花 と ゆめ 14 号。 忍恋【第17話】ネタバレと感想!─無心の杏子と楓の原宿デート─

花とゆめの最新号

花 と ゆめ 14 号

種村有菜先生の絵柄と似てる?ロマンスとバトル 【こちらが今回話題となったロマンストとバトル】 ねぇ、クソワロタからちょっと花とゆめ読んできてくれない??? — 蒼紙みいは友達に良い作品を布教したい aosimii 【種村有菜先生の絵柄】 迷ったけどこんな感じですかね…。 順番に「神風怪盗ジャンヌ」 「時空異邦人KYOKO」 「満月をさがして」 「桜姫華伝」です — 種村有菜 arinacchi 【比較】 宇和野宙先生の作品、機会があったから前作と合わせて読んだんだけど、前作の方が個性があって好きだったな…。 めちゃくちゃ可愛いんだけど、まるまる種村先生のキャラ連れてきた感… — わさみのーる wa33n 宇和野宙先生の元の絵柄を見ると全然違いますね。。。 宇和野宙先生の作品 宇和野宙先生が発表されている作品はいまのところ• 怪物の願い事• ロマンスとバトル という2作品だけのようです。 最初に発表された『怪物の願い事』では第73回ビッグチャレンジ賞準入選、作家審査員特別賞と2つの賞を受賞しています。 すばらしい読みごたえでした!! — アンヌ・FURU。 花とゆめの謝罪文「花とゆめ14号よみきり作品に関するお詫び」 お詫び 花とゆめ14号の読みきり作品に関して、多くの読者の皆様から、主人公の女性キャラクターが既存の先生の絵柄に非常に似ているとのご指摘を頂戴しました。 該当作品の絵柄は、編集部が率先して先生の絵柄に近しい方向へと誘導した結果のものであり、本来なら掲載を中止しなければならない程、酷似していたにも関わらず、雑誌に掲載するという過ちをおかしてしまいました。 この度読者の皆様をお騒がせしてしまった原因は、すべて編集部の意識・認識の甘さによるものです。 花とゆめをご愛読頂いている皆様の信頼を損なってしまいましたこと、誠に申し訳ありませんでした。 そして絵柄を酷似させてしまった先生、そのために誤解や混乱を生じさせてしまったファンの皆様、該当作品を執筆された先生に、多大なご迷惑をお掛けしました事を心よりお詫び申し上げます。 今後は二度とこのような事態を招かぬよう編集部内で意識改革を徹底し、読者の皆様の信頼を取り戻してゆく所存ですので、これからも花とゆめをご愛読頂けますようお願い申し上げます。 花とゆめ編集部 編集長 佐藤一哉 (花とゆめ公式HPより引用) 『ロマンスとバトル』は種村有菜先生の絵柄に酷似していると噂になる前から面白かった!とかなり評価されていたようです。 まだ新人ということで編集部の指示に逆らえずに従ってしまったのかもしれないですね。 せっかく才能のある漫画家を発掘したのに編集部がこれではとても悲しいしどちらの作者にも失礼ですよね。 今後はきちんと宇和野宙先生の個性を大事にした作品を掲載されることを願っています!.

次の

花とゆめ14号 19年6月20日発売!!|白泉社

花 と ゆめ 14 号

14号に掲載された読み切り作品について、主人公の女性キャラが、「少女漫画家の種村有菜さんの絵柄に酷似している」とネットで話題になっていた。 種村さんは、白泉社からも単行本を出している人気作家だ。 騒動を受け、花とゆめ編集部はWebサイトに謝罪文を掲載。 この作品については、「既存の先生」に絵柄を似せるよう、編集部が率先して漫画家を誘導したと明かし、「本来なら掲載を中止しなければならない程、酷似していたにも関わらず、雑誌に掲載するという過ちをおかした」「読者の皆様をお騒がせしてしまった原因は、すべて編集部の意識・認識の甘さによるもの」と反省を述べた。 編集部内で意識改革を行い、再発防止に務めるとしている。 ただ、この作品を読んだ人からは「面白い」「絵がうまい」との評価も多く、「絵柄を似せるのはパロディの域ではないか」との見方もある。 不適切な誘導を行った編集部に対する批判が集まっているほか、作者である新人作家への応援の声も出ている。 関連記事• ネット上で「トレース疑惑」が検証され、漫画家同士の模倣が次々に暴かれている「恐ろしい時代」。 漫画の現場は慣習で動き、法律と編集者の意識はズレていると、竹熊健太郎氏は言う。 小学館は、新星出版社が5月に発売したレシピ本が、小学館のベストセラーシリーズ「やせるおかず 作りおき」に酷似しているとし、新星出版社に対して、同書の販売停止などを求める申し入れを行ったと発表した。 Amazonプライムのドラマ「チェイス」が、『殺人犯はそこにいる』と酷似しているとし、作者の清水潔氏と版元の新潮社が、製作会社などに対して配信中止を求めていた問題で、製作会社が謝罪文を公表。 清水氏と新潮社はこれを受け入れた。 関連リンク•

次の

高嶺と花50話(花とゆめ14号) 感想

花 と ゆめ 14 号

「おはよう 楓」 それにビックリした楓はどうしたのか聞きますが、杏子は今日も学校を休む楓に挨拶をしようとしただけだと言い学校へ行きます。 楓が杏子の様子を気にかけます。 そっけない杏子の様子に楓は自分も明日は学校に行こうと提案します。 それを聞いた杏子は内心 嬉しがります。 でも 「何故だ? 楓はケガがまだ 完治してないだろう それに屋敷にいた方が安全だ 学校に用があるなら 私が代わりにやっておくよ」 楓の提案をはねのけます。 これでよし 私は今まで 感情のままに 楓に近づきすぎていた 側忍らしく これからは楓の影とならねば 私は生まれ変わるんだ 学校の休み時間 側忍指南書を読んでいる杏子が呼びかけられます。 「 飛田杏子はいるか!? 楓様がお呼びだ!!」 校門の前に車を止めた楓が杏子に手をふります。 何かあったのかと杏子が楓にかけ寄ると 楓は杏子の手をとりデートに行こうと誘います。 楓も原宿に来たのは初めてだと言いますが とりあえず洋服でも買いに行こうと言います。 よりによって こんな人の多い所で なぜ服を!? 服ならクローゼットにいっぱいあるだろ!? 楓が理解できない杏子はパニックになりますが ハッと気がついて平常心をよそおいます。 「どれにする? 好きな服を選びなよ」 「 ・・・いらない」 そう言う杏子に楓は 自分の気に入った服を次々と試着させていきます。 「すごく似合う!かわいいよ 杏子!」 「 うるさい! 可愛いって言うな!」 「杏子は元がいいから 何でも似合う」 平常心 私の平常心が 吹き飛んでしまう 「 すごく かわいい」 楓の一言 一言で・・・ 杏子の洋服が決まると 楓は杏子に自分の服を選んで欲しいと言います。 杏子は楓にフード付き迷彩パーカーをチョイスします。 「なるほど これが杏子の趣味か」 敵に見つかりづらそう!! 気に入った楓は杏子と腕を組み なにか食べようと提案します。 楓は杏子の方を見ると あきらかに食べたそうにしています。 「楓・・・ こんなに並んでる! 危険だっ やめようっ」 「なんで? 食べたいんでしょう? 私も食べてみたいし」 「いいよ・・・っ それに おいしくないかもしれないぞ」 「よくわからない物を買うために杏子と こうやって並んで 時間を浪費する 今日は そういう事を楽しむんだよ」 私は 楽しみたくない・・・! せっかくの無心を 心がけているのに・・・ 崩されてく 雲のパフェはあんなに並んだのにおいしくなかった・・・けれど まずくても楽しそうに笑う楓に 杏子も楽しそうに笑います。 心が いっぱいになっていく 夜 食事を終えて杏子がこの外出の意味を聞きます。 「デートだよ 言ったでしょ!」 「デートってなんだ? 主人と側忍が2人で街を練り歩く事か?」 「いや 好意をもつ男女が会合することだよ」 「 好意!?」 デートの意味を知ってビックリする杏子に 楓は にこやかに言います。 「だって杏子は 私のことをずっと好きでいてくれるって言ったし」 「嫌いじゃないとは言ったが 好きとは言ってない」 「 じゃあ私のこと 好きじゃないの?」 「 好・・・」 「好きじゃない相手と一緒にいて あんな 楽しそうな顔するの? 楽しかったでしょう? 私とのデート 楽しかったって言いなよ」 返答に困った杏子は それは命令かと聞きます。 「可愛くないなぁ いつもは私の側にいたいと泣きわめくくせに」 「 泣きわめいてない! それに私を遠ざけていたのは楓だろう!?」 楓の一挙一動に心が乱れてしまうんだ 「確かに でも いざ身を引かれると 寂しくなってしまった」 なのに どうして そんなこと言う! そんなこと言われたら・・・ 私は・・・ 「楓は ずるい・・・」 楓は後ろから早歩きでやってくる男に気がつきます。 その男は刃物で楓に襲いかかります。 杏子が気がついたと同時に その男が撃たれます。 羽交い締めにした杏子が息をあげながら 今の狙撃について聞きます。 楓は 杏子に大丈夫かと聞きながら自分の護衛が外でも見張っていると答えます。 杏子は こんなに近くに来ていた刺客にも反応できなかったことに焦り もし 護衛が狙撃していなかったら楓が殺されていたことが頭をよぎります。 護衛がやってきて楓にケガが無いか聞きます。 「ない その男連れてって」 男のせいで興が削がれた楓は 杏子に場所を変えようと提案します。 「楓・・・ ・・・今日はすごく 楽しかった でも 好きじゃない 楓なんか・・・ 好きじゃない」 私が 楓を守る為には・・・・ 好きになるわけには いかない 私は 側忍だから 主人に恋をしてはいけない と、ここまでが今月号のネタバレでした。 《引用:花とゆめ 忍恋》.

次の