ガッチ カラー シャンプー。 ホーユー、ハード専用スタイリング剤「Gatti」新発売

ホーユー、ハード専用スタイリング剤「Gatti」新発売

ガッチ カラー シャンプー

今日の美容ネタ もう何度目だろう。 ブリーチが辞められない。 髪の毛がゴワゴワになって、もうブリーチはしないと決心しても、美容院に行くとブリーチを依頼してしまう。 だって、髪の毛に綺麗な色を入れたいじゃん。 11月にワンランク上のハイトーンにしてしまったので紫シャンプーの出番。 が販売しているガッチのイエローキエローというお品。 名前がイエロー消えろという、寒めのネーミングです。 11月から1か月間、毎日このシャンプーとトリートメントを使っていて、12月に美容院に行った際、美容師さんから退色してないねと言われた。 それもムラトリしている?と聞かれた。 やっぱムラシャンとムラトリの効果あるんだね。 使ってよかったわ。 すごく気に入らないところはなかったけど、次は別のムラシャンも使ってみようかな。 外観 パッケージが可愛くない。 ガッチという名前もメンズ向けの感じがするし、パッケージのデザインもメンズ向けだよね。 女性だってハイトーンカラーするのに。 キャップは大好きワン。 シャンプーは粘度が低めなので気にならないけど、トリートメントの方が粘度が高くて上下を逆にしておかないと、トリートメントを使うときに出てこなくなる。 使用感 シャンプーは濃い紫。 それもパールっぽい感じも見える。 泡立ちがよすぎて、きっと入っているんだろうなと思いきや、裏面の成分を見ると違った。 水の次がラウラミドプロピルベタイン、ラウリルベタイン。 刺激が少ないベタイン系。 良さげ。 シャンプーすると若干髪の毛が絡まる感じがするけど、ブリーチを重ねているので仕方なし。 このトリートメントで仕上げると絡まりもなくなる。 価格感 で各1,600円。 成分的にも大丈夫そうだし、エヌドットのムラシャンは2,400円なので、よさげ。 さいごに 美容師に髪のケアを褒めてもらえるの嬉しい。 今月もムラシャン頑張れそう。 美しくなりますように。 sawap.

次の

【ワックスやスプレー】スタイリング剤ついた状態でカラーはできるの?

ガッチ カラー シャンプー

~当ブログを訪ねて頂いたあなたへ~ 当ブログでは完全匿名性、元美容師の知識、経験を活かして、本当に正しい知識をガチで発信しています。 あまりにも正直に書いているので、業界側に潰される可能性もありますが、それでも純粋に美を追究するあなたには絶っっ対に読んで欲しい5つの記事をまとめてみました。 「とにかく洗浄力を高くし、気持ちよくさせておけばいいだろ!」 みたいなクールシャンプーとは違い、洗浄成分はサラサラ系重視のアミノ酸系成分『ラウロイルメチルアラニンNa』を高配合し、更に次世代型しっとり系アミノ酸洗浄成分『アシル(C12,14)アスパラギン酸TEA』も配合されています。 もう、この時点で他のクールシャンプーより、数次元上のクオリティですがこれだけじゃあ終わりません(笑) 洗浄成分の他にも、実証実験にて育毛、発毛効果が期待できる結果がでている『豆乳発酵液』や頭皮の匂い抑制成分『カキタンニンエキス』 更に更に!私の愛している、毛髪補修成分『ペリセア』まで配合されています。 毛髪に付着すると1分程度で高速浸透、補修し続けるというダメージケアシャンプーに配合されるような成分ですが、クールシャンプーのくせに(失礼ッ!)高価な成分も惜しげもなく配合しちゃっています。 ハッキリ言って、クール系シャンプーでここまでこだわっているシャンプーは見たことないですし、もう変態レベルのこだわりようです(笑) もし、あなたが爽快感だけでなく、髪や頭皮に優しい成分のシャンプーを使いたいなら私がこの記事を書いている現時点はコレ一択です。 とにかく爽快感が高く、シャンプー中に泡が顔に垂れてくると、目がスースーするくらい、ヒンヤリします(笑) 一度、試しにボディソープ代わりに使ったら、死にそうになった経験があるくらい強い清涼感を感じられます。 上記のスカルプDとどちらも使いましたが、清涼感に関しては、こちらの方が上。 あなたが「成分はそこそこに、とにかく爽快感重視!」というならコチラを選んだほうが、爽快感は得られます。 元祖ミントシャンプーってくらい長年販売されているミントシャンプーですが、 洗浄成分もメイン成分が『ココイルメチルタウリン』と強すぎない洗浄力で洗い上がりもサッパリ。 かと言って市販によく配合されるようなラウレス硫酸ナトリウムなんかよりも、断然優しい成分なので、多少のダメージ毛なら普通に使っても問題ないです。 1位のものと違い、「コレ!コレ!」といえるような補修成分はほぼ入っていませんが、シリコンが配合されているので、洗い上がりもそこそこのサラサラ感が得られます。 私の場合、ダメージが気になるのでアミノ酸系シャンプーと混ぜて使ったりしますね。 というのも清涼感が強くても洗浄力が強ければ、シャンプーとして優れているとは言えないというのが私の意見だからです。 で、このモヒートクールデュアルシャンプーアイシクルですが、メインの洗浄成分が『 C12、13 パレス-3硫酸Na』という成分です。 あんまり聞き慣れない成分ですが『ラウレス硫酸』などと同等レベルで強く、私の経験からいうとかなり!かなり!かなり!ごわつきパサツキを感じやすい成分です。 大抵この手の強い成分が配合されている場合って洗浄力を緩和するために、『コカミドプロピルベタイン』などマイルドな洗浄力で洗浄力を緩和するものが多いんです。 しかし!この『モヒートシャンプー』は洗浄成分に関しては『 C12、13 パレス-3硫酸Na』だけと男気あふれる成分構成になっています。 一応、補修成分として『ペリセア』なんかの補修成分も配合されていますが、洗浄成分があまりにも強いので、ほぼこの補修成分の恩恵を受けることはないんじゃなかと。 これで、洗浄成分がよりアミノ酸系などのマイルドな成分でできていれば一気にオススメ!といえるのですが。。。 う~ん、もったいない。 4位 イオニートトニックシャンプー まず、私がこのシャンプーに真っ先に伝えたいこと。。。 高い!あまりにも価格が高すぎるッ! 500mlとたっぷり容量があるんですが、定価で購入すると約5000円とシャンプーとしては最高レベルの価格帯。 そんだけ、中身の成分もこだわっていれば納得できるんですが、メインの洗浄成分が『ラウレス-6酢酸Na』という洗浄力が高めな成分。 この成分自体は、ガッチガチに整髪料をつけるようなメンズの1シャンにはもってこいの成分です。 ただ、高価な成分ってわけでもないですし、他にも『オレフィンスルホン酸』というラウレス硫酸NAと同等レベルの洗浄成分までも配合されています。 他の補修、保湿成分に関しても「コレぇぇ!」と熱くなるような成分は特にありませんし、なんで5000円もするのか?ちょっと謎。 と考えるなら引き止めはしません。 「どうせ洗うなら、髪や頭皮をいたわる成分が良い」ということであれば、上位2つのシャンプーをオススメします。 もし、あなたが高品質なメントールシャンプーを探しさまよっているならぜひぜひ参考にしてくださいね。

次の

美容師300人に愛用シャンプーを聞いてプロが選ぶ本当のおすすめ人気ランキングを調べてみた

ガッチ カラー シャンプー

あわせて読みたい ありのままの姿をみて美容師もカウンセリング、提案しますのでいつも通りがありがたいですよ! ちなみにですが、スタイリング剤ついているからといって嫌な顔をする美容師が担当の場合は、、、変えたほうがいいですよ。 さすがに美容師として器が小さすぎる。 実際にスプレーなどは髪の毛の表面をコーティングしているのですが、スタイリング剤のコーティング程度なら全然影響はありません。 というのもカラー剤が反応するのは髪の毛の内部になるからです! ただ注意しなければいけないことがあります。 注意 ヘアマニキュアやカラーバターの場合は表面に色を乗せていくのでできればそこまでスタイリングはつけてほしくないです! つける量にもよると思いますが、つけないに越したことはありません。 なのでヘアマニキュアやカラーバターを検討している人はご遠慮ください! ガッチガチに固めるのは何でいけないの? 美容師の意見から言わせていただきますと、、、 カラーが塗りにくいんです!! コームが引っかかるのもあり、かなり塗りにくくなってしまいます。 何より、引っ張られるお客様側の気持ちを考えると絶対に不快なはず。 なのでガッチガチに固めてくるのはカラーの染まりというよりやめていただけると嬉しいです。 ただ、固めないといけない人もいるはずです。 スタイリング剤ついたままでパーマはかかりますか? パーマに関しては何も問題ありません!! というのも パーマをかける前に必ずといっていいほどシャンプーをするからです。 なのでガッチガチに固めていようが何をつけていようがパーマをかける前に落とすことができるので全く問題になりません。

次の