先ほど はお 電話 ありがとう ご ざいました。 先日はお時間いただきありがとうございました。って英語でなんて言うの?

「お電話」は敬語?電話対応の際に使用可能な例文や英語表現を確認

先ほど はお 電話 ありがとう ご ざいました

Q 先日、メールのやりとりの中で、「いくつかご質問があります。 」という一文がありました。 相手が、私に対して質問したいことがあるという状況です。 自分が質問したい場合に、そのことをさして「ご質問があります」は、なんだか違和感があるな、と思ったのですが正しい用法なのでしょうか? また、そういったご質問に対して、「"ご"回答いたします。 」と自分が回答することに対して「ご」をつけるのは正しいでしょうか? 仕事のメールでしばしば見かけるし、私も曖昧な使い方をしているかもしれないと思って、不安になってきました。 まスマートな表現をお教えいただけましたら幸いです。 ちなみに私は下記のようにしています。 質問があるとき「下記の事項についてお教え下さいますでしょうか」「ご教示下さい」「質問があります」 回答するとき「ご質問頂きました件につき、下記の通り回答いたします」もしくは、質問事項(引用)に回答を付記する。 A ベストアンサー こんにちは(^^ この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。 基本的には、敬語はNo. 2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。 では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。 (Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。 ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。 たとえばNo. 回答の場合は、(「ご回答」を避けるために) 「ご質問いただきました点につきましては、以下の通りですので、宜しくご確認お願いいたします」 と書いたりします。 ちなみに蛇足ですが「いたします」には「謙譲」「丁寧」の両方の意味がありますが、相手によっては「丁寧」の意味しか無いと思っている場合がありますね~。 これもあいまいなとこです(^^; こんにちは(^^ この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。 基本的には、敬語はNo. 2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。 では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。 (Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。 ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。 たとえばNo. A ベストアンサー "架電"というのは、最近頻繁に使われだした言葉です。 "みたいに使われます。 けれどもあまり一般的に、話し言葉やメモ程度では使われないと思います。 「先ほどの電話」の場合、その電話はこちらがかけたのか、相手からかかってきたのかも定かではないのですし、私としては「架電」はやはり"こちらから"なので、すごく変な感じがします。 「先ほどの電話」を丁寧にいうには、やはり文章にすることがいちばんてっとりばやい、 というか、 文章に近づけることは、丁寧に表現するための基本だと思います。 1 "「先ほどの電話でお話された件」ということです。 メモを書く自分の目線で書くとこうなります。 2 "「先ほどの電話での件について」とのことです。 電話をかけてこられた方の目線で書くとこうなります。 "とか、 ~~~~~~~ ありきたりの部分で丁寧にできていれば、それだけで、ずっと丁寧に感じるものだと思います。 "架電"というのは、最近頻繁に使われだした言葉です。 "みたいに使われます。 けれどもあまり一般的に、話し言葉やメモ程度では使われないと思います。 「先ほどの電話」の場合、その電話はこちらがかけたのか、相手からかかってきたのかも定かではないのですし、私としては「架電」はやはり"こちらから"なので、すごく変な感じがします。 「先ほどの電話」を丁寧にいうには、やはり文章にすることがいちばんてっとりばやい、 という... A ベストアンサー こんにちは、No. 4です。 「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、 自信が無いようには感じませんよね。 主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、 意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。 ケースバイケースですが、 自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので 文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。

次の

電話は相手の時間に「割り込む」ということ。メール・電話の「あいさつ」の基本

先ほど はお 電話 ありがとう ご ざいました

1です。 ここが解りません。 後で述べるように、原則は『行う』ですが、ビジネス文書も一般にも『行う』と『行なう』は並用されるようです。 (「行っている」と「行なっている」の間に意味の違いがあるとは思えません。 ) No. 2さんが引用された昭和48年内閣告示第2号「送り仮名のつけ方」の「活用のある語の通則1」は昭和56改定版が『広辞苑5版』の巻末附録にありますが、正しくは 原則:『行う』 許容:『行なう』 です。 また質問者さんが「ビジネス文書に『行なう』が多い」とお思いになる原因は「おこなう」を「行なう」と変換するワープロソフトが多いためではないかと思いますが、実はソフトによって内臓する辞書がばらばらという問題があり、まだ変換が統一されていないという矛盾があります。 「四人はなぜ死んだのか」(三好万季、文春文庫)所収の「シめショめ問題にハマる」を読むとこの辺の事情を理解する助けになります。 (「シめショめ問題」とは「はじめまして」を「始めまして」と変換するワープロが多いという問題です)。 さて本題の『中ほど』と『中程』ですがやはり統一したルールはなく違いはないと思います。 新聞は「中ほど」が多いようですが、TVは限られた画面スペースを有効に使うためか漢字を多様し、「中程」を使うように思います。 昭和61年内閣告示第1号「現代仮名遣い」では、常用漢字表の音訓の範囲で書ける漢字でも、助詞や助動詞などは仮名で書くことになっています。 参考までに、共同通信社の『記者ハンドブック 新聞用字用語集』では、以下のような使い分けになっています。 時事通信社や他の新聞社も基本的に同じです。 なお、「おこなう」の送り仮名については、 昭和48年内閣告示第2号「送り仮名のつけ方」の「活用のある語の通則1」において、以下のように括弧内の「(行なう)」が本則、括弧外の「行う」が許容となっています。 表す(表わす)、著す(著わす)、現れる(現われる)、 行う(行なう)、断る(断わる)、賜る(賜わる) A ベストアンサー 『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』 送る行為は、相手にも関わる事なので、 「送付いたします」と、致しますと言っていても、 「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。 「ご」は相手に対する「謙譲語」です。 「ご送付します。 」か「ご送付致します。 」が正しいです。 「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。 」が 正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が 丁寧です。 「お送り致します。 」でもOKです。 ・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。 例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。 連絡するのは 自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、 謙譲の接頭語「ご」を付けます。 相手に頼む場合は「お送りください。 」です。 civillink. まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか わる 」がないことです。 常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。 音訓表に無いものの代表的なもの よく使われるもの として「全 すべ て」「画 えが く」「〇〇に依 よ れば/拠 よ れば」などが思いつきます。 本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。 それも「かかわる」でなく「かかる」です。 「人命に係 かか る問題」「係 かか り結び」など。 前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合 常用漢字の基準では 「係わる」でなく「かかわる」です。 結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。 漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。 ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。 漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。 一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的 「関わらない」「係わらない」 にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。 ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。 念のため。 「物書き」のひとりです。 まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか わる 」がないことです。 常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。 音訓表に無いものの代表的なもの よく使われるもの として「全 すべ て」「画 えが く」「〇〇に依 よ れば/拠 よ れば」などが思いつきます。 本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい... Q おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。 みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。 よろしくお願いいたします。 この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。 おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 A ベストアンサー はじめまして。 「教えていただけますか?」 が一番です。 女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。 やや、丁寧なヴァリエーションは 「教えていただけますでしょうか?」 があります。 ここまでが限度ですね。 それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。 ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。 女性にはエレガントではありません。 また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。 ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。 要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。 A ベストアンサー こんにちは。 私は社会人になってから結構長いですが、その経験をもとに回答します。 「先日は」は、1ヶ月ぐらいまでならOKです。 現在(3月)は、2月上旬から1ヶ月以上経過していますから、「先日は」は、無理に近いです。 「先日」を超えて、とっさのときに話す言葉としては、たとえば「いつぞやは」があります。 しかし今回のケースは、前回会った日付がわかっていて、しかも、落ち着いて書き言葉で書けるのですから、「いつぞやは」とするのは失礼です。 現在(3月)から2月初旬を指して、 「先月はお忙しい中・・・」 とするのが適切です。 なお、 前々月以前の場合は、何月かを具体的に書く、 年を越えたら「昨年は」とする、 です。 A ベストアンサー はじめまして。 1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。 2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。 3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。 4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。 ご質問2: <経験を"もと"に話す。 > 1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。 2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。 3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。 4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。 以上ご参考までに。 A ベストアンサー もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。 話す時はどちらでもいいですよ。 ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。 「すいません」はちょっとくだけた感じかな。 でも、これはあくまで私個人の語感。 人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。 書くときはもちろん「すみません」にしましょう。 これも、話す時にはどちらでもいいです。 「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。 …にくい。 goo. php? キーワードを変更して再度検索をしてみてください。 goo. php? goo. php? …にくい。 goo. php? キーワードを変更して再度検索をしてみてください。 goo. php? A ベストアンサー 「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。 しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。 これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。 あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。 私もにた様な経験があります。 美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。 といったら「だから、木曜以降って! 聞いてました? 木曜は駄目なんですよぉ 怒。 と言われたことがあります。 しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。 「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。 goo. php3?

次の

『先程』と『先ほど』の違いについて

先ほど はお 電話 ありがとう ご ざいました

『 たった一言でいい流れをつくる 「あいさつ」の魔法』(三上ナナエ著、朝日新聞出版)の著者は、セミナー講師として活躍中の人物。 OA機器販売会社を経てANAの客室乗務員となり、数々の失敗のなかから自分なりの「気遣い、気配り術」を見出したのだそうです。 いわば本書は、そのような経験を軸として書かれたもの。 ごく当たり前の、でも意外に意識していないような、「あいさつ」のさまざまな秘密やコツを明かしているのだといいます。 大半は、「言われてみればそうだよね」「それならやれるよ」というようなことばかりなのだとか。 「言われてみればそうだよね」ということは、それが当たり前すぎるが故に大事だと思っていなかったり、見過ごしたりしている可能性があります。 そして、「それならやれるよ」という手軽さは行動を生みます。 (「はじめに」より) 当たり前で手軽で、でも忘れてしまいがちなことを意識して続けるだけで、人生が大きく変わると著者はいいます。 きょうは、実用的なメソッドが紹介されている第3章「最低限押さえておきたい『あいさつ』の守」に目を向けてみましょう。 メールでも温かみが伝わるコツ ビジネスメールのあいさつの決まり文句として有名なのが、「いつもお世話になっております」というフレーズ。 しかし「ワンパターンだな」と感じたり、状況によってはちょっと違和感があるなと思うこともあるものです。 温度が伝わりにくいメールだからこそ、出だしのあいさつを少し変えるべきだと著者はいいます。 そうすることで、自動的な返信ではなく、「気持ちをそこに添えている」という印象が伝わるというのです。 紹介されている参考例を見てみましょう。 <久しぶりにメールを出す場合> すっかりご無沙汰をしております お久しぶりです。 その後お変わりはないでしょうか <何度もメールしてしまう場合> たびたび恐れ入ります 何度も失礼いたします 一度にお知らせせずに申し訳ございません <最近お会いした場合> 先日はお時間をいただきありがとうございました <すぐにお返事をいただいた場合> お忙しいところ早速ご返信をいただきありがとうございます <電話の後> 先ほどはお電話にてありがとうございました <お会いした後> 本日はお忙しい中お越しくださいましてありがとうございます 本日はお時間をいただき誠にありがとうございます <面識がなく初めてメールをする場合> 初めてメールを差し上げます 突然のメールで失礼いたします 大変失礼ながらメールでごあいさつ申し上げます <定期的にメールのやり取りがある場合> (「いつもお世話になっております」のあとに) 急に寒くなりましたね さわやかな季節になりましたね (以上101~103ページより) ほぼ毎日やり取りがあるなど、定期的な場合はこれらがそぐわない場合もあるでしょう。 しかし、状況に応じて2、3回に1度くらいは要件以外の気づかい言葉を入れるといいと著者は記しています。 そして当然のことながら、あいさつの後に必ず「どこの誰か」を記入することも大切。 メールの場合、文末に署名が自動挿入されることがよくありますが、それはそれとして、あいさつ文に続けて入れるのがマナーだということ。 また、面識がない相手に対し、仕事の依頼などでメールを出す場合は、そのメールが自分の第一印象になるということをより意識すべきだといいます。 そこで、相手がどう受け取るかを考え、少し時間を置いてから見なおしたり、まわりの人に見てもらうのもいいそうです。 ちなみに、その相手のことをなぜ知ったのかなどの理由を添えると、より安心してもらえるといいます。 当社代表の吉田がABC社の鈴木様から佐藤先生のお話を聞き、ご連絡をいたしました。 (105ページより) メールはきっちりとしたルールがないだけに、個人の書き方の差が出るところ。 そのため、相手との距離感によって調整が必要だということです。 もらったメールで好印象だったものをストックしておき、書き方をまねてみるのもよいそうです。 (101ページより) 電話は配慮のあいさつから始める 電話を受ける際の「第一声」は、相手にさまざまなことを想像させるもの。 視覚で相手の様子を確認できないぶん、声の調子で「いま忙しそうだな」「機嫌がよさそうだな」などと判断するわけです。 また記憶にとどめておきたいのは、電話をかけるという行為が、相手の時間に「割り込む」ことでもあるという点。 電話をあらかじめ待っているなら別ですが、多くはなにかをしているときに突然かかってくるもの。 そのため。 配慮のあいさつからスタートすることがとても大切だという考え方です。 電話を受ける際には、地声で出ると不機嫌に聞こえがち。 そこで、いつもより少し高め、ドレミファソラシドでいえば「ソ」の音くらいを意識するといいそうです。 また、かけた相手も緊張しているはずなので、いきなり会社名などを名乗らず、「はい」という言葉を発して間をつくり、少しゆっくり目に名乗るべき。 早口だと「忙しそうだな」と相手に思わせてしまうというのです。 電話の相手がひさしぶりに話し方であれば、「ご無沙汰しております!」と高めのテンションで、かけてくださったことへの感謝の気持ちを表現すると効果的。 そして電話をかける際は、名乗るとき、出る相手によって使い分けることも必要。 ・初めて話す人、また取り次いでもらう人 「〇〇(会社名など)の三上と申します」 ・何度か話している人 「〇〇(会社名など)の三上でございます」 ・よく知った間柄の人 「三上です」 (128~129ページより) 配慮の言葉としての、いくつかの例も見てみましょう。 ・決まり文句(お邪魔しますという謙虚な気持ちで) 「お忙しいところ恐れ入ります。 〇〇の件でお電話いたしました。 いまお時間よろしいでしょうか」 ・久しぶりの方に 「ご無沙汰しております。 お変わりありませんか」 ・時間が早いときには(午前10時前) 「早くからお電話差し上げて申し訳ございません」 ・逆に遅い時間には(関係性にもよりますが、就業時間後、個人には午後7時以降) 「遅い時間にお電話しまして失礼いたします」 (129~130ページより) 電話では、対面よりもかえって緊張するもの。 また相手が見えないぶん、話が一方的になってしまう可能性もあります。 そこで、かける前には深呼吸をし、なにを話すかを整理してからかけるようにするとよいそうです。 そうすることで、落ち着いたあいさつと対応ができるようになるわけです。 (126ページより) 書かれているのは、著者がいうとおり「当たり前」なことばかり。 でも、「当たり前」を再確認することによって、初心に立ち返ってみることも必要なのかもしれません。 (印南敦史).

次の