ポケット ハッシュ と は。 PocketHash(ポケットハッシュ)は詐欺っぽくて怪しい?稼げる?評判と口コミは?

【出金停止】ポケットハッシュ利用者の「アカウントロック」が始まった

ポケット ハッシュ と は

PocketHash(ポケットハッシュ)は詐欺っぽくて怪しい?稼げる?評判と口コミは? 今回、新たなオファーを手に入れたので、 こちらの案件が稼げる副業になるのか、 人生の転機になるのか本当に表記通りなのか、 信用して良いのか、稼げるのか。 検証していきたいと思います。 オファー名は PocketHash(ポケットハッシュ) 今回のオファーは、仮想通貨マイニングで稼ぐオファーのようです。 ここ最近は、仮想通貨 暗号通貨 の暴落、 海外での仮想通貨取り扱いに批判的な動きなどの影響もあり マイニング案件自体、出回っていませんでした。 仮想通貨自体、これからどうなっていくのか、 実際、動きは読めませんね。 とはいえ、お店で決済できる利用店舗も増えていることは 確かなので、暴落時に仕込むのも、選択肢の一つとしては 考えておきたいところです。 貴重なお金を注ぎ込むわけですので 始める前に各情報は正しいのか、会社、 どのような人なのか、信用できるのか。 過去の実績などを確認した上で、 決断して欲しいので、これから検証していきたいと思います。 PocketHash(ポケットハッシュ)の詳細内容はマイニングで稼ぐスタイル。 ゲーム感覚で配当をコツコツ集めながら、稼いでいくというイメージ 『運用の流れ』 1. 購入したPHTは「採掘ウォレット」に保管される。 採掘ウォレット内のPHTで「マイニングマシン」をレンタルできる。 レンタルしたマイニングマシンから出た収益は「換金ウォレット」に送金される。 紹介コード:『4GCg6r』ご利用ください。 この視点を持って情報を吟味していきましょう。 PocketHash(ポケットハッシュ)の評判と口コミは?詐欺で怪しい!? PocketHash(ポケットハッシュ)の評判と口コミは現在ありません。 ゲーム感覚で配当をコツコツ集めながら、稼いでいくというイメージのようです。 PocketHash(ポケットハッシュ)のまとめ(稼げるのか?) 現時点では、取引実績は無いものの、 個人的に登録して運用しているので、 後日、結果を掲載できたらと思っています。 随時公開予定にしております。 もし、気になる方いらっしゃいましたら ご気軽にメッセージください。 口コミ、評判なども参考に、参加の判断していきたいですね。 毎日ログイン+マイニング配当で着実に利益出しています。 キャンペーン期間は、2020年2月末日までとなっているそうです。 現在もかなり利用者増の為に、サイト強化のようです。 全く別の業者で、5万円で販売しているとの声もあるようなので、注意が必要です。 完全無料でも利用可能ですが、 イメージ的には、この数式が利益に近いようです。 入金額の1. 換金枠と言うものが存在していて、 ここが1番のキーとなっていて、これは、入金した額で枠が広がっているようです。 無料で出来るということでしたが、参加は無料でも出来るんですが 結局、換金する際に『換金枠』を確保する必要があるので、 その分で、換金する分の入金が必要となりますね。 入金は、USD、BTC、ETHとなっています。 環境は、安定していますので、 これからの参加も遅くはないとの印象です。 紹介コード:『4GCg6r』ご利用ください。 ラインからメッセージもらえると 登録方法などのご案内までさせていただきます! ただ、割合でいうと、HYIP、詐欺を含め、結果的に利益が出ないオファーはかなりの割合となっているのが現状です。 リアルタイムでの口コミ等で最終確認はすることで、不安点をクリアで出来ることがありますので 口コミの参考は、オススメします。 儲かる人がいるということは、損する人もいるということは頭に入れておかなければなりません。 登録してから、やっぱり、、、となっては遅いので、本質を見抜いていく力が必要ですね。 数え切れないほどのオファーがある中で、良いものは、ほんの一握りだけだということを認識して 細かいところまで、確認、検討していくことをお勧めします。 アプローチが多いのは、 恐らくその業界に詳しくない人たちに対してのと感じているので もし、とても魅力のある内容があるとしても、登録までの猶予が限られていたとしても 出来るところまで、情報収集して、感情と数値は差別化して冷静に判断したいですね。 皆さんの判断材料の一つになればと思います。 僕も実践している、おすすめの副業はこちら! 世の中には色んな副業がありますが、 僕がやっている副業の中で一番おすすめ なのは、FXの自動売買ツールです! 副業をしたいと思っているけど、 『本業が忙しくて時間がない!』 という方がとても多いです。 これからは会社の給料だけでは、 生活が苦しくなってくる時代に 突入します! 参加費用も 『無料』で 『期間限定』で 提供していますので、興味がある方は 参考にしてください!.

次の

POKETHASH(ポケットハッシュ)の登録方法について

ポケット ハッシュ と は

こんにちは。 ポケットハッシュというトークン で900ドル相当がプレゼントされる という企画が出ています。 900ドルというのは、約10万円。 10万円分もらえるのであれば 参加をしたい!という人も多いと 思います。 ただ、実際に騙されたり、詐欺 だったとなると、それ以上に損を してしまうので、避けたいものです。 ポケットハッシュはすごくいい 案件かもしれませんが、本当は やばい案件かもしれません。 ここでは、そのポケットハッシュに 関する情報を見ていきたいと思います。 ポケットハッシュ PocketHash の内容は? ポケットハッシュ PocketHash はどんな内容か見てみましょう。 ポケットハッシュ PocketHash では、とりあえず登録をすると 無料で900ドル分の ポケットハッシュトークンが もらえる!というものになります。 ポケットハッシュトークンって なに??と調べてみたのですが、 新しいもののようで、これまでに 募集されたことはありませんでした。 トークンというのは、 ブロックチェーン技術を利用して 作られた仮想通貨のことを言います。 なので、ポケットハッシュトークン というのは、ポケットハッシュ PocketHash から出された、 仮想通貨ということです。 ポケットハッシュ PocketHash の登録方法 ポケットハッシュ PocketHash の登録方法は、PDFに綺麗に まとめられていました。 一つ一つ丁寧に過程が書かれて いたので、それ通りにやれば できそうです。 ポケットハッシュ PocketHash で騙された? ポケットハッシュ PocketHash で騙された!!となる可能性も ないとはいえません。 今回の ポケットハッシュ PocketHash のポケットハッシュトークンで 通貨の値段が落ちたり、 0になったりすることがあるかも しれません。 ただ、今回のポケットハッシュ PocketHash トークンは 仮想通貨なので、そういうことも ないとは言えません。 だからそれを詐欺だとは言えない ということになります。 ポケットハッシュ PocketHash ではないとは思いますが、 これまでには、仮想通貨の流出も なんども起こっています。 だからこそリスク管理はしっかりと するようにしましょう。 ポケットハッシュ PocketHash の出金方法 ポケットハッシュ PocketHash では、現時点では出金の方法に ついて、記載はされていません。 900ドル分のトークンが プレゼントされるということ ですが、無条件で引き出せるとは 思わないので、 なんらかの条件があるかもしれない ですね。 ほとんどの場合は、 ポケットハッシュ PocketHash に登録をして、いくら以上、など 入金をした後に、 しばらくの期間を空けないと、 プレゼントした分のトークンは 引き出せない、というような条件が あります。 事前に確認をしておきましょう。 ポケットハッシュ PocketHash の評判と評価 ポケットハッシュ PocketHash では、これまでの評判や評価が ないので、どんなものなのか? 本当に可能性があるのかどうか ということについては不明です。 僕は今は仮想通貨は持っているもの もありますが、放置しています。 僕が初めて仮想通貨を購入したのは 2年半くらい前で、 大きく稼げそうだと期待していました。 その時は50万円分くらい仮想通貨を 購入し、その年の12月〜1月には 600万円くらいまで上がりました。 ただ、大きな流出事件をきっかけに 値下がりをしたことと、 持っていたコインがネムコイン だったのですが、コインチェックで 保有していたため、 強制決済され、80万円ほどで帰って きたので、マイナスにはなりませんでした。 そのあとも違う仮想通貨を買って みたのですが、 ICOで購入し、一瞬上がったんですが その時には決済ができないように 運営にされていて、急落したので、 ICOで買った全ての人は、マイナスに なったようです。 噂によると、運営が操作したんだとか。 そのように、仮想通貨というのは 闇も多く、リスクが大きいと感じた ので僕は今はしていません。 ポケットハッシュ PocketHash ではこのようなことはないとは 思いますが、 投資系ということで、絶対に稼げる というのはないので、 「損をしてもいい」くらいの気持ちで 始めるようにしましょう。 僕も実践している、おすすめの副業はこちら! 世の中には色んな副業がありますが、 僕がやっている副業の中で一番おすすめ なのは、FXの自動売買ツールです! 副業をしたいと思っているけど、 『本業が忙しくて時間がない!』 という方がとても多いです。 5万円 2018年11月 77. 1万円 2019年1月 113. 7万円 2019年2月 107. 7万円 2019年3月 162万円 2019年4月 261.

次の

【裏技】POCKET HUSH(ポケットハッシュ)で月2万円稼ぐ方法!

ポケット ハッシュ と は

【6月8日更新】出金申請するとアカウントロックされる模様 5月下旬より出金停止の可能性があるとお伝えしていましたが、ついにアカウントがロックされたユーザーが出たようです。 なお、出金停止か?というツイートは他のユーザーからも声が出始めています。 ポケットハッシュは近頃、 長期メンテナンスなど出金停止の予兆とも取れる動きを見せていましたから、遂にXデーが訪れた可能性が高そうです。 3年以上にわたって仮想通貨系のHIYIPやMLMを見続けてきた私の経験上だと、出金を渋るような対応を一度でも見せた商材は全て、運営が飛ぶなどの事態に見舞われています。 過去の同様の事例としては ・ ・ ・ などの投資案件が該当します。 ポケットハッシュがこのまま飛ぶと言い切れませんが、危険な状態にあるのは間違いないと判断しています。 似た商材について気になる方は、下記のリンクからどうぞ。 関連記事• この方がたまたま遅れているだけの可能性も考えられますが、同じく 出金出来ないというツイートが多く確認できました。 突然の長期メンテナンスから復帰後に起きている現象のようです。 現時点では問い合わせの返信も来ないため、 新規でポケットハッシュを利用するのは控えた方が良いでしょう。 マイニング報酬はいくら稼げるのかシミュレーション まず、ポケットハッシュでマイニングを行うためにはマイニングマシンの契約が必須となります。 マシンに応じた報酬を毎日受け取ることができ、高額な契約になるほど報酬量が増えるといった具合ですね。 元本回収に3か月と考えれば、悪くない報酬体系でしょう。 マイニング報酬だけの利益を考えると、同じマシンを10台契約するよりも上位マシンを1台契約した方が利益にはなるという計算になります。 尚、 配当は全てポケットハッシュの独自通貨である「PHT」にて支払われます。 後ほど詳しく解説いたしますが、USDTへの換金や出金には手数料が必要です。 報酬全てを受け取ることは出来ないと覚えておいてください。 3 ひ孫 が1人 報酬の10%=3210円 30PHT 合計8万6670円 810PHT が1ヵ月の紹介報酬となります。 ここで注意したいのは、 子分が受け取った配当の一部が貰えるという点です。 子分がマシンを稼働させて アプリから毎日マイニング報酬を獲得してないと報酬は発生しませんので注意してください。 以上がポケットハッシュ得ることが出来る報酬の解説でした。 マイニングのみで元本回収が見込めるほか、ポケットハッシュをうまく紹介できればさらに報酬が増えるので元本の回収時期はさらに短くなります。 マイニングの報酬はアプリ内にある換金ウォレット、紹介報酬は採掘ウォレットという場所に配当されます。 続いては獲得した配当を換金、出金するための条件を確認していきましょう。 ポケットハッシュの換金について ポケットハッシュで得た利益を出金するには、 換金可能枠と 換金限度額について理解する必要があります。 まずは換金可能枠について。 大前提として、出金するためには独自通貨である「PHT」ではなく、ビットコインなどの市場に流通している通貨へ換金することが必要です。 そして、ポケットハッシュでは 「PHT」から他の通貨への換金に上限を設けています。 続いて、換金限度額について説明していきます。 先ほどの可能枠とは別に、1日、1ヶ月での換金限度額と手数料が設定されています。 これが少々厄介でして、ポケットハッシュ特有の制度 「役職」によって限度額や手数料が変化していきます。 スタート時の役職である作業員の場合、1ヵ月に換金できる限度額は日本円で約10万円です。 大型マシンの配当235万円を出金可能な通貨に換金する場合、単純に23. 5ヵ月が必要という計算に。 ここで思い出して欲しいのが、先に解説した大型マシン1台分の換金枠が160万5000円までという事。 換金するごとに手数料として25%が必要なので、限度額MAXの10万円を16ヵ月連続で換金した場合の手数料は40万円となります。 つまり、 最終的に出金できる金額は120万5000円であり、契約料金を差し引いた 純利益は約13万円に。 ・マシンの稼働に200日 ・出金に16ヵ月 計23ヵ月で13万円の利益…。 正直効率が良いとは言えませんね。 ちなみに、役職を上げることで1ヵ月の出金限度額の増加や手数料を安くできるのですが、ワンランク役職を上げるためには大型マシン2台分の稼働が必要です 入金ベースで220万円必要なのでむしろマイナスになってしまいます。 以上がポケットハッシュを実際に運用した際のシミュレーションと換金時の解説になります。 現時点では リターンが非常に低い投資案件にしか見えませんので、個人的にはオススメできない案件だと判断しています。 仮想通貨業界にはもっと効率の良いサービスがたくさんありますから、 他の投資案件も調べて比較してみた方が良いと思いますよ。 あわせて読みたい• ポケットハッシュの概要を10秒で解説 中国四川省に自社マイニング工場を保有しており、アプリを利用することでマイニング報酬の一部が配当されるサービス。 その他にも自社製のマイニング機材の卸売りを行っているため、 2つの事業で得た収益を利用者に還元しているというモノになります。 ポケットハッシュのターゲットは日本人だけだった? まず捜査したのは「2020年1月25日より日本向けにサービスを開始」という情報です。 言い換えれば、どこかの国で既にサービスを開始しているという事。 この内容については既にPR記事を掲載している「コインテレグラフ」が「すでに一部の地域でOPENし、好評である」という一文を掲載していることが確認できました。 この一部の地域、という点については… 東南アジアでは大きな注目を集め、11月に開催された約1000人規模で行われた フィリピンのブロックチェーンカンファレンスにも出展し、 大きな成功を納めた。 では、1つ目のフィリピンでの知名度を調査していきます。 今回使用したのはフィリピンでも利用者数の多い検索エンジンの「ヤフーフィリピン」です。 「POCKETHASH」の検索結果を5ページ目まで確認しましたが、関連するような ページが見つかることはありませんでした。 また、11月に開催されたというブロックチェーンカンファレンスに関する情報も見つかりません。 続けて北米でのリリースを控えているという点について、PR記事を掲載している各国の「コインテレグラフ」を確認。 全ての言語を確認しましたが、 PR記事は日本語版の「コインテレグラフジャパン」のみであることを確認。 今後掲載される可能性があることも否定できませんが、フィリピンの件も加味すると 日本人だけをターゲットにしているようにも見えてきます。 また、フィリピンで大成功を収めているという情報がフィリピンの検索エンジンで確認できない以上、コインテレグラフに掲載されている情報が虚偽であるという可能性も捨てきれません。 安易に PR記事の内容を全て信じるのは危険であると仮想通貨ポリスでは判断します。 2019年1月28日追記:ポケットハッシュの会社情報が公開された ポケットハッシュのサービスが遂にリリースされ、新たな情報が公開されました。 新たに公開された資料には 2016年12月にフロリダ州で登記された「 POCKET HASH Ltd」という企業が運営しているとの記載が。 実際にフロリダ州の登記情報を捜査すると 「POCKET HASH Ltd」という企業は存在しないことが判明。 登記された企業という 情報はデタラメなようです。 念のため運営会社の所在地に関しても捜査してみましたが、となっておりました。 公開された資料に書かれた運営会社の情報が間違っている可能性がありますので、注意してください。 以上でポケットハッシュの捜査は終了となります。 ポケットハッシュに関しては運営会社の信用度の低さや出金の難易度が高いというデメリットを考えると、本格的な資産運用が行える投資案件だとは思えませんでした。 あわせて読みたい• ポケットハッシュについて簡単に解説 コインテレグラフに記載されていた内容を元に、ポケットハッシュの概要についてまとめます。 ポケットハッシュとはアメリカの大手銀行からの出資と中国への進出と共にマイニング事業を開始したマイニング事業者です。 中国四川政府から安く電気を提供して貰える環境があるため、マイニング工場などの事業実態は全て中国四川省で行っています。 さらなる事業拡大のためにクラウドマイニングサービスを開始。 その他にもウォレットや取引所などの機能が一つになったアプリケーションが「ポケットハッシュ」である。 既に東南アジアの一部の国ではサービスを開始しており、フィリピンでは1000人規模のブロックチェーンカンファレンスに出店し成功を収めた。 大手クレジットカード会社との提携や独自トークンの発行なども行っていく予定である。 以上がコインテレグラフに掲載されていたPR記事をまとめたものです。 驚くほどに具体性の無い記事ですね 笑 ・アメリカ大手銀行から出資 ・拠点は中国 ・一部の地域でサービスを開始 ・大手クレジットカード会社と提携 など、 具体的な固有名詞が一つも使われていない。 ちなみにコインテレグラフ側は… 「 本ページにおけるいかなる内容、正確性、品質、広告宣伝、商品、その他の題材についても、それを支持するものではなく、またそれらについて責任を負うものではありません。 」 という一文を注意書きとして掲載しているのが個人的には非常に興味深いです。 以上、続報をお待ちください。

次の