然を体感できる。 距離は107キロで、最大標高差995メートルという上級者向け。 所要時間は6時間。 ぐるっと中海〜水辺の道〜ルートは、中海の風景を見ながら楽しく走れる平坦な初級者向けルート。 唯一の難所は、テレビコマーシャルで「ベタ踏み坂」として注目された江島大橋。 大根島、安来市など島根県側を含め中海をのんびり1周する68キロのサイクリングだ。 休憩を含めて6時間が所要時間の目安。 大山北麓ダウンヒルサイクリングツアーは、ブナの森から紺碧の海で気分爽快なダウンヒルを楽しめるルートで、大山北麓と日本海の絶景が楽しめる。 初級者も体験可能で、標高差825メートルで、25キロの距離を3時間半かけて下る。 このほか弥生から白鳳時代の史跡をめぐる白鳳の里ポタリングルート(初心者向け、距離28キロ、所要時間2時間)、日野川の土手道を大山を眺めながらのんびり走る日野川と花回廊ルート(初心者向け、距離40キロ、所要時間4時間)もある。 鳥取県では東部、中部でもサイクルツーリズムの機運が高まる。 21年のワールドマスターズゲームズ関西では自転車競技のロードバイクが倉吉市、北栄町を会場に開くことが決まっている。 山陰鳥取 旅のおすすめサイト• 【鳥取】• 【三朝温泉】• 【三朝温泉】• 【三朝温泉】• 【三朝温泉】• 【米子】• 【皆生温泉】• 【皆生温泉】• 【はわい温泉】• 【智頭】• 【鳥取】• 【鳥取】• 【岩美】.

次の