侵襲 による ストレス。 CiNii Articles

侵襲

侵襲 による ストレス

名倉潤(より) お笑いトリオ・ネプチューンの名倉潤が、頸椎椎間板ヘルニア手術後の侵襲により、うつ病を発症したことからリハビリのため約2カ月間休養すると、所属するワタナベエンターテインメントから発表された。 これまでの活躍から考えても、名倉はうつ病からは遠いイメージだけに、今回の発表はショッキングなニュースであった。 50歳と働き盛りの名倉に何があったのだろう。 名倉は2018年6月末に頚椎椎間板ヘルニアの手術を受けたが、術後わずか10日間の休養で仕事復帰を果たした。 一口に頚椎椎間板ヘルニアの手術といっても、頚部の皮膚を切開して行う方法や、内視鏡手術などがある。 いずれの方法にしても、体にダメージを与えることは変わりなく、術後は十分な休養が必要といえるだろう。 頸椎椎間板ヘルニアの手術は、術後に痛みやしびれが残ることも珍しくなく、名倉は早い復帰がアダになった可能性もある。 多くの報道で、名倉のうつ病の原因は「頸椎椎間板ヘルニアの手術による侵襲」と表現されている。 侵襲とは、わかりやすくいえば「身体に害を及ぼすこと」である。 外科手術などによって体にメスを入れたり、麻酔などの薬剤を投与することは、体にとって大きなダメージとなり、神経・内分泌系に影響を与え、さらに免疫系にも影響を及ぼす。 侵襲は術後に起きる体の防御反応ともいえる。 また、侵襲により合併症などを引き起こすこともある。 名倉のケースでは、手術自体は成功し合併症などはなかったと思われるが、手術により炎症反応が体内で起きたことで、自立神経のバランスを崩し、うつ病を発症した可能性もある。 また、術後に多少の痛みや違和感が残っていたことも予想され、その場合、痛みを抱えての仕事復帰がストレスとなり、うつ病につながったといえる。 うつ病は完治できるのか、との問いに対しては諸説あるが、筆者の医療現場での経験からは「うつ病は治療できる」といえる。 うつ病の治療に不可欠なものは「うつ病であるという本人の自覚」である。 本人の自覚がなくては、治療はもちろん、十分な休養も取れない。 また、家族や周囲の人の理解と協力も不可欠である。 名倉については、事務所が休養の発表とともに「病状の回復には家族と過ごすなど平穏な時間が不可欠ということで、休養期間中は本人、親族への直接の取材はなさらぬよう、何卒ご理解の程よろしくお願いいたします」と呼びかけた通り、静かに見守ることが最良の応援といえるだろう。 (文=吉澤恵理/薬剤師、医療ジャーナリスト).

次の

ファモチジン注射用20mg「サワイ」

侵襲 による ストレス

わからないのは、報道の解釈が間違っているのに他なりません。 おっしゃる通り 簡単な医学用語の解説の基本でさえ正確に 「侵襲」は説明されています。 「椎間板ヘルニア」とは脊椎の緩衝部分に 「髄核」というものがあって、脊髄の酷使や事故や 変形などの原因によって髄核が脊髄神経を刺激することによって 痛みが出ます。 治療には様々な方法があり、理学療法で筋肉を 鍛え補完する方法と手術により髄核を取り出し 金属ワイヤーで固定する方法があります。 この手術自体も「侵襲」を伴うのは当たり前のことであり 異なった病気ではありません。 異なった解釈をしているのは知識の乏しいメディアです。 なぜうつ病か? 人によって手術に過度な恐怖を感じるのはよくあります マイナス思考の人は将来への不安は大きいでしょう。 ということでデプレッション状態になる人はいるでしょうが 慢性的精神しっかんでいう「デプレッション」とは 分けて考えたほうがいいと思います。 ただ「励まし」は症状を悪化させるとされています。 薬物で完治しません。

次の

痛みとストレス

侵襲 による ストレス

今年8月『手術の侵襲によるうつ病』による2か月超の休業から、10月11日に「 二人の医師より復帰が可能であるとの診断を受け順次仕事を再開する」との【復帰宣言】を発表されました。 活躍中の人気トリオ「ネプチューン」 最年長リーダーの身に何が起きたのか?! 名倉潤さんはお笑いトリオ「 ネプチューン」の 最年長リーダーとして活躍されています。 「ネプチューン」の結成は1994年、 当初は相方と別れたばかりの原田さん・ピンで活動していた堀内さんがコンビとして活動していましたが、 二人ともがボケだったためコントがしまらず、普段から親しかった先輩である名倉さんを誘って現在のトリオの形となったそうです。 トークやバラエティ番組のリアクションなどでも、二人の天然で強烈なキャラクターをまとめる役割を担っていた名倉さんですが、2005年に渡辺満里奈さんとご結婚され、現在は司会・コメンテーターといったMC活動から雑誌記事の執筆、トークイベントの主催など活動の幅を広げ、安定した活躍を見せていらした矢先に飛び込んだ「2か月の休業」ニュースの背景にはどのようなことがあったのでしょうか?。 名倉さんが 術後10日のハイスピード復帰! 首の痛みや神経の異常を引き起こす「頸椎椎間板ヘルニア」とは? 昨年6月末、 名倉さんは「頸椎椎間板ヘルニア」の手術を受け、術後10日の療養後に復帰をしていました。 私たちの首から腰に掛けて通っている背骨は、輪状の骨が重なって左右にひねることができる構造をしています。 この背骨を構成する骨と骨の間に挟まってクッションの役目を果たしている軟骨(椎間板)が強い衝撃を受けるなど何らかの原因で変形してしまい、背骨の中にある神経を圧迫してしまうことがあります。 これが椎間板ヘルニアです。 名倉さんは頸椎、つまり首でこのヘルニアが起こったということになります。 首の部分には、脳から全身に送られる信号が通る「頚髄」がありますので、この部分が圧迫されてしまうと肩こりや首の痛みだけでなく、手先のしびれや歩きづらい違和感など日常生活に不便を感じる症状が現れることも。 治療は主に圧迫している部分を保護する・正しい位置に戻すようなものになります。 頸椎を伸ばす牽引法や、クッション性のある保護材で固定するカラー法など直接的に手当てを行うとともに、 消炎鎮痛剤 やビタミン剤で痛みやしびれをケアします。 それでも症状が消えない場合には、圧迫している部分を取り除くために手術が行われます。 術後はリハビリと療養で、2週間ほどの入院が必要です。 また 退院してからも継続的な通院で傷や症状の治療を続けていくこととなります。 通常仕事への復帰は退院後1か月の療養を必要としますので、名倉さんは退院直後からお仕事を再開されたのではないでしょうか。 経過は良好でも「侵襲」が…… 10月、休業からの復帰を発表。 ファンでなくとも、番組やメディアで親しまれていた方は驚かれたのではないでしょうか。 昨年の手術なのに、それが原因でうつ病に?と思われる方も多いでしょう。 手術は確かに医療行為ではありますが、体にダメージを与えることは避けられません。 特にヘルニアなどの神経に近しいところに触れるようなものですとその後の経過は特に慎重に取り扱わねばなりません。 この 体が反応するほどのダメージのことを『侵襲』といいます。 * * * 術後の侵襲とは? * * * 侵襲が起こると、私たちの体は炎症や免疫反応を起こして体の正常な反応が阻害されます。 この反応の程度によっては治療を行った部分だけでなく健康な組織までがその反応に巻き込まれて、害を受けてしまうことがあるのです。 反応によるダメージの重さは、傷跡が残るほどのよくあるものから肺や肝臓といった臓器が線維化してしまう重篤なものまでさまざまで、不全が起こる場所が手術を行ったところと異なるケースもよく起こります。 また、侵襲を受けた細胞が放出する炎症の原因物質がストレスとなって、 イライラや過敏、気分の落ち込みといった精神的なダメージが起こるケースも報告されています。 これらの症状や精神の不安定さを抱えたまま日常生活を送るのは、非常に休まらないものであったのではないかと想像できます。 * * * * * * * * 名倉さんのうつ病の原因は「侵襲」と言われていますので、手術の時に負ったダメージが何らかの形で関わっているのではと思われます。 昨年の手術が原因ということで、かなり長い期間侵襲の余波に苦しまれたのでしょう。 回復のためには、メンタルや精神科的なケアと並行して身体の治療とリハビリを行うこと、それと回復のための体力を養うためゆっくりと療養することが求められます。 ~PSWからの「職場のメンタルヘルスケア」提言~ 早期の復帰には慎重に!リワークは「医師の意見」と「本人の希望」の調整を PSW(精神保健福祉士)の立場で、今回のケースを振り返ってみましょう。 名倉さんが休業を発表された際、その期間が「2か月」とお伺いし驚きました。 企業が設けた就業規則にもよりますが、 一般的な企業での休業期間は平均6か月から12か月となります。 精神疾患での療養という視点では、かなり短い療養期間だと感じました。 名倉さんの「2か月」での復帰は、今回の うつ病の原因が「手術の侵襲にある」という医師の判断があったからではないかと考えられます。 復帰についても、精神的な疾患の原因になっている身体の問題が快方に向かった……という判断が下されたのではないでしょうか。 精神的な疾患に物理的な原因が認められること自体は珍しくはありません。 しかし休業するほどのうつ病が2か月で復職できるまで回復するとなると、かなり特殊なケースとなります。 名倉さんは様々な方面で活躍され、またテレビ番組などで耳目を集める立場でありますので、この発表で視聴者の皆さんに「うつ病の復帰は2か月程度でいいんだ」という認識が広まってしまうのではないか、と少し心配です。 また術後から休職まで1年とかなり日が開いていることも懸念の一つです。 発表によれば、名倉さんの体はそもそもうつ病に至るほどの侵襲によるダメージを1年耐えてきたということになります。 その回復には、同じほどの期間、もしくはそれ以上の日数が必要なのではないでしょうか。 なるべくなら今回の復帰の敬意が特殊なケースであることを報道した上で、 しっかりと 気力と体力が戻るまで療養を行っていてもよかったのでは?と考えています。 *** 精神の疾患を理由に休業する場合、「終了日を本人・医師と相談して決めること」を勧めるには、もう一つ理由があります。 「疾病の度合・回復の程度がわかりづらい」という点です。 名倉さんの復帰に際して、妻である渡辺真里菜さんがインタビューで 発症後の心境をお話されていました。 「 手術のあと、明らかに様子が違うなと感じていました。 」 「 いつもぼーっと注意散漫になって、覇気や生気がなくなりました。 これはまずいなって。 もともと神経質で、こうじゃなきゃいけないって思っている人なのに、そうじゃなくなっていた。 (略) 一番近くにいる人がよく見て、変化に気付いてあげるのが、初期段階では大切なのかなと思います。 」 と、初期段階で身近な人が変化に気がついてあげることの大切さを答えてます。 日常的に本人と話をしていない人からは十分に回復していると思われるような言動もあるでしょうが、本当の回復具合は本人でもわかりにくいのです。 2019年9月1日放送のニッポン放送系のラジオ番組『土田晃之 日曜のへそ』 毎週日 12:00-14:00 にて、堀内さんが名倉さんの状況や近況を語る場面がありました。 「 休むちょっと前には、楽屋で蝋人形みたいな顔になってた 」 「 9月の休みになるに近づいて、どんどん、どんどん元気になって、顔色もよくなって。 「今日で休みます」って最後の日には、「じゃあ、明日からワシ、ロス行ってくる」って。 「これから2ヶ月休む人のセリフか?」みたいな感じで、楽屋出てったから」 と芸人らしいコミカルなやり取りをするまでに、活気が戻っていた様子をお話しされていました。 実際休業期間中の行動について、「レジャーに行けるなら働けるだろう」 「十分に回復したのでは?」 と思う人事担当者もいるかと思われます。 精神の疾患を抱えた方々にとっては普通の会話やレジャーなどで人と交流したり出かけたりという日常の動作が「普通の生活に戻るためのリハビリ」でもあるのです。 注意したいのが、レジャーに出られる・リハビリに体力を回せるほど回復ができた時期は 本人にとっても「出かけられるなら……」と思い復帰を考えることが多くなる時期です。 出かけること、「自分だけ休んでいる」ことに 自責の念や焦燥感、金銭的な不安を抱えてしまいがちになります。 「夫は自分の内面を掘り起こすのを嫌がるタイプ。 だからゆっくり休むって言うのもどういうことかわからなかったと思うんです。 」 渡辺さんのインタビューでもこのような言葉がありました。 「休む」というのは当人にとって非常に難しい課題なのです。 本来、精神的な疾患は「回復する力そのもの」にダメージを与えるため、回復にとても時間がかかります。 「回復する力」が消耗するとどうなるか、発症時と同様に回復していく過程でも自分がどこまで回復したのか本人では自覚・把握は難しくなってしまうのです。 また精神が不安定となりがちですので、生活の不安や周囲の目が気になる、焦りがちになるといった傾向もあり、「もう大丈夫」「早く働きたい」と本人から申し出る場合もよく見られます。 ですが、本人の申し出があったからと元の環境・健康だった時の仕事量ですぐ復帰させてしまうのは考えものです。 復帰によって療養していた環境が変わること、思っていたことができない自分の状況などが 大きな精神的ダメージにつながる恐れ、復帰から短期間で再発と再休職に陥る可能性があります。 「十分に回復したので、復帰を検討したい」と本人の申し出があった場合でも、慎重に、段階を踏んで復帰する「ステップ的」職場復帰支援プログラムを組むところから始めましょう。 【 職場復帰支援プログラム 】とは、 病気休業開始から職場復帰、復帰後フォローアップまでの「復帰に至る過程」を5つのステップに分けて、それぞれを本人の病状・個々の事業場の実態に合わせてプログラム・プランニングする手順です。 厚労省から手引きが発行され、「本人による診断書や意見書の提出」「産業医や産業保健スタッフを交えた面接」をスタートに、「時間をずらして通勤、出社をしてみる」、「時短勤務や軽作業」など回復具合に見合った業務を段階的に踏んで復職を行うよう検討のポイントや実施例が提示されています。 復帰プログラムを検討する際に重要になるのが、「本人の意思や病状がきちんと企業側に伝わるかどうか」です。 復帰プログラム中の本人や産業医と密に連絡が取れている・信頼関係があると信頼できる情報が得られスムーズでしょう。 復職の時期や計画などはもちろん、 復職前、休職中に複数回、産業医と本人(なるべくなら復帰先の部署)を交えて面談を行うと、計画の不一致を防ぐことができます。 現在の状態やどんな配慮ができるか、どういったスケジュールで動いていくか……これらの情報を共有し、「時間をかけて通常業務に戻していく」ことを目標に、本人・産業医を交えた場で計画を立てましょう。 企業側として、ゆっくり休んでいいことを伝えるとともに、復帰に前向きになっている場合このころから面談を重ねゆっくりプランを立て始めるとよいでしょう。 また復帰まで余裕を持ったスケジュールを立て、その間に休業に至るまでのストレスの原因を検討し職場改善を図ることも再休職や他のメンバーの休職を防ぐためにも大事です。 *** リワークは本人にとっても一番緊張する難関です。 急いてことを勧めてしまうと、疾患の再発や再休職を繰り返す……といった負のサイクルにはまってしまうことも。 病気の治療と仕事の両立は身体の疾患でも調整が難しく、 休職が続くことで「周囲に迷惑をかけてしまう」「休職期間が終了したが回復が間に合わなかった」と離職に至った事例は、休職に至った事例のうち2割にも上ります。 貴重な人材の損失はなるべく防ぎたいもの、これを機に「復職」する際のプロセスを再確認し、本人やかかりつけ医・産業医との関わり方を見直してみましょう。

次の